「野沢雅子」タグアーカイブ

驚き満載!『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』本予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 映画 妖怪ウォッチシリーズ最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が12月16日(土)に公開となります!


この姿は!!!!一体!

物語は「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界、恐るべき妖怪ウィルス・『鬼まろ』が、人の悪意に感染して無限に増殖していく・・・。人類滅亡の危機を迎える中、新しい妖怪ウォッチの継承者が誕生! だが、人の悪意を集めた鬼まろは、最も恐るべき妖怪「鬼王・羅仙」を蘇らせてしまう…!

妖怪史上最大の戦いが今、はじまる!!

映画情報どっとこむ ralph 30年後という新しい世界観、「ゲゲゲの鬼太郎」登場など、例年とは異なる新しい要素で話題となっている今作の本予告映像が、遂に解禁となりました! 

映像では、先日発表された主人公・天野ナツメ役の上白石萌音、もう一人の主人公・月浪トウマ役の千葉雄大の声も入っており、2人の実力が存分に発揮されています! また、今作では妖怪たちは普段の姿=「ライトサイド」と戦闘形態「シャドウサイド」という二つの姿を手に入れており、新たに解禁された「シャドウサイド」のジバニャンのバトルシーンも必見です! そして、「あ、あなた様は~!!」と驚きを隠せないウィスパーの姿…。予告の最後にはついに「ゲゲゲの鬼太郎」ファミリーも姿を現します!
いよいよ明らかになった新生「妖怪ウォッチ」の全容!公開が待ち遠しくなる本予告となっております。

さらに、予告映像の解禁に伴い、新たに「妖怪ウォッチ」に参戦する声優たちもいよいよ解禁!
本作で、30年の時を経て「伝説の猫妖怪」と変貌したジバニャンの声を担当するのは、悪役からコミカルなキャラまで演じ分ける実力派声優・黒田崇矢! 本予告映像でその声を初披露し、「伝説の猫妖怪」に相応しい“渋カッコいいジバニャン”が誕生しました!

さらに、エンマ大王のライバルであり、「妖怪ウォッチ」屈指のイケメンキャラと早くも噂されている蛇王カイラの声を担当するのは、大人気アニメに引っ張りだこ、声優界屈指のイケメンボイスを持つ大人気声優・福山潤。
その他、お馴染みのキャラクターから新しいキャラクターまで、確かな実力をもつ人気声優たちが集結! 初代「鬼太郎」を演じた野沢雅子が今作でも「鬼太郎」を担当することが先日発表されて話題となりましたが、その他の鬼太郎ファミリーたちもベテラン声優陣が集い、映画を盛り上げます!「ねずみ男」役にはなんと、初代「ねずみ男」を演じた大塚周夫を父に持ち、数々のアニメ、映画、ゲームに出演し、業界を代表する声優・大塚明夫! かつて父が演じた「ねずみ男」に、大塚明夫が命を吹き込みます!

映画情報どっとこむ ralph 本予告映像に姿を現した最強の妖怪たち! そして妖怪たちに負けじと集結した最強の声優さんたち!
12月16日(土)の公開が楽しみです!
主な声の出演情報: 
天野ナツメ …上白石萌音 月浪トウマ…千葉雄大
有星アキノリ…田村睦心(新)
ウィスパー …関 智一
ジバニャン …黒田崇矢(新)
コマさん  …平川大輔(新)
エンマ大王 …木村良平
ぬらりひょん…子安武人
蛇王カイラ …福山潤(新)
     
鬼太郎   …野沢雅子
目玉おやじ …島田敏(新)
ねずみ男  …大塚明夫(新)
ねこ娘   …皆口裕子(新)

(新)と表記されているものがこの度新しく発表された出演になります。

©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2017
©水木プロ・東映アニメーション

***********************************



羽佐間道夫 したコメ声優口演10年間皆勤賞「エイドリア~ン!」と雄叫び


映画情報どっとこむ ralph 今年も2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)「第10回したまちコメディ映画祭in台東」を絶賛開催しております。

水上音楽堂のラストを飾るのは、毎年恒例の人気企画、声優口演ライブ!!

今回は「没後40年チャップリン特集」を、羽佐間道夫さん、野沢雅子さん、若本規夫さん、山寺宏一さんら豪華ゲストによる競演で盛り上げていただきました!

日付:9月18日(月・祝)
場所:不忍池水上音楽堂
登壇:羽佐間道夫、野沢雅子、若本規夫、山寺宏一、田原アルノ、中野裕斗、たなか久美、大野裕之(日本チャップリン協会会長)ほか

映画情報どっとこむ ralph オープニングトーク

キャストの皆さんが登壇すると、まずは羽佐間さんからのご挨拶。

羽佐間さん:嵐でどうなるかと思いましたが、稽古中、野沢雅子が『あたしが心で晴れにするから!』の一言で晴れてしましましたね。

流石、神様とトモダチ悟空!前日は大雨の影響でどうなることかと心配されていた会場も当日はラストにふさわしい天気に恵まれました。

「したコメ」第1回から毎年かかさず開催されるこの名物企画も、今年でちょうどしたコメと同じく10周年を迎え、羽佐間さん・野沢さん・山寺さんの三人は皆勤賞。

山寺さん:こんなにたくさん面白い企画がある中で10年この声優口演が、このしたコメでやらせていただけるのはうれしいことですよね。

と感慨深げに喜びのコメント。今回初めて声優口演をお客様も多く、

羽佐間さん:初めての方は大変ですよ~、笑い転げて。

今回はお客様にガヤ(アニメーションなどで「その他大勢」のガヤガヤした効果音のこと。)をやってもらう、という参加型のパートもあり、会場にはたくさんの声優志望の方達もたくさん来場していたこともあり、会場は大盛り上がり。

羽佐間さん:声優の最初の仕事はなんといっても、ガヤです。ガヤを経て私たちは少しずつ役をもらっていますリトマス試験紙のひとつで、ここでいい声か悪い声か、いい声だと若本(規夫)くんみたいになっていくんです。(笑)。


そんなオープニングトークの途中で、総合プロデューサーのいとうせいこうさんが登場。なんと羽佐間道夫さんの「したコメ」の皆勤賞をサプライズで表彰するため!

したコメサポーターたち手作りの、メガネケースでできたトロフィーと、ロッキーのような手作りのチャンピオンベルトのプレゼント。ここですかさず、ベルトをして、

羽佐間さん:エイドリア~~ン!!!

一言いただきました。

羽佐間さん:本当にありがとう。これをまいたのはロッキー以来ですが、大事にさせていただきます。寝るときには巻いて寝たいと思います。今日はよかった。ここまで生きてて。ありがとうございます。

と感無量のコメント。そして『チャップリンの勇敢』がスタートしました。大勢の豪華キャストの競演により、会場は大盛り上がりでした。


映画情報どっとこむ ralph スペシャルトーク

『チャップリンの勇敢』の上映後の会場に、山寺さんがお一人で再び登場。

山寺さん:第1回の公演でも、この水上音楽堂でやらせていただいたんですよね。なのでしたコメのスタートから携わらせていただいており、非常にうれしく思います。その時も『犬の生活』をやらせていただいたんですが、ほぼ100年前の作品で、音楽もチャップリンがつけているので、本当は誰もいじっちゃいけないんですよね。声入れなくても面白いからやっちゃいけないのに、やっちゃってて(笑)今回は、チャップリン協会の大野さんにご尽力いただき、久しぶりにやらせていただきます!

今回の演目実現の裏話を披露。

山寺さん:チャップリン家の人がやっていいといってくださって…なのでプレッシャーを感じています。(笑)

と緊張のご様子。何人もの役を一人で演じるということで、

山寺さん:目について、やりたい、と思った人に声を当てていくので皆さんの見ている人と声を当てている人が違うこともあるかもしれませんが、頑張ってついてきてください!

と上演前の意気込みを語りました。そして山寺宏一さんによる『犬の生活』がスタート。“七色の声”で会場を魅了しました。

映画情報どっとこむ ralph ゲストトーク

山寺さんの呼び込みで、キャストの方々が全員舞台に登場。

羽佐間さん:これをライブでご覧になった方は本当にラッキーですね。チャップリンがもし生きていたら、見事だなぁと思うんじゃないかと思いますね。

と大絶賛。

山寺さん:やっぱりやっちゃだめだって言われませんかね?

と恐縮

羽佐間さん:ここにくるまで何度も訓練して、徹夜して昼寝して…。

と羽佐間さんのボケに対し、

山寺さん:はい昼間寝てます!

と息の合ったトークも垣間見せつつ、

山寺さん:見れば見るほど、奥深く素晴らしい作品だなと思います。

と、チャップリンの魅力について改めて語った山寺さん。

羽佐間さん:声優口演に、こういう役者がいて本当に助かっています。マコ(野沢雅子さん)はこの口演では女をやらせていて、僕は制作会社になんでマコに女役をやらせないんだ!と文句を言おうと思っている。だってオッス!ばっかりじゃおかしいじゃない!女性役もすばらしいんです。

と、野沢さんの声優としての魅力についても熱弁しました。

山寺さん:世界の悟空ですから。

と山寺さんがすかさずフォロー。

するとここで、羽佐間さんの呼び込みで、日本チャップリン協会の大野さんが登場。チャップリンについての裏話をたくさん披露いただき、『犬の生活』には山寺さんだけが声をあてることが許されていることについて、

羽佐間さん:本当に誇りに思います。これだけ大野さんのように頑張っている人がいるおかげで、山寺だけに声をやらせよう、と。本当は僕のほうがうまいんですよ。(笑)

とコメント。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

羽佐間さん:小さいこどもさんからお年寄りまで、劇場に来ていただきたいというのが発端だったんです。チャップリンをあるおじいちゃんおばあちゃんと、アニメが好きなお孫さんが会話できる、そういう劇場空間を作りたいなと思ったんです。私たちががんばれば、家庭の雰囲気が良くなる、そんな狙いがあったんです。そしてまた、お年寄りになったら、お孫さんを連れて見に来ていただければとおもいます。今日は本当にありがとうございました。

と感謝のコメントでしめたのですが・・・サプライズのQ&Aのコーナーが設けられ、最後まで大盛り上がりの中イベントは終了しました。

***********************************



ゲゲゲ!『映画 妖怪ウォッチ』第四弾になんと!「ゲゲゲの鬼太郎」登場ニャ!


映画情報どっとこむ ralph 「妖怪ウォッチ」シリーズ最新作『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』が12月16日(土)に公開が発表となりました!

その衝撃の内容は・・・

物語は「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界。登場人物はみな一新され、お馴染みの妖怪たちは驚きの姿で登場!

恐るべき妖怪ウイルス『鬼まろ』によって穏やかな日常は終わりを告げます。人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者。新たな妖怪ウォッチを手にし、人間と妖怪の絆を取り戻せるのか!? 

さらに衝撃の情報を解禁!
今作ではなんと! 妖怪アニメの大先輩、誰もが知る「ゲゲゲの鬼太郎」が登場します! 
さらに、鬼太郎だけではなく、目玉おやじ、ねこ娘、子泣きじじい、砂かけばばあ、一反もめん、ねずみ男という、お馴染みの“鬼太郎ファミリー”も総出演!

「ゲゲゲの鬼太郎」は今日の妖怪漫画・妖怪アニメの生みの親ともいえる、水木しげるの代表作。1965年に漫画連載がスタート(※連載当初の「墓場の鬼太郎」が後に改題)、1968年にアニメが放送され、瞬く間に妖怪ブームを巻き起こし、世に「妖怪」のイメージを浸透させました! その後も5度のアニメシリーズ化が成され、国民的アニメとなった「ゲゲゲの鬼太郎」!

劇中、ある危機を迎えたジバニャンたち一行は、伝説の存在である「鬼太郎」に助けを求め、たどり着くのが、あの「ゲゲゲの森」! そこで、大人たちをかつて夢中にさせた妖怪たちと、今、子どもたちを夢中にさせている妖怪たちが対面を果たします!

そして、鬼太郎役を演じる声優は、数々の超人気キャラクターに命を吹き込み、国民的人気を誇る大御所・野沢雅子さん!

1968年に初代鬼太郎役を演じ、それがアニメ初主演デビューなんだそうです!

映画情報どっとこむ ralph そんな野沢雅子さんからのコメントが届いています!

初めてのシリーズ主人公、鬼太郎は私の中でしっかり生きています。
今回、妖怪ウォッチにおじゃまする事になり、どんな風に受け入れられるのか、どんな歓待を受けるのか、いろいろ私なりに楽しみながら想像しています。今から完成がとっても楽しみでワクワクしています。妖怪は不滅です。

といただきました!

さらに鬼太郎のようなジバニャンの姿・・・・。
通称「鬼太ニャン」の姿もこの度公開!

どうやら鬼太郎の妖気の影響を受けて、変化した姿のようです…!

劇中のどこかで、この「鬼太ニャン」も登場します! そんなジバニャンから鬼太郎出演の情報を聞いてのコメントが届いております!

「えええーーーっ!あの伝説の鬼太郎センパイが、妖怪ウォッチの映画に出るニャンか!?」

とジバニャンも驚きを隠せないようです。

この冬、子どもはもちろん、大人も童心に帰って楽しめる“妖怪エンターテインメントムービー”が誕生します!

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

12月16日(土)公開です。

***********************************

©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 
©水木プロ・東映アニメーション 
       


したコメ声優口演ライブ「没後40年チャップリン特集」羽佐間道夫、野沢雅子、若本規夫、山寺宏一登壇!


映画情報どっとこむ ralph 今年は10周年のアニバーサリーイヤーとなっており、2017年9月15日(金)〜9月18日(月・祝)に「第10回したまちコメディ映画祭in台東」を開催いたします。
そして!
したコメの第1回プレイベントから開始し、今年で10回目を迎える大人気企画「声優口演ライブ」。無声映画にライブでセリフを吹き込ませる、声優陣の腕の見せ所となるこの企画。

第1回したコメプレイイベントでの上演作品は『探偵学入門』『犬の生活』。

チャップリンマニアと声優ファンの双方を興奮させる大成功を収めました。

以降、数々の名口演を繰り広げてきた「したコメ声優口演ライブ」の中でも、不動の人気を得ているチャップリン作品を10回目となる節目の年に再び上演。選んだ作品は『チャップリンの勇敢』『犬の生活』の名作2本!

さらに、「チャップリン没後40年 今も輝くその魅力」と題して、羽佐間道夫さん、野沢雅子さん、山寺宏一さんの声優レジェンドと、日本チャップリン協会会長の大野裕之さんが、没後40年のチャップリンの魅力を語り尽くします。

映画情報どっとこむ ralph 声優口演ライブ「没後40年チャップリン特集」

会場:不忍池水上音楽堂
開催日時:9 月18 日(月・祝)
   開場 17:30 開演 18:00 (予定)
出演:羽佐間道夫、野沢雅子、若本規夫、山寺宏一 他(予定)
トークショー:「チャップリン没後40年 今も輝く その魅力」
※内容、出演及びトーク、終了時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください

映画情報どっとこむ ralph 『チャップリンの勇敢』
(1917 年/アメリカ/23 分)
【ストーリー】 チャップリン演じる放浪者が、貧民街の伝道所でミサに参加する。そこで美しい娘 (エドナ) によって改心した彼は警官になり、町の乱暴者や、麻薬中毒者から市民を 守るなどの大活躍し、街に平和をもたらす。

監督:チャーリー・チャップリン
出演:チャーリー・チャップリン、エドナ・パーヴァイアンス、エリック・キャンベルほか
© Film Presevation Associatesni

『犬の生活』
(1918 年/アメリカ/34 分)
【ストーリー】 今日も今日とて生活のため、職安に出かけるチャーリー。しかし周りの連中との競走 に敗れ、またしても仕事にあぶれてしまう。ふて腐れる彼の前で、いつしか野良犬同 士のケンカが始まるが、他の犬から追いかけ回されてばかりいる一匹の犬に自分と同 じ姿を見たチャーリーは、矢も楯もたまらずその犬を助け出し、以後、彼と犬との共 同生活が始まっていく…。

監督・脚本:チャールズ・チャップリン
出演:チャールズ・チャップリン、エドナ・パーヴァイアンス、シドニー・チャップリン ほか

協力:㈱KADOKAWA ・ 日本チャップリン協会
***********************************



声優口演ライブ! したまちコメディ映画祭in台東 始まり始まり!



映画情報どっとこむ mari 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。

今年も2016年9月16日(金)~19日(月・祝)に「第9回したまちコメディ映画祭in台東」を開催。

シルヴェスター・スタローンの吹き替えなど、出演本数が7000本を超える声優界の大御所・羽佐間道夫さん。

「ドラゴンボール」の孫悟空役や「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎役で知られる野沢雅子さん。

「七色の声を持つ男」と名高い人気声優・山寺宏一さん。ほかたくさんの人気声優を迎えた声優口演。

今年は巨匠・小津安二郎のサイレントコメディ『淑女と髯』に新たな命を吹き込みました!観客からは拍手喝采の大盛況ののちに幕を閉じました!
%e5%a3%b0%e5%84%aa%e5%8f%a3%e6%bc%94%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96-%e3%81%97%e3%81%9f%e3%82%b3%e3%83%a1
実施日時:9月16日(金)
場所:浅草公会堂
ゲスト:羽佐間道夫、野沢雅子、山寺宏一、土井美和、真殿光昭、たなか久美

映画情報どっとこむ mari 【羽佐間道夫】
(今回の声優口演について)この作品は最初に字幕だけが出るんですけど、僕らが声をはめ込むのがほんと大変で、観ている方は字幕が邪魔になってしまうのではないか、と思っておりまして、色々と心配してスタートしました、(山寺さんにツッコまれ)あ、関係者がいるのにそんなことを言ってしまい、、大変申し訳ございませんでした、、(笑)
(野沢さんについて)普段は、“オッス!”のイメージなのにこんな大和撫子もできるんだぞ、と。こういった姿を見ると色々なことができる野沢さんだからこそ今の地位を築かれたのだなとつくづく感じました。

【野沢雅子】
(大和撫子を演じられたことについて)私は女っぽくないから、普段は“こらー!”とかの声しか出していないので、、
ありがとうございました。

【山寺宏一】
(今回の声優口演について)我らの野沢さんか今回ヒロインの大和撫子を演じられて素晴らしかったです。普段毎回カメハメハを打っている人には思えないです!

【土井美和】
真殿さんと一緒で本当に今回勉強になることばかりでした!すごく貴重な体験をさせて頂きました。ありがとうございます。

【真殿光昭】
(今回の声優口演について)僕は最近だとスタジオに行くと他の方から先輩といわれるポジションだったんですけど、声優口演では、周りが大先輩ばかりなので本当に色々なことが勉強になりました。今回貴重な体験をさせて頂いて本当にありがとうございます!

【たなか久美】
(今回の声優口演について)口演の稽古の時に周りが大先輩の方ばかりなのですごく緊張してしまったんですけど、毎回山寺さんが練習中新しいことを入れてきてくれて野沢さんと二人で笑ってしまいました。すごく楽しく今回やらせていただきました。

【最後全員で】

(山寺さん)羽佐間さんいきなりなんですけど、小津監督って言うのはね「東京物語」といった作品も作れば、今回みたいなコメディ映画も作る!映画界の魔術師!魔法使いだと思うんですよ、、、てことは!【全員】小津(オズ)の魔法使い!!!(山寺)オズ違いですね!

(全員で)皆さんありがとうございました!!
***********************************