「足立紳」タグアーカイブ

『きばいやんせ!私』公開に先駆け、映画原作本発売中!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画「百円の恋」で映画賞を総なめにしたゴールデンコンビの武正晴監督、足立紳原作・脚本と女優夏帆が本土最南端でトリプル・タッグを組んで完成させたユーモアを交えたヒューマンドラマ映画『きばいやんせ!私』が映画公開に先駆け、映画原作本が双葉文庫より発売です。

本土最南端の町、鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台に不倫騒ぎで週刊誌に叩かれ、番組のMCを降ろされ、左遷され、何事にもやる気をなくした「クソ女」と思われている女子アナ、コジタカこと児島貴子が、気の乗らない取材をする中、奇祭、「御崎祭り」を続ける為に奮闘する町民に触れ、「仕事とは」、「生きることとは」に気づきはじめ、個性豊かな街の人々を巻き込んで、祭りの“完全復活”の為に奮闘する貴子自身も成長・復活をしていく、笑いと涙の”復活エンターテイメントが『きばいやんせ!私』。


映画原作本は『百円の恋』(14年)で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第17回菊島隆三賞、第37回ヨコハマ映画祭脚本賞、15年にはTVドラマ「佐知とマユ」で第38回創作テレビドラマ大賞、第4回市川森一脚本賞受賞の足立紳の映画原作を、マンガ『ダービージョッキー』では騎手の武豊氏とともに原作を担当など幅広い分野で活躍している工藤晋の筆により、女性に「勇気と癒し」の復活エンターテイメント小説に見事に仕上がっています。
映画で描かれる女子アナ児島貴子役の「クソ女」ぶりと舞台である本土最南端の町、鹿県肝属郡南大隅町の佐多岬の個性豊かな登場人物が。活字ではどう描かれるのか?映画を見る前に読んでも良し、映画を見た後に読んでも良しの映画原作小説です。



映画情報どっとこむ ralph 映画「きばいやんせ!私」

は3月9日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショーとなります。

公式HP:
http://kibaiyanse.net

フリン騒ぎで週刊誌に叩かれ、今は、番組のMCを降ろされ、左遷された「クソ女」と思われている女子アナのコジタカこと児島貴子(夏帆)。様々な競争や色恋沙汰に疲れ将来を見失っていた。そんな時に、自身が幼い頃に過ごしたことのある南大隅町の「御崎祭り」の取材を命じられる。嫌々ながら、南大隅町に取材の為に戻って来たものの力が入らず、おざなりの取材を続けていた。ところが、この町を必死に盛り上げようとしている畜産業の同級生、橋脇太郎(太賀)、役場の職員達、食堂で働く人や町民らが1300年続く「御崎祭り」を続ける為に奮闘していることに触れ、仕事との向き合い方とは何か、生きるとはどういう事かを考え始める。少しずつ自分自身も元気を取り戻し始め、取材に対しても本気になり、この町の伝統文化を伝えたいという使命を感じるようになる。

***********************************

監督:武正晴
脚本:足立紳 山口智之 
原作:足立紳(双葉社刊、著:工藤晋)
主題歌:花岡なつみ「Restart」
出演:夏帆 太賀
岡山天音 坂田聡 眼鏡太郎 宇野祥平 鶴見辰吾 徳井優 愛華みれ 
榎木孝明 伊吹吾郎
配給:アイエス・フィールド 
©2018「きばいやんせ!私」製作委員会


夏帆主演!武正晴監督、足立紳原作・脚本『きばいやんせ!私』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 映画「百円の恋」の武正晴監督、足立紳原作・脚本!
女優夏帆が本土最南端でで完成させたユーモアを交えたヒューマンドラマ映画『きばいやんせ!私』より、予告編が到着しました!
本土最南端の町、鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台に不倫騒ぎで週刊誌に叩かれ、番組のMCを降ろされ、左遷され、何事にもやる気をなくした「クソ女」と思われている女子アナ、コジタカこと児島貴子が、気の乗らない取材をする中、奇祭、「御崎祭り」を続ける為に奮闘する町民に触れ、「仕事とは」、「生きることとは」に気づきはじめ、個性豊かな街の人々を巻き込んで、祭りの“完全復活”の為に奮闘する貴子自身も成長・復活をしていく、笑いと涙の”復活エンターテイメントが『きばいやんせ!私』。  

予告編には、主演夏帆演じる「クソ女」と思われている女子アナ児島貴子役の「クソ女」ぶりの熱演が見ることができる。また、舞台である本土最南端の町、鹿児島県肝属郡南大隅町の佐多岬の自然や1300年続く、「御崎祭り」や地元に根を下ろし、畜産業で働く太郎役の太賀、ホテルマンの洋平役の岡山天音、町役場の担当者田村役の坂田聡、調子の良い映画プロデューサー鏑木役の鶴見辰吾、食堂店主のユリ役の愛華みれ、町長役の榎木孝明、南大隅町の奇祭「御崎祭り」奉賛会の牛牧会長役の伊吹吾郎の出演者らも登場。楽しくもあり、懐かしさもあり、牧歌的で不思議な少し弾けた味わいのある雰囲気でおもちゃ箱の中のように何かありそうで飛び出してきそうな予告編となりました。



映画情報どっとこむ ralph 主演の女子アナウンサー児島貴子役には、『海街diary』(15 年)、『ビブリア古書堂の事件手帖』( 18年)など、秀作・話題作に出演し、2019年公開予定の主演映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が待機中の夏帆。また、貴子の町の案内役を託された畜産業で働く、ぶっきらぼうな橋脇太郎役に「50回目のファーストキス」(18)、「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(18)など出演作が目白押しの若手男優注目度No.1の太賀。その他、ホテルマンの洋平役に岡山天音、町役場の担当者でおしゃべりが止まらぬ田村役に坂田聡、ご当地映画を企画している妙に調子の良い映画プロデューサー鏑木役に鶴見辰吾、食堂店主のユリ役に南大隅町出身の愛華みれ、人の良さそうな町長役に鹿児島県出身の榎木孝明、「御崎祭り」奉賛会の牛牧会長役に伊吹吾郎らの豪華な出演陣が脇を固める。監督は『百円の恋』(14年)『嘘八百』(18年)『銃』(18年)の名手、武正晴。脚本は『百円の恋』(14年)『嘘八百』(18年)『こどもしょくどう』(18年)の実力派、足立紳。「きばいやんせ」とは、鹿児島弁で「がんばれ」の意味。日常に疲れ、明日を見失ってしまったとき、映画『きばいやんせ!私』が、がんばる元気を連れて来る!

映画情報どっとこむ ralph 「きばいやんせ!私」

は3月9日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショーとなります。

公式HP:http://kibaiyanse.net/


物語・・・
フリン騒ぎで週刊誌に叩かれ、今は、番組のMCを降ろされ、左遷された「クソ女」と思われている女子アナのコジタカこと児島貴子(夏帆)。様々な競争や色恋沙汰に疲れ将来を見失っていた。そんな時に、自身が幼い頃に過ごしたことのある南大隅町の「御崎祭り」の取材を命じられる。嫌々ながら、南大隅町に取材の為に戻って来たものの力が入らず、おざなりの取材を続けていた。ところが、この町を必死に盛り上げようとしている畜産業の同級生、橋脇太郎(太賀)、役場の職員達、食堂で働く人や町民らが1300年続く「御崎祭り」を続ける為に奮闘していることに触れ、仕事との向き合い方とは何か、生きるとはどういう事かを考え始める。少しずつ自分自身も元気を取り戻し始め、取材に対しても本気になり、この町の伝統文化を伝えたいという使命を感じるようになる。

***********************************


<南大隅町のご紹介>
鹿児島県肝属郡南大隅町は亜熱帯の植生や大自然の神秘を体で感じることができる 数多くの景勝地に恵まれた南国情緒豊かな町。 本土最南端に位置する佐多岬は、国立公園にも指定され、日本最古の灯台の一つである佐多岬灯台が洋上に浮ぶ。また、NHK大河ドラマ「西郷どん」のタイトルバックにも登場した「雄川の滝」も話題に。天気のよい日には、先端の展望台から種子島や屋久島などを望める。最南端の展望台が新設され、そこから眺める海は絶景。

<御崎祭りのご紹介>
南大隅町佐多地区に1300年続く伝統行事。本土最南端・佐多岬に鎮座する神様が、約20キロ離れた近津宮神社(ちかつのみやじんじゃ)の神様に新年のあいさつに行くという祭り。一行は御崎神社から近津宮神社までの間にある7つの集落を練り歩く。一行を構成するのは鉾・神輿・傘・旗。鉾は神様が通る道のお祓いをする役目があり、その後ろを神輿が歩き、傘は神様の日よけ・雨よけの意味がある。鉾の先には、大漁祈願や健康祈願等の願い事を書いた色とりどりの奉寄進(ほうきしん)の旗を付ける。鉾は長さ5.5m、重さ10キロ。地面すれすれの所で持つのが作法。その体勢で歩く。鉾・傘の持ち手は交代しながら歩みを進める。一行が通ると神風が吹き、その1年を健康に過ごせるとされている。町の人々は鉾と傘をかざしてもらう。一つ目の集落(一の浦)で神輿に神様を乗せ、100キロの重さがある神輿を担ぎながら、歩きづらい海岸沿いや、険しい山道(どんひら坂)を下って近津宮神社へ行く。近津宮神社では鉾が神輿を置くために設けられた台座をお祓いし、その台座に神輿が納められ、祭りのクライマックスを飾る祭りの一番の花形の「傘納め」で神様が出会うことができる。毎年、2月19 , 20日に近い、土・日曜で開催されている。


配給:アイエス・フィールド
©2018「きばいやんせ!私」製作委員会
監督:武正晴 脚本:足立紳 山口智之 
原作:足立紳(双葉社刊、著:工藤晋)
主題歌:花岡なつみ「Restart」
出演:夏帆 太賀
岡山天音 坂田聡 眼鏡太郎 宇野祥平 鶴見辰吾 徳井優 愛華みれ 
榎木孝明 伊吹吾郎
配給:アイエス・フィールド 


武正晴監督x足立紳脚本x夏帆主演 映画『きばいやんせ!私』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 映画「百円の恋」で映画賞を総なめにしたゴールデンコンビの武正晴監督、足立紳脚本と女優夏帆が本土最南端で
完成させたユーモアを交えたヒューマンドラマ映画『きばいやんせ!私』。

ポスタービジュアルの解禁及び公開日が2019年3月9日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショーと正式決定しました!
本土最南端の町、鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台に不倫騒ぎで週刊誌に叩かれ、番組のMCを降ろされ、左遷され、何事にもやる気をなくした「クソ女」と思われている女子アナ、コジタカこと児島貴子が、気の乗らない取材をする中、奇祭、「御崎祭り」を続ける為に奮闘する町民に触れ、「仕事とは」、「生きることとは」に気づきはじめ、個性豊かな街の人々を巻き込んで、祭りの“完全復活”の為に奮闘する笑いと涙の”復活エンターテイメント。

ポスターは、泥のついた顔でマイクを持つ女子アナ児島貴子役の夏帆が、舞台である本土最南端の町、鹿児島県肝属郡南大隅町の佐多岬を取り入れた絵画のキャンバス的な雰囲気の背景をバッグに、おもちゃ箱の中のように何かありそうで飛び出してきそうなビジュアルとなりました。
今作には地元に根を下ろし、畜産業で働く太郎役の太賀、ホテルマンの洋平役の岡山天音、町役場の担当者田村役の坂田聡、調子の良い映画プロデューサー鏑木役の鶴見辰吾、食堂店主のユリ役の愛華みれ、町長役の榎木孝明、南大隅町の奇祭「御崎祭り」奉賛会の牛牧会長役の伊吹吾郎も登場。楽しくもあり、懐かしさもあり、牧歌的で不思議な少し弾けた味わいのある雰囲気となりました。

映画情報どっとこむ ralph きばいやんせ!私

2019年3月9日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー

公式HP:
http://kibaiyanse.net/

【STORY】
フリン騒ぎで週刊誌に叩かれ、今は、番組のMCを降ろされ、左遷された「クソ女」と思われている女子アナのコジタカこと児島貴子(夏帆)。様々な競争や色恋沙汰に疲れ将来を見失っていた。そんな時に、自身が幼い頃に過ごしたことのある南大隅町の「御崎祭り」の取材を命じられる。嫌々ながら、南大隅町に取材の為に戻って来たものの力が入らず、おざなりの取材を続けていた。ところが、この町を必死に盛り上げようとしている畜産業の同級生、橋脇太郎(太賀)、役場の職員達、食堂で働く人や町民らが1300年続く「御崎祭り」を続ける為に奮闘していることに触れ、仕事との向き合い方とは何か、生きるとはどういう事かを考え始める。少しずつ自分自身も元気を取り戻し始め、取材に対しても本気になり、この町の伝統文化を伝えたいという使命を感じるようになる。
映画情報どっとこむ ralph <南大隅町のご紹介>
鹿児島県肝属郡南大隅町は亜熱帯の植生や大自然の神秘を体で感じることができる 数多くの景勝地に恵まれた南国情緒豊かな町。 本土最南端に位置する佐多岬は、国立公園にも指定され、日本最古の灯台の一つである佐多岬灯台が洋上に浮ぶ。また、NHK大河ドラマ「西郷どん」のタイトルバックにも登場した「雄川の滝」も話題に。天気のよい日には、先端の展望台から種子島や屋久島などを望める。最南端の展望台が新設され、そこから眺める海は絶景。

<御崎祭りのご紹介>
南大隅町佐多地区に1300年続く伝統行事。本土最南端・佐多岬に鎮座する神様が、約20キロ離れた近津宮神社(ちかつのみやじんじゃ)の神様に新年のあいさつに行くという祭り。一行は御崎神社から近津宮神社までの間にある7つの集落を練り歩く。一行を構成するのは鉾・神輿・傘・旗。鉾は神様が通る道のお祓いをする役目があり、その後ろを神輿が歩き、傘は神様の日よけ・雨よけの意味がある。鉾の先には、大漁祈願や健康祈願等の願い事を書いた色とりどりの奉寄進(ほうきしん)の旗を付ける。鉾は長さ5.5m、重さ10キロ。地面すれすれの所で持つのが作法。その体勢で歩く。鉾・傘の持ち手は交代しながら歩みを進める。一行が通ると神風が吹き、その1年を健康に過ごせるとされている。町の人々は鉾と傘をかざしてもらう。一つ目の集落(一の浦)で神輿に神様を乗せ、100キロの重さがある神輿を担ぎながら、歩きづらい海岸沿いや、険しい山道(どんひら坂)を下って近津宮神社へ行く。近津宮神社では鉾が神輿を置くために設けられた台座をお祓いし、その台座に神輿が納められ、祭りのクライマックスを飾る祭りの一番の花形の「傘納め」で神様が出会うことができる。
毎年、2月19 , 20日に近い、土・日曜で開催されている。

***********************************

配給:アイエス・フィールド

監督:武正晴 脚本:足立紳 山口智之 
原作:足立紳(双葉社刊、著:工藤晋)
主題歌:花岡なつみ「Restart」
出演:夏帆 太賀
岡山天音 坂田聡 眼鏡太郎 宇野祥平 鶴見辰吾 徳井優 愛華みれ 
榎木孝明 伊吹吾郎
配給:アイエス・フィールド 
©2018「きばいやんせ!私」製作委員会
   


健太郎・山田裕貴 超至近の映画『デメキン』DVDリリーストークイベントに観客200名が熱狂!


映画情報どっとこむ ralph 本日4月25日(水)に映画『デメキン』のDVDをリリース。

これを記念して、主演 佐田正樹役の健太郎さん、佐田の親友 合田厚成役の山田裕貴さんが登壇してDVD購入者向けトークイベントを行いました。

本作は、お笑い芸人・バットボーイズ佐田正樹の不良時代を描いた同名小説&コミックスの実写映画。主演の健太郎は本作が長編映画初主演であり、共演は山田裕貴と今注目の若手実力派俳優が集結したアウトロー・エンターテイメントとなっています。

映画 『デメキン』DVD発売記念トークショー開催!!
日時:4月25日(水)
場所:HMV&BOOKS TOKYO 7F イベントスペース
登壇:健太郎(佐田正樹役)、山田裕貴(合屋厚成役)

映画情報どっとこむ ralph 200名以上の観客が集まってのトークイベント。しかも観客まで1.5m程度と言うメチャメチャ司会距離!

健太郎、山田裕貴が登壇すると割れんばかりの歓声と拍手が。

健太郎さん:こんなに沢山の方たちに集まっていただいて本当にうれしいです。

山田さん:朝雨が降っていて来るの大変でしたよね。短い時間ですが楽しんで行きましょう!

との二人の挨拶からイベントはスタート。

1年以上撮影から立っている本作ですが

健太郎さん:経った感じしないっすね。

山田さん:久々の感じもしないんですよ。

と言うお二人の今日の服装は縦じまで、しかも素材も一緒!こんなところまで良いコンビネーション。
山田さん:最近、こういう役、お互いやってないよね。俺もちょっといい子が続いてます。今刑事で取り締まる方やってるし!(笑)

健太郎さん:そう言えばやってないかも。

と、最近めざましい活躍をしているお二人にプロデューサーも感無量のご様子。

映画情報どっとこむ ralph デメキンに関して男の友情を描く本作に関して
健太郎さん:女性の方々から胸が熱くなったとか言っていただけたのは嬉しいですね。

一方。

山田さん:取材のライターさんは女性が多いのですが、取っつき難いヤンチャものなのに熱くなりましたと言ってくれるのは嬉しいですね。まあ、今を輝く健太郎がいて、今を輝く山田裕貴がいれば、そうなるか・・・(笑)

健太郎さん:自分で言うな!

と、会場を笑わせました。

初対面の二人を、衣装合わせの時に助監督の古川さんが二人の対立を煽っていたようで

健太郎さん:助監督さんが山田裕貴が健太郎主演なんでバッチバチでヤバいよって!そんなこと言われていてアクション練習で右フックくらって。
山田さん:気を付けてたのに。主演の顔に当てたのがショックで。。。。俺の心の中は、メチャメチャ仲良くなりたかったんだよね~。数日後直ぐ解消されたけど・・。

と、驚きのエピソードを明かしました。

健太郎さん:裕貴くんが場を和ませてくれてね。しかも先輩風は吹かさない。

山田さん:もう28チャイなんでね。

映画情報どっとこむ ralph 作品に関するトークや、Twitterにて募集した一般の方からの質問にも答えていきます。


Q.デメキンの二人はビーバップハイスクールに影響を受けていますが。お二人は?

健太郎さん:ホームアローン。いたずらマネして。親に怒られてました。

山田さん:ワンピース。ガンダムダブルオー、クローズ。高校生の頃クローズのアクションを河原で友達とやってました。ある意味役立てます。ワンピースで海賊に憧れてゴーカイジャーで海賊。夢はかなうんだなと。

Q.一番イケてるシーンは

健太郎さん:最後のシーン。イケてます。

山田さん:最後ね。アルマゲドン。エアロスミス流れますよね!あとガソリンスタンドでのバイトで嘘を隠すところ。山田裕貴史上一番かわいい。

Q.今後の展望。

山田さん:去年12作公開があって。(驚愕の声)でも、全作品を観てもらえた方がどれだけいたか・・・。山田裕貴が出てるから絶対見るという。悔しい思いしたんで、全作見てもらえる魅力的な俳優になりたい。死んだときにニュースになる俳優を目指します。

健太郎さん:カメレオン俳優になりたいです。一つのタイプにとらわれない。全国民に健太郎=カメレオン俳優と呼ばれるようになりたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph そして、フォトセッション・・・強面から
笑顔!!!!!

DVDの手渡し会も行われました!

映画『デメキン

2017年12月2日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://demekin-movie.com/

物語・・・
幼少期からデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある日、“強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。そしてかつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷしが強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていた。赤髪リーゼントがトレードマークの正樹。小学校からの親友・厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラーメン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの日々を過ごしていた。ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(栁俊太郎)のことを思い返していた厚成は正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。二人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛んな敵が待ち受けていて…。

***********************************


出演:健太郎 山田裕貴
栁俊太郎 今田美桜 髙橋里恩 田中偉登 福山翔大 三村和敬 藤木修
岩永ジョーイ 神永圭佑 成田瑛基 笠松将 黒石高大 くっきー(野性爆弾) ケン(水玉れっぷう隊) 坂田聡
原作:佐田正樹『デメキン』

監督:山口義高
脚本:足立紳
音楽:海田庄吾
主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)
製作:東映ビデオ、AMGエンタテインメント
製作プロダクション:ステアウェイ 配給:AMGエンタテインメント 2017/日本/115分
(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (C)2017映画『デメキン』製作委員会


武正晴監督x足立紳の名コンビが贈る夏帆主演『きばいやんせ!私』クランクイン!


映画情報どっとこむ ralph 『百円の恋』の武正晴(監督)、足立紳(脚本)の名コンビが贈る『きばいやんせ!私』が この度、鹿児島県鹿児島市でクランクインを迎えました。

きばいやんせ!=頑張りなさい!

本作は日本本土最南端の町、鹿児島県の南大隅町を舞台に、将来を見失っていたテレビアナウンサーが町の奇祭を取材する過程で成長をしていく様を描いたヒューマン・コメディです。


ヒロインを演じるのは『海街diary』(15 年)、『22 年目の告白―私が殺人犯です―』(17 年)、そして 5 月に公開される『友罪』(18 年) と秀作、話題作の出演が続く夏帆さん。

本作では、アナウンサーを演じるにあたり、アナウンサーの独特の雰囲気や佇まいを表現するために実際のアナウンサーから指導を受けて、喋りを勉強するなど役作りのベースを作り、鹿児島入りをしました。撮影はKKB鹿児島放送のスタジオを使ってクランクインに臨みました。

夏帆さんからのコメント

足立紳さんの素晴らしい脚本のもと、とても魅力的なスタッフ、キャスト陣が集まりました。誰よりも揺るぎなく、最前線を全力で駆けていく武監督。(着いていくのに必死です)素敵な映画になりそうな予感がひしひしとしています。南大隅という町の大らかさのなかで、土地の力を借りて、のびのびと演じてゆけたらと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 相手役に『南瓜とマヨネーズ』(17 年)、5 月に公開される『海を駆ける』の太賀さん。

また、この度のクランクインと同時に、岡山天音、宇野祥平、丸山智己、鶴見辰吾の追加キャストが発表となります。

武正晴監督からのコメント

桜島に迎えられながらのクランクインが嬉しい限りです。もう何日も一緒に撮影しているかのような、夏帆さん演じる貴子が嬉しいのです。南大隅という土地でのスタッフ、キャストとの共同作業は、夢のような日々となることだと確信しています。主人公貴子同様、この映画がどの様に変貌して行くかがとても楽しみです。精一杯奮闘します。


きばいやんせ!私

2019年初春公開予定です。

公式HP:
http://is-field.com/kibaiyanse/

公式Twitter:
https://twitter.com/kibaiyanse_m

ストーリー
東京でTVの女子アナウンサーをしている貴子は、都会での競争や色恋沙汰に疲れ将来を見失っていた。そんな時に、自身が幼い頃に過ごしたことのある南大隅町や御崎まつりの取材を命じられる。嫌々ながら、南大隅町に取材の為に戻って来たものの力が入らず、おざなりの取材を続けていた。ところが、この町を必死に盛り上げようとしている役場の職員達、畜産業を守っている同級生、食堂で働く人、御崎まつりを続ける為に奮闘している町民に触れ、仕事との向き合い方とは何か、人間らしく生きるとはどういう事かを考え始める。少しずつ自分自身と元気を取り戻し始め、取材に対しても本気になり、この町の文化を伝えたいという使命を感じるようになる。

***********************************

出演:夏帆 太賀 岡山天音 眼鏡太郎 宇野祥平 鶴見辰吾 徳井優 愛華みれ 榎木孝明 伊吹吾郎
監督:武正晴
脚本:足立紳
プロデューサー:嶋田豪  
製作:アイエス・フィールド  
協力:鹿児島県肝属郡南大隅町
©2018「きばいやんせ!私」製作委員会