「西島隆弘」タグアーカイブ

吉沢 亮 × 新木優子 × 杉野遥亮「あのコの、トリコ。」予告到着&”Nissy”(西島隆弘)”初” の映画主題歌に決定!


映画情報どっとこむ ralph 主人公の地味で 冴えないメガネ男子・頼が大好きなあのコ・雫のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリーが人気を博した白石ユキ先生のコミック「あのコの、トリコ。」が実写映画化、10月5日(金)より、 全国公開となります。

そして!

この度、吉沢 亮さん本人がナレーションを務める本作の予告編映像が完成しました!

唯一無二の美しさを誇る俳優 吉沢さんが地味で冴えない主人公・頼に扮し、新木優子さん演じるヒロイン・雫の夢を叶えるために献身的に 尽くす姿には、萌えること間違いなし!吉沢さんが凄まじくかっこよく覚醒していく【メガネをはずす】シーンは悶絶必須です!


原作コミックの中でも衝撃的で、圧倒的な人気を誇る【頼(吉沢)と雫(新木)のランジェリー広告撮影】のシーンの再現力と美しさも必見!
さらには、頼と雫の水族館デートで頼がずぶぬれになる一幕や、目に涙を浮かべる雫のウエディングドレス姿、昴(杉野)が雫を抱きしめるシーンなど、頼、雫、昴3人のそれぞれの想いが溢れ出し、ドキドキがとまりません!

頼と雫、そして昴、幼なじみ3人の恋と夢の行方に、 期待が高まる映像に仕上がっています。


映画情報どっとこむ ralph そして映画本編はもちろんのこと、この予告編映像を彩る本作の主題歌、Nissy(西島隆弘)さんが作詞作曲を手がけた楽曲「トリコ」も解禁。


Nissyさんは、本作のために書き下ろしたこの楽曲で初の映画主題歌を担います。 プロデューサー陣からの「映画館から明るい気持ちで帰れるような曲を」というリクエストを受け、今年は Nissyとしてステージに立ってから 5年目ということもあり、並々ならぬ気合いで制作に臨んでいます。

作品の世界観やメッセージに沿った歌詞には「雫」という言葉が印象的 に散りばめられ、映画のエンドを飾るにふさわしい、HAPPYな楽曲が誕生しました!「トリコ」は9月30日(日)リリース予定となっています。


Nissy(西島隆弘)さんからコメントが届いています!

Nissyさん:Nissyとして映画の主題歌のお話をいただいたのは初めてだったので、とても嬉しかったです。

脚本とコミックを読ませていただいて、男の子2人よりも雫ちゃんの気持ちが描かれていることも多かったので、2人の感情を いい意味でも振り回したり、ドキドキさせたり、といったストーリーにそった歌詞を作ってみるのも面白いと思いました。 3 人の友情や恋愛を、 音楽としてのストーリー展開に構成できたら『あのコの、トリコ。』の違った面白さが増すのかなと思いま す。

今まで、今回の『あのコの、トリコ。』のような三角関係のラブソングを書いたことがなかったのですが、原作を読ませて頂いて「く っつく の?くっつかないの?」とドキドキさせられたり、両極端な男性像が描かれたりしているなと感じて、ただ観ている女性の 方は、両方とも理想の男性像なんだろうなと思いました。 それをどのように歌にのせたら、ちょっと恥ずかしくなってしまいそうな部分も表現できるかなと考え、例えば、じっとしているより動 いたほうが恥ずかしさが紛れるのかなと考え振り付けに取り入れたりして、「ドキドキするハッピーソングを!」と思って作らせてい ただきました。 ぜひ、映画を観てその後に流れるこの曲でも、HAPPYになっていただけたらなと思います。

映画情報どっとこむ ralph ドキドキの恋と、芸能界を目指すキラキラな夢を追いかける、幼なじみ3人のシンデレラ・ラブストーリー。 吉沢 亮主演

あのコの、トリコ。

は、10月5日(金)より、全国にて公開します。

toriko-movie.jp


物語・・・
田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能事務所に頼まれ、雫の 付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影では、共演するはずだった、頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條 昴(杉野 遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに!そして、頼がカ メラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そしてこの広告が話題となり、頼、そして雫と昴の未来を変えていく。

***********************************

吉沢 亮 新木優子 杉野遥亮 水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗

原作:白石ユキ『あのコの、トリコ。』(小学館 Sho-Comiフラワーコミックス刊)
監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
音楽:吉俣 良

主題歌:「トリコ」Nissy(西島隆弘)
配給:ショウゲート
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会


園子温『愛のむきだし』最長版明日9月27(水)発売開始 特典映像の一部を公開


映画情報どっとこむ ralph 『新宿スワン2』『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』の世界的監督・園子温の代表作にして、日本映画史に残る問題作『愛のむきだし』を再構成・再構築した、『愛のむきだし【最長版 ザ・テレビショー】』のセル版Blu-rayがついに明日9月27日(水)発売開始となります。

発売に際し、Blu-ray版のみの特典映像の一部をWEB CMとして公開です。



『愛のむきだし』とは・・・

キリスト教、罪作り、盗撮、アクション、カルト教団、三角関係、女装、脱出・・・

世界が認めた衝撃のエンタテインメント超大作&問題作!

実話をベースに描く、無敵の“純愛”世界。
園子温監督の23作目の作品にして、極限の代表作!

映画情報どっとこむ ralph セーラー服姿で暴れまわる満島ひかりの炸裂する迫力を筆頭に、今をときめく「AAA」のリードボーカル西島隆弘のアクティブな“盗撮魔”や、近年の主演女優賞総なめの安藤サクラの新興宗教教祖など、瑞々しい個性のぶつかり合いと、4時間という上映時間をまったく感じさせないスピーディな演出が相俟って、かつてない衝撃作となった。
このアグレッシブな作品は、世界に飛び出し、2009年の第59回ベルリン国際映画祭に出品され、「国際批評家連盟賞」と「カリガリ賞」をダブル受賞。国内においても、2008年の第9回東京フィルメックスにおいて観客の投票によって選出される「アニエスベー・アワード」を受賞。第83回キネマ旬報ベスト・テンにおいて、主演の西島隆弘が「新人男優賞」、助演の満島ひかりが「助演女優賞」をそれぞれ受賞し、日本映画ベスト・テンでは第4位であった。さらに第64回毎日映画コンクールでは「監督賞」に園子温、「スポニチグランプリ新人賞」に西島隆弘、満島ひかりがそれぞれ選ばれた。また『映画芸術』誌上の批評家による2009年度ベストテンで第1位となった。

その後、『冷たい熱帯魚』やヴェネチア国際映画祭受賞作『ヒミズ』、大ヒット作『新宿スワン』へと繋がる、名実共に園子温の名を決定づけた作品として、いまだに国内外で人気が高く上映され続けている。

<ストーリー>
敬虔なクリスチャン一家に育ったユウ(西島隆弘)は、ある出来事を境に神父の父(渡部篤郎)に懺悔を強要され始める。心優しいユウは、父の期待に応えようと、懺悔のために毎日“罪作り”に励むうちにエスカレートし、気づけば女性ばかりを狙う盗撮魔のプロとなっていた。そんなある日、運命の女・ヨーコ(満島ひかり)と出会い、ユウは生まれて初めて恋に落ちるが…。

映画情報どっとこむ ralph
愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】

2017年/日本/カラー
価格:7,000円+税 品番:ASBD-1194

【本編分数】275分 
【ディスク】2層ディスク
【音声】日本語 リニアPCM2.0ch ステレオ
【画面】HDワイドスクリーン(1.78:1) 1920×1080p
【映像特典】
DISC1:最長版 THE TV-SHOW 予告編
DISC2:園子温監督2017年度・特別インタビュー「愛のむきだし 誕生10周年の真実!?」
【封入特典】リーフレット
【発売】アスミック・エース
【販売】アミューズソフト
*デザイン・特典内容・仕様などは変更になる可能性がございます。 

原案・脚本・監督:園子温
出演:西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ / 板尾創路 深水元基 吹越満 / 綾野剛 松岡茉優 / 渡辺真起子 / 渡部篤郎
主題歌:ゆらゆら帝国「空洞です」(Sony Music Associated Records)
製作:オメガプロジェクト  制作プロダクション:ステューディオスリー
(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

【最長版 ザ・テレビショー】スタッフ  
企画プロデュース:谷島正之/プロデューサー:梅川治男/音楽:原田智英/編集:伊藤潤一、後田良樹/整音:小宮元/
カラコレ監修:谷川創平/制作プロダクション:ステューディオ スリー/企画・制作:アスミック・エース
(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

【最長版 THE TV-SHOW】スタッフ  
企画プロデュース:谷島正之/プロデューサー:梅川治男/音楽:原田智英/編集:伊藤潤一、後田良樹/整音:小宮元/
カラコレ監修:谷川創平/制作プロダクション:ステューディオ スリー/企画・制作:アスミック・エース
【映画版】企画・製作:オメガプロジェクト
(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

***********************************

     


西島隆弘x満島ひかり『愛のむきだし』再構成・再構築 DVDレンタル Blu-rayセル


映画情報どっとこむ ralph 園子温の代表作にして、あの日本映画史に残る問題作『愛のむきだし』を再構成・再構築した、『愛のむきだし【最長版 ザ・テレビショー】』が8月23日(水)にTSUTAYA先行DVDレンタル、そして9月27(水)にセル版Blu-rayが発売開始となります。
撮影開始から10年―傑作映画から新たに誕生する、かつてない映像トランスフォーム!

『愛のむきだし』編集初期段階でのファーストカットは6時間!その失われた幻のバージョンを元に、全編脚本通りに再構成し直し、未使用シーンを1時間以上復元、全音楽・音響を再構築。

各話30分の全10話のTV仕様に再構成。

■全編【4Kデジタルリマスター】でより鮮やかな映像表現を実現!

当時の撮影監督・谷川創平氏立会いのもと、4Kデジタルリマスター化を実施。高精細・高解像の映像追求を行った。驚くほどの鮮やかな仕上がりは園子温監督も大満足!必見!

■ついに語る!Blu-ray版映像特典では、『愛のむきだし』誕生10周年にして明かされる数々の秘話!

園子温監督が特別インタビュー「誕生10周年の真実!?」を実施。当時のキャスティング状況や、困難を極める撮影、さらに個々のキャストに対する想いなど、各話ごとの裏話を、10年目にして遂に余すところなく語った!


映画情報どっとこむ ralph <ストーリー>
敬虔なクリスチャン一家に育ったユウ(西島隆弘)は、ある出来事を境に神父の父(渡部篤郎)に懺悔を強要され始める。心優しいユウは、父の期待に応えようと、懺悔のために毎日“罪作り”に励むうちにエスカレートし、気づけば女性ばかりを狙う盗撮魔のプロとなっていた。そんなある日、運命の女・ヨーコ(満島ひかり)と出会い、ユウは生まれて初めて恋に落ちるが…。

<キャスト/主題歌>
主演は、「AAA」のリードボーカル西島隆弘、国内外で映画賞を受賞し、評価を得ている満島ひかり、安藤サクラ。今をときめくメインキャストの熱演と躍動感が、より激しく炸裂する!その他、大ベテランの渡部篤郎、渡辺真起子、板尾創路の力演、そして、その後「新宿スワン」で園子温と運命の再会を果たす綾野剛や、松岡茉優の初々しい姿も見どころ。
また、2010年に惜しまれつつ解散したロックバンド「ゆらゆら帝国」の主題歌も、最初で最後の映画コラボレーションとして今となっては伝説となっている。

映画情報どっとこむ ralph 愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】

2017年/日本/カラー
品番:
上巻(CPDP-13073)
中巻(CPDP-13074)、
下巻(CPDP-13075)
【本編分数】約110分、約81分、約84分
【ディスク】上巻:片面2層、中・下巻:片面1層
【画面】16:9 LB
【映像特典】
上巻:最長版 THE TV-SHOW 予告編
【発売】アスミック・エース 【販売】カルチュア・パブリッシャーズ
*デザイン・特典内容・仕様などは変更になる可能性がございます。 

映画情報どっとこむ ralph 愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】

2017年/日本/カラー
価格:7,000円+税 品番:ASBD-1194
【本編分数】275分 【ディスク】2層ディスク
【音声】日本語 リニアPCM2.0ch ステレオ
【画面】HDワイドスクリーン(1.78:1) 1920×1080p
【映像特典】
DISC1:最長版 THE TV-SHOW 予告編
DISC2:園子温監督2017年度・特別インタビュー
「愛のむきだし 誕生10周年の真実!?」
【封入特典】リーフレット
【発売】アスミック・エース 【販売】アミューズソフト
*デザイン・特典内容・仕様などは変更になる可能性がございます。 

映画情報どっとこむ ralph 『愛のむきだし』とは・・・
キリスト教、罪作り、盗撮、アクション、カルト教団、三角関係、女装、脱出・・・
世界が認めた衝撃のエンタテインメント超大作&問題作!
実話をベースに描く、無敵の“純愛”世界。園子温監督の23作目の作品にして、極限の代表作!
セーラー服姿で暴れまわる満島ひかりの炸裂する迫力を筆頭に、今をときめく「AAA」のリードボーカル西島隆弘のアクティブな“盗撮魔”や、近年の主演女優賞総なめの安藤サクラの新興宗教教祖など、瑞々しい個性のぶつかり合いと、4時間という上映時間をまったく感じさせないスピーディな演出が相俟って、かつてない衝撃作となった。このアグレッシブな作品は、世界に飛び出し、2009年の第59回ベルリン国際映画祭に出品され、「国際批評家連盟賞」と「カリガリ賞」をダブル受賞。国内においても、2008年の第9回東京フィルメックスにおいて観客の投票によって選出される「アニエスベー・アワード」を受賞。第83回キネマ旬報ベスト・テンにおいて、主演の西島隆弘が「新人男優賞」、助演の満島ひかりが「助演女優賞」をそれぞれ受賞し、日本映画ベスト・テンでは第4位であった。さらに第64回毎日映画コンクールでは「監督賞」に園子温、「スポニチグランプリ新人賞」に西島隆弘、満島ひかりがそれぞれ選ばれた。また『映画芸術』誌上の批評家による2009年度ベストテンで第1位となった。
その後、『冷たい熱帯魚』やヴェネチア国際映画祭受賞作『ヒミズ』、大ヒット作『新宿スワン』へと繋がる、名実共に園子温の名を決定づけた作品として、いまだに国内外で人気が高く上映され続けている。

***********************************

原案・脚本・監督:園子温
出演:西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ / 板尾創路 深水元基 吹越満 / 綾野剛 松岡茉優 / 渡辺真起子 / 渡部篤郎
主題歌:ゆらゆら帝国「空洞です」(Sony Music Associated Records)
製作:オメガプロジェクト  
制作プロダクション:ステューディオスリー          
(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

【最長版 ザ・テレビショー】
スタッフ  
企画プロデュース:谷島正之/プロデューサー:梅川治男/音楽:原田智英/編集:伊藤潤一、後田良樹/整音:小宮元/
カラコレ監修:谷川創平/制作プロダクション:ステューディオ スリー/企画・制作:アスミック・エース
(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ


園子温の『愛のむきだし』完全リブート!配信・放送決定!


映画情報どっとこむ ralph 『新宿スワン2』『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』の世界的監督・園子温の代表作にして、日本映画史に残る問題作『愛のむきだし』が、2007年の撮影開始からちょうど10年を経た2017年に全く違う姿となって新たにリブート、J:COMでの独占配信・放送が決定いたしました。


主演の「AAA」のリードボーカル西島隆弘をはじめ、女優賞総なめの実力派・満島ひかり、安藤サクラら今をときめくメインキャストの熱演とスピーディな演出から生まれる躍動感で、国内外問わず数々の賞を受賞し、名実共に園子温の名を決定づけた衝撃作『愛のむきだし』。

その上映時間は4時間(237分)。しかし、編集初期段階の“ファーストカット”は6時間あった。
その失われた幻のバージョンを元に、全編脚本通りに再構成し直し、未使用シーンを1時間以上復元し、全音楽・音響を再構築。さらにそれを、各話30分のTV仕様に再構成し、各30分、全10話の4K化TVシリーズが完成した。

園子温(原案・脚本・監督)のコメント
あの削除した台詞が、あの削除したシーンが、ついに帰って来た!あの名作が、8年ぶりに完璧な“ドラマ”になって帰って来ただけでも感動的なのに、久々に見るこの作品は、何もかもが今も新しい。役者達が活き活きと画面を走り抜け、完璧なハーモニーを奏でていた!

映画情報どっとこむ ralph 本作はJ:COMにて独占配信・放送として2月1日~3月31日まで配信・放送します。
詳細は下記URLをご覧ください。
#ainomukidashi
jcom-premiere 
(1/30からオープン)

映画情報どっとこむ ralph そして!!!

本日2017年1月28日(土)より、園子温監督の最新作で日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクトの第4弾となる『アンチポルノ』が新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります!

冨手麻妙がムチ打てば筒井真理子がビンタで応酬!

「あなたが生きているのは誰の人生?」冨手麻妙が裸上等で体現した園子温の映像世界。



ANTIPORNO

小説家兼アーティストとして時代の寵児となった京子(冨手)。
極彩色の部屋に籠もり、マネージャー典子(筒井)が伝えるスケジュールを分刻みでこなす毎日。現実と虚構、サディズムとマゾヒズム、自由と不寛容、カリスマと奴隷・・・寝ても覚めても終わらない悪夢。

私は京子なのか?京子を演じているのか?

虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

監督・脚本:園子温
冨手麻妙 筒井真理子
不二子 小谷早弥花 吉牟田眞奈 麻美 下村愛 福田愛美 貴山侑哉

2016/日本/78分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R18+

Ⓒ2016 日活

***********************************

    


三代目JSB 小林直己と今市隆二「アジア国際子ども映画祭 2016」に登場!


映画情報どっとこむ ralph EXILE/三代目 J Soul Brothers の小林直己と、三代目 J Soul Brothers の今市隆二が 26 日、北海道・北見 市民会館で開催された「アジア国際子ども映画祭 2016」に参加しました。 また、小林さん、今市さんと同じく、同映画祭の応援ゲストとして参加した伍代夏子さん、西島隆弘(AAA)さん、 w-inds.さん 、 西内まりやさん、そして杉名誉会長とのトークショーも開催され、会場に集まった 1,500 人の観客は大変盛り上がりました!!
%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad
同映画祭は、俳優で歌手の杉良太郎が名誉会長を務め、映像作品を通じてアジアの子供に夢や希望を与えるこ とを目的に 2007 年からスタート。 小・中・高校生の子どもたちが決まったテーマをもとに、ホームビデオなどで自ら脚本から撮影、制作した3分以内の映像作品をコンテストするもの。

今年で 10 回を迎えた同映画祭には、日本を含むタイやベトナム、モンゴル、韓国など 16 カ国・地域から過 去最多となる 612 作品が寄せられました。

杉良太郎特別賞には、東ティモール・聖ミゲル高校の作品「幼い子どもが家の手伝いのために学校をやめるのはきらい」が選ばれました。

映画情報どっとこむ ralph 小林さんと今市さんからコメント
%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad-%e5%b0%8f%e6%9e%97%e7%9b%b4%e5%b7%b1
小林直己さんからのコメント

初めての参加となりましたが、北見をはじめ、日本全国、そして、アジアの子どもたちが自ら映画を作り、交 流を図るこの機会にて、表現に年齢は関係ないのだと気付きました。また、少年矯正施設からの参加もあり、 国や文化、お互いの異なる価値観を、映画を通して交わり合う姿に驚き、映画の持つ力にも驚きました。”私の 嫌いなもの”をテーマにした子どもたちの作品からは、『より良く生きること』、『嫌いなものが自分を成長させ る』といったメッセージを感じ、自分も、映画を製作してみたいという気持ちになりました。ぜひ、参加して みたいです。

映画情報どっとこむ ralph 今市隆二さんからのコメント
%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad-%e4%bb%8a%e5%b8%82%e9%9a%86%e4%ba%8c
初めてアジア国際こども映画際にゲストとして出演させて頂きました! 日本、アジアの子供達の作品がどんな作品かワクワクしながら観させて頂きました。3 分という短い時間に想 いを込めた作品は本当に素晴らしかったです。心に刺さるメッセージ、大人として改めて気付かされる気持ち、 そして子供達の心を感じました。 この映画際が更に多くの方々に届いてほしいですし、子供達の夢、表現する場所としてずっとあり続けてほし いです。 素敵な作品に出会わせて頂き本当にありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph たたら侍ポスター今回登壇した小林直己さんが出演している映画『たたら侍』。

EXILE HIRO(47)が映画初プロデュースを手掛けた作品で、青柳、小林、AKIRAのほか、津川雅彦、奈良岡朋子、笹野高史、甲本雅裕、宮崎美子ら豪華俳優陣が集結。戦国時代中世の奥出雲の村を舞台に、伝統を継承し守ることを宿命付けられた青柳演じる青年が、葛藤や挫折を通して真の「武士」へと成長していく姿を描いた本格時代劇映画で、原作なしのオリジナルストーリー。

2017年初夏 新宿バルト9・TOHOシネマズ新宿 ほか全国公開です。

公式サイト:tatara-samurai.jp

***********************************

監督 脚本:錦織良成

エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO

出演:青柳翔、小林直己、AKIRA、田畑智子、石井杏奈、高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子
品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、菅田俊、音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補、山本圭、笹野高史、奈良岡朋子、津川雅彦

配給:LDH PICTURES
(C)2017「たたら侍」製作委員会