「那覇国際通り」タグアーカイブ

阿部寛、岡田将生、榮倉奈々ら豪華ゲスト第10回沖縄国際映画祭にレッドカーペット@那覇市・国際通り


映画情報どっとこむ ralph 『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』も最終日!

雨を吹き飛ばすスターたちの競演にファンも熱狂! 10回目の開催を華やかに盛り上げたレッドカーペットが開催 4 月 22 日(日)、那覇市の国際通りで、人気俳優やタレントが多数参加する華やかな「レッドカーペット」が行われました。

あいにくの雨模様で2時間遅れの開始となりましたが、ゲストの登場を楽しみに待つお客様が大勢詰めかけ、スタート前ですが会場はいつにもま して大きな熱気に包まれました。

『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』
レッドカーペット@那覇市・国際通り

日付:4/22(日)
場所:那覇国際通り

映画情報どっとこむ ralph まず会場に姿を見せたのはNMB48。
沿道のファンににこやかに手を振り、レッドカーペットを大いに盛り上げます。
メンバーの吉田朱里は「この雨の中、お客さまがずっと待って いてくれて本当にありがたい」とコメント。

続いてTV DIRECTOR’S MOVIE『美人が婚活してみたら』から主演の黒川芽以さんが登場。淡いブルーのロングドレスに身を包み、とびきりの笑顔を見せてくれました。

TV DIRECTOR’S MOVIE『Bの戦場』に出演した速水もこみちさん、大野拓朗さんが現れると、スラリとした 2 人の姿に沿道からもため息が。

特別招待『洗骨』の照屋年之監督(ガレッジセール・ゴリ)は「今回本名で作品を撮らせてもらった」と話し、沖縄の粟国島に残る風習を題材にした作品をアピール。

そして、TV DIRECTOR’S MOVIE『家族のはなし』 の岡田将生さん、成海璃子さんが登場すると、赤絨毯の端からは端まで会場中から大きな 歓声がわき起こりました。

映画祭期間中、沖縄公演を行った吉本新喜劇の面々も揃ってレッドカーペットへ。手を振って沿道の声援にこたえます。TV DIRECTOR’S MOVIE『耳を腐らせるほどの愛』の主演、 森川葵さんは、あいにくの天気にもかかわらず「今日は歩くことができて本当に良かった」 とにこやかに語りました。

映画情報どっとこむ ralph その後もレッドカーペットにはスターの皆さんが続々登場。特別上映作品『レオン』の知英さんは、沿道のファンとの写真にも気さくに応じるなどフレンドリーな姿が印象的でした。
また、今回初開催となったプログラム「マイ フェイバリットムービー~Thanks to MOVIE&OKINAWA~」で映画愛を語った黒木メイサさんは「沖縄出身ですが、映画祭 10 年目でやっと来ることができた」と感激の様子。
「普段はあまり飲みませんが、滞在中は泡盛をたくさん飲みました」と沖縄らしいエピソードを気さくに語りました。

降り続く雨のなか、続いて登場したのは特別上映『ニワトリ★スター』の井浦新さん、成田凌さん。傘も差さずに沿道のサインに応じ、ファンの皆さんも感激の面持ち。
また、TV DIRECTOR’S MOVIE『劇場版ドルメン X』出演の志尊淳さんらキャストが姿を見せると、 待ちわびたお客様からの歓声が国際通りに響き渡ります。

さらに、特別招待作品『のみとり侍』主演の阿部寛さんも颯爽と登場し「沿道の皆さんの熱気がすごい」と雨のなか見守るファンにメッセージ。

特別招待作品『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の榮倉奈々さんは、ドレスからのぞく美脚とさわやかな笑顔 で観客を大いに魅了しました。


レッドカーペットの最後に登場したのは、映画祭実行委員長を務める吉本興業株式会社社長の大﨑洋。

10 回目の映画祭について

「やっと 10 年、まだ 10 年という気持ち。また来年 に向けて頑張っていきたい」

と決意を語り、雨のなか行われた節目のレッドカーペットを 締めくくりました。

***********************************


榮倉奈々、李闘士男監督、ワニが沖縄国際映画祭レッドカーペットに!『妻ふり』


映画情報どっとこむ ralph 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』で実写映画化! 6 月8日(⾦)全国公開となります。

『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』(4/19-22開催)の特別招待作品として、昨日のプレミア上映に続き、本日 4月22日、レッドカーペットに榮倉奈々と李闘士男監督とワニが登場しました!

島せんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭
『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』那覇国際通りレッドカーペット


日付:4/22(日)
場所:那覇国際通り
登壇:榮倉奈々、李闘士男監督、ワニ

映画情報どっとこむ ralph 正午から開始の予定だった『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』 レッドカーペットだったが、直前に、おりからの雨脚が強くなり、雷が鳴り響いたため、 ⼀時中断のアナウンスが!!!!

14時15分に天候が少し回復し小雨になったところで再開。

榮倉さんのテレビ特別番組の生放送出演が終了した15時過ぎに、榮倉奈々さんと李闘士男監督がレッドカーペットで!更に安田顕ではなく・・・・ 劇中で実際に榮倉さん演じるちえを喰ってしまった!?ワニが登場。
那覇国際通りの沿道を埋め尽くしたファンからの大歓声に、シャネルのドレスを着た榮倉さんが何度もにこやかに⼿を振り、約150mにわたるレッドカーペットを歩きファンとの交流も!
世界中からメディアが来ていて、その取材に応じたり、「奈々ちゃーん︕︕」という⻩⾊い声援にこたえて 振り返ったり、ファンとの自撮りに応じるなど、終始リラックスした様子でした。

体⻑2m20cmというワニを抱えてレッドカーペットを歩ききった李闘士男監督と榮倉奈々 は、「妻ふり観てねー︕」とコメント、レッドカーペットの感想を聞くと「サイコー︕」と嬉しそう に答えていました。

映画情報どっとこむ ralph
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー

映画公式サイト:tsumafuri.jp
#妻ふり

物語・・・
予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった⽇常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、⽞関で妻のちえ
が口から⾎を流して倒れていた︕転するじゅんだが、「ククク ……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするよ うになった。ある時は
ワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。 最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗で
すね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなの か、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の⾏には、“秘密”があった。

***********************************

榮倉奈々 安田顕 大谷亮平 野々すみ花
原作:「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(作:K.Kajunsky 漫画:ichida/PHP研究所刊)
監督:李闘士男『神様はバリにいる』
脚本:坪田文「コウノドリ」 主題歌︓チャットモンチー「I Laugh You」(キューンミュージック)
配給:KADOKAWA (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会