「鈴木大介」タグアーカイブ

『ラ・チャナ』フラメンコショーやトークイベントの開催が決定


映画情報どっとこむ ralph 世界中の人々を虜にした伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生を描くドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』が、2018年7月21日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開となります。

公開を記念し、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷にて情熱のフラメンコショーやトークイベントの開催が決定しました。


情熱のフラメンコショー
日本フラメンコ界において実力トップのカンタオーラ今枝友加さんをはじめ、パルマの三枝 雄輔さん、ギタリストの長谷川暖さんによる情熱のライブショー開催!

【日時】 7月21日(土)午前の回上映終了後 ※時間決まり次第お知らせいたします
【会場】ヒューマントラストシネマ有楽町(東京都千代田区有楽町2丁目7−1 有楽町イトシア・イトシアプラザ)
【ライブ】今枝友加(カンテ)、三枝 雄輔(パルマ)、長谷川暖(ギター)

<ゲストプロフィール>

今枝友加(いまえだ・ゆか)/カンテ
多摩美術大学でフラメンコに出会い、大学時代はバイレを山室弘美に師事、カンテはマノロ・カラコール、フェルナンダ・デ・ウトレーラ、そしてヘレスのアルティスタ達の録音を中心に独学。スペインへの渡西を繰り返すようになってからは多くのスペイン人アルティスタにカンテ、バイレを学ぶ。03年日本フラメンコ協会新人公演「カンテ部門」、翌年「バイレソロ部門」で2年連続奨励賞受賞。’12年フラメンコの聖地ヘレスへ家族と移住。14に帰国しソロアルバム「Vamos」を発売、翌年CD発売記念公演を開催。’18には第125回フェスティバル・デ・ヘレス公式プログラム「FLAMENCONAUTAS」に歌い手として招聘されるなど、国内外に活動の幅を広げている。現在東京、名古屋でクラスを開催し後進の指導の傍ら、国内外各地のライブ、公演にも多数出演。

三枝 雄輔(さえぐさ・ゆうすけ)/パルマ
1980年4月12日東京生まれ。12歳からスペイン・バレンシアに住む。
21歳の時、ベニート・ガルシアの踊りに感動しフラメンコをはじめる。セビージャにて、ファルキートに感激し、トロンボに真髄を教わる。
バイラオール(踊り手)としてだけではなく、リズムを手拍子で作り出すパルメーロとしても活躍中。日本人離れした感性で国内外の様々なアーティストから高い評価を得ている。

長谷川暖(はせがわ・だん)/ギター
7歳の時フラメンコギターに出会う。15歳で六本木のタブラオでデビューし18歳の時に3年間スペイン留学する。カルロス・エレディア、ミゲルアンへル・コルテス他数多くのアーティストに師事し本場のテクニックを得る。日本全国のタブラオ、公演、TVにも出演、Rockamencoというバンドの一員でもあり、教則DVD「大人の楽器生活、フラメンコギターの嗜み」をリリースしている。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラ・チャナ』×カニサレス来日記念イベント

「フラメンコの伝統と革新」
フラメンコの伝統を受け継ぎながらも、革新的なステップで世界を虜にした伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナ。そして、今年9月に来日公演を行う、フラメンコの新たな可能性を追求する現代フラメンコ・ギターの最高峰カニサレス、それぞれのフラメンコを探求し続けるふたりを中心にしたトリヴィアをいろいろ語って貰います!

【日時】 7月23日(月)夜の回上映終了後
【会場】アップリンク渋谷(東京都渋谷区宇田川町37−18 トツネビル)
【ゲスト】鈴木大介(ギタリスト)、坂倉まきこ(フラメンコ・ジャーナリスト)

<ゲストプロフィール>

鈴木大介(すずき・だいすけ)/ギタリスト
作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。
マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。
斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作はいずれも高い評価を受け、2005年度芸術祭優秀賞(レコード部門)を受賞。ピアソラ没後20年となる2012年に、世界でも例を見ない多重録音による「タンゴ組曲」を収録した「アディオス・ノニーノ~アストル・ピアソラ作品集」をリリース。最新CDは、ベルウッドレコードより「森に夢見る~大聖堂~バリオス練習曲集」を2017年7月12日にリリース。
第10回出光音楽賞、平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。

坂倉まきこ(さかくら・まきこ)/フラメンコ・ジャーナリスト
1994年から10年間ラテンアメリカで過ごす。そこでフラメンコと出会い、本場スペインに通い始める。数多くのアーティストの舞踊クラスに参加する一方、カンテ、ギター公演も見逃すことなく各地で鑑賞。日本へ帰国後、スペインでの経験を活かし、コーディネーターとしてスペイン人アーティスト招聘企画やフラメンコ通訳、翻訳、執筆などに携わる。現在も日本〜スペインの往復を続けながら、フラメンコの広報活動に従事。主な仕事にアルカンヘル来日公演の企画制作、NHK「黒木メイサ スペイン フラメンコ 魂の踊りと出会う旅」コ―ディネイタ―、DVD「アントニオ・ガデスその人生と舞踊の倫理」字幕作成等。スペインのフラメンコ誌Guia FLAMA 日本担当(www.guiaflama.com)、2012年ビエナル・デ・セビージャ:ヒラルディージョ賞審査員。


映画情報どっとこむ ralph 映画『ラ・チャナ


公式HP:
http://www.uplink.co.jp/lachana

Twitter:
@lachana_jpn


笑い、吠え、踊り、生きる!

結婚、出産、キャリアの頂点での引退、どん底からの復帰と、迫りくる老い——現在71歳 、伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生と情熱の源に迫る。

若くしてその才能を開花させたラ・チャナ(本名アントニア・サンティアゴ・アマドール)は、18歳で結婚・出産。夫がマネージャーとなりフラメンコダンサーの活動をつづけた。ダリを魅了し、映画『無責任恋愛作戦』で共演したピーター・セラーズにハリウッドに招かれるも、封建的なヒターノ(ジプシー)社会で女性が自らの意見を言うことは許されず、彼女がハリウッドに進出することはなかった。その後も彼女の人気は衰えることを知らず、テレビ出演や世界ツアーなど、全てのアーテストが目指す頂点にいたラ・チャナだったが、ある日突然、表舞台から姿を消した。

本作では、彼女をとりまく状況を丁寧に解き明かしていく。結婚、出産、キャリアの頂点での引退、男性社会で女性が活躍することの難しさ、家庭内暴力、そしてどん底からの復帰と、人生を共に歩む運命の相手との出会い、迫りくる老い――ラ・チャナの人生は困難に満ちたものだったかもしれない。しかし、絶望すら受け入れ前に進む強さを彼女は教えてくれる。画面からあふれださんばかりのパワフルな踊りとチャーミングな人柄、そして生み出す言葉の一つ一つが私たちを魅了する。



世界中の映画祭で観客賞を受賞!!

アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ブダペスト国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ガウディ賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
フェロス賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
ドック・オブ・ザ・ベイ映画祭 観客賞&SADE賞受賞
レ・ボーチ・デル・インチエスタ 観客賞受賞
ヨーロッパ映画賞 ドキュメンタリー部門ノミネート
カナディアン・ドキュメンタリー国際映画祭 観客賞ノミネート


***********************************


監督:ルツィア・ストイェヴィッチ
出演:ラ・チャナ、アントニオ・カナーレス、カリメ・アマヤ、ほか
(2016年/スペイン、アイスランド、アメリカ/86分/カラー、モノクロ/16:9)

提供・配給・宣伝:アップリンク
提供・宣伝:ピカフィルム
©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions


平野啓一郎x鈴木大介パコ・デ・ルシアを語った!


映画情報どっとこむ ralph 神々しいまでの天才!パコ・デ・ルシアの<艶のある音色>は多くの女性たちを魅了し続けています。
そんな、フラメンコに革命を起こし、その超絶的な速弾きと類まれなるテクニックのギタリスト、パコ・デ・ルシアのドキュメンタリーです。

そして、現在Bnkamuraル・シネマ他で全国ロードショー中の『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』。
その大ヒットを記念し、パコ・デ・ルシアを愛する平野啓一郎さん(芥川賞作家)×鈴木大介さん(ギタリスト)によるスペシャルトークが行われました。

パコ平野啓一郎×鈴木大介
平野先生の「マチネの終わりに」では天才ギタリストの、苦しく切ない大人の恋愛を描き、パコ・デ・ルシアの名前がさりげなく登場します。平野さんは、もともとパコの大ファン。その世界の魅力を、いまもっとも注目のギタリスト鈴木大介さんとともに語りつくしました。

日時:8月1日(月)
場所:渋谷Bunkamuraル・シネマ
登壇:平野啓一郎(芥川賞作家)、鈴木大介(ギタリスト)

映画情報どっとこむ ralph
鈴木さん:「マチネの終わりに」ベストセラーおめでとうございます。

平野先生:ありがとうございます。

鈴木さん:ギタリストが主人公なので、最初、ぼくの師匠(福田進一さん)に取材に来られ、そのあと、ぼくも取材されましたね。小説を読むと、ここは師匠、ここは僕かな?と・・よくギタリストをお調べになりましたね、その精度にびっくりし、怖くなりました。

平野先生:ギター歴は、小学生のときにエレキギターを買い、ロック少年でした。80年代はギターが流行ってました。最初はマクラフリンから入り、それからスーパーギタートリオへ。パコは別格にすごすぎて、未来永劫。違う世
界でした。フラメンコギターはよく知りませんでしたが、目覚めました、すごい世界です。パコの来日公演は3回行きました、感動しました。

鈴木さん:ぼくはスーパーギタートリオのまねをしたりしてました。1998年パコが来日した時に会いました。カニサレスのツインギターに緊張しました。

と、両名ともパコファンがにじみ出る語り。

映画情報どっとこむ ralph 平野先生:クラシック・ギタリストにとってパコとは?

鈴木さん:クラシックの曲は譜面をそのとおりに、毎日練習します。日によって変わることはない。フラメンコギターはそのときの気持ちによって、瞬発力、別種のギターのうまさが要求される。憧れます。

平野先生:クラシック・ギタリストは、音色にこだわりありますが、フラメンコギター、パコはタッチ?

鈴木さん:パコのギターはしびれるギター。羨ましい。とくにフラメンコギターは派手な見せ場がたくさんあありますね。

平野先生:パコは、ものすごいカリスマがある。神々しい、震えるような。

鈴木さん:パコは背負っているものがすごい。ギターの神様と交信している。チャンネルあるかのように舞台でやっていた。前人未到の場所にいる。

平野先生:パコはある時期、フュージョンを教えてもらいに行ったりしていた。その探求心、偉いです。ジャズ、アドリブのシステムを吸収して、鍛えたんですね。

鈴木さん:パコは40代、アルバム「シロッコ」で、それまでのフラメンコギターに新しい風を入れるため一人スタジオに入り表現にとりくんでます。

平野先生:キレッキレ、説得力あるアルバムですね。

鈴木さん:アルバム「ルシア」は、50歳で、「年を取ると指が動かない」といいながら「失うものがあると得るものある」と新しいものに入っていく。ルービンシュタイン、カザルスの領域の音がしている。チューニングからしびれました。彼ほど、神様と思える人はいないです。

映画情報どっとこむ ralph
クラシック通の平野先生にとってのパコは?

平野先生:野趣ある。洗練されていて土臭く。音階が多少上がろうと、関係ない音楽の力強さ。はみ出し、高揚感がある。超絶技巧は冷たい人もいるが、パコは、超絶技巧と情熱がやどる、絶妙なブレンド。高揚感とエモーショナルな旋律。

鈴木さん:旋律!いいですね。

平野先生:「二筋の川」も鼻歌できるくらいキャッチーですね。見た目も白いシャツで清潔感あり、シンプルでかっこいい。

鈴木さん:聖職者のよう。白と黒。最後に、パコはかっこいいギター、これです。

平野先生:パコは、創造することの素晴らしさを鼓舞してくれる。煽られます。創作に行き詰ったとき、パコの音楽を聴いて、弱音をはいてちゃいけない、と刺激を受けます。

熱い、パコを映像で。音楽の創造神をその目で!

パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト

Bunkamuraル・シネマ他、大ヒット全国ロードショー中!

原題:PACO DE LUCIA A JOURNEY
公式HP:pacodelucia.jp

***********************************

『パコ・デ・ルシア-灼熱のギタリスト』チラシ 監督:クーロ・サンチェス 
出演:パコ・デ・ルシア、チック・コリア、カルロス・サンタナ、ジョン・マクラフリン

2014年 / スペイン映画 / 90分 / ビスタ / カラー&モノクロ / DCP / 5.1chサラウンド
日本語字幕:原田りえ
配給:RESPECT(レスぺ)/ 宣伝協力:Lem
後援:スペイン大使館 / セルバンテス文館センター東京
一般社団法人 日本フラメンコ協会
公益財団法人 日本スペイン協会 
© Ziggurat Films