「貫地谷しほり」タグアーカイブ

映画『望郷』本日9/30(土)からは中部地区、関西地区でも上映開始


映画情報どっとこむ ralph 映画『望郷』が9/16(土)より新宿武蔵野館にて大ヒット公開中です。

そして、ついに本日9/30(土)からは中部地区、関西地区でも上映が始まりました!

これまでの湊かなえ先生の作品とは違う雰囲気を持つものとなっています。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、ふたりが熱烈な信頼を寄せる菊地健雄監督の映画作りへのこだわりと、

貫地谷さん:監督のファンになりました。この人を信じておけば大丈夫だと思った。

と、主演の貫地谷しほりさん。

貫地谷さん:本当に細かいところまでしっかり見てくれるんです。

と自分の演技に演出をつける菊地監督の印象を語るのは、島と家庭に縛られ悩む夢都子を演じた貫地谷しほりさん。

元気な女性を演じることが多かったこれまでとは違い、重い悩みを抱えた夢都子を演じることに挑戦した本作では

貫地谷さん:本当に妥協なく指導していただいた。

と菊地監督との撮影の思い出を話す。

映画情報どっとこむ ralph
亡き父との確執を抱えた航を演じた大東駿介さんは、島で生きる人の悩みと葛藤を描いた原作を映像化するにあたり脚本を読んだ時から撮影は原作の舞台である因島で行う方が良いのではないかと考えていた。

菊地監督も同じように因島でのロケにこだわったと知った大東さんは、

大東さん:菊地組は、役者と監督との信頼関係が築ける、仲間がついていく監督。

と尊敬の気持ちを話しています。

公式サイト:bokyo.jp 
公式Twitter:@bokyo_movie

物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
主題歌:moumoon「光の影」(avex trax)
制作・配給:エイベックス・デジタル
2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch / ©2017 avex digital Inc.


『望郷』貫地谷しほり・大東駿介登場 冒頭シーンをたっぷり5分間初公開


映画情報どっとこむ ralph 湊かなえ先生の累計・50万部突破のベストセラー小説「望郷」が、主演に貫地谷しほりと大東駿介を迎え、完全映画化が新宿武蔵野館にて公開中。

菊地健雄が監督を務め、出演陣には貫地谷しほりさん、大東駿介さん、木村多江さん、緒形直人さんら、実力派俳優が名を連ね、親子の感動ミステリーが誕生しました。

この度、本編より、幼馴染である夢都子と航が故郷の島で再会を果たす冒頭シーンが解禁。

生まれ育った故郷に縛られる夢都子(貫地谷しほり)と、亡き父に確執を抱えたまま成長し、地元の島に戻ってきた航。二人はこの島で育ったかつての同級生だった。夢都子は家庭を持つ母になり、航は中学校の教師として地元の中学校に勤務。久しぶりに再会を果たした二人は、子供の頃の思い出を語り合ううちに、それぞれが抱えている自身の家族との関係性を見つめ直すところから物語が始まる。

映画情報どっとこむ ralph
湊かなえ「望郷」は原作者の湊かなえ先生が、自身の地元である因島を舞台に書いた小説。

撮影は、実際に因島を含む瀬戸内海地方の島で行われた。

菊地健雄監督の演出のもと、菊地監督とのタッグは3回目になるカメラマンの佐々木靖之さん(『ディストラクション・ベイビーズ』、『PARKS パークス』)が切り取る、都会にはない、時間がゆっくりと過ぎているような感覚を覚える映像美と閉塞感。

そんな島の景色と雰囲気も見どころです。

望郷初日舞台挨拶過去記事:

貫地谷しほり 大東駿介 木村多江 緒形直人 登壇!「望郷」初日舞台挨拶の模様はこちらで確認

映画情報どっとこむ ralph 望郷

全国拡大上映中!

公式サイト:
bokyo.jp
公式Facebook:
@bokyomovie/
公式Twitter:
@bokyo_movie

物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
主題歌:moumoon「光の影」(avex trax)
制作・配給:エイベックス・デジタル
2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch
©2017 avex digital Inc.
    


貫地谷しほり 大東駿介 木村多江 緒形直人 登壇!「望郷」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「告白」「白ゆき姫殺人事件」「リバース」のミステリー作家・湊かなえのベストセラー「望郷」が映画化!

本日より新宿武蔵野館より公開、ダブル主演で、 平川夢都子を演じた貫地谷しほりさん、大崎航を演じた大東駿介さん、そして夢都子の母親・田山佐代子を演じた木村多江さん、航の父親・大崎征一郎を演じた緒形直人さん、そして本作を手掛けた菊地健雄監督が登壇しての初日舞台挨拶が行われました。

映画『望郷』 初日舞台挨拶イベント
日時:9月16日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:貫地谷しほり、大東駿介、木村多江、緒形直人、菊地健雄監督

映画情報どっとこむ ralph 満員の会場の中、盛大な拍手で迎えられ、現れた4名は、実は撮影で4人揃うシーンがなかったため舞台挨拶で初めて揃ったそうで、

貫地谷さん:本日はお越しい ただきありがとうございます。この作品は、大切な時間を積み重ねて作った作品です。

大東さん:4人揃うの は今日が初めてです。今日ここに立てたこと、皆さんに観ていただけること感謝しています。

続けて

木村さん:この作 品を観て、日本映画を観た気がしました。皆さんも何か感じていただけたらいいなと思います。

と話すと、

緒形さん:今日ここに4人で並んでいますが、貫地谷さんとは初めてお会いしましたし、撮影中木村さんとはすれ違うこともなく、大東くんとの撮影もワンカット。ただ監督とはとても仲良しです(笑)。

と撮影中、出演者とほとんど出番が合わなかったとエピソードを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph この作品への出演の話があった際の印象を聞かれ、

貫地谷さん:原作を読み、是非やらせてもらいたいと思いました。これまで多かった役とはまた違う役への挑戦に、新しい一歩になるんじゃないかと思いました。

役者魂!が垣間見られる答え。

大東さん:自分の内側から出したことない気持ちを出さないとやれないんじゃないかと思った。因島で撮ろうということになった がそれはすごく大変なこと。それをやると言った監督に、出会った瞬間に信頼感を抱きました。

と、初めから監督に信頼を寄せていたことを明かしました。

一方、普段の出演作で薄幸な印象が強いと自ら話した

木村さん:台本を読んだ時に重いっ!と思いました。重い雰囲気のある役を演じるには自分を削って挑むため、その苦しい時間を過ごさないといけない。 一歩踏み出すのに勇気がいることなんです。でもしほりちゃんが娘の役なので、出ることを覚悟を決めて臨みました。

と役を演じることを決めた時の思いを語りました。

また、菊地監督が助監督として参加していた『64−ロクヨン−』で一緒だった緒形さんは

緒方さん:今回監督をされるということで、喜んでやりたいと思いました。

とその時の意気込みを明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 全編因島とその周りの瀬戸内地方で撮影された本作。撮影中の思い出を聞かれ

貫地谷さん:のどかで美しくて、い いところに来ることができたなと思っていました。

と、島の印象について語り、

大東さん:地元のレモン農家の人と仲良く なりました。撮影中に助監督と喧嘩になったことがあったんだけど、喧嘩の理由が『どうしたらもっと因島が盛り上がるの か』って話で…(笑)。今後の役者人生にとって大切な経験になりました。

とエピソードを明かしました。

また、本作で島の中学校に勤める教師を演じた緒形さんは

緒方さん:撮影当日に島に入ったんですが、いきなりその島の教師を演じるのは難しいんです。そんな時に、中学校の校長先生から地元で採れた果物をいただいてから一気に五感が働きました。些細なことだったけれど自分の中で大切にしたい出来事になりました。

と話しました。そして、因島での撮影を決めた監督は

菊地監督:原作者の湊さんが自分が体験されたことを書かれているのを感じました。島の何かを感じていただく中で芝居をしていただきた かったので、因島で撮影をすることが重要でした。

と演出のポイントを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph このイベントで初めて揃ったふた組の親子。
MCからお互いの印象を一言でと尋ねられると、木村さんは娘役である貫地谷さんに思わず「好き」と一言。続けて

木村さん:初めて現場でお会いしましたが、ひたむきに一生懸命な姿が美しかったです。

とその印象を語りました。

それに対し貫地谷さんも木村さんに「感謝」と一言で表現し、

貫地谷さん:私が入り込めないシーンに何度も付き合って、私の心に届くように素晴らしい芝居をしてくださいました。朗らかに支えてくださいました。

と言葉で伝えました。父親を演じた緒形さんは、息子役の大東さんに

緒方さん:撮影を覗きに来たり、人にちょっかい出してみたり、でもそこから得るものは 大きいんですよね。

と笑いながら話すと、

大東さん:信頼しています。緒形さんの言葉には責任があると感じています。

と緒形さんへの思いを語りました。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

貫地谷さん:本当に大切な作品です。皆さんに勧めてほしいし、劇場に観に行ってください。みんなで観に来よ う!

と観客とキャストに呼びかけました。

大東さん:この映画の中には進水式のシーンがあるんですが、この作品にとっては今日が進水式なんじゃないかと監督が話されていて背筋が伸びました。この船をいろんな方に届けたいです。

と主演 の二人から観客へメッセージが送られました。



物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

公式サイト:
bokyo.jp
公式Facebook:
@bokyomovie/
公式Twitter:
@bokyo_movie

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
制作・配給:エイベックス・デジタル
2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch
©2017 avex digital Inc.


監督には仲間がついてくる!大東駿介・貫地谷しほり『望郷』完成披露舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph 「告白」「白ゆき姫殺人事件」「リバース」のミステリー作家・湊かなえのベストセラー『望郷』が、貫地谷しほり、大東駿介、木村多江、緒形直人、森岡龍、浜野謙太ら豪華キャストを迎え映画化!2017年9月16日(土)より新宿武蔵野館にて公開となります。

そして、本日公開に先立ちダブル主演を務めた貫地谷しほりさんと大東駿介さん、そして菊地健雄監督による完成披露上映会が行われました。

『望郷』舞台挨拶付き完成披露上映会
日程:8月22日(火)
場所:新宿武蔵野館
登壇:貫地谷しほり 大東駿介 菊地健雄監督

映画情報どっとこむ ralph 早い段階で満員となった会場に3名が登場すると、温かい拍手が。

貫地谷さん:本日は誠にありがとうございます。私にとってとても大切な作品になりました。ドキドキしています。

大東さん:望郷と言うことで、自分の過去や郷里だったりと向き合わざるを得ない作品で、皆さんもそういう気持ちになていただけるのでは?と思っています。

菊地監督:貫地谷さんと大東君とこうして舞台に立てたのが監督として光栄で、嬉しく思っています。

との挨拶からイベントはスタート。
この作品のオファーが来た時のことを

貫地谷さん:脚本が面白くて凄くやりたくて・・でも、なぜ私?と言うのはありましたね。

菊地監督:原作が湊さんの故郷の因島をモデルにしているので、島の中で育った二人の成長譚にしたくて、過去作を観て貫地谷さんと大東さんならと確信してオファーしました。

と、オファー理由を述べる監督。

大東さん:湊さんの作品は二回目ですが、白雪姫の時は撮影10分で台本もらってないですから。アドリブだけ。今回は台本もらって・・嬉しかったです。

菊地監督:主演だからね。台本渡さないのはチャレンジ過ぎるよ。

と、意外と大東さん発言が面白い。

映画情報どっとこむ ralph 実際の撮影に関して

菊地監督:因島に泊りで近い距離間で、其々の役柄を繊細な部分で作り上げられたので、チームの一員になってもらえたのが良かったです。

一方、監督の印象を聞かれるとべた褒め

貫地谷さん:ピアスが印象的でお洒落な監督で。衣装合わせも二回。演出も本当に細かいところまで見ていただけていたので、妥協無く演じさせてくれる安心感があって、監督とご一緒できて嬉しかったですね。委ねましたね。

大東さん:演出面でもスタッフさんや僕ら俳優部がより良くしていくための演出を理解して撮影していて、それは監督の力だなと。仲間がついてくる監督なんです。

褒められて、にやにやが止まらない監督。

本作は、役者の表情、目の動き、そして光やアングル、その他の演出にまで繊細に作りこまれた作品と評判。スタッフも相当気合が入っていたのではと思われる映像になっています。

映画情報どっとこむ ralph 撮影時の苦労を聞かれると

菊地監督:二人は現場はピリッとしていて、気の抜けない時間が続いて、重さを感じながらの演技は大変だったと思いますね。
大東さん:貫地谷さんは苦しそうでしたね・・・。
貫地谷さん:そう!凄く苦しかったんです!でも大東さんはなんか因島を謳歌していて。
菊地監督:地元の方となじんでたよね。

と正反対な過ごし方をしたそう。


話は共演の木村多江さんに関して

貫地谷さん:薄幸なイメージですよね。でもとっても明るくてパワフルな方なんですよ!強い先輩だなと学ぶことが多かったです。支えてもらいました。

と語る貫地谷さん。一方、緒方直人さんは大東さんの幼少期のお父さん。出番がないシーンも自発的にお父さんがどういう人だったのか、感じるために見学していたと監督が話すと、

大東さん:緒方さんは言葉に対する責任感を感じて。居るということ。立ち振る舞いが凄いんですよ。本当に勉強させていただきました。

と、役作りに余念がなかった、ご様子。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

貫地谷さん:誰もが感じたことのある窮屈さが映っています。でも、そこから一歩踏み出す勇気になる映画になっていると思います。大事な方と是非。

大東さん:自分の31年間に向き合うことになった映画です。皆さんの、そういう切っ掛けになったらいいなと思ってます。大好きな映画になりました。

菊地監督:観て感じていただければと思っています。そして、観た後に少しでも故郷に思いを馳せていただければと思います。


望郷



物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

公式サイト:
bokyo.jp 
公式Facebook:
@bokyomovie/ 
公式Twitter:
@bokyo_movie

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
制作・配給:エイベックス・デジタル
2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch / ©2017 avex digital Inc.
    


親子の感動ミステリー『望郷』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 『告白』『白ゆき姫殺人事件』「リバース」など、ヒット連発のミステリー作家・湊かなえさんの累計・50万部突破のベストセラー『望郷』が、主演に貫地谷しほりと大東駿介を迎え、完全映画化。2017年9月16日(土)より新宿武蔵野館にて公開。

『ディアーディアー』(第39回モントリオール世界映画祭正式出品)、『ハローグッバイ』(第29回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門正式出品)などを手掛ける菊地健雄が監督を務め、出演陣には木村多江、緒形直人ら、実力派俳優が名を連ね、親子の感動ミステリーが誕生しました。

この度、本作のポスタービジュアル、予告編映像が新たに解禁されました。
映画情報どっとこむ ralph それぞれ夢都子、航を演じダブル主演を務めた貫地谷しほりと大東駿介の、どこか哀愁漂う表情が印象的なポスタービジュアル。また予告編映像では、それぞれの親子の間に生じる葛藤に悩む二人の姿が。幼いころに果たせなかった思いを引きずる夢都子と航。二人の過去に何があったのか-。映像の最後に見せる夢都子と航の表情が伝える結末とは?

なお主題歌は、独特の世界観が魅力の男女2人組アーティスト、moumoonによって書き下ろされた「光の影」に決定。その優しい歌声と、原作のイメージを元にストリングスが奏でる壮大な楽曲は作品の世界観を余すところなく表現しています。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

公式サイト:
bokyo.jp 
公式Facebook:
@bokyomovie/ 
公式Twitter:
@bokyo_movie

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
制作・配給:エイベックス・デジタル

2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch / ©2017 avex digital Inc.