「西川貴教」タグアーカイブ

ニトロプラス“虚淵玄”が挑む『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』全国劇場上映決定!イベントも!


映画情報どっとこむ ralph アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCHO-PASS サイコパス』、特撮『仮面ライダー鎧武/ガイム』など、話題作を手掛けてきたニトロプラス“虚淵玄”が挑む新ジャンルの映像作品『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』。

2016年の第1期TV放送を終え好評を博し、現在W映像化企画として『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』&『2期』制作が進行中です。
『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』2017年12月2日(土)~全国劇場にて劇場上映決定!

映画情報どっとこむ ralph ★ユナイテッド・シネマ豊洲ほか、全国にて劇場上映!

■東京 2017/12/2(土) ~ 2017/12/14(木) ※12/2~12/8期間1日2回上映、12/9~14期間1日1回上映予定
ユナイテッド・シネマ豊洲
■神奈川 2017/12/2(土) ~ 2017/12/8(金) ※1日1回上映予定
109シネマズ川崎
■北海道 2017/12/2(土) ~ 2017/12/8(金)  ※1日1回上映予定
ユナイテッド・シネマ札幌
■愛知 2017/12/2(土) ~ 2017/12/8(金)  ※1日1回上映予定
109シネマズ名古屋
■大阪 2017/12/2(土) ~ 2017/12/14(木)  ※12/2~12/8期間1日2回上映、12/9~14期間1日1回上映予定
109シネマズ大阪エキスポシティ
■兵庫 2017/12/2(土) ~ 2017/12/8(金)  ※1日1回上映予定
109シネマズHAT神戸
■福岡 2017/12/2(土) ~ 2017/12/8(金)  ※1日1回上映予定
ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
■徳島 2017/12/2(土)?~2017/12/15(金)  ※12/2~12/8期間 1日2回上映、12/9(土)~12/15(金)期間 1日1回上映予定
ufotableCINEMA
※上映期間、上映回数については予定のため変更になる場合がございます、予めご了承ください。
配給/ライブ・ビューイング・ジャパン
2017年12月2日(土)~ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて劇場上映決定!


★前売りチケット発売!
2017年10月28日(土)より、『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』の前売りチケットを発売!
前売りチケットには、A4クリアファイルが特典でつきます!チケット販売の詳細については続報をお待ちください。
※「舞台挨拶&トークイベント」「ライブ・ビューイング」には前売りチケットはご使用いただけません。予めご了承ください。


映画情報どっとこむ ralph ★舞台挨拶&トークイベント決定!
ユナイテッド・シネマ豊洲 にて、『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』12月2日(土)公開を記念し、舞台挨拶の開催が決定。

登壇キャスト
原案、脚本、総監修:虚淵玄(二トロプラス)、凜雪鴉役:鳥海浩輔、殤不患役:諏訪部 順一、
殺無生役:檜山修之
主題歌担当:T.M.Revolution 西川貴教
※登壇キャストは都合により予告なく変更になる場合がございます、あらかじめご了承ください。
◆日時:2017年12月3日(日) (上映終了後に舞台挨拶&トークイベント予定)
◆場所:ユナイテッド・シネマ豊洲

※チケットは抽選販売を予定。お時間などの詳細については続報をお待ちください。

★ライブ・ビューイング開催決定!
ユナイテッド・シネマ豊洲 にて、12月3日(日)行われる『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』舞台挨拶の模様を全国各地の映画館にて
ライブ・ビューイングすることが決定!
チケット販売の詳細については続報をお待ちください。

◆日時:2017年12月3日(日)
◆場所:109シネマズ川崎、ユナイテッド・シネマ札幌 、109シネマズ名古屋、109シネマズ大阪エキスポシティ 、
109シネマズHAT神戸 、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13、ufotableCINEMA


映画情報どっとこむ ralph 小説「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 外伝」に収録されている「殺無生編」に加え、“虚淵玄”が新たに書きおろした殤不患の新作エピソード「殤不患編」を映像化した本作。

キービジュアルには、主役となる「凜雪鴉」「殤不患」そして、「殺無生」が描かれている。


「殺無生編」は『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の前日談、「殤不患編」は第2期へと続く後日談として描かれる。
『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』は現在バンダイチャンネルやアニメイトチャンネル、Amazonプライム・ビデオなどで配信中です!


『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』とは
2016年の第1期TV放送を終え、続編制作が発表されている『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』。
その続編とは異なる、新たな映像作品が『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』です。
映像の内容は、小説「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 外伝」に収録されている「殺無生編」に加え、
“虚淵玄”が新たに書きおろした殤不患の新作エピソード。続編へと続く1期のその後の物語として、2期への期待も高まる内容です。
更なる詳細は、随時お知らせいたします。

【あらすじ】
かつて魔界の軍勢と人間界が争った戦において、人間たちによって鍛造され、無双の力を発揮した数々の武器である「神誨魔械」。
戦の後、数多の神誨魔械は護印師らによって長く守られてきたが、その中でも護印師の「丹衡」「丹翡」兄妹によって守られてきた最強の武器「天刑劍」が、
今まさに「蔑天骸」率いる悪の手に落ちようとしていた。
蔑天骸の追求から逃れる途中、丹翡は偶然にも「凜雪鴉」「殤不患」の両名と出会い、その助力を得ることに。奇縁により導かれた3人は、
新たに加わる個性豊かな仲間たちと共に各々の思いを抱き、蔑天骸の居る七罪塔を目指すこととなるのであった。

公式サイト:
www.thunderboltfantasy.com
公式twitter:
@TBF_PR/ハッシュタグは#サンファン

(C)2016-2017 Thunderbolt Fantasy Project

***********************************



西川貴教 カミナリ新ネタ披露にビリビリ辛口批評『スクランブル』公開直前イベント


映画情報どっとこむ ralph 『96時間』『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣が贈る最新作『スクランブル』が、9月22日(金)より全国公開となります。

その本作のイメージソング「BIRI×BIRI」を手掛けた西川貴教さん、そして、茨城弁の掛け合いと強烈なツッコミで今やバラエティ番組に引っ張りだこなカミナリの2人をゲストに迎えて、本作の公開直前イベントが行われました。


映画『スクランブル』公開直前イベント
日程:9月20日(水)
場所:ベルサール御成門駅前
登壇:西川貴教、カミナリ(竹内まなぶ/石田たくみ)

映画情報どっとこむ ralph 本作は、ヨーロッパ中の高級クラシックカーを専門で盗む世界一の強盗団<フォスター兄弟>が、ある事件をきっかけにマフィアから40億円ともいわれる走る芸術品【62年型フェラーリ250GTO】を1週間で盗み出すというミッションを与えられる、というストーリー。

この日のイベントでは、実際に劇中に登場し、劇中で主役のフォスター兄弟が狙う40億円ともいわれる超高級クラシックカー【62年型フェラーリ250GTO】(※イベント登場のレプリカの販売価格は1,500万円)の前に、フェラーリ同様真っ赤なスーツで登場したのはイメージソングを手掛けた西川貴教さん。

西川さん:チャンチャンコにはまだ年が早いですが・・・

と、ちょっと照れ気味。

配信チャート1位(iTunesロックチャート)にも輝いたイメージソング「BIRI×BIRI」はアーティスト名をT.Mレボリューションではなく新たなヴォーカル・プロジェクト「西川貴教」名義での初のリリース。

楽曲について

西川さん:本作はハリウッドとフランスの合作なので“コラボレーション”がキーになると思い、以前から自身の楽曲でコラボができたらと思ってました。

と考えていたそう。
今回、デュエットしたAAA(トリプルエー)の末吉 秀太さんについて

西川さん:以前から食事に行ったり、遊んでいた後輩なのでなんか変な感じ。自分のことはセルフでやってきてますが、他のアーティストをディレクションするのは難しかったですが楽しかったです。自分にもたくさんの影響を与えてくれました。

と末吉さんとのコラボレーションに満足げな様子でレコーディングを振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph そんなトークの最中、西川さんの大ファンだと公言する注目の人気お笑いコンビ、カミナリの2人が突如登場!

実は昨年、

西川さん:「T.Mレボリューション」として20周年を機に発表したベストアルバムのWEBCMに起用されていたカミナリが西川に会うのはこれが初めて。西川さん曰く、スタッフの後押しもあっての起用だったが、人気に火が着く前の早すぎた起用だった為に「全然バズらなかった」と暴露すると会場はいっきに爆笑に包まれた。

今では昨年末のM1グランプリで決勝進出の影響もあり、TVで見ない日がないくらい人気の2人がこの日、西川さんの前で映画を題材に新ネタを披露した。楽曲の「BIRI×BIRI」になぞって、突っ込まれ役・まなぶがビリビリマシーンを装着した状態でネタに臨むも、ビリビリの威力に途中でネタを飛ばしてしまうハプニングに「段取りが悪い!」との的確な西川さんのツッコミに会場からは再び笑いが。

さらにフォトセッションではカミナリの代名詞でもある叩きツッコミを西川さんが披露し、

たくみさん:西川さんの(叩く)音めっちゃいいですね!勉強になります!

とリスペクト。

映画情報どっとこむ ralph イベントに最後に

西川さん:映画とのコラボレーションをやらせてもらって楽しかったですし、楽曲の勢いそのままに映画を楽しんでいただきたい。カーアクションとクライムサスペンスなどいろいろな要素が詰まっている。名車や劇中の南仏の景色なども楽しめるので、ぜひ劇場にお越しください!

と作品をアピールし、この日のイベントは幕を閉じた。
物語・・・
オークション会場から搬出された世界に2台の37年型ブガッティを奪うはずだったアンドリュー(スコット・イーストウッド)とギャレット(フレディ・ソープ)のフォスター兄弟。しかし、落札したのが残忍なマフィアのモリエールだったために、兄弟は囚われの身に。命が助かる条件は、敵対するマフィアのクレンプが所有する62年型フェラーリ250GTOを1週間で盗むこと。寄せ集めチームで、犯罪史上最大の強奪作戦に挑むはずが、インターポールに追われ、アンドリューの恋人・ステファニーを人質に取られ、挙句の果てにはクレンプに計画を知られてしまう。だが、実はピンチさえも兄弟の〈計画〉だった。

***********************************

監督:アントニオ・ネグレ
製作:ピエール・モレル(『96時間』)
脚本:マイケル・ブラント/デレク・ハース(『ワイルド・スピード×2』)
出演:スコット・イーストウッド『ワイルド・スピード アイスブレイク』、フレデリック・ソープ、アナ・デ・アルマス『ブレードランナー2049』
配給:ギャガ 共同提供:カルチュア・パブリッシャーズ
公式サイト:http://gaga.ne.jp/scramble
© 2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS –KINOLOGY– TF1
FILMS PRODUCTION –NEXUS FACTORY
     


西川貴教 x Shuta Sueyoshi (AAA)がタッグで!『スクランブル』イメージ


映画情報どっとこむ ralph 『96時間』『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣が贈る最新作『スクランブル』が、9月22日(金)より全国公開となります。

本作は、ヨーロッパ中の高級クラシックカーを専門で盗む世界一の強盗団<フォスター兄弟>が、ある事件をきっかけにマフィアから40億円ともいわれる走る芸術品【62年型フェラーリ250GTO】を1週間で盗み出すというミッションを与えられる、というストーリー。

本作のイメージソングが「西川貴教」名義での初となる楽曲「BIRI×BIRI」(読み:ビリビリ)に決まり、さらにゲストヴォーカリストとしてShuta Sueyoshi (AAA)の参加も決定しました!
劇中で繰り広げられる高級クラシックカーの圧巻の疾走シーンや、アクション、爆破シーンなどハラハラドキドキするスリル満点の映像と相性抜群の、アップテンポでスピード感のあるパワフルな楽曲となっております!今回西川貴教&Shuta Sueyoshi (AAA)による貴重なレコーディングの様子や、本作や楽曲に込めた想いを語ったコメント映像も届きました。

映画情報どっとこむ ralph イメージソングに込めた思いは?

西川さん:これまではT.M.Revolutionとしてみなさんにご存知いただいていたかと思うんですが、今回は「西川貴教」としてリリースする新たなスタートとなる楽曲です。(Shuta Sueyoshiさんとの)コラボレーションができたこと、映画『スクランブル』との映像コラボができたことを嬉しく思います。映画には兄弟の関係性が描かれているのですが、普段から(Shuta Sueyoshiさんとは)飯に行ったりする弟のような関係性なので、そのあたりでも作品のテーマともシンクロするのではないかと思います。
これまでのキャリアになかったような楽曲のアプローチに挑戦できているので、そのあたりも注目してもらえると嬉しいです。

Sueyoshiさん:疾走感溢れる映画とのコラボを、大先輩西川さんと一緒にやれたこと、西川さんの力になれて嬉しいです。生まれて初めて買ったCDが西川さんだったので本当に光栄です。(映画は)男同志の絆、車の躍動感など、「BIRI×BIRI」とリンクしていると思います。


イメージソングを聴いて、これから映画を観る方へメッセージ

西川さん:カーアクションのようなド派手なところだけじゃなくて、キャラクターたちや特に兄弟たちの絆などが描かれていて、旧車好きはじめ幅広い層の方に楽しんでいただける作品だと思います。作品と同時に、ぜひこの「BIRI BIRI」も応援してください!

Sueyoshiさん:今日レコーディングをしていても、いい感じになったかなと思いますし、映画にリンクする作品に仕上がっていると思いますので、ぜひじっくり聞いてみてください!

映画情報どっとこむ ralph 9月22日(金)TOHOシネマズ みゆき座他全国公開 

公式サイト:http://gaga.ne.jp/scramble

物語・・・
オークション会場から搬出された世界に2台の37年型ブガッティを奪うはずだったアンドリュー(スコット・イーストウッド)とギャレット(フレディ・ソープ)のフォスター兄弟。しかし、落札したのが残忍なマフィアのモリエールだったために、兄弟は囚われの身に。命が助かる条件は、敵対するマフィアのクレンプが所有する62年型フェラーリ250GTOを1週間で盗むこと。寄せ集めチームで、犯罪史上最大の強奪作戦に挑むはずが、インターポールに追われ、アンドリューの恋人・ステファニーを人質に取られ、挙句の果てにはクレンプに計画を知られてしまう。だが、実はピンチさえも兄弟の〈計画〉だった──。



***********************************

監督:アントニオ・ネグレ 
製作:ピエール・モレル(『96時間』)
脚本:マイケル・ブラント/デレク・ハース(『ワイルド・スピード×2』)
出演:スコット・イーストウッド『ワイルド・スピード アイスブレイク』、フレデリック・ソープ、アナ・デ・アルマス『ブレードランナー2049』
共同提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ギャガ
© 2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS –KINOLOGY– TF1 FILMS PRODUCTION –NEXUS FACTORY


T.M.Revolution 西川貴教、タボくんとジョイポリスに降臨!


映画情報どっとこむ TJ 7月12日(火)に開館20周年を迎えた屋内型テーマパーク「東京ジョイポリス」。

これを記念したプロジェクト「ジョイポリス 20の挑戦」のひとつとして「T.M.R. PARK REVOLUTION in JOYPOLIS 2020」が、スタート。その記者発表会が行われT.M.Revolution 西川貴教さんがトーク&コラボカフェメニュー試食を行いました。
TMR西川貴教東京ジョイポリス
フォトセッションには、T.M.Revolution 西川貴教さんのマスコットキャラクター「タボくん」と東京ジョイポリスのマスコットキャラクター「ジョイポリくん」がHOT LIMIT衣裳風で登場しました!でも「乳歯みたい!」と西川さんにつっこまれてしまいました。

日時:2016年7月12日(火)
場所:デックス東京ビーチ シーサイドモール3F 
登壇:T.M.Revolution 西川貴教、タボくん、ジョイポリくん

映画情報どっとこむ TJ ニッポン放送の吉田尚記アナウンサーを司会に迎え、館長さんが20周年を迎えてのプロジェクト「ジョイポリス 20の挑戦」を説明!「捜索不能 ~地下室に眠る光の宝玉~」、「ジョイポリすごろく with あんさんぶるスターズ!」などを紹介!そして、ジョイポリスと同じ日に生まれた方たちに年間入場券を贈呈しました!
東京ジョイポリス20周年
映画情報どっとこむ TJ そして!!!

黄色い歓声と「兄貴~」の野太い声の中
同じく20周年を迎える人気アーティスト「T.M.Revolution」が登場!
TMR西川貴教東京ジョイポリス_トーク1
西川さん:お台場。ラジオやTV、サマーライブなどでなじみ深い場所ですね。ソロになってから20周年。ジョイポリスと同じ年。20年ってあんなに大きくなっちゃうんだね。

と感慨深げ。

西川さん:デジタルSFライブ「LIVE at PLANET-JOYPOLIS」はあたかも僕がステージで歌っているかのように見えるので楽しんでください。

映画情報どっとこむ TJ TMR撃音 ライブ コースター20周年の東京ジョイポリスが贈る「撃音 ライブ コースター」は、ゲームとジェットコースターを組み合わせ、光の溢れる演出空間と融合させた最新の絶叫系アトラクションです。「自分で操作する『音ゲー(リズムゲーム)』」を搭載したコースターアトラクションは世界初。

西川さん:室内で行われてるとは思えないぐらいの迫力です!

コラボレーション第一弾として「T.M.Revolution」の楽曲が使用されています。

TMR西川貴教東京ジョイポリス_トーク2
また、「ハーフパイプトキョー」もうまく回転すると、西川さんがお褒めの言葉を発します!

西村さん:やったね!みたいなやつをね。曲も沢山使用していただいているんで、曲に乗って楽しんでください。

映画情報どっとこむ TJ 「WHITE BREATH」など人気楽曲をイメージしたコラボカフェメニューのご試食・撮影「HIGH PRESSURE」をイメージしたフード「HIGH PRESSURE カゲキで最高エビチリ」をはじめ、「WHITE BREATH」をイメージしたドリンク「WHITE BREATH ドリンク」など、人気楽曲をイメージしたドリンク、T.M.R.ファンは一度は!な、フードメニューが勢ぞろい!そして西川さん試食!
TMR西川貴教東京ジョイポリス_試食 コラボフード 左からHIGH PRESSURE カゲキで最高エビチリ WHITE BREATH ドリンク 独裁 -イチゴを独り占め- BLACK OR WHITE? カレー

そして、T.M.Revolution人気曲を使用したデジタルSFライブ「LIVE at PLANET-JOYPOLIS」が3Dマッピング投影とレーザー、その他のエフェクト付きで上映されてフォトセッションとなりました!

さらに「T.M.Revolution」のマスコットキャラクター「タボくん」を使用した限定グッズ、占い、衣裳展・・・など実施し、館内が「T.M.Revolution」一色に染まります。

西川さん:コラボレーション大々的に長い期間20周年。このお台場盛り上げていきたいと思います。

「T.M.R. PARK REVOLUTION in JOYPOLIS 2020」
2016年7月12日(火)から9月30日(金)まで開催します。

(C)DIESEL Corporation

映画情報どっとこむ TJ そして、話は変わって本日登場のT.M.Revolutionさんが主題歌 「RAIMEI」を歌っているサンダーボルトファンタジー『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』をご紹介!

サンダーボルトファンタジー台湾で「知らない人間はいない」と言われるほど、子供から大人まで楽しまれてきた人形演劇『布袋劇(ほていげき)』。

その映像にほれ込んだニトロプラス“虚淵玄(うろぶち げん)”と台湾布袋劇で随一の知名度とクオリティを誇る制作会社霹靂社が奇跡のコラボ日台合同映像企画です。

物語は・・・
無双の力を発揮する武器、神誨魔械。護印師である丹衡、丹翡兄妹によって守られてきた神誨魔械の一つである天刑劍が、今まさに蔑天骸率いる悪の手に落ちようとしていた。丹翡は偶然にも凜雪鴉、殤不患の両名と出会い、その助けを得ることとなる。アクションファンタジー時代活劇!

鳥海浩輔、諏訪部順一、中原麻衣、関智一さん他人気声優勢ぞろいでおくる本作は絶賛放送中!

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』先行上映会の模様はこちら
サンダーボルトファンタジー先行上映

TOKYO MX 毎週金曜日23:00~
BS11毎週金曜23:30~
AT-X毎週金曜24:00~

(C)2016 Thunderbolt Fantasy Project
***********************************




西川貴教熱く語る アニメミライ2013試写会


日本のアニメは面白い!

アニメ業界気鋭の4社が本当に作りたかった渾身の作品を一挙公開!!
3月2日(土)公開の文化庁若手アニメーター育成プロジェクト「アニメミライ2013」の完成披露試写が2月21日に行われました。

国内有数のアニメーション制作会社の若手クリエイターたちが手がける渾身の4作品の上映とアニメミライ広報大使の西川貴教さんほか、4社の制作プロデューサー、監督が登壇されました。


■日時: 2月21日(木)

■場所: 新宿バルト9

■登壇者:
西川貴教
文化庁 大木高仁
日本アニメメーター・演出協会 代表理事 井上俊之
『龍-RYO-』
株式会社ゴンゾ監督:千明孝一 プロデューサー:石川真一郎
『アルヴ・レズル』
有限会社ゼクシズ監督:吉原達矢 プロデューサー:川﨑とも子
『デス・ビリヤード』
株式会社マッドハウス監督:立川譲 プロデューサー:角木卓哉
『リトル ウィッチ アカデミア』
株式会社トリガー 監督:吉成曜 プロデューサー:堤尚子
©文化庁 アニメミライ 2013

で、どうだった?

西川様がオモシロかっこよかったです。



じゃなくて、ちゃんとレポートを!



はい!
司会進行はかなりのアニメファンのニッポン放送の吉田尚記アナウンサー。

文化庁的。。。な、硬い雰囲気を和ませる感じでスタートです。

まずは、文化庁 大木高仁氏が登壇。
製作者にねぎらいの声を掛けた後、アニメーターがお仕事をしながらステップアップして、最後は監督なって、「日本の作ったものはすごいな。質が高いな」と言われる物を造るのが理想で、“人”を作るという観点から、役所としては応援していきたい。的ナおはなし。
次に、日本アニメメーター・演出協会 代表理事 井上俊之氏
この方、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの作画監督です!

若手育成事業ですが、隠れた目的として、アニメ業界では、技術を言葉にして伝えることを怠ってきた結果、それが、若手が育たない一因になっていたと。で、この事業を通じて、若手を育てる。。。そして、業界がシフトを変えていくことに意義があると語ってました。


そしてそして、真打!アニメミライ広報大使 西川貴教様!!!
諸外国は日本のポップカルチャーに対して注目。最前線がアニメではないかと。
「主題歌などで関わらせていただくことがありますが、日本には資源が乏しく、産業がここまで元気がなくなっている中で、、カルチャーや文化といったものを発信していく。アニメを通じて生み出してところで、みなさんにもご協力いただいて、これからも支え続けていきたいと思います。応援のほど、よろしくお願いします。」と。

今回、西川さんは、ゴンゾ制作『龍 – RYO-』で大久保利通役として声優にも挑戦しています。

そして、4月から放送予定の「革命機ヴァルヴレイヴ」では人気声優の水樹奈々さんと組んで主題歌を!

3月幕張方面で何かが起こるとの予言も。


で、4作とも観たんだよね。

どうだった?


はい!観させていただきました。
良かったです~う。

当然ですが、さすが有名各社。若手といえども、質はプロです。

全部短編なので、本編や続きが観たくなっちゃう。

いい意味で凄い良い予告編トレーラーみたいなんです。
文化庁さん!いえ、各TV、映画会社さん続きを作って!

特に、「アルヴ・レズル」、世界観と画の質感が私好み!

商業ベースに乗せなくても良い作品を作る機会は商業アニメ制作には無いからね。今回、結構自由に制作されたみたいだけど、それでも、観客が続きや本編を見たくなるような作品が出来上がる。

日本のアニメ業界恐るべし。

今回の作品を手掛けた若手も数年後には「気鋭の若手制作」って
業界の中心になっているかもしれないものね。今から青田買いだよ。

「アニメミライ」意義あるよね。

アニメミライは3月2日(土)から新宿バルト9ほかで全国ロードショーの予定となっています。

********************************************************************