「鈴木おさむ」タグアーカイブ

吉田羊が遺伝子レベルで恋するのは?『ラブ×ドック』特報映像&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』などの脚本も手掛ける鈴木おさむによる、初監督デビュー作にして完全オリジナル作品『ラブ×ドック』が5月11日(金)より全国公開となります。

映画・ドラマ・CM・舞台で引っ張りだこの女優・吉田羊が映画では初の単独主演を果たした本作は、遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック【ラブドック】を舞台に、«仕事は完璧、だけど恋愛は失敗続き≫な愛すべき女性・剛田飛鳥が恋に仕事に友情に奮闘する姿を描いた、“大人が楽しめる”かつてない新感覚ラブコメディ。

この度、本作の特報映像とポスタービジュアルが解禁となりました!



映像では、出会い多き飛鳥が同じスイーツ店で働くひと回り以上年下の花田星矢(野村周平)からキスを迫られる瞬間や、スイーツ店のオーナー淡井淳治(吉田鋼太郎)との秘密の不倫デート、飛鳥の友人が通う整体ジムのトレーナー野村俊介(玉木宏)からじっと見つめられ後ろから腕を回される場面など、鼓動が高鳴るキラーショットのオンパレード!

映画情報どっとこむ ralph ポスタービジュアルでは、星矢の肩に寄り添う姿に加え、淡井や野村とも、“あわやキス寸前”と思わせる飛鳥を捉えたショットが一挙公開!

“ピュアすぎる危険な年下のカレ”、“肉食オレ様な同世代のカレ”、“強引でズルい大人のカレ”…、
果たして飛鳥が遺伝子レベルで恋する「運命の相手」とは…!?

映画情報どっとこむ ralph
『ラブ×ドック』ミュージックディレクション&主題歌:加藤ミリヤ
さらに、本作のミュージックディレクション&主題歌には、恋多き女性から圧倒的な支持を集める加藤ミリヤが決定!

女性のホンネが詰まってる!?
鈴木おさむ監督が描く、笑って泣けて恋したくなる“大人のため”のラブコメ


ラブ×ドック

は5月11日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー!

公式サイト:
lovedoc.asmik-ace.co.jp
公式Twitter:
@lovedocmovie




物語・・・
とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの?果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか?いくつになっても恋をしたい!毎日を楽しみたい!でも理想と現実がかみ合わない・・・。
そんな女性たちに贈る、遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブコメディ!

玉木宏からバックハグ!?
野村周平から迫られキス!?
成田凌から舌打ち!?
吉田鋼太郎から“あ~ん”!?

あなたならどのタイプが?

***********************************

脚本・監督:鈴木おさむ
出演:吉田 羊 野村周平 大久保佳代子 篠原 篤 唐田えりか 成田 凌/広末涼子 吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏

アートディレクション:飯田かずな(『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』)
ミュージックディレクション&主題歌:加藤ミリヤ

企画・プロデューサー:山田雅子(『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』)
製作:『ラブ×ドック』製作委員会
企画・制作・配給:アスミック・エース
(C)2018 『ラブ×ドック』製作委員会


吉田羊、映画単独初主演作『ラブ×ドック』5月11日公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』などの脚本も手掛ける鈴木おさむによる、初監督デビュー作にして完全オリジナル作品『ラブ×ドック』。

映画・ドラマ・CM・舞台で引っ張りだこの女優・吉田羊が、映画では初の単独主演を果たした本作は、遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック【ラブ×ドック】を舞台に、«仕事は完璧、だけど恋愛は失敗続き≫な愛すべき女性・剛田飛鳥が恋に仕事に友情に奮闘する姿を描いた、“大人が楽しめる”かつてない新感覚ラブ・コメディ。

この度、本作の公開日が、2018年5月11日より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショーに決定いたしました!

待望のラブストーリー挑戦に意気込む吉田羊に加え、野村周平、篠原篤、吉田鋼太郎、玉木宏と、吉田扮する飛鳥を取り巻く、<運命の相手候補>も超豪華!

さらに、広末涼子、大久保佳代子、成田凌、唐田えりか、川畑要(CHEMISTRY)、音尾琢真ら鈴木おさむ監督の元に集った、各界で活躍する異色キャスト陣の夢の共演。

個性的なキャラクターに彩られた飛鳥の≪運命の恋≫の行方は・・・

『ラブ×ドック』

5月11日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

***********************************

脚本・監督:鈴木おさむ
出演:吉田 羊 野村周平 大久保佳代子 篠原 篤 唐田えりか 成田 凌/広末涼子 吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏
企画・プロデューサー:山田雅子(『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』)
ビジュアルディレクター:飯田かずな(『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』)
製作:『ラブ×ドック』製作委員会 制作プロダクション:アスミック・エース
配給:アスミック・エース
(C)2017 『ラブ×ドック』製作委員会


遺伝子レベルで恋愛操作 吉田羊主演『ラブ×ドック』広末涼子、大久保佳代子、成田凌ら追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』などの脚本も手掛ける鈴木おさむによる、初監督デビュー作にして完全オリジナル作品『ラブ×ドック』が2018年より全国公開となります。映画・ドラマ・CM・舞台で引っ張りだこの女優・吉田羊さんが、映画では初の単独主演を果たした本作は、遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック【ラブ×ドック】を舞台に、«仕事は完璧、だけど恋愛は失敗続き≫な愛すべき女性・剛田飛鳥が恋に仕事に友情に奮闘する姿を描いた、“大人が楽しめる”かつてない新感覚ラブ・コメディ。

吉田羊さん:エンタメ界の中枢を担う鈴木おさむ監督が料理する吉田羊が我ながら非常に楽しみです。

と待望のラブストーリー挑戦に意気込む吉田羊さんに加え、野村周平さん、篠原篤さん、吉田鋼太郎さん、玉木宏さんと、吉田扮する飛鳥を取り巻く、<運命の相手候補>も超豪華!

20代、30代、50代とそれぞれの色気を放つ男性たちと飛鳥が繰り広げる恋模様に早くも注目が集まる本作。

映画情報どっとこむ ralph この度、そんな物語の世界観により一層の深みを加える異色キャストを追加発表がありました!

恋愛では失敗続きの飛鳥が偶然見つけた遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック【ラブ×ドック】の院長・冬木玲子役には、広末涼子さん。謎めいた雰囲気を醸す魅惑の女医として、飛鳥の恋愛体質にメスを入れます。

広末涼子さんコメント
羊さんが主演で鈴木おさむさんが監督・脚本。このタッグで面白くないわけがない!
私もかなり個性的で強烈なキャラクターを演じさせていただき、ブルゾンちゃんを意識してのお芝居。
かなり楽しませていただきました。乞うご期待ください!


飛鳥の親友であり、未婚のシングルマザー・人気グルメブロガーの細谷千種役には、大久保佳代子さん。恋に仕事に悩みの尽きない飛鳥の一番の相談役として、リアルなアラフォー女子を熱演。

大久保佳代子さんコメント
現場は、監督のおかげで、だいぶバラエティーな雰囲気でやりやすかったです。そんな中、最高に幸せな役をやらせてもらいました。「ありえない」「無理がありすぎる」「ゴリラみたい」等の感想は一切受け付けませんので。


【ラブ×ドック】の院長・冬木の元で働く、桜木美木役には、成田凌さん。次世代カメレオン俳優と呼び声高い成田扮する桜木は、怪しげな雰囲気で圧倒的存在感を見せ、冬木と共に飛鳥の恋を翻弄する。

成田凌さんコメント
無知の強さは、恐ろしくこれもまた素晴らしい事なのだと考えさせられます。
一歩目がとても重い、怖い、そんな一歩を踏み出した人の手助けをするのがラブドックです。
少々胡散臭い役ではありますが、みなさまのお腹を少しくすぐるような面白い人間を生み出せたかなと僕は思っています。
ラブドッグ、是非劇場でご覧ください。


さらに、飛鳥が経営する巣鴨にあるスイーツショップ「trad」で働く、上田美咲役には、女優としても一気に注目を浴びている唐田えりかさん。飛鳥と野村(玉木宏)が訪れる卓球BARの店長役には、川畑要(CHEMISTRY)さん。飛鳥が過去働いていた淡井(吉田鋼太郎)の経営する人気スイーツショップ「シンフォニスト」のパティシエ・大木役には、音尾琢真さん。

映画情報どっとこむ ralph 鈴木おさむ監督の元に集った、個性的なキャラクター達の元、飛鳥の≪運命の恋≫の行方は!?

『ラブ×ドック』

2018年 全国ロードショー!!

公式サイト:
lovedoc.asmik-ace.co.jp

公式Twitter:
@lovedocmovie

物語・・・
とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの?果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか?いくつになっても恋をしたい!人生を楽しみたい!でも理想と現実がかみ合わない・・・。
そんな女性たちに贈る、遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブコメディ!

***********************************

脚本・監督:鈴木おさむ
出演:吉田 羊 野村周平 大久保佳代子 篠原 篤 唐田えりか 成田 凌/広末涼子 吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏
企画・プロデューサー:山田雅子(『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』) 
ビジュアルディレクター:飯田かずな(『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』)
製作:『ラブ×ドック』製作委員会 制作プロダクション:アスミック・エース 配給:アスミック・エース
(C)2017 『ラブ×ドック』製作委員会


鈴木おさむ初監督映画『ラブ×ドック』主演は吉田羊!!


映画情報どっとこむ ralph 思い切り笑って、ドキドキして、チクッとくる。

待望の“大人が観たいラブムービー”、誕生!映画『ラブ×ドック』。

本作は、放送作家で『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』など映画の脚本でも活躍する鈴木おさむさん(以下:鈴木監督)の手による完全オリジナル作品であり、遂に映画監督デビューを果たします。

鈴木監督のコメントです!
今、日本の映画では、10代20代が楽しめる恋愛映画は溢れていますが、30代、40代までが楽しめる恋愛映画がない気がします。
なので、この映画が、意外にありそうでなさそうな、大人も楽しめるラブムービーになったらいいなと思っています。吉田羊演じる主人公が、35~41歳の間に、不倫、友人の好きな人と恋する、年下の恋、そんな3つの恋を経験して、失うもの、そして失ったあとに得る物ってなんなのか?共感したり、腹が立ったり、クスっときたり、時にはキュンと来たり・・・

色んな気持ちになれるラブムービー。それが『ラブ×ドック』。

吉田羊曰く「ドキドキしながら、チクチクする」。これは、ドキチクッラブムービーなんです。

映画情報どっとこむ ralph そしてキャストですが・・・・

主演のパティシエ・郷田飛鳥を演じるのは、吉田羊。
映画では初の単独主演、待望のラブストーリーとなる本作では、出会い多き女でありながらいつもうまくいかず、恋に仕事に悩みが尽きない等身大の女性像を演じる。「鈴木おさむ監督が料理する吉田羊が我ながら非常に楽しみです」と期待を寄せながら、「不器用な《飛鳥》の、恋のドキドキ、チクチクを精一杯お届け出来るよう頑張ります」と並々ならぬ意気込みを見せている。

そんな飛鳥の運命の相手候補となる男性キャストも超豪華。

飛鳥のスイーツ店で働くひと回り以上年下のパティシエ・花田聖矢に野村周平。

飛鳥のスイーツ店の見習いパティシエに、『恋人たち』(15・橋口亮輔監督)で主演に抜擢された注目の若手俳優、篠原篤。

さらに、飛鳥と不倫するスイーツ店のオーナー淡井淳治に、自ら吉田羊ファンであることを公言している吉田鋼太郎。

また、飛鳥の友人が通う整体ジムのトレーナー野村俊介に玉木宏。

20代、30代、50代と様々な年齢の様々な魅力を持つ男性たちと飛鳥が繰り広げる恋もように、目が離せない!

映画情報どっとこむ ralph キャストの皆さんからコメントが届いています!

吉田羊(郷田飛鳥)さんからのコメント
吉田エンタメ界の中枢を担う鈴木おさむ監督が料理する吉田羊が我ながら非常に楽しみです。それぞれ違う色気を持つ俳優の皆様とのセッションも含め、不器用な《飛鳥》の、恋のドキドキ、チクチクを精一杯お届け出来るよう頑張ります。

野村周平(花田聖矢)さんからのコメント
今回、鈴木おさむさんの初監督作品に出演させていただくことができて大変光栄です。吉田羊さんとも何度か共演させていただいているのですが、久々の共演なのですごく嬉しいです。
現場で吉田羊さんに本当に胸キュンしてもらえるように、そして沢山の先輩方にも負けないように頑張ります。

篠原篤(権田健一)さんからのコメント
脚本を読んで演じさせて頂く役について考えなきゃいけないのに、好きなシーンを思い出して笑いっぱなしでいます。おさむさんの世界に素敵な俳優の皆様とご一緒させて頂ける喜びと共に「こんな面白い世界に俺大丈夫か?」という一抹の不安もありますが、演じさせて頂く役柄のように猪突猛進ぎみに精一杯努めさせて頂きます。

吉田鋼太郎(淡井淳治)さんからのコメント
今回演じさせて頂きますのは、有名店を経営するオーナーパティシエ。吉田羊さん演じる飛鳥に魅せるロマンチックな「偽」と、その裏にある格好悪い「真」とのギャップを楽しんで頂けたらと思います。鈴木おさむさん初監督作品との事ですので、どのような作品になっていくのか今から非常に楽しみです。

玉木宏(野村俊介)さんからのコメント
鈴木おさむさん脚本監督、キャスト、僕の衣装も、軽やかでカラフルな作品になる事は間違いないですね。整体ジムトレーナーという役柄ですから、身体のコンディションを調えて、鈴木組でのセッションを楽しみたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ラブ×ドック』ストーリー

2018年 全国ロードショー!!

郷田飛鳥、40歳。スイーツショップ「trad」を経営する飛鳥が一緒に働いているのは、飛鳥よりひとまわり以上年下のパティシエ聖矢と、脱サラしてパティシエを目指している不器用な権田。聖矢からの突然の告白で、飛鳥の胸につらい恋の思い出がよみがえる。
36歳。飛鳥が独立する前に勤めていたスイーツショップのオーナー淡井から言い寄られ、ドツボ不倫にハマったこと。38歳。成り行きで友人が思いを寄せる整体ジムのトレーナーとデキてしまったこと。
恋も、仕事も、結婚も・・計算通りの人生のはずが、35歳を過ぎてから徐々に計算が狂い始める。困った飛鳥は、「遺伝子検査をすれば恋にまつわることがすべてわかる」というふしぎな診療所「ラブドック」を訪れるのだが・・・

映画公式サイト    
lovedoc.asmik-ace.co.jp

映画公式Twitter   
@lovedocmovie

***********************************

出演:吉田羊 野村周平 篠原篤 吉田鋼太郎(特別出演)/玉木宏 
脚本・監督:鈴木おさむ
企画・プロデューサー:山田雅子(『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』) 
ビジュアルディレクター:飯田かずな(『ラブ★コン』『ハンサム★スーツ』)
製作:『ラブ×ドック』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース 
配給:アスミック・エース
(C)2017 『ラブ×ドック』製作委員会
    


世界で発禁!鈴木おさむが『汚れたミルク』 公開に日本は素敵と


映画情報どっとこむ ralph フィクションとノンフィクションでしか訴えることが出来ない真実。

アカデミー賞受賞監督ダニス・タノヴィッチ×『めぐり逢わせのお弁当』制作チームによる、パキスタンで実際に起こった事件を題材に、子どもたちを守るため巨大企業に立ち向かう男の闘いを描いた社会派エンタテイメントの傑作『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』が、3月4日(土)より新宿シネマカリテにて公開です。

2014年に完成するも、その衝撃的な内容で、世界中どこでも公開されていなかった本作が、ついに世界初公開!
今回、試写会が行われ、上映後には、巨大組織に立ち向かう主人公の熱き生き様に心を打たれ、本作を絶賛している放送作家の鈴木おさむさんによるトークショーが行われました。

日程:2月20日(月)
場所:日本シネアーツ社
登壇:鈴木おさむ

映画情報どっとこむ ralph
本作を観終えたばかりの観客に現れた鈴木さん。

鈴木さん:何とも言えない思いでいらっしゃると思います。でも、誰かと話がしたい複雑な思いだともいます。今日のトークイベントのオファー実録が好きなので軽く受けたのですが・・・観てみて状況がわかって、これでて大丈夫なのかと。

思わず保身に走りたくなるほどの、内容に多くの国で公開できず。日本公開が世界初という超がつくほどの問題作なのです。

鈴木さん:でも、このお父さん一人で頑張ったんだから、僕もちょっとぐらい勇気だそうとここに立っています。感想ですが、実録・実話ベースが好きで、トガニとか・・・現実には、ちょっと前向きに進んでるじゃないですか。でも、この映画はing。現在進行形。本人はカナダで。お医者さんはイギリスで逃げて暮らしています。

この映画パキスタンでは当然ですけど、インド、ヨーロッパでも公開されず。日本でも、まだ幻になるかも・・・それほど凄い映画。

MC:よく父親のセールスマンが告発したなと思いませんか?

鈴木さん:告発したけど信用してもらえなかった。で、ドイツで映画を作ろうとしたことも含めて描いていて、本当の会社が強いのがわかる構成で凄いですね。特に、日本の会社員にも見て見ぬふり多いと思うんです。歯向かったら消されたり。でも、消されるのも現実ですよね。今回これを配給する会社もすごいなと。

実は、今回のMCは配給会社の方。

鈴木さん:正義はつぶされるかもしれないけど。その心を持つことが大事だと。自分だったら?子供が生まれてからよく考えます。二択を取らなきゃいけないとき、歯向かいたいけど、しないと思うんです。伊丹十三監督を尊敬して、色々な、ことが変わったし、でも沢山の事件に巻き込まれたりする。作り手として憧れますよね。凄い勇気です。

映画情報どっとこむ ralph
MC:告発物をストレートにつくることもできたと思いますが、巧妙に複雑ですよね。

鈴木さん:構造を巧妙にするしかできなかったのだと思いますね。そこが面白いところですよね。表現が難しいのはどういう風に脚本に落とし込むかがテクニックですね。

実は、この作品、撮影がとん挫し、インドの会社が手を差し伸べて完成した経緯がある。


鈴木さん:赤ちゃんの映像は89年の映像と、2013年の映像。未だに、続いてるんです。同じ症状の子供がいるんです。どうやって撮ったんですか?

MC:監督がこの問題に興味を持って取材もして、その過程で取材映像として撮っています。

鈴木さん:あれは実際なんですね。映画はノンフィクションですが、映像にはフィクションのドキュメンタリーなんですよ。だから公開できないんですよね。今ですからね。

MC:WHOもこの告発で動いているんですけど。現場レベルでは全然変わっていないそうです。根深い問題なんです。

鈴木さん:カナダでの難民申請も下りなかったそうですよね。

MC:あの企業が凄い大手なので。その後、ビザは何とか下りてカナダで暮らしています。現在ではベイビーミルクアクションに入って、この話をパネリストとしておこなっています。

鈴木さん:本人と家族が公開するときに来るんですって。世界で公開されないものが、日本の映画って自由だなと。日本は発信力ありますからね。本人喜んでますよね?

MC:本当に喜んでらっしゃいます。言葉を信じてもらえない。この映画は彼にとっては生死にかかわるものです。公開初日は、彼にとっても歴史的な瞬間ですので初日に立ってもらいたいと思っています。

(*主人公のモデルとなったサイヤド・アーミル・ラザ・フセイン氏による初日舞台挨拶は、諸般の事情で来日ができなくなったことにより急遽中止となりました。)

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

鈴木さん:この映画90分以内でまとめてる凄さ。そして、本当に問題作ing。この映画を公開できる日本って素敵だなと思いました。

と、トークイベントは終了しました。
(トーク内容はネタバレが少ないようにしてあります。)

汚れたミルク/あるセールスマンの告発

3月4日(土)より、新宿シネマカリテほかにて全国順次ロードショー!



物語・・・

子どもたちを守るため、男は世界最大企業を敵にまわした―

あるグローバル企業が、パキスタンで粉ミルクを強引に販売したことによって、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児の死亡率が増加してしまう。

その現状を知ったセールスマンのアヤンは、自らが販売した粉ミルクが子供たちの命を奪っている事に気づき、巨大企業を訴えようとする・・・。



***********************************

監督:ダニス・タノヴィッチ  
脚本:ダニス・タノヴィッチ、アンディ・パターソン 
出演:イムラン・ハシュミ、ギータンジャリ、ダニー・ヒューストン、カーリド・アブダッラー、アディル・フセイン

2014年/インド=フランス=イギリス/94分/シネマスコープ
配給:ビターズ・エンド  
(c) Cinemorphic, Sikhya Entertainment & ASAP Films 2014