「試写」タグアーカイブ

『泣き虫ピエロの結婚式』試写!人を愛してみようかなって思う作品


映画情報どっとこむ TJ 今週は、話題のハリウッド映画から日本の大作、恋愛、アニメ、自主製作まで、結構沢山試写行ってきたんですよね!?

どうでしたか?

映画情報どっとこむ TJ そうね。今週お客さんが長期休暇で、お絵かき仕事しかなかったからね。

たまってた試写をしてきた!!

で、今回ご紹介しようとおもうのが、9月24日公開の『泣き虫ピエロの結婚式』。

志田未来さんと竜星涼さんがとっても好演しているし、御法川修監督の手腕が実話を良いバランスで映画に仕上げてます。
泣き虫ピエロの結婚式ポスター
映画情報どっとこむ TJ え~!!なんで???以外過ぎです。3Dのカメさんも吹き替え良かったって!そっちじゃないの?

今回見た中で、一番好きじゃなさそうな作品。

っていうか似合わない!!

映画情報どっとこむ TJ おっさんもそう思ってたけどね。

じんわりと良かったんです。

物語は・・・
みんなを笑顔にすることを夢見る見習いピエロの佳奈美が恋したのは、笑顔を忘れた透析患者の陽介。

自分の運命を嘆き、人と深く繋がることを避けてきた陽介に出会った佳奈美は、彼を笑顔にするため、どんなときでも笑顔でいると決めます。佳奈美の明るさに触れ、次第に心を許していく陽介。いつしか二人は結婚の約束をします。

しかし、式の前日に倒れた陽介。余命わずかな陽介は、愛するがゆえ、佳奈美との別れを決意します。再び笑顔を失った陽介に、佳奈美が贈ったものは…?


最初から泣かせる気満々でしょ。

映画情報どっとこむ TJ ですね。

この作品は望月美由紀さんの実話ベース「泣き虫ピエロの結婚式」を基に作られたお話なんですよね。

映画情報どっとこむ TJ そう、だから結構早いうちから試写会場はすすり泣きがあちこちから。たぶん、終わりごろにはみんな鼻真っ赤だったと思うよ。

もちろん、映画だからきれいに作ってあって、実際は、もっと壮絶!!という人もいると思うけど、そこはそれ。

今回、竜星涼さんが長く患っている役なので、かなり絞っていて本作に対する意気込みが伝わってきます。
泣き虫ピエロの結婚式_竜星さん
そして、志田未来さんの心の動きが見える演技が秀逸です。
泣き虫ピエロの結婚式_志田さん
悲しいお話ですが、まぎれもなく人を愛することの素晴らしさが伝わってくる、心がほっこりする映画。

恋から遠ざかっている方は、是非、映画館に。久しぶりに人を愛してみるかって思うかも。

映画情報どっとこむ TJ 志田未来さん x 竜星 涼さんが好演しているそうです!

泣き虫ピエロの結婚式

9月24日(土)シネマート新宿他全国順次ロードショーです

公式HP:
http://nakimushi-pierrot.jp/
Twitter:
N_Pierrot_Movie

***********************************

出演:志田未来 竜星 涼 新木優子 螢雪次朗

監督:御法川修
原作:「泣き虫ピエロの結婚式」望月美由紀
(リンダパブリッシャーズ)

製作:「泣き虫ピエロの結婚式」製作委員会
配給:スールキートス
主題歌:WHITE JAM
「咲かないで.泣き虫ピエロの結婚式Ver.」
ユニバーサル シグマ
(c)2016映画『泣き虫ピエロの結婚式』製作委員会


人生逃げ腰の方には、危険!映画『セッション』試写してきた。


何かに前のめりな方に、至極の映画

逆に人生逃げ腰の方は観ないほうが!!危険な映画です。


先日、映画『セッション』の金子ノブアキさんのトークショーを取材に行ったのですが、余りにも彼のこの映画へのメッセージが良かったので、その足で試写に行ってきました。

で、どうだったかと言うと凄いもの観てしまった感。
そして、強迫観念が残る疲れが。

それは自分の甘さがしみたから。。。

セッションメイン
本作の内容は、

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したニーマンを待っていたのは、伝説の鬼教師フレッチャー。

因みに映画の原題はWHIPLASH 鞭打ち。
実は、本作の中心になる楽曲名でここからすべてが始まります。

常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。罵声罵声罵声罵声!
やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

やがて・・・

鬼教師フレッチャーのJ・K・シモンズが強烈。
彼でなかったらこの映画が成り立たなかったのではと思えるほど迫真です。

もちろん、主役のマイルズ・テラーも鬼気迫ってます。この映画でドラムを始めたそうですが、この映画に近いぐらい練習したに違いありません。

でも、J・K・シモンズの存在感が凄過ぎです。

さらに特出すべきは、、

監督が29歳のデイミアン・チャゼル。
今後引っ張りだこの監督になるのでしょうね。

実は、彼は高校の時にドラムをやっていて、その時の体験がモチーフになっているそうです。フィッチャーのモデルの先生がいるということですよね。

そして、
この映画が大きく話題になって、評価が高いのは

おそらく最後の終わり方。

え~!!!

そして、素晴らしい。
あなたも是非、WHIPLASHな世界へ。

セッション

4月17日(金)TOHOシネマズ 新宿 他 全国順次ロードショー


注意点!!!
・音楽好きじゃない方は、途中飽きるかも。
・精神的にタフさが求められるかも。


********************************************************************


セッションポスター監督・脚本:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー『ダイバージェント』
J・K・シモンズ『JUNO/ジュノ』
配給:ギャガ
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ

(c) 2013 WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  


今までの戦争映画とは別格!ブラッド・ピット主演『フューリー』試写してきた!


たった5人で300人のドイツ軍に挑んだ男たち。

ブラッド・ピット主演『フューリー』

が11月28日(金) から公開されます!

で、一足先に先日試写会に行ってきました!

FURY
先ずは物語の背景から。

舞台は第二次世界大戦末期のドイツ。
最後の抵抗を繰り広げるドイツ軍に、“フューリーFURY”(=激しい怒り)と命名された戦車で立ち向かった米軍兵士5人の想像を絶するミッションが描かれます。本当に壮絶です!
FURY4
ブラッド・ピットは、この“フューリー”の指揮官ウォーダディー役です。

『元米海軍のデヴィッド・エアー監督が、米軍M4中戦車シャーマンとドイツ軍が誇る最強戦車ティーガー(英語だとタイガーって言ってます)の激突など、圧倒的な臨場感とリアリティ溢れる戦闘シーンを描く!』と紹介されていて確かに戦車好きなら見逃せないこと請け合いです。(プラモデルのジオラマ派は必見!)

こんなに、戦車戦って白兵なんだと。思い知らされました。
FURY4-2 世界で1台。現存する動くティーガI。
世界で1台の動くティーガ戦車
ただ、この映画のリアルと中心は戦場での人間の心。

“フューリー”で戦場を駆け抜けてきた固い絆に結ばれたウォーダディーと部下3人の古参兵。そこに18歳で送り込まれた新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)。戦場慣れしていない彼が、その理不尽のなか、次第に“戦争”飲み込まれていく恐ろしさ。

さまざまな戦場での人間模様。そして、絆。

FURY2
理想は平和。でも歴史は残酷さ。
Ideals are peaceful, history is violent
このブラピの言葉に集約されているかもしれません。

FURY6
映画の最後には、否定しているはずの僕まで戦争に飲み込まれ、
窮屈な戦車の中で戦う仲間になった気持ちで観てしまいました。

ドラマティックで、スペクタクル・・・そして戦争の残酷さを。
お奨めの映画です。

フューリー

11月28日(金) TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー です。

公式サイト:fury-movie.jp

注意:G指定なのですが、本編は、かなりリアルで残酷な場面がありますので、気をつけてください。



********************************************************************


物語
FURY31945年4月。
戦車“フューリー”を駆るウォーダディー(ブラッド・ピット)のチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍する“フューリー”の乗員たちは、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘、さらには敵の精鋭部隊300人をたった5人で迎え撃つという、絶望的なミッションに身を投じていくのだった……。

製作総指揮:ブラッド・ピット
脚本・監督:デヴィッド・エアー
出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル

配給:KADOKAWA
© Norman Licensing, LLC 2014

KADOKAWAだけに読んでから観るか!観てから読むか!そして作るか!
改造・塗装方法はArmour Modelling12月号で!

 


ニコール・キッドマンが凄過ぎる『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』


ニコール・キッドマン主演『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

が今週末。10月18日(土)より全国公開となります。

少し、前に試写してきました!

物語は・・・
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札ポスター “世紀の結婚式”から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。

社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも控えめでいることを望まれる。

そんなある日グレースがヒッチコックからのハリウッド復帰の誘いに心を動かされたとき、レーニエは過去最大の危機に直面する。

ケリーバックの名前の由来になったクールビューティ=グレース・ケリー。

アメリカの女優がモナコのプリンスになるシンデレラストーリーを描くのかと思いきや・・・さにあらず。公国のしきたりとか言語などに戸惑うアメリカ女性。どちらかと言うとグレースの苦悩面が前面に出た作品。結構重めです。

この作品は史実に基づいたフィクションだそうですが、その内容は、どこまでが本当で、どこがフィクションなの?って内容。後半ハラハラです。

そして、ニコール・キッドマンのスピーチが凄く良いんです。そこだけで泣いちゃいました!鳥肌ものです。この部分だけを観にいくぐらいでも良いくらい感動しました。女優!を観させていただきました。

世界中の敵を味方に変える―
国を救うために、生涯一の<難役>に挑んだプリンセス。

その覚悟の深さに胸を衝かれずにはいられない。

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

10月18日(土)より全国公開です。

********************************************************************


監督:オリヴィエ・ダアン『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
出演:ニコール・キッドマン『めぐりあう時間たち』ティム・ロス『海の上のピアニスト』フランク・ランジェラ『ドラキュラ』パス・ベガ『カルメン』
2013年/フランス/103分 
(C)2014 STONE ANGELS SAS
 


いろいろ衝撃的『TATSUMI マンガに革命を起こした男』試写してきた


試写してきたのは、11月15日(土)公開の映画

『TATSUMI マンガに革命を起こした男』

第64回カンヌ国際映画祭・ある視点部門に正式出品され、第84回米アカデミー賞・外国語映画賞のシンガポール代表に選出されるなど世界的に高い評価を受け話題となっている作品です。

作品内容は・・

手塚治虫が嫉妬し、世界が絶賛するマンガ家辰巳ヨシヒロ。

“劇画”の名付け親、辰巳ヨシヒロが2009年手塚治虫文化賞大賞を受賞した半自伝的作品「劇画漂流」を基にシンガポールの巨匠エリック・クーが“動く漫画映画”を作り出し、強烈かつ独特な辰巳ワールドをスクリーンで表現しています。

予告編がありますので、ご覧ください。


彼の半生を描いた「劇画漂流」を基に5編の短編が挿入された本編から、象徴的な「劇画」と名付けた瞬間、手塚氏から直々に長編を書けと諭されたシーンなど彼の人生のターニングポイントを中心に切り取った予告編です。

試写の感想・・・

まず、ドキュメンタリーを漫画で描く。斬新です。

そして、底抜けに暗く、闇が広がります。

そのエピソードも一つ一つが重く衝撃的です。

今のアニメファンが見たら、直ぐ出て行くか、釘付けになるかどっちかですね。

海外では手塚治虫氏と並び称される辰巳ヨシヒロさん。

鉄腕アトムが高度経済成長の未来志向の表の表現方法なら
こちらは裏 現時点の現実を表現しています。

でも、どうして、この劇画が海外受けし解るのか?確かに発展途上国は今が経済成長期で社会の歪みがあるから受け入れやすいのか・・・・

なんにしても、シンガポールのエリック・クーさん目の付け所が凄いです。

良い作品だったのですが、

TATSUMI-ポスターただ、面白かったから観に行って!って誰に言えるかと言うと難しい。

少なくとも戦後の昭和感を知っていないと分けわかんないだろうし・・と言うことは、50か60歳以上の方??

でも、学生さんにも観ていただきたいのですけどね。

かなり偏ってはいますが、戦中戦後、高度経済成長時の日本人の1辺を観ることが出来ますので。


『TATSUMI マンガに革命を起こした男』

11月15日(土)角川シネマ新宿他全国順次公開です。

********************************************************************


監督:エリック・クー
原作:辰巳ヨシヒロ「劇画漂流」
声の出演:別所哲也(一人六役)、辰巳ヨシヒロ
配給:スターサンズ
2011/シンガポール/96分/日本語
原題:TATSUMI
(C)ZHAO WEI FILMS