「角田光代」タグアーカイブ

「月と雷」トラン・アン・ユン監督、ジェームズ・マンゴールド監督 絶賛コメント!


映画情報どっとこむ ralph 木賞作家・角田光代の同名小説「月と雷」を、初音映莉子×高良健吾が主演で映画化され、テアトル新宿ほか大ヒット全国公開中です。​
この度、初音映莉子が出演した『ノルウェイの森』ほか数々の作品を手がけたベトナムが誇る名匠トラン・アン・ユン監督と、『LOGAN』『3時10分、決断のとき』『17歳のカルテ』 のジェームズ・マンゴールド監督より絶賛コメントが届きました。

映画情報どっとこむ ralph トラン・アン・ユン(映画監督)​
代表作:『エタニティ 永遠の花たちへ』『ノルウェイの森』『青いパパイヤの香り』ほか

『月と雷』はとても心に響く映画です。​
私はこの映画がとても好きです。​
Erikoが演じる女性は素晴らしく、見ていて涙が零れました。​
愛の欠乏、かつて置き去りにされた記憶は、登場人物たちの心にぽっかりと穴を開け、それが満たされることはありません。​彼らは育った環境ゆえに、人生に戸惑いを感じています。​置き去りにされ、傷つき、それを思い出させる人生の突然の変化を恐れ、そっと息を潜めて生きているのです。​
登場人物たちは皆、それぞれ見捨てられた経験を持っています。​
この映画には素晴らしい台詞が織りなす印象的なシーンがあり、​これらを演出するのは難しいことですが、安藤尋監督はそれを見事に、繊細にこなしています。​ErikoとKengoは素晴らしい演技を与えてくれました。​そして、彼女の魅力と美しさが、この物語を一段と輝かせています。​

映画情報どっとこむ ralph ジェームズ・マンゴールド(映画監督)​
代表作:『LOGAN/ローガン』『3時10分、決断のとき』『17歳のカルテ』ほか

角田光代原作、本調有香脚色、安藤尋監督の『月と雷』は、写実的で、感動的で、挑発的な映画だ。ある日本の崩壊した家族と 、大人になっても癒えることのない子供たちの戸惑いや疎外感を、じっくり描いている。​

物語の中心となるのは初音映莉子が繊細に、力強く演じる若く美しい女性、泰子。親密な人間関係を避け、孤独な生活を送っているが、ある日、仕事場に現れた過去からの訪問者(高良健吾)によって、変化がもたらされる。​

初音の心のこもった演技は静かな輝きを放ち、映画は戦後の小津映画を彷彿とさせる。小津のような抑制と誠実さをもって『月と雷』はリアルで詩的な瞬間を積み重ねてゆくが(初音、高良と、草刈民代が好演する、泰子を置き去りにした酒浸りの女性との間で織りなすもの)、その見事なラストショットで昇華し、泰子が深い霧を抜け出し、愛する人達と生きて行くことを暗示している。​

これこそ今日の映画界には稀な、ヒューマニズム溢れる珠玉の作品だ。​

映画情報どっとこむ ralph 月と雷』​

「対岸の彼女」「八日目の蝉」「紙の月」など、現代女性の ≪人生の選択≫を描いた小説の数々が多くの女性から絶大な支持を受けてい る直木賞作家・角田光代。本作『月と雷』では、≪人と出会うこと、そして人を受け入れることで、人生が予想もしない方向に転がっていく様≫を 描き、 「親と子」、「家族」、「生活」の意味を根源から問いかける角田光代文学の真骨頂と評されています!​

この名作を、『海を感じる時』の安藤尋監督が、『人のセックスを笑うな』の本調有香と『blue』以来のタッグを組み、繊細かつ力強くスクリーンに蘇らせる。“家族愛”を知らない主人公・泰子役には、『終戦のエンペラー』で華々しくハリウッドデビューし、その後も数々の映画、舞台で活躍する実力派女優・初音映莉子。人懐っこくてなんだか憎めない青年・智を『横道世之介』『きみはいい子』などで日本を代表する俳優の地位を確立した高良健吾。さらに世話をしてくれる男性を見つけては、男から男へと各地を流転する智の母・直子を、『Shall we ダンス?』『終の信託』の草刈民代が、自由奔放のようでいて深い孤独を漂わせる女性として熱演し、新境地を見せています。​

物語・・・
あてもないけど、生きていく…。 ​
“普通”の人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅-。​
「あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を 重ねていく―。」​
結婚を控え、そう考えていた泰子の前に ​現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子、智。​
20年前、愛人・直子と智が転がり込んでき たことで、泰子の家族は壊れたはずだった。​
根無し草 のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪気にかき回し始める。
​​ 「邪魔しないであたしの人生」、 そう普通の幸せを願っているはずなのに……。 ​
泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・ 直子を訪ねて行くことで、​“普通の幸せ”を求めていたはずの自分の人生が、少しずつ変わっていくのに気づき始める。​

これは、一つどころに定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、​そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語である。​

公式サイト:http://tsukitokaminari.com/​
公式Twitter:@tsukitokaminari

***********************************

初音映莉子 高良健吾​
藤井武美 黒田大輔 市川由衣 / 村上 淳 木場勝己​
草刈民代​

原作:角田光代(中公文庫) 監督 安藤 尋 ​
脚本:本調有香 
音楽:大友良英 
製作:東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ ​
制作プロダクション:アグン・インク 
配給:スールキートス 
(C)2012 角田光代/中央公論新社
(C)2017「月と雷」製作委員会​


「月と雷」初音映莉子、高良健吾の大人の色香漂うラブシーン映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・角田光代の同名小説の安藤尋監督作が実写映画化した『月と雷』が、いよいよ10月7日よりテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

一か所に定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語。「親と子」、「家族」、「生活」の意味を根源から問いかける角田光代の真骨頂ともいえる作品です。
“家族愛”を知らない主人公・泰子役に数々の映画、舞台で活躍する実力派女優・初音映莉子、人懐っこくてなんだか憎めない青年・智を高良健吾が演じています。また、不思議な魅力で男たちから絶えず愛情を注がれるも、継続的で深い関係を築けない智の母・直子を草刈民代が演じました。

そして!

この度解禁となったラブシーン映像には、20年ぶりに再会した泰子と智の一夜の様子が収められています。

幼い頃、半年にも満たない期間だがともに暮らした2人。大人になったある日、突然目の前に現れ、あいかわらず人懐っこい笑顔を浮かべる智を泰子は困惑しつつ受け入れる。​

眠りについていた智に「あれ、したいな。子供んときしてくれたやつ」と、背中をくっつけて寝そべるようねだる。そして離れていた時間を埋めるかのように2人は距離を縮めていく。​

映画情報どっとこむ ralph 本作には数度ラブシーンが登場するが、このシーンについて

安藤監督:女性主導のラブシーンにしたかった。

と語っている。『海を感じる時』『花芯』など、数々の作品で美しいラブシーンを描いてきた監督。


安藤監督:女性が主役の、意思を持った上でのシーンにしたかったんです。個人個人の魂のまじわりというか、感情の交換が現れるシーンなので、男性主体で始まるものではない。家族とは全然違う赤の他人だけれども双子、というようなふたりにしかわからない関係性を意識しながら撮影しました。​

と、本作でのこだわりについてもコメントしています。
『月と雷』

公式サイト:
http://tsukitokaminari.com/
公式Twitter:
@tsukitokaminari
公式Facebook:
@tsukitokaminari/

映画情報どっとこむ ralph あてもないけど、生きていく…。 ​
 “普通”の人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅-。​

「あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を 重ねていく―。」​
結婚を控え、そう考えていた泰子の前に ​
現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人 の息子、智。​
20年前、愛人・直子と智が転がり込んでき たことで、泰子の家族は壊れたはずだった。​
根無し草 のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪 気にかき回し始める。​
「邪魔しないであたしの人生」、 そう普通の幸せを願っているはずなのに……。 ​
泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・ 直子を訪ねて行くことで、​
“普通の幸せ”を求めていたはずの自分の人生が、少しずつ変わっていくのに気づき始める。​

これは、一つどころに定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、 ​
そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語である。​

***********************************

初音映莉子 高良健吾
藤井武美 黒田大輔 市川由衣 / 村上 淳 木場勝己
草刈民代

原作 角田光代(中公文庫) 監督 安藤 尋

脚本 本調有香 音楽 大友良英 製作 東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ

制作プロダクション アグン・インク
配給 スールキートス
(C)2012角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会


『紙の月』映画賞総なめ!早くも11冠達成!


鬼才・吉田大八監督が映画化した『紙の月

は絶賛上映中ですが、現在、以下の映画賞を獲得し本作は早くも11冠を達成してます!

第27回東京国際映画祭 観客賞
第27回東京国際映画祭 最優秀女優賞 宮沢りえ
第39回報知映画賞 主演女優賞 宮沢りえ
第39回報知映画賞 助演女優賞 大島優子
第27回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞 宮沢りえ
第27回日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞 池松壮亮
第28回山路ふみ子女優賞 宮沢りえ
第36回ヨコハマ映画祭 主演女優賞 宮沢りえ
第36回ヨコハマ映画祭 助演男優賞 池松壮亮
第36回ヨコハマ映画祭 助演女優賞 大島優子
第36回ヨコハマ映画祭 助演女優賞 小林聡美

紙の月
今後も賞レースから目が離せない本作に、東京国際映画祭ミューズの中谷美紀ほか著名人から続々とコメントも到着しております。

宮沢りえ中谷美紀さん(女優)
宮沢りえさん演じる地味で堅実な人妻銀行員が、欲望に身をゆだね、自らを解放して行く姿に、凡庸な日常を甘受している多くの女性は憧れを抱くことでしょう。

唯川恵さん(小説家)
梨花は自分で自分を追いつめて、自分の中にずっとあるものに向き合った。駆け出した梨花を観ながら、「走れ!走れ!」と心の中で声援を送っていました。

大根仁監督(映像ディレクター)
この『紙の月』で【吉田大八映画】が、確立したように思えた。と言うか吉田監督という監督そのものであるように感じた。特に梨花を撮るショットのすべてが、『紙の月』をより「映画」にしている。近年これほどまでに女優を上手く撮り、「女の業」を映像とともに描けた監督がいただろうか?

三浦大輔さん(劇作家・演出家/映画監督)
梨花の生き様を否定も肯定もせず、誰にでもある欲をありのままに虚飾なく描いていて、とても感銘を受けました。この映画のテーマの提示の仕方にとても真摯さを感じました。


紙の月2物語は、
バブル崩壊直後の1994年。
夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。気配りや丁寧な仕事ぶりが上司や顧客に評価され、何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。
紙の月1
そんなある日、梨花は年下の大学生・光太と出会う。

光太と過ごすうちに、ついに顧客の預金に手をつけてしまう梨花。最初はたった1万円を借りたつもりだけだったが、次第に金銭感覚と日常が少しずつ歪みだし…。


紙の月

公式サイト:http://kaminotsuki.jp
公式Twitter:@kamino_tsuki
公式Facebook:www.facebook.com/kaminotsukimovie

********************************************************************

紙の月_本ポスター 原作:「紙の月」(角田光代・角川春樹事務所刊/第25回柴田錬三郎賞受賞)
監督:吉田大八(『桐島、部活やめるってよ』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
脚本:早船歌江子(『ラッキーセブン』『未来日記』)
制作プロダクション:ROBOT
配給:松竹
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美
主題歌:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ『Femme Fatale』(ユニバーサル ミュージック)

(C)2014「紙の月」製作委員会


吉田大八監督トークイベント「Meet The Filmmaker」実施!


心を揺るがす衝撃のヒューマン・サスペンス。

『紙の月』

その監督の吉田大八が、Apple Store,Ginzaの「Meet The Filmmaker」に登場、トークイベントを行いました。

吉田大八監督&矢田部氏@applestore
今回は吉田大八監督のフィルモグラフィーを振り返りながら、CMディレクターから長編映画を撮るまでの変遷、最新作『紙の月』の創作活動についてのトークイベント。

映画『紙の月』トークイベント「Meet The Filmmaker」概要
日 時:10月15日(水)19:00~20:00
会 場:Apple Store,Ginza/アップルストア銀座3Fシアター
ゲスト:吉田大八監督
モデレーター:矢田部吉彦(東京国際映画祭コンペティション部門プログラミングディレクター)

今年の第27回東京国際映画祭のコンペティション部門に邦画で唯一、『紙の月』が選出されたことから、同映画祭同部門の熱きプログラミング・ディレクター矢田部吉彦氏がモデレーターで進行しました。

予約ですでに満席状態となった本イベント。

矢田部氏:CMディレクターとして映像の世界でキャリアをスタートさせた吉田大八監督は、20年経って初監督作品『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で長編映画監督デビューですが。

監督:CMロケに行くときにいつも文芸集を買うんですが、そこに本谷有紀子さんの原作が入っていて、読み終わったあと『面白かった』というよりも映画が出来た気がしたんです。

と語り、ご本人に企画を持ち込んで、一緒に仕事をしていたスタッフが乗っかってくれたことで、意外と順調に進んだと。

監督:映画作りをどうやっていいか最初わからなかったけれど、撮影が終わって編集をしてみて、ある程度の手応えは感じた。

今の監督の地位を確立する布石が当時すでに出来ていたことを思わせる言葉に客席も納得の表情。

続けて
矢田部氏:『クヒオ大佐』『パーマネント野ばら』とヒット作を生み出し、どの作品にも「どこかで自覚しながらも勘違いをしている女性像」という共通性があるのでは?

監督:意図しているわけではないんです。現実とギャップがあるキャラクターというのは考えています。
それに自分が男性だからかもしれませんが、男性より女性を描くほうが面白い。なんでもわかっている女性に対して怖れがあるのかも(笑)

と率直に語りました。

本題の『紙の月』の話になると、吉田監督がさらに雄弁に。プロデューサーから企画が来たときには、

吉田大八監督 applestore
監督:来たものを自分でどう打ち返すか」というのが自分のテーマと言い、「打ち合わせで無責任にしゃべっている間に自分の中で回路が出来上がったという。原作との違いに関して問われると「原作どおりだと回想が多くなって、映画として重くなると直感的に思ったんです。逆に銀行の中のシーンが多くなって、宮沢さん演じる梨花がどういう表情で、横領して破滅していくのかを見てみたかった。

そして宮沢りえさんの話に・・

監督:宮沢りえさんという女優については一言で言い表せない。女優オーラがすごい。プロフェッショナルで、監督として信用してくれて、自分がどう映るかよりも映画として必要なことを完璧にこなしてくださった。

監督:梨花が普通の主婦から、銀行員としてパートから契約社員になって、横領に手を染めて、それがどんどんエスカレートして…と、彼女の表情の変遷が見て取れるんですが、順撮りできなくて撮影しているときもなんとなくうまくいってる気がしたんですけど(笑)、編集でつないでみてビックリ!表情がちゃんとつながったいるんです。

と語りました。

監督:自分史上、最大に音楽を使っている作品」と違う角度からのアピールもしつつ「自分の中でこういう作品と言いたくないんです。観る方によって違う作品になると思っているので、自分でも早く新しい『紙の月』に出会いたいです。公開したら、ぜひ観に来てください。

と締めくくりました。

紙の月_吉田大八監督&矢田部氏@applestore
最も美しい横領犯

『紙の月』

11月15日(土)全国ロードショーです!

公式サイト:http://kaminotsuki.jp
公式Twitter:@kamino_tsuki
公式Facebook:www.facebook.com/kaminotsukimovie

********************************************************************


気になる「紙の月」物語は・・・

バブル崩壊直後の1994年。夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。気配りや丁寧な仕事ぶりが上司や顧客に評価され、何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。

そんなある日、梨花は年下の大学生・光太と出会う。光太と過ごすうちに、ついに顧客の預金に手をつけてしまう梨花。最初はたった1万円を借りたつもりだけだったが、次第に金銭感覚と日常が少しずつ歪みだし…。

原作:「紙の月」
(角田光代・角川春樹事務所刊/第25回柴田錬三郎賞受賞)
監督:吉田大八
(『桐島、部活やめるってよ』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
脚本:早船歌江子(『ラッキーセブン』『未来日記』)
制作プロダクション:ROBOT
配給:松竹
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美

主題歌:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ『Femme Fatale』(ユニバーサル ミュージック)

(C)2014「紙の月」製作委員会



美しい犯罪者『紙の月』の演技で宮沢りえが山路ふみ子女優賞受賞!!


紙の月_本ポスター宮沢りえさんの落ちていく妻の演技が話題の

『紙の月』

が、11月15日(土)より公開となります。

この作品、「八日目の蟬」など女性層に抜群の人気を誇る直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を、『桐島、部活やめるってよ』の鬼才・吉田大八監督がメガホンをとり映画化したもの。

来週から始まる、東京国際映画祭のコンペティション部門の日本代表に選ばれていてこの秋最大の注目です。。

そして、主演の宮沢りえが第28回山路ふみ子女優賞を受賞したことが発表されましたので、ご報告いたします。

宮沢りえが山路ふみ子女優賞を受賞したのは、「父と暮せば」(2004)以来2度目。女優賞を2度受賞するのは、吉永小百合に続き、史上2人目の快挙です。

今回の受賞理由は・・・
映画『紙の月』での平凡な主婦が無自覚の内に変貌していく姿を、美しくも重厚に描き、圧倒的な演技を披露したことに対して。

紙の月
最も美しい横領犯

『紙の月』

11月15日(土)全国ロードショーです!

公式サイト:http://kaminotsuki.jp
公式Twitter:@kamino_tsuki
公式Facebook:www.facebook.com/kaminotsukimovie

因みに、山路ふみ子賞とは
映画人の育成、功績を称える目的で毎年開催している賞です。
山路ふみ子文化財団HP:
http://www18.ocn.ne.jp/~yamaji/movieaward/index.html

********************************************************************


気になる物語は・・・

バブル崩壊直後の1994年。夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。気配りや丁寧な仕事ぶりが上司や顧客に評価され、何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。

そんなある日、梨花は年下の大学生・光太と出会う。光太と過ごすうちに、ついに顧客の預金に手をつけてしまう梨花。最初はたった1万円を借りたつもりだけだったが、次第に金銭感覚と日常が少しずつ歪みだし…。

原作:「紙の月」
(角田光代・角川春樹事務所刊/第25回柴田錬三郎賞受賞)
監督:吉田大八
(『桐島、部活やめるってよ』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
脚本:早船歌江子(『ラッキーセブン』『未来日記』)
制作プロダクション:ROBOT
配給:松竹
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美

主題歌:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ『Femme Fatale』(ユニバーサル ミュージック)
(C)2014「紙の月」製作委員会