「試写感想」タグアーカイブ

人生逃げ腰の方には、危険!映画『セッション』試写してきた。


何かに前のめりな方に、至極の映画

逆に人生逃げ腰の方は観ないほうが!!危険な映画です。


先日、映画『セッション』の金子ノブアキさんのトークショーを取材に行ったのですが、余りにも彼のこの映画へのメッセージが良かったので、その足で試写に行ってきました。

で、どうだったかと言うと凄いもの観てしまった感。
そして、強迫観念が残る疲れが。

それは自分の甘さがしみたから。。。

セッションメイン
本作の内容は、

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したニーマンを待っていたのは、伝説の鬼教師フレッチャー。

因みに映画の原題はWHIPLASH 鞭打ち。
実は、本作の中心になる楽曲名でここからすべてが始まります。

常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。罵声罵声罵声罵声!
やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

やがて・・・

鬼教師フレッチャーのJ・K・シモンズが強烈。
彼でなかったらこの映画が成り立たなかったのではと思えるほど迫真です。

もちろん、主役のマイルズ・テラーも鬼気迫ってます。この映画でドラムを始めたそうですが、この映画に近いぐらい練習したに違いありません。

でも、J・K・シモンズの存在感が凄過ぎです。

さらに特出すべきは、、

監督が29歳のデイミアン・チャゼル。
今後引っ張りだこの監督になるのでしょうね。

実は、彼は高校の時にドラムをやっていて、その時の体験がモチーフになっているそうです。フィッチャーのモデルの先生がいるということですよね。

そして、
この映画が大きく話題になって、評価が高いのは

おそらく最後の終わり方。

え~!!!

そして、素晴らしい。
あなたも是非、WHIPLASHな世界へ。

セッション

4月17日(金)TOHOシネマズ 新宿 他 全国順次ロードショー


注意点!!!
・音楽好きじゃない方は、途中飽きるかも。
・精神的にタフさが求められるかも。


********************************************************************


セッションポスター監督・脚本:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー『ダイバージェント』
J・K・シモンズ『JUNO/ジュノ』
配給:ギャガ
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ

(c) 2013 WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  


「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」試写してきた!


そう言えばTJちょっと前に、今週10月11日(土)から公開の

『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』

を、試写してましたよね。



TVシリーズ全26話を、新たな視点で振り返る特別総集編です。

観てきたよ。

で、紹介するタイミングを計っていたのさ!

では、先ず私から物語をご紹介しますね。

西暦2199年。人類は絶望の淵に立たされていた。
『宇宙戦艦ヤマト2199-追憶の航海』ポスター
『宇宙戦艦ヤマト2199-追憶の航海』
ポスター
外宇宙から襲来した謎の星間国家〈ガミラス〉による遊星爆弾により地球は壊滅的な被害を負い、人類滅亡までの猶予はわずか一年…残された最後の希望。

それは、人類初の恒星間航行が可能な宇宙戦艦〈ヤマト〉で、ガミラスの攻撃によって汚染された地球を浄化再生するシステム=〈コスモリバースシステム〉を受け取りに行く〈ヤマト計画〉だった―――

人類の命運を懸けた16万8千光年の大航海を追想する。

で、いかがでした!?

今回の作品は、ガミラスで悩まない古代とかデスラー総統の扱い等々の賛否はあるものの、40年前好きだった人も納得のリメイクをしたOVA・TV版を、大胆に編集、新しくナレーションを入れたもの。

26話を2時間にまとめてるんで、OVA・TVを観た方はフラストレーションがたまるかも。帰り道なんて特にね。。。

ですが、TV見逃した人は必見です!

今回、マスコミ試写はおっさんばかり、最後はすすり泣きがあちこちに。40年前に大人になったら地球を守る!と誓った子供たちが感動してたよ。僕もその一人!

へ~

では良かったと言うことですね。

そうだね。概ねそう思ってもらってよいと思う。

特に“ヤマト40周年”を記念して、
12月6日(土)公開になる完全新作劇場映画

『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』

『宇宙戦艦ヤマト2199-星巡る方舟』 ポスター
『宇宙戦艦ヤマト2199-星巡る方舟』 ポスター
を、観る予定でTV版観てなければ予習として観ておくべきかと。

さっき、帰り道がね・・

って言ったけど、どうやら地球帰還前に起こる対ガトランティス話が、星巡る方舟のようなんでね。TV版でもガトランティスの戦艦出てましたからね。布石は打たれてた感じです。

とは言え『宇宙戦艦ヤマト2199-追憶の航海』では、全くそれを匂わすところがなかったのは残念なんだよね。

こちらの物語もご紹介しておきます!

西暦2199年。ヤマトは大マゼランを後にしようとしていた。

目的地イスカンダルで〈コスモリバースシステム〉を受領したクルーたちの間には穏やかな空気が流れていた。その矢先、ヤマトは大マゼラン外縁部で突如出現した謎の艦隊と遭遇する。

彼らは〈ガトランティス〉を名乗り、ヤマトの引き渡しを要求してくる。

戦闘を回避し地球に急ぎたいヤマト。だがその前に未知の生命体まで出現し行く手を阻む。

間一髪ワープするヤマトだが、その眼前には、薄鈍色(うすにび色)の異空間に浮かぶ惑星の姿があった…。



『宇宙戦艦ヤマト2199-追憶の航海』
10月11日(土)公開!

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」
12月6日(土)公開です!

公式HP:yamato2199.net

©西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

********************************************************************



いろいろ衝撃的『TATSUMI マンガに革命を起こした男』試写してきた


試写してきたのは、11月15日(土)公開の映画

『TATSUMI マンガに革命を起こした男』

第64回カンヌ国際映画祭・ある視点部門に正式出品され、第84回米アカデミー賞・外国語映画賞のシンガポール代表に選出されるなど世界的に高い評価を受け話題となっている作品です。

作品内容は・・

手塚治虫が嫉妬し、世界が絶賛するマンガ家辰巳ヨシヒロ。

“劇画”の名付け親、辰巳ヨシヒロが2009年手塚治虫文化賞大賞を受賞した半自伝的作品「劇画漂流」を基にシンガポールの巨匠エリック・クーが“動く漫画映画”を作り出し、強烈かつ独特な辰巳ワールドをスクリーンで表現しています。

予告編がありますので、ご覧ください。


彼の半生を描いた「劇画漂流」を基に5編の短編が挿入された本編から、象徴的な「劇画」と名付けた瞬間、手塚氏から直々に長編を書けと諭されたシーンなど彼の人生のターニングポイントを中心に切り取った予告編です。

試写の感想・・・

まず、ドキュメンタリーを漫画で描く。斬新です。

そして、底抜けに暗く、闇が広がります。

そのエピソードも一つ一つが重く衝撃的です。

今のアニメファンが見たら、直ぐ出て行くか、釘付けになるかどっちかですね。

海外では手塚治虫氏と並び称される辰巳ヨシヒロさん。

鉄腕アトムが高度経済成長の未来志向の表の表現方法なら
こちらは裏 現時点の現実を表現しています。

でも、どうして、この劇画が海外受けし解るのか?確かに発展途上国は今が経済成長期で社会の歪みがあるから受け入れやすいのか・・・・

なんにしても、シンガポールのエリック・クーさん目の付け所が凄いです。

良い作品だったのですが、

TATSUMI-ポスターただ、面白かったから観に行って!って誰に言えるかと言うと難しい。

少なくとも戦後の昭和感を知っていないと分けわかんないだろうし・・と言うことは、50か60歳以上の方??

でも、学生さんにも観ていただきたいのですけどね。

かなり偏ってはいますが、戦中戦後、高度経済成長時の日本人の1辺を観ることが出来ますので。


『TATSUMI マンガに革命を起こした男』

11月15日(土)角川シネマ新宿他全国順次公開です。

********************************************************************


監督:エリック・クー
原作:辰巳ヨシヒロ「劇画漂流」
声の出演:別所哲也(一人六役)、辰巳ヨシヒロ
配給:スターサンズ
2011/シンガポール/96分/日本語
原題:TATSUMI
(C)ZHAO WEI FILMS
 
 


『ポイントブランク 標的にされた男』試写してきました


『ポイントブランク 標的にされた男』試写してきましたよ!

観てきたのは、韓国映画。

ポイントブランク-標的にされた男
突然起きた謎の殺人事件をきっかけに、容疑者に仕立てあげられた元傭兵。

彼を助けた医師。

そして2人を追う刑事。

正体不明の組織。

四つ巴のノンストップ・クライム・サスペンス『ポイントブランク 標的にされた男』が11月15日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開されます。

物語は・・・

ある夜に起きた一つの殺人事件。
その場に居合わせた元傭兵ヨフンは、何者かに銃撃され病院に運び込まれる。そして、彼を治療した医師デジュンは突然、妻を誘拐される。そこへ、“妻を助けたければヨフンを連れ出せ” という謎の男からの電話。テジュンは自分と妻の身に何が起きたか分からないまま、ヨフンを病院から連れ出そうとする・・・

その瞬間から二人は“標的”となった。

試写感想ですが・・・

まず、チョン・チョルホンさん、チョ・ソンゴルさんによる脚本が素晴らしいです。

緊張感、疾走感、派手なアクション。
行き詰まる36時間を、登場人物の其々の性格を伝えながらも102分の中にキッチリ描いています。

そして、ミュージックビデオで定評のあるチャン監督による演出は、アクション・銃撃にも人物像がみえてきますし、リズム感がある展開は人間ストーリーが真にあって、それをアクションで魅せる感じで好印象です。

この手のクライムサスペンスは韓国がのってますよね。

さらに、主役の元傭兵(リュ・スンリョン)がイケメンじゃないとこや、奥さんを拉致されたお医者さん(イ・ジヌク)はかっこいいけど、その行動は普通の人なのがリアル。日本の映画だと“大人の事情”でかっこよくしてしまいそうですけど。映画を面白くするために徹してますよね。

そして、なんと言ってもこの映画を一つ締めているのがキム・ソンリョンさんが演じる女性警官の存在。余り書けないですけど。

ポイントブランク-標的にされた男sub1
ほんとに・・・えー・・・なエピソード満載。
最後の最後まで。

『ポイントブランク 標的にされた男』

が11月15日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開されます。

アクション、サスペンス好きな方、必見だと思います。

公式HP: http://pointblank-movie.jp/

********************************************************************


『ポイントブランク 標的にされた男』
監督:チャン『コ死:血の中間考査』
脚本:チョン・チョルホン、チョ・ソンゴル
出演:
リュ・スンリョン『王になった男』 
イ・ジヌク『怪しい彼女』 
ユ・ジュンサン『フィスト・オブ・レジェント』 
キム・ソンリョン『逆燐』
2014年/韓国/102分/シネスコ/5.1chサラウンド/日本語字幕:福留友子

提供:CJ Entertainment/配給:CJ Entertainment Japan
 
 


安田顕のオカマがメッチャいい『小川町セレナーデ』試写してきた


偽オカマバー始めました!10月4日(土)より、公開の

『小川町セレナーデ』

試写してきました!

小川町セレナーデ 安田 顕 須藤理彩
物語は・・・
小川町セレナーデ須藤理彩 女手ひとつでスナックのママとして娘を育ててきた母、スナックの店名に自分の名前“小夜子”をつけられ、どうも昔から男運のない娘。

借金まみれのスナックの再起に娘が考えたのは、「偽オカマバー!」その手ほどきを頼んだ母の旧知のオネエの友人エンジェル。。。は、どうやら娘の父親らしく・・・

というお話で、母役を須藤理彩さん、娘役をこの後主演作含む映画出演が相次ぐ藤本泉さん、そしてオネエのカリスマダンサー・エンジェルをTEAM NACSの安田顕さんが演じています。

監督・脚本を担当したのは多数の映画で助監督を務めてきた新鋭 原桂之介さん。

小川町セレナーデ 藤本 泉 場末のスナックの持つ魅力、常連客たちが持つわびしさ、あたたかさ、おねぇの持つパワー、母親のたくましさ、小夜子をとりまく世界をメランコリック描き、どこの町にでもある小さなスナックのちょっと大変で、ちょっと楽しく心あたたまる物語を紡ぎだしています。

小川町セレナーデ安田顕エンジェルで、感想ですが。

ヤスケンさんいい味出してます。。。。。おかまっぷり。
いいえ。エンジェルぷり。

きらびやかなのに、孤独な感じ素晴らしい。

母役を須藤理彩さんのスナックのママもいそう。

偽オカマバー始めました!って話としては、突拍子もないのだけど。その過程や物語は面白くってそして悲しくもあり。男・女・LGBT其々あるよねをうまく引き出していて好印象。監督の手腕を感じます。

この映画をオネエの方達はどう観るのかインタビューしてみたいです。

で、横浜育ちの僕としては一点気になったところが。。。
川崎の小川町は駅のすぐのエリアだし、東京まで1km位なので。。。。東京に出て行くは、どうも違和感でした。通えるよね~東京。
小川町セレナーデ5
実は・・
この映画は川崎の街おこしシネマプロジェクト作品なので。

大人の都合だね。まあ、しょうがない。

地方の小さな町イメージで観ていただけると幸いです。

映画はとっても面白かったです。終わり方 好き。お勧めです。

ストレートでもそうじゃなくても色々背負って生きていくもの。
家族って大切だね。
小川町セレナーデサブ_01小 久しぶりにスナック行ってみようかな~おカマバーも。

『小川町セレナーデ』

10月4日(土)より、角川シネマ新宿、川崎チネチッタほか全国順次公開となります。

公式サイト http://ogawacho.com

日本初!!スマホの映画アプリが作られました!
詳細記事はこちら=>日本初!!映画アプリ始動 『小川町セレナーデ』

********************************************************************


『小川町セレナーデ』

小川町セレナーデポスター
監督・脚本:原桂之介
出演: 須藤理彩 藤本 泉 小林きな子 髙橋洋 阿部進之介 濱田ここね 大浦龍宇一 金山一彦

大杉 漣(特別出演) 安田 顕 

主題歌:『幸せの貼り紙はいつも背中に』(私立恵比寿中学)
協力:かわさき街おこしシネマプロジェクト 
2014年/日本/カラー/5.1ch(一部除く)/DCP(一部除く)/ DCP16:9/119分/G

配給:アイエス・フィールド 配給協力:KADOKAWA 
宣伝協力:アルゴ・ピクチャーズ 
© 2014「小川町セレナーデ」製作委員会