「間宮祥太朗」タグアーカイブ

堀未央奈 初主演「ホットギミック」追加キャストに桜田ひより・上村海成・吉岡里帆


映画情報どっとこむ ralph 販売部数累計450万部超!恋愛漫画の金字塔的作品、相原実貴原作の「ホットギミック」が遂に映画化!

監督は『溺れるナイフ』の山戸結希。

主演に映画初出演にして初主演の堀未央奈(乃木坂46)を迎え、6月28日(金)に公開となります。

物語は主人公の成田(堀未央奈)が同じマンションに住む幼馴染の/清水尋也、小田切/板垣瑞生、そして兄の成田/間宮祥太朗の間で”本物の恋”を求めて揺れ動く、現代の女の子の葛藤と成長を描いたストーリー。

その追加キャスト情報を解禁。

映画情報どっとこむ ralph ■初の妹、成田茜を演じるのは話題作への出演が絶えない今後大注目の女優、桜田ひよりさん。

堀未さん演じる初とは正反対の性格であり、早熟で初よりもどこか大人っぽく見える妹、成田茜を演じるのは桜田ひよりさん。
ミスセブンティーン2018に選出され、モデルとして活躍する一方、『祈りの幕が下りる時』『ういらぶ。』(18)に出演。今後も『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』『男はつらいよ おかえり 寅さん』への出演が決定するなど、話題作への出演が絶えない女優。山戸監督作品はAimer「Ref:rain」のMVに続いて二度目。監督の世界観に寄り添っている彼女だからこそ演じることのできる茜はどのような恋愛をし、そして初の恋にどう関わってくるのか必見です。

桜田ひよりさんからのコメント
山戸監督とお仕事をさせて頂くのは、以前ご一緒したMVの撮影以来2回目となります。私の意見を尊重して頂きつつ、また繊細なところまで演出をして下さいました。とても演じやすい環境を作ってくださったので、のびのびと成田茜を演じることが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。

映画情報どっとこむ ralph ■初の幼馴染、八木すばるを演じるのは朝ドラ「半分、青い。」で注目を浴びた俳優界期待の新星、上村海成さん。

初と同級生で同じマンションに住む幼馴染、八木すばるを演じるのは上村海成。2010年に「ニコ☆プチ」でモデルデビュー。

『ミュージカル・テニスの王子様3rdシーズン』(15)や映画『ちはやふる』(16)、ドラマ&舞台『男水!』(17)などに出演。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(18)で永野芽郁演じるヒロインの弟役を演じ、注目を浴びた今、最も期待されている俳優の一人です。本作では、名だたる俳優の中から、オーディションで役を勝ち取りました。初への恋心を秘めつつも、茜の猛烈なアプローチに不思議と惹かれていき、初と茜の間で揺れ動く心情の変化を上村さんが熱演します。

上村海成さんからのコメント
山戸監督と初めてご一緒させていただいたのですが、細かく演出していただき、納得いくまで演技に向き合うことができ、とても勉強になりました。演じることがすごく楽しいと思える現場でした。

映画情報どっとこむ ralph ■梓のモデル事務所のマネージャー・葛城リナを演じるのは演技派女優、吉岡里帆さん。

NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」(15)で一躍注目を浴び、その後も「ゆとりですがなにか」(16/NTV)「カルテット」(17/TBS)「ごめん、愛してる」(17/TBS)「きみが心に棲みついた」(18/TBS)など話題作に立て続けに出演。さらに数々のCM出演やラジオのMCも務めるなど、多岐にわたり活躍している演技派女優。

今回演じるリナは、事務所のマネージャーとして梓を支えているように見えて、実は生い立ちの似ている梓に依存し、支え合っているという複雑な役どころ。山戸監督の作品をインディーズの頃からチェックしていた吉岡が時折、影のある一面も見せるリナという女性の繊細な表情を見事に演じています。

吉岡里帆さんからのコメント
山戸監督にしか思いつかない独特な世界観。思い描いている映像を皆で具現化しようとする結束力を感じる現場でした。
繊細かつ妥協を許さない監督と一緒に、1カット、1カット噛みしめながら撮影していました。私は短い時間でしたが、
ティーンの甘酸っぱさや苦味に遠目から触れる事が出来て、大人冥利に尽きる役でした。
久しぶりの悪役、楽しかったです!

映画情報どっとこむ ralph 山戸監督のコメント

(成田茜役:桜田ひよりさんについて)
ひよりさんにトライしてもらえたからこそ、映画版の茜もまた、かけがえなく生きているたった一人の女の子になったことが、感動的でした。等身大に演じるには、演じるからこそ、難しい役なのだと思います。心から、すべて素晴らしかったです。

(八木すばる役:上村海成さんについて)
上村さんは、譲れないものを持っている、その頑なさが、すごく綺麗な役者さんだと思いました。あまりにも頭が良く、鋭敏な心身が、すばるの少年性に重なって、撮りながら楽しい才能でした。

(葛城リナ役:吉岡里帆さんについて)
この世界で、吉岡さんにしか許されない形で、一瞬一瞬をお芝居に昇華させようとする姿勢を、本当に尊敬しています。彼女の張り詰めた真面目さが、映画『ホットギミック』に、眩しいものを与えてくださったことを、今でもずっと感じています。

映画情報どっとこむ ralph 『ホットギミック』

公式サイト:
http://www.hotgimmick-movie.com/

2019年6月28日(金)公開です。

■ストーリー
どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。
そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。
さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。

昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。
そんな3人の男性との恋に揺れ動く初の運命は…。
***********************************


キャスト:堀 未央奈 清水尋也 板垣瑞生 / 間宮祥太朗 ほか
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)
監督・脚本:山戸結希(『溺れるナイフ』『21世紀の女の子』他)
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会


堀未央奈 主演  山戸結希監督・脚本 映画『ホットギミック』公式HP開設!


映画情報どっとこむ ralph このたび、6月28日(金)公開の映画『ホットギミック』(主演・堀未央奈)にて本編のイメージスチールを初解禁いたしましたことをご報告いたします。これまで、作品の中身については一切明かされることがありませんでしたが、ついにその一片が解禁となります。

今回解禁になったスチールは、移りゆく東京の街をどこか切なげな雰囲気で見つめる主人公・成田初(堀未央奈)の後ろ姿が映し出されたもの。


日が落ちる直前の夕焼けの情景とひとり佇む少女のコントラストが、急成長していく都会の中で不安や戸惑いを抱えながら揺れ動く若者のリアルな心情を表現しています。まさに“十代の揺さぶられる心とヒリヒリした肌感覚”を描く本作の世界観を表現したスチールとなっております。

映画情報どっとこむ ralph また、本日公開の公式HPには、一枚の写真に寄せて山戸結希が書き下ろしたテキストが掲載されており、ここからどんな作品が生まれるのか、ますます期待が膨れ上がります。

公式サイト:
http://www.hotgimmick-movie.com/


今後ますますその活躍から目が離せない、映画界期待の新鋭・山戸結希の長編最新作『ホットギミック』が遂に動き出します。

監督・脚本 山戸結希コメント
この物語が、日本中の傷だらけの少女の、あたらしい心の旅に捧げられますように。

『ホットギミック』

2019年6月28日(金)公開

***********************************

キャスト:堀 未央奈 清水尋也 板垣瑞生 / 間宮祥太朗 ほか
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)
監督・脚本:山戸結希(『21世紀の女の子』『溺れるナイフ』他)
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
  


埼玉よ、これが我らの本気だ!二階堂ふみ・GACKT/伊勢谷友介・京本政樹 『翔んで埼玉』


映画情報どっとこむ ralph 2015年、約30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、多数のメディアで取り上げられ、SNSやネット上で大きな話題を呼んでいる、魔夜峰央(まやみねお)原作の「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)。瞬く間に、累計発行部数は66万部を突破。そして、二階堂ふみ・GACKTをW主演に迎え、遂に2019年2月22日に実写映画が公開となります!

壇ノ浦百美(だんのうらももみ)を演じた二階堂は初の男性役、麻実麗(あさみれい)を演じたGACKTはまさかの高校生役という“とんでもない”設定に加え、第1弾ポスターでは全貌は明らかにされていなかったが、原作の世界観を完全に再現したビジュアルを発表。更に、先日解禁された追加キャストの情報では、強い個性と演技力を兼ね備えた出演者たちに、「最高!そして濃い!!」と評判は上々。そしてこの度、これまでひた隠しにされてきた、キャラクタービジュアルの全貌が遂に解禁となります!


この度解禁されるのは、二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、京本政樹、主要キャスト計4人のビジュアル。二階堂ふみ演じる壇ノ浦百美は、勇ましく凛々しい姿がまるで白馬の王子。そして、GACKT演じる麻実麗は、かつてを彷彿とさせる紫で統一された貴族のような装い。映画オリジナルキャラクターの伊勢谷友介演じる阿久津翔は、どこか謎めいた雰囲気を醸し出した東京都知事に仕えている執事。そして、原作では伝説の埼玉県民として語られつつもその姿は謎に包まれた京本政樹演じる埼玉デュークは、白髪・白塗りメイクの時代劇風と、魔夜峰央ワールド200%超の完全再現ビジュアルとなっております。人物デザイン監修・衣装デザインを担当した柘植伊佐夫の手によって作り上げられたキャラクターは、その完成度の高さに監督・武内英樹も大絶賛。

さらに、ポスターに書かれているコピーには、「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ」「ダさいたま、クさいたま、田舎くさいたま」など、それぞれのキャラクターが発した「ディス」台詞があしらわれており、キャラクターの表情が分かるアップVer.と人物造形が分かる全身Ver.の2種類、計8枚の贅沢なポスターとなっております。折しも世間はハロウィン真っ只中!各地に溢れかえる仮装している面々の群を抜く、正真正銘、本気の“魔夜峰央ワールド”の再現をご高覧ください!


映画情報どっとこむ ralph 『翔んで埼玉』

2019年2月22日(金)

公式HP:
tondesaitama.com

公式twitter:
https://twitter.com/m_tondesaitama


■原作を大胆にアレンジ!映画『翔んで埼玉』は、“伝説パート”と、“現代パート”の2部構成。

 原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』は、東京都民から迫害されていた埼玉県民の自由を求め、百美と麗が旅立つところで突然終了してしまう、未完成の物語。原作の魔夜氏が作品発表当時、埼玉県所沢市に住んでいたことから“埼玉”を題材に作品を執筆していたものの、途中で魔夜氏自身が他県へ引っ越すことになってしまい、それ以上書くと「悪口になってしまう」と判断したことが未完の理由だと魔夜氏は語る。

映画化にあたって、制作陣は最大限のリスペクトをもって、原作の舞台や設定を活かし、百美や麗が活躍する【伝説パート】と、埼玉県在住のある家族を通して、その伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識する【現代パート】の2部構成とした。

【伝説パート】では、
埼玉県人が東京へ入るための必須アイテムとして登場する“通行手形”の撤廃と、自由を求めて戦う百美・麗の前に、埼玉同様、自県の通行手形の撤廃をもくろむ対抗勢力として、千葉県が立ちはだかる。一方、東京都と密な関係を築き、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県という勢力も登場。東京、埼玉、千葉、神奈川をはじめ、群馬、栃木、茨城をも巻き込んだ関東一帯の各勢力が複雑に絡み合う、壮大なスケールで物語は展開する。

【現代パート】では、
埼玉県在住の菅原家を中心に物語が展開される。娘の結納の為一路東京へ向かう道中、車内のラジオから流れてきたのは、百美と麗らが埼玉県人の自由と誇りをかけた戦いの日々を綴った物語。果たしてこの物語は、菅原一家や婚約者たちを、どんな結末に導いてしまうのか・・・。この邦画史上最大の茶番劇の行く末を、是非スクリーンで見届けてください!



***********************************

キャスト:二階堂ふみ GACKT
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)
間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ / 中尾彬 / 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 他

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
©魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社
   


堀未央奈(乃木坂46)が映画初主演 山戸結希監督『ホットギミック』製作決定!


映画情報どっとこむ ralph このたび、山戸結希監督 新作映画『ホットギミック』の製作が決定しました。
ただの甘いラブストーリーではなく、十代の揺さぶられる心とヒリヒリした肌感覚を描く本作。

すべては「若者の胸に鮮烈に刺さる、新しい時代の青春映画を作りたい」という情熱から。

全ての発端は、山戸結希監督の前作『溺れるナイフ』(16)のかなり前に遡り、2014年冬。当時東映㈱の若手社員であった現プロデューサーの高橋さん&山尾さんが、テアトル新宿で上映されていた山戸監督作品『おとぎ話みたい』(14)を鑑賞し、その濃密な世界観に衝撃を受け、衝動的に山戸監督と連絡を取ったことに始まったそう。

山戸監督は、新世代の映画監督の中でも、ひときわ異彩を放つ存在。
2015年、日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞。
メジャーデビュー作となった『溺れるナイフ』では、驚異の口コミ力で興行収入7億円強の大ヒットを記録し、一躍その名を世間に轟かせました。さらに、企画・プロデュースを務める映画『21世紀の女の子』は、本年度の東京国際映画祭に正式招待されています。

山戸結希監督コメント
たったひとりの女の子のために、漫画を描き続けてきた相原先生の心の美しさに、せめてこの作品を作っている間だけは、どうか共鳴しながら、心から美しいと感じるキャストの皆さんを、その感覚そのままに、スクリーンに映し出せることを祈っています。
なにも良いことがないと地獄のような日々を生きている、たったひとりの十代の女の子が、近所のショッピングセンターの中にあるシネコンに、ふらりと劇場に迷い込んだときに、たった一回出会えるような作品にしたいと願っています。たったひとりの十代の女の子へと、お手紙を書くように、この映画を撮りたいとずっと思っていました。

映画情報どっとこむ ralph 堀未央奈さん(乃木坂46)が映画初出演にして初主演!主人公・初(はつみ)役に挑む!

3人の男性との恋に揺れ動く主人公・成田 初(なりたはつみ)を演じるのは、国民的アイドルグループ乃木坂46の次世代エース・堀未央奈さん。人気女性ファッション誌「ar」のレギュラーモデル、1stソロ写真集「君らしさ」は発行部数が10万部を突破した存在。

山戸監督が14thシングル「ハルジオンが咲く頃」のMVを手掛けた際に、そのみずみずしい存在感が印象に残ったため、今回は映画初出演にも関わらずいきなりの主演に抜擢されました!キャスティングに至る経緯について、制作側は「ずっと見ていたくなるようなフレッシュでみずみずしいヒロイン像を探す中で、堀未央奈さんの存在が浮上しました。映画界ではまだ無名ですが、だからこそ未知数な可能性を秘めたヒロインを新たに作り出せるはず。映画界ではニューカマーとなる堀が、山戸監督作品の中でどんな女優として輝くのか、期待が高まります!」と語っています。

堀 未央奈(成田初 役)コメント
私自身、映画は初主演と言う事で不安な気持ちはありますが、クランクインして、監督の演出、共演の皆さんとのお芝居、その1つ1つの撮影が本当に楽しいです。実は人見知りなので、最初は現場に溶け込めるか不安でしたが、共演のみんなも年が近く話しかけてくれるので、ほっとしています。元々、山戸監督とは、乃木坂46のMVでご一緒したことがありましたし、作品もいくつか拝見していました。ずっと、もっと一緒にお話ししてみたいなと思っていたのですが、今回、撮影が始まる前に2人でじっくり話せる機会がありました。この映画にかける思いを本気で話すことができ、カメラの前に私がいる時の気持ちも、汲み取ってくれているんじゃないかな?と、思っています。原作は、凄く面白い作品。誰かと付き合っていたとしても、ほかの誰かに気持ちが迷ってしまう事、誰にでも起こりうることじゃないかなと思っています。そんな初のリアルな心情、心の揺れを新鮮にリアクションしていきたいです。

映画情報どっとこむ ralph ■さらに、主人公・初に恋する3人の男性陣には映画界で最注目の若手俳優が集結!

主人公と同じマンションに住む幼馴染・橘 亮輝(たちばなりょうき)を演じるのは、清水尋也さん。
エリート男子高に通い頭脳明晰・容姿端麗な女子の憧れの的でありながら、初への想いをうまくぶつけられない亮輝の繊細な心情の変化をどのように表現するのか、注目です。

清水尋也さん(橘亮輝役) コメント
山戸監督と作品を作れる事への喜びと、良い物にしなければ、というプレッシャーを共に感じました。とても難しい役所ではありますが、決して妥協せず、皆様の心に残る橘亮輝を演じ、そして生きたいと思います。



もう一人の幼馴染・小田切 梓(おだぎりあずさ)を演じるのは、板垣瑞生さん。
人気ヴォーカルダンスユニット「M!LK」のメンバー。
ティーンに絶大な人気を誇る現役高校生の板垣が今作では、人気モデルとして華やかな世界で活躍するも、過去のとある出来事から心に暗い影を潜め、どこかミステリアスな雰囲気を持つ梓を熱演します。

板垣瑞生(小田切梓役)さん コメント
山戸さんの作品は前から観ていたのもあって、自分が出られるだなんて思っていなかったのですが、出演させていただける以上は全力をぶつけてみたいと思います。それに、清水(尋也)君とも前に共演したので、また一緒に作品に出られることが楽しみで仕方がないです。一緒にいい作品にしたいです。梓の闇の部分も、すごくキラキラとした部分もどっちもたくさんの方に魅力的に伝わるように楽しめればと思っています。


初の兄・成田 凌(なりたしのぐ)を演じるのは、間宮祥太朗さん。
いま世間に大注目されている間宮さんが、誰にも言えない気持ちを胸に秘め、葛藤しながら生きてきた凌を演じる姿は必見です!

間宮祥太朗(成田凌役) コメント
山戸監督と初めてご一緒するので、一刻も早く山戸組の撮影リズムに入り込みたいと思っています。凌はとても切ないキャラクターです。山戸監督とも、それをしっかり表現できたらいいね、という話をしていたので、しっかりキャラクターを作っていきたいですね。僕はどうも、年下の女優さんから「怖い」と思われてしまうことがあるのですが(笑)、堀さんとは兄と妹の役ですから、そう思われないように関係を作っていかなくちゃいけないなと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 若い才能が結集し生み出される、次世代青春映画。2019年、映画『ホットギミック』が青春映画の流れを変える―。

ホットギミック

2019年全国公開です。

ストーリー
どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。
そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。
さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。

昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。
そんな3人の男性との恋に揺れ動く初の運命は…。


***********************************

キャスト:堀 未央奈 清水尋也 板垣瑞生 / 間宮祥太朗 ほか

原作:相原実貴「ホットギミック」(全12巻・小学館「Betsucomiフラワーコミックス」刊)
監督・脚本:山戸結希(『溺れるナイフ』他)
クランクイン:2018年9月中旬
クランクアップ:2018年10月中旬予定
都内近郊にて撮影予定


小泉今日子「食べる女」“おいしい男”たちとの相関図到着


映画情報どっとこむ ralph 小泉今日子を主演にむかえ、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香という超豪華女優陣の共演で話題沸騰中の映画「食べる女」は2018年9月公開予定です。

構想に約10年をかけ、主演に小泉をむかえるために2年もの月日を待つなど、ストーリー、キャスティングともに並々ならぬ情熱が注がれた本作。

そうして実現した豪華女優陣演じる“食べる女”たちの人生に一味を加えるのは、実力派男性陣演じる“おいしい男”たち。

この度、『食べる女』を彩る、個性豊かな男性キャスト情報が解禁となります。
映画情報どっとこむ ralph “おいしい男”たち

「料理」と「セックス」をテーマに、恋や仕事に悩みながらも本来の自分を取り戻そうとする女性たちを描く本作品。自分の人生を充実させて“おいしい女”になろうとする“食べる女”たちの前に現れるのは、ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察)、眞木蔵人らが演じる個性豊かな男たち。ユースケ演じるタナベはちょっと頼りない会社員、池内演じる修治は妻との関係に見切りをつけようとする男、勝地演じる白石は恋に悩む小学校教師。小池演じる友太は朝陽のように爽やかな繊維メーカー勤務。職業も性格も様々な彼らは、はたして彼女たちが望む、人生を豊かにしてくれる“おいしい男”となりうる人たちなのでしょうか?豪華女優陣の共演に加え、世代・ジャンルの垣根を越えた個性豊かなキャストが勢ぞろいしました。

映画情報どっとこむ ralph 料理でつながり、紡がれる“おいしい”関係

料理をこよなく愛す敦子(小泉今日子)の家には夜な夜な迷える女たちが集まってくる。その1人、沢尻エリカ演じる編集者圭子(通称・ドド)は30歳を超え、自分のマンションを買い、つまらない男などよせつけまいと仕事をバリバリとこなす女性。そんな彼女が出会うのは、ユースケ・サンタマリア演じる、一見冴えないオヤジサラリーマンのタナベ。教習所の食堂でひょんなことから顔見知りになった2人。特別な関係になどなるはずもない彼らをつないだのは、本作のテーマの一つでもある“料理”。抜群の腕前を持つタナベを演じるために、ユースケはクランクイン前から料理学校に通うなどして、腕を磨くなど精力的に役作りに挑みました。そうして取り組んだ撮影では、太刀魚のムニエルといったフレンチから鯒のお造りといった日本料理まで幅広く挑戦しており、劇中でも華麗な腕前を垣間見ることができます。また、一見冴えない風貌に見え、脱ぐと実はいい体をしているという設定もあり、ドドとタナベが紡ぐエロスがどのように展開されるのかにもご期待ください。

男女の関係が“料理”によってつながり、紡がれる、意外な男と女の人間模様が見どころの本作。小泉今日子演じる敦子や、そのほかの“食べる女”たちは、どんな意外な男性と、どんな意外な場所で、どんな関係を築いていくのでしょうか。その関係はお互いの人生を充実させることができる“おいしい”関係になりうるのでしょうか。

映画『食べる女

2018年9月末公開予定

***********************************


監督:生野慈朗
原作・脚本:筒井ともみ

出演:小泉今日子 沢尻エリカ 前田敦子 広瀬アリス 山田優 壇蜜 シャーロット・ケイト・フォックス 鈴木京香/ユースケ・サンタマリア 池内博之 勝地涼 小池徹平 笠原秀幸 間宮祥太朗 遠藤史也 RYO(ORANGE RANGE) PANTA(頭脳警察) 眞木蔵人