「谷本佳織」タグアーカイブ

ついに禁断の“キスシーン”公開 渡邉 剣x天野浩成実『花は咲くか』


映画情報どっとこむ ralph 初めて人を好きになった、あの胸が締め付けられるような、切ない想い。恋愛に身を焦がす時代はとうに過ぎ、今は仕事漬けの日々を送るサラリーマンと、他人に興味を持てずに生きてきた大学生が、ひょんなことから出逢い、想いを育ててゆく―。

誰もが一度は経験する「恋」の葛藤を描く、年の差カップルの純愛ラブストーリーを描いた累計発行部数35万部超えの、日高ショーコによる大人気BLコミックス『花は咲くか』を渡邉 剣xxx天野浩成実で写映画化!
ついに、今週2月24日(土)の公開まで1週間を切りました。

ということで!
この度、原作ファン・BLファンが最も注目し期待を寄せているであろう、“キスシーン”などの新規カット・キャストの新着コメントと、入場者プレゼント情報が解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph 互いに想い合うも、年の差、同性同士という戸惑いや、社会人と学生という立場の差・・・、じれったくもピュアな二人の姿が胸を締め付けられる本作ですが、気持ちが溢れた時、思いが通じ合った時は男らしい真っ直ぐな行動で示します!屋外であってもキスをして、熱いハグをするのです。

先ず、気持ちに抑えがきかなくなった桜井さんが蓉一にキスしてしまう、初めてのキスシーンです。ここで、注目していただきたいのは、カットの美しさ!表情から、光の当たり方まで、綺麗に撮影されています。原作の絵の美しさは損なわず、実写化されていることがわかるカット。

次のカットは、好き同士なのにすれ違う二人がやっと素直になり、抱きしめ合うシーン。
ちなみに、桜井さんの背中に回しているセーターから出た蓉一の手が、 “萌え袖”になっています。天然でピュアな蓉一のさり気ない仕草も、隠れた胸キュンポイントとなり、ファンを楽しませてくれます!

映画情報どっとこむ ralph キスシーンを演じたキャストの新着コメントも到着!

渡邉 剣(水川蓉一 役)キスシーンについて

渡邉さん:僕自身キスシーンが初めてでしたが、相手が男性という事もあり女性の場合と違って逆に気負わずキスシーンに臨むことができました。本番では僕が想像していたよりもキスが長く、そして激しく少々驚きましたが逆にその様子がよりリアルに蓉一の初々しさや驚きを表現できたのではないかと思います。キスシーンを終えた後は『もう誰とでもキスできる!』と思ったくらい吹っ切れていました!(笑)役者渡邉剣のファーストキスを是非ご堪能下さい!


天野浩成(桜井和明 役)キスシーンについて

天野さん:男性同士のキスシーンがどの様に映っているか分からなかったのですが、監督からOKが出た後、女性のスタッフさんたちが顔を手で覆いながら恥ずかしそうにしていたのを見て、正解のキスシーンができたのでは?と思っています。少し恥ずかしですが、皆さんにご覧になって頂ければと思います。

映画情報どっとこむ ralph 入場者プレゼントは、
「日高ショーコ描き下ろし大判ポストカード」!

この度、週替わりで原作コミックの作者、日高ショーコによる描き下ろし大伴ポストカードを
入場者プレゼントとして、数量限定配布することが決定いたしました!

一週目は蓉一、

二週目は桜井さん

のイラスト。木漏れ日まで、繊細なタッチで描かれています。

映画情報どっとこむ ralph 初日舞台挨拶の開催が決定!!

公開を記念して、2月24日(土)に初日舞台挨拶を開催することが決定いたしました!
当日は主演の渡邉剣、天野浩成の二人に加え、他の若手イケメンキャストも勢揃いします。

日程 2月24日(土)
①10:00の回上映後
②12:30の回上映前

■会場 池袋HUMAXシネマズ スクリーン1

■登壇者(予定) 渡邉剣、天野浩成、塩野瑛久、小原唯和、水石亜飛夢、谷本佳織監督

■入場料 2,000円(税込)
《チケット購入方法》
◆インターネット販売:発売中
池袋HUMAXシネマズ

◆窓口販売:池袋HUMAXシネマズチケット売り場にて発売中

映画情報どっとこむ ralph 花は咲くか

2018年2月24日(土)ロードショー

公式サイト:
http://hanawasakuka-movie.com/

STORY
広告代理店に勤める37歳のサラリーマン・桜井和明(天野浩成)は、CM撮影で赴いた古く美しい日本家屋で一心に花の絵を描く19歳の美大生・水川蓉一(渡邉剣)と出逢う。この家の持ち主でもある蓉一は、他人に興味がなく親しい友人すらいなかった。同居している従兄弟の竹生(水石亜飛夢)や菖太(小原唯和)を心配させていたが、屈託なく話しかけてくる桜井にだけは心を開くようになる。二人の気持ちは次第に絡み合ってゆくが、桜井は蓉一との年齢差や同性同士という現実を前に、二人の関係を先に進ませることが出来ないでいた。まるで自分を避けているかのような桜井の行動に動揺し、苛立ちを感じる蓉一。さらに、蓉一に好意を寄せる美大のクラスメイト・藤本(塩野瑛久)も現れる。そんな中、桜井に大阪転勤の辞令が。桜井と蓉一に決断の時が迫る。

***********************************

渡邉 剣 天野浩成
塩野瑛久 小原唯和 水石亜飛夢 / 本宮泰風

原作:日高ショーコ「花は咲くか」(幻冬舎コミックス刊) 
脚本:高橋ナツコ 
監督:谷本佳織 
主題歌:「ふたり願い星」綱希美香(徳間ジャパンコミュニケーションズ) 音楽:加藤亜祐美   
製作:間宮登良松 企画:加藤和夫 プロデューサー:日野原彩子 キャスティングプロデューサー:福岡康裕 
アソシエイトプロデューサー:菅谷英智 高橋 浩 音楽プロデューサー:中谷しの 
ラインプロデューサー:林周治 撮影:上野彰吾(J.S.C.)  美術監督:若松孝市(A.P.D.J.)  照明:赤津淳一 
美術:松田香代子 録音:光地拓郎 編集:柳澤和子 整音:宮本明子 装飾:榊さくら 
小道具:横山夏子 絵画製作・監修:木下令子 衣裳:工藤唯 ヘアメイク:竹川紗矢香 助監督:六車雅宣 
プロダクションマネージャー:杉崎隆行
製作プロダクション:東映東京撮影所 製作統括:木次谷良助 
製作・配給:東映ビデオ 
© 2018東映ビデオ © 日高ショーコ/幻冬舎コミックス


渡邉剣 主演BL映画「花は咲くか」映画化。年上サラリーマン役に天野浩成!


映画情報どっとこむ ralph 初めて人を好きになった、あの胸が締め付けられるような、切ない想い。

誰もが一度は経験する「恋」の葛藤を描く、年の差カップルの純愛ラブストーリーを描いたBLコミックス「花は咲くか」が、待望の実写映画化。恋愛に身を焦がす時代はとうに過ぎ、今は仕事漬けの日々を送るサラリーマンと、他人に興味を持てずに生きてきた大学生が、ひょんなことから出逢い、想いを育ててゆく―。

先日解禁となりました、主人公・水川蓉一役を務める映画初主演の渡邉 剣に続いて、蓉一に惹かれていくサラリーマン、桜井和明役に、TV・映画『HiGH&LOW』、『仮面ライダー剣』などに出演し、今回BL映画初挑戦の天野浩成が決定!
18歳年上の桜井に惹かれていく美青年・水川蓉一役の、渡邉 剣(21)とのキスシーンも見逃せません!

映画情報どっとこむ ralph そして、監督は女性監督、谷本佳織さん!

本作が長編映画初監督作品ながら、きめ細やかな演出と幻想的な映像美をスクリーンに展開。
穏やかで抒情的な原作の空気感を見事に掬い上げて映像化し、極上の純愛ドラマを完成させました。
舞台となる風流な日本家屋、深い木立に囲まれたロケーション、さらに物語の重要なポイントである“花”の絵画など、原作のイメージを大切にした、こだわりの映像は必見です!

さらに脚本は、映画『大奥』『どうしても触れたくない』『ひだまりが聴こえる』など、近年のBL映画を多く手掛けている高橋ナツコが原作者完全監修の元、心を通わせあう同性同士の繊細な心の襞を細部まで描きます!

映画情報どっとこむ ralph 併せて、天野浩成さん、谷本佳織監督からのコメントも到着いたしました!

天野浩成(桜井和明 役)さんからのコメント
「39歳にして初めてのBLと言われる作品との出逢いでした。
戸惑いも最初はありましたが30代最後の歳、自分の出来る限り芝居を精一杯演じたい!と思っていたタイミングでの出逢いでした。
原作も直ぐに読み作品の内容、登場人物それぞれにとても素直に心を動かされる作品で、桜井和明役を自分が演じたいと思いました。原作を知っている方も、映画で初めて見る方も、この作品を楽しんで頂ける様に、監督と話し合い撮影に挑みました。
そして、それぞれのシーンが素敵なものになり、桜井の気持ちがちゃんと繋がった作品になったと思いますので、みなさん楽しみにしていて下さい。」

天野浩成(あまの こうせい)プロフィール
1978年4月9日生まれ。
『仮面ライダー剣(ブレイド)』(04/EX)でブレイク。
その後もTV「仮面ライダーファーゼ」(11/EX)「ぼくの夏休み」(12/東海テレビ)「シュガーレス」(12/NTV)、映画『メンゲキ!』(12)『TRASH/トラッシュ』(15)『カノン』(16)、TV・映画『HiGH & LOW』(15/NTV・16)シリーズなど、テレビや映画で活躍中!

映画情報どっとこむ ralph 谷本佳織 監督からのコメント
「大好きな作品の映画化に監督として携われたことを大変光栄に思います。
蓉一が色を重ねて絵を描くように、登場人物の感情を重ねて映画を作っていこう。そう意識しながら、惹かれあう蓉一と桜井さんの感情の動きを丁寧に作り込みました。
リハーサルを重ねるたびに、渡邉さんと天野さんが、蓉一と桜井さんへと変わっていく様子を目の当たりにして、確かな手応えを感じました。
そして、撮影初日の現場に立つ2人の姿は、まさに蓉一と桜井さんそのものでした。その他、美術やロケーションにもこだわって作ったので注目して欲しいです。
たくさんの人に愛されている原作の魅力を、スクリーンでもお楽しみいただけますと嬉しいです。」

谷本佳織 監督 プロフィール
東映京都撮影所で『大奥』、東映東京撮影所で『はやぶさ 遥かなる帰還』をはじめとする映画やTVドラマなど数々の現場に携わる。2009年アメリカの特撮テレビドラマ『仮面ライダードラゴンナイト』の日本語吹替版演出として演出家デビュー。2012年、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」を通じて短編映画『あかり』を完成。本作が長編映画初監督作品となる。

映画情報どっとこむ ralph 先日、公開となっている渡邉 剣(水川蓉一 役)さんからのコメントはこちら

映画『花は咲くか

2018年2月24日(土)ロードショー

公式HP:
http://hanawasakuka-movie.com/

主演:渡邉剣さん♡かわいい

***********************************

原作:「花は咲くか」日高ショーコ(幻冬舎コミックス)
キャスト:渡邉 剣 天野浩成
脚本:高橋ナツコ
監督:谷本佳織
配給:東映ビデオ 【2017年/日本/カラー】  
© 2018東映ビデオ
©HIDAKA SHOKO,GENTOSHA COMICS 2009


キスシーンも見逃せない!渡邉剣でBLコミック『花は咲くか』映画化


映画情報どっとこむ ralph BLコミックスの中でも“名作”と評判が高い人気原作を実写映画化した『花は咲くか』。

18歳年上のサラリーマンに惹かれていく美青年・蓉一役を、映画初主演となる渡邉剣が務めることが発表になりました。

本作は、初めて人を好きになった、あの胸の締め付けられるような切ない想い、誰もが一度は経験する「恋」の葛藤を描く、年の差カップルの純愛ラブストーリー。

原作は、累計発行部数35万部を超え、「このBLがやばい!2016 年度版」で4位に輝くなど、数あるBLコミックスの中で も“名作”と評判が高く「こんな恋がしてみたい…」と多くの読者が萌えた日高ショーコ原作の 同名コミックス。

18 歳年上のサラリーマンに惹かれていく美青年・水川蓉一役には、本作が映画初主演となる 渡邉剣(21)さんが抜擢!
「動物戦隊ジュウオウジャー」ジュウオウエレファント・タスク役の彼です!

ぶっきらぼうで寡黙な美大生だった青年が、年の差、同性同士という戸惑い、社会人と学生という立場の差を飛び越え、真正面から好きな人にぶつかってゆくという難しい役を、見事に演じている。

また、本作で体験した役者人生初のキスシーンも見逃せません!

渡邉 剣コメント
人気コミックの実写化で主演を演じさせていただける事、とても嬉しく思います。
「花は咲くか」を読ませていただいた時に、年の差のある男性同士がお互いに惹かれていく様 子がとても素直で純粋だなと感じました。あまり人と話さず、感情を表にしない蓉一と自分が どこか重なる部分がありました。 この作品の肝となる「好き」ということを表現をする際に、自分自身が初めて恋をした時を思 い出しながら演じました。 2人が徐々に惹かれ合い恋心へと変わっていく所や、戸惑いながらもようやく気持ちが分かり 合えた2人が初めてキスをするシーンにも注目して見ていただけると嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『花は咲くか

公式HP:
http://hanawasakuka-movie.com/

物語・・・

広告代理店勤務の桜井和明(37)は、CM の撮影で美しい日本家屋へ赴く。広い屋敷の中、一心に絵を描く 青年・水川蓉一(19)と出会う。

無愛想な蓉一は美大生で、古くて広い日本家屋に従兄弟たちとともに住ん でいた。日々の忙しさに磨耗して「誰かを好きになる」ことすら忘れていた桜井だったが、偶然が重なり水 川家へ通ううち、やがて蓉一自身に惹かれていく。

一方、絵を描くこと以外に一切興味を示さなかった蓉一 もまた、自分よりずっと年上の桜井のことが気になって仕方ないのに、2人の距離は一足飛びには縮まらな い。一つ一つ確かめ合うような日々を経て、桜井だけに花が綻ぶような笑顔を見せるようになっていく蓉一。 次第に距離が縮まっていくのを実感していく2人だったが、その矢先、桜井に大阪転勤の辞令が――。

***********************************

原作:「花は咲くか」日高ショーコ(幻冬舎コミックス)
主演:渡邉 剣
監督:谷本佳織
配給:東映ビデオ
2017 年/日本/カラー
©HIDAKA SHOKO,GENTOSHA COMICS 2009