「赤川次郎」タグアーカイブ

『運命は踊る』に森山未來、江原啓之、西川美和、赤川次郎ほか各界から絶賛コメント続々!


映画情報どっとこむ ralph ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ(銀獅子賞)を受賞した『運命は踊る』が9月29日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。


人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命に出会う。——ラ・フォンテーヌ

ミハエルとダフナ夫妻のもとに、軍の役人が、息子ヨナタンの戦死を知らせるためにやって来る。ショックのあまり気を失うダフナ。

ミハエルは平静を装うも、役人の対応にいらだちをおぼえる。そんな中、戦死の報が誤りだったと分かる。

安堵するダフナとは対照的に、ミハエルは怒りをぶちまけ、息子を呼び戻すよう要求する。

ラクダが通る検問所。ヨナタンは戦場でありながらどこか間延びした時間を過ごしている。

ある日、若者たちが乗った車がやって来る。いつもの簡単な取り調べのはずが・・・。

父、母、息子――遠く離れたふたつの場所で、3人の運命は交錯し、そしてすれ違う。まるでフォックストロットのステップのように。

映画情報どっとこむ ralph 監督は、デビュー作『レバノン』で第66回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞に輝いた、イスラエルの鬼才サミュエル・マオズ。

長編2本目となる本作で、再びヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリを受賞。

デビュー作に続き、2作連続で主要賞を受賞する快挙を成し遂げ、その後も、各国の映画祭で数々の賞を受賞しました。

監督自らの実体験をベースに、運命の不条理さ、人生のやるせなさを巧みな構成で描き出した本作。

映画情報どっとこむ ralph 一足先に鑑賞した各界著名人が『運命は踊る』に釘付けに!イスラエルへのダンス留学経験を持ち、俳優だけでなくダンサーとしても活躍する森山未來さんや、数々の人々の運命を導いてきたスピリチュアリストの江原啓之さん、映画監督の西川美和さん、数多くの傑作ミステリーを手掛けてきた赤川次郎さん、評論家・ラジオパーソナリティーの荻上チキさんら各界から、まるでギリシャ悲劇を思わせる独創的なストーリー、スタイリッシュな映像、巧みな構成、そして人間社会の本質を描き出した本作を大絶賛する熱いコメントが到着しました。


出口は見えず、巡り巡ることがわかっていても、ただ踊るしかない。
彼ら、もしくは人類の根底に流れる宿命を改めてのぞき見た。
森山未來(俳優・ダンサー)

運命は流れる景色のようなもの。受けとめる人間次第で幸福が決まる。
踊らされるのではなく、踊っているのだ。この映画は、人間への風刺である。
江原啓之(スピリチュアリスト・オペラ歌手)

計算し尽された構成、カメラワーク、独創的なストーリーに
「世界の頂点レベル」と、アーティストらから感嘆の声!
かっこいい映画だ。イスラエルの今だ。冒頭から引きこまれる。
超リアルな現実とカフカ的冷笑的現実の対比が、会話が、展開がかっこいい。かっこよすぎるぞ。
山内ケンジ(劇作家・映画監督)

削ぎ落とされた要素による緻密な物語構成と絶妙なバランスによる画面設計。鑑賞後、もう一度、頭の中で再生すべき作品である。
五十嵐太郎(建築批評家)

重厚と軽妙、悲痛と愉快がこれほど見事に同居する作品は滅多にない。家族の内面に入りながら、俯瞰で状況を風刺するマオズ監督の演出センスは世界の頂点レベルだ。傑作。
矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラム・ディレクター)

ホロコーストのトラウマを抱えた国家の、痛々しい運命の悲劇。人間はかくも残酷で優しいのか。
姜尚中(東京大学名誉教授)

皮肉な運命のいたずらが、イスラエルという国の「闇」を浮き彫りにする。戦争が日常となったときの命の軽さにゾッとする映画だ。
赤川次郎(作家)

この期に及んで「戦争」を描くには、研ぎ澄まされた知恵と洗練が必要だ。「こどもを戦争に出す」とはどういうことか。大丈夫。これならちゃんと、目をそらさず、自分ごとのように観られますよ。
西川美和(映画監督)

構図、セット、音響、不条理劇――。静かでミニマルな人間模様が、暴風のように翻弄してくる。理不尽な力を従順に行使する者が、無慈悲な運命に惑わされる姿から、あなたはどこの社会を連想するだろうか。
荻上チキ(評論家・ラジオパーソナリティ)

映画情報どっとこむ ralph 各界を代表する著名人、そして世界が注目するサミュエル・マオズ監督から目が離せない!

運命は踊る


STORY
イスラエル・テルアビブのアパート。家族のもとに、息子が戦死したとの連絡が入る。取り乱し、悲しみに打ちひしがれる両親。しかし、それは誤報であり、息子は生きていることがわかる。一方、戦う相手もいない前哨基地で間延びした時間を過ごす息子。遠く離れたふたつの場所で、父、母、息子――3人の運命は交錯し、すれ違っていく。

9月29日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

www.bitters.co.jp/foxtrot/

***********************************

監督・脚本:サミュエル・マオズ
出演:リオール・アシュケナージー、サラ・アドラー(『アワーミュージック』)、ヨナタン・シライ

2017年/イスラエル=ドイツ=フランス=スイス/113分/カラー/シネスコ
後援:イスラエル大使館
配給:ビターズ・エンド
© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017


橋本環奈パンにはやっぱり…当ててカ・イ・カ・ン♪ネオソフトとコラボ


角川映画40周年の歴史が誇る伝説的シリーズの、最新作『セーラー服と機関銃 -卒業-』が、3月5日(土)よりいよいよ公開となります!!!そんな本作と、雪印メグミルク株式会社の「パンにはやっぱり…♫♪」のコピーでおなじみ「ネオソフト」とのコラボレーションが決定!
『ネオソフト』セーラー服と機関銃キャンペーン画像
右手には機関銃、左手にはネオソフトというまさかのギャップで、一度見ると忘れられないインパクトあるビジュアルのオリジナルグッズが当たるコラボプレゼントキャンペーンを3月5日~5月8日の期間に実施します!
『ネオソフト』 橋本環奈仕様
キャンペーンスペシャルサイト:
http://www.neosoft-brand.com/sk-campaign

物語・・・
18歳、高校三年生の星泉(ほし・いずみ)には、組員わずか4名の弱小ヤクザ・目高組の組長という驚きの過去があった。伯父を殺した敵を機関銃で襲撃する大事件を起こしたあと、組は解散。いまは、シャッター商店街の中で「メダカカフェ」を経営し、「組長」あらため「店長」として活躍する日々。卒業を間近に、普通の女子高生としての日常を取り戻していた。そんなある日、ニセモデル詐欺に巻き込まれた友達の相談から、泉の周辺には、ふたたび危ない影が忍び寄ってきて…

セーラー服と機関銃 -卒業-

3月5日(土)全国ロードショーです。

公式HP:http://sk-movie.jp/   
Twitter:@sk_movie2016


********************************************************************

出演:橋本環奈 長谷川博己 安藤政信 大野拓朗 宇野祥平 古舘寛治 鶴見辰吾 榎木孝明 伊武雅刀 武田鉄矢 

監督:前田弘二 
原作:赤川次郎「セーラー服と機関銃・その後―卒業―」
主題歌:橋本環奈「セーラー服と機関銃」(YM3D/YOSHIMOTO R and C)  
配給:KADOKAWA 
(C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会 

    


橋本環奈版“星泉”今度は、2Dキャラに!『ストリエ』とコラボ!


橋本環奈さんが主演の映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』公開を記念して、小説でもマンガでもない“トークアプリ風読み物アプリ”『ストリエ』とのコラボレーションが決定しました!
“星泉”×『ストリエ』 コラボビジュアル

『ストリエ』イメージ図①シリーズ一作目、映画『セーラー服と機関銃』の原作ほか、本作原作となる『セーラー服と機関銃・その後―卒業―』、さらに28年ぶりに発表された最新作『セーラー服と機関銃3 疾走』というシリーズ3部作の冒頭部分を、読み物アプリ『ストリエ』にて無料公開する事が決定! 

さらに、本作脚本の冒頭部分の独占公開も決定!! 

誰よりも先に、映画の内容を読める事となりました。


そして『ストリエ』上では、“星泉”を具体化した2Dキャラも登場し、読物を華やかに彩ります。さらに、“星泉”を演じた橋本環奈さんと、作者、赤川次郎先生のサイン入りプレゼント実施や、橋本さんの特別インタビューの掲載も決まるなど、映画公開に向け猛烈に応援をしてくれています!

Androidアプリ:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.storie
ANDROIDアプリQR

iPhoneアプリ:
https://goo.gl/huZOGT
iPhoneアプリQR
“星泉”×『ストリエ』 コラボレーション 実施概要
<掲載スケジュール>
①2月2日(火):『セーラー服と機関銃』(角川文庫)の前半、映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』の、
脚本、冒頭部分を公開 (文庫詳細:http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200608000168)

②2月17日(水):『セーラー服と機関銃・その後―卒業―』(角川文庫)の前半を公開
(文庫詳細:http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200608000169)

③3月5日(土):『セーラー服と機関銃3 疾走』(角川文庫)の前半部分と、橋本環奈さんインタビューを公開予定
(文庫詳細:http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321505000090)

“星泉”ストリエ2Dキャラ<プレゼント企画(予定)>
【応募期間】:2016年2月2日(火)~2016年3月31日(木)

【映画版プレゼント】:橋本環奈さんサイン入りポスター(1名様)、橋本環奈さんサイン入りプレスシート(3名様)

【文庫本プレゼント】:赤川次郎先生サイン入り文庫本3巻セット(3名様)

【応募方法】:
・映画版プレゼント:ストリエ公式アカウント(@storie_project)をフォローする。
映画冒頭公開エピソード、もしくは、橋本環奈さんインタビューをツイートする
・文庫本プレゼント:各巻の文庫本エピソード読了後に出題されるクイズ、専用メールアドレスに回答する

(※いずれかの巻のクイズに回答すると応募になります)

セーラー服と機関銃--卒業-ポスター物語・・・

18歳、高校三年生の星泉(ほし・いずみ)には、組員わずか4名の弱小ヤクザ・目高組の組長という驚きの過去があった。

伯父を殺した敵を機関銃で襲撃する大事件を起こしたあと、組は解散。

いまは、シャッター商店街の中で「メダカカフェ」を経営し、「組長」あらため「店長」として活躍する日々。卒業を間近に、普通の女子高生としての日常を取り戻していた。そんなある日、ニセモデル詐欺に巻き込まれた友達の相談から、泉の周辺には、ふたたび危ない影が忍び寄ってきて……。

『セーラー服と機関銃 -卒業-』

2016年3月5日(土)全国ロードショー
公式サイト:sk-movie.jp
********************************************************************

出演:橋本環奈 長谷川博己 安藤政信 大野拓朗 宇野祥平 古舘寛治 鶴見辰吾 榎木孝明 伊武雅刀 武田鉄矢 




監督:前田弘二  脚本:高田亮  
原作:赤川次郎「セーラー服と機関銃・その後―卒業―」 
主題歌:橋本環奈「セーラー服と機関銃」(YM3D/YOSHIMOTO R and C)
配給:KADOKAWA
 (C)2016「セーラー服と機関銃-卒業-」製作委員会
   


橋本環奈カ・イ・カ・ン『セーラー服と機関銃 -卒業-』特報到着!


角川映画40周年記念作品『セーラー服と機関銃 -卒業-』。

橋本環奈演じる主人公・星泉のセーラー服姿がお披露目となるポスタービジュアル&特報素材が到着。そして初日が2016年3月5日(土)に決定!と発表となりました。

セーラー服と機関銃-–卒業-ポスター橋本環奈演じる主役・目高組4代目組長・星泉の姿がカ・イ・キ・ン!!

トレードマークともいえるロングヘアをばっさりと30cmカット。

セーラー服姿で堂々たる風格を見せつけるビジュアルです。

力強い目力、そしてド迫力の機関銃を担ぎ、全く新しい星泉像を体現。歴史あるタイトルの歴史ある役にプレッシャーも感じると製作会見で語っていた橋本環奈さん。撮影が始まると役に入りきり、女優として見事に大役を成し遂げ!

特報内容
初の映像素材となる特報では爽やかな高校生姿を等身大で演じる橋本環奈…とおもいきや突如機関銃に弾を込め、そのままぶっ放す衝撃の展開!!「目高組四代目組長、星泉です!」と高らかに宣言したかと思えば、無邪気に居眠りする姿、夏祭りの浴衣姿など、ふつうの高校生活を送る星泉の姿も登場します。そしてタイトルコールのあとには「カ・イ・カ・ン」の名セリフも挿入されており期待の高まる特報に仕上がっています!!



監督は『婚前特急』、『夫婦フーフー日記』を手掛けた若き才能・前田弘二。脚本は『そこのみにて光輝く』で第88回キネマ旬報日本映画脚本賞を受賞した高田亮。“現代日本映画界の俊英たち”が紡ぎだす新たな時代の『セーラー服と機関銃』に期待です!

セーラー服と機関銃-–卒業-場面写真
さらにはビジュアルとともに共演者情報もカ・イ・キ・ン!

今回、星泉が憧れる年上の男性・月永役に長谷川博己、彼らに立ちはだかる組織の男・安井役に安藤政信、そして星泉が束ねる目高組の若頭に武田鉄矢、組員として大野拓朗、宇野祥平ら超・豪華キャストが勢ぞろいしております。さらにこのタイミングで本作初日が2016年3月5日(土)と決定したことも解禁となりました!!

物語・・・
18歳、高校三年生の星泉(ほし・いずみ)には、組員わずか4名の弱小ヤクザ・目高組の組長という驚きの過去があった。伯父を殺した敵を機関銃で襲撃する大事件を起こしたあと、組は解散。いまは、シャッター商店街の中で「メダカカフェ」を経営し、「組長」あらため「店長」として活躍する日々。卒業を間近に、普通の女子高生としての日常を取り戻していた。そんなある日、ニセモデル詐欺に巻き込まれた友達の相談から、泉の周辺には、ふたたび危ない影が忍び寄ってきて…


『セーラー服と機関銃 –卒業-』

公式HP:http://sk-movie.jp/   
Twitter:@sk_movie2016


過去記事:記者会見
橋本環奈『セーラー服と機関銃 -卒業-』主演に決定!角川映画40周年

********************************************************************

出演:橋本環奈 長谷川博己 安藤政信 大野拓朗 宇野祥平 古舘寛治 鶴見辰吾 榎木孝明 伊武雅刀 武田鉄矢 

監督:前田弘二 
原作:赤川次郎「セーラー服と機関銃・その後―卒業―」  
配給:KADOKAWA 
(C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会 
  


『ヴェルサイユの宮廷庭師』に池田理代子&紫吹淳ら著名人が続々コメント!


ケイト・ウィンスレットがヴェルサイユの“働く女性”を演じる『ヴェルサイユの宮廷庭師』。
10月10日(土)より角川シネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマほか全国公開となります。

本作についてについて、「ベルサイユのばら」の池田理代子さんや元宝塚女優の紫吹淳さんほか女性著名人から、17世紀を舞台にした新しいヒロイン像に共感コメント続々寄せられています。

その他、女優の賀来千香子さん、漫画家/コラムニストの辛酸なめ子さん、著述家の湯山玲子さんをはじめ、作家の赤川次郎さん、華道家の假屋崎省吾さんなどなど、総勢18名が想いを込めてコメントしています。

『ヴェルサイユの宮廷庭師』
『ヴェルサイユの宮廷庭師』に寄せられたコメント一覧(敬称略/五十音順)

赤川次郎(作家)
整然とした人工美のフランス式庭園に、男と女の秘めた想いが静かに燃える。この着想の妙。完成した舞踏場の華やかな幕切れが目にしみる「大人の恋愛映画」だ。

朝海ひかる(女優)
フランスの木の草の花の香りを感じる事ができる作品。その安らぎとは真逆の人間ドラマ。そのバランスが絶妙でした。<舞踏の間>にいつか立って“小さな混沌”を感じてみたい。

池田理代子(劇画家・声楽家)
壮麗さで世界に冠たる、ヴェルサイユ宮殿とその庭園。人工的でシンメトリックなフランス庭園にぽっかりと存在する、遊び心に満ちた野外舞踏場は、自立した女主人公の存在を象徴するようである。ゆったりと流れる時間が、現代の私たちを癒してくれるに違いない。

石原和幸(庭園デザイナー)
”庭の出来が悪ければ、自分の命はない”という言葉にすごく感動しました。そして、庭師の人生そのものがデザインに反映される事をつくづく感じました。花や緑の映像がとても美しく、庭や造園に携わる方は是非見てほしい。

上野 梓(日本初の女性石職人)
誰も成し得ない事に挑戦する主人公の強さは人としての美しさに溢れていた。ヴェルサイユの煌びやかな世界以上に魅力的だった。

生方ななえ(モデル)
愛を奪うのが人ならば、愛を与えるのも人。これは、再生の物語。うつくしい色彩に満ちた映像の中、紡ぎだされる世界はこんなにも素晴らしい。

大髙博幸(ビューティ エキスパート)
史実と虚構(フィクション)の綾織りが新鮮。特に興味深いのは、主人公との絡みによって、国王や貴婦人達の人間的感情が吐露されていくこと。完成した「舞踏の間」の愛らしい美しさも必見です。


賀来千香子(女優)
ケイト・ウィンスレットの瞳の奥の憂いが印象的!ヴェルサイユの響きに誘われ、愛が、優しい噴水のように流れている映画だと感じました。

假屋崎省吾(華道家)
大好きなヴェルサイユ宮殿。園芸少年だった頃を思い出しながら、夢の実現のために未曾有の困難に翻弄されながらも乗り越える美しき女性庭師の生き方にうっとり。ケイト・ウィンスレットの魅力満載です。

KIKI(モデル)
サビーヌは荒地で咲くバラのようだ
彼女のもとからは 瑞々しい土と芳しい花の香りが漂ってくる
彼女は当たり前のように 人々をやさしさと強さで包み込む
ひとりの女性として 見習いたくもあり
そして 女性でありながらも 惚れてしまうのだった

齋藤 薫(美容ジャーナリスト/エッセイスト)
こんな視点があったんだ! 「ヴェルサイユ宮殿ですら、泥にまみれて仕事を全うする女の方が美しい」という仮説に激しく心揺さぶられた、想像を絶する宮廷もの。

紫吹淳(女優)
私が愛するヴェルサイユ宮殿が舞台で心踊る。無名の女性庭師が鮮烈な感性で世紀の大事業に挑む愛と勇気の物語。女子力アップを目指す人必見! ひと花ふた花咲かせてね!!


辛酸なめ子(漫画家/コラムニスト)

17世紀の造園家の女性サビーヌに、時代を超えてキャリアアップ術を教えてもらいました。最も大事なのは大自然からエネルギーを吸収することでしょうか……。

中野京子(作家)
太陽王ルイ14世がどれほどヴェルサイユの庭園にこだわったか、そして「舞踏の間」の、あの不思議な小石の動きと音の秘密がわかります。

雅姫(モデル/デザイナー)
植物を愛し、自然と対話する心がある人は、雄大なロマンを持つ、自立した、とても魅力的な女性。リネンの作業着を身に纏い、がむしゃらに働く姿からは想像できないくらい、一輪のバラにそっと触れる指先は美しく繊細でありました。

水 夏希(女優)
「あの美しく広大な庭園も人の手で創られたのだ」 何もない森から「永遠の美」が生まれる瞬間を体験しました。美しい映像とロマンス、ヒロインの芯の強さに勇気を貰ってください!

湯山玲子(著述家)
情熱を持って仕事し、人間的に立派であるならば、けっこう、男たちは応援してくれて、恋愛関係にもなりえる、という、実は女の方が信じようとしない真実を堂々と描き爽快。

余 貴美子(女優)
庭園設計を通して、王宮を取り巻く人々の人生とラブロマンスが絡み合う世界! 秘め事を覗き見するような背徳感のドキドキする色っぽさ!
<STORY>
世界一有名な宮殿誕生の裏側で咲き誇る、ひとりの女性庭師の愛と勇気の物語。
1682年フランス。田園地方の庭園で、ひとりで生きるサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)の元に、予想もしない仕事のオファーが舞い込んだ。フランス国王ルイ14世(アラン・リックマン)が計画する新たなる王宮の庭園建設に白羽の矢が立ったのだ。国王の庭園建築家アンドレ・ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)との面接を受けるが、伝統と秩序を重んじる彼と対立してしまう。しかし、自由な精神で向き合う彼女の言葉が忘れられず、宮殿における中心的な庭園造りをサビーヌに任せることにするル・ノートル。大きな可能性を秘める彼女に、少しずつ心魅かれていく-。

公式サイト:http://versailles-niwashi.jp



********************************************************************

『ヴェルサイユの宮廷庭師』ポスター出演: ケイト・ウィンスレット、マティアス・スーナールツ、アラン・リックマン、スタンリー・トゥッチ 
監督・共同脚本:アラン・リックマン
原題:A Little Chaos/2015年/イギリス/117分/スコープ/5.1ch /PG-12/字幕翻訳:松浦美奈
後援:フランス観光開発機構/ブリティッシュ・カウンシル 配給:KADOKAWA 
© BRITISH BROADCASTING CORPORATION, LITTLE CHAOS LIMITED, 2014