「野村周平」タグアーカイブ

こんな佐藤浩市は見たことがない!映画『愛を積むひと』予告編完成。



2004年に出版され、翻訳本としては異例のロングセラーを続けているエドワード・ムーニーJr著の「石を積むひと」が舞台をアメリカから日本に移し新しい物語として誕生。

邦題を『愛を積むひと』として、6月20日(土)公開となります。

奥さんに先立たれて弱さを露呈する夫・篤史を演じる佐藤浩市さんを注目の予告編が完成です。



愛を積むひと長年連れ添った仲睦まじい夫婦。

樋口可南子演じる妻・良子に頼まれた石塀作りを渋々始める様子が映し出されると一転、妻の死に打ちひしがれた背中や、

「この手紙を読んでいるということは、私はもうあなたの傍にいないということですね」

「愛を積むひと」サブ4と亡き妻から届いた手紙を読み彼女の姿を探すように空を見上げる姿。

黄昏時に石塀の上でひとりうなだれている姿。

さらに慣れない手つきで赤ちゃんを抱いている姿。

最後には不器用に笑う姿まで、今までに見たことのない佐藤浩市さんがここに。

それら男の弱さは、初めて地毛の白髪で佐藤浩市さんが演じたからこその母性本能くすぐる愛すべき女々しさに感じるはず。

また豪華共演者たちの姿も垣間見れ、さらに北海道・美瑛町の素晴らしい風景も、スケール感たっぷりに映し出されています。


愛を積むひと

公開:2015年6月20日(土)全国ロードショー

公式サイト:http://www.ai-tsumu.jp

********************************************************************

愛を積むひとポスター 物語は・・・

第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、北海道に移り住むことにした夫婦。篤史と良子は、かつて外国人が暮らしていた家で暮らし始める。

良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、以前から患っていた心臓の病を悪化させて、この世を去ってしまう。

悲しみにくれる篤史のもとに、ある日良子より手紙が届いた。驚く篤史。そして、次々と見つかる手紙に導かれるように、篤史は周囲の人々の人生に関わっていく。

そして長年疎遠となっていた娘、聡子と再会し・・・。


原作:「石を積むひと」エドワード・ムーニー・Jr.(小学館文庫刊)
監督:朝原雄三(『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』 )
脚本:朝原雄三、福田卓郎
出演:佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明

音楽:岩代太郎
劇中歌: 「SMILE」 (Nat King Cole)
製作:「愛を積むひと」製作委員会
企画・制作:アスミック・エース/松竹
制作プロダクション:松竹撮影所
配給:アスミック・エース/松竹
(C)2015「愛を積むひと」製作委員会
  


『愛を積むひと』はじめて知る、妻の《家族への想い》



2015年6月20日(土)公開の映画

愛を積むひと

の場面画像が到着しました!

愛を積むひと
亡き妻から届いた手紙。
それが、彼を新たな人生へと導いていく──。

第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、北海道に移り住むことにした夫婦、篤史と良子は、かつて外国人が住んでいた家で暮らし始める。良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、以前から患っていた心臓の病を悪化させて、この世を去ってしまう。

悲しみにくれる篤史のもとに、ある日、良子から手紙が届いた。驚く篤史。そして、次々と見つかる手紙に導かれるように、篤史は周囲の人々の人生に関わっていく。また、長年疎遠になっていた娘、聡子と再会し・・・。

「愛を積むひと」3
はじめて知る、妻の 《家族への想い》

北海道を舞台にした新たな感動作誕生しました。

2004年に出版され、翻訳本としては異例のロングセラーを続けているエドワード・ムーニー・Jr.著の「石を積むひと」が舞台をアメリカから日本に移し新しい物語として映画化。

主人公の篤史を演じるのは日本を代表する俳優、佐藤浩市、良子役には7年ぶりの待望の映画出演となる樋口可南子。二人の一人娘・聡子役に北川景子。

そして、野村周平、杉咲花、吉田羊、そして柄本明と、ベテランから躍進目覚ましい若手まで、豪華なキャスティングが実現しました。監督は『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』でメガホンをとった、巧みな演出で定評のある朝原雄三。
「愛を積むひと」サブ6 「愛を積むひと」5
愛を積むひとティザーポスター撮影は「日本で最も美しい村」連合第1号に認定された北海道美瑛町にオープンセットを建てて1年にわたり敢行、色鮮やかな丘陵や日本百名山のひとつでもある十勝岳など、大自然の四季の移ろいとともに、そこに住む人々のドラマが綴られます。

長年連れ添ってきた夫婦が、これからの第二の人生をどう過ごすのか、連れ合いを亡くしたとき、どのように立ち直り、一歩前へ進んでいくのか。そして人生の希望・豊かさとは? 今日の私たちに寄り添い、問いかける新たな感動作が誕生します。


愛を積むひと

6月20日(土)ロードショー

公式サイト:http://ai-tsumu.jp/

********************************************************************

原作:「The Pearls of The Stone Man」
    エドワード・ムーニー・Jr.著

出演:佐藤浩市 樋口可南子 北川景子 野村周平 杉咲花  吉田羊 柄本明
監督:朝原雄三
脚本:朝原雄三 福田卓郎
音楽:岩代太郎
劇中歌:「SMILE」 ( Nat King Cole)
製作:映画『愛を積むひと』製作委員会
撮影:2014年3月より撮影開始
   2014年6月15日より キャスト撮影開始
配給:アスミック・エース、松竹
(c)2015「愛を積むひと」製作委員会
  


『愛を積むひと』日本を舞台に映画化 ティザービジュアル解禁


6月20日(土)公開の映画『愛を積むひと』のビジュアルが解禁となりました!

はじめて知る、妻の 《家族への想い》
北海道を舞台にした新たな感動作誕生

2004年に出版され、翻訳本としては異例のロングセラーを続けているエドワード・ムーニー・Jr.著の「石を積むひと」が舞台をアメリカから日本に移し新しい物語として映画化されます。
愛を積むひと
主人公の篤史を演じるのは日本を代表する俳優、佐藤浩市さん、良子役には7年ぶりの待望の映画出演となる樋口可南子さん。

二人の一人娘・聡子役に北川景子さんのほか、野村周平さん、杉咲花さん、吉田羊さん、そして柄本明さんと、ベテランから躍進目覚ましい若手まで、豪華なキャスティングが実現しました。

監督は『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』でメガホンをとった、巧みな演出で定評のある朝原雄三さんです。

愛を積むひとポスター撮影は「日本で最も美しい村」連合第1号に認定された北海道美瑛町にオープンセットを建てて1年にわたり敢行、色鮮やかな丘陵や日本百名山のひとつでもある十勝岳など、大自然の四季の移ろいとともに、そこに住む人々のドラマを映し出します。

長年連れ添ってきた夫婦が、これからの第二の人生をどう過ごすのか、連れ合いを亡くしたとき、どのように立ち直り、一歩前へ進んでいくのか。

そして人生の希望・豊かさとは? 今日の私たちに寄り添い、問いかける新たな感動作が誕生します。

愛を積むひと
亡き妻から届いた手紙。
それが、彼を新たな人生へと導いていく──。

第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、北海道に移り住むことにした夫婦、篤史と良子は、
かつて外国人が住んでいた家で暮らし始める。良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、以前から患って
いた心臓の病を悪化させて、この世を去ってしまう。

悲しみにくれる篤史のもとに、ある日、良子から手紙が届いた。驚く篤史。そして、次々と見つかる手紙に導か
れるように、篤史は周囲の人々の人生に関わっていく。また、長年疎遠になっていた娘、聡子と再会し・・・。

愛を積むひと

6月20日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://ai-tsumu.jp/

********************************************************************

原作:「The Pearls of The Stone Man」エドワード・ムーニー・Jr.著
出演:佐藤浩市 樋口可南子 北川景子 野村周平 杉咲花  吉田羊 柄本明
監督:朝原雄三
脚本:朝原雄三 福田卓郎
音楽:岩代太郎
劇中歌:「SMILE」 ( Nat King Cole)
製作:映画『愛を積むひと』製作委員会
撮影:2014年3月より撮影開始
   2014年6月15日より キャスト撮影開始
配給:アスミック・エース、松竹
(c)2015「愛を積むひと」製作委員会


  
 


『日々ロック』海外進出決定!舞台挨拶野村周平が中国語披露!


映画『日々ロック』野村周平が中国語披露!
“ザ・ロックンロールブラザーズ”がついに海外進出決定!!
公開記念舞台挨拶


日々ロック1206集合写真(左から)細身、前野、岡本、野村、板橋、入江
遂に映画化!
純粋なロックの持つ力が奇跡を起こす瞬間を全力で切りとった、ド直球青春映画

日々ロック

が日本全国で公開中!そして、ロック旋風を巻き起こしている本作が、ついに香港・台湾にて公開することが決定致しました!

世界進出の足がかりとなるアジア公開を記念して、「音の日」である12月6日に入江悠監督と共に、主演の野村周平さん、前野朋哉さん、岡本啓佑さんの“ザ・ロックンロールブラザーズ”最後の舞台挨拶を行いました。

『日々ロック』公開記念舞台挨拶 概要 
日時:12月6日(土) 
会場:ユナイテッドシネマ豊洲 スクリーン4
登壇(敬称略):野村周平 前野朋哉 岡本啓佑(黒猫チェルシー) 入江悠監督
サプライズゲスト:板橋駿谷、細身のシャイボーイ

本作が公開されて、周りの反応を聞かれると野村さんは

野村:良く頑張ってるねって言われます(笑)

と話し、実はSNSなどチェックし、二階堂さんが褒められているを見て、

野村さん:俺も褒めてよ!って思っちゃいます(笑)チェックしているので、みんな感想書いて!

とアピール。また、

前野さん:今年No.1と言ってもらえて、アツイ感想をたくさんもらっています!奥さんにも褒められました。
と嬉しそうに話しました。

途中、本作の劇中曲「脳みそ」を提供した細身のシャイボーイと浜橋役の板橋駿谷さんがサプライズ登場!とにかく写真に映り込みたいと、マスコミを野次り、会場を沸かす場面も。

日々ロック1206スピーチ(左から)前野、岡本、野村、入江
そして、来春、香港・台湾での公開決定が発表されると、

入江監督:アジアで上映されるのが夢だったので嬉しい。香港アクションが好きで、劇中で前野さんに少しアクションを披露してもらってるけど…本国の人にどうとられるかな…(笑)。
日々ロック1206野村周平 また、中国にルーツを持つ野村さんが得意な中国語でスピーチを披露!流暢な中国語で

野村さん:前に一歩踏み出す勇気を与えてくれる作品なので、ぜひ観てほしい!

と熱い想いを述べ、劇中のセリフである

野村さん:ロックは世界を変えられる!

と叫ぶと、観客からは拍手が起こりました!

鑑賞後、観客の熱い気持ちを直接受け取りたいというキャストからの要望で、Q&Aを急遽実施。一番心に残っているシーンについて尋ねられると、

野村さん:クライマックスの嵐のシーンが体力的にきつかった…もう本当にヤダ、他の人に代わってって思ってました(笑)

とが振り返ると、

前野さん:野村ゾーンはヤバかったよね(笑)顔が変形するほどの暴風だった。

と壮絶な撮影秘話を語りました。

この作品に熱い想いを寄せる日本のファンからの声援を受け取り、アジア公開を待ち望んでいる香港・台湾のファンへも同じ想いが伝わることを登壇者一同願い、本作が世界でロックを響き鳴らすことを新たな目標に掲げました。 

日々ロック

絶賛公開中&海外進出決定!!

公式サイト:http://hibirock.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/hibirock_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/hibirock.movie



********************************************************************

『日々ロック』本ポスター原作:榎屋克優「日々ロック」
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)  
監督:入江悠
(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治  
共同脚本:吹原幸太(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。
「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)
出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 
喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人
劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、
DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)  
制作・配給:松竹  
(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社
  


野村周平“ロック”一気飲み『日々ロック』公開記念舞台挨拶


監督から野村周平に感謝の言葉!前代未聞“ロック”片手に盛大に乾杯!?


映画『日々ロック』
が11月22日(土)に全国公開致となりました。

そして、本日23日、本作の公開を記念して新宿ピカデリーにて最強の“ロックバカ”メンバーが大集結し、公開記念舞台挨拶を行われました。

1123『日々ロック』舞台挨拶0
『日々ロック』公開記念舞台挨拶 詳細 
日 時:11月23日(日) 
会 場: 新宿ピカデリー スクリーン3
登 壇:野村周平、二階堂ふみ、前野朋哉、落合モトキ、岡本啓佑(黒猫チェルシー)、喜多陽子、The SALOVERS(古舘佑太郎、藤川雄太、藤井清也、小林亮平、竹中直人、入江悠監督

登壇者12名が並ぶと多大きなスクリーンにもかかわらず一杯!最後の舞台挨拶。気合張っています。

そして、主演の野村周平さんから順に挨拶。そしてMCさんが「これからやりたいロックなこと」を質問。

野村さん:本日はご来場いただきありがとうございます。
1123『日々ロック』舞台挨_拶野村周平2 やりたいことは、ディズニーランドを買い占めたいですね。男3人、女7人くらいで遊びたい。


二階堂さん:足をお運び下さってありがとうございます。楽しんでいってください。

やりたいこと・・切り絵教室を探してまして・・繊細な作業で内に向かっていくのはロックだなと思いますので・・・切り絵で。
1123『日々ロック』舞台挨拶_二階堂ふみ
MC:お二人は昨日の舞台挨拶でやっときちんと話ができるようになったと。

野村さん:はい。そうですね。(これが最後の舞台挨拶なので)本当に悲しいです。


前野さん:ま、ま、ま(マイクが入っていない)前野朋哉です!さっき日々ロック初回観ました!興奮度は皆さんと同じくらいです。

結婚式出来てないので、ディズニーランドで結婚式上げたいです。リアルに。
1123『日々ロック』舞台挨拶_前野朋哉
落合さん:こうやって初日を迎えられてこの場に立って。観終わったお客様の顔を見られること光栄です。

やりたいことは、100mのバンジージャンプしてみたいです。度胸付けたいです。
1123『日々ロック』舞台挨拶_落合モトキ
岡本さん:演技は初挑戦だったんです。素晴らしい経験でした。

24時間耐久ライブがやってみたいです。みんなドロドロになって。
1123『日々ロック』舞台挨拶_岡本啓佑2
TheSLAVERSさん:本当は○○とかかれたTシャツを着てこようと思ったのですが、松竹さんからNGで。なぜ今更ストップなのか・・

僕たちはMVでバンジーやったんで。全裸でスカイダイビングをやりたいです。着地は恥ずかしいですけど。バンド全員で全裸で。
1123『日々ロック』舞台挨拶_TheSALOVERS2
喜多さん:はじめまして。こうして舞台挨拶に参加できてうれしく思っています。
1123『日々ロック』舞台挨拶_喜多陽子3
映画の中で宇田川咲ちゃんがお酒をボトルのまま直接飲んでいてかっこよかったので。私はビールが好きなので。ビンビールを直接一気飲みしたいです!!(すぐできるよ!の突っ込み)じゃあ今日やります!
1123『日々ロック』舞台挨拶_喜多陽子4
竹中さん:マイクの音が出ないパフォーマンス。(爆笑)今日はお集まりいただきましてありがとうございます。
1123『日々ロック』舞台挨拶_竹中直人
俺はすしだね!
わきの下で握って!客に出してえ~マグロ一丁ってね。(爆笑と拍手)
1123『日々ロック』舞台挨拶_竹中直人寿司
入江監督:東京2日目。こんだけのキャストが集まったのは初めて。でも…蛭子さんがいないですね。撮影中から“帰りたい”と言っていましたが、ついにいなくなちゃっいましたね(笑)
1123『日々ロック』舞台挨拶_入江監督2
パニック映画がすごく好きなので、スピルバーグの宇宙戦争みたいな映画作りたいですね。松竹のロゴから始まるパニック映画・・是非作らせてほしいですね。今回の出演者ばたばた死んでもらってね。

撮影現場から公開まで、主演として引っ張ってきた野村さんへ普段は口下手な監督から感謝の言葉が贈られました。

1123『日々ロック』舞台挨拶_入江監督手紙
入江監督:初めの印象は手足が長くて、顔もイケメンでムカツクって思った(笑)。でも、自分の武器であるイケメンを捨てて、地べたを這う演技に挑んだのは素晴らしかった。みんなを引っ張っていく姿に感動した。

野村さん:やっと褒められて。。そんな監督すき!すきです!
1123『日々ロック』舞台挨_拶野村周平
そして、竹中さんが自身の携帯のカメラで自由に撮影し始めると、野村さんも二階堂さんも共にピースで答える微笑ましい姿も
1123『日々ロック』舞台挨拶竹中写真
爆発的な大ヒットとなるよう祈りを込めて、ロックな鏡開きも実施!
1123『日々ロック』舞台挨拶鏡開き
前代未聞の本物のウィスキーが入ったロックグラスでの乾杯に、登壇者一同大興奮!野村さんはヒットを願いグイッと飲み干す“ロック魂”を見せつけました!

1123『日々ロック』初日舞台挨拶一気飲み後
MC:最後に野村さんメッセージを!

野村さん:日々ロックと言う映画のエネルギーを皆様の手で広げていただけたら嬉しいです!キャストの皆さん、スタッフ、監督。本当にありがとうございました。日々ロック公開おめでとうございます!

1123『日々ロック』舞台挨_拶野村周平1
『日々ロック』大ヒット公開中!

公式サイト:http://hibirock.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/hibirock_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/hibirock.movie

日々ロック
********************************************************************


原作:榎屋克優「日々ロック」
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)  
『日々ロック』本ポスター監督:入江悠
(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治  
共同脚本:吹原幸太
(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。
「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)
出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人
劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)
制作・配給:松竹  
(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社