「錦織良成監督」タグアーカイブ

青柳翔:本当の強さを感じてください!「たたら侍」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、劇団EXILEの青柳翔の主演映画「たたら侍」の公開初日舞台挨拶が行われ、青柳翔さんのほか、AKIRAさん、小林直己さん、田畑智子さん、石井杏奈さん、甲本雅裕さん、宮崎美子さん、でんでんさん、佐野史郎さん、笹野高史さん、津川雅彦さん、早乙女太一さん、そして錦織良成監督、エグゼクティヴ・プロデューサーのEXILE HIRO、総勢14名が登壇しました。

日時:2017年5月20日(土)
会場:新宿バルト9
登壇:EXILE HIRO、錦織良成監督、青柳翔、AKIRA、小林直己、田畑智子、石井杏奈、甲本雅裕、宮崎美子、でんでん、佐野史郎、笹野高史、津川雅彦、早乙女太一

映画情報どっとこむ ralph 錦織監督:本物の日本映画を!という心でこの映画を造りました。あまたの映画の中でこの映画を選んでいただきましてありがとうございます。

HIRO:たたら侍は時代劇ですが現代の僕らに通づるところがたくさんあると思っています。主人公の成長を観ながら本当の強さとは何かを感じていただければと思います。

津川さん:この映画はスケールが大きくて、予算が凄いとおもう映画です。映画がきれいで、うまい役者がたくさん出ていて、そして、差し入れがコンビニ1軒。相当なスケールです。

青柳さん:こうして無事に初日を迎えられて嬉しく思っていますし、感謝しています。

田畑さん:すばらしい映画ができたと思います。入りいろな思いが詰まった作品です。日本っていいなと思いました。

小林さん:自分自身にとっても、皆さんに教わりながら、人生のターニングポイントになる作品い参加出来て光栄です。先日ハリウッド上映があって、自分自身知っているべき感覚を忘れていたのではないかと感じました。自分とリンクする役柄を見つけて自分のことと思って観てみてください。

石井さん:たたら侍を通して日本のすばらしさを感じました。皆様にも届けていけたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph AKIRAさん:沢山の海外の映画祭で上映させていただいて、様々な方々に、観ていただいてきましたが、日本での上映は緊張します。一生懸命演じましたその魂が届くことを望んでいます。

宮崎さん:青柳さんの母親役です。女性は彼の成長をはらはら見守る気持ちになると思います。本当に生真面目で。一生懸命で、応援したくなりますそんな映画です。

早乙女さん:日本の魅力が詰まった映画です。

甲本さん:青柳君のお父さんです。イメージする侍とは違った侍像だと思います。今日はしっかり侍魂を感じて帰ってください。

でんでん:今日はシニアの方が少ないですね。若い方が多い。とっても素晴らしい映画なので、お父さんお母さんに伝えてください。

佐野さん:戦国の戦の時代から次の時代へ受け渡す役。最後まで集中しないと佐野さんどこ?と思われるかもしれません。しっかり追っていくとなるほどと。出雲の美しい風景と平和への思いを込めた映画になっていると思います。ぜひ次世代につながるようにと思っています。

笹野さん:魂を込めて作ったそうです!私も魂を込めました。ただ、魂をコンビニに置き忘れてきてしまいました。問題は身長差。でも監督にうまくとっていただいてます。実は現場からたたらの欠片を持ち帰りました。

映画情報どっとこむ ralph 海外で19の賞を得ていますが・・・
青柳さん:海外の方の反応はストレートで。その中で評価いただいたのは嬉しかったですね。日本の美しさ、伝統を受け入れた気がして嬉しかったです。

HIROさんは初プロデュース、初日を迎えて・・・
HIROさん:監督との出会いで、指導していただいて、この作品に巡り合えて出発で来て、スタッフキャストの皆さんに支えられて最高の映画ができたと思っております。世界で評価されたことも嬉しいですし、日本中の人たちが日本の心を感じていただけたらと思っています。


最後に・・

監督:幸せです。多くの方たちに支えられて魂を込めました。本物を造れば若い人たちにも伝わると、HIROさんから力強いお言葉をいただきました。多くの世代に届けたいと思います。先人の命があってぼくらの命がある。主人公に自分を重ねて観てみてください。

青柳さん:いよいよ初日です。本当の強さを感じてください。


戦国時代中世の奥出雲の村を舞台に、伝統を継承し守ることを宿命付けられた青柳演じる青年・伍介が、葛藤や挫折を通して真の「侍」へと成長していく姿を描いた本格時代劇。

公式サイト:
tatara-samurai.jp



***********************************

監督 脚本:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO

出演:
青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子、品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、菅田俊、音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補、山本圭、笹野高史、
AKIRA/ 奈良岡朋子 / 津川雅彦

配給:LDH PICTURES
©2017「たたら侍」製作委員会


映画「たたら侍」ハリウッドプレミアに青柳翔、AKIRA、小林直己ら11名で参加!


映画情報どっとこむ ralph EXILE HIROが初プロデュースを手掛け、劇団EXILEの青柳翔さんが主演を務める映画「たたら侍」(2017年5月20日公開)のハリウッドプレミアが現地時間8日、米ハリウッドのエジプシャンシアターで行われ、青柳翔さん、AKIRAさん、小林直己さん、田畑智子さん、笹野高史さん、でんでんさん、甲本雅裕さん、音尾琢真さん、刀匠・吉原義人さん、EXILE HIROさん、錦織良成監督の総勢11名が参加した。

日付:5月8日(現地時間)
場所:エジプシャンシアター(ハリウッド)
登壇:青柳翔、AKIRA、小林直己、田畑智子、笹野高史、でんでん、
甲本雅裕、音尾琢真、刀匠・吉原義人、EXILE HIRO、
錦織良成監督

映画情報どっとこむ ralph エジプシャンシアターは1922年に設立され、映画の街「ハリウッド」のなかでも最も古い歴史を持つ老舗劇場。マリリン・モンローやチャールズ・チャップリンなど往年の大スターも訪れた歴史的劇場として知られる老舗劇場。

今作の主演を務めた青柳さんは

青柳さん:日本公開を前に、このような素敵な場所で上映していただけて、嬉しいですし光栄です。

と語り、エグゼクティヴ・プロデューサーのHIROさんも

HIROさん:ハリウッドの皆さんの前で、このたたら侍を公開できることを本当に嬉しく思っています。今作は時代劇ではありますが、現代の僕らの思いに通ずるものがあると思いますので、本当の強さとは何か、本物の強さとは何なのか、というのを感じていただけたら嬉しいです。

と想いを語りました。


上映前に行われた舞台挨拶ではAKIRAと小林が流暢な英語でスピーチ。所属するLDHのグローバル展開をきっかけに本格的に英語を学んだ小林が、

小林さん:侍とは何か。侍は仕事ではない。侍は戦士でもない。侍とは精神、武士道の精神です。

と観衆にアピールすると絶賛の拍手を浴びた。

上映終了後には、スタンディングオベーションが起こり大歓声と拍手に包まれた。目の肥えた観衆の反応に、

小林さん:エンディングのほうになるにつれてどきどきした。日本の文化だけじゃなく、錦織監督が作り出す世界観をすごく楽しんで、興味を持っていただいた感じがして、その一部になれてうれしい。

AKIRAさん:日本人持つ繊細さや、こまやかな部分を受け入れてくださって、みなさんなりに解釈していただいて、興味をもってくださって、本当にうれしいことですし、1つ海を越えて自分たちの作品が届いたということを肌で感じられた。

と手応えを口にした。

映画情報どっとこむ ralph またこの日、6月2日から全米9つの州での公開も発表され・・・

HIROさん:新しい僕らのエンターテインメントの道が開けたと言うか、これからがスタートで、いまスタートラインに立てたと思うので、もちろん活動の拠点は日本になりますが、このたたら侍をきっかけに、今後どんどん色んなことにも挑戦していきたい。

と意気込みながらも

HIROさん:変に力まず、作品重視でテーマをしっかりと伝えていけるように形にしてけたら幸せだと思います。

と今後を見据えた。

本作は、戦国時代中世の奥出雲の村を舞台に、伝統を継承し守ることを宿命付けられた青柳演じる青年・伍介が、葛藤や挫折を通して真の「侍」へと成長していく姿を描いた本格時代劇。

2017年5月20日(土) 新宿バルト9・TOHOシネマズ新宿ほか全国公開です。
この日発表されたアメリカのほか、5月19日から台湾での公開も決定している。



公式サイト:
tatara-samurai.jp

***********************************

監督 脚本:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO

出演:
青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、
高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子、品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、菅田俊、音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補、山本圭、笹野高史、
AKIRA/ 奈良岡朋子 / 津川雅彦

配給:LDH PICTURES
©2017「たたら侍」製作委員会
   


青柳翔、AKIRA 熱烈歓迎に!映画「たたら侍」台湾プレミア


映画情報どっとこむ ralph 台湾・台北市(現地時間19日の夜)で映画「たたら侍」(5月20日全国公開)の台湾プレミアが行われ、劇団EXILEの青柳翔とEXILEのAKIRA、錦織良成監督がレッドカーペットに登場しました。


「たたら侍」台湾プレミア概要
レッドカーペット、台湾プレミアセレモニー、舞台挨拶
日程:2017年4月19日(木)
会場:台湾・台北市「台北信義威秀影城」(ヴィショー・シネマズ)
登壇:青柳翔、AKIRA、錦織良成監督

台湾プレミアを行い、レッドカーペットに登場した。

映画情報どっとこむ ralph 会場となった「台北信義威秀影城」(ヴィショー・シネマズ)は、台湾のシンボル「台北101」に隣接する台北最大級の映画館。この日の台北は、朝から時折雨が降る天模様。

イベント開始1時間前に雨が上がった会場では、400人のファンが熱烈歓迎。
雨上がりの蒸し暑さと、観客の熱気に包まれたレッドカーペットで、青柳とAKIRAは汗を拭いながらも時間をかけてサインに応じるなど、殺到したファンとの触れ合いを楽しみました。今回、2度目の訪台となった


青柳さん:『たたら侍』がこうして台湾で上映されることを嬉しく思いますし、多くの方々が来場してくれて嬉しかった。

AKIRAさん:很高興跟大家見面(ヘンガウシンゲンダージャージェンミェン=みんなに会えて嬉しいです)!

と、流暢な北京語であいさつ。現地ファンからは「キャアアッ!」と日本同様の黄色い大歓声が響き渡りました。



レッドカーペット後のセレモニーでは、映画やドラマで活躍する台湾の人気女優シェ・シンインがゲスト出演。第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にも出品され、シェ自身も出演する台湾映画「黒衣の刺客」(こくいのしきゃく)の劇中で使用された、中国産の短刀がAKIRAさんに贈呈された。


また、会場には来ることができなかったが、今年2月にベルリン国際映画祭に出品された、映画「ミスター・ロン」で青柳さんと共演をした台湾のトップスターのチャン・チェンさんから、青柳さんに花束が贈呈。思いもよらぬサプライズに

AKIRAさん:台湾の俳優さんも足を運んで盛り上げてくれて、本当に素晴らしいスタートが切れた。

と感慨の思いを語った。

映画情報どっとこむ ralph プレミア上映では220席が即完売。

上映後の舞台挨拶では、司会者が客席に「みなさん、映画は面白かったですか!?」と呼び掛けると、「イェイ!」「素晴らしい!」と絶賛を浴び、日本の文化や歴史に興味を持った現地ファンから多くの質問が飛び交った。イベントを終えて

AKIRAさん:色んな捉え方で『たたら侍』を楽しんでくれているのを肌で感じましたし、日本の文化や歴史に大変興味を持ってくれているのを感じた。改めて『たたら侍』を通じコミュニケーションを図ることによって、台湾と日本に通ずる精神や魂が生まれたら嬉しい。

と話しました。


「たたら侍」は戦国時代中世の奥出雲の村を舞台に、伝統を継承し守ることを宿命付けられた青柳演じる青年が、葛藤や挫折を通して真の「侍」へと成長していく姿を描いた、原作なしの本格時代劇映画。EXILE HIROが映画初プロデュースを手掛け、青柳、AKIRAのほか、EXILE/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの小林直己、さらには津川雅彦、奈良岡朋子、笹野高史、宮崎美子といった豪華俳優陣が集結。昨年開催された世界三大映画祭のひとつ、モントリオール世界映画祭の最優秀芸術賞受賞をはじめ、アメリカやイギリスなど世界7か国の映画祭で計16の賞を受賞するなど、世界各国で高い評価を得ている。

青柳さん:古き良き日本の美しい景色や、たたら吹きという伝統を多くの方に知ってもらいたい。

と思いを口にし、続けて

AKIRAさん:この『たたら侍』はJAPAN PRIDEというテーマを掲げており”世界へ”という目標もありますが、1番は現代の日本の方々に、たたら侍の精神やこの作品のメッセージが届いてくれることが嬉しいので、多くの方に観ていただきたい。

とアピールした。

映画情報どっとこむ ralph 「たたら侍」

2017年5月20日(土) 新宿バルト9・TOHOシネマズ新宿ほか全国公開です。

公式サイト:
tatara-samurai.jp
   


青柳翔ら16名登壇「たたら侍」の刀剣授与式&完成披露上映会
eigajoho.com/?p=67786


LDHは、今年からアメリカ・ヨーロッパ・アジアに拠点を設置し世界展開を進めている。なかでも台湾は、2009年にLDHグループが運営するダンス&ボーカル・アクトスクール「EXILE PROFESSIONAL GYM台北校」を開校するなど、かねてより関係が深い。またEXILEは「放浪兄弟」と称され人気を集め、昨年末にはEXILE HIROが企画プロデュースを手掛ける総合エンターテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」も公開。現地の映画関係者は「近年、音楽だけでなく映画も韓国の作品が増えてきているが、日本映画は変わらず人気。先日台湾で公開された『HiGH&LOW』シリーズなど、EXILE TRIBEが出演する映画は台湾の若い子たちにも人気があります」と話した。この日も取材に現地メディアが20媒体以上集まるなど、異国の地でも注目の高さを示した。さらに5月19日から今作の台湾配給も決定。

***********************************

監督 脚本:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO

出演:
青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、
高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子、品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、菅田俊、音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補、山本圭、笹野高史、
AKIRA/ 奈良岡朋子 / 津川雅彦

配給:LDH PICTURES
©2017「たたら侍」製作委員会
   


青柳翔ら16名登壇「たたら侍」の刀剣授与式&完成披露上映会


映画情報どっとこむ ralph 劇団 EXILE の青柳翔さんが主演を務め、世界三大映画祭のひとつ、モントリオール世界映画祭での最優秀芸術賞受賞をはじめ、世界7 か国の映画祭で計16の受賞など、海外で高い評価を得ている5 月 20 日全国公開の映画「たたら侍」の完成披露上映会が行われました!

主演の青柳翔さんのほか、小林直己さん、田畑智子さん、石井杏奈さん、宮崎美子さん、早乙女太一さん、AKIRAさん、奈良岡朋子さん、津川雅彦さん、そして錦織良成監督、エグゼクティヴ・プロデューサーのEXILE HIROさんらが登壇しての舞台挨拶が行われました。

また舞台挨拶前には、日本における最高峰の刀匠で知られる吉原義人さん、月山貞利さん、上林恒平さん、河内国 平さん、宮入法廣さんの 5 名から、青柳さん、小林さん、AKIRAさん、錦織監督さん、HIRO さんの 5 名へ、それぞれをイメージし た「たたら侍」特別作刀5振りの刀剣授与式を行いました。

日時:2017 年 3 月 31 日(金)
会場:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、宮崎美子、早乙女太一、AKIRA、奈良岡朋子、津川雅彦、錦織良成監督、EXILE HIRO
刀匠:吉原義人、月山貞利、上林恒平、河内国 平、宮入法廣

映画情報どっとこむ ralph 上映会の前に刀剣授与式が行われ、今回製作された刀匠の皆さん、吉原義人さん、月山貞利さん、上林恒平さん、河内国 平さん、宮入法廣さんの 5 名から、青柳さん、小林さん、AKIRAさん、錦織監督さん、HIRO さんの 5 名へ登録証を贈呈!
吉原先生:本日はおめでとうございます。我ら一同本当に心を込めて造りましたので愛刀としてお納めください。

HIROさん:みんなで感動してます。こんなに素晴らしい先生方につくっていただき光栄です。


映画情報どっとこむ ralph 続いて、本作の舞台挨拶に青柳翔さん、小林直己さん、田畑智子さん、石井杏奈さん、宮崎美子さん、早乙女太一さん、AKIRAさん、奈良岡朋子さん、津川雅彦さん、そして錦織良成監督、HIROさんが登壇し撮影時のエピソードなどを披露しました!

津川さん:伝統的にたたら鋼を使って刀を使ってる村がありまして、出雲の山奥で村を作って鍛冶場を作って撮影しました。が・・山奥で何にもない!そこでHIROさんが、差し入れしていただいたのが、コンビニを一軒持ってくれました!

と、驚きのエピソードを披露。

長岡さん:忘れられない映画になりました。劇場に足を運んでみるに値する映画になりました。映画を愛してください!

宮﨑さん:刀に魅入られて・・・吸い込まれそうです。素晴らしい日本を感じますし大切にしたいですね。共感するのは息子と村娘を見守る気持ちが見えるシーンが好きなんです。

早乙女さん:伝統がたくさん詰まった作品になっています。チャンバラではなく、刀の重みを感じる殺陣で一振り一振り思いを込めました。

石井さん:時代劇初挑戦で多くのことを学びました。若い世代にも観ていただきたいです。当時の女性のたたずまい、三歩下がっていることや、我慢することなど共感しました。是非若い世代にも観ていただきたい姿かと。

田畑さん:映像がとてもきれいです。人間の五感を刺激する作品になっています!印象に残ってるのは、最後のセリフを言い終えたところで、風が吹いて。凄い神秘的でした。(監督:森が騒いだんです。)

監督:刀匠の皆さんが伝統を受け継ぎ、刀はお守りとして祀ってあったそうです。それカッコいいねとHIROさんが企画が始まり。これを世界に知っていただこうとメッセージをフィルムに込めました。

本作が世界7 か国の映画祭で計16の受賞したことに

AKIRAさん:大先輩に囲まれながら学ばせて頂けて、その映画と伝統、侍道が海外で認められたのは嬉しいですね。

小林さん:自分はモントリオールとルイジアナの映画祭に行かせていただいて、現地の方に侍は戦士、刀も人を切るものでは?と聞かれ、受け継がれてきた文化や心が受け渡されているんだと。侍は人を守るために戦い、刀を抜かない強さを伝えました。現代にも通じるメッセージになっています。

HIROさん:日本に文化を世界にを主題につくった映画です。監督との出会いに感謝しています。こだわりが詰まった作品になっています。

映画情報どっとこむ ralph 青柳さん:この作品は多くの方たちに支えられて出来上がった作品です。日本美しい風景や伝統。憎しみの連鎖を断ち切る人を許す心など、沢山のものがこもっています。ぜひ、この作品を宜しくお願いします。



「たたら侍」

2017年5月20日(土) 新宿バルト9・TOHOシネマズ新宿ほか全国公開です。

公式サイト:tatara-samurai.jp
***********************************

監督 脚本:錦織良成

エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
出演:
青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、
高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子、品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、菅田俊、音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補、山本圭、笹野高史、
AKIRA/ 奈良岡朋子 / 津川雅彦

配給:LDH PICTURES
©2017「たたら侍」製作委員会