「銃」タグアーカイブ

「活弁シネマ倶楽部」10月からスタートした番組を振り返って一挙ご紹介


映画情報どっとこむ ralph レプロの若手が仕掛ける映画を盛り上げるWEB番組「活弁シネマ倶楽部」ですが、年内の配信はひと段落。

公開後のプロモーションとして、監督が自身の作品を何の制限もなく語る場として、2019年も番組制作&配信していくそうです!

と言うことで、2018年の10月からスタートした番組を振り返って一挙ご紹介!

映画情報どっとこむ ralph 活弁シネマ倶楽部#0【映画興行ぶった切り!】
ゲスト:映画ジャーナリストの大高宏雄さん
内容: 2018年夏映画の興行収入



是枝監督が太鼓判!『十年 Ten Years Japan』高松美由紀プロデューサー×藤村明世監督 対談!活弁シネマ倶楽部#1
ゲスト:『十年 The Ten Years』高松美由紀プロデューサー、藤村明世監督
文字ベース⇒http://eigajoho.com/131666



東京国際映画祭 受賞作品『鈴木家の嘘』を語る!野尻克己監督×木竜麻生 活弁シネマ倶楽部 #2
ゲスト:『鈴木家の嘘』野尻克己監督、木竜麻生さん
文字ベース⇒http://eigajoho.com/132848



14歳の少女と27歳女性のラブストーリー『真っ赤な星』を語る!井樫彩監督×月永理絵 活弁シネマ倶楽部 #3
ゲスト:『真っ赤な星』井樫彩監督
文字ベース⇒http://eigajoho.com/135076



男だらけで『ヌヌ子の聖★戦〜HARAJUKU STORY〜』を語る!進藤丈広監督×深川栄洋プロデューサー 活弁シネマ倶楽部 #4
ゲスト:『ヌヌ子の聖★戦』進藤丈広監督、深川栄洋プロデューサー
文字ベース⇒http://eigajoho.com/135430



世界中を熱狂させる塚本晋也監督が挑む、初の本格時代劇『斬、』を語る! 活弁シネマ倶楽部 #5
ゲスト:『斬、』塚本晋也監督
文字ベース⇒http://eigajoho.com/135606



PFFアワード2018に選出作品『からっぽ』の新鋭・野村奈央監督!活弁シネマ倶楽部 #6
ゲスト:『からっぽ』野村奈央監督
文字ベース⇒http://eigajoho.com/136245



武正晴監督が『銃』を語る!山田孝之主演『全裸監督』のNetflix製作現場にも言及!活弁シネマ倶楽部 #7
ゲスト:『銃』武正晴監督
文字ベース⇒http://eigajoho.com/136839



***********************************



活弁シネマ倶楽部に武正晴監督が出演!!最新作『銃』の本質を徹底解説!!


映画情報どっとこむ ralph 12月27日(木)16時から、“映画を語る”新番組「活弁シネマ倶楽部」第6回が放送された。

今回の作品は、芥川賞作家・中村文則のデビュー作が原作の『銃』。

世界からの注目を集めている中村が“偏愛している”と語る原作を奥山和由プロデューサーが企画・製作し、武正晴が監督を務めた。

主演に村上虹郎、ヒロインには広瀬アリスなど豪華キャストを迎えての映像化となり、映像はモノクロで構成されている。第31回東京国際映画祭では、日本映画スプラッシュ部門に出品され、ワールドプレミア上映され、武監督が日本映画スプラッシュ監督賞、主演の村上虹郎が東京ジェムストーン賞を受賞と2冠を達成し、国内外からの注目を集めている。

番組内では、MCに映画評論家の森直人氏を迎え、『銃』の作品紹介と裏側トークはもちろん、武監督の過去作と照らし合わせての映画評論が展開された。

映画情報どっとこむ ralph
映画とは相性の悪い一人称作品が原作であったことについて、これを映画にしたいという奥山プロデューサーの面白さを流石だとしつつも、「こんなの映画にしたいっていう人がおかしいですよ」と奥山に対して伝えたと語り、笑いを誘った。それでも、原作の特徴でもある一人称を捨てずに活かすために、“主人公に聞こえている音”をどう観客に聞かせるかを考え、ロバート・アルトマンの作品などを参考にしてサウンド設計をしたという。ドラマの中心人物の会話以外にも、エキストラ同士のやり取りにも台詞を与え、本来であれば後から付け加える周囲の会話や雑音などの「音」も撮影現場で作っていったと解説した。

また、原作の重要なキーである“銃で人を撃った後に主人公の世界が変わる”という点が、本作でモノクロを選択した背景にあると語った。このキーをどう映画にするかにあたって、「血が見えた瞬間にそれに色が付いたらどうなるのか?」という着想があり、「主人公の、若者のモノクロの世界が崩れて、現実の恐ろしい世界に引きずり込まれていく」という世界の変化を、「色が見えてきた瞬間に恐怖を感じる」という形で見せたかったという。
番組では、本作の最も重要な要素である“銃”についても触れた。武監督は、人々の生活スタイルが数十年で劇的に変わったことに驚きを覚え、「スマホを持って歩き始めたのを見た時に、こうもみんなあっという間に自分の歩き方を忘れてしまうんだな」と感じたと話した。続けて武は、本作では、主人公の人生を変えたものが拳銃であったが、“銃”を“スマホ”に置き換えれば、通じるものがあるとした。
本作では、銃社会ではない日本の若者が拳銃を拾ったことで世界が変わったように、たった一つの道具が人間の運命・人生を変えてしまう様が描かれていると語った。MCの森は、「銃という(道具)が欲望を刺激するというか、人間のなにかを覚醒させる。万能感を与えてしまうというアイテム」とコメントした。

武監督は、自らが助監督として関わった過去作を振り返り、初めてプロの助監督を務めた『SCORE』での奥山のイメージとして、「面白いことやらしてくれる人がいるな。こんなデタラメなことを、無名な力のない者たちに“やるだけやってくれよ”の精神でやらせてくれる人ってなかなかいない」と語り、無名時代にもかかわらず、チャンスの場をもらったことを思い返した。

更に、武監督が10代の時まで話は遡り、 MCの森に大学時代から(映画撮影の)現場には関われていたのかと聞かれ、「巻き込まれたというか、知らない人に声をかけられたら、どんどんついて行っていたので、知らないうちに撮影所につれてこられた」「誘われたら断るなというのが自分の中で精神としてあった」と驚きのポリシーがあったことを明かした。その甲斐あって人脈が広がり、今の自分が形成されたと回顧。
多くの場合は、誰かが断ったり逃げたりクビになったりした現場の人数合わせだったとのこと。その場合、「そこでなにかポカやったとしても、逃げたやつよりはマシだと思ってもらえる」と映画の現場以外にも通じる“若者への人生指南”を語った。 
それだけでなく、“あいつを呼んだらいいんじゃない?という存在になる”、“与えられたものに対してどういう結果を出せば良いかを必死にやる”など、フリーランス仕事論・職人論としても貴重な話を聞くこともできた。

映画情報どっとこむ ralph 「活弁シネマ倶楽部」は、
様々な切り口で、様々な人が“映画を語る”ことで、映画の新たな楽しさを発信するトーク番組。番組タイトルにもなっている「活動弁士」は、映画の上映中、映画を自由闊達に語り、表現し、解説をすることを生業とする人たちである。本番組では、活動弁士の精神をそのまま受け継ぎ、映画に関わる様々な人をゲストに迎え、制作陣の想いや映画の知られざる一面など、様々な角度から映画を掘り下げていく。

映画情報どっとこむ ralph 『銃』

11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイトURL
http://thegunmovie.official-movie.com/  

twitter
@GunMovie

物語・・・
雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には 魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみることにした。さらに緊張とスリル が増し、彼を満足させた。同じ大学のヨシカワユウコにも興味があるが、やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。 そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょう?」 次第に精神を追いつめられていくトオルは、 あることを決意するが。
***********************************

キャスト
村上虹郎 広瀬アリス
日南響子 新垣里沙 岡山天音 後藤淳平(ジャルジャル)
中村有志 日向丈 片山萌美 寺十吾 サヘル・ローズ 山中秀樹
村上淳 リリー・フランキー

スタッフ
企画・製作:奥山和由
監督:武正晴
原作:中村文則「銃」(河出書房新社)
脚本:武正晴・宍戸英紀
制作プロダクション:エクセリング
企画制作:チームオクヤマ
配給:KATSU-do 太秦
製作:KATSU-do
2018年/日本/カラー&モノクロ/DCP/5.1ch/97分
レイティング R15+
Ⓒ吉本興業


村上虹郎、武正晴監督、松永大司監督 対談『ハナレイ・ベイ』&『銃』コラボレーショントークイベント


映画情報どっとこむ ralph 国境や時代を超えグローバルな読者を獲得し、世界に名作・話題作を発信し続ける作家、村上春樹。名実ともに日本を、そして世界を代表する作家である彼の珠玉の短編作品「ハナレイ・ベイ」がついに映画化!

近年多くの映画・ドラマに出演し、主演から脇役まで目覚ましい活躍を見せる女優・吉田羊を主演に迎え、『トイレのピエタ』が多くの批評家から絶賛された日本映画界の新鋭・松永大司監督の手によって映像化された本作。公開から約1ヶ月が経つ今も、感動と共感を呼ぶその作品世界が大きな反響を呼び絶賛上映中です。

そんな本作を更に盛り上げるべく、映画『銃』(公開中)とのコラボレーショントークイベントが、本日11月22日(木)に新宿ピカデリーにて開催され、村上虹郎さん、武正晴監督、松永大司監督が登壇しました!


『ハナレイ・ベイ』&『銃』コラボレーショントークイベント
日付:11月22日
場所:新宿ピカデリー
登壇:村上虹郎、武正晴監督、松永大司監督

映画情報どっとこむ ralph 映画『ハナレイ・ベイ』では劇中で日本人サーファー役を演じ、映画『銃』では主演を務めた“今最も注目される俳優”の1人である村上虹郎さんと、『ハナレイ・ベイ』のメガホンを取った松永監督、そして『銃』の監督を務めた武正晴監督の3名が登壇。

松永監督:なかなかない顔ぶれ。皆さん楽しんでいただければと思います。

と語り、聴きごたえ十分のトークイベントが展開されました。

武監督はつい先日『ハナレイ・ベイ』を鑑賞し、冒頭から

武監督:松永監督、よくやったな!という感じでしたよ。

と感想を述べました。さらに

武監督:『ハナレイ・ベイ』は『銃』と似ている。あえてすべてを開示することをせず、場所と演出を使って表現するという挑戦的な映画。でも人間の内面にカメラを向けていると感じました。それは僕も『銃』で挑戦していることです。

とコメント。

武監督:吉田羊さん演じるサチが10年後に虹郎演じる青年と出会い、その青年が物語の途中から作品世界をかき回していく。主人公に寄り添っていく役だと思いますが、その役割を『銃』ではリリー・フランキーさんが担っているんです。

と2作品の共通点を語りました。さらには

武監督:音楽、特にイギー・ポップの「The Passenger」がずるいですよね。すごくいい。実は私はずっと『銃』の撮影中にこの「The Passenger」を聞いていたんです!あまりの共通点の多さにびっくりしました

というエピソードに観客からは驚きの声が上がりました。

映画情報どっとこむ ralph 『ハナレイ・ベイ』主演の吉田羊さんについて、

松永監督:『銃』では監督と虹郎が心中する覚悟だったんだなと感じますが、(僕も)吉田さんと心中する覚悟でした。

と撮影時を振り返った。武監督も吉田さんの演技に

武監督:(松永監督は)吉田さんの演技を絞り出しやがったなと。吉田さんを超えて主人公のサチだった。“松永さん、どんなことしたんだ”と思いました。

と大絶賛!

“高橋”役を村上さんが演じることになり、脚本を村上さんに寄せて変更を加えていったという松永監督は

松永監督:虹郎が高橋を演じてくれて吉田さんのサチという役を引き出した。

と村上さんの魅力について触れました。現場では高橋役の友人“三宅”役を演じた佐藤魁さんのコンビネーションが賭けだったと語り、ファーストテイクを何度か粘って撮り直したあとは村上さんと佐藤さんの関係性を信じたという監督。

佐藤さんは実際にプロサーファーということもあり、村上さんからは
村上さん:(佐藤さんは)サーフィンシーンの撮影中に「いい波に乗りたい」といって(予定外の)沖に向かっちゃうんです。

という裏話も!

『銃』の撮影後に『ハナレイ・ベイ』の撮影現場に入ったという村上さん。

村上さん:役柄的に解放感がありました。

と2作品の違いを改めて実感した様子で撮影当時を振り返りました。武監督からは劇中で高橋がサチに告げる、サーフィン中の事故で亡くなった息子タカシと同じセリフ“さいなら”の演出に、

武監督:映画を一人で観ながら思わず「しゃれた映画だなー!」って言っちゃったよ!

と笑いを誘った。

映画情報どっとこむ ralph その後武監督から「せっかくだしお客様から質問をもらおうよ!」と提案があり、イベントは急遽、お客様からの質問を受けることに。

早速、手を挙げた方から、監督お二人に「それぞれの作品の中で、この村上虹郎はすごい!というシーンはどこですか?」と2つの作品の中での村上さんの印象的なシーンを尋ねられ、

武監督:虹郎の鼻の穴が動き、鼻の穴まで芝居しているところ。

と回答。役者の本能がそうさせているんだ、と改めて村上さんの“体現する演技”を絶賛しました。それに対し

松永監督:とにかくこの人(村上さん)は面白い。監督のイメージを越えてきてくれる。もっともっと一緒にやりたいな、と思わせてくれる役者です。

と、松永監督らしい表現で、村上さんの魅力を語りました。

村上さんに「それぞれの作品の中で、自分こんな顔するんだ、とか発見があれば教えてください。」という質問が飛ぶと、

村上さん:『銃』の中では、なんで自分あんな行動したんだろう、と感じるほど、自分のその時の想いがきちんと反映されていると感じました。

と作品の中に入り込んでいる自分をしみじみと振り返り、一方

村上さん:『ハナレイ・ベイ』では大人な虹郎が観れますよ!(本業が役者ではない)佐藤魁がいたから、このセリフは自分が発するべきなのか、魁が発するべきなのかと、自分がきちんと考えることができた。計算して演技することができた気がします。

と役者として、『ハナレイ・ベイ』を通し成長できた一面も明かしました。

最後に・・・

お客様からのリクエストに村上さんが応え、『ハナレイ・ベイ』の中に登場する印象的なフレーズ「さいなら~」を披露、会場中から大きな拍手がわきおこり、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。

『ハナレイ・ベイ』『銃』絶賛公開中

***********************************


原作:「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著 
脚本・監督・編集:松永大司 
音楽:半野喜弘
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類 
配給:HIGH BROW CINEMA ©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会

『銃』公開中
配給:KATSU-do、太秦 Ⓒ吉本興業


村上虹郎、広瀬アリスら&ちょい遅れてリリー・フランキー登壇『銃』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 11月17日(土)、東京・テアトル新宿にて、映画『銃』の初日舞台挨拶が行われ、村上虹郎さん、広瀬アリスさん、日南響子さん、リリー・フランキーさん、新垣里沙さん、岡山天音さん、後藤淳平(ジャルジャル)、原作者の中村文則さん、武正晴監督、奥山和由プロデューサーが登壇しました。


初日舞台挨拶
日程:11月17日(土)  
場所:テアトル新宿 
登壇:村上虹郎、広瀬アリス、日南響子、リリー・フランキー、新垣里沙、岡山天音、後藤淳平(ジャルジャル)、原作者の中村文則先生、武正晴監督、奥山和由プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph
舞台挨拶が始まると・・・重要人物一人が足りない・・・。

奥山プロデューサー:リリーさんがもうすぐ来るはずです。

と、リリー・フランキーさんの遅刻を暴露し、全員が不在のリリーさんをいじるところから舞台挨拶はスタート。

開始から5分ほど経過し、拍手を浴びながら姿を現したリリーさん

リリーさん:すいません!!12時からだと思っていました。

と弁明。

奥山Pは、原作の『銃』について

奥山P:リリー自分のバイブル。誰一人欠けても出来ていない運命の作品。

と自信のコメント。

その原作者の中村先生は、恐縮しながらも、

中村先生:お礼とお詫びを言いに来ました。

作品について聞かれ
村上さん:ニコチンとカフェイン。肉体的にも精神的にも中村文則ワールドで、蟻地獄のように引きずり込まれて、いつ抜け出せるのかと。

とハードな役柄だったことを振り返ります。


そんな村上さんに対し、

広瀬さん:(村上さんは)現場では怖かったですね。近くにはいたくなかった(笑)。
と距離を置いていたそうですが、その後の取材で一緒になって

広瀬さん:本性というか、性格がしっかりわかりました。

と、撮影時の印象とは違うことを明かしました。そして、今日の独特のファッションについても、

リリーさん:新宿で3時間で2回職務質問される。

とリリーさんが表現。

映画情報どっとこむ ralph ワンシーンのみの出演ながら舞台挨拶に登壇した後藤さんは、クランクイン前の本読みでの村上さんについて

後藤さん:入り込んでいて、机バーン!と叩いたり、びびりながら、そのまま役をやらせていただきました。

と、こちらもびびっていた様子です。

村上さん:『M-1』がんばって!
と、12月2日に放送される『M-1グランプリ2018』へのエールを送られると、

後藤さん:関係ないわ!(笑)

とツッコむシーンも。
また、後藤さんがビートルズ好きだと事前に調べて、ビートルズを聞いていたといったとして「気が使える」と後藤さんが人柄を讃えていました。

広瀬アリスさんからは、以前、リリーさんと会った際、今日の舞台挨拶では両胸の部分に穴が空いた服で登壇しようと計画していたことが明らかに。

遅刻したこともあり、図らずも話題の中心となったリリーさんですが、

最後は・・・

リリーさん:こういう映画が日本でちゃんと作られていることがいい!虹郎は親のいいところだけもらったな!

と絶賛。村上さん苦笑い!?

映画情報どっとこむ ralph 『銃』

11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイトURL
http://thegunmovie.official-movie.com/  

twitter
@GunMovie


物語・・・
雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には 魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみることにした。さらに緊張とスリル が増し、彼を満足させた。同じ大学のヨシカワユウコにも興味があるが、やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。 そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょう?」 次第に精神を追いつめられていくトオルは、 あることを決意するが。

***********************************


キャスト
村上虹郎 広瀬アリス
日南響子 新垣里沙 岡山天音 後藤淳平(ジャルジャル)
中村有志 日向丈 片山萌美 寺十吾 サヘル・ローズ 山中秀樹
村上淳 リリー・フランキー

スタッフ
企画・製作:奥山和由
監督:武正晴
原作:中村文則「銃」(河出書房新社)
脚本:武正晴・宍戸英紀
制作プロダクション:エクセリング
企画制作:チームオクヤマ
配給:KATSU-do 太秦
製作:KATSU-do
2018年/日本/カラー&モノクロ/DCP/5.1ch/97分
レイティング R15+
Ⓒ吉本興業


村上虹郎主演『銃』父・淳の出演情報解禁!親子を越えた一役者どうしの熱演に注目!!


映画情報どっとこむ ralph 11 月 17 日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショーとなります映画『』。10月25日より開催となる第 31 回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門へ出品、この機がワールドプレミア上映となります。


<第31回東京国際映画祭上映日時について>

【上映日時】

10/28(日)
21:05(開演)
*上映後トーク:武正晴監督、奥山和由プロデューサー

11/1(木)
16:05(開演)
*上映後トーク:村上虹郎、武正晴監督、奥山和由プロデューサー


上映会場 TOHO シネマズ六本木ヒルズ スクリーン1番
(両日、同会場です。)

映画情報どっとこむ ralph そして!

このたび、村上淳さんの出演情報が解禁になりました。


村上淳さんと村上虹郎さんの親子共演は、映画では河瀬直美監督作品『2つ目の窓』以来。

本作での村上淳さんは、 村上虹郎さん演じる主人公と対峙する、ある男の役を務めています。一役者どうしとしてぶつかり合うこの 1 シーン では、身震いする衝撃を目にすることでしょう。

村上淳さんコメント:
正直”親子共演”ということを意識しないかというとそうはいかない。 しかし今回出演を決めたのもオファーをいただきそれに向き合った結果であり、武組の空気を感じられる機会をいただいたことへ のアンサーです。 いち役者といち役者がなにかしらの縁で同じ座組になることは、そんなに珍しいことではないということです。 みなさまどうぞよろしくお願いいたします。傑作”銃”をお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph 村上虹郎主演『銃』

2018年11 月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
thegunmovie.official-movie.com

twitter
https://twitter.com/GunMovie


ストーリー
雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には 魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみることにした。さらに緊張とスリル が増し、彼を満足させた。同じ大学のヨシカワユウコにも興味があるが、やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。 そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょう?」 次第に精神を追いつめられていくトオルは、 あることを決意するが。

***********************************


村上虹郎 広瀬アリス 日南響子 新垣里沙 岡山天音 後藤淳平(ジャルジャル) 中村有志 日向丈 片山萌美 寺十吾 サヘル・ローズ 山中秀樹 リリー・フランキー
企画・製作:奥山和由
監督:武正晴
原作:中村文則「銃」(河出書房新社)
脚本:武正晴・宍戸英紀 制作プロダクション:エクセリング
企画制作:チームオクヤマ
配給:KATSU-do 太秦
製作:KATSU-do
2018年/日本/カラー&モノクロ/DCP/5.1ch/97分/ R15+
Ⓒ吉本興業