「長谷川京子」タグアーカイブ

瑛太は井浦新と心中してもいい!『光』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 11月25日(土)から全国公開中の、三浦しをん原作・大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』。

競演を望んでいた井浦新と瑛太の狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに苛烈なる人間ドラマを描く『』。
この公開を記念して豪華キャスト陣が集結し、舞台挨拶が行われました。

日程:11月26日(日)
場所:新宿武蔵野館
登壇:井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、大森立嗣監督

映画情報どっとこむ ralph 満員となった会場で、主演の井浦新さんはじめ、瑛太さん、長谷川京子さん、橋本マナミさんが登壇。

本作へ感想を

井浦さん:作品の中にも出てくる、岡本太郎さんのお言葉を借りるとしたら“べらぼうな映画”だなと思います。大森監督が映画作りの原点に帰るように挑んだ作品だと感じましたし、同時にこれまでのキャリアを投げ捨てて挑んでいる映画だと思いました。

と語り、長谷川さんは、

長谷川さん:衝撃が強くて、どう受け取めていいのかわからなかったです。もう何回か観ないと整理できない。

と正直に語りつつ、

長谷川さん:こんなに観ている人に問題を投げかけて終わる映画は最近ないと思います。こんな問題作を作ってくれた監督に心から感謝しています。また、そこに参加できてうれしいです

と感謝の念を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph かつて大森監督のワークショップに参加していたという橋本さんは、

橋本さん:どのシーンも捨てがたい作品。考えさせられる映画だからこそ、余白があっていろんな捉え方ができる作品です。

と語りました。

続いて好きなシーンについて聞かれたキャスト陣。

瑛太さんは、井浦さん演じる信之を草むらに倒すシーンを挙げ、

瑛太さん:撮影前は、尊敬している新さんを突き飛ばせるのか?って考えていたんですが、思いっきり倒してずっこける新さんを見れたのは感慨深かったですし、うれしかったです。

と、明かし、

井浦さん:思いっきりきたよね!

と笑顔で撮影当時を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph 途中、井浦さん演じる信之が、瑛太さん演じる輔の首を絞めるシーンが、井浦さんによるアドリブであったことをMCが暴露。井浦さんはリハーサルをした後、瑛太さんの表情と芝居をみて

井浦さん:瑛太くんの首絞めたくなっちゃったんですけど・・・と大森監督に相談たら、少し戸惑いながらも「好きなようにやれ!」と許可を出してくれたので。

と明かすと、

瑛太さん:すべてを受け入れられるし、ある意味、新さんと心中してもいいという気持ちだった。

と改めて井浦さんへの絶大な信頼感を語った。


今秋出演作3本が立て続いた瑛太さん。

瑛太さん:やっと登頂できたなという気持ちでいます。個人的にも大好きな『光』で締めくくれてうれしい。

と作品への愛を噛み締めました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

大森監督:賛否両論あっていいと思っています。放っておこうっていうのはやめて欲しい。『よくわからなかったけどすごかった』と言ってもらえたらうれしい。感想が『不快になった』でもいいんです。映画というのは10年、20年後に思い返すことがある。この作品が皆さんにとってそうであれば。

とメッセージを送り、舞台挨拶は終了した。

映画『

新宿武蔵野館、有楽町スバル座 ほかにて全国公開中!

公式HP:
http://hi-ka-ri.com/


***********************************

井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ  南果歩 平田満

監督・脚本:大森立嗣 
原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊) 
音楽:ジェフ・ミルズ 
配給:ファントム・フィルム 
©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会 
      


東京グラフィティ12月号セックス特集 表紙に映画『光』井浦新&瑛太


映画情報どっとこむ ralph 11月25日(土)から公開することになりました、三浦しをん原作・大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』。

井浦新と瑛太の狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような熱情を放ち、苛烈なる人間ドラマが誕生。
今回、“TOKYO SEX”と題したセックス特集を組む東京グラフィティ12月号の表紙&中面インタビューに、『光』より井浦新&瑛太が2ショットで登場。映画『光』は、劇中で描かれる“セックスシーン”が公開前から大きな話題を集めている。井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミのメインキャストの4人は、激しい濡れ場を演じており、公開前のマスコミ試写会でも数々の映画ライターから「ここまでやるか・・・!!」と絶賛の声が相次いでいる。

東京グラフィティでは、主人公の信之を演じた井浦新、瑛太が『光』についてのインタビューが掲載。
作品を表現するのに必要不可欠な「セックス」に関しても語っています。

映画情報どっとこむ ralph
東京グラフィティの特集内では、その他に原宿のおしゃれなカップルから、職場恋愛カップル、大学の同級生カップル、シェアハウスで一緒に住むカップル、国際カップル、ゲイカップルなど、10組のカップルが「等身大のセックス」についてのインタビューも掲載。セックスを通して、カップルたちの関係性や考え方に迫っている。

<東京グラフィティ 掲載号情報>
・誌名…東京グラフィティ 2017年12月号
・発行日…平成29年11月22日
・発売エリア…全国有名書店、TSUTAYA、ヴィレッジヴァンガード、都内コンビニ、ネットショップ(Amazon、楽天、fujisan等)他
・特集…TOKYO SEX

映画情報どっとこむ ralph

公式HP:http://hi-ka-ri.com/

物語・・・
25年前の殺人事件が、4人の狂気を呼び覚ます。
僕たちは、人間のふりをして生きているー。
東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺す。その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。
それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。

***********************************

井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ  南果歩 平田満
監督・脚本:大森立嗣 
原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊) 音楽:ジェフ・ミルズ 
配給:ファントム・フィルム
©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会 


ジェフ・ミルズ x 大森立嗣監督『光』映画音楽をApple 銀座で語った!


映画情報どっとこむ ralph 11月25日(土)から公開することになりました、三浦しをん原作・大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』。

三浦しをんの小説で人気の高い本作を、『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督の手によりついに映画化。かねてからの競演を望んでいた井浦新と瑛太の狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような熱情を放ち、苛烈なる人間ドラマがここに誕生しました。大森監督からの熱い要望に応え、劇中の音楽を世界的なテクノ・ミュージックの巨匠、ジェフ・ミルズが担当した本作。

日本映画界をけん引する大森立嗣と、世界で活躍するジェフ・ミルズとの新たな挑戦は、今までにない映像と音楽のぶつかり合いを生み出しました。今回、公演のために来日しているジェフ・ミルズと大森立嗣監督のトークイベントを急きょ実施。質疑応答も絡めつつ、トップクリエイター2人の映画『光』の製作の舞台裏に関してたっぷりとお話いただきました。

日程:11月14日
場所:Apple 銀座
登壇:ジェフ・ミルズ、大森立嗣監督

映画情報どっとこむ ralph ライブにて来日中だったジェフ・ミルズの登壇が急遽決定し、Appleストア銀座にて実現した今回の貴重なトークイベント。映画ファンや音楽ファンが多く集まる中、2人は拍手で迎えられた。


まず、『光』を映画化した経緯を聞かれた大森監督。
原作の三浦しをんさんとタッグを組むのは『まほろ駅前』シリーズから3度目。原作を読み、自身の映画作りを一度リセットして新たにチャレンジをしたいタイミングに『光』の内容がリンクしていたという。作品を構成するあらゆる要素がチャレンジングな本作、音楽ももちろんそれに該当。

今回、ジェフに音楽をオファーするまでの経緯を聞かれ

大森監督:父親(麿赤児)の音楽(大駱駝艦の舞台)をジェフさんがやられていて、“おもしろい!”“なんだこの音楽は!”と思っていました。オファーはなかなか勇気がいることでした。

と、ハードルがあったことも明かした。しかし今回は、

大森監督:人の心に、引っかかりや違和感、傷が残せるんじゃないかと思った。普通に考えたら弦楽器とかでメロディを入れればある程度ハマってくるだろうと想像できたけど、それをやっちゃうと変わらないんじゃないかと。そこで勇気を出してジェフさんにお願いしてみようと思ったんです。

と明かしました。


日本映画の音楽を担当するのは初めてだったというミルズさん。
大森監督からオファーを受け、映画が完成する前のラッシュを観た時のことを

ミルズさん:この映画に合う音楽は、逆に“ギクシャク”したような、パズルが合わない音楽にすべきじゃないかなと感じた。

と振り返り、実際に音楽を製作するに当たって、今までとは異なるアプローチで製作をしたという。あえて古いマシンを使い、

ミルズさん:チューニングを外したり、自然と作られるマシンの奇妙な音やトーンを中心にて曲を作った。音にまで人格があるようなものができた。

と語った。

そうして出来上がった音楽を受け取った大森監督は、映像に合わせた時

大森監督:全く想像していなかったものになって、井浦新が宇宙人に見えた。(ロケ地である)川崎が別の惑星に見える瞬間があった。どのタイミングで、どの音楽を入れるかっていうことは一番大変だった。

と明かし、編集中にもミルズさんとコミュニケーションを取っていたという。

ミルズさん:最終的には、音楽が登場人物たちの“意識”になればいいなと思っていた。状況に応じて強調したり、台詞がなくても音楽で語るようになればいいと思っていました。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 出来上がった作品を観て・・・

ミルズさん:大変満足しています。音楽が入って更に“ストレインジ”になった。

と語り、本作を“ドラマ以上、ホラー未満”と独特な言葉で表現。更に

ミルズさん:ぐるぐる回る螺旋のような、奈落に引き込まれていくような、より深いどこかに自分が落ちていくような・・・言葉で言い表せないが、観終わった時に忘れられない作品。

と絶賛した。

大森監督も自分で完成した作品を観た感想を聞かれ、

ミルズさん:自分で作っておきながら、既視感があまりなかった。わからないものと出会ってる感覚。わからないものと出会った時に、どんな視点を向けられるのかということを試されている感覚で、自分でも面白いと思った。

と自信を覗かせた。

最後に

大森監督:わかりやすいものとは違う、歯ごたえのある映画を是非観て頂きたい」とアピールし、濃密なトークイベントは終了した。

公式HP:http://hi-ka-ri.com/

***********************************

井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ  南果歩 平田満
監督・脚本:大森立嗣 
原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊) 
音楽:ジェフ・ミルズ 
配給:ファントム・フィルム 
©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会 


井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ 映画『光』プレミア試写会


映画情報どっとこむ ralph 11月25日(土)から公開することになりました、三浦しをん原作・大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』。

三浦しをんの小説で人気の高い本作を、『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督の手によりついに映画化。かねてからの競演を望んでいた井浦新と瑛太の狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような熱情を放ち、苛烈なる人間ドラマがここに誕生しました。今回、本作の豪華キャスト陣が集結し、プレミア試写会を実施する運びとなりました。
日付:11月9日(木)
場所:ユナイテッドシネマ豊洲
登壇:井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、大森立嗣監督

映画情報どっとこむ ralph 劇場のお客様は、老若男女。とても良い配分な感じで埋まる客席。
キャストが呼び込まれると暖かな拍手が起こります。

一言挨拶が終わるとMCはローマ国際映画祭の話に移行。
先日第12回ローマ国際映画祭のオフィシャル・セレクションにコンペティション部門に出品された映画「光」の公式上映と記者会見、レッドカーペットが行われ、現地には、主演の井浦新と監督の大森立嗣が参加しました。

その時のことを聞かれ
大森監督:ご褒美だと思って楽しみました。新君と行ってきて、素直なストレートなコメントをもらいました。どこか日本と違ってわかりやすいメッセージが多かったですね。

井浦さん:上映が終わって、「力強かった」や「美しい」って言われました。外国の方でもちゃんと捉えてくださるんだと、新しい発見でした。

と、映画祭で有意義な時間をすごしたご様子のお二人。


今回、井浦さんと瑛太さんは今回初共演。実は・・・

井浦さん:瑛太さん。愛してやまない人なんです。監督に直訴していたんで、決まったことを聞いて嬉しかったですね。ただ内容はとんでもないことお願いしたなと。

と、瑛太さん愛が滲む井浦さん。そして瑛太さんは
瑛太さん:台本いただいて、撮影前はわくわくして、撮影始まったら嬉しくって、二人で何ができるんだろうなと。井浦さんは俳優の前のモデル時代からカリスマで尊敬していましたので、うれしい喜びと緊張で本番声でかくなっちゃって、そこから新さんとの伝説が始まりました。

と言う二人の掛け合いを聞いて

大森監督:瑛太君と新君の顔近いと。BLの進化系だと書かれてました。

井浦さん:瑛太君が好きすぎなんだと思います。

と、カミングアウト?なお話も。ただし、映画はBLではありません!

映画情報どっとこむ ralph 一方で、大森監督との思いでを聞かれた長谷川さんは魅惑な黒いドレス。
長谷川さん:大森監督とは、ご一緒したいと思っていたので嬉しくて、もっとシーンを増やしてい欲しかったなと。大森監督のチームと日数を重ねたかったです。

と、語る長谷川さんの役は内面的に難しいもの。

長谷川さん:最後まで分からなかったです。でも、現場で感じることを、そのまま出すようにと監督に言われて絞り切りました。

井浦さん:僕の思っている京子さんのイメージがなくて。短い日数の中でテンションを全開にするのは難しかったのではと思います。どんどん変化していくのに、ぞくぞくしてましたが 動じないように心がけました。

と、表に出さないように苦労した井浦さん。


そして、長谷川さんとは対照的な真っ赤なドレスをまとった橋本さんは、大森監督のワークショップに8年前から通っていたと明かす
橋本さん:大森さん大好きなんです。ワークショップで厳しくやってもらって・・・今回、初めて現場で御一緒できるということで、同じ目線で戦いたくて・・・。芝居の戦場みたいな、芝居がやりたかったので対峙した時に、新さんも瑛太さんにも助けていただきました。

と、普段バラエティーに出ている橋本さんとは全く違ったイメージ。

井浦さん:橋本さん、まじめだなと思いました。一つのシーンを、考えて、動いて、家族の日常もなじませて、悩みながらも素直なお芝居をしているんです。
瑛太さん:衣装合わせで、橋本さんが役についての質問をして下さって入り込みたい思いを真摯に語ってくれて。橋本さんは肉声と肉体の境界線を感じないくらい没頭されてました。

橋本さん:クランクインすぐに激しいシーンで、ゆだねたので。

監督:橋本負けるなよと、ずっと思っていたんですね。

と、監督。

映画情報どっとこむ ralph 出来上がった作品を観て
井浦さん:最初観たときは何だこれって思いました。例えるなら、初めて出会った好きな芸術を見たときにわかんないけど凄い!と言う感覚。そして、ローマで観客の反応を聞いて大森監督は映画を通して芸術を作ろうとしていたんだなと感じました。今までの監督作と違う作品です。

瑛太さん:冒頭から息してない、飲み込まれるくらい凄いのを作ったなと。久しぶりに楽しかったです、お芝居って楽しいんだなと。

長谷川さん:大変なことになっているなと、想定外すぎて・・・どう感じたんだと挑戦されているようです。

橋本さん:曲もすごくて、怖さを掻き立てられます。そして、エネルギーが凄くて生命力あふれています。映画の持つ凄さを映画館で見ていただきたい映画です。

監督:自分の頭が硬直していて、自分自身を壊してみたくて。そこから何が生まれるのか。言葉にできないざわざわ感をかんじて、 分かり合えないのも大事ではないかなと、特別な作品です応援してほしいです。

とイベントを締めました。

映画『

11月25日(土)、新宿武蔵野館、有楽町スバル座 ほか全国ロードショー

公式HP:
http://hi-ka-ri.com/

物語 ・・・
25年前の殺人事件が、4人の狂気を呼び覚ます。
僕たちは、人間のふりをして生きているー。
東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺す。その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。
それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。

***********************************

井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ  南果歩 平田満
監督・脚本:大森立嗣 
原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊)
音楽:ジェフ・ミルズ 
配給:ファントム・フィルム
©三浦しをん/集英社
©2017『光』製作委員会 
     


大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』ローマ国際映画祭で拍手喝采!


映画情報どっとこむ ralph 11月25日(土)から公開することになりました、三浦しをん原作・大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』。

この度、イタリア・ローマで開催される第12回ローマ国際映画祭のオフィシャル・セレクションに公式招待され、日本時間11月1日(水)AM4:30~公式上映されました。

10月31日(現地時間)、イタリア・ローマ映画祭、コンペティション部門に出品された映画「光」の公式上映と記者会見、レッドカーペットが行われた。現地には、主演の井浦新と監督の大森立嗣が参加しました。

映画情報どっとこむ ralph 上映前に行われた記者会見では、25年前に14歳で人を殺してしまった主人公がその怪物性から抜け出せないという、日常に潜む暴力というテーマが中心となった。

大森監督:理性的に生きていることが当たり前な世の中で、生物的な強さや生命力を失われているような気がしています。それをおざなりにして生き続けることの息苦しさを誰もが感じているのではないでしょうか。豊かになったことによって、もしかしたら失ってしまったかもしれない人間の、本能的な部分を出したいと思いました。

とコメント。
井浦新さんへは、演じていて難しいと感じた部分が多かったのでは、という質問に対し、

井浦さん:暴力を描いてはいますが、演じている中で暴力を通して共演者と近づいていく感覚もありました。共演者とも本能的にお芝居をしたということが新しい発見でした。ですので、演じていて【難しい】とは感じたことはありませんでした。

と、映画の持つ衝撃的な暴力が話題の中心となった。
公式上映では夜21時30分(現地時間)からの上映にも関わらず、300人の観客が来場。井浦新が狂気を見せるラストでの暴力シーンでは、その突然さと暴力性に観客は驚きの声をあげており、上映後はエンドロールも座席を立つこともなく、拍手喝采を浴びた。

上映後、観客へのインタビューでは「とにかく力強い作品。俳優たちの演技がとにかく素晴らしい」との声が上がっていた。

<10月31日(火)>
15:15(日本時間 10月31日 23:15)~フォトコール @オーディトリアム フォトコール・ルーム
15:30(日本時間 10月31日 23:30)~ラウンドテーブル @オーディトリアム サラ・ミーティング
21:00(日本時間 11月1日 05:00)~レッドカーペット @オーディトリアム
21:30(日本時間 11月1日 05:30)~公式上映 @オーディトリアム テアトロ・ストゥディオ


映画情報どっとこむ ralph 【ローマ国際映画祭】
世界3大映画祭のひとつであるベネチア映画祭に対抗して2006年より開催。世界的な映画スターが参加し、国際色豊かでありながら、一般市民が審査を行う市民参加型の映画祭であることでも有名です。近年では、14年に三池崇史監督・福士蒼汰主演の『神様の言うとおり』がコンペティション部門に出品、三池監督には日本人として初めて特別賞“マーベリック賞”が授与され、16年には西川美和監督・本木雅弘主演の『永い言い訳』がオフィシャル・セレクションに招待されております。また、本年度はデヴィッド・リンチ監督が特別功労賞を受賞し、イアン・マッケラン、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、グザヴィエ・ドラン監督等がゲストとして招待されています。
第12回ローマ国際映画祭は、10月25日~11月5日(現地時間)に開催。


物語 ・・・
25年前の殺人事件が、4人の狂気を呼び覚ます。
僕たちは、人間のふりをして生きているー。
東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺す。その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。
それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。

11月25日(土)、新宿武蔵野館、有楽町スバル座 ほか全国ロードショー

公式HP:
http://hi-ka-ri.com/

***********************************

井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ  南果歩 平田満
監督・脚本:大森立嗣 原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊) 
音楽:ジェフ・ミルズ 
配給:ファントム・フィルム
©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会