「酒井若菜」タグアーカイブ

『午前0時、キスしに来てよ』リアル・シンデレライベント&完成披露


映画情報どっとこむ ralph 「別冊フレンド」(講談社)にて大人気連載中のみきもと凜の同名少女まんが「午前0時、キスしに来てよ」が片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈をW主演に迎えて実写映画化、12月6日(金)に全国公開を迎える。

本作は国民的スーパースターと普通の女子高生の「ヒミツの恋」を描いたロマンティックなリアル・シンデレラLOVEストーリー。公開までいよいよ約1か月となったこの日、W主演の片寄涼太、橋本環奈をはじめ、眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、酒井若菜、遠藤憲一、新城毅彦監督が完成披露イベントに登壇した。
映画『午前0時、キスしに来てよ』
リアル・シンデレライベント&完成披露舞台挨拶 概要

日時:11月12日(火)
場所:リアル・シンデレライベント:ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場
完成披露舞台挨拶:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 スクリーン1
登壇:
片寄涼太、橋本環奈、眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、酒井若菜、遠藤憲一、新城毅彦監督

映画情報どっとこむ ralph リアル・シンデレライベントと題された今回のイベントでは、登壇者たちが夜空のようなブルーのきらびやかな衣装をまとってライトアップされた大階段を降りてくる、まるでおとぎ話のような演出で登場!

観客の黄色い声援の中、登場した国民的スーパースター・綾瀬楓役の片寄涼太が階段で立ち止まると、続いて鮮やかなブルーのドレスに輝く星のような髪飾りをつけて登場したのは、楓(片寄)と運命的な恋に落ちる女子高生・日奈々を演じる橋本環奈。

橋本の手を片寄が取り、エスコートしながら階段を降りていく様子に、観客からは大歓声が上がった。
片寄は「『午前0時、キスしに来てよ』がついに皆さんのもとに届き始めるということで、すごくワクワクしています」と映画が完成した喜びを語ると、橋本も「本当に寒い中、今日はありがとうございます。短い時間ですが楽しんでいってください」と観客を気遣い、感謝を述べた。
その後、登壇者たちは集まった約400名のファンの間に敷かれたレッドカーペットを歩き、サウンドバイツに応えてイベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph
場所を移して行われた舞台挨拶では、「素敵なイベントに登壇させてもらって興奮しています」とおとぎ話のようなリアル・シンデレライベントを振り返った片寄をはじめ、

W主演を務めた橋本環奈ら登壇者たちが再び勢揃い。
日奈々のことをずっと想い続ける幼馴染のあーちゃんことは浜辺彰を演じた眞栄田郷敦は、「あーちゃんという役は片寄さん演じる楓のライバル役。恐れ多くもありながら、片寄さんに並ぶくらい魅力的な男を演じたいと思って演じました。映画を観てちょっとでもあーちゃんいいな、と悩んでもらえたら嬉しいです」と自身が演じる役への愛情を語った。

楓の元カノで日奈々の前に恋敵として立ちはだかる内田柊役の八木アリサは「一波乱起こす役なのでムカつかれてしまうかも…」と心配しながらも「女子は共感できるところもたくさんあるのできゅんきゅんして帰ってください!」と作品への自信をのぞかせ、日奈々の親友・るんちゃんこと磯山光を演じた岡崎紗絵は「今日この日を迎えられることが嬉しいです」と感無量の気持ちを語った。

楓がかつて所属したアイドルグループFunny boneのリーダー・中条充希役の鈴木勝大が明かした「なんでFunny boneってグループ名なんだろう?と片寄くんと話していた時に、(叩くと)痺れる骨のことをファニーボーンって言うので、しびれるくらい魅力的なグループってこと解釈が一致しました」という裏話に会場からは「おお〜」と納得の声が。日奈々の母・陽子を演じた酒井若菜は「気さくで男気があって、そして可愛い」と絶賛する娘役の橋本と「たくさんコミュニケーションをとって親子に見えるよう頑張りました」と微笑ましいエピソードを披露した。

楓の敏腕マネージャーである茂ちゃんこと高橋茂雄役の遠藤憲一が「『午前0時、キスしに来てよ』。こういうタイトルの映画に出るとは思いませんでした!」と挨拶し、会場の笑いを誘うと、そんな遠藤と同じ年だという本作の新城毅彦監督は「こちらにいるキャストとスタッフで一生懸命作った作品を観てもらえる日が来て、大変嬉しく思います」と本作の完成を喜んだ。

国民的スーパースターと女子高生の「ヒミツの恋」を描いた本作にちなんで、共演者の「ヒミツ」を聞かれた登壇者たち。片寄は橋本が撮影中、11時近くなると「お腹空きそうだな」と空腹を予言する発言をしていたというエピソードを披露。「あんまり天然的な部分はない橋本さんなんですけど、唯一、僕が撮影の時に思ったのは『お腹空いてきそうだな』と予言する、それはなんだろうな…と思いました」と話す片寄に、橋本は「自覚なかったですよ、だってお腹空きそうなんですもん」と笑顔で答えた。
橋本が明かした片寄の「ヒミツ」は、日奈々が楓の家に遊びに行った際に、お風呂上がりの楓が上半身裸で出てくるシーンでの裏話。撮影ぎりぎりまで体を絞っており、何も口にしていなかった片寄に「体調悪いんですか?風邪ですか?とか、普通に能天気に聞いていたんです。でもそのワンシーンのために、やっているところが綾瀬さんと一緒で、スターなんだなと思いました」と片寄の役に負けないスーパースターっぷりを明かした。
「でももう一つあって、」と橋本がさらに明かしたのは「片寄さん、極限状態になったのか味噌汁を飲んだんですよ。そこは庶民的だなと思いましたね」というスターの庶民的な一面。そんな橋本の「ヒミツ」暴露に、片寄も「いや、味噌汁飲むでしょ!」とツッコミ、仲の良さをみせた。

ここで、観客と片寄にサプライズで、本作の主題歌「One in a Million -奇跡の夜に-」を担当したGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが登壇。

彼らのレギュラー番組内で、本作を応援する企画を別場所で撮影していたメンバー。撮影の流れで急遽の登壇、思わぬサプライズゲストに会場は悲鳴にも似た歓声に包まれた。「MVも寄さん(片寄)に見せてもらって、歌詞もだけど、すごくかっこよかったです」と橋本もお気に入りだという主題歌。片寄から「よく歌ってくれてたよね」と振られると「私、あれ完璧です!」と自信満々の様子を見せ、思わずGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーからも「聞きたい!」との声が。結局橋本のアカペラ披露とはならなかったものの、代わりに小森隼がサビを一部披露し、会場は終始大盛り上がりだった。リーダーの白濱亜嵐は「常々涼太がかっこよくて、終始キラキラしてましたね、この映画の中では。試写室でた後にいろんなメッセージがあって、自分たちにも刺さるねという話をした」と語ると、関口メンディーは「深いメッセージが、個人的には感きわメンディー!しましたね」とテンション高めで感想を語り、同じグループの片寄をねぎらった。

最後に「この映画はまだ公開されてないけど、これだけたくさんの人に注目されているんだなと実感しました。公開されても何度でも観て、きゅんきゅんしてほしいです」と橋本が語ると、片寄も「GENERATIONS from EXILE TRIBEとしても主題歌で携わらせていただいて、この作品が盛り上がれば良いなと思いますし、この作品が本当にいろんな方にとって大切な作品になればと心から願っております」と締め、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『午前0時、キスしに来てよ』

2019年12月6日(金)全国公開


<STORY>
優等生の日奈々(橋本環奈)は誰もがみとめる超・マジメ人間。でも、ほんとはおとぎ話のような王子様との恋にあこがれる夢見がちな女子高生だった…。そんなある日、国民的スーパースター・綾瀬楓(片寄涼太)が、映画の撮影で学校にやってきた!運命の出会いをするふたり。ま、まさか、これはおとぎ話のはじまりっ?!楓の気取らない性格とやさしさにふれ、どんどん楓のことが好きになっていく日奈々。絶対バレてはいけないスーパースターとJKのヒミツの恋の行方は?最高にファンタジックで、ロマンティックなリアル・シンデレラLOVEストーリーの誕生です。
午前0時、キスしに来てよ
***********************************


原作: みきもと凜『午前0時、キスしに来てよ』(講談社「別冊フレンド」連載)
※ 原作者・みきもと先生のお名前は旧字の「凜」となります(新字「凛」ではありませんのでご注意ください)

出演:
片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE    橋本環奈
眞栄田郷敦 八木アリサ 岡崎紗絵 鈴木勝大
酒井若菜 遠藤憲一  
    
監督:新城毅彦
脚本:大北はるか  
音楽:林イグネル小百合   
配給:松竹
制作スケジュール: 2019年4月中旬クランクイン、6月上旬クランクアップ

(C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

酒井若菜が橋本環奈の母役と発表!「午前0時、キスしに来てよ」仲良し場面写も到着!


映画情報どっとこむ ralph 累計260万部を突破の「別冊フレンド」(講談社)にて大人気連載中「午前0時、キスしに来てよ」が実写映画化、12月に全国公開となります。
午前0時、キスしに来てよ 芸能人と一般JKの誰にも言えない秘密の恋を描く本作。

演じているのは!

国民的スター・綾瀬楓(あやせ・かえで)を演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル、片寄涼太さん。

普通の女子高生・日奈々(ひなな)役には、ティーン女子から絶大な支持を得る橋本環奈さん。

住む世界がまったく違う二人の運命的な出会いからはじまる“シンデレラストーリー”にワクワク、ドキドキ、ハラハラ、一緒に泣いて、笑って、みんなで大盛り上がりできる“アトラクションムービー”がこの冬、誕生します!

そして!!

橋本環奈さん演じる日奈々の母親・花澤陽子(はなざわ・ようこ)役に、酒井若菜さんに決定しました!

洋食屋を営む花澤家では、多忙な両親に代わって日奈々が家事を手伝い、妹・すずの面倒も見ることが多く、母である陽子は、明るくまじめな性格だけど自分のことをあまり口にしない娘を気にかけながらやさしく見守っています。日奈々が楽しそうにしているちょっとした変化に「彼氏でもできたかな?」とうれしく思いながらも、国民的スーパースターである楓とのまっすぐな恋愛を知り、驚きつつも信じて支えようとする母の強さ、そして”花澤家のある秘密”が垣間見える繊細な表情やセリフにも是非ご注目ください!

撮影現場を振り返り

酒井さん:数日間の撮影でしたが、 家族の愛情というか、距離感みたいなものを撮影初日につかむことができたので、とても楽しく濃密な時間を過ごせました。

と語るとおり、仲睦まじい花澤家の家族写真を初解禁。
『午前0時、キスしに来てよ』橋本環奈x酒井若菜x野田あかり
撮影の合間には、すず役を演じた4歳の子役・野田あかりさんと一緒に本を読んだり、ゲームをしたりする等、和気あいあいと過ごした様子。橋本環奈さんとの初共演について

酒井さん:環奈ちゃんが二十歳と聞いて、ずいぶん大きい子の母親役をやらせていただけるんだなぁと思い、(共演が)楽しみでした。実際会ってみてとても波長の合う子だったので、すぐにおしゃべりして、仲良く過ごせました。

と語ります。さらに今回、”ある事情”を抱えた親子関係を演じたことについては、

酒井さん:いまひとつ踏み込めない事情がある親子関係の中で、娘(日奈々)と真剣に向き合うシーンもあって。ぜひ、観ていただきたいなと思います。

とメッセージを送った。

映画情報どっとこむ ralph 「午前0時、キスしに来てよ」

2019年12月、全国公開!
<STORY>
優等生の花澤日奈々(はなざわ・ひなな/橋本環奈)は、超・まじめ人間として、一目おかれる存在。しかし、本当はおとぎ話のような、王子様との恋愛にあこがれている夢見がちな女子高生だった。ある日、国民的人気スター・綾瀬楓(あやせ・かえで/片寄涼太)が、映画の撮影で日奈々の通う高校にやってきた。エキストラとして参加することになった日奈々は、彼がJKのお尻ばかりを眺めているところを目撃!そう、彼は “おしり星人“だったのです!驚きながらも、楓の飾らない素顔と優しさに惹かれていく日奈々。一方、楓も、裏表のない日奈々の実直さに次第に惹かれるように・・・。芸能人と一般人の隠れた恋、それは絶対に誰にも知られてはいけない秘密‼住む世界が全く違う二人には、思いもよらぬ障害が次から次に押し寄せて…。そして、ひそかに日奈々を想い続けてきた幼馴染の浜辺彰(はまべ・あきら/眞栄田郷敦)が、楓に宣戦布告。はたして彼らの恋の行方はいかに?!

***********************************


原作:みきもと凜『午前0時、キスしに来てよ』(講談社「別冊フレンド」連載)
※ 原作者・みきもと先生のお名前は旧字の「凜」となります(新字「凛」ではありませんのでご注意ください)
出演:片寄涼太  橋本環奈 眞栄田郷敦  
※片寄さんと橋本さんのW主演となります。   
※片寄さんのお名前には右記をいれてください  GENERATIONS from EXILE TRIBE        
監督:新城毅彦   
脚本:大北はるか   
配給:松竹
制作スケジュール: 2019年4月19日クランクイン、6月3日クランクアップ
(C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大人計画:松尾スズキ監督・脚本・主演『108~海馬五郎の復讐と冒険~』キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 1988年に舞台「絶妙な関係」で旗揚げされ、宮藤官九郎や阿部サダヲなど多才なメンバーと共に、多岐にわたって活動を続けてきた大人計画。主宰である松尾スズキも「松尾スズキ」として活動を始めて、2018年には劇団とともに30周年を迎えました。

その松尾スズキの次なるプロジェクトは自らが初めて監督・脚本・主演を全て務め、この秋公開される映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(読み方:いちまるはち かいばごろうのふくしゅうとぼうけん)。「いいね!の数だけ女を抱いて復讐」という前代未聞のR18映画に、超豪華なキャストが勢揃いしました。
108海馬五郎の復讐と冒険
映画情報どっとこむ ralph 海馬五郎の妻で元女優の綾子を演じるのは中山美穂。
“ドクタースネーク”というコンテンポラリーダンサーとの2ショット写真をSNSに投稿したことがバレて、海馬を激怒させてしまう。不思議な魅力を放つ年下ダンサーに身も心も奪われていく綾子を大胆に演じ、大人の魅力をたっぷりと披露している。海馬のプレイボーイの友人・糸井には、劇団ハイバイを軸に劇作家、演出家、そして自らも俳優として活躍している岩井秀人。「いいね!の数だけ女を抱いて資産を使い切る」という海馬のとんでもない復讐計画に巻き込まれていく。さらに海馬の友人でパニック障害持ちの女優・砂山を、読売演劇大賞や紀伊國屋演劇賞を受賞し名だたる演出家が厚い信頼を寄せる秋山菜津子が、そして海馬の代わりに病気の父の世話を一手に引き受けることになってしまった妹役を坂井真紀が演じている。

また、なぜか海馬に綾子の動向をリークし続ける売れない女優にドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」(19)でブレイクを果たした堀田真由、復讐計画に手を貸すド派手なホストに大東駿介、自分の価値を絶対に落としたくない高級風俗嬢に『リバーズ・エッジ』(18)で体当たりの演技が話題となった土居志央梨など、実力派の若手俳優陣がそれぞれ”超個性豊かな”役柄に挑んだ。

その他、栗原類、LiLiCo、酒井若菜、福本清三、乾直樹、オクイシュージに加え、宍戸美和公、村杉蝉之介といった大人計画でお馴染みの俳優陣も名を連ねている。

映画情報どっとこむ ralph 中山美穂、岩井秀人、秋山菜津子さんからのコメントも到着しています!

●中山美穂さんのコメント
松尾監督がこの作品を構想中の頃、咄嗟に私に演らせて下さいと申し出てしまったのです。監督は実現できるかどうかと笑いながら仰っていましたが、それから1年待たずに私達は撮影に挑んでいました。楽しくて仕方のない現場でした。演出をされる松尾スズキは穏やかに強い信念を持ち、そして激しく演じてらっしゃいました。そんな姿がだんだんと可愛く見えてきて、作品の中でもその感じが伝わるのだと思います。とにかく笑える内容です。そしてせつない。私に演らせて頂けたことに感謝しています。

●岩井秀人さんのコメント
メジャーな作り手の誰もかれもが「コンプライアンス」を気にし、テレビの前の主婦までもが「この表現、誰かに文句言われないのかしら?」と呟くようなご時世に、「よくぞこんな映画を作った!」と言われることでしょう。でも本来「表現」って、「ワレワレの外側」にあるものに手を伸ばすためのものなのだし、そのことを思い出させてくれる作品です。だからコンプラなんてものには届かない高みのシロモノになってございます。ご覧ください! しかし松尾さんって、いつ丸くなるんでしょうね…。

●秋山菜津子 さんのコメント
舞台作品の中でいつも私に面白い役をやらせて下さる松尾さん。今回もなかなか変わった役柄を与えてくださいまして…楽しかったです。 撮影が終わって『この映画を秋山さんの代表作にして下さいね。』と松尾監督に言われたんですけど…嬉しいような ちょっと複雑な気分でした。あ、観て頂ければ分かると思うんですけど(笑)。 でも…そうですね、こんなに潔くかっこいい映画に出演できた事は“誇り”です。それは確かです。

映画情報どっとこむ ralph 『108~海馬五郎の復讐と冒険~』

2019年秋、全国ロードショー

公式サイト:
108-movie.com

Twitter:
https://twitter.com/eiga108



【ストーリー】
名脚本家として成功している海馬五郎は、ある日、元女優の妻・綾子の浮気をSNSの投稿によって知ってしまう。コンテンポラリーダンサーである“ドクタースネーク”という男への熱い恋心を綴ったその投稿を見て、わめき散らす海馬。あまりのショックに離婚を考えるが、離婚時の財産分与で資産の半分を支払わなければならないことを知りさらに大激怒。

妻の”不貞”に支払わなくてはならない資産1000万を、自らの”不貞”で使い切ることで復讐を決意した海馬。綾子がSNSに投稿した写真についた108もの“いいね!”に湧き上がる怒り。 ”いいね!”の数だけ女を買いまくる、煩悩丸出し、前代未聞の復讐劇が幕をあける―。

***********************************

松尾スズキ
中山美穂
大東駿介 土居志央梨 栗原類 LiLiCo 福本清三 乾直樹 宍戸美和公 堀田真由
村杉蝉之介 オクイシュージ / 岩井秀人 / 酒井若菜 坂井真紀 秋山菜津子

監督・脚本:松尾スズキ
制作プロダクション:パイプライン
配給・宣伝:ファントム・フィルム
製作:「108〜海馬五郎の復讐と冒険〜」製作委員会(バップ/ファントム・フィルム/大人計画/パイプライン)
2019年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/102分
(C)2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ