「鈴之助」タグアーカイブ

沢尻エリカのアクション、永尾まりやの濡れ場!dTV『不能犯』予告編を初公開


映画情報どっとこむ ralph 不能犯とは・・・〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。

松坂桃李さんがダークヒーローを演じる映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

そして、映像配信サービス「dTV®」は、大人気コミック「不能犯」の衝撃エピソードを映像化したdTVオリジナルドラマ「不能犯」を2017年12月22日(金)から独占配信します。

この度、同作の予告編ならびにメインビジュアルを初公開。
さらに、新たな場面写真も公開!!


dTVオリジナルドラマ「不能犯」は、グランドジャンプで連載中の人気コミック「不能犯」を原作とし、映画『不能犯』(2018年2月1日(木)全国公開)と連動して映像化したオリジナルドラマ。

本作は、<思い込み>や<マインドコントロール>で人を殺すなど常識的に考えて犯行を証明できない不気味な能力を持つ“不能犯”宇相吹正(うそぶきただし)と、彼に翻弄される人々の悲惨な運命を描いた新感覚スリラー・エンタテインメント。

今回、公開する予告編には、主演の松坂桃李ほか、映画版にも出演する沢尻エリカをはじめ、永尾まりや、永井大、平岡祐太ら脇を固める実力派キャストが総出演。

赤く光る眼により相手をマインドコントロールする松坂演じる宇相吹正の不気味な表情を描くほか、沢尻演じる刑事・多田と新日本プロレスのタイチとの本格的なアクションシーン、さらには元AV女優役で自身初となる濡れ場を見事に演じきった永尾まりやによる体当たりのベッドシーンなど見所満載の予告編に仕上げました。
 


予告編に加えて、本作のメインビジュアルも初公開。
人々の心を操り支配する松坂演じる宇相吹の恐怖を表現するため、彼の背後に顔のないマネキンを複数配置したビジュアルからは、心を失い、彼に操られていく愚かな人間たちの哀れな末路を感じさせます。その中において宇相吹を見つめ対峙している正義の刑事・多田を演じた沢尻エリカの存在感にも注目です。

さらに、沢尻エリカが新日本プロレスのタイチを相手に挑んだ本格的なアクションシーン、
元AV女優役の永尾まりやが婚約相手の後輩にその過去がバレてしまい脅されるシーン、
教師役の平岡祐太と宇相吹との対峙シーンなど、各エピソードでカギとなるシーンを公開。
彼らの役どころが、どうストーリーを展開させていくのかに注目です。

dTVオリジナルドラマ「不能犯」は12月22日よりdTVで独占配信
※毎週金曜日更新

dTV特集サイトURL

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
松澤匠 タイチ(新日本プロレス) 松本享恭 / 水上剣星
1話:永尾まりや 鈴之助 森岡豊
2話:永井大 MEGUMI 井澤勇貴 鴇田蒼太郎
3・4話:平岡祐太 萩原みのり 伊藤優衣 梨本謙次郎 伊藤ゆみ 増田修一朗 菅原健 / 佐藤仁美

主題歌:GLIM SPANKY「愚か者たち」 (UNIVERSAL MUSIC)

原作:「不能犯」(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
脚本:山岡潤平(映画「不能犯」「ピーチガール」)
監修:白石晃士(映画「不能犯」)
監督:内藤瑛亮(「ライチ☆光クラブ)
エグゼクティブプロデューサー:上田徳浩(エイベックス通信放送)堀切八郎(関西テレビ)
企画・プロデューサー:中畠義之(関西テレビ)森川真行(ファインエンターテイメント)
プロデューサー:内部健太郎(エイベックス通信放送)松村尚(関西テレビ)清家優輝(ファインエンターテイメント)
製作著作:(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会  
(C)2017 dTV

映画情報どっとこむ ralph そして、映画『不能犯』

公式サイト:
http://funohan.jp/

公式twitter:
@FunohanMovie 

「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹(うそぶき)正(ただし)役を松坂桃李、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカが演じている他、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍という豪華キャストが出演。

そして主題歌は、今大注目の男女二人組ロックユニットGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)の書き下ろし楽曲「愚か者たち」に決定するなど、話題を集めています。都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。

電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった。誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く、【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメントが誕生しました。


あらすじ 
都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。
彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故――
宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。
多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。

彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士 
脚本:山岡潤平、白石晃士  
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会