「西遊記」タグアーカイブ

中国:新星アニメ田監督×日本語吹替制作監修:宮崎吾朗『西遊記ヒーロー・イズ・バック』


映画情報どっとこむ ralph 2015年に中国で公開されるや、中国国産アニメとして歴代1位の興行収入(約192億円)をたたき出し大ヒットした「西遊記之大聖帰来」(原題)が邦題を『西遊記ヒーロー・イズ・バック』として2018年1月13日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開することが決定しました!


本作は中国で古くから愛され日本人にもなじみの深い「西遊記」を新たなスタイルで描くアニメーション映画。

細部までリアルに描かれた3DCG映像で巻き起こすアクションは圧巻!

舞台は妖怪の存在に脅かされている長安の町。孤児の少年リュウアーと長年の封印が解け自由の身となるも、力を失い自信喪失した孫悟空が、子供を連れ去る妖怪に立ち向かう姿を描くアクションアドベンチャー!

映画情報どっとこむ ralph 中国の新星アニメ監督 田暁鵬×日本語吹替制作監修を宮崎吾朗

本作の監督を務めるのは、本作がなんと初監督となる田暁鵬(ティエン・シャオポン)。23年に及ぶアニメ制作の経験を有するものの長編監督の経験はなく、初長編監督作品が中国全土でまさかの大ヒットを記録!まさに現代のチャイニーズドリームを実現させた人物です。

そしてそんな監督から日本語吹替制作監修を直々に託されたのが、『ゲド戦記』や『コクリコ坂から』などのスタジオジブリ作品を手掛け、『山賊の娘ローニャ』で国際エミー賞のアニメーション部門の最優秀賞を受賞した宮崎吾朗!中国の新星と日本が世界に誇るアニメの才能との夢のタッグが実現しました!

映画情報どっとこむ ralph 日本と中国の才能が夢の競演!両者のコメントも到着!!
田暁鵬(ティエン・シャオポン)さんからのコメント

中国の「西遊記」のファンは、長く赤いマントを首に巻き裾をたなびかせている悟空の姿を愛しています。この紅の布が日中両国の映画ファンの心をつなぐような絆になることを願っています。文化を結び、情感を結び、国境を越えて、アニメを愛する心を結びますように。


宮崎吾朗さんからのコメント

生まれて初めて観た中国の3DCGアニメーション映画、『西遊記之大聖帰来』。それは、驚くほど面白かった。僕は目からウロコが何枚も落ちた。見慣れた日本や米国のCGアニメーションとは一味違うキャラクターのデザインや独特な色彩、カンフーのようなアクション等々。僕は画面からあふれてくる、「アニメーション映画をつくりたい!」という作り手の熱気に圧倒された。この日本語吹替版が、原語版の魅力を損ねず、日本の観客への橋渡しとなりますように。今はそれを願うばかり。この場をお借りして、日本語吹替版に力を貸して下さった皆さんに感謝を。そして、僕に大事な作品の吹替を任せてくれた、無口で熱い男、田監督に感謝です。

映画情報どっとこむ ralph
あらすじ・・・
伝説のヒーロー・孫悟空(そんごくう)が五行山に封じ込められて500年。町には妖怪がたびたび現れ、子供をさらっていた。ある日、お師匠さまのもとで修行中のリュウアーは、妖怪に襲われた女の子を助ける途中、たまたま迷い込んだ五行山で、偶然にも孫悟空を眠りから目覚めさせてしまう!ところが悟空の力は封印されたままで、本来のパワーを発揮できずにいた。やがて悟空、リュウアーそして八戒(はっかい)の3人は長安へ旅に出るのだが…。はたして悟空は、かつてのチカラを取り戻し、真のヒーローになることができるのか!?

西遊記ヒーロー・イズ・バック

2018年1月13月(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー!!

公式HP:
saiyuki-movie.jp

***********************************

監督:田暁鵬(ティエン・シャオポン)
日本語吹替制作監修:宮崎吾朗
製作:アクセスブライト、VAP 
配給:HIGH BROW CINEMA   
(c)2015 October Animation Studio,HG Entertainment


LiLiCo、コトブキツカサ、いとうせいこうカメオ声優『西遊記 ~はじまりのはじまり~』


11月21日(金)より公開となっております話題の映画『西遊記 ~はじまりのはじまり~』。

昨日は、吹替え版も斎藤工、貫地谷しほり、山寺宏一ら豪華キャストが登場した舞台挨拶が行われた本作。

昨日の初日舞台挨拶の様子はこちら http://eigajoho.com/?p=22591
西遊記フォトセッション
吹き替えには、なんとLiLiCo(映画コメンテーター)、コトブキツカサ(映画パーソナリティ)、いとうせいこう(作家・クリエーター)といった面々が声優としてカメオ出演していることが判明!

アフレコに臨んだ際の画像が到着いたしました。

LiLiCo西遊記アフレコ
3名とも話を聞いた際に二つ返事でやりたいです!とノリノリ!!

ハイテンションでアフレコに臨みました。

いとうせいこう_コトブキツカサ
何役?それは観て確かめてください!ですって。

『西遊記~はじまりのはじまり~』

絶賛公開中です!

公式サイト:saiyu-movie.com

********************************************************************

【ストーリー】
三蔵法師が孫悟空、沙悟浄、猪八戒と天竺を目指すおなじみの「西遊記」には、4人が出会うまでの「はじまりのはじまり」の物語があった――。
『西遊記~はじまりのはじまり~』は『少林サッカー』『カンフーハッスル』で知られるチャウ・シンチーが、6年ぶりに監督した最新作だ。
『少林サッカー』では少林拳の技を駆使したサッカー試合、『カンフーハッスル』ではギャング団とカンフーの達人たちとの死闘、『ミラクル7号』では貧乏父子と地球外生命体が巻き起こす騒動。

シンチーは1作ごとにユニークな設定と、ありえねー映像で観客を魅了してきた。

新作では「西遊記」を題材にし、4人が出会う前のオリジナルストーリーを生み出した。

三蔵法師は玄奘(げんじょう)という名前の若き妖怪ハンターとして登場し、
妖怪退治に奮闘する姿が描かれる。
武器は「わらべ唄 三百首」。
わらべ唄で妖怪の善の心を呼び覚まそうと試みるが、失敗ばかり。
師匠には「お前にはほんの少し“何か”が足りなかった。修行に励め」と諭される。
「西遊記」でおなじみの「仏教の悟りを開いた三蔵法師」とは程遠い姿だ。
沙悟浄、猪八戒、孫悟空も斬新な姿で登場する。
沙悟浄はカッパではなく巨大な魚と獣を合わせた水の妖怪。
猪八戒は美男子として現れ、巨大なイノシシに変貌する。
孫悟空は外見が青白くはげた老人として現れ、獰猛な猿に変貌する。
さらに「西遊記」には登場しない女性妖怪ハンターの“段”
がオリジナルキャラクターとして登場し、玄奘とのはかない恋を繰り広げる。


『西遊記~はじまりのはじまり~』(原題:西游降魔篇)
【製作・脚本・監督】チャウ・シンチー
【出演】スー・チー(妖怪ハンター)/ウェン・ジャン(玄奘)/
ホアン・ボー(孫悟空)/ショウ・ルオ(空虚王子)
2013年/中国/110分/ PG12
(C) 2013 Bingo Movie Development Limited
配給:日活/東宝東和
配給宣伝協力:東京テアトル


斎藤工x貫地谷しほり 西遊記の吹き替え決定!


11月21日(金)より拡大公開となります、
チャウ・シンチー監督6年ぶりの最新作にして2013年中国映画興行記録1位のメガヒット作!

「西遊記」の始まりの物語である
『西遊記~はじまりのはじまり~』
(原題:『西游 降魔篇』)。

西遊記
本作は、シンチー監督が、「西遊記」を題材にし、三蔵法師、孫悟空、沙悟浄、猪八戒の4人が出会う前のオリジナルストーリーを生み出し、ありえねー!映像で贈る妖怪娯楽エンターテイメントです。

今回のご紹介は2つ!

1つ目は、本作の日本語吹替キャストが決定したこと。

後に三蔵法師と名を改めることとなる、主人公の妖怪ハンター・玄奘(ウェン・ジャン)に人気急上昇の俳優、斎藤工さん。
『西遊記』吹替 斎藤工
映画オリジナルキャラクターの女妖怪ハンター・段(スー・チー)に女優の貫地谷しほりさんに!
『西遊記』吹替貫地谷しほり
今回、斎藤さん、貫地谷さん共に映画吹替初となります!

お二人のコメントが届いてます。

斎藤工さん コメント
チャウ・シンチー作品ファンとして、この近年アジア映画で最も劇場で体感すべきこの『西遊記』。好奇心と責任感とを持ち命を吹き込ませて頂きます。

貫地谷しほりさん コメント
大好きなチャウ・シンチーさんの作品にこの様な形で参加出来るとは思いもよりませんでした!初めての映画の吹き替えのお仕事、心と気合を詰め込みまくりたいと思います!

そして、2つ目ですが

来る9月12日(金)~16日(火)に開催される
「第7回したまちコメディ映画祭in台東」
にて、大注目の『西遊記~はじまりのはじまり~』がオープニング特別招待作品としてジャパンプレミアになります!

さらに、舞台挨拶を13日(土)に下記概要で行うそうです。

『西遊記~はじまりのはじまり~』ジャパンプレミア詳細
日程:9月13日(土)   
場所:浅草公会堂(台東区浅草1-38-6)   
登壇ゲスト:斎藤工 (※調整中)
舞台挨拶詳細:13:30~  舞台挨拶  


『西遊記~はじまりのはじまり~』
(原題:西游降魔篇)

公式サイト:saiyu-movie.com

********************************************************************


『西遊記~はじまりのはじまり~』ティザーポスター【ストーリー】
三蔵法師が孫悟空、沙悟浄、猪八戒と天竺を目指すおなじみの「西遊記」には、4人が出会うまでの「はじまりのはじまり」の物語があった――。

『西遊記~はじまりのはじまり~』は『少林サッカー』『カンフーハッスル』で知られるチャウ・シンチーが、6年ぶりに監督した最新作だ。

『少林サッカー』では少林拳の技を駆使したサッカー試合、『カンフーハッスル』ではギャング団とカンフーの達人たちとの死闘、『ミラクル7号』では貧乏父子と地球外生命体が巻き起こす騒動。

シンチーは1作ごとにユニークな設定と、ありえねー映像で観客を魅了してきた。

新作では「西遊記」を題材にし、4人が出会う前のオリジナルストーリーを生み出した。

三蔵法師は玄奘(げんじょう)という名前の若き妖怪ハンターとして登場し、妖怪退治に奮闘する姿が描かれる。
武器は「わらべ唄 三百首」。
わらべ唄で妖怪の善の心を呼び覚まそうと試みるが、失敗ばかり。
師匠には「お前にはほんの少し“何か”が足りなかった。修行に励め」と諭される。「西遊記」でおなじみの「仏教の悟りを開いた三蔵法師」とは程遠い姿だ。
沙悟浄、猪八戒、孫悟空も斬新な姿で登場する。
沙悟浄はカッパではなく巨大な魚と獣を合わせた水の妖怪。
猪八戒は美男子として現れ、巨大なイノシシに変貌する。
孫悟空は外見が青白くはげた老人として現れ、獰猛な猿に変貌する。
さらに「西遊記」には登場しない女性妖怪ハンターの“段”がオリジナルキャラクターとして登場し、玄奘とのはかない恋を繰り広げる。

製作・脚本・監督:チャウ・シンチー 
出演:スー・チー(妖怪ハンター)/ウェン・ジャン(玄奘)/ホアン・ボー(孫悟空)/ショウ・ルオ(空虚王子)

2013年/中国/110分/ PG12
(C) 2013 Bingo Movie Development Limited 
配給:日活/東宝東和 
配給宣伝協力:東京テアトル
 
  


アジア映画最強レーベル“GOLDEN ASIA”設立記者会見



この度、日活×東宝東和 初タッグによる、アジア各国の第一級作品を日本の映画ファンに提供するレーベル=アジア映画最強レーベル“GOLDEN ASIA”設立記者会見を行いました。

また本レーベルの記念すべき第1弾となる『西遊記』のはじまりの物語『西遊記~はじまりのはじまり~』で6年ぶりにメガホンをとった『少林サッカー』『カンフーハッスル』チャウ・シンチー監督が来日し、来日記者会見を行いました。

アジア映画最強レーベル“GOLDEN-ASIA”設立記者会見
<GOLDEN ASIAとは>

世界の映画産業で今、最も勢いのあるアジア。
新レーベル“GOLDEN ASIA”は、<アジア諸国と日本の文化の懸け橋として、アジア各国の第一級の作品を日本の映画ファンに提供する【アジア映画最強のレーベル】>がコンセプトです。

レーベル対象作品は、それぞれの国で興行第一位を獲得・映画賞を受賞など、“実績ある作品”が選定の基準となります。

<イベント概要>

【日程】7月22日(火) 
【場所】六本木 グランドハイアット東京 2Fコリアンダー(港区六本木6-10-3)
【登壇者】佐藤直樹(日活 代表取締役社長)、松岡宏泰(東宝東和 代表取締役社長)
チャウ・シンチー監督(『少林サッカー』『カンフーハッスル』)

第一部:GOLDEN ASIA ラインナップ発表会
第二部:チャウ・シンチー監督 来日会見


【第一部】GOLDEN ASIA ラインナップ発表会

日活×東宝東和による、日本の映画ファンに提供するレーベル=アジア映画最強レーベル設立会見では、両配給会社の代表取締役社長より挨拶がありました。

記念すべき第1弾として、チャウ・シンチー監督6年ぶりの最新作にして2013年中国映画興行記録1位のメガヒットを記録したあの「西遊記」の始まりの物語である『西遊記~はじまりのはじまり~』を発表、第2弾『チェイス!』,続けて第3作弾に『BHAAG MIKLHA BHAAG』(原題)が配給されることが発表されました。

佐藤直樹(さとうなおき)氏/日活 代表取締役社長

経済的、文化的にも熱く世界中の注目を集めているのがアジアです。
このアジアで選りすぐりの作品を皆さまにお届けするのがこのGOLDEN ASIAです。日活は100周年を迎え、先日タイの映像制作プロダクション、カンタナ合弁会社を設立致しました。

次の100周年に向けて日活が知恵を絞って考えたのが、積極的に日本の外にうっていこうということです。これが日本の映画、映像産業に貢献する為にもできることであると考えました。そのキーワードが国際共同制作です。この国際共同制作を進めていくことで重要なことは、アジアの優れたタイトルを私たちが受け入れる、そこで、監督や役者の優れた才能と出会う機会を更に増やし、日本のお客様にこの優れたアジアの映画お伝えしていくことによってアジア各国との強い結びつきを作っていくことではないかと思っています。

幸いなことにアジア映画で実績、歴史のある東宝東和さんとこうしてパートナーシップを組むことは、日活にとっても大変喜ばしいことです。なんとしてでも、このGOLDEN ASIAを大成功に導いていきたいと思っています。アジアで選りすぐりの作品をピックアップし、目の肥えた日本のお客様にお届けすることによって、世界的にどんどん加速していくアジアというところから、わたくしどもがアジアの全体のマーケットにも貢献できることを目指しています。
 
GOLDEN ASIAのスタート作品にこのような素晴らしい豪華ラインナップを組めたことを大変光栄に思っております。このラインナップを成功させる意味あいは日活だけではなく、アジア映画全体の非常に大きな力を示すことになるのではないでしょうか。また、アジアと日本の映画の架け橋になるという意味でもとても重要なプロジェクトになるのではないかと思っています。是非、ご理解賜りましてGOLDEN ASIAの応援をいただければと考えております。

松岡宏泰(まつおかひろやす)氏/東宝東和 代表取締役社長

振り返ってみると、東宝東和は「この映画だったらば日本の沢山の方に観ていただけるだろう」つまり商業性の高い映画、「この映画を日本の一人でも多くの方に観ていただかなければならない」いわゆる芸術性、この両方を追い求めてきたのではないのかなと思います。

その意味でこのGOLDEN ASIAはその両方を追いかける素晴らしいプロジェクトだと思いますし、日本の映画業界のパイオニアである日活さんと東宝東和がガッチリとタッグを組んでこの企画を成功させることは本当に大きな意味があると考えております。

<レーベル立ち上げについての心境について>
期待で胸がいっぱいと言いたいところですが、期待と不安の両方があります。やはり、これだけのプロジェクトですし、日活さんと組ませていただくわけですし・・しかし、3本とも素晴らしい出来で、こうった作品を世の中に出すことで期待と不安を結果に繋げたいと思います。

<プロジェクトのメリットについて>
最近、東宝東和はユニバーサル作品の配給であったり、ハリウッド作品への投資等、アメリカ寄りになっていて、正直アジアでどのようなことが起きているかリアルタイムでサーチがフォローできていないのではないかと思い、日活さんは共同制作を通じてアジアに素晴らしいネットワークをお持ちですので、その中から上がってくる作品をご一緒させていただくことは東宝東和にとって最大のヒントだと思っています。

杉原晃史(すぎはらあきふみ)氏/日活代表取締役

<日本でアジア映画が低迷している中で、日本人にアジア映画がどれだけ通用するのか>

確かに日本という国は、経済の再生途上が続いており、3年前の震災の復興にまだまだ時間がかかるといった一面もあります。ところが、大きな市場の中国からはそれだけ隠れた才能も生まれており、韓国映画も素晴らしい映画が着々と創られており、インドも年間1300本以上のハリウッドより遥かに多くの作品を作り、映画の先進国です。

このような国々と組んで、日本に映画を輸入し、今までは純然たる邦画、ハリウッド映画が中心であった日本に、アジアの面白い作品を改めて目の肥えている日本国民に紹介することによって商機が十分開けるのではないかと思っています。


【第二部】チャウ・シンチー監督 来日会見 Q&A
アジア映画最強レーベル“GOLDEN-ASIA”設立記者会見2 チャウ・シンチー監督:
日本の皆さん、こんにちは。しばらく日本に来ておりませんでしたが、
また皆さんにあえて嬉しく思っています。

Q.どうやって西遊記の映画化を思いつきましたか。

A.僕はこの西遊記がすごく好きで、以前から撮ってみたいと思っていました。

Q.どのようにしてキャスティングをしましたか。

A.キャスティングはすごく順調で、この映画を観ていただけるとわかると思いますが、出演されている俳優の方々が素晴らしかったです。

Q.脚本にかかった時間はどれくらいですか

A.1995年に最初の西遊記を撮ったのですが、
その後にどのようにすればもっといいものが取れたといろいろ考えて、西遊記という物語には色んな要素が含まれるので、脚本に関しては10年以上はかかっています。

Q.劇中で流れているGメン75を選んだ理由はなんですか。

A.僕がGメンの大ファンだからです。
それと、三蔵法師が3人の弟子を連れて妖怪を退治するというのが、Gメンと合っていると思ったからです。

Q.日本に来てみていかがですか。

A.日本の美味しいラーメンが食べたいです。
映画に関しては、作品を日本の方に気に入っていただければと思います。

Q.映画を制作する前のイメージと完成された作品のイメージは違いますか。

A.撮り始めは、心配でドキドキでした。 
撮り終わった後は、満足でした。俳優の演技とアクショに対しても思った以上の作品になりました。


Q.西遊記の話が元で日本ではドラゴンボールあるが、こちらの影響はありますか。

A.すごく大きな影響があります。
今回、悟空の変貌する見た目が特にそうで、様々なところからドラゴンボールから閃きを得ています。

Q.今回映画に出演していない理由はなんですか。

A.自分に合った役がなかったからです。
良さそうな役もあったのですが、出番があまりなく気にいらなかったからです。というのも、僕は主人公しかやりませんから。脇役は全く興味がありません(笑)

Q.主人公ウェン・ジャンのキャスティング理由はなんですか。

A.僕はキャスティングする時、直観が多いのですが、彼の場合は見た目が役に合っていたのと彼自身が仏教のことをすごく勉強されていたのでキャスティングしました。

Q.中国の経済成長に伴い、映画を作る際変わったことはありますか。

A.中国でも、映画産業が発展し、大きな市場ができたことで今が一番いい時だと思います。

Q.続編制作は考えていますか。

A.西記はシリーズ物だと思っているので、いろんな物と要素があるので、
続編はすでに考えています。

Q.スー・チーをヒロイン役にキャスティングした理由はなんですか。

A.女優として素晴らしいですし、セクシーで強く、愛情のある役柄にとても合っていると思ったからです。

Q.日本で映画製作は考えていますか。また、好きな日本の監督、俳優はいますか。

A.興味はすごくあるので、チャンスがないかずっと考えています。日本の監督を代表する黒澤明監督の大ファンです。
もうすでに、亡くなられていますけど大ファンです。

『西遊記~はじまりのはじまり~』

は、11月 TOHOシネマズ 有楽座他、とんでもねーロードショーです!

********************************************************************


【ストーリー】 
『西遊記』ティザーポスターここは妖怪によって人間が言葉を奪われた世界。
「大いなるものに己を差し出す」の信念を持った若き妖怪ハンター・三蔵法師は自身を危険にさらしながらも水の妖怪、豚の妖怪、そして妖怪の大王・孫悟空を倒す。
敵を弟子として温かく受け入れたことで三蔵法師は「愛」の本当の意味を知る。
罪を償い人々を助けるために、彼ら4人は天竺への旅に乗り出すのである。
それが、西遊記の始まりであった。
シンチー節爆発の誰もが知っている「西遊記」、でもだれもが知らなかった「西遊記」を描く、妖怪とんでもねェーンターテインメント!

出演:スー・チー(妖怪ハンター)/ホアン・ボー(孫悟空)/
ウェン・ジャン(三蔵法師)/ショウ・ルオ(空虚王子)
配給:日活/東宝東和 配給宣伝協力:東京テアトル


2013年/中国/110分/
(C) 2013 Bingo Movie Development Limited 


とんでもねー!チャウ・シンチー版『西遊記』公開決定!


『少林サッカー』のチャウ・シンチー監督りの最新作にして2013年中国映画興行記録1位のメガヒット作!

『西遊 降魔篇』の邦題が
『西遊記~はじまりのはじまり~』に決定!

11月の日本公開!

そしてチャウ・シンチー監督の緊急来日も決定です!

チャウ・シンチー監督
全世界で200億円超え興行収入のストーリーですが

妖怪によって人間が言葉を奪われた世界。
「大いなるものに己を差し出す」の信念を持った若き妖怪ハンター・三蔵法師は自身を危険にさらしながらも水の妖怪、豚の妖怪、そして妖怪の大王・孫悟空を倒す。

西遊記
敵を弟子として温かく受け入れたことで三蔵法師は「愛」の本当の意味を知る。

罪を償い人々を助けるために、彼ら4人は天竺への旅に乗り出すのである。それが、西遊記の始まりであった。シンチー節爆発の誰もが知っている「西遊記」、でもだれもが知らなかった「西遊記」を描く、妖怪とんでもねェーンターテインメント!だそうです。

そんな気になりすぎる

『西遊記~はじまりのはじまり~』

は、11月の日本公開です。

********************************************************************


出演:スー・チー(妖怪ハンター)/ホアン・ボー(孫悟空)/ウェン・ジャン(三蔵法師)/ショウ・ル(空虚王子)

2013年/中国/115分/ (C) 2013 Bingo Movie Development Limited 
配給:日活/東宝東和 配給宣伝協力:東京テアトル