「試写してきた」タグアーカイブ

ニコール・キッドマンが凄過ぎる『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』


ニコール・キッドマン主演『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

が今週末。10月18日(土)より全国公開となります。

少し、前に試写してきました!

物語は・・・
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札ポスター “世紀の結婚式”から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。

社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも控えめでいることを望まれる。

そんなある日グレースがヒッチコックからのハリウッド復帰の誘いに心を動かされたとき、レーニエは過去最大の危機に直面する。

ケリーバックの名前の由来になったクールビューティ=グレース・ケリー。

アメリカの女優がモナコのプリンスになるシンデレラストーリーを描くのかと思いきや・・・さにあらず。公国のしきたりとか言語などに戸惑うアメリカ女性。どちらかと言うとグレースの苦悩面が前面に出た作品。結構重めです。

この作品は史実に基づいたフィクションだそうですが、その内容は、どこまでが本当で、どこがフィクションなの?って内容。後半ハラハラです。

そして、ニコール・キッドマンのスピーチが凄く良いんです。そこだけで泣いちゃいました!鳥肌ものです。この部分だけを観にいくぐらいでも良いくらい感動しました。女優!を観させていただきました。

世界中の敵を味方に変える―
国を救うために、生涯一の<難役>に挑んだプリンセス。

その覚悟の深さに胸を衝かれずにはいられない。

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

10月18日(土)より全国公開です。

********************************************************************


監督:オリヴィエ・ダアン『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
出演:ニコール・キッドマン『めぐりあう時間たち』ティム・ロス『海の上のピアニスト』フランク・ランジェラ『ドラキュラ』パス・ベガ『カルメン』
2013年/フランス/103分 
(C)2014 STONE ANGELS SAS
 


「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」試写してきた!


そう言えばTJちょっと前に、今週10月11日(土)から公開の

『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』

を、試写してましたよね。



TVシリーズ全26話を、新たな視点で振り返る特別総集編です。

観てきたよ。

で、紹介するタイミングを計っていたのさ!

では、先ず私から物語をご紹介しますね。

西暦2199年。人類は絶望の淵に立たされていた。
『宇宙戦艦ヤマト2199-追憶の航海』ポスター
『宇宙戦艦ヤマト2199-追憶の航海』
ポスター
外宇宙から襲来した謎の星間国家〈ガミラス〉による遊星爆弾により地球は壊滅的な被害を負い、人類滅亡までの猶予はわずか一年…残された最後の希望。

それは、人類初の恒星間航行が可能な宇宙戦艦〈ヤマト〉で、ガミラスの攻撃によって汚染された地球を浄化再生するシステム=〈コスモリバースシステム〉を受け取りに行く〈ヤマト計画〉だった―――

人類の命運を懸けた16万8千光年の大航海を追想する。

で、いかがでした!?

今回の作品は、ガミラスで悩まない古代とかデスラー総統の扱い等々の賛否はあるものの、40年前好きだった人も納得のリメイクをしたOVA・TV版を、大胆に編集、新しくナレーションを入れたもの。

26話を2時間にまとめてるんで、OVA・TVを観た方はフラストレーションがたまるかも。帰り道なんて特にね。。。

ですが、TV見逃した人は必見です!

今回、マスコミ試写はおっさんばかり、最後はすすり泣きがあちこちに。40年前に大人になったら地球を守る!と誓った子供たちが感動してたよ。僕もその一人!

へ~

では良かったと言うことですね。

そうだね。概ねそう思ってもらってよいと思う。

特に“ヤマト40周年”を記念して、
12月6日(土)公開になる完全新作劇場映画

『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』

『宇宙戦艦ヤマト2199-星巡る方舟』 ポスター
『宇宙戦艦ヤマト2199-星巡る方舟』 ポスター
を、観る予定でTV版観てなければ予習として観ておくべきかと。

さっき、帰り道がね・・

って言ったけど、どうやら地球帰還前に起こる対ガトランティス話が、星巡る方舟のようなんでね。TV版でもガトランティスの戦艦出てましたからね。布石は打たれてた感じです。

とは言え『宇宙戦艦ヤマト2199-追憶の航海』では、全くそれを匂わすところがなかったのは残念なんだよね。

こちらの物語もご紹介しておきます!

西暦2199年。ヤマトは大マゼランを後にしようとしていた。

目的地イスカンダルで〈コスモリバースシステム〉を受領したクルーたちの間には穏やかな空気が流れていた。その矢先、ヤマトは大マゼラン外縁部で突如出現した謎の艦隊と遭遇する。

彼らは〈ガトランティス〉を名乗り、ヤマトの引き渡しを要求してくる。

戦闘を回避し地球に急ぎたいヤマト。だがその前に未知の生命体まで出現し行く手を阻む。

間一髪ワープするヤマトだが、その眼前には、薄鈍色(うすにび色)の異空間に浮かぶ惑星の姿があった…。



『宇宙戦艦ヤマト2199-追憶の航海』
10月11日(土)公開!

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」
12月6日(土)公開です!

公式HP:yamato2199.net

©西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

********************************************************************



広大な閉塞感『トム・アット・ザ・ファーム』試写してきた


2014年10月25日(土)より公開の

『トム・アット・ザ・ファーム』

試写してきました!

トム・アット・ザ・ファーム
内容は

僕たちは、愛し方を学ぶ前に、嘘のつき方を覚えた。

『トム・アット・ザ・ファーム』-ポスター恋人のギョームを亡くし悲しみの中にいるトムは、葬儀に出席するために彼の故郷へ向かうが…。

隠された過去、罪悪感と暴力、危ういバランスで保たれる関係、だれも訪れることのない閉塞的な土地で静かに狂っていく日常。

10年に渡るメロドラマ『わたしはロランス』とは打って変わった本作は、カナダ・ケベック州在住の劇作家ミシェル・マルク・ブシャールの同名戯曲の映画化で、ケベックの雄大な田園地帯を舞台に一瞬たりとも目を離すことのできないテンションで描き切る、息の詰まるような愛のサイコ・サスペンス 。

感想ですが、

少し見る人を絞ってしまうかもしれませんが。。
性的マイノリティーに理解がある方のほうが観やすい映画です。

とは言え、特に性的描写があるわけではありません。



雄大な田園がゆえの、街、農家という閉鎖空間。

そこにある生きていく閉塞感。

フィルムで撮影された空気が見えるようなおさえた映像。

恋人の死に罪悪感を覚える主人公と共に、観る者も淡々と暴力的に、精神的に追い込んでいかれます。そう言った類のサスペンスです。


観終えてから知ったのですが、主人公のトムを25歳の美しく・繊細な監督グザヴィエ・ドランが演じています。凄い俳優であり監督さんです。

映画の中で、主人公トムがブルーのインクを滲ませながら書いた亡き恋人への想い。

<トムの“悲しみの”メッセージ>
Aujourd’hui, c’est comme une partie de moi qui meurt. Je n’arrive pas à pleurer. J’ai oublié les synonymes du mot “tristesse”.

今の状態は まるで、僕自身の一部が死んだのと同じ。僕はどうしても 泣くことができない。“悲しみ”という概念が、頭の中から 抜け落ちてしまった。

『トム・アット・ザ・ファーム』

2014年10月25日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンク、テアトル梅田ほか、全国順次公開です。

トム・アット・ザ・ファームとうもろこしver
********************************************************************


監督、脚本、編集、衣装:グザヴィエ・ドラン
原作・脚本:ミシェル・マルク・ブシャール
出演:グザヴィエ・ドラン、ピエール=イヴ・カルディナル、リズ・ロワ、エヴリーヌ・ブロシュ

配給、宣伝:アップリンク
(2013年/カナダ・フランス/102分/フランス語/カラー/1:1.85/DCP)

© 2013 – 8290849 Canada INC. (une filiale de MIFILIFIMS Inc.) MK2 FILMS / ARTE France Cinéma ©Clara Palardy


『リディック:ギャラクシー・バトル』面白いぞ!


リディック:ギャラクシー・バトル
遥か遠い未来。

銀河最凶のワル“リディック”=ヴィン・ディーゼルが帰ってきました!

『ピッチブラック』、『リディック』の最新新作

『リディック:ギャラクシー・バトル』


が3月8日(土)より、丸の内ルーブル他全国ロードショーです。

ストーリーですが

『リディック:ギャラクシー・バトル』ポスターリディック(ヴィン・ディーゼル)は前作で宇宙を統べるネクロモンガー族の最高位の座を得るも、ヴァーコ(カール・アーバン)の巧みな罠で置き去りにされた辺境の惑星に取り残された。

そこは弱肉強食の世界。タイムリミットは24時間!

2グループの腕利き賞金稼ぎたちと、未知の生命体による急襲を受けながら、人並み外れた知力・体力、そして暗視可能な視覚を併せ持つクールで危険な男は果たして、脱出できるのか!

で、今回試写して来ました!

最初に言っておきましょう、面白かったです。見ごたえありました!

マッチョな主人公物映画の王道です。
ク~いいんです。これで。

其々の人間の思惑が絡み合い、ユーモラスで激しい戦闘も、レトロフューチャーな全体デザインと情景も、良い意味でがエイリアン西部劇風味で良い味出しています。

リディック背景
そして、

この作品に色を添えているのがエイリアン・ジャッカル(ディンゴって劇中で言っていたような?)の存在。
見た目と違ってメッチャ可愛いです。注目です。

リディック
次から次へと息もつかせぬ獰猛な下等生物マッド・デーモン(沼地の悪魔)との戦い。

リディック0
“圧倒的”なヴィン・ディーゼルのアクションは
大スクリーン&迫力のある音が欲しいですよね。

ぜひ、映画館へ。

『リディック:ギャラクシー・バトル』

3月8日(土)より、丸の内ルーブル他全国ロードショーです。

公式サイト:http://www.riddick-movie.jp/
Twitter:https://twitter.com/Riddick_jp
Facebook:https://www.facebook.com/riddick.jp

********************************************************************


『リディック:ギャラクシー・バトル』

監督・脚本:デヴィッド・トゥーヒー 『ピッチブラック』、『リディック』、『パーフェクト・ゲッタウェイ』

出演:
ヴィン・ディーゼル 『ワイルド・スピード』シリーズ
ケイティー・サッコフ 「GALACTICA/ギャラクティカ」シリーズ
バティスタ 『アイアン・フィスト』
カール・アーバン 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
©2013 RIDDICK PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.


シリーズ旧作はAMAZONで--------------