「足立 紳」タグアーカイブ

南沙良x蒔田彩珠 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、7月14日㈯より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』のビジュアルと予告編が完成しました。

原作は人気漫画家・押見修造の同名作。自身の体験をベースに描いた同作は、幅広い世代を感動の渦に包み大きな反響を呼ん だ。待望の映画化では気鋭監督・湯浅弘章がメガホンをとり、『百円の恋』の足立紳が脚本を手掛ける。

今回、公開に先立ち、厚生労働省より社会保障審議会児童福祉文化財に指定され、学生のみならず教育に関わる人に向けた優秀作品として推薦されました。

映画情報どっとこむ ralph 解禁されたビジュアルは、志乃と加代が前を向き、笑顔で自転車に乗る、夏の公開にぴったりな爽やかなものとなった。ギターケ ースを背負う志乃の姿からは音楽を通して友情を深めていく様子もうかがえます。

一転、志乃と加代に加え、物語を大きく展開させて いくクラスメイトの少年・菊地らの苦悩や葛藤が感じられるような表情、そして志乃に寄り添う担任や母親などの姿は一筋縄ではいか ない物語を予感させ「伝わらなくてもいい。伝えたいと思った」というコピーからは、不器用ゆえのもどかしさと、それでも自分の想いを 「伝えたい」という強い意志を感じさせるものに。

映画情報どっとこむ ralph 予告編では、次世代を担う15歳の実力派の2人が体当たりで挑んだ高い演技力の一端が垣間見え、言葉が上手く 話せない志乃を南沙良(『幼な子われらに生まれ』)が、音楽好きでコミュニケーションが苦手な加代を蒔田彩珠(『三度目の殺 人』)が熱演しています。加えて萩原利久(『あゝ、荒野』)演じる同級生の菊地の存在が、ふたりを揺さぶっていく様子も映し出されています。 また、南と蒔田が実際に猛練習して挑んだ歌とギター演奏「あの素晴しい愛をもう一度」など名曲も登場、ノスタルジックに物語を彩る。


物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った。
高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなの に音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生 の男子・菊地が参加することになり…

***********************************

出演:南 沙良 蒔田彩珠/萩原利久/小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲/山田キヌヲ 奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)

脚本:足立 紳
音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社
製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


南 沙良 蒔田彩珠 傷だらけでまぶしい青春映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が7月14日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定しました。

不器用な二人の小さな一歩。
悩みもすべて抱きしめて世界はかすかに輝きだす。

高校1年生の志乃は、喋ろうとするたび言葉に詰まり、名前すら上手く言うことが出来ずに笑い者になってしまう。

ひとり過ごすなか、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。ギターが生きがいなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭に向けて不器用なふたりの猛練習が始まった。コンプレックスから目を背け、人との関わりを避けてきた志乃と加代。自分の殻を破るため、互いに手を取り小さな一歩を踏み出すが。

原作は人気漫画家・押見修造の同名作。
自身の体験をベースに描いた同作は、幅広い世代を感動の渦に包み大きな反響を呼んだ。

監督は本作で長編商業映画デビューを果たす気鋭・湯浅弘章。脚本を『百円の恋』の足立紳が手掛ける。

主演を務めるのは共に15歳の実力派女優。志乃を演じるのは、現役モデルにして『幼な子われらに生まれ』に出演、女優としても注目を集める新星、南沙良。加代役を『三度目の殺人』やドラマ「anone」などでの高い演技力が記憶に新しい、蒔田彩珠が熱演する。感動のラストに全世代が胸を打つ、傷だらけでまぶしい青春映画


志乃ちゃんは自分の名前が言えない

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

7月14日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開!!

***********************************

出演:南 沙良 蒔田彩珠 /萩原利久 /
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ 奥貫 薫
監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳
音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


佐藤江梨子×瑛太W主演『リングサイド・ストーリー』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした大ヒット映画『百円の恋』から3年。

同スタッフが再集結し、盟友・足立 紳の実話をヒントに生み出されたオリジナルストーリーをひっさげた武 正晴監督 待望の最新作『リングサイド・ストーリー』が、10月14日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国公開することが決定しました!

本作は、佐藤江梨子×瑛太をW主演に迎え、武藤敬司・武尊・黒潮“イケメン”二郎など、K-1×プロレス界のトップアスリートたちが豪華出演!

また、身も蓋もない現実を代弁するかのような、フラワーカンパニーズの楽曲「消えぞこない」を主題歌に起用することもわかりました。
エンディングは「唇」、挿入歌には「キャンバス」と、エンディング・挿入歌ともに、フラワーカンパニーズの楽曲が劇中で使用されております。

そして遂にポスタービジュアルが解禁!
今回解禁されるポスタービジュアルには、売れない役者のダメ男を見限らずに健気に支える彼女を演じた、4年ぶりの主演となる佐藤江梨子のまっすぐな瞳が印象的です。また、リングにあがるため、2ヶ月以上ジムに通い、断酒や肉はササミのみを食べるなど食事コントロールをしながら体をしぼった瑛太のボディにも注目です。

俳優、格闘家、ミュージシャンの実力者たちで作り上げた本作は、まさに演技の総合格闘技!
映画『リングサイド・ストーリー』のゴングが、この秋、鳴り響く!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
「俳優ってのはなっ!人に非ずって書くんだよ!」
「役者なら、一世一代の演技見せてよ!」

10年付き合い同棲中の江ノ島カナコ(佐藤江梨子)の彼は、ヒモ?同然の売れない役者“村上ヒデオ”(瑛太)。

出会った頃、舞台袖で見たヒデオは輝いていて、7年前大河ドラマに出た時は、カンヌ映画祭に連れていってくれると信じていた。最近は、相変わらずオーディションに落ち続け、マネージャー百木(近藤芳正)が決めたエロVシネの大役さえ、撮影当日にドタキャンする始末。

ある日、カナコは勤め先の弁当工場を突然クビになり生活は大ピンチ!プロレス好きだったヒデオは、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1(レッスルワン)」の広報が人員募集している事を知り、彼女の職探しをアシストする。

しかし新天地でイキイキと働きだし、自分を構わないカナコを、浮気していると勘違いして嫉妬に狂ったヒデオは、とんでもない事件を起こしてしまう。

事件のケリをつけるため、K-1チャンピオン和希(武尊(たける))との一騎討ちを命じられたヒデオ。
果たして、愛するカナコのために、ヒデオはリングに上がるのか?

***********************************

佐藤江梨子   瑛太
有薗芳記 田中要次 伊藤俊輔 奈緒 村上和成 / 高橋和也 峯村リエ
武藤敬司 武尊 黒潮“イケメン”二郎 
菅原大吉 小宮孝泰 前野朋哉 / 角替和枝 近藤芳正 余 貴美子

主題歌 「消えぞこない」フラワーカンパニーズ
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

監督:武 正晴
脚本:横幕智裕  李 鳳宇 
エグゼクティブ・プロデューサー:矢吹 満  李 鳳宇 
プロデューサー:成 宏基 音楽:李 東峻 
撮影:西村博光 照明:常谷良男 
録音:岩間 翼 美術:天野竜哉 編集:細野優理子 
助監督:山田一洋
企画制作:マンシーズエンターテインメント 
制作プロダクション:アニモプロデュース 
製作:マンシーズエンターテインメント アービング START
グローバル・リンク・マネジメント KT 彩プロ
配給:彩プロ
特別協力:M-1スポーツメディア GENスポーツエンターテインメント WALK 
GENスポーツマネジメント

2017年/日本映画/日本語/カラー/104分
©2017 Ringside Partners