「野沢聡」タグアーカイブ

『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』インド・ダラムサラ国際映画祭へ正式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 10/6(金)まで新宿K’s cinemaで公開されている問題作「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」が、11月2日から5日まで開催されるインドのダラムサラ国際映画祭へ正式出品されることが決まったそうです。
北インドのヒマラヤの山麓の丘にあるダラムサラは、ダライ・ラマが亡命した場所で、チベット亡命政府の本拠地。今年は日印友好交流年という日印文化協定発効60周年を記念する年であり、佐藤慶紀監督は、10月末にインド入りし、10月31日の、国際交流基金ニューデリー日本文化センター主催のデリーでの『HER MOTHER』の上映会でも舞台挨拶を行う予定です。

映画情報どっとこむ ralph
『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』は、南カリフォルニア大学を卒業した新進気鋭の佐藤慶紀監督が、10年程前、加害者の死刑を止めようとする被害者遺族がいることを知り、復讐心も湧いてくるであろう中、そのような決断をした理由を深く考えたいと思い、制作した作品。

フランスの第23回ヴズール国際アジア映画祭で上映された際には、死刑囚のお母さん役の箱木宏美さんがスペシャルメンションを受賞しています。

『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』

は、先週末から10/6(金)まで新宿K’s cinemaで公開中。
今後、名古屋シネマスコーレでは9/23(土)〜、大阪・シネヌーヴォでは10/7(土)〜と、全国順次公開が決定。

新宿K’s cinemaでの9/17(日)10:30〜の回上映後には、佐藤慶紀監督と『FAKE』(2016年)の森達也さん(映画監督)がトークイベントが行われます!

物語・・・
『娘を殺害した加害者の死刑を止めようとする母。一体なぜ…』

43歳のビジネスウーマン・晴美(西山諒)。2年前に一人娘のみちよ(岩井七世)が嫁ぎ、現在は夫(西山由希宏)と二人で平凡に暮らしている。そんなある日、みちよが婿の孝司(荒川泰次郎)に殺されてしまう。孝司は死刑判決を受ける。当初は死刑判決を当然の事と考えていた晴美だが、ある時から孝司の死刑を止めようと考え始める。そこには、晴美しか知らないみちよのある秘密があった。

公式サイト:
hermother-movie.com
Twitter:
@mothermovie66

過去記事:初日舞台挨拶の模様はこちら


***********************************

西山諒  西山由希宏  荒川泰次郎  岩井七世  野沢聡
箱木宏美 木引優子 西田麻耶

監督・脚本・編集:佐藤慶紀
撮影:喜多村朋充
音楽:ベンジャミン・ベドゥサック
制作:カロリーネ・クラツキー
メイク:桐山雄輔
衣装:市岡昌顕
制作プロダクション:Aerial Films
配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作:『HER MOTHER』製作委員会(Aerial Films・ラフター・渋谷プロダクション)
2016/95min/DCP/カラー/ステレオ  
©『HER MOTHER』製作委員会
       


西山諒インタビュー『HER MOTHER』で死刑を止める被害者の母を熱演


映画情報どっとこむ ralph 昨年10月に釜山国際映画祭ニューカレンツ部門に正式出品され、そのセレクションが評価されている大阪アジアン映画祭など国内外で絶賛されている佐藤慶紀監督の問題作「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」が、満を持して9/9(土)〜10/6(金)まで新宿K’s cinemaで公開されることが決定。

南カリフォルニア大学を卒業した新進気鋭の佐藤慶紀監督が、10年程前、加害者の死刑を止めようとする被害者遺族がいることを知り、理由を深く考えたいと思い、制作した本作。
宗教と出合い、「犯人を許す」と言いながらも、死刑判決は当然のものと考える元夫と違い、死刑を止めることを考え始める被害者の母の心の動きを丁寧に演じた西山諒さんのオフィシャルインタビューです。

映画情報どっとこむ ralph Q1. この作品との出会いを教えてください。

西山さん:佐藤監督の長編映画1作目の『BAD CHILD』で、念願の銀幕デビューをさせていただきました。日本各地でその映画の上映が続いていた中、佐藤監督から電話をいただいたのでその話かな?と思いましたら「新作の主演をやって下さい」との言葉。
その時、名古屋駅の雑踏の中に居て、最初佐藤監督の声を聞き取るのが大変だったのですが、人生最大のニュースを耳にした途端、全ての音が消え、佐藤監督の声しか聞こえなくなった感覚がありました。


Q2. 初めて脚本を読んだ時の感想は?

西山さん:「ズドーン」です。
心と肩にズドーンと、言い表しようのないモノがのし掛かりました。
読み始めてすぐに入り込み、時に涙を流しながら一気に読み終えた時には、やり場のない悲しさ、苦しさで一杯になりました。
それと同時に、この素晴らしい作品の中で、私が母として生きられる事に心震え、絶対に沢山の方々に観て頂ける映画にしなければ、私が足を引っ張らないようにしなければ、と想いました。


Q3. この役を演じるにあたって、何か役作りはされましたか?

西山さん:台本を初めて読んだ時から疑問点や自分との相違点がほぼ無く、身体に落とし込めたので、役作りは特にしていないです。
役作りをすると、何処かのシーンで嘘臭さが出てしまうとも思ったので、ありのままの自分で体当りするしかないと考えました。
一つ、髪の毛を自分でわざとガチャガチャに切った箇所があります。映画をご覧頂いたらその意図は解って頂けるかも知れません。


Q4. この役の、どのような部分を大事に演じましたか?

西山さん:一人娘への愛情です。
寝ても覚めても抜けないように、撮影がない日も胸のど真ん中に娘を置いて生きていました。


Q5.この役を演じるにあたり、一番難しかったシーン・部分はどのようなところですか?

西山さん:娘の秘密を知った時のシーンです。
その文言は台本には書かれておらず、そのシーンの撮影直前に佐藤監督から伝えられましたが、私が勝手に想像していたモノと違い、佐藤監督が求める世界になかなか行けず苦労しました。

映画情報どっとこむ ralph Q6. 佐藤監督は、どのような監督ですか?

西山さん:ニコニコと。飄々と。飾らず、優しく、面白く、心の大きな方です。
撮影中もそこは全く変わらないのですが、やはり、監督をする方というのは…特に佐藤監督は瞬時に心の奥まで見抜く人…とビリビリ感じ、佐藤監督の前では日常も演技上の嘘も一切通用しない!と腹を括って、お釈迦様の掌で踊らされる孫悟空のつもりで、本音で生きさせていただきました。


Q7. 撮影前、撮影中、監督とはどのような話をされましたか?

西山さん:演技に関しては、私の疑問点を聞いて、答えて頂くくらいでした。
日頃は笑いが起こる楽しい会話を。
一つ気になっていた「どうして今回この役を私にオファーして下さったのですか?」と尋ねたら「こんな大変な役、西山しか受けてくれないと思った。というか、西山さんなら断らないと思った」と言って下さって。それが本当に嬉しくて。俄然私は裸一貫、挑ませていただけました。


Q8. 死刑囚役の荒川泰次郎さんとの共演はいかがでしたか?

西山さん:目力が半端なくて、見たら負けると思いました。
その目は、私に刺さるくらいの光線を出していたり、時には抱擁力のある、私を吸い込む様な瞳になったり。
面会のシーンは全て同じ日に撮影したのですが、目と目で語り、お互いに感じるままに闘わせていただきました。二人ともヘトヘトになりましたが、相手が荒川さんじゃなかったら産まれ得ないシーンとなりました。
顔合わせの時、逢った途端にお母さん役の箱木さんに本当のお母さんみたいに接しているのを見て、私達はそれぞれ気を遣い合う俳優じゃない。『HER MOTHER』という背景を借りた、本当に実在する人物達なんだ、と私の覚悟が決まった感じでした。

Q9. 元夫役の西山由希宏さんとの共演はいかがでしたか?

西山さん:兎に角やりやすかったです。
初めましての瞬間からお互い遠慮なし。
同じ西山という姓もプラスになったのかも知れませんが、驚くほどに他人の感じがしませんでした。
この人の前では嘘は通用しない。本気で遠慮なくぶつからせていただきました。


Q10. 弟役の野沢聡さんとの共演はいかがでしたか?

西山さん:野沢さんの隣はとても居心地が良かったです。
姉弟としての愛情。姉弟だからこその気配り。姉弟にしか分からない怒り。最初からそれらがリアルにあって。今でも野沢さんのことは弟のように思っています。


Q11. フランスのヴズール国際アジア映画祭 インターナショナルコンペティション部門でスペシャルメンションを受賞された、死刑囚の母親役の箱木宏美さんとの共演はいかがでしたか?

西山さん:一番顔を合わせたくない方でした。
勝ち負けじゃないですが、この方には勝ち目はない。数少ないシーンでしたが、私は母として気負って気負って挑まなければ心が負けてしまう。私一人だけ”演技をしている人”に映ってしまうと思いました。箱木さんの存在感、リアル感は、私があと100年修行を重ねても取得出来ません。


Q12.海外映画祭での観客の反応はいかがでしたか?

西山さん:上映後のQ&Aで次々に想いや疑問を投げ掛けて下さる。これは本当に嬉しかったです。
私が着いたばかりの夜に開催された釜山国際映画祭のパーティー会場でも、審査員の方がファンタスティック!マーベラス!ファビュラス!と熱く声を掛けて下さって、海外の方の心にもしっかり響く作品だということに安堵と喜びを感じました。

映画情報どっとこむ ralph Q13.読者の方にメッセージをお願いします。

西山さん:観終わった後、決してハッピーな気持ちになる映画ではないですが、観て頂くと色々、本当に色々と考えて頂けます。
「自分がもし誰々の立場になったら…」
自分のこと、自分の大切な人のこと、辛い想いをしている人のこと、色んな心を想って、その先考え続けて頂ける映画です。
是非ご鑑賞下り、新たな一歩を踏み出して頂けたら幸せです。




物語・・・

『娘を殺害した加害者の死刑を止めようとする母。一体なぜ…』

43歳のビジネスウーマン・晴美(西山諒)。
2年前に一人娘のみちよ(岩井七世)が嫁ぎ、現在は夫(西山由希宏)と二人で平凡に暮らしている。そんなある日、みちよが婿の孝司(荒川泰次郎)に殺されてしまう。

孝司は死刑判決を受ける。
当初は死刑判決を当然の事と考えていた晴美だが、ある時から孝司の死刑を止めようと考え始める。そこには、晴美しか知らないみちよのある秘密があった。


公式サイト:hermother-movie.com
Twitter: @mothermovie66

***********************************

西山諒  西山由希宏  荒川泰次郎  岩井七世  野沢聡
箱木宏美 木引優子 西田麻耶

●監督・脚本・編集:佐藤慶紀
●撮影:喜多村朋充 
●音楽:ベンジャミン・ベドゥサック 
●制作:カロリーネ・クラツキー
●メイク:桐山雄輔 
衣装:市岡昌顕
●制作プロダクション:Aerial Films  
●配給・宣伝:渋谷プロダクション
●製作:『HER MOTHER』製作委員会(Aerial Films・ラフター・渋谷プロダクション)
2016/95min/DCP/カラー/ステレオ  
©『HER MOTHER』製作委員会


「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」場面写&キャストコメント到着


映画情報どっとこむ ralph 昨年10月に釜山国際映画祭ニューカレンツ部門に正式出品され、そのセレクションが評価されている大阪アジアン映画祭など国内外で絶賛されている佐藤慶紀監督の問題作「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」が、満を持して9/9(土)〜10/6(金)まで新宿K’s cinemaでの公開となります。


南カリフォルニア大学を卒業した新進気鋭の佐藤慶紀監督が、10年程前、加害者の死刑を止めようとする被害者遺族がいることを知り、復讐心も湧いてくるであろう中、そのような決断をした理由を深く考えたいと思い、制作した本作。宗教と出合い、「犯人を許す」と言いながらも、死刑判決は当然のものと考える元夫と違い、死刑を止めることを考え始める被害者の母の心の動きを丁寧に描いた作品です。

映画情報どっとこむ ralph 気になる物語は・・・

『娘を殺害した加害者の死刑を止めようとする母。一体なぜ…』

43歳のビジネスウーマン・晴美(西山諒)。2年前に一人娘のみちよ(岩井七世)が嫁ぎ、現在は夫(西山由希宏)と二人で平凡に暮らしている。

そんなある日、みちよが婿の孝司(荒川泰次郎)に殺されてしまう。

孝司は死刑判決を受ける。当初は死刑判決を当然の事と考えていた晴美だが、ある時から孝司の死刑を止めようと考え始める。そこには、晴美しか知らないみちよのある秘密があった。



映画情報どっとこむ ralph 西山由希宏(夫役)さんコメント

テーマについて
「死刑制度について」をメインテーマに監督、スタッフ、各役者が思いを込め作り上げた作品だったかと思います。そのテーマをボヤかすわけではありませんが、出来上がりを拝見し、また観覧された方々の反応に触れていくにつれ、身内の殺害という一つの出来事により浮き彫りにされた被害者遺族個々の価値観の差異、またそれによって翻弄されるその人物たちの様こそがこの作品の深層に隠されたもう一つのテーマなのかもしれないと思い始めています。
これといった派手さもない〈市井の人〉としての生活でも、時に容易く起こりうる身内の殺害。そんなあまりに理不尽な身内の死別に「あなたならどう受け止め、どう対処しますか?」と、登場人物たちの行動を通して観る側への〈問いかけ〉そのものがこの作品の別テーマに思えてなりません。

釜山映画祭や海外映画祭での印象
テーマがテーマだけにエンターテイメント性から程遠く離れた作品ですが、それでもこうして海外からも好評を得ることができたということに映画という表現媒体の懐の深さを改めて感じます。また「死刑とは?」という問いは国柄や国民性を越えた、普遍的で万国共通の観念だったと参加した映画祭を通じて一番強く残った印象です。

制作で苦労されたことなどの話

撮影期間中は無我夢中になっていたというか、変なアドレナリンが出っぱなしだったんだと思います。「苦労」と感じたことはありませんでした。
それでも強いて挙げるなら12月初頭、秋から冬へ寒さがより身に染みる時期に池に沈められたことくらいですかね。(笑) 思いのほか溺れかけました。
役作りという点でも苦労という感じではなかったです。監督は役者に一任してくれる方だったので苦労よりもやりがいを強く感じてました。その分、自身の演技に対するプレッシャーには常につきまとわれましたが。これは主演の(西山)諒さんも同じ思いだったそうです。
役に対し最も意識したことは、自身の生理や感情に溺れることなく可能な限り別人を演じきることでした。それには普段自分では到底取らないであろう行動を積極的に選択していたので、殆どのシーンは違和感を抱えた状態での演技だった気がします。

荒川泰次郎(死刑囚・孝司役)さんコメント
私の役がストーリーの要になると思っていたので、撮影に臨むのに緊張感がとてもありました。
私が生きないと作品を台無しにしてしまうのでは?と思っていました。
ちゃんとそこにいよう。そう思って臨みました。
そしたら、大事なシーンの撮影の前に、主演の西山諒さんから激励のお言葉を頂き、凄く勇気付けて頂いた事を覚えています。また、周りの方々のお陰で、作品を作る事ができ、要約公開にまで至ることが出来ました。
皆様、本当にありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph あなたは犯人を許せますか・・・

HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話

9/9(土)〜10/6(金)まで新宿K’s cinemaでの公開。

公式サイト:hermother-movie.com
Twitter: @mothermovie66

***********************************

西山諒  西山由希宏  荒川泰次郎  岩井七世  野沢聡
箱木宏美 木引優子 西田麻耶

監督・脚本・編集:佐藤慶紀
撮影:喜多村朋充 
音楽:ベンジャミン・ベドゥサック 
制作:カロリーネ・クラツキー
メイク:桐山雄輔 
衣装:市岡昌顕
制作プロダクション:Aerial Films  
配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作:『HER MOTHER』製作委員会(Aerial Films・ラフター・渋谷プロダクション)
2016/95min/DCP/カラー/ステレオ  
©『HER MOTHER』製作委員会


佐藤慶紀監督『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 昨年10月に釜山国際映画祭ニューカレンツ部門に正式出品され、そのセレクションが評価されている大阪アジアン映画祭など国内外で絶賛されている佐藤慶紀監督の問題作「HER MOTHER」 娘を殺した死刑囚との対話」が、満を持して9/9(土)〜10/6(金)まで新宿K’s cinemaで公開されることが決定しました。

南カリフォルニア大学を卒業した新進気鋭の佐藤慶紀監督が、10年程前、加害者の死刑を止めようとする被害者遺族がいることを知り、復讐心も湧いてくるであろう中、そのような決断をした理由を深く考えたいと思い、制作した本作。

宗教と出合い、「犯人を許す」と言いながらも、死刑判決は当然のものと考える元夫と違い、死刑を止めることを考え始める被害者の母の心の動きを丁寧に描いた作品です。

映画情報どっとこむ ralph 佐藤慶紀(監督・脚本・編集)コメント

テーマについて
本作のテーマは対話です。それも憎しむべき相手との。憎しむ相手を非難するだけではなく、憎しむ相手と向き合う可能性。
人間には様々な感情があります。
きっと憎しみと赦しの間にも、言葉にならない感情があるのではないでしょうか。
そんな感情のグレーゾーンを、対話を通して描けたらと思い本作を制作しました。

また、映画の中で死刑制度について描いています。
8年前から裁判員制度が始まり、死刑などが適用される重大事件に、
抽選で選ばれた市民が裁判員として参加するようになりました。
その時、あなたはどんな判決を下すのか?
その事を考えながらも、本作をご覧頂けたら幸いです。

釜山映画祭や海外映画祭での印象
釜山国際映画祭で驚いたのは、若い観客がとても多かったことです。
そして熱心な質問も頂き、私が答えた後も、さらにその答えに対する意見も述べてくれました。
私は、映画を見て頂くだけでなく、その後の会話も大切だと思っていますので、
とても充実した時間を過ごせました。

映画情報どっとこむ ralph 西山諒(母・晴美役)コメント
テーマについて
死刑制度を扱った映画という事で、裁判シーンが多い難しい内容に思われるかと思いますが、決してそうではないです。
被害者の母や加害者だけではなく、その周りの人達や加害者の母の想いもリアルに描かれていて、もし自分がいずれかの立場になったらどうするのか、、考えを巡らし、大切な人の事を「鑑賞した事でより一層大切に想って頂ける」愛もテーマの作品だと思います。
その中で、もし自分が母の立場だったら死刑判決に反対する考えに至るか、普段はなかなか考えない問題と向き合って頂ける映画です。

釜山映画祭や海外映画祭での印象
日本での上映では鑑賞後、娘を殺された母の気持ちを自分のことのように汲み、言葉を失うからか、死刑制度という繊細な問題に口を挟むのを拒む質があるからか、殆ど意見・感想が出ませんでした。
でも、海外の映画祭では鑑賞後、感じた事を次々に伝えて下さる方が多かったです。

「母の辛さがよく解ります。」
「西山さんなら『HER MOTHER』の母と同じ行動をしますか?」
「死刑制度をどう思いますか?」

『HER MOTHER』が感じて頂きたい事を確実に受け止めて、怒りや悲しみを伝えて下さいました。
また、佐藤監督ですら思いもしなかった点を追求する方もいらっしゃいました。日本人との根本的な考え方の違いも多いにあるのだと思います。
しかし、肉親を想う愛情はどの国も同じだという事を肌で感じました。

制作で苦労されたことなどの話
カメラ1台での撮影ですので、一つの(かなり長めの)シーンを5回くらい繰り返します。
佐藤監督が「繋がり・編集の事を気にせずやっていい」と仰って下さったので、その都度、その場で感じるままに集中して母として生きさせていただきました。
結果、編集は大変だったと思いますが。

撮影期間中ずっと、娘を失い、心を寄せられる相手が一人も居なくなった母の気持ちで、街の明かりが恨めしかったり、食欲がなくなったり、温かいお味噌汁を口にした途端涙が流れたり、、心臓がずっと冷たく萎縮し辛い日々ではありましたが、とにかく共演者とスタッフが私を信じて下さっていて、私もそれ以上に共演者とスタッフを信頼していて、無心・夢中な状況で挑めた二週間の撮影でしたので「苦労」と感じる事は一つもありませんでした。

映画情報どっとこむ ralph

物語・・・

『娘を殺害した加害者の死刑を止めようとする母。一体なぜ…』

43歳のビジネスウーマン・晴美(西山諒)。2年前に一人娘のみちよ(岩井七世)が嫁ぎ、現在は夫(西山由希宏)と二人で平凡に暮らしている。そんなある日、みちよが婿の孝司(荒川泰次郎)に殺されてしまう。孝司は死刑判決を受ける。当初は死刑判決を当然の事と考えていた晴美だが、ある時から孝司の死刑を止めようと考え始める。そこには、晴美しか知らないみちよのある秘密があった。

公式サイト:
hermother-movie.com

Twitter:
@mothermovie66

***********************************

西山諒  西山由希宏  荒川泰次郎  岩井七世  野沢聡
箱木宏美 木引優子 西田麻耶

監督・脚本・編集:佐藤慶紀
撮影:喜多村朋充
音楽:ベンジャミン・ベドゥサック
制作:カロリーネ・クラツキー
メイク:桐山雄輔
衣装:市岡昌顕
制作プロダクション:Aerial Films
配給・宣伝:渋谷プロダクション

作:『HER MOTHER』製作委員会(Aerial Films・ラフター・渋谷プロダクション)
2016/95min/DCP/カラー/ステレオ  
©『HER MOTHER』製作委員会