「鈴木卓爾」タグアーカイブ

鈴木卓爾監督『活弁シネマ倶楽部』で『嵐電』への思い語った!


映画情報どっとこむ ralph “映画を語る”WEB 番組「活弁シネマ倶楽部」の最新作が本日 20:00 から配信。映画『嵐電』の監督・鈴木卓爾が出演。

『活弁シネマ倶楽部』『嵐電』鈴木卓爾監督
『嵐電』は京都市の西に位置する四条大宮、嵐山、北野白梅町を結ぶ「京福電気鉄道嵐山線(通称:嵐電) 」をキーワードに展開される恋愛群像劇。嵐電が走る沿線には数々の名作を生んできた大映撮影所や現在も使用される東映京都撮影所など、日本映画の基盤をつくりあげてきた撮影所が点在している。本作では、そんな映画づくりとは切っても切り離せないスポットで繰り広げられる人間模様を繊細かつリアルに描いている。
鈴木監督は本作のテーマである嵐電について「(京福電鉄に)勝手に撮らせて下さいと言いに行った。タイアップや出資の申し出でもなく、“ただ嵐電が撮りたい”という想いだった。」と監督としての純粋な想いを語っている。また、現在も運行している電車での撮影ということで「NG だと次は(電車が来るまで)50 分待たないといけない。それに合わせて、まるで電車と一緒に芝居しているように振る舞っていた。 」と撮影の裏側を明かす場面も。

動画内では、鈴木監督が『嵐電』での新しい挑戦についても語っている。鈴木監督は「『ジョギング渡り鳥』や『ゾンからのメッセージ』では普通の映画の撮り方はしないし、したくないし、もう嫌だ。コントロールされて映画がつくられていく状況を見ていられないし、やりたくもないと思っていた。 」と過去作を振り返り、加えて、 「 『嵐電』は、もう一度、日本映画の撮り方の中で、自分自身を再生させようという気持ちもすごく強くあって、学生とプロの俳優がお互いの持っているものを持ち寄って、何が生まれるかを見てみたかった。 」と、胸の内を吐露している。
トークはさらに進み、京都造形芸術大学映画学科准教授でもある鈴木監督の、チームでの映画づくりに対するこだわりも垣間見える。鈴木監督は「脚本というのはなにも書いていない。書いていない部分をどうやって捉えていくのか。その捉え方は実は脚本には書いていない。脚本と同じぐらい重要な作業が、現場にやってきたスタッフたちによって、全く透明な脚本がもう一冊渡されているようなもの。それが、世界観。企画の段階からその世界観は用意しておく。ストーリーと登場人物だけでは映画をつくることはできない。」とチームでの映画作りを強調する。

そして自身の脚本執筆については「脚本に名前を載っけるのは『ゲゲゲの女房』以来2回目なんです。だから、『ゲゲゲの女房』と『嵐電』を観てもらうとだいたい似ているんです。」 と言及している。

活弁シネマ倶楽部は今夜 20:00 より YouTube にて配信が開始される。



映画情報どっとこむ ralph 監督・脚本・プロデューサー:鈴木卓爾 プロフィール

1967 年、静岡県生まれ。京都造形芸術大学映画学科准教授。長編映画作品に『私は猫ストーカー』(09 年)、『ゲゲゲの女房』(10 年)、『ジョギング渡り鳥』(16 年)等がある。2018年、SF 映画『ゾンからのメッセージ』を全国で公開中。少し不思議な人間外世界を意識した世界観の中に、ささやかな人々のドラマを描き、フィクションの地平を拡張し続ける。俳優としても活躍し、『容疑者 X の献身』(08 年)、『セトウツミ』(16 年)、『あゝ荒野』(17年)など、多数の作品に出演している。

映画情報どっとこむ ralph 『嵐電』

http://www.randen-movie.com/


イントロダクション
京都を走る嵐電の中で、溝口健二監督に「映画に出ませんか?」とスカウトされ、『武蔵野夫人』(1951 年)や『新平家物語』(1955 年)に出演をした俳優・西田智を父に持つ、京都の嵐電界隈に住む映画製作者・西田宣善の発案からこの映画はスタートしました。例えばF・W・ムルナウの『サンライズ』(1927 年)、例えばアキ・カウリスマキの『浮き雲』(1996年)などのように、古今東西を問わず、市街電車の走る情景は非常に映画的な装置として、観客を魅了して来ました。西田は、撮影所のある街で起きるラブストーリーを、鈴木卓爾監督に依頼しました。

鈴木は 2016 年より京都造形芸術大学映画学科の准教授に就任、京都に住み込み街の空気を吸収し、『嵐電』のシナリオ開発を開始。学生と映画のプロフェッショナルとが一緒になって制作される映画学科の劇場公開映画制作プロジェクト「北白川派」で『嵐電』を制作する事になりました。

2018 年 2 月から 3 月、京都市、東映京都撮影所、嵐電の京福電気鉄道株式会社、嵐電界隈にお住まいの方々の協力を得て、撮影が行われました。

***********************************


2019 年/日本/114 分
監督:鈴木卓爾
音楽:あがた森魚
出演:井浦新、大西礼芳、安部聡子、金井浩人
製作:ミグラントバーズ、オムロ、京都造形芸術大学
制作協力:北白川派 特別協力:京福電気鉄道株式会社、東映京都撮影所、右京じかん
後援:京都市
配給・宣伝:ミグラントバーズ、マジックアワー
(c)Migrant Birds / OMURO / Kyoto University of Art and Design
     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

主演・井浦新ほか出演者&監督による『嵐電』(らんでん)舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph 3つの恋を演じる主要キャスト全員と監督が集結! テアトル新宿で初日&公開記念舞台挨拶を実施!

5月24日(金)より劇場公開する映画『嵐電』、テアトル新宿では、初日の24日(金) に鈴木卓爾監督によるトークイベント、翌 25 日(土)は主演の井浦新をはじめとした京都 を舞台に繰り広げる 3 組のカップルを演じた主要キャスト陣と監督による公開記念舞台挨拶を行います!
嵐電_ポスター
【5月25日詳細】
登壇メンバー(予定):
井浦新、大西礼芳、安部聡子、金井浩人、窪瀬環、石田健太、村井崇記、藤井愛稀、鈴木卓爾監督
【オンライン販売】
5/17(金)19:00pm~上映時間 20 分前まで販売
【劇場窓口販売】
5/18(土)劇場 OPEN 時から窓口販売 ※売り切れ次第受付終了

映画情報どっとこむ ralph 権威ある世界の映画祭に相次いで上映が決定! 第14回大阪アジアン映画祭のオープニング作品としてワールドプレミア上映され大きな話題を呼んだ『嵐電』。インターナショ ナルプレミア上映としては、1993 年よりはじまり国際映画製作者連盟(FIAPF)公認のアジア最大級規模の長編映画 祭として知られる、第22回上海国際映画祭(6/15~6/24まで開催)パノラマ部門での正式招待が決定しました。また、 日本映画を海外に紹介することを目的に米ニューヨークで 2007 年から毎年開催されている北米最大規模の日本映画祭 第 13 回 JAPAN CUTS(7/19~7/28 まで開催)からも招待をうけ、北米でのプレミア上映を果たします。

京都市街を走る路面電車、京福電鉄嵐山線(通称らんでん)を舞台に、交錯する三つ恋愛を幻想的に描く 鎌倉からやってきたノンフィクション作家の平岡衛星(井浦新)は、嵐電の走る線路のそばに部屋を借り、嵐電にまつわる不思議な話 を集める取材を開始する。そこには、衛星と彼の妻・斗麻子(安部聡子)が、かつて嵐電の街で経験した出来事を呼び覚ます目的が あった。修学旅行で青森からやって来た女子学生・北門南天(窪瀬環)は、嵐電の駅で、電車をスーパー8で撮影する地元の少年・ 子午線(石田健太)と出会い夢中になる。太秦撮影所の近くのカフェで働く小倉嘉子(大西礼芳)は、撮影所にランチを届けた折、 東京から来たそれほど有名ではない俳優・吉田譜雨(金井浩人)に京都弁の指導をすることになり、台詞の読み合わせを行うが―。 監督は映画『ゲゲゲの女房』『ゾンからのメッセージ』などを手掛け、俳優としても活躍する鈴木卓爾。第一線で活躍を続ける井浦新 (『ワンダフルライフ』 『止められるか、俺たちを』、7/6 公開『こはく』)を主演に迎えた、3 つの恋が織りなす心を揺さぶるラブストーリー。

2019年5月24日(金)テアトル新宿、京都シネマほか全国順次公開

***********************************

2019 年/日本/114 分
監督:鈴木卓爾
音楽:あがた森魚
出演:井浦新、大西礼芳、安部聡子、金井浩人
製作:ミグラントバーズ、オムロ、京都造形芸術大学
制作協力:北白川派 特別協力:京福電気鉄道株式会社、東映京都撮影所、右京じかん
後援:京都市
配給・宣伝:ミグラントバーズ、マジックアワー
(c)Migrant Birds / OMURO / Kyoto University of Art and Design
     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

井浦新主演映画『嵐電』劇場公開初日が決定!!ポスタービジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph 大阪アジアン映画祭オープニング上映作品として話題の井浦新主演映画『嵐電』劇場公開初日が5月24日(金)よりテアトル新宿、京都シネマほか全国順次で決定!同時にポスタービジュアルが完成しました!

京都市街を走る路面電車、京福電鉄嵐山線(通称らんでん)を舞台に、交錯する三つ恋愛を幻想的に描く

鎌倉からやってきたノンフィクション作家の平岡衛星(井浦新)は、嵐電の走る線路のそばに部屋を借り、嵐電にまつわる不思議な話を集める取材を開始する。そこには、衛星と彼の妻・斗麻子(安部聡子)が、かつて嵐電の街で経験した出来事を呼び覚ます目的があった。修学旅行で青森からやって来た女子学生・北門南天(窪瀬環)は、嵐電の駅で、電車をスーパー8で撮影する地元の少年・子午線(石田健太)と出会い夢中になる。

太秦撮影所の近くのカフェで働く小倉嘉子(大西礼芳)は、撮影所にランチを届けた折、東京から来たそれほど有名ではない俳優・吉田譜雨(金井浩人)に京都弁の指導をすることになり、台詞の読み合わせを行うが…。

監督は映画『ゲゲゲの女房』『ゾンからのメッセージ』などを手掛け、俳優としても活躍する鈴木卓爾。主演には第一線で活躍を続ける井浦新(『ワンダフルライフ』 『止められるか、俺たちを』、7月公開『こはく』)を迎え、心を揺さぶる恋愛映画に

『嵐電』

2019年5月24日(金)テアトル新宿、京都シネマほか全国順次公開

公式サイト:
www.randen-movie.com

***********************************

監督:鈴木卓爾
音楽:あがた森魚
出演:井浦新、大西礼芳、安部聡子、金井浩人
製作:ミグラントバーズ、オムロ、京都造形芸術大学/制作協力:北白川派
特別協力:京福電気鉄道株式会社、東映京都撮影所、右京じかん
後援:京都市
配給・宣伝:ミグラントバーズ、マジックアワー
2019年/日本/114分
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『セトウツミ』成田瑛基ら個性的キャラの場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph クスッと笑えてクセになる。瀬戸と内海の放課後無駄話。
シニカルな「会話」の面白さだけで読者を魅了する傑作コミックを映画化した『セトウツミ』が7月2日(土)より新宿ピカデリー他全国公開となります。
セトウツミ
そしてこの度、劇中に登場する強烈な印象を放つ個性豊かなキャラクターたち場面写真が解禁となりました! 演じているのは成田瑛基、岡山天音、宇野祥平、鈴木卓爾。

映画情報どっとこむ ralph 今回到着した画像は・・・・

内海と瀬戸が恐れる先輩でヤンキーの鳴山。陰では鳴山に対して強気な二人も遭遇すると委縮してしまう。派手な髪形でひと際目立つこの役を演じるのは成田瑛基。
ヤンキーの鳴山(成田瑛基)
執拗に内海につきまとうクラスメイトの堤。妙にサッカー部の内情に詳しく、内海に相手にされてないにも関わらずサッカー部のことをしゃべり続ける変わり者。堤を演じる岡山天音。
クラスメイトの堤(岡山天音)
河原の欄干でピエロの恰好をしてバルーンアートの練習をしている大道芸人バルーンさん。ピエロの恰好ながらバリバリの関西弁を話すギャップは見物!演じているのは宇野祥平。
バルーンさん(宇野祥平)
ある日、河原の欄干にくだびれた身なりのおじさんが佇む。直立不動のまま川のほうを見つめ続ける怪しさから離れたところで好き勝手に言う瀬戸と内海。そこへ、ある人物がおじさんのもとに近づいてくる。この怪しさ満点のおじさんを演じる鈴木卓爾。
くたびれたおじさん(鈴木卓爾)
映画情報どっとこむ ralph 「喋る」だけの青春。

『セトウツミ』

7月2日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式HP:www.setoutsumi.com
セトウツミ 第二弾ビジュアル
『セトウツミ』というタイトルは、主人公の瀬戸(せと)と内海(うつみ)の名前を組み合わせたもの。

クールな塾通いの内海役には池松壮亮。天然な元サッカー部の瀬戸役には菅田将暉。ヒロインの女子高生、樫村役には人気急上昇中の中条あやみと飛ぶ鳥を落とす勢いの人気・実力派若手キャストが集結!

監督は『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣。最高のキャスト・スタッフが全力で作り上げた“放課後無駄話”が話題沸騰中です!



***********************************

監督:大森立嗣 『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』 
原作:此元和津也 (秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)
出演:池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ
鈴木卓爾 成田瑛基 岡山天音 奥村 勲 笠 久美 牧口元美 / 宇野祥平
配給:ブロードメディア・スタジオ 
(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013 
(C)2016映画「セトウツミ」製作委員会

    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

池松壮亮x菅田将暉『セトウツミ』予告編&第二弾ビジュアル解禁!!


映画情報どっとこむ mari 池松壮亮x菅田将暉のシニカルな「会話」でつづった映画『セトウツミ』が7月2日(土)より新宿ピカデリー他全国公開となります。

そしてこの度、本編映像初披露となる第二弾ビジュアルと予告編が解禁となりました。

第二弾ビジュアル・・・
互いに背を合わせ、こちらを見ている第二弾ポスタービジュアルは気だるそうながらクールな雰囲気も。背景は原作の舞台であり、本作のロケ地でもある大阪府堺市の河原。キャッチコピーに“ケンカもしない。部活もしない。壁ドンもない。”が加わり、“喋る”だけの作品内容を主張しつつ、他には類を見ない新しい青春映画の確立を感じさせる仕上がりになっています!
セトウツミ 第二弾ビジュアル
映画情報どっとこむ mari 気になる予告編は・・・

クールなインテリメガネ〝内海″とちょっとおバカなツンツン頭〝瀬戸″が繰り広げる「喋る」だけの青春ムービー、初の本編映像を収録した予告編が到着しました!撮り下ろしショートムービー特報「けん玉」「タイミング」「スタンディングオベーション」を発表させていただくと、本作の世界観がSNS上でも大きな話題を呼び、「セトウツミ特報の2人話してるだけで最高」「セトウツミみたい もう特報だけで笑える。(笑)」「セトウツミ観たい‼絶対面白い‼予告でもはや面白い‼」と、ほぼ「会話」だけの映画とは思えぬほど注目が集まっております!秀逸な間、オフビートのボケとツッコミにクスッと笑えること間違いなしの映像にぴったりの音楽が合わさり、絶妙な雰囲気を作り上げています。学校のマドンナ樫村(中条あやみ)を含めた個性豊かなキャラクターが映像初登場。樫村と内海、瀬戸の三角関係を伺わせる映像にはなにやら小さな事件の予感。 一流のキャストとスタッフが作り上げた壮大な無駄話には笑いは勿論、青春のほろ苦さが何だか懐かしくもあり、しんみりと胸を打つ贅沢な作品となっています!二人が喋っているだけの映画がどうしてこんなに面白いのかとクセになること間違いなしの予告編です。



映画情報どっとこむ mari ちなみに!

『セトウツミ』というタイトルは、主人公の瀬戸(せと)と内海(うつみ)の名前を組み合わせたもの。

クールな塾通いの内海役には池松壮亮。天然な元サッカー部の瀬戸役には菅田将暉。ヒロインの女子高生、樫村役には人気急上昇中の中条あやみと飛ぶ鳥を落とす勢いの人気・実力派若手キャストが集結!

監督は『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣。最高のキャスト・スタッフが全力で作り上げた“放課後無駄話”が話題沸騰中です!

セトウツミ

待ち遠しい公開は7月2日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

公式サイト:www.setoutsumi.com

***********************************


監督:大森立嗣 『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』 
原作:此元和津也 (秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)
出演:池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ
鈴木卓爾 成田瑛基 岡山天音 奥村 勲 笠 久美 牧口元美 / 宇野祥平

配給:ブロードメディア・スタジオ  
(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013  
(C)2016映画「セトウツミ」製作委員会
セトウツミ ポスター監督:大森立嗣
『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』 

原作:此元和津也
(秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)

出演:池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ

鈴木卓爾 成田瑛基 岡山天音 奥村 勲 笠 久美 牧口元美 / 宇野祥平

配給:ブロードメディア・スタジオ  

(C)此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013  
(C)2016映画「セトウツミ」製作委員会


   
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ