「諏訪敦彦」タグアーカイブ

諏訪敦彦監督『ライオンは今夜死ぬ』観る人全員が違う感想をもってほしい!トークイベント


映画情報どっとこむ ralph ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオーを主演に迎え、『M/OTHER』『不完全なふたり』の諏訪敦彦監督が『ユキとニナ』から8年ぶりに撮り上げた、仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』が絶賛公開中です。

鑑賞直後のお客さんの質問に諏訪敦彦監督自らが回答したQ&Aイベントが行われました。

トークイベント開催
日時:2月7日(水)
場所:YEBISU GARDEN CINEMA
登壇:諏訪敦彦監督

映画情報どっとこむ ralph 本作は、南仏を舞台に、死を演じられない年老いた俳優ジャンが、訪れた屋敷でかつて愛した女性の幻影と再会し、地元の子どもたちと共に映画制作をすることになる。やがて残された時間、ジャンは「死」と向き合い「生」の歓びを知っていく心温まるストーリー。

◉ジャン=ピエール・レオーから日本の皆様へメッセージ!
先週パリで本作の主演、ジャン=ピエール・レオーと久々の再会を果たしたという監督は、レオーから預かってきた日本の観客へ向けたメッセージを、彼を真似て伝えますと話し出しました。

諏訪監督:敬愛する諏訪監督の作品で主演が出来て、とても嬉しいです。俳優として多くの人たちが直面する試練ともいえる“困難な課題”を、この作品に出演することで前向きに考えることができました。それはつまり、“いかに一人の俳優が神話から伝説になるか“ということです。ありがとうございました。

と、ゆっくりと言葉を紡いだ諏訪監督。

その姿はどこか劇中のレオーを彷彿させ、会場からは思わず拍手がおきました。

映画情報どっとこむ ralph ◉Q&A では監督の本音がポロリ!

そんな中、Q&Aへ。

Q:本作はいろんなことを感じる映画でした。未来へのメッセージか?はたまた老いることへの前向きなメッセージなのか?諏訪監督自身はどういったことを伝えたかったのでしょうか?

諏訪監督:映画というものは“何かを伝えたい”為にある道具なわけじゃない。絵画だってどう思われるかを考えていないですよね?映画は人間が心理的に画面から何か感じることで初めてリンクするものだと考えています。

と我々からすると、目からウロコな発言を!

諏訪監督:この映画は見た人がいろんな見方をする映画です。『はっきりしてよ!』と思う人もいることでしょう。それもわかります。でも現実と映画は区切られていない。だから『こう思ってほしい』という具体的な思いはありません。みなさんがそれぞれ自由に、何かを感じて欲しい。だからそんな感想を聞けて嬉しいです。

と、監督が感謝を述べる場面も。

そしてフランスで行われた子供向けに行われた試写会で、彼らが好き勝手に感想を述べる姿が、自由で素晴らしいと思ったと語る監督。

諏訪監督:ジュリエットを見て、『あれは幽霊じゃない!だって手が透けないじゃないか』って言うのです。その自由さがいいですよね。

続いて、

Q:諏訪監督の中で、前作から本作を撮るまでの8年間。何があったんでしょうか。

諏訪監督:映画監督にとって8年というのはあっという間。時間が経ったという感覚はないけれど、自分の中に変化はあったかもしれません。『こんな明るい映画を撮ったのですか』と三浦友和さんにも驚かれましたけど、子どもたちとレオーのおかげで『何でもありだな!』と思えたことは、僕をいろんなものから解放してくれました。

と、監督の中の変化を経て本作が生まれた経緯を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph ◉ジャン=ピエール・レオーが本作への思いを綴った文章を監督が披露!

フランスのカイエ・デュ・シネマでジャン=ピエール・レオーがメールインタビューに応じ、その貴重な内容を披露した監督。監督自身が言葉の美しさに感動をしたという一節を読み上げました。
諏訪監督:子供たちとの共演、あなたにとって他者と演じるということは?という問いにレオーは『諏訪監督が今作で提案した子供たちとの共演というアイディアはとても素晴らしかった。子供たちの驚くべき自然さはある種の脅威とも言えます。ですが、子供の時から演技を初めた私は、今回子供たちと演技をすることよって、当時感じていた演じる喜びを再び感じることができました。私は子供たちとともに諏訪がもつ幻想的な世界へ入って行きました』。

とジャン=ピエール・レオー自身が、自由溢れる子供たちとの共演に影響され、喜びに満ちた撮影だったと明かしました。

終了時間が過ぎても観客からの質問を丁寧に答えた監督。監督の口から伝説的俳優、ジャン=ピエール・レオーの多くの言葉を聞いた観客は大満足な様子でした。

物語・・・

生きることは素晴らしく、死はふたたび出会う場所。

南仏コート・ダジュール。死を演じられないと悩む、年老いた俳優ジャン。過去に囚われ、かつて愛した女性ジュリエットの住んでいた古い屋敷を訪ねると、幽霊の姿となってジュリエットが彼の前に現れる。さらに、地元の子ど もたちが屋敷に忍び込んできて…

子どもたちからの誘いで突然はじまった映画撮影。撮り進めるうちに過去の記憶と向き合い、残された時間、ジャンの心に生きる歓びの明かりがふたたび灯されていく。

YEBISU GARDEN CINEMAほか絶賛公開中!


***********************************

監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン

2017 年/フランス=日本/103 分

配給:ビターズ・エンド
© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BAL THAZAR-BITTERS END



第9回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル開催2018年2月8日(木)〜2月12日


映画情報どっとこむ ralph 2018年2月8日(木)〜2月12日(月・祝)に座・高円寺にてドキュメンタリー映像の祭典「座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」が今年も開催されます。

特集上映のテーマは「表現者たち」です。

アート、写真、音楽、演劇など様々なジャンルの表現者を捉えたドキュメンタリーを取り上げます。全ての上映枠にゲストトークを設け、女優・岸惠子さんやダンサーの首藤康之さんらの豪華ゲスト達が各作品について語っていきます。

そして!

ドキュメンタリーに造詣の深いゲストに自由に作品を選んで上映するゲストセレクター部門では、SNSでも話題になった『山田孝之のカンヌ映画祭』を演出した松江哲明監督やカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した『そして父になる』や『海街diary』など話題作を発表し続けている是枝裕和監督、俳優の井浦新さんら常連メンバーに加え、作家・平野啓一郎さんが初参加して頂きます。
映画情報どっとこむ ralph <上映作品について>

【特集上映部門】テーマ「表現者たち」
【民俗芸能】 見世物小屋 旅の芸人・人間ポンプー座
【役者】    柄本家のゴトー
【アート】   ≒草間彌生 私大好き
【写真】    写真で読む東京
【映像】    丹波十三の「タンポポ」撮影日記
【音楽】   プラハの春 人間たちのシンフォニー
【演劇】   すべての些細な事柄
【詩】    詩人、出張スル
【ダンス】  ダンサー、セルゲイ・ポルーニン世界一優雅な野獣


【カメラマン特集 一之瀬正史】 わが街 わが青春 石川さゆり水俣熱唱

ドキュメンタリーは、社会的な問題に目を向けたものが多く、テーマ性で評価される傾向がありますが、一方 で、作り手にとって作品のモチベーションが魅力的な対象との出会いとなっている場合も多く、ドキュメンタリーの作り手は、対象そのものが発する力に引きつけられるのかもしれません。
今回の特集は、社会に向けて何かを発している“表現者たち”を記録した作品を選んでいます。ドキュメンタリストたちが“表現者”にどう対峙し、ドキュメンタリー表現をどう獲得してきたのか、見つめてみたいと思います。

プログラムディレクター 山崎裕


【追悼 吉永春子】ある傷痕〜魔の731部隊
街に出よう〜福祉への反逆・青い芝の会


【ゲストセレクション部門】 
【松江哲明 セレクション】アンヴィル!夢を諦めきれない男たち
【森 達也 セレクション】
 放送禁止歌〜歌っているのは誰?規制しているのは誰?〜 
【平野啓一郎 セレクション】
 マーク・ジェイコブス&ルイ・ヴィトン〜モード界の革命児〜
【諏訪敦彦 セレクション】
 ハリウッドを駆けた怪優異端の人・上山草人
【是枝裕和 セレクション】
 永六輔とテレビジョン
 <遠くへ行きたい>第1回岩手山—歌と乳と
 <遠くへ行きたい>第23回秋田おばこと男鹿ぶりこ
【井浦新セレクション】
 <日曜美術館・特別編>異形探訪 井浦新“にっぽん”の美の旅3
    
ゲスト陣(順不同): 
松江哲明(映画監督)/森達也(映画監督、作家)/平野啓一郎(作家)/諏訪敦彦(映画監督)/是枝裕和(映画監督)/井浦新(俳優)/一之瀬正史(カメラマン)/北村皆雄(映画監督)/松本貴子(映画監督)/代島治彦(映画プロデューサー)/飯沢耕太郎(写真評論家)/浦谷年良(映画監督)/龍村仁(ディレクター)/岸惠子(女優)/串田和美(演出家)/奥田瑛二(俳優)/田原(詩人)/首藤康之(ダンサー)/金平茂紀(ジャーナリスト)/今野勉(演出家)/長井倫子(ディレクター)

映画情報どっとこむ ralph 「座・高円寺 ドキュメンタリー フェスティバル」
開催期間:2018年2月8日(木)〜12日(月・祝)
会場:「座・高円寺2」(杉並区立杉並芸術会館)
チケット:前売り券 : ¥1,300 / 当日券 : ¥1,500(全席自由)
特設サイト:http://zkdf.net/

***********************************



カメラが写し出す奇跡の瞬間に、演劇界の岡田利規が嫉妬!『ライオンは今夜死ぬ』


映画情報どっとこむ ralph ジャン=ピエール・レオーを主演に迎え諏訪敦彦監督の仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』が、いよいよ1 月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開となります。
その公開を記念しApple 銀座でトークイベントを行いました。諏訪監督と共に登壇したのは、独自の演出法で知られ演劇界で絶大な支持を誇る、演劇作家、小説家でありチェルフィッチュ主宰の岡田利規さん。『ライオンは今夜死ぬ』撮影舞台裏や、ジャン=ピエール・レオーキャスティング秘話に加え、諏訪/岡田と各業界の先鋭が揃い、それぞれのクリエイター論を熱く語りあいました!

トークイベント開催概要
日時:1月9日(火)
場所:Apple 銀座
登壇:諏訪敦彦(映画監督)、岡田利規(演劇作家/小説家/チェルフィッチュ主宰)

映画情報どっとこむ ralph 先駆けて本作にコメントを寄せた岡田さん。大学で演劇サークルに入部したことが演劇を始めたきっかけで、それまではずっと好きだった映画の制作に携わることが夢だったそう。対して、諏訪監督は大学時代に演劇作りに参加し、主役を演じたこともあったという。
岡田さん:以前は映画でしかできない表現をみると、それに匹敵するものが作ることができずにもどかしくなることもありました。”映画にできなくて演劇でしかできないもの”を意識し続けるうちに自分なりにそれを見つけることができてきて、久しく映画に対して嫉妬するという感覚はなかったのですが、『ライオンは今夜死ぬ』を観てその感覚を取り戻したような気がしました。映画には、画面のフレーム外のものを存在させることも、させないこともできる自由さがある。本作にはそれを使った本当に素晴らしいシーンがいくつもありました。舞台にとっての画面のフレーム外である「出ハケ」はどちらにもできるその自由さを持たないんですよね。

と、岡田さんが演劇作家ならではの視点で本作の感想を述べた。それに対し、

諏訪監督:確かに映画はフレーム外にもその世界があると信じさせてしまう。だけど、信じるからこそ観ている人が裏切られることもありますよね。

岡田さん:例えば、フレーム外だけども隣にずっといるはずだと思っていた人が、実はそこにすでに存在していなかったりとか。そのように裏切られるシーンは映画的な瞬間の一つだなと感じます。演劇を作る人間として久しぶりに映画に嫉妬しましたね。

と、岡田さんが語り、映画と演劇のフレームの違いについて、互いに意見を交わしあった。

映画情報どっとこむ ralph 世界が様々な問題を抱えている時代だからこそ、楽しんで作った映画を届けたい!
岡田さん:本作からは、とにかく監督自身が楽しんで映画を作ったことが伝わってきました。監督の作品は、例えばカップルの話でも、ただ恋愛の喜びを描くのではなく、その関係性がもたらす様々な問題を描いたりと、ネガティブな要素が多い作品が多かった。海や光の使い方が印象的なせいもあるが、今までの中で1番明るい作品なのでは

と、本作の印象について語った岡田さん。

諏訪監督:こんなに楽しいなと思ったのは初めてでした。実はチェルフィッチュの設立と私の監督デビュー作『2/デュオ』を撮影したのは同じ1997年。ちょうど20年が経ちましたが、当時と比べて、いま世界は暗い時代で様々な問題を抱えている。だからこそ楽しんで映画を作ろうと思ったし、年老いたジャン=ピエールをできるだけ明るく撮ろうと努めた。でも、“死”を上手く演じられず悩んでいる俳優が主人公なのに、子どもたちに自由に企画させた映画内映画のなかでは、子どもたちは平気で登場人物をどんどん殺していく(笑)。そんな自由奔放な子どもたちを掛け合わせたのも良かったと思う。撮影しているときは気づかなかったけど、後からどうしてこんなに明るい要素を取り入れることができたのかと考えたときに、自分自身の考え方が以前と変わってきているからなのだと感じました。

と、監督が自身の変化について語った。

映画情報どっとこむ ralph 映画と演劇が‟幽霊”との親和性が強いワケとは?

活動開始から20年が経った2人の変化について、

諏訪監督:これは偶然だけど、『ライオンは今夜死ぬ』と岡田さんが作・演出した『地面と床』(2013)の両作品には、‟幽霊”が登場している。20年前、互いの作品に‟幽霊”が登場する気配なんてまったくなかった(笑)。互いにその変化が表れたことがすごく面白い。

と述べた。それに対し


岡田さん:それは私もとても驚きました。簡単に言うと、‟幽霊”とは過去が現在化したもの。そして、直接的、感覚的に観客に見せることができるので、演劇を作る道具としてすごく使い手があって便利なんです

と、岡田さん。
諏訪監督:私が‟幽霊”を映画に用いたきっかけは、ジャン=ピエールの存在。彼はかなり特殊な存在で、多くの映画はその世界を信じさせる演出をしているが、彼の演技は“こんな人は現実にはいない”と思わせる。そんな彼に釣り合う存在は‟幽霊”ぐらいしかないと思ったんです。でも、そもそも映画に映っているものはすべて‟幽霊”で、映画との親和性が強い。例えば、鏡に写った像と現実に存在するものは決定的に違うけど、映画のなかではどちらも同じ。さらには俳優はカメラの力で生を写し撮られているとも言える。なので‟幽霊”を描くのに特殊効果は必要ないんですよね

と監督は語った。

映画情報どっとこむ ralph 「観客の心境にいったい何が起こるのか」クリエイターが作品を生み出す原動力とは

Q:自分の頭のなかで思い描いた面白い物語を具現化したとき、寂しさを覚えるのか、それとも表現できて喜びを感じるのか、どちらの感覚に近いですか?

との観客の質問に対し、

岡田さん:今の自分はそのような失望を感じません。それは自分の頭のなかにあるものを形にする、という演劇の作り方ではないから。それよりも、観ている人の心境に何が起こるのかについて関心がある。それは舞台上で起きていることよりもずっと面白い。そんな作品を作りたいと思うし、そう感じてもらえることに喜びを感じますね。

と、岡田さん。それに対し、

諏訪監督:私もまったく同じ考え。以前に私がディレクターだったとき、経験を積んでいくうちに本当に自分が作りたいと思った番組を完成できたのですが、これが意外につまらなかったんですよ。オリジナルのものがあってそれをアウトプットするというよりは、表現したい何かはものを作る行為によって生まれると思ってる。やってみなければ触れられないものがあるから映画を撮る。撮った時点でそれが実現され、さらに観客のなかで実現されていく。自分は観客のように観れないのは寂しく感じます。本当の自分の映画は知らないわけですから。

と監督は語った。



最後に・・・・、

諏訪監督:みんなが良いと思う商業映画の存在はもちろん必要だと思うけど、みんなの感じ方が大きく違う映画があってもいい。それは、一人ひとりの個性を認めることにもなる。ヨーロッパで私の映画を上映すると、途中で出ていく人もいれば、泣いている人、怒りながら観ている人もいるんですよ(笑)。それでいいんだと思います。

と、結び、大いに盛り上がったトークイベントを締めくくりました。

ライオンは今夜死ぬ
1月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

物語・・・
南仏コート・ダジュール。死を演じられないと悩む、年老いた俳優ジャン。過去に囚われ、かつて愛した女性ジュリエットの住んでいた古い屋敷を訪ねると、幽霊の姿となってジュリエットが彼の前に現れる。さらに、地元の子ど もたちが屋敷に忍び込んできて…子どもたちからの誘いで突然はじまった映画撮影。撮り進めるうちに過去の記憶と向き合い、残された時間、ジャンの心に生きる歓びの明かりがふたたび灯されていく。

***********************************

監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン
2017 年/フランス=日本/103 分
配給:ビターズ・エンド
© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BAL THAZAR-BITTERS END
    


『ライオンは今夜死ぬ』三浦友和、川上弘美、奈良美智ら各界の著名人が共感!


映画情報どっとこむ ralph ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオーを主演に迎え、諏訪敦彦監督が『ユキとニナ』から8年ぶりに撮り上げた、仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』が、2018年1 月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開となります。
南仏を舞台に、死を演じられない年老いた俳優ジャンが、訪れた屋敷でかつて愛した女性の幻影と再会し、地元の子どもたちと共に映画制作をすることになる。やがて残された時間、ジャンは「死」と向き合い「生」の歓びを再び知っていく心温まるストーリー。劇中でジャンが語る「死とは出会いである」などの台詞は、脚本に書いてあったものではなく、ジャン=ピエール自身の言葉で語った「死」と「生」に対する考えです。

「死」をテーマのひとつとしながらも瑞々しい「生」のエネルギーに満ち溢れた本作に勇気づけられたという各界著名人からのコメントが続々と到着しました!

映画情報どっとこむ ralph ★70歳から80歳は人生のクライマックス!?「豊かな人生を生きる」ヒントがここにある!

老いた名俳優が問う「難題がある。どうやれば死を演じられる?」さらりと答える女性がいる 「演じてはだめ」だから、この映画は美しい
――三浦 友和さん(俳優)

映画の中に、こんなに「死」という言葉があふれているのに、画面の中にはなんと「生」がうつくしく輝いていることだろう
川上弘美さん(作家)

映画作りをしている子供たちとの出会い。彼らは年老いた主人公の心の旅の先導者。死なんて無縁と思える子供たちの感性は、主人公の心を解き放っていく。死への考察は、受け入れることで新たな世界へと人生を導いてくれる。
奈良美智さん(美術家)

何と可愛い、詩情溢れる映画なんでしょう。「70歳から80歳は人生のクライマックス」と言う老俳優と子供たちの創造の秘密基地!ユーモアと哀愁が美しく戯れる、極上のワインのよう!ずっと酔っていたい。
加藤登紀子さん(歌手)

なんとステキな映画なんだ。
生と死と恋と思い出が溢れ、美しい光の中で子ども達とライオンと観客が一体化する。
すごい!
鎌田實さん(医師・作家)

映画情報どっとこむ ralph ★即興演出がもたらす奇跡の瞬間を切り取った本作に各界から賞賛、そして嫉妬の声!

フランスの美しい景色が全編に溢れている。若い時に映画を撮ってみたいというとても素直な感覚を思い出してしまった。映画って良いなっていう素朴な気持ちです。
高橋幸宏さん(音楽家)

ドキュメンタリーか?フィクションか?という議論は、もうとっくに無効だと思う。でも、ジャン・ピエール・レオーの動き、表情1つ1つは、まさしくドキュメンタリーに他ならない。
ホンマタカシさん(写真家)

映画はフレームの外を存在させることもさせないこともできる。この映画はそれを駆使して軽やかに人間の真実の瞬間をつくり出してる。映画という形式に久しぶりに嫉妬しました。
岡田利規さん(演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰)

★スクリーンを通して新たなジャン=ピエール・レオーに出会う!

青い森にて、狂おしく取り残されるジャン=ピエール・レオーの瞳に、生の悲しみと死の歓びが、はなれがたく灼きついていました。映画を作り出す時間に生命の満ち欠けが込められていました。映画を作り、そして映画をまなざす私たち自身が、こどものように新しい命を得ては、こどものようなあなたを何度も愛す。
山戸結希さん(映画監督)

偏屈そうなジャン=ピエール・レオーが子供たちに囲まれて、わちゃわちゃとにぎやかに映画を作っている。それだけで胸がいっぱいになり、涙が流れてしまった。
山内マリコさん(作家)

これは、ヌーヴェルヴァーグを「人生」として生きたジャン=ピエール・レオーの映像による「失われた時を求めて」だ!
鹿島茂さん(フランス文学者・明治大学教授)

映画情報どっとこむ ralph 誰にでも訪れる「老い」と「死」を演じた名優が悩み抜いて見つけた答えに、心豊かな人生を生きるためのヒントがあるかもしれません。
ストーリー
南仏コート・ダジュール。死を演じられないと悩む、年老いた俳優ジャン。

過去に囚われ、かつて愛した女性ジュリエットの住んでいた古い屋敷を訪ねると、幽霊の姿となってジュリエットが彼の前に現れる。さらに、地元の子ど もたちが屋敷に忍び込んできて…子どもたちからの誘いで突然はじまった映画撮影。撮り進めるうちに過去の記憶と向き合い、残された時間、ジャンの心に生きる歓びの明かりがふたたび灯されていく。
1月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

***********************************

監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン
2017 年/フランス=日本/103 分
配給:ビターズ・エンド
© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BAL THAZAR-BITTERS END


諏訪敦彦監督『ライオンは今夜死ぬ』サン・セバスチャン国際映画祭コンペ部門決定!


映画情報どっとこむ ralph ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオを主演に迎え、『M/OTHER』『不完全なふたり』の諏訪敦彦監督が『ユキとニナ』から8年ぶりに撮り上げた、仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』が、この度、第65回サン・セバスチャン国際映画祭 コンペティション部門に出品されることが決定しました。
諏訪敦彦監督は国内のみにとどまらず、海外のキャスト・スタッフを起用して精力的に名作を生み出し、カンヌ国際映画祭などフランスをはじめヨーロッパで圧倒的な評価を受けている方。

『大人は判ってくれない』で鮮烈なデビューを果たし、フランソワ・トリュフォーをはじめ巨匠たちに愛され、「ヌーヴェルヴァーグの申し子」と呼ばれる名優ジャン=ピエール・レオと、ワークショップを通じて選ばれた子どもたちが共演する最高のコラボレーション作品が完成しました。

映画情報どっとこむ ralph ちなみに・・・

サン・セバスチャン国際映画祭は、ヨーロッパにおいてカンヌ、ベルリン、ヴェネチアに次いで重要な映画祭と言われる、スペイン最大の歴史ある映画祭です。今年は、現地の日付で9月22日~9月30日の期間で開催されます。

映画情報どっとこむ ralph 『ライオンは今夜死ぬ』

物語・・・
南仏ラ・シオタ。年老いた俳優のジャンは、昔愛した人を訪ねて古い屋敷にたどり着く。誰も住んでいない屋敷の中では、地元の子どもたちが映画撮影ごっこをしていた。子どもたちと共に映画撮影をはじめるジャン。撮影が進むにつれて、ジャンの元妻ジュリエットとの関係が次第に明らかになっていく。

2018年 1月、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

***********************************

監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオ、ポーリン・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン
2017年/フランス=日本/103分    
配給:ビターズ・エンド
© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BALTHAZAR-BITTERS END