「鈴木杏樹」タグアーカイブ

劇場版『若おかみは小学生!』予告編映像とポスタービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 劇場版『若おかみは小学生!』が9月21日(金)より全国公開します。
その予告編映像とポスタービジュアルが解禁となりました!

本作は、交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこ(関織子)が、ユーレイのウリ坊(立売誠)やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすために、若おかみとして毎日奮闘する様子が描かれる、笑いあり涙ありの物語。

公開となった本ポスターは、緑豊かな「春の屋」の前で庭掃きする着物姿のおっこと、彼女を取り囲む個性豊かな仲間たちが愛らしいタッチで描かれ、これから「春の屋」で巻き起こるたくさんの出会いに、胸が膨らむビジュアルに仕上がっています。
映画情報どっとこむ ralph また、予告編では、そんな様々な出会いを通じて辛いことも苦しいことも全て受け入れ、明るい笑顔とまっすぐな瞳で自分の足で成長していくおっこの前向きな姿が映し出されています。慣れない仕事に失敗を重ねながらも、訪れた人の心を満たす旅館の仕事に次第に魅せられていくおっこ。今は亡き両親やまわりの支えを力に変え日々頑張るおっこでしたが、やがてそれぞれの別れの時が近づき…。「私はここの、『春の屋』の若おかみです!」映像のラストで涙を浮かべて微笑むおっこの姿は、観る者にも温かな涙を誘います。

「おっこちゃんがいろんな人に出会って、そこから成長して、明日も頑張っていけるような歌詞を、おっこちゃんになったつもりで書かせてもらいました。」予告編では、シンガーソングライターの藤原さくらが本作の為に想いを込め書き下ろした主題歌「また明日」も初公開!澄んだ伸びのある歌声と穏やかな曲調が、物語を優しく包み込みます。

映画情報どっとこむ ralph さらに、本作の前売り券が7月20日(金)より発売されることが決定!特典には、おっこが母親を亡くした少年を元気付けるために考案する、黒豆を練り込んだプリンにクリームをかけ、栗の甘露煮を岩に見立て露天風呂を表現した、春の屋特製「露天風呂プリン」を模ったスクイーズが全国計2万個限定で用意され、前売り券1枚購入につき、1個プレゼントされます。思わず食べたくなってしまうほど可愛く作られた「露天風呂プリン」風スクイーズをいち早くゲットして、むにゅ~っと気持ちいい触り心地で癒されながら、映画の世界感をぜひご堪能ください♪

劇場版『若おかみは小学生!』
ムビチケカード7月20日(金)発売開始!
<2万個限定!>プニプニ 「露天風呂プリン」スクイーズ付

前売券料金(税込)
一般1,400円 小人900円 親子ペア2,200円

※劇場窓口にてお買い求めの方に先着でプレゼントいたします。
※特典はムビチケカード1枚の購入につき1個となります。
※特典はなくなり次第終了とさせていただきます。
※小人券の対象年齢は劇場により異なります。
前売券ご購入の前に、ご希望の劇場までお問い合わせください。
※デザインは実物と異なる場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版『若おかみは小学生!』

9月21日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか全国ロードショー

アニメ公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/movie/
アニメ公式Twitter:
@anime_wakaokami

【STORY】
小学6年生のおっこ(関織子)は交通事故で両親を亡くし、おばあちゃんが経営する花の湯温泉の旅館<春の屋>で若おかみ修業をしています。どじでおっちょこちょいのおっこは、ライバル旅館の跡取りで同級生の“ピンふり”こと真月から「あなた若おかみじゃなくて、バカおかみなの!?」とからかわれながらも、旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼たちに励まされながら、持ち前の明るさと頑張りで、お客様をもてなしていくのでした。
いろんなお客様と出会い、触れあっていくにつれ、旅館の仕事の素晴らしさに気づき少しずつ自信をつけていくおっこ。やがて心も元気になっていきましたが、突然の別れの時がおとずれて―。

***********************************

原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎、脚本:吉田玲子、音楽:鈴木慶一 他
キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一 他
主題歌:藤原さくら「また明日」(SPEEDSTAR RECORDS)
製作:若おかみは小学生!製作委員会 
アニメーション制作:DLE、マッドハウス 配給:ギャガ
©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会


『若おかみは小学生!』ゲスト声優解禁!&相関図到着!


映画情報どっとこむ ralph 数多くのスタジオジブリ映画の作画監督でも知られる高坂希太郎が『茄子 アンダルシアの夏』(03)以来15年ぶりとなる劇場公開作の監督を務めた、劇場版『若おかみは小学生!』は9月21日(金)より全国公開となります。

この度、テレビアニメ版に引き続き声優を務める、小林星蘭(主人公・おっこ役)、水樹奈々(秋野真月役)、松田颯水(ユーレイのウリ坊役)に加え、新たに劇場版の声優キャストを一挙発表となりました!

映画情報どっとこむ ralph おっこ(関織子)の父・関正次役には、歌手・タレント・司会・俳優と各界でマルチな才能を発揮する、3男2女を育てる子沢山パパとしても知られる薬丸裕英。一方、おっこの母・関咲子役には、同じく女優でありながら司会としても活躍、その自然体な笑顔と優しい声で多くの人を魅了する声優初挑戦の鈴木杏樹。

また、ある出来事からスランプに陥った占い師の客、グローリー・水領役には女優、タレント、現在はキャスターとしてもマルチに活躍する声優初挑戦のホラン千秋が、さらに、おっこが若おかみ修業する、花の湯温泉の旅館「春の屋」を訪れる客人のひとり、作家の神田幸水役には、『ミニオンズ』(15)『ペット』(16)など、今や声優としても高い評価を受けるバナナマンの設楽統がそれぞれ熱演。

その他、後に物語のカギを握る客人・木瀬文太役に山寺宏一、「春の屋」の女将であり、おっこの祖母・関峰子の少女時代を花澤香菜、そして、TV版から引き続き、神田幸水の息子・神田あかね役に小松未可子が演じるなど、人気実力派声優陣も集結。さらに、ウリ坊と同じくおっこの前に現れるユーレイの秋野美陽役には、TV版とは異なり、より子供らしさを表現したかった高坂監督の意図のもと、小林星蘭と共に子役・声優として活躍目覚ましい遠藤璃菜が担当。劇場版ならではの豪華顔ぶれが、物語の世界感に広がりと深みを与えます。

本作は、交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすために、若おかみとして毎日奮闘する様子が描かれる、笑いあり涙ありの物語。

「今回、理想通りにバラエティーに富んだ声優陣が揃い、それぞれ印象に残るキャラクターを作り上げていただきました。」と、高坂希太郎監督が満を持して紡ぐ、切なくもあたたかい世界に息吹を注いだキャスト陣の夢の共演に、ご期待ください。


映画情報どっとこむ ralph 以下に、アフレコを終えたキャスト、並びに高坂監督からのコメントが到着です。

薬丸裕英/関正次(おっこの父)役
主人公 小学6年生 おっこ の父親役の声を担当させていただきました。18年ぶりの映画声優のお仕事で少々、緊張しました(笑)同じ年頃の娘を持つ父親として「おっこ」の頑張る姿に心打たれます。是非、ご家族で映画館にお越しください。

鈴木杏樹/関咲子(おっこの母)役
長編アニメーション作品のアフレコは、今回が初めてでした!声だけで表現するお芝居の世界は、想像以上に奥深くてとても緊張しましたが、以前から声優のお仕事に憧れていて、挑戦してみたかったので、今回、参加させていただけて、とても嬉しく、感謝しております。おっこちゃんの、健気で前向きな明るさに、元気をもらい心打たれました。皆様にもこの作品を楽しんでいただけますように。。
 
ホラン千秋/宿泊客・グローリー・水領役
オトナの雰囲気漂うグローリーは、私が現実世界ではなりたくてもなれないキャラクターなので、疑似体験できて光栄でした。(笑)おっこちゃんの頑張りに胸が熱くなること必至です!

設楽統(バナナマン)/宿泊客・神田幸水役
幸水はおっこが接客する初めてのお客さんという役どころで、おっこが若おかみとして成長して行くキッカケともなるシーンだと思うので、そこに注目して頂きたいです。

高坂希太郎監督 コメント
春の屋に宿泊する個性豊かな客人たちとのエピソードは、ひとつひとつおっこが成長して行くとても重要な役割を担っています。今回、理想通りにバラエティーに富んだ声優陣が揃い、それぞれ印象に残るキャラクターを作り上げていただきました。また、この映画で重要な役どころのおっこの亡くなった両親を演じて頂いた薬丸さん鈴木さんの存在感が、おっこの伸び伸びと前向きでがんばり屋さんな性格を育んだ担保となり、温かい回想シーンへと上手く繋がったのではないかと思います。

映画情報どっとこむ ralph 若おかみは小学生!

アニメ公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/movie/
アニメ公式Twitter:
@anime_wakaokami

小学6年生のおっこは交通事故で両親を亡くし、おばあちゃんが経営する旅館<春の屋>に引き取られることに。旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼(すずき)、ライバル旅館の跡取り・真月(まつき)らと知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の若おかみ修業を始めることに!慣れない修業に、毎日失敗の連続。落ち込むおっこだったけど、不思議な仲間に助けられ、いろんなお客様と触れ合い、もてなしながら、少しずつ成長していく。

***********************************

原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎
脚本:吉田玲子
音楽:鈴木慶一 他
キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一、遠藤璃菜、小桜エツコ、一龍斎春水 、一龍斎貞友、てらそままさき、小松未可子、花澤香菜、田中誠人 他
製作:若おかみは小学生!製作委員会 
アニメーション制作:DLE、マッドハウス 
配給:ギャガ
©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
  


『ライアの祈り』青森県先行舞台挨拶&ヒット祈願!!


ベストセラー作家・森沢明夫の同名小説を映画化

ライアの祈り

が6月13日(土)からの全国公開に先駆け、本日5月30日(土)本作でロケ地の青森県先行公開を迎えました。

そして、蕪嶋神社(八戸市)にて出演者や製作関係者がヒット祈願を行いました。

「ライアの祈り」青森先行公開初日舞台挨拶前蕪嶋神社
そのあと、フォーラム八戸にて青森先行公開初日舞台挨拶を実施。登壇者には映画出演者の主人公桃子の母親役の藤田弓子さん、主人公桃子がイメージする縄文時代に生きたライア役の水嶋仁美さん、他、黒川浩行監督、原作者の森沢明夫さん、製作総指揮の川阪実由貴さんほか、映画にも出演の地元のタレントでもあり、八戸市議会議員になって話題となった百香(本名:久保百恵)さんらが初日舞台挨拶をより盛り上げました。

5月30日(土)蕪嶋神社ヒット祈願・青森先行公開フォーラム八戸初日舞台挨拶  概要
日程:5月30日(土)ヒット祈願、フォーラム八戸にて初日舞台挨拶
場所:蕪嶋神社(八戸)・フォーラム八戸(青森県八戸市十三日町16番地 チーノ八戸5F)
舞台挨拶登壇者:藤田弓子、水嶋仁美、百香、黒川浩行監督、森沢明夫(原作)中島みか、あどばるーん

川阪実由貴(製作総指揮)、小林眞(八戸市市長)、大黒裕明(支援実行委員会会長)

地元映画館のフォーラム八戸は満員。
場内の満員のお客様に本作への思いをのべた藤田弓子さんは「美しい日本の景色、そして日本人ということがちゃんと出ている映画です」と八戸の魅力をアピール。

また、元グラビアアイドルから八戸市議会議員になって話題となった百香さんは「八戸市民として一人でも多くの方に見ていただけるようPRしていきたいです」と意気込んでいました。

地元の歌手・中島みかさんは「ライアの祈り」をイメージした応援ソングを披露し、縄文時代をイメージしたという三味線や和太鼓などの音楽に自らが作詞した歌をのせ観客を魅了しました。

フォーラム八戸では、「触ると幸せが訪れる」という、100㎏の合掌土偶のレプリカが展示されました。この「触ると幸せが訪れる」という100㎏の合掌土偶(レプリカ)は6月13日(土)の有楽町スバル座にて行われる全国公開の初日舞台挨拶にも青森八戸から日帰りになるが応援に掛け付ける予定だそうです。

藤田弓子さんのコメント
「一万年も続いた縄文時代があって私達は今、一番新しいところにいるんだなという思いと、親子・兄弟とか人と人とがちゃんと目を見て話すことで大切な人とのつながりで私たちは生きているのだなと感じられる映画だと思っております」

百香さんのコメント
「生まれ育った街で映画が撮影されると聞いて、ワクワクドキドキしながらオーディションに向かった日のことを鮮明に覚えています。大好きな八戸の魅力が詰まったこの作品をPRしてきたいです」

水嶋仁美さんのコメント
「撮影以来二度目の八戸でとてもワクワクしてきました。この映画を見て、人とのつながりっていいな、と感じていただけたらと思います」

あどばるーんさんのコメント
「撮影時に監督にネタをやってと言われたシーンかカットされていて非常に残念でした」

黒川浩行監督のコメント
「今だけじゃなく、五年後・十年後・二十年後と次の世代の人まで受け継がれる八戸の映画にしたと思って制作しました」

原作者:森沢明夫さんのコメント
「縄文時代をどう表現するか不安でしたが、三回みて三回とも泣いてしまうような素晴らしい感動的な作品になってると思います」

物語・・・

桃子(鈴木杏樹)は、明るく姉御肌のアラフォー女性。

メガネ販売店の八戸店で店長を務め、後輩の桜(武田梨奈)達から頼られ慕われる存在だが、心の奥の深い傷を抱え人生を前に進ませる勇気が持てずにいた。そんなある日、遺跡発掘一筋の考古学研究員クマゴロウこと佐久間五朗(宇梶剛士)と出会う。

彼と出会った瞬間に不思議な感覚を覚えた桃子は縄文時代に興味を抱いていくうちに、無骨で不器用だがまっすぐなクマゴロウに心引かれていくのだが……。

ライアの祈り
映画『ライアの祈り

は5月30日(土)より青森県先行ロードショー、6月13日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショーです。

公式HP:http://raianoinori.com/


********************************************************************

製作総指揮:川阪実由貴 
監督:黒川浩行  
脚本:寺田敏雄  
原作:森沢明夫「ライアの祈り」(小学館文庫)

出演:鈴木杏樹、宇梶剛士、武田梨奈、宅間孝行、水嶋仁美、村田雄浩、中本賢、秋野太作、藤田弓子

主題歌「Beloved」 WEAVER(A-Sketch)   
企画・製作:エム・ケイ・ツー
制作プロダクション:TOブックス  
配給:アイエス・フィールド   
2015年/日本/カラー/5.1ch/DCP/ビスタサイズ/119分/G
 ©2015「ライアの祈り」製作委員会 ©森沢明夫/小学館