「長谷川博己」タグアーカイブ

稲垣吾郎x阪本順治監督 映画『半世界』“半分半分”ポスター完成!


映画情報どっとこむ ralph 2月15日(金)より公開映画『半世界』の、“半分半分”ポスターが完成しました!

タイトルが“半分”になった、2枚そろって初めて完成する“半分半分”ポスターとなっております。

左側のポスターでは、人生折り返しを迎えたアラフォーの元同級生が夜の海で、少年のように笑い転げているビジュアルです。
稲垣吾郎、池脇千鶴、長谷川博己『半世界』
稲垣吾郎扮する炭焼き職人の紘は、妻からの風当たりが強く、息子は反抗期、仕事はしんどく、長谷川博己演じる元自衛官の瑛介は、妻子と別れて地元に戻ってきた訳ありの元同級生、渋川清彦演じる光彦は、未だ独身の元同級生。そんな悩み尽きない男たちの、ひとときの童心あふれる友情を切り取ったシーンになります。

右側のポスターはセリフ違いで2種類存在します。

夜の海で語り合った3人の男たちが迎えるであろう夜明けをイメージしたビジュアルとなっています。さらにそれぞれのポスターでは、異なるセリフを用いています。これらのセリフの共通点は「海での思い出を語っている」という点です。

セリフには、物語の本質である「人生はいつどうなるかわからない、だからこそ一日一日を大切に後悔しないように」という裏メッセージが込められています。右側の2種類のポスターは、どの駅にあるかはぜひ確かめてみてください!

本作は、男たちが人生“半分”を振り返る中、大切なものに気づかされていく“愛”と驚き“がぎゅっと詰まった映画となっています。

第31回東京国際映画祭で観客賞を受賞した阪本順治監督の円熟の感動作です!

***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:稲垣吾郎 長谷川博己 池脇千鶴 渋川清彦 小野武彦 石橋蓮司
©2018「半世界」FILM PARTNERS
配給:キノフィルムズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

稲垣吾郎主演『半世界』阪本順治監督がロケ地・三重南伊勢で凱旋舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2019年2月15日TOHOシネマズ日比谷他全国公開!!

阪本順治監督最新作、稲垣吾郎主演『半世界』の特別試写会が、撮影地の中心となった三重県南伊勢で行われました。

阪本監督による完全オリジナル脚本、稲垣吾郎を主演に、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦いう豪華共演が実現した映画『半世界』。

39歳という人生の折り返し地点を迎えた男性3人がこれまでの人生半分を振り返る時、家族や友人との絆を通じ、あらためて大切なものに気づかされていく映画となっています。

今回の阪本順治監督の南伊勢町来訪は、2018年2月14~3月15日の撮影から約1年ぶり。

「半世界」ロケ地となった南伊勢町はじめ三重県内外から集まった300名を超える試写会観客の皆さんから阪本監督は熱い歓迎を受け、「東京国際映画祭コンペティション部門観客賞受賞」を祝しサプライズで「祝 『半世界』阪本組 おかえりなさい!」という横断幕まで用意された。

上映後には、三重県鈴木英敬知事、伊勢志摩市竹内千尋市長(伊勢志摩観光コンベンション機構会長)、南伊勢町小山巧町長らとトークショーを行いそれぞれに共感したポイントなどについて大いに語り合いました。

阪本順治監督コメント
「撮影中、地元の皆さまにお世話になり、ありがとうございました。地元での上映はとても緊張します。スタッフキャスト一同きもちよく撮影をさせていただきありがとうございました。「(伊勢志摩備長炭生産者 マルモ製炭所)森前(栄一)さんがいらしたから南伊勢で撮ることになりました。山を見て海を見て水のない川とか建物の焼き板の感じとか365日飾るしめ縄とか・・・観光マップではわからないものがありました。」「実は、ここ5年位、両親の具合が悪かったりしたために地元の大阪にいることが多く、東京に仕事で行ったり来たりが辛くここ5年位伊勢回りをしていました。そんな時に、森前さんに出会い、南伊勢ということを知ってとてもご縁を感じました。ロケに来た際4、5年この駅に降りていたんだなと感じました。」

鈴木英敬三重県知事
「44歳なので、自分の仕事のこと、健康のこと、奥さんのこと子供のこと友達のことなど明日には何がおこるかわからない、同世代なので一日一日を大切に生きていかねばいけないと思いました。と同時に、息子がいますので親の思いを感情移入してしまい、自分のこともさることながら息子のことも考えてしまいました。」

竹内千尋伊勢志摩市長(伊勢志摩観光コンベンション機構会長)
「良く知っている南伊勢町や伊勢志摩の風景や食堂が出てきてラーメン食べたいなと思ったり(笑)マルモ製炭所で備長炭を焼くシーンはとても印象的だったし家族のこととかさまざまなことを考えさせてくれる映画でした。フィルムコンベンションでお手伝いさせていただけてうれしいです。」

小山巧南伊勢町長
「うれしいのは、炭焼きを子供のころ親父がしていましたので、山の感じと炭の感じ、こういう山村漁村のことを監督はよくご存じなのだな、すごいなと思いました。」

映画に出演もした南伊勢の西村恒之さん(90)は実際に自身の姿をスクリーンで見て「よかった」と満面の笑顔。「南伊勢で映画を撮ってもらえてうれしい」と喜びを語ってくれたそうです!

映画情報どっとこむ ralph 映画『半世界』

2019年2月15日TOHOシネマズ日比谷他全国公開!!

阪本順治監督による完全オリジナル脚本、稲垣吾郎を主演に、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦いう豪華共演が実現した映画『半世界』。

39歳という人生の折り返し地点を迎えた男性3人がこれまでの人生半分を振り返る時、家族や友人との絆を通じ、あらためて大切なものに気づかされていく映画となっています。見る人誰もが、自分の物語として見ることができ、かつ驚きと感動にあふれた本作品。

***********************************

脚本・監督:阪本順治

稲垣吾郎 長谷川博己 池脇千鶴 渋川清彦

配給:キノフィルムズ
©2018「半世界」FILM PARTNERS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

稲垣吾郎 主演『半世界』の撮影中のメイキング映像をWEB上初公開


映画情報どっとこむ ralph 阪本順治監督による完全オリジナル脚本、稲垣吾郎を主演に、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦いう豪華共演が実現した映画『半世界』。

39歳という人生の折り返し地点を迎えた男性3人がこれまでの人生半分を振り返る時、家族や友人との絆を通じ、あらためて大切なものに気づかされていく映画となっています。見る人誰もが、自分の物語として見ることができ、かつ驚きと感動にあふれた本作品のメイキング映像が完成いたしました。稲垣、長谷川、池脇、渋川の4人、そして阪本監督のコメントと共にWEB&放送上初公開となる映像をぜひお取り上げのほどお願いいたします。

『半世界』撮影時メイキング動画(70秒)

映画情報どっとこむ ralph また、昨日1月20日(日)、阪本監督が移住・交流推進機構による「地方に新しい暮らしを探しに行こう JOIN 移住・交流&地域おこしフェア」で講演会を行いました。

地域活性をテーマにした同イベントにて、ロケを行った三重県各地の皆さまの協力を得て映画を制作した際のエピソードを語り、映画制作現場の魅力について語りました。本イベントは北海道から沖縄まで全国約500の団体が出展、それぞれの地域にはどんな魅力があり、どんなことに力を入れているかなど地元の魅力を紹介するイベント。

【1月20日実施 “JOIN 移住・交流&地域おこしフェア”での阪本監督のコメント】

炭焼き職人の森前さんがまず自分たちを受け入れてくれた。そこから全てが始まり、炭焼き小屋だけでなく、リアス式海岸や山なみなど、映画としての言語がとても潤沢な土地でした。(フィルムコミッションなど各地域の協力を得て映画制作を行うことについて)地域振興と映画振興ということがバランスよくいくと良いと思います。地域の方には撮影を通じて映画ってこうやって作っているんだと知っていただいたり、映画に興味を持ってもらい、映画をさらに好きになっていただきたいという側面もあります。監督というのは、地元の人でないと知らないところなどでロケをしたがるものなので、例えば役場の方のお父さんの山を紹介頂いたりなど、いろいろな方と密接に付きあいますから、こんな人(映画人)とどうして付き合わなければいけないんだ、と思われたらおしまいなんですよ。

(『半世界』のテーマについて問われ)小さな地方のもう一つの市井の人々の世界も大切なんだ、という意味も込めていますね。“世界”って地球儀を眺めた“世界”もありますが、地元も“世界”だし、自分自身も“世界”。“世界”の“世”というのは時間、“界”が空間という意味合いなんだそうで。“世界”は時間と空間を有したものすべてを指しています。ご自分の家庭も“世界”と捉えていただけたらと思います。

この作品は、深刻な話のようですが笑いも含まれてますし、ほろっと泣いていただけるところもあると思うので娯楽として見に来ていただけたらと思います。(監督自身の人生について問われ)60を過ぎたときに、今まで修練してきたことを一度おいて、またゼロから学ばなければならないところに我が身を投じることができるか、そこで“違う自分”を見ていたいと思ったんです。

映画情報どっとこむ ralph いよいよ2月15日公開の「半世界」。

監督の言葉を通じてまた新たな魅力が語られました。

2019年2月15日TOHOシネマズ日比谷他全国公開!!

***********************************

脚本・監督:阪本順治
稲垣吾郎 長谷川博己 池脇千鶴 渋川清彦
配給:キノフィルムズ
©2018「半世界」FILM PARTNERS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健、小松菜奈 映画『サムライマラソン』場面写真が解禁


映画情報どっとこむ ralph 佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己ら日本を代表する超豪華キャスト

日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』(ハルキ文庫)を原作にした、映画『サムライマラソン』が2019年2月22日(金)に全国公開を迎える。

この度、豪華オールスターキャスト集結の場面写真が解禁!

時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里(約58km)の山道を走る遠足(とおあし)を開催する。勝てばどんな望みも叶えられるという夢のような大会のはずが、とある行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれてしまう。ただ一人、迫る危機を知った男は、計画を食い止めるため、走り出す─。

映画情報どっとこむ ralph この度解禁されたのは、豪華キャストによる、臨場感溢れる場面写真の数々。

主演の佐藤健が演じるのは、平凡な侍の姿を借りて幕府のスパイとして藩に潜入する忍び・唐沢甚内(からさわ・じんない)。

遠足に参加し、やがて藩の存亡をかけた戦いへと身を投じていく役どころだ。忍びとして静かながらも熱い闘志を内に秘め、決意の表情を浮かべたカットは必見!

小松菜奈が演じる雪姫(ゆきひめ)は、父である勝明に反発し藩を抜け出そうと、男装して遠足に参加する“じゃじゃ馬姫”。

劇中では、姫らしく優美な着物姿だけでなく泥まみれの男装姿も披露し、侍たちと共に疾走するカットも。

ほかにも、遠足を命じる威厳に満ちた藩主・板倉勝明(いたくら・かつあきら/長谷川博己)、

雪姫を手に入れるために手段を選ばず優勝を目指す傲慢な侍・辻村平九郎(つじむら・へいくろう/森山未來)、

隠居を言い渡されるももう一花咲かせるべく奮闘する老侍・栗田又衛門(くりた・またえもん/竹中直人)、

安中藩へ刺客を放つ幕府大老・五百鬼祐虎(いおき・すけとら/豊川悦司)など、

ドラマを盛り上げるさまざまなキャラクターの場面写真が公開に。

思わず目を引く衣装の数々を手掛けたのは、『乱』でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したワダエミ。日本が世界に誇る一流クリエイターと、豪華俳優陣のコラボレーションがここに実現!

そのほか本作には、「優勝しなければ金を渡す」と八百長を持ち掛けられ葛藤する俊足の足軽・上杉広之進(うえすぎ・ひろのしん/染谷将太)、腰痛持ちで遠足出場を渋るが、何やらワケありな甚内の上司・植木義邦(うえき・よしくに/青木崇高)など、ドラマを彩る個性的なキャラクターが多数登場し、物語を盛り上げている。

私欲のために走り始めた侍たちが、大切なものを守るため“真の侍”へと目覚めていく─。その姿は、新時代が到来する2019年を駆け抜ける我々自身と重なり、胸を熱くせずにはいられない!

映画情報どっとこむ ralph 平成最後の幕末エンタテインメントにして超大型サムライ・プロジェクト

映画『サムライマラソン』

は2019年2月22日(金)全国ロードショー。

***********************************

出演:
佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ 若林瑠海/竹中直人
筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
豊川悦司 長谷川博己

監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫) 
脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス 中沢敏明
音楽:フィリップ・グラス
衣装デザイン:ワダエミ
配給:ギャガ
©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健主演で日本のマラソンの発祥史実「安政遠足」を舞台に映画化『サムライマラソン』予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 日本のマラソンの発祥を映画化『サムライマラソン』

佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己ら日本を代表する超豪華キャストと、アカデミー賞受賞歴を持つ世界的スタッフの集結で話題沸騰!

日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』(ハルキ文庫)を原作にした、映画『サムライマラソン』が2019年2月22日(金)に全国公開を迎える。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の予告編映像とポスタービジュアルが解禁!
豪華キャスト集結のビッグプロジェクトにして、平成最後の幕末エンタテインメントの片鱗が明らかに!

時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明(いたくら・かつあきら)は藩士を鍛えるため、十五里(約58km)の山道を走る遠足(とおあし)を開催する。だがこの動きが、とある行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれる。ただ一人、迫る危機を知った男は、計画を食い止めるため、走り出す─。
解禁された予告編では、豪華キャストが演じる各キャラクターにフォーカス。「優勝者はどんな願いでも叶えられる」という夢のような大会に参加し、それぞれの思いを胸に走る侍達の走る理由が明かされている。そして、迫りくる幕府の刺客に立ち向かうため、彼らが一致団結し、真の侍へと変わっていく姿が描かれている。

主演の佐藤健が演じるのは、平凡な侍の姿を借りて幕府のスパイとして藩に潜入する忍び・唐沢甚内(からさわ・じんない)。藩に迫る危機をいち早く察知し、戦いを止めるために遠足に参加し奔走する。小松菜奈が演じるのは、父である勝明に反発し藩を出ようとする、活発な雪姫(ゆきひめ)。優雅な着物姿だけでなく、男装して全力疾走する勇ましい姿も披露している。遠足を命じる藩主・勝明を演じるのは長谷川博己。日本の未来を案じる開国反対派で、幕府から睨まれている存在だ。雪姫を手に入れようとする傲慢な侍が、森山未來演じる辻村平九郎(つじむら・へいくろう)。姫との結婚のためにどんな手を使ってでも優勝しようとするが、剣の腕は確かで、若い藩士たちのリーダー的存在として君臨している。染谷将太が演じるのは、誰もが認める俊足の足軽・上杉広之進(うえすぎ・ひろのしん)。優勝候補の筆頭で、勝って侍に取り立ててもらいたいが、「一着にならなければ金を渡す」と八百長を持ち掛けられ、揺れ動く姿が描かれる。勘定方の甚内の上司・植木義邦(うえき・よしくに)を演じるのは青木崇高。腰痛持ちで遠足出場を嫌がっていたが・・・。竹中直人が演じるのは、勝明に隠居を言い渡された老侍・栗田又衛門(くりた・またえもん)。亡くなったかつての親友の息子と出会うことで、侍人生にもう一花咲かせるべく奮起し、走ることを決意する。それぞれの思いを胸に走るだけだった彼らの前に立ちはだかるのが、豊川悦司演じる幕府大老・五百鬼祐虎(いおき・すけとら)。彼が安中藩に刺客を放ったことで、遠足が藩の存亡をめぐる戦いへと変貌していく。やがて危機を察した侍たちは、“勝つ”ためではなく“守る”ために、共に戦うために走り出す!

映画情報どっとこむ ralph さらに予告編では、豪華キャスト陣が広大な大自然を走り抜ける姿や、臨場感あふれる戦闘シーンなど迫力の映像が展開。『乱』でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したワダエミが手掛ける色とりどりな衣装の数々など、世界の第一線で活躍するアカデミー賞スタッフのクリエイティブも目を引く映像に仕上がっている。新時代が到来する2019年、平成最後の幕末エンタテインメントがついに開幕!

映画『サムライマラソン

は2019年2月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷 他 全。

GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON

***********************************

出演:佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ 若林瑠海/竹中直人
筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
豊川悦司 長谷川博己
監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫) 
脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス 中沢敏明  
音楽:フィリップ・グラス  
衣装デザイン:ワダエミ
配給:ギャガ
©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM P




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

第31回東京国際映画祭レッドカーペット その3


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭の10月25日(木)開幕。
レッドカーペットイベントが行われ、多くのゲストが登場 その3

<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph 中国週間


≪アジアの未来部門≫
ソン・ランの響き:
レオン・レ監督、リエン・ビン・ファット

アジアの未来 審査員:
ジェレミー・スゲ、ピート・テオ、山下敦弘

≪Japan Now 部門≫
Japan Now 部門 <映画俳優 役所広司> :役所広司、沖田修一監督、白石和彌監督

カメラを止めるな!:上田慎一郎監督、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、秋山ゆずき



菊とギロチン:韓英恵、仁科あい、和田光沙、川瀬陽太

≪アニメーション特集≫
アニメーション監督 湯浅政明の世界:
湯浅政明監督、氷川竜介東京国際映画祭プログラミング・アドバイザー)、井上伸一郎(株式会社KADOKAWA代表取締役専務執行役員)、ちびまる子ちゃん(キャラクター)、フィン(キャラクター)、ジェイク(キャラクター)

≪コンペティション部門≫

半世界:
阪本順治監督、稲垣吾郎、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦

愛がなんだ:
今泉力哉監督、岸井ゆきの、深川麻衣、若葉竜也、福嶋更一郎(エグゼクティブ・プロデューサー)、 成宏基(エグゼクティブ・プロデューサー)、前原美野里(プロデューサー)、服部保彦(プロデューサー)

翳りゆく父:
ガブリエラ・アマラウ・アウメイダ監督、プロデューサーのロドリゴ・サルティ・ウェルトヘイン

堕ちた希望:
エドアルド・デ・アンジェリス監督、ピーナ・トゥルコ

ヒストリー・レッスン:
マルセリーノ ・イスラス・エルナンデス監督、ベロニカ・ランガー、アンドレア・トカ(プロデューサー)、ダニエラ・レイヴァ・ベセラ・アコスタ(共同プロデューサー)、カルロス・A・モラレス(ポスト・プロダクション・スーパーバイザー)

三人の夫:
フルーツ・チャン(陳果)監督、クロエ・マーヤン

詩人:
リウ・ハオ(劉浩)監督、ソン・ジア、チュー・ヤーウェン

ザ・リバー:
エミール・バイガジン監督

ホワイト・クロウ(原題):レイフ・ファインズ監督、松岡茉優
ずっと喋ってる松岡さん楽しそう。

コンペティション部門国際審査委員 ブリランテ・メンドーサ、ブライアン・バーク、タラネ・アリドゥスティ、スタンリー・クワン、南果歩

映画情報どっとこむ ralph «クロージング作品≫
GODZILLA 星を喰う者:
宮野真守、櫻井孝宏、ゴジラ、静野孔文監督、瀬下寛之監督




≪オープニング作品≫
アリー/ スター誕生 寺島しのぶ(スペシャルゲスト)

その1はこちら

その2はこちら

***********************************

PHOTO:TJ
©TIFF




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

黒沢清監督ネタバレ解禁『散歩する侵略者』本音トーク


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、国内外の注目を集めた『散歩する侵略者』。

9月27日(水)に黒沢清監督によるトークイベントが行われ、制作秘話や演出意図など、公開後の今だからなものとなりました!

『散歩する侵略者』黒沢監督トークイベント
日程:9月27日(水)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:黒沢清監督

映画情報どっとこむ ralph 登壇した黒沢清監督はまず

黒沢監督:公開からしばらく経っていますが、お集まりいただきありがとうございます。今日は僕だけのイベントなので、のんびり、ほんわかしたトークになればいいなと思っています。

との挨拶からスタート。

宇宙人が地球を侵略するという本作の設定に関して、未知なる宇宙人のイメージを具体化するのには苦労したと語る黒沢監督。

黒沢監督:実は「宇宙人」というワードは宣伝では言わないようにとのことで、「侵略者」と言っていたんですが、侵略者と言われても余計になんだかわからないですよね。それでも予告編をよく見ると「宇宙人」って言っていますよね。あれはいいんですか!?(笑)松田龍平さんをはじめ、侵略者役のキャストの方にも、宇宙人ってどういう設定ですか? と聞かれたりしましたが、はじめは「わかりません」と答えました。実際にわからなかったので(笑)脚本を書いている時に、「宇宙人」というと、なんだか乱暴な言い方なので、“金星人”にしようかとか、もう少し遠い“アンドロメダ銀河”から来たということにしようかとも思いましたが(会場笑)でも、言い方を変えたところで意味合いは変わらないしよくわからない。結局、「宇宙人」を演じてください、とキャストの方にお伝えしたところ、納得してそれぞれの俳優の宇宙人っぽさを出して演じてくれましたね。

と明かしました。

映画情報どっとこむ ralph また、長澤まさみ演じる主人公・加瀬鳴海の「あーあ、やんなっちゃうなあ」というセリフに反響が集まっていることについて、

黒沢監督:主には夫の真治に対する言葉なんですが、それだけでなく、環境や仕事のこと、世の中全体に対してのもどかしさ、このままでいけないと思っても何もできない、という全体的な一つのつぶやきとして鳴海の台詞として言わせてみました。長澤さんにニュアンスを伝えるために、僕は滅多にそういうことはしないのですが、今回は脚本に(杉村春子風に)とはっきり書いたら、長澤さんはそれを見て、「はい、わかります」と、実に見事に演じてくれました。

と往年の名女優へのオマージュを語りました。

侵略者をはじめ様々な個性的なキャラクターが登場する本作。

長谷川博己が演じたジャーナリストの桜井らを追い詰める笹野高史演じる謎の男のキャラクターの設定は一番苦労したと明かし、

黒沢監督:笹野さんが率いる男たちの集団がいるのですが、「ジャンパー姿の男たち」と呼んでいました。彼らについては「なんだこの人たちは!?」というのを狙いました。この映画は、所々かなりの部分でふざけていて(笑)。もしこの物語の中で、本気で警察組織や軍事組織などの権力が登場したとしたら、侵略者たちも肉体は人間と変わらないので実はひとたまりもない、まったく歯が立たないんです。彼らは、侵略者に気づいたある組織であって侵略者との緊張関係が進んでいくドラマを進めていくために、組織は強すぎてはいけない、あまりにふざけすぎてもいけないし、どの程度の武装なのか、服装なのかというところでとてもこだわりました。結果、制服などではなく、思い思いのジャンパーを着ていただきました(笑)持っている武器も、警官よりはちょっとごつくて、戦闘用よりは小さな機関銃、フランスの警察官が持っているベレッタM12という機関銃を持っていたり。ものすごい微妙なところを狙いました。

とこだわりを語りました。

映画情報どっとこむ ralph さらには笹野高史さんのキャスティングにも言及。

黒沢監督:最終的には笹野さんが登場すると一気にもっていかれる。大好きなんです、笹野さん。「うわ、出た」と思う“出た”感が半端ないです(笑)怖いといえば怖いし、ふざけていると言えばふざけているんですが、実際に存在しないようで存在するキャラクターに見えるのは、
笹野さんの演技の力です。笹野さんに本当に助けられました!

と笹野さんの演技を絶賛。続けて

黒沢監督:脚本が出来上がってきたときに、脚本のど真ん中にどんなシーンがきているかというのは非常に重要。そこからガラッと映画のタッチが変わるとても重要なシーンが来ているというのが、脚本の基本形だと考えているのですが、今回も何も考えずに書き終えてパッと開いてみたら、笹野さんの登場シーンだったんですよ! それまでは「宇宙人なんだ」と言っている人がいても、本当かよと?と少しふざけたように物語が進んでいくんですけど、そこからは客観的にも本当におかしな現象が起こっているんだ!と組織が動いているのがわかる瞬間がちゃんと真ん中に来ていましたね。

と物語だけなく、現実の脚本にさえ運命的に登場してしまう笹野さんについて熱く語りました。

アンジャッシュの児島さんが演じる車田については

黒沢監督:児島さんのシーンもどう考えても可笑しいですよね。そのほかにもところどころ明らかに可笑しなシーンを入れていて、ここは可笑しいんですよとわかるように、カメラの後ろでスタッフが笑っているみたいな声を入れたいくらいだったんですけど(笑)。それはさすがに控えましたが、宇宙人が侵略しにくるという話なので、これは冗談なのか?というのがわかりづらいと思いますが、どのようにご覧になるかは、観ていただいた方のご自由に、ということで。ただ、僕としては珍しく、かなりの部分はコミカルに作りました。

映画情報どっとこむ ralph

ここで、会場に集まったお客様から黒沢監督への質問を募り、黒沢監督に答えていただきました。なんと、韓国から来たという黒沢監督のファンは「映画を観てとても感動しました。黒沢監督がロケ地を選ぶ時に重要だと感じることは何ですか」という質問が。

黒沢監督:原作が地方都市という設定ですが、東京から離れてしまうと方言が出てきますよね。方言は使いたくないと思ったので標準語の範囲の場所に設定しました。

とコメントし、実際の撮影には栃木や埼玉、静岡のあまり特定できないどこにでもある場所をあえて選んだそう。

また、ファンからの「映画だけでなくスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」の方にも出演されている東出昌大さんについて聞きたい!」という質問に

黒沢監督:東出さん演じる牧師、ドラマの方ではどうなっていくのか。果たして同じ人物なのかどうか、見所ですので自分の目で確かめてみてください。東出さん、相当なことになってます。(東出さん出演の人気の某テレビドラマの名前を挙げて)あれどころじゃないっていう(笑)

と唯一、映画とドラマの両方に出演されている東出さんについて語りました。

最後に、黒沢監督から会場の皆様へメッセージをいただきました。

黒沢監督:ご覧になったとおりの色んな要素が詰まっている映画ですので、一言で言い表すのは難しいかもしれません。でも、だからこそ、色んな言葉にしていただき、皆さんの心の中にできるだけ長く残ってくれたらいいなと思います。映画というものは簡単に言葉で表せるものだけではありません。皆さんの心の中に残っている何かがどなたかにこの映画のことを語る時に何かの大きな原動力になってくれたら嬉しいなと思っています。じっくり余韻を味わってください。本日はどうもありがとうございました。

物語・・・

「なるほど。それ、もらうよ」彼らは、私たちの大切な《概念》を奪っていく。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。
急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。
夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…?
その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。
ジャーナリストの桜井は取材中、天野という謎の若者に出会い、二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探し始める。
やがて町は静かに不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。

「地球を侵略しに来た」

真治から衝撃の告白を受ける鳴海。当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる。

公式サイト:
http://sanpo-movie.jp/
公式Twitter:
@sanpo_movie
公式Facebook:
@sanpomovie/

***********************************

監督:黒沢 清
原作:前川知大「散歩する侵略者」 脚本:田中幸子 黒沢 清 音楽:林 祐介
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 前田敦子 満島真之介 児嶋一哉 光石研
東出昌大 小泉今日子 笹野高史 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹 日活
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会
     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

長澤まさみ 返答の間に黒沢清監督戸惑う『散歩する侵略者』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、国内外の注目を集めた『散歩する侵略者』。

本作は黒沢清監督が劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の同名人気舞台を映画化したもの。数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという黒沢清監督の新境地。新たなエンターテインメントに仕上がっています!

その公開を記念して9月9日(土)の公開初日に長澤まさみさん、松田龍平さん、長谷川博己さん、高杉真宙さん、恒松祐里さん。そして 黒沢清監督が登壇する舞台挨拶が行われました。

映画『散歩する侵略者』初日舞台挨拶
日付:9月9日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:長澤まさみ 松田龍平 長谷川博己 高杉真宙 恒松祐里 黒沢清監督

映画情報どっとこむ ralph
黒い感じの・・侵略な感じの衣装で登場の6名。


長澤さん:侵略されました。いかがでしたか?(大拍手)ありがとうございます!

松田さん:侵略しました!


黒沢監督:いかがでしたか?多分、一言では言えない複雑な思いだと。映画は宣伝のためには一言で言える方が良いと言われますが・・・それだけではないと思います。すぐに解決するのではなく、長く心の中にとどめておいて頂けると嬉しいです。

とイベントはスタート。

新たな挑戦はありました?

長澤さん:パートナーとの生活が基本にあって、夫婦に見えるようなお芝居ができるといいなとの思いがありました。ずっと怒ってましたけど、その感情の中に全て注ぎ込まれているので。人間らしい役として演じられて勉強になりました。(MC:私生活に引きずったりしますか?)いいえ、切り替えます!

と、きっぱり。長澤さんは憑依型ではない様子。

黒沢監督:こうしてくださいって言うと、あっ・・・・はい!って間を。でも、やってくれる頼もしい女優でした。

長澤さん:あっ と はい!の間に考えてるんだと思います。

侵略者に乗っ取られた松田さん。実はスタッフ全員が松田さんにこの役!と決まったそう

松田さん:あっ・・・はい。そうですね。黒沢さんにも宇宙人みたいですね。そのままでって言われて、ホッとしました。空っぽの中に好奇心を持つイメージで演じました。

なので、スクリーンの姿は松田さんそのままではないそうです(笑)。

黒沢監督:宇宙人役なので、わからないので、お任せでした。松田さんは、一回笑ってハイ!って言ってくれます。

映画情報どっとこむ ralph 黒沢清監督の作品に出られてうれしいかったマニアックな黒沢監督作品好きな長谷川さん。

長谷川さん:あまりに幸せ過ぎて、撮影中に監督の過去作のことばかり質問攻めにしてしまいました。相当うっとうしかったと思います。

黒沢監督:大丈夫だったんですけど・・・。。。。

長谷川さん:爆発シーンはCGじゃないですから!あの中、監督に言われて笑いながら走ってます。

黒沢監督:一発が高いので、リハは爆破無しで、本番でした!

と、エピソードを明かしました。

更に、侵略者な高杉さんは、少し概念を持ち始めている少し人間風味な役。

高杉さん:どうしたら宇宙人ぽくなるかは考えましたね。

松田さん:一緒のシーンはなかったんですが、同じ宇宙人なので。お会いして、いたって思いました。

と、二人の間が宇宙人。

映画情報どっとこむ ralph 黒沢監督が今お気に入りな恒松さんは過激なアクションシーンがある役。
血だらけセーラー服で挑んだ撮影が懐かしいという恒松さん。

恒松さん:2か月ほど、アクションを練習しました。小島さんが意外と背が高くて、難しかったですね。

黒沢監督:練習の成果が出て一発OKでした。

恒松さん:でも、人の事を蹴るのって凄く気持ちがいいんです!みんなバンバンやられてくれるので楽しかったです。

と、いたずらっ子な目で語っていました!

本作第22回釜山国際映画祭に正式招待

黒沢監督:ヨーロッパ、アメリカときて、アジア。嬉しいですね。エンターテインメントの映画にたけている韓国の皆さんにどう映るのか?今から楽しみです。


この後どこかの映画館に行くことになりました。。。。と長澤さん。果たしてどこの映画館へ侵略に行ったのでしょう・・・

映画情報どっとこむ ralph 行方不明の夫が戻ってきた。その夫が、衝撃の告白をする「自分は侵略者」・・・。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。
急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。
一体何をしているのか…? 同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。
ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。
やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」—真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。
当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。
彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

映画『散歩する侵略者』

大ヒット侵略中!!

公式サイト:
sanpo-movie.jp 
公式Twitter:
@sanpo_movie
公式Facebook:
@sanpomovie/

***********************************

監督:黒沢 清 
原作:前川知大「散歩する侵略者」 脚本:田中幸子 黒沢 清 音楽:林 祐介  
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 前田敦子 満島真之介 児嶋一哉 光石研 
    東出昌大 小泉今日子 笹野高史 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会  

配給:松竹 日活 
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『散歩する侵略者』完全シークレットのサプライズ舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、9月9日(土)に公開となる映画『散歩する侵略者』。
その初日新宿ピカデリーでの初日舞台挨拶がおこなわれます!が・・・

その後に・・・

完全シークレットのサプライズ舞台挨拶が決定!

どこに“侵略”するかわからない!【サプライズ舞台挨拶】です!なんと、キャストも監督も行き先を知らされず、外が全く見えない状態で移動します。

ある劇場を”侵略”するまでの道中のドキドキトーク&サプライズ舞台挨拶をLINE LIVE公式アカウントで完全生中継!

キャスト・監督&観客にどこの劇場に行くのかはナイショ!ハプニング続出!? いったいどうなる!?

登壇: 長澤まさみ 松田龍平 長谷川博己 高杉真宙 恒松祐里 黒沢清監督

9月9日(土)、新宿ピカデリーで行なわれる初日舞台挨拶が大好評のうちに即完売したのを受け、急遽、追加の舞台挨拶を行うことが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、『散歩する侵略者』公式HPTwitterではサプライズ舞台挨拶で訪れる“侵略先”にまつわるヒントを公開していきます。 ”侵略者”たちはいったいどこに現れるのか?

ぜひ、予想して劇場へお越しください!そして、LINE LIVEをご覧ください!

“サプライズ侵略”豪華キャストの生トーク&舞台挨拶の模様をLINE LIVE公式アカウント&松竹LINEチャンネルにて独占生配信! 

【番組概要】 番組名:長澤まさみほか『散歩する侵略者』サプライズ侵略を完全生中継!

配信日時:2017年9月9日(土)15:00~16:00
配信URL(LINELIVE公式アカウント

配信URL(松竹ラインチャンネル

映画情報どっとこむ ralph 映画『散歩する侵略者』ストーリー

世界は終わるのかもしれない。それでも、一緒に生きたい。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。
急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。
一体何をしているのか…? 同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。

「地球を侵略しに来た」—真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。

当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。
彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

公式サイト:
http://sanpo-movie.jp/ 
公式Twitter:
sanpo_movie
公式Facebook:
sanpomovie

***********************************

監督:黒沢 清 
原作:前川知大「散歩する侵略者」
脚本:田中幸子 黒沢 清 音楽:林 祐介  
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 前田敦子 満島真之介 児嶋一哉 光石研 東出昌大 小泉今日子 笹野高史 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会  
配給:松竹 日活 
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

黒沢清監督、林祐介『散歩する侵略者』公開記念 音楽トークショー


映画情報どっとこむ ralph 国内外で常に注目を集める黒沢清監督が劇作家・前川知大氏率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化。

数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる、という大胆なアイディアをもとに、誰も見たことがない、新たなエンターテインメントが誕生しました。

この度、9月9日(土)の全国公開とオリジナル・サウンドトラックの発売を記念し、黒沢清監督と音楽を担当した林祐介さんによるトークショーが行われました。

『散歩する侵略者』公開記念トークショー
日時:9月5日(火)
場所:渋谷モディ 6F HMV&BOOKS TOKYO
登壇:黒沢清監督、林祐介

映画情報どっとこむ ralph 国内外から注目を集める黒沢清監督と音楽を担当した林祐介さんの貴重な組み合わせによるトークイベントだけあって、映画の公開を待ち望む観客で会場は満席に。まずはじめに

黒沢監督:音楽についてお話するイベントはあまりないので、どんな話が出るのか楽しみです。スリリングな時間になるのではないかと思います。

続いて

林さん:今日は黒沢監督と対談させていただけるということで、とても楽しみにしていました。短い時間ですがよろしくお願いします。

との挨拶からイベントがスタート。

約10年前に原作と出会ったことをきっかけに、侵略SFを日本で映画化したいと決意した黒沢監督。

そんな黒沢監督と林さんは、2003年の『ドッペルゲンガー』以降、本作を入れて4作目のタッグとなります。旧知の仲とも言える黒沢監督と林さんですが、初めて仕事を依頼された時の感想について、

林さん:初めて取り組んだ映画音楽が黒沢監督の作品で、とても緊張しましたが、やりがいを感じましたね。頑張るしかなかったです。

と本音を明かしました。本作を監督する上で、新たにチャレンジしたことについて問われると、

黒沢監督:物語の軸でもある鳴海(長澤まさみ)と真治(松田龍平)の夫婦の関係がどのように変化していくのか、というありふれた日常と、いったい世界がどうなってしまうのか、ということを同時に描くことがチャレンジでした

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 映画音楽とは物語の最後に解釈するもの、と断言する黒沢監督。
音楽を依頼する時は、キャラクターの感情に添うものではなく、物語に添った音楽をオーダーするそう。今回はクラシカルな中にもSFらしさがある音楽を、と林さんに依頼しました。

林さんはこの要望に応えるべく、普段の楽曲制作ではあまり使うことのない珍しい楽器を採用したことを明かしました。“オンド・マルトノ”と呼ばれる繊細な音階のコントロールができる電子楽器や、ホラー映画らしい音色が出る“ウォーターフォン”、黒沢監督作品では欠かせない、低音が特徴的な民族楽器など、見たことのない楽器の数々に

黒沢監督:初めて知りました。びっくりです。

と驚きと興味津々の黒沢監督。

また、実際に劇中で使用されている劇伴を聴きながら、そのシーンの狙いや作曲面で苦労したエピソードもお伺いしました。
真治が散歩するシーンに何度も使用されている、一度聴いたら耳から離れないコミカルなテンポな「散歩する侵略者」という楽曲に関して、

黒沢監督:耳に残るようなフレーズの曲を何曲か入れて欲しいと林さんにお願いしました。この曲はその一曲で、このシーンは怖くないんです、可笑しいんです!とはっきりわかる曲ですよね。

と解説。

林さん:宇宙人が散歩するというブラックユーモアを、オーボエやミュートしたトランペットで表現しました。実は、劇中で真治が散歩するシーンの真治の歩調に合わせて曲調を考えたんです。

と、映画音楽ならではのエピソードを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph メインテーマ曲は「愛のテーマ」。
黒沢監督:僕としてはめずらしく、わかりやすくて観た後に心に残るようなメロディの曲を作ってほしいとお願いしました。『シザーハンズ』や『夕陽のギャングたち』などのサントラや、エンニオ・モリコーネの曲をイメージで聴いてもらったり、女性のスキャットを入れてほしいなど、色々と難しい注文をしました。でも、林さんから出来あがった曲を聴かせていただいた時に、これだ!と思いました。

林さんによるキーボード演奏を交えながら楽曲に彩られた印象的なシーンの数々を振り返ってきたイベント。

ここで林さんに本作の楽曲を本日だけ特別にメドレー形式で演奏。
ここでしか聞けない貴重な機会に、会場の観客も大いに聞き入りました。

黒沢監督:林さんってピアノが上手いんですね(笑)

とジョークを交えながらも、貴重な生演奏に大感激の様子でした。

最後に、黒沢監督と林さんから観客の皆さんへメッセージをいただきました。

林さん:是非『散歩する侵略者』をご鑑賞いただき、サントラで余韻に浸っていただければと思います。そして何かを感じ取っていただければ嬉しいです」

黒沢監督:この映画は今日聴いた音楽のように、あらゆる要素がつまっています。観ていて戸惑うこともあるかもしれませんが、最後には非常にわかりやすいメッセージが込められているはずです。それが何なのか、是非劇場で確かめてください。

本作を語る上で欠かせない劇中音楽の制作秘話が明かされると共に、観客が「散歩する侵略者」の世界観にたっぷり浸った大満足のイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph

サウンドトラック情報

映画『散歩する侵略者』オリジナル・サウンドトラック
音楽:林 祐介
好評発売中

PCCR-00658 \2,500+税 発売元・販売元:ポニーキャニオン

映画『散歩する侵略者』
9月9日(土)全国ロードショー

公式HP:sanpo-movie.jp
公式Twitter:@sanpo_movie
公式FB:@sanpomovie

世界は終わるのかもしれない。それでも、一緒に生きたい。
数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…?その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井は取材中、天野という謎の若者に出会い、二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探し始める。やがて町は静かに不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ 方向へと動く。「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる。

***********************************

監督:黒沢清 
原作:前川知大「散歩する侵略者」
脚本:田中幸子 黒沢清 
音楽:林祐介 

出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 長谷川博己ほか           

製作:『散歩する侵略者』製作委員会 
配給:松竹/日活
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ