「趣里」タグアーカイブ

伊藤洋三郎・佐野和宏・趣里らが登壇『秋の理由』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ 60代を迎えてもなお、「まだ途中だ。なにひとつ終わっていない」とあがく二人の男(伊藤洋三郎、佐野和宏)の友情を軸に、その妻(寺島しのぶ)と、二人の前に突然現れてその三角関係に波紋を投げかける若い女(趣里)を描いた、詩人や映画評論家としても活躍する福間健二監督の最新作『秋の理由』。

10月29日に公開初日を迎え、伊藤洋三郎さん、佐野和宏さん、趣里さん、安藤朋子さん、木村文洋さん、吉野晶さん、小原早織さん、正木佐和さん、安部智凛さん、福間健二監督が登壇する初日舞台あいさつが行われました。なお、残念ながら撮影中のため寺島しのぶさんは欠席でした。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6
『秋の理由』初日舞台挨拶
日付:10月29日(土)
場所:新宿・K’s cinema
登壇:伊藤洋三郎、佐野和宏、趣里、安藤朋子、木村文洋、小原早織、正木佐和、安部智凛、福間健二監督

映画情報どっとこむ TJ %e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e7%a6%8f%e9%96%93%e5%81%a5%e4%ba%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3
福間監督:『秋の理由』スタッフキャストに恵まれて思い通りの映画ができたなと思っています。

と第一声。

伊藤さん:一期一会。来ていただいた皆様が幸せになりますように。この映画は観る人によって、観る角度によって全然違うのが一つの魅力だと思う
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e4%bc%8a%e8%97%a4%e6%b4%8b%e4%b8%89%e9%83%8e
と挨拶、咽頭癌で声を失った佐野さんは筆談を伊藤さんが代読!
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e4%bd%90%e9%87%8e%e5%92%8c%e5%ae%8f
佐野さん:代読:役になりきって声が出なくなってしまいました(笑)

と、笑いをとります。

趣里さん:去年、素敵な皆さんと一日素敵に過ごした日々がこうして初日を迎えられて嬉しく思っています。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e8%b6%a3%e9%87%8c
安藤さん:演劇を主でやっていますが、映画初デビューです。緊張して演じましたが楽しませていただきました。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e5%ae%89%e8%97%a4%e6%9c%8b%e5%ad%90
木村さん:学生からベテランカメラマンまで、自立した緊張感があって不思議な現場でした。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e6%9c%a8%e6%9d%91%e6%96%87%e6%b4%8b
小原さん:2作前から福間監督の作品に出させていただいていて、沢山の方がかかわってこのような作品が出来上がってとてもうれしく感じています。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e5%b0%8f%e5%8e%9f%e6%97%a9%e7%b9%94
正木さん:見どころは・・・こちらにいらっしゃる佐野和宏さん、木村文洋監督を始め、色んな映画監督たち(瀬々敬久監督、佐藤寿保監督、サトウトシキ監督、いまおかしんじ監督)が出演しているので、ぜひ発見してください。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e6%ad%a3%e6%9c%a8%e4%bd%90%e5%92%8c
安部さん:マスコミさん向けのネタを・・準備していません(笑)・・でも、どうぞよろしくお願いします!
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e5%ae%89%e9%83%a8%e6%99%ba%e5%87%9b
と一言挨拶。

映画情報どっとこむ TJ 伊藤洋三郎、佐野和宏、寺島しのぶと本作で初めてご一緒して監督は

福間監督:伊藤さんは、“今一番撮りたい男の顔”という感じでキャスティングしたので、顔を撮りに行ったのだけれど、手がきれいなんで、手に注目してください。伊藤さんだけじゃなく、みんな手がいい。佐野和宏さんとは長い付き合いだけれど、監督もされていて、芝居もうまいので、毎日驚かされ、助けられました。“佐野アイデア”でやればいけるな、というの多かったです。作家は書けない時や悩んでいる時、何かを拭いているなと思って、脚本には『雑巾がけ』と書いたのだけれど、佐野さんが『裸でやりたい』と言ってきた。そうなると、監督の仕事は、佐野さんが衣装合わせに持ってきた自前のパンツ3枚の内、どれにしようかと決めること。(会場笑い)どんなパンツを選んだか、見てください。

と答え、会場は笑いに包まれました。また、寺島さん、趣里さんに関して、

福間監督:集中力がすごい。寺島さんに思いっきりやってもらっているところを見てください。趣里ちゃんは何の心配もなくて。駄目だししたら台本に書いてありますって!さすがだなと・・

と、監督が言うとすかさず佐野さん筆談で

佐野さん:その若さで口答え!?

趣里さん:いやいやいや。そんな・・そんな感じじゃないです。

と一番若い趣里さんをいじって会場を温めます。

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e4%bd%90%e9%87%8e%e5%92%8c%e5%ae%8f%ef%bd%98%e8%b6%a3%e9%87%8c
趣里さん:みなさん素敵な方々で、最後には家族のようでした。監督の力だと思います。切ない秋でしたが心は温かかったですね。

伊藤さんについて聞かれると・・・

趣里さん:紳士でお若い。(撮影当時)60歳というのが信じられないですよね。楽しかったです。素敵です。

と言われた伊藤さんは

伊藤さん:ちゃんといい家庭で育っているから、ちゃんと褒めてくれてありがとうございます。

とかなり恥ずかしそう。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af 続けて

伊藤さん:趣里ちゃんに、『趣里ちゃんのお父さん(水谷豊)は僕のことを知っている』という話をして、『何か言ってた?』と聞いたら、『あいつ、いい奴だよ』って言ってたとのことだったので、良かったと思った

というエピソードを語りました。

映画情報どっとこむ TJ 佐野さんは寺島とのエピソードとして、

佐野さん:ほとんど現場でしか会っていなかったのに、仲の悪い夫婦がよくできたなと思う。

と回答し、会場の笑いを誘った。

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e7%a6%8f%e9%96%93%e5%81%a5%e4%ba%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3_ 監督は、映画『海炭市叙景』、『そこのみにて光輝く』、『オーバー・フェンス』などの原作者で、41歳で自ら命を絶った作家の佐藤泰志さんと親友で、本作には佐藤さんへの想いが詰まっている。

監督:作家の話をやるかどうか、佐藤泰志についての想いがあるので、どうしようかと思った時期もあった。『男同士の友情の話はやりたい、やれるな』と思い、『それなら“編集者と作家”』という風になっていったんですけれど、佐野和宏にその作家をやってもらうことで、彼もここまで色々なことがあったでしょうし、僕は僕で詩や映画をやっていますけれど、いつもどうしていいかわからないという状態なので、それをやるとどうしても佐藤泰志に引きずられていく。けれど佐藤泰志は亡くなった。でもこの映画では、佐野和宏を通して“生きている”という意味を確かめたかった。

と話しました。

最後に

監督:88分、250カットあるんですけれど、1カットずつ本当に心を込めて作りました。K’s cinemaは画も音もすごくいいので、画と音をぜひ味わってください。映画は闇と光だということを体験してもらえたらと思います。

と観客にメッセージを送りイベントは終了!


映画情報どっとこむ TJ 新宿K’sシネマにて上映中(~11/18)他、順次公開です。

秋の理由_チラシ土浦セントラスシネマズ(11/5~11/18)
岡山メルパ(11/12~11/25)
萩ツインシネマ(11/12~)
中州大洋劇場(11/12~11/18~)
ニュー八王子シネマ(11/19~12/2)
シネマルナティック(11/19~11/25)
桜井薬局セントラルホール(11/28~12/9)
横浜シネマジャック&ベティ(12/3~)
ガーデンズシネマ(12/10、12/11)
第七藝術劇場(12/17~)
京都みなみ会館(12/17~12/23)
元町映画館(12/17~12/23)など

物語・・・
宮本守(伊藤洋三郎)は、本の編集者で、小さな出版社「黙示書房」を経営しているが、経営は苦しく、事務所をたたむことになる。宮本の友人・村岡正夫(佐野和宏)は作家だが、代表作『秋の理由』以降、もう何年も小説を発表していない。精神的な不調から声が出なくなり、筆談器を使っている。宮本は村岡の才能を信じ、彼の新作を出したいと思っている。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1_%e3%82%b5%e3%83%963%e4%bc%8a%e8%97%a4%e6%b4%8b%e4%b8%89%e9%83%8e%e3%83%bb%e4%bd%90%e9%87%8e%e5%92%8c%e5%ae%8f そして実は、村岡の妻・美咲(寺島しのぶ)が好きなのである。ある日、宮本と村岡の前に『秋の理由』を何回も読んだというミク(趣里)が現れる。ミクは『秋の理由』のヒロインに似ていて、まるで村岡の言葉から生まれたかのような存在である。ミクと過ごす時間の中で、宮本は美咲への思いをはっきりと自覚するが、美咲はそれを受け入れてくれない。けれど、美咲と村岡の関係は険悪になる。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1-_%e4%bd%90%e9%87%8e%e5%92%8c%e5%ae%8f%e3%83%bb%e5%af%ba%e5%b3%b6%e3%81%97%e3%81%ae%e3%81%b6%e9%83%a8%e5%b1%8b 村岡は、正気と狂気の間を揺れ動き、難民的な男女の群れの中に自分がいる夢をよく見る。村岡は自分のそばに宮本がいることを苦痛に感じ、宮本にそれを言ってしまう。すると、宮本は怒りを爆発させる。村岡に、自分に、そしてこの世界のあり方に。
%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1-%e3%82%b5%e3%83%962%e8%b6%a3%e9%87%8c%e3%83%bb%e4%bd%90%e9%87%8e%e5%92%8c%e5%ae%8f
公式サイト:akinoriyuu.com/ 
公式Twitter:@toughmama

***********************************

出演:伊藤洋三郎・佐野和宏・趣里・寺島しのぶほか
監督:福間健二 
脚本:福間健二・高田亮 
プロデューサー:福間恵子・小林良二 
撮影:鈴木一博 
録音・音響:小川武 
編集:秦岳志 
音楽:清岡秀哉

宣伝・配給:渋谷プロダクション 
製作:「秋の理由」製作委員会(tough mama 渋谷プロダクション)
2016年/DCP/5.1ch/日本/16:9/88分
(c)「秋の理由」製作委員会
   


福間健二監督 長編第5作目映画『秋の理由』予告編


映画情報どっとこむ TJ 伊藤洋三郎、佐野和宏、趣里、寺島しのぶが出演。詩人としても活躍する福間健二監督の最新作『秋の理由』の予告編が到着しました。

秋の理由_チラシ
『岡山の娘』『わたしたちの夏』『あるいは佐々木ユキ』などで、映画の新しい語り方と誘惑を、主に女性たちの生きる「いま」のなかに探ってきた福間健二監督(67)が、長編第5作目となる本作では、60代を迎えた二人の男の友情を軸に、この世の迷路の先でなお生きることに「肯定」の炎をともそうとしています。



本予告編では、2011年に咽頭癌を患って声帯を失い、そこから奇跡的なカムバックを遂げた佐野和宏が、”代表作『秋の理由』以降、小説を発表していなく、精神的な不調から声が出なくなり、筆談器を使っている”という設定の作家・村岡役で登場。その親友で、実は村岡の妻である美咲(寺島しのぶ)のことを好きな編集者の宮本(伊藤洋三郎)と美咲が二人だけで会っている意味深なシーンや、宮本の前に突然現れる若い女性・ミク(趣里)のシーンの他、ソファを蹴る美咲の、「お前に死ねる勇気なんかあるのか!」というセリフも印象的です。

「ひとりで、生きていない……。でも、ひとりで生きている自分もいる。」というミクの声で始まり、「何を待っているのかわからない。でも、待っている……」というセリフで終わる本予告編では、「まだ途中だ。なにひとつ終わっていない。」という、本編に散りばめられた人生の“秋”を迎えた男の心情を表すセリフも紹介されています。

映画情報どっとこむ TJ 予告編解禁に合わせ、場面スチールも解禁です。
秋の理由_寺島しのぶ・伊藤洋三郎 秋の理由-2趣里・佐野和宏 2016年10月29日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショーほか全国順次公開です。

公式サイト:
http://akinoriyuu.com/ 
公式Twitter:
@toughmama

映画情報どっとこむ TJ あらすじ
秋の理由-s1佐野和宏・寺島しのぶ宮本守(伊藤洋三郎)は、本の編集者で、小さな出版社「黙示書房」を経営しているが、経営は苦しく、事務所をたたむことになる。宮本の友人・村岡正夫(佐野和宏)は作家だが、代表作『秋の理由』以降、もう何年も小説を発表していない。精神的な不調から声が出なくなり、筆談器を使っている。宮本は村岡の才能を信じ、彼の新作を出したいと思っている。そして実は、村岡の妻・美咲(寺島しのぶ)が好きなのである。

ある日、宮本と村岡の前に『秋の理由』を何回も読んだというミク(趣里)が現れる。ミクは『秋の理由』のヒロインに似ていて、まるで村岡の言葉から生まれたかのような存在である。

秋の理由_s3伊藤洋三郎・佐野和宏ミクと過ごす時間の中で、宮本は美咲への思いをはっきりと自覚するが、美咲はそれを受け入れてくれない。けれど、美咲と村岡の関係は険悪になる。村岡は、正気と狂気の間を揺れ動き、難民的な男女の群れの中に自分がいる夢をよく見る。村岡は自分のそばに宮本がいることを苦痛に感じ、宮本にそれを言ってしまう。すると、宮本は怒りを爆発させる。村岡に、自分に、そしてこの世界のあり方に。

***********************************

出演:伊藤洋三郎・佐野和宏・趣里・寺島しのぶ、ほか
監督:福間健二 
脚本:福間健二・高田亮 
プロデューサー:福間恵子・小林良二 
撮影:鈴木一博 
録音・音響:小川武 
編集:秦岳志 
音楽:清岡秀哉
宣伝・配給:渋谷プロダクション 
製作:「秋の理由」製作委員会(tough mama 渋谷プロダクション)
2016年/DCP/5.1ch/日本/16:9/88分 
(c)「秋の理由」製作委員会


伊藤洋三郎・佐野和宏・趣里・寺島しのぶ出演『秋の理由』公開決定!


詩人としても活躍する福間健二監督の最新作『秋の理由』が完成しました。

そして、2016年秋にK’s cinemaにて公開となることが決定しました。

『秋の理由』伊藤洋三郎&佐野和宏
主演・宮本守役には、石井隆監督の一連の作品、昨年の『百円の恋』などに出演し、この4月2日より公開中の長澤雅彦監督作『恋』で主演を果たした名優、伊藤洋三郎。

ダブル主演・村岡正夫役には、やはり4月2日より公開中の、みずから主演もつとめる15年ぶりの監督作『バット・オンリー・ラヴ』が大きな話題となっている佐野和宏。4月9日より公開の坂本礼監督作『夢の女 ユメノヒト』でも主演をつとめています。

ヒロインのミク役には、山戸結希監督作『おとぎ話みたい』、池田千尋監督作『東京の日』などに出演し、若手実力派として活躍中の趣里。

そして佐野和宏演じる村岡の妻・美咲役を演じるのは、寺島しのぶ。

声にならない声で叫び、全身全霊で演ずる佐野和宏。実力派女優寺島しのぶが彼との真っ向勝負に挑み、伊藤洋三郎と趣里が新境地の魅力を見せつけます。

『秋の理由』趣里&寺島しのぶ
福間健二監督からのコメントです!

『秋の理由』は、苦悩するひとりの作家とその友人の編集者、六十代を迎えた二人の男の友情と、かれらを取り囲む人々の秋を描いています。その秋は現実と夢が入りくむ季節です。メインキャストの四人が、ぼくの目にはそれぞれのベストと言えるくらい持ち味を発揮してくれています。ひとりの力ではどうにもならないことの多いこの世界の、悲しい秋。でもそれに負けてはいないという光をとらえたと確信しています。

気になるお話は・・・

宮本守(伊藤洋三郎)は、本の編集者で、小さな出版社を経営しているが、経営は苦しく、事務所をたたむことになる。

宮本の友人・村岡正夫(佐野和宏)は作家だが、代表作『秋の理由』以降、小説を発表していない。

精神的な不調から声が出なくなり、筆談器を使っている。宮本は村岡の才能を信じ、彼の新作を出したいと思っている。そして実は、村岡の妻・美咲(寺島しのぶ)が好きなのである。
 
ある日、宮本と村岡の前に『秋の理由』を何回も読んだというミク(趣里)が現れる。ミクは『秋の理由』のヒロインに似ていて、まるで村岡の言葉から生まれたかのような存在である。


ミクと過ごす時間の中で・・・

秋の理由

2016年秋・K’s cinema 他にて全国ロードショー

公式サイト:
http://akinoriyuu.com/ 
公式Twitter:
https://twitter.com/toughmama

***********************************

出演:伊藤洋三郎・佐野和宏・趣里・寺島しのぶ、ほか
 
監督:福間健二 
脚本:福間健二・高田亮 
プロデューサー:福間恵子・小林良二 
撮影:鈴木一博 
録音・音響:小川武 編集:秦岳志 
音楽:清岡秀哉
宣伝・配給:渋谷プロダクション 
製作:「秋の理由」製作委員会(tough mama 渋谷プロダクション)
  


『おとぎ話みたい』テアトル新宿1週目動員歴代1位を記録!!


山戸結希監督作。12月19 日(金)までテアトル新宿にて公開している新劇場版

おとぎ話みたい』。

名実ともに傑作の呼び声高い、伝説の少女映画『おとぎ話みたい』が、この2014 年の師走にとんでもない記録を更新しました!

12 月6 日(土)より聖地・テアトル新宿にて公開されると、連日満席等の大ヒットを記録し続け、遂に、テアトル新宿での実写・レイトショー公開作品における1週目の動員記録・歴代1位も樹立し、大変な盛り上がりを見せています。

『おとぎ話みたい』(c)寝具劇団
これは、『贅沢な骨』(2001 年/行定勲監督)が持つ記録を、インディーズ映画にも関わらず突破するもので、実に13 年ぶりに更新する快挙。

青春の普遍性きらめく“少女の遺作”として銘打たれた本作は、レイトショー上映作品にも関わらず、劇場には若い女性が多く詰めかけ、ネット上では大絶賛の口コミで広がりを見せてます。

『おとぎ話みたい』-1(c)寝具劇団
豪華イベントも、明日より決定しております!
大反響につき、17(水)のサービスデーは22:15〜の回も実施し、1日2回連続上映となります。

イベント情報

○12 月13 日(土)21:00〜上映前おとぎ話みたいな少女文学!
GUEST:有馬和樹(おとぎ話)×堀越千史×木村仁美
ミスiD2015 山戸結希賞の堀越千史、そしてミスiD2014 の木村仁
美さんがおとぎ話のギターに乗せて、山戸結希の短編処女小説
『君を得る(きみをうる)』を満を持して初のリーディング!

○12 月14 日(日)21:00〜上映後おとぎ話みたいなふるさとトーク〜第一夜〜!
GUEST:カンパニー松尾監督×山戸結希監督
愛知県出身の映像作家であるカンパニー松尾監督と山戸結希監
督が、田舎と地方、そこに生きる女の子をめぐる同郷対談!

○12 月15 日(月)21:00〜上映後おとぎ話みたいなふるさとトーク
〜第二夜〜!
GUEST:山下敦弘監督×山戸結希監督
愛知県出身であり、近年アイドル映画の傑作を製作した山下敦弘監督と山戸結希監督が、テアトル新宿にて、ついに出会います!故郷を描いた『おとぎ話みたい』を、山下監督はどう評して下さるのでしょうか!

本作の監督を務めたのは、処女作『あの娘が海辺で踊ってる』を2012年に発表してから、目を見張るスピードで独自の映画世界を進化させる若干25歳の山戸結希。

2014年春には、東京女子流主演の『5つ数えれば君の夢』が、アイドル映画の枠を超えた美学溢れる作風によって話題を呼び、監督最年少記録で公開を迎えた渋谷シネマライズにてロングラン興行となりました。

またそのほかに、中島哲也監督作品『渇き。』のメイキングドキュメンタリーに小松菜奈主演の『私はわたしを探しています』を手掛けるなど、現在、若手監督の旗手として最注目を集める山戸が、大学時代最後に製作したのがこの『おとぎ話みたい』となります。

おとぎ話みたい

は12月19日(金)までの連日21:00〜絶賛公開中です。

********************************************************************

監督:山戸結希
出演:趣里/岡部尚/小林郁香/井土紀州/寺嶋由芙/椎名琴音
/おとぎ話

アソシエイトプロデューサー:平林勉
撮影:今井孝博|照明:中西克之
音響設計:小川武|リミキサー:小野川浩幸
美術:井上心平・松原夏子|編集:平井健一
振付・ダンス指導:KaoRi|ヘアメイク・衣装:Masayo
衣装デザイン:末高ヨーコスチール:タイコウクニヨシ
タイトル:神保賢志|宣伝:長井龍
|宣伝美術:あきやまなおこ|Web制作:Sol-project design team!
企画:直井卓俊(MOOSIC LAB 2013)
製作・配給:寝具劇団(2014/カラー/51分)


山戸結希監督の愛の言葉つき前売券販売大盛況のご報告


これはある意味事件です。
山戸結希監督の愛の言葉つき前売券販売大盛況のご報告。

12 月6 日よりレイトショー公開の山戸結希監督作品

映画『おとぎ話みたい』

の、愛の言葉つき前売券販売会が11 月16日、テアトル新宿で行われました!

前売券販売アフタヌーン①(C)寝具劇団若手映画監督の旗手・山戸結希と唯一無二のオルタナティヴ・バンドのおとぎ話がタッグを組んだ映画『おとぎ話みたい』。この作品は、2014 年6 月テアトル新宿で行われた「観ずに死ねるか!傑作青春シネマ」特集で‘10 年代を代表する最新作として選出され、立ち見席まで完売の超満員となった、名実ともに傑作の呼び声高い作品です。

そんな『おとぎ話みたい』の公開まで3週間を切った11 月16 日(日)、「世界で一枚の愛の言葉つき!『おとぎ話みたい』な前売券販売アフタヌーン」がめっちゃすごい大盛況となりました。

前売券をご購入して頂いたお客様一人一人と山戸結希監督が対話しながら、その方にふさわしい愛の言葉を即興でチケットにしたためるイベント。

しかし、14時30分〜16時30分の二時間という限られた時間のイベントのはずが、本作『おとぎ話みたい』でも見られる山戸監督の際立った言語感覚に惹かれたお客様が次から次へと足を運び、数百人の長蛇の列。

前売券販売アフタヌーン②(C)寝具劇団
全員に愛の言葉を記すためには、翌朝までかかること必至の事態となりました。長蛇の列が劇場に収まりきらないほどの定員オーバーとなったため、急遽、時間差集合の整理券や後日対応分を出す状況となり、「世界で一枚の愛の言葉つき!『おとぎ話みたい』な前売券販売アフタヌーン」は、夜の21時を過ぎても続きました。

山戸結希監督とテアトル新宿がコラボレーションした前代未聞のイベントは、『おとぎ話みたい』の言語感覚に魅了された多くの観客と口コミによって、当初の予想を遥かに越える伝説的な熱気で、幕を閉じることとなりました。

先週金曜日に公開された本作の重要な挿入歌・おとぎ話『COSMOS』のMV(山戸結希監督作)



への高い反響と相まって、12月6日〜公開の『おとぎ話みたい』に向う期待と、さらなる熱量の盛り上がりを感じさせるものでした。

『おとぎ話みたい』(c)寝具劇団
気になるあらすじですが・・・
田舎に暮らす高崎しほは、高校3年生。愛と夢のはざま、ひと冬の初恋の記憶。少女の膨れ上がる心は傷だらけになりながら踊る。

映画『おとぎ話みたい』

2014.12.6(⼟)~12.19(⾦)テアトル新宿にて2週間限定レイトショー
公式HP:http://posthumous-work-of-girl.com/

『おとぎ話みたい』-1(c)寝具劇団
********************************************************************

監督・脚本・編集:山戸結希
音楽:おとぎ話
撮影:今井孝博
照明:中西克之 音響設計:小川
武振付:KaoRi
ヘアメイク:Masayo スタイリング:スエタカヨーコ
宣伝:長井龍
出演:趣里 岡部尚/小林郁香 井土紀州
寺嶋由芙 椎名琴音/おとぎ話
製作・配給:寝具劇団(2014/カラー/55分)/