「間宮祥太朗」タグアーカイブ

『殺さない彼と死なない彼女』〈イケメンくん〉金子大地と〈サイコキラーくん〉中尾暢樹のビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)が実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。
殺さない彼と死なない彼女 (4) W主演の間宮祥太朗&桜井日奈子が演じるのは、「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野なな。さらに、恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、金子大地、中尾暢樹ら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現。彼らが織りなす不器用で純粋な少年少女たちを巡る三つの物語は、やがて思いがけない結末へ——。

すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作が誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph この度、物語のキーパーソン、〈イケメンくん〉と〈サイコキラーくん〉のビジュアルカットが解禁となります。

今回公開されたのは、恋多き少女・きゃぴ子(堀田真由)の彼氏の一人である〈イケメンくん〉と、この物語に衝撃をもたらす〈サイコキラーくん〉のビジュアルカットだ。
金子大地〈イケメンくん〉 『殺カレ死カノ』 金子大地〈イケメンくん〉 『殺カレ死カノ』  大学生の〈イケメンくん〉を演じるのは、 「おっさんずラブ」(連続ドラマ、劇場版)の栗林歌麻呂役で世間を賑わせた金子大地。小林啓一監督は、「はじめから金子くんがいいと思っていたので、ほとんど当て書きです。以前『逆光の頃』(17)にも出演してもらって、また一緒にやりたいなと思っていました。」と抜群の信頼をよせている。きゃぴ子の心をかき乱すイケメンぶりに注目だ。 

また、愛についての歪んだ信念を滔々と説く〈サイコキラーくん〉役を、中尾暢樹がつとめる。
中尾暢樹〈サイコキラーくん〉 『殺カレ死カノ』 中尾暢樹〈サイコキラーくん〉 『殺カレ死カノ』 連続ドラマ「あなたの番です」では、かわいいヤンキーカップルで視聴者を癒していた中尾だが、先に公開された本予告では、「あの子が死体となる瞬間は僕しか知らないんですよ」と語る動画がスマホに映し出され、その台詞だけでサイコキラーの恐ろしさを予感させた。小林監督は、「サイコキラーくん役は、美形で人懐こくて笑顔の爽やかな人がよかった。最初から気持ち悪く笑う人は嫌だったんです。なので、パブリックイメージが明るい中尾くんが真逆の役をやったら怖いんじゃないかと思いましたね。」と起用理由を語っている。いつも、全身、白い服を着ている彼は、果たしてどんな笑顔を見せるのか? 本作では、そんな存在感抜群のキーパーソンたちも見逃せないポイントだ。彼らと、〈小坂れい〉と〈鹿野なな〉、〈きゃぴ子〉と〈地味子〉、〈撫子〉と〈八千代〉らとの係わりは?衝撃の事件とはいったい何か?タイトルに秘められた謎とともに、予測不能なラブストーリーに期待が高まる。

映画情報どっとこむ ralph 『殺さない彼と死なない彼女』

11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作!
衝撃のラスト、タイトルの本当の意味に涙する。

何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に興味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……。
殺さない彼と死なない彼女
***********************************

間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)

製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会







良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夏帆x妻夫木聡 三島有紀子監督最新作『Red』追加キャストに柄本佑・間宮祥太朗


映画情報どっとこむ ralph 女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生がセンセーショナルな表現で新境地を開いた「Red」を『幼な子われらに生まれ』で知られる三島有紀子監督が映画化、2020年2月21日(金)新宿バルト9他全国ロードショーが決定しました!

大雪の夜、車を走らせる男と女。
先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
平凡な結婚、可愛い娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりに、かつて愛した男・鞍田秋彦に再会する。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつ、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった結末とは――。

主人公の塔子役には数々の作品で幅広い役柄を演じてきた女優・夏帆(28)。
鞍田との再会で徐々に心も身体も解放し、自由に美しくなっていく女性を繊細かつ大胆に演じ、更なる新境地を切り開く。

危うい魅力をまとう昔の恋人・鞍田役には、日本映画界において欠かせない存在の俳優・妻夫木聡(38)。40歳目前にして、今まで見せたことのない憂いを帯びた色気を全身から放ち、圧倒的な存在感で鮮烈な印象を残す。

映画情報どっとこむ ralph 【Red】夏帆・妻夫木聡・柄本佑・間宮祥太朗4shot
夏帆、妻夫木聡に続き、今、最も旬な実力派俳優、柄本佑、間宮祥太朗が出演!

主人公・塔子に好意を抱く職場の同僚・小鷹淳役に、柄本佑(32)。
小鷹は、塔子に惹かれながらも、塔子と鞍田の関係に唯一気づく重要な人物。柄本は、強引だけれどもどこか憎めない不思議な魅力を持つキャラクターを軽やかに演じてみせる。

●柄本 佑(えもと・たすく)
小鷹 淳(こだか・じゅん)役コメント


「新しく入社してきた夏帆さん演じる塔子に少し恋心を抱く男・小鷹を演じました柄本佑です。とても刺激的な恋愛映画であり、実際に起こったら大変な事になりますが…、なぜこういう映画が生まれるか。どこかでみんなちょっとだけ憧れてしまうところがあるのか。だけど、それを現実ではやってはいけない。そんな映画を2時間、疑似体験して、その恋愛を楽しんで頂きたいなと。映画っていうのはそういう夢のあるものなんだなと思います。」


塔子の夫・村主真役には、間宮祥太朗(26)。

夫の真は、家族想いで悪気はないものの“価値観のずれ”ゆえに、無自覚に塔子を追い詰めてしまう難しい役どころ。

●間宮祥太朗(まみや・しょうたろう)
村主 真(むらぬし・しん)役 コメント


「三島監督と夏帆さんとじっくり撮影した日々が懐かしいです。どうなろうとも女性が女性であるという事を忘れるべからず。私はまだ結婚した事も子供を持った事もありませんが、いつかのその時の為にその事を覚えていなければと思いました。思ったと言うよりも痛感したと言った方が近いかもしれません。自分が演じた真と同じ轍を踏まない様に。」


映画情報どっとこむ ralph 三島有紀子監督からのコメント

「塔子をとりまく3人の男は、それぞれベクトルは違うものの自分の尺度がはっきりしていて、全員に絶対的な色気と圧倒的な芝居力で夏帆さんの魅力を多面的に引き出してもらう必要がありました。3人のみなさまには、いままで観たことのない芝居をしていただけたと思うし、夏帆さん含む4人の芝居は素晴らしかった、の一言に尽きます。」

<小鷹 淳役:柄本佑について>
「観察眼がある目をしているのに、緊張を解くのがうまく、色気があり、鞍田(妻夫木さん)と違う声質と声の高さを持っていて、人間の複雑さと深みを表現してくれる人を探していました。柄本佑さんのことを『美しい夏キリシマ』からずっと観てきましたから、いた、と。佑さんは、【達観した儚さ】が強さと色気を生む人で、小鷹の人生の歴史さえ感じさせながら映画に存在し、【共感】より【理解】という他者への寛大さを体現してくれたと思っています。」

<村主 真役:間宮祥太朗について>
「真という人間が、ただ嫌な悪者に感じられては浅くなってしまうのでは、と悩みました。インテリジェンスを持ったハイソサエティの人間で、古い常識に疑いを持たない素直な男。塔子との文化の違いが出なくてはならないと考えていました。言葉の選択に知性を感じていた間宮さんが演じてくれたら、リアルで、真の考え方にも説得力が生まれるのではないか、と。間宮さんは、イマジネーションに溢れていたし、周りを愛することと周りに愛されることを心から素直にできる稀有な存在で、【鈍感】と【敏感】が行き来する真の心の弱さと機微を繊細に演じてくれました。」


〈三島有紀子監督プロフィール〉1969年4月22日生まれ、大阪市出身。監督作『幼な子われらに生まれ』(17)で、第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞、第42回報知映画賞監督賞、第41回山路ふみ子映画賞を受賞。他監督作品に『しあわせのパン』(12)、『繕い裁つ人』(15)、『少女』(16)などがあり、各国の映画祭での上映や韓国・台湾での劇場公開も果たしている。

映画情報どっとこむ ralph 夏帆と妻夫木聡『Red』
三島監督最新作に、日本映画界きっての実力派キャストが集結し、一人の女性とタイプの違う魅力的な男たちがくり広げる、湿度と温度の高いラブストーリー『Red』。

公式HP:
https://redmovie.jp/ 

***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗
監督:三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 脚本:池田千尋 三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活 
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
企画協力:フラミンゴ 
©2020『Red』製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

奥華子が手掛ける初の映画サウンドトラック「殺さない彼と死なない彼女」!


映画情報どっとこむ ralph 映画『殺さない彼と死なない彼女』はTwitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)の実写映画化。『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』の小林啓一がメガホンを取り、W主演の間宮祥太朗&桜井日奈子をはじめ、恒松祐里、堀田真由、ゆうたろう、箭内夢菜、金子大地、中尾暢樹ら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現したことでも話題となっている。
殺さない彼と死なない彼女
11月13日(水)にリリースされる、奥華子が手掛ける初の映画サウンドトラック「殺さない彼と死なない彼女」。このたび原作・世紀末がこのサウンドトラックのために書き下ろした貴重なイラストを使用したジャケット写真が解禁され、さらに収録曲の全貌も明らかになった。

映画情報どっとこむ ralph 今回、原作者・世紀末が、このサウンドトラックのために書き下ろしたイラストを使用したジャケット写真が解禁となった。

世紀末が書き下ろしたのは主題歌「はなびら」を彷彿とさせるような花畑に佇む幸せそうな笑顔の小坂と鹿野のイラストになっており、映画への期待感も膨らむビジュアルとなっている。
奥華子映画サウンドトラック「殺さない彼と死なない彼女」
このサウンドトラックには映画のために制作された全23曲が余すところなく収録され、主題歌「はなびら」(Movie Ver.)と本編のカフェのシーンで使用された劇中曲のボーカル楽曲が収録されるほか、映画では使用されなかった未使用劇伴1曲もボーナストラックとして収録。そのタイトル全貌も明らかになった。物語の舞台となる学校名をつけた楽曲「世紀末高等学校」や映画予告編でも小坂や鹿野がつぶやく言葉「未来の話」など気になるタイトルが並んでおり、楽曲たちが劇中でどう使われてくるのかにも期待していただきたい。
奥華子 また、本サウンドトラックと同日発売予定の奥華子ベストアルバム「奥華子 ALL TIME BEST」との連動特典も実施中。予約特典としてチロ華子15周年デザインアクリルキーホルダー、さらに予約抽選特典として奥華子と本作の監督・小林啓一氏のトークショー付き試写会が抽選で当たる特典も用意されている。こちらの抽選特典の予約応募締め切りは、10月20日(日)の23:59まで。公開に先駆けて一足早く作品を体感するチャンスです。

映画情報どっとこむ ralph 【リリース情報】

映画『殺さない彼と死なない彼女』オリジナル・サウンドトラック
2019年11月13日(水)発売 品番:PCCR.00689 定価:2,000円+税
◇原作・世紀末書き下ろしイラストビジュアル仕様
◇収録内容

01. 世紀末高等学校
02. 芽生え
03. 君と図書館
04. わたしの王子様
05. 夢の中で
06. はじめての絶望
07. 愛されたら
08. 足りない
09. 好きがわからない
10. 花火の約束
11. 撫子の告白
12. 繋いだ手
13. 恋の宇宙(ボーカル曲)
14. 君を好きな僕でも
15. 一人じゃない
16. 帰り
17. 二つの世界
18. 君がいない朝
19. あふれてる
20. ぬくもり
21. 未来の話
22. はなびら Movie ver.

BONUS TRACK
23.  一人じゃない another ver.

先着店舗購入特典
《一般店》 <映画『殺さない彼と死なない彼女』オリジナルポストカード>
《Amazon》 <デカジャケット>



■奥華子 ALL TIME BEST
2019年11月13日(水)発売
・通常盤 3CD 品番:PCCA.04828 定価:3,500円+税
・スペシャル盤 3CD+Blu-ray 特製スリーブ仕様【MV集、他オフショット映像等収録予定】 品番:PCCA.04827 定価:4,900円+税
・完全限定生産15th Anniversary 875BOX 3CD+Blu-ray+スペシャルフォトブック+オリジナルマルチスタンド+15周年記念奥華子バンダナ 品番:PCCA.04864 定価:8,750円+税

CD収録内容
『花-HANA』
01. はなびら(新曲)
02. プロポーズ
03. 初恋
04. 365日の花束
05. 年上の彼
06. 冬花火
07. 桜並木
08. スターチス
09. 恋つぼみ
10. 二人記念日
11. ガラスの花
12. 恋
13. ロスタイム
14. やさしい花

『空-SORA』
01. シンデレラ
02. ガーネット
03. 愛という宝物
04. 笑って笑って
05. 10年
06. 道
07. 魔法の人
08. 一番星
09. 逢いたいときに逢えない
10. 灯
11. 帰っておいで
12. Happydays
13. 遥か遠くに
14. 足跡
15. 自由のカメ

『月-TSUKI』
01. あなたに好きと言われたい
02. 透明傘
03. 泡沫
04. Rainyday
05. 変わらないもの
06. 窓辺
07. ピリオド
08. 愛してた
09. 楔
10. 青い部屋
11. トランプ
12. 白い足跡
13. 曖昧な唇
14. 恋の果て
15. 迷路

『MV集』
01. 魔法の人
02. 小さな星
03. ガーネット
04. 手紙
05. 初恋
06. シンデレラ
07. 冬花火
08. 楔
09. 花火
10. 君がくれた夏
11. キミの花
12. 最後のキス
13. 思い出になれ
14. 鞄の中のやきもち
15. はなびら

先着店舗購入者特典(全形態対象)
《一般店》 <奥華子デザイン缶バッジ>
《Amazon》 <デカジャケット>
※完全限定生産15th Anniversary 875BOXにはスペシャル盤&通常盤のデカジャケット各1枚
※スペシャル盤と通常盤はそれぞれのデカジャケット

ベストアルバム/サウンドトラック 先着店舗購入者特典について
※各店舗でご用意している特典数量には限りがございますので、お早目のご予約をおすすめいたします。
※各種イベント・コンサート会場でのご予約購入は対象外となります。
※特典は数に限りがございますので、発売前でも特典プレゼントを終了する可能性がございます。
ただし、一部取り扱いの無い店舗やウェブサイトがございます。ご予約・ご購入の際には、各店舗の
店頭または各サイトの告知にて、特典の有無をご確認ください。
※一部お取り扱いのない店舗/オンラインサイトもございます。店舗へご確認のうえご予約ください。
※特典は無くなり次第の終了となります。あらかじめご了承ください。

■奥華子 ALL TIME BEST特設サイト:okuhanako-alltimebest.ponycanyon.co.jp
■奥華子Official HP:http://okuhanako.com/
■奥華子Official Twitter:https://twitter.com/okuhanako (@okuhanako)
■奥華子Official BLOG:https://ameblo.jp/kokoroletter/
映画情報どっとこむ ralph 【『奥華子 ALL TIME BEST』+映画『殺さない彼と死なない彼女』オリジナル・サウンドトラック連動特典】
ポニーキャニオンショッピングクラブで対象商品を同時購入したお客様に豪華特典をプレゼント!
さらに、Wチャンスで、10月20日までの早期予約抽選特典として奥華子と本作の監督・小林啓一のトークショー付き試写会に抽選で100名様をご招待いたします。

・同時購入特典:チロ華子15周年デザインアクリルキーホルダー
※11月12日(火)PM23:59までご予約いただいた方には必ず特典がつきます。それ以降はなくなり次第終了となります。

・早期予約抽選特典:
ここでしか聞けない音楽制作裏話を語り尽くす!
奥華子+小林啓一監督トークショー付き
映画『殺さない彼と死なない彼女』試写会
100名様をご招待

日時:11月12日(火) 18時開場 18時30分上映開始 (本編123分)(終了予定 21時10分頃を予定)
場所:都内某所

予約応募締め切り:10月20日(日)PM23:59まで
当選発表:10月31日(木)より順次

連動特典特設サイト


映画情報どっとこむ ralph 映画『殺さない彼と死なない彼女』

11月15日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式サイト:
korokare-shikano.jp

殺さない彼と死なない彼女
物語・・・その感動は予測不能!
すべての孤独をあたたかく癒す、いびつでピュアなニュータイプ・ラブストーリー。何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……



***********************************

間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤 玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥 華子/主題歌:「はなびら」 奥 華子(PONY CANYON)
製作:映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会
制作プロダクション:マイケルギオン 配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン
©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会
(C) 2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

間宮祥太朗&桜井日奈子「殺さない彼と死なない彼」本予告・本ポスター 解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 ――Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」が実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。
間宮祥太朗&桜井日奈子『殺さない彼と死なない彼女』  W主演の間宮祥太朗&桜井日奈子が演じるのは、「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野なな。さらに、恒松祐里、堀田真由、ゆうたろう、箭内夢菜、金子大地、中尾暢樹ら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現。彼らが織りなす不器用で純粋な少年少女たちを巡る三つの物語は、やがて思いがけない結末へ——。
 すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作が誕生しました。

この度、本予告と本ポスターが解禁となりました。
また、第32回東京国際映画祭で、特別招待作品として上映が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph ■本予告
 本予告映像は、小坂れい(間宮祥太朗)が、鹿野なな(桜井日奈子)がリストカットしようとするのをスマホで撮影しているシーンから始まる。一転して、「調子に乗るな。殺すぞ」「死ね」と言い放つ小坂に、「死んでやる」「余計に死にたくなる」と返す鹿野。 「殺す」が口癖の小坂と「死にたい」が口癖の鹿野の日常は、そんな殺伐とした不愛想な会話が繰り返されている。
 続いて、映像で初披露のキャラクターたちが次々と登場する。
 「離れてよ!」。とにかく地味な地味子(恒松祐里)はまとわりつく親友のきゃぴ子(堀田真由)を突き放す。全人類に愛されたいきゃぴ子は「え、どうして?きゃぴ子が可愛いすぎて、並ぶとよけいに自分が劣って見えるから?」と地味子をあきれさせる。

また、撫子(箭内夢菜)は、八千代(ゆうたろう)に日課のように「大好き!」 「好き!」と愛の告白をしていた。が、恋ができない彼は、「僕は君のこと好きじゃないよ」と涼しい顔でかわすのだった。

 そんな不器用で純粋な彼らの恋と運命はやがて交差することに。「うちの生徒が殺された事件って知ってる?」 という問いかけとともに、謎めいたサイコキラーくん(中尾暢樹)が「あの子が死体となる瞬間は僕しか知らないんですよ」と語る動画がスマホに映し出され、衝撃的な結末を暗示する。
 本作では、不器用で、孤独や切ない思いを抱えた登場人物とともに、核心を突く台詞にも注目だ。 「私が死んでも世界は何も変わらないよね」 と尋ねる鹿野に「お前が死んだら俺は少し変わるな」と答える小坂。「君は君を好きにならない僕を好きなんじゃないの?」と撫子に聞く八千代。「ひとりは我慢できたけど、孤独は耐えられないわ」と大学生の彼氏・イケメンくん(金子大地)につぶやくきゃぴ子。そんな台詞の数々は、あるときは観る者の心を抉り、あるときは優しく包み込みこむ。



主題歌と映画音楽を担当したのは奥華子。この予告編で主題歌「はなびら」の一部も初披露となり、音楽とともにその美しいピアノの音色で少年少女たちのうつろいやすい一瞬一瞬を、切なくもあたたかく彩っている。そして、この映画のサウンドトラックと主題歌「はなびら」を収録したベストアルバムの発売も決定した。

映画情報どっとこむ ralph そして、本ポスターには、<君の隣で、世界は変わる。>というコピー、糸電話を耳にあてている小坂と鹿野のカットと、メインキャラクターの劇中カットとなる。
間宮祥太朗 桜井日奈子【殺カレ死カノ】本ポスター
■第32回東京国際映画祭で上映決定!
10月28日(月)から開催される第32回東京国際映画祭で、特別招待作品として上映が決定した。

11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作!
衝撃のラスト、タイトルの本当の意味に涙する。

何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に興味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……。

***********************************

間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)

製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

奥華子が 『殺さない彼と死なない彼女』 主題歌を書き下ろし!映画音楽にも初挑戦!


映画情報どっとこむ ralph 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 ――Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)が間宮祥太朗さん&桜井日奈子さんW主演で実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。
間宮祥太朗 桜井日奈子殺さない彼と死なない彼女
そして!

この度、奥華子が本作のために書き下ろした「はなびら」が主題歌に、さらに映画音楽を初めて手がけることが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 本作の主題歌を担当するのは、恋愛ソングの名手として幅広い世代から支持を集める奥華子さん。
奥華子 劇場版アニメーション『時をかける少女』(2006/細田守監督)の主題歌「ガーネット」で多くの観客の心をつかんだ彼女が本作で再び唯一無二の歌声を響かせる。本作のために書き下ろした主題歌のタイトルは、「はなびら」(作詞・作曲:奥華子)。映画主題歌としては、4作目の提供となるが、自らの代名詞ともいえる失恋バラードや心に深く刺さるメッセージソングなど数多くの楽曲を発表し続けてきた彼女が、満を持して書き下ろした映画主題歌だけに、期待が高まる。

主題歌について、小林啓一監督と制作陣は、「映画のラストには“希望”を残したい」、「本作の登場人物と観客に寄り添える、切ない、だけど温かさの残る曲にしていきたい」という思いのもと検討を重ね、原作のイメージと楽曲のイメージもシンクロするアーティスト、奥華子さんへオファー。すると偶然にも、彼女がオファー以前に原作を読んでいたことも判明し、今回書き下ろしの主題歌提供が実現した。

そして、主題歌・奥華子さんの決定を原作者の世紀末へ伝えたところ、実は世紀末も以前から奥さんの楽曲が好きで、過去の楽曲からインスパイアされたイメージで漫画を描いたこともあったことが判明し、まさしく運命的な巡り合わせを感じさせる。

映画情報どっとこむ ralph 今回の発表に合わせて奥華子さんのほか、主演の間宮祥太朗さん、桜井日奈子さん、原作者・世紀末、小林啓一監督からコメントが届いています。
殺さない彼と死なない彼女_奥華子_間宮祥太朗_桜井日奈子
■奥華子さんコメント
世紀末さんの世界観が好きで原作を読んでいたので、主題歌と劇中音楽のお話を頂いた時は本当に嬉しかったです。瑞々しい映像と大切な言葉が散りばめられた一つの物語に、心が掴まれて何度も涙が出ました。人を想う強さや、生きている喜びも切なさも素直に全部が愛おしいと思える作品でした。主題歌『はなびら』は前向きな力強さと映画の優しい光の世界観もイメージしながら作りました。劇中音楽は初めての経験でしたが小林監督と何度もイメージを共有しながら、とても繊細なところまで妥協なく作る事ができました。この音楽が映画と共に観た人の心に残れば幸いです。

■間宮祥太朗さんコメント
奥華子さんの音楽あってこそ、この映画は清く美しく感じてもらえると思います。音が静かに泣いたり笑ったりしている様で、登場人物達の感情の機微に観客を誘う。観ている方々の温度に優しく触れる。この映画に寄り添う音楽に報われに来てください。

■桜井日奈子さんコメント
「ガーネット」や「楔」など以前から聴いていて、私も奥華子さんの曲に心を動かされたファンの1人なので、今回主題歌を担当されることを知ってとても嬉しかったです。恋の儚さ、尊さ、切なさが色濃く出ている反面、何度も出てくる”ありがとう”の歌詞に、物語と同様、前向きさを感じました。そして苦しくなるほどに共感できる歌詞が心に響きます。

■小林啓一監督
素晴らしい音楽を作っていただき、ありがとうございました。奥華子さんの音楽により映画に深みや立体感が生まれました。仕上げの場にも、ずっといてくださり重要なアドバイスもたくさんいただきました。ほんとに助かりました。奥華子さん無くして、この映画は語れません。幸福と悲哀、それと何かが同時に沸き起こる不思議な感覚を皆さんにも味わって欲しいです。エンディング、はやく聞いて欲しいです。


■世紀末先生コメント(原作)
映画が始まって最初の劇伴が流れた瞬間、物語が動き始めるのを感じてワクワクしました。まるで白黒から色がついたような、踊ってるような、走ってるような、笑ってるような、とても素敵な音です。主題歌の『はなびら』は作品に寄り添って作っていただいた歌ですが、あたたかくて真っ直ぐで聴けば聴くほど奥華子さん本人のような歌だと思っています。試写会後、奥さんが映画を「宝物のような作品ですね」と言ってくださったのがとても嬉しかった。宝物を作ってくださったこと、本当に感謝しています。

映画情報どっとこむ ralph 「殺さない彼と死なない彼女」

11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

殺さない彼と死なない彼女 その感動は予測不能! すべての孤独をあたたかく癒す、いびつでピュアなニュータイプ・ラブストーリー。
何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に興味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……。

***********************************

間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)

製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ