「超・少年探偵団NEO-Beginning-」タグアーカイブ

高杉真宙 久しぶりで同窓会みたい!映画『超・少年探偵団NEO-Beginning-』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 10月25日(金)より全国公開されました映画『超・少年探偵団NEO-Beginning-』の公開記念舞台挨拶を、本日10月26日(土)に渋谷TOEIにて開催いたしました。

本作で主演を飾る高杉真宙はじめ、佐野 岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎のメインキャスト6名が初めて完全集結!芦塚慎太郎監督と怪人二十面相も華を添えました。

映画『超・少年探偵団NEO-Beginning-』公開記念舞台挨拶
開催日:10月26日(土)
会場:渋谷TOEI
登壇:高杉真宙、佐野 岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎、芦塚慎太郎監督
怪人二十面相
MC:伊藤さとり

映画情報どっとこむ ralph 撮影以来のメインキャスト集結に

高杉さん:みんなで揃ってスーツを着たら、同窓会に来たような気分になりました。

と照れ笑いで

高杉さん:無事公開できて嬉しいです。

と主演作封切りにシミジミ。

佐野さん:撮影は2年前。それ以降このメンバーで会うのは試写以来。でもそんな感じもなくて、会ってすぐにあの頃に戻れました。

と絆を実感していた。紅一点の堀田さんは

堀田さん:撮影はずっとワチャワチャで楽しかった。完成披露の時は前田旺志郎君が来られなかったので、今日は全員が揃って安心感があります。

とメインキャスト全員との再会を喜んだ。

長村さん:撮影中は(前田と板垣が)ワチャワチャやっているし、アドリブを放てば返してくれるので安心感があった」と仲の良さを強調。板垣は「撮影中に僕らはふざけていたかもしれないけれど、真宙君は真剣にやっていました。それだけは忘れないでほしい。ぜひそこを観て。

と謎のアピール。

芦塚監督:板垣君がふざけていたのか、本気でやっていたのか…わからなかった。

といじられると、すかさず

高杉さん:真面目にふざけていた。そういう役だからね。

とフォローしていた。

また映画の内容にちなんで“ダークサイドな一面”を披露する企画を実施。
すると前田さんは

前田さん:真宙君にダークサイドはない!めちゃいい子だから。ホンマにいい子!万が一あったとしても聞きたくない!

と高杉さんの優しい性格を明かし、

板垣さん:言わなくていい!あるとしても、可愛いのを聞きたい!

と企画阻止に躍起。この過保護すぎる反応に

高杉さん:いや、言わせてよ!確かにないな…。

と首をかしげて、最後に発言する流れになった。

佐野さん:俺は腹黒い。それをひた隠しにしている。お前ら全員消えろと思っている。必死なのよ、ダークな部分を隠すのに。この世の役者全員いなくなれと思う!

と場を盛り上げるためにあえてヒールに徹して、キャスト陣から「本当は思っていないだろ!」とツッコまれる一幕も。

堀田さん:部屋で映画を観るときは真っ暗にして無言。

長村さん:ゲームにのめり込み過ぎて、スマホの画面を割った。

板垣さん:真夜中に見晴らしのいい公園に行って、気がついたら太陽が昇っていた。

前田さん:大学の先輩と同じタイミングでコンビニに入っておごってもらう。

とそれぞれが思う自身のダークサイドを発表した。

そして

高杉さん:さぼるのが上手い。小さい頃から弟二人に家事をさせて、僕一人だけさぼっているということがあった。しかも“やってますよ感”を出してさぼることができました。

と謎の特技告白。それに

佐野さん:俺はさぼっていたらすぐにばれるけどね。

と言うと、

高杉さん:僕はバレない!

と自信たっぷり。

佐野さん:そういうタイプなのか…。

と高杉の意外な一面に驚いていた。

舞台挨拶終盤では、公開日25日に19歳になった板垣のバースデーをサプライズ祝福。
怪人二十面相が、自らのビジュアルがデコレーションされたケーキを持って登場すると、

板垣さん:ケーキに“超・お誕生日おめでとう”と書いてある!嬉しい。こんな素敵な人たちと誕生日を祝ってもらえるのは幸せ!

と大喜び。聞かれてもいないのに「え?19歳の抱負ですか?」とノリを見せて

板垣さん:この映画の真宙君が色々な方に届けばいいですね!

と本作のヒットを願っていた。

最後に

高杉さん:みんなが楽しすぎて喋り過ぎてしまう」と笑顔で「映画は、公開されて色々な人に観て知ってもらって初めて作品になります。そして原案である『少年探偵団』シリーズも色々な人に知ってもらいたい」とアピール。芦塚監督は来月に横浜で応援上映があることに触れて「何度も映画を観てもらって、応援しに来てください。

と作品の広がりに期待を込めた。

映画情報どっとこむ ralph

公式サイト:
http://SBD-NEO.com/ 

公式Twitter
@sbd_neo

物語
初代小林少年のひ孫・小林芳狼(高杉真宙)は、親友のワタリ(佐野岳)、そして幼馴染にして明智小五郎のひ孫である明智小夜(堀田真由)とともに、ごく平凡な高校生活を送っていた。そんなある日、芳狼の前に10年ぶりに怪人二十面相が姿を現す。二十面相は「約束の時は近い」とだけ言い残し去って行く。果たして二十面相の言う「約束」の真意とは…? 同じ頃、学園には次々と怪事件が起こり、ミステリー同好会メンバーであるクロサキ(長村航希)、夢野正太郎(板垣瑞生)、塚原舜(前田旺志郎)は事件の謎解きにのめり込んでいく。芳狼は、10年前のある出来事をきっかけに封印していた怪人二十面相との記憶を徐々に思い出し、自らの秘められた能力や宿命と向き合い始めるが、怪人二十面相に引き寄せられていく芳狼を心配するワタリや小夜との関係には不穏な空気が漂い始める…。果たして、芳狼たちを待ち受ける運命とは!? 全ての謎が絡み合い、答えが見つかるとき、今こそあの『少年探偵団』が復活する! その名も『超・少年探偵団NEO』!

***********************************

高杉真宙/佐野 岳、堀田真由/長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎/神谷浩史(声の出演)/佐藤二朗/丸山智己
原案:江戸川乱歩『少年探偵団』シリーズ
監督:芦塚慎太郎 脚本:赤尾でこ 芦塚慎太郎 音楽:丸山漠 (a crowd of rebellion)
主題歌:a crowd of rebellion「Calling」(Warner Music Japan Inc.)
製作:PROJECT SBD-NEO 制作プロダクション:ファインエンターテイメント VFXプロダクション:白組
怪人二十面相デザイン:天野喜孝 
宣伝:MUSA 配給:coyote 
配給協力:アーク・フィルムズ
©2019 PROJECT SBD-NEO  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

高杉真宙 佐野岳 堀田真由 映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」超特別ティザームービー解禁


映画情報どっとこむ ralph crowd of rebellion、最新アルバム収録曲「Calling」が2019年公開予定の高杉真宙主演映画「超・少年探偵団NEO −Beginning−」主題歌に決定!さらに、3部構成で全国各地を巡る対バンツアー“Dystopia tour”第一弾発表!

新潟発ロック・バンド、a crowd of rebellionが2018年7月11日にリリースした3rd full album「Ill」の収録曲「Calling」が江戸川乱歩の名著『少年探偵団』シリーズをオリジナルとし、名探偵・明智小五郎とその弟子の小林芳雄(小林少年)の末裔の物語を描く映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』主題歌に決定しました。

本作は、小林少年のひ孫である小林芳狼(高杉真宙)が、親友のワタリ(佐野岳)や明智小五郎のひ孫の明智小夜(堀田真由)とともに、怪人二十面相、自身の宿命と向き合っていくジュブナイルアドベンチャー。仮面ライダー鎧武以来初の共演となる高杉真宙・佐野岳を起用し、10代、20代女子を中心に大人から子供まで楽しめる「少年たちの成長物語」をメインテーマにした映画となっている。「Yes!プリキュア5」や「ノラガミ」等の脚本で知られる赤尾でこが実写映画初脚本に挑戦。

CG制作はCG界のトップランナー、白組が担当し「シン・ゴジラ」等を制作したCGチームが摩訶不思議な二十面相世界を作り出した。
怪人二十面相デザインは海外でも人気を博し、「ファイナルファンタジー」や「タイムボカン」シリーズのキャラクターデザイナーとしても知られる天野喜孝氏が担当。監督は「ジョーカーゲーム(脱出)」やTVドラマ「マメシバ一郎」シリーズ等、一つのジャンルに縛られない作品を手掛ける芦塚慎太郎。また、映画音楽はメンバーとしてバンドのほとんどの楽曲を作曲するギターの丸山漠が手掛けたことは既報の通りだが、このたび主題歌もa crowd of rebellionが初めて務めることとなった。

主題歌となる「Calling」は作詞を担当する宮田大作・小林亮輔が実際に映画を見て感じた「ジュブナイル」を楽曲に落とし込んだナンバー。ストーリーとリンクする部分も随所に隠されているので、ぜひ楽曲を聴いて、劇場に足をお運び頂きたい。そして芦塚監督自らが編集した、主題歌「Calling」と映画の世界観を繋ぐ超特別ティザームービーもYouTubeにて公開されているので、こちらもチェックして頂きたい!

映画情報どっとこむ ralph ▼監督:芦塚慎太郎氏よりコメント
「まだCGが出来上がっていない状態の未完成のオフラインと脚本を読んだだけで作ってくれた『Calling』という曲。これが見事なまでに映画にマッチしていて心底驚いた。何回かディスカッションを重ねて書いてくれた歌詞が映画のエンディングに染み渡った。『Calling』以上にこの映画にふさわしい楽曲は存在しない」

▼映画『超・少年探偵団NEO-Beginning-』超特別ティザームービー

▼映画「超・少年探偵団NEO −Beginning−」


1936年に雑誌『少年倶楽部』での連載が始まり全26巻のシリーズが刊行された江戸川乱歩の大ベストセラー『少年探偵団』シリーズ。
これまで数多くの映画やTVドラマが作られてきた人気作である本シリーズを原案に、新たな物語として生まれ変わる。
この物語の主人公、小林芳狼は少年探偵団初代団長・小林少年のひ孫なのであるー。
そんな芳狼の目の前に10年間行方を眩ましていた怪人二十面相が姿を現す。
そして二十面相は「約束の時は近い」とだけ言い残し去って行くのだった。果たして二十面相の言う『約束』の真意とは…?
揺れ動く芳狼の周りで次々と巻きこまれる怪事件の数々。学園七不思議の一つ”青毛布の者”騒動、中等部生徒失踪事件、突如現れる謎の電人。そして芳狼自身も知らない秘められた能力が覚醒する—。
奔走する芳狼を支えるのは、明智小五郎のひ孫である小夜や幼馴染みのワタリを始めとした個性豊かなメンバー達。全ての謎が絡み合い、答えが見つかるとき、今こそあの「少年探偵団」が復活する!その名も「超・少年探偵団NEO」!!

公式サイト:
https://SBD-NEO.com/

公式SNS:
Instagram(@sbd_neo)
Twitter(@sbd_neo)

***********************************

出演:高杉真宙
佐野岳 堀田真由 長村航希 板垣瑞生 前田旺志郎 ほか
原案:江戸川乱歩『少年探偵団』シリーズ  
監督:芦塚慎太郎
脚本:赤尾でこ 芦塚慎太郎 
音楽:丸山漠 (a crowd of rebellion)
怪人二十面相デザイン:天野喜孝
制作プロダクション:ファインエンターテイメント 
製作:PROJECT SBD-NEO 
配給:coyote ©2019 PROJECT SBD-NEO
主題歌:a crowd of rebellion「Calling」(Warner Music Japan Inc.)
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ