「西島秀俊」タグアーカイブ

「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」豪華キャスト陣を全解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、波瑠さんと西島秀俊さん初共演の遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント!波多野貴文監督作品『オズランド』。

サブタイトルがつき正式タイトルが『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』となりました!

そして!出演する豪華キャスト陣を全解禁となりました。

熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影された、ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた本作。

今回解禁となるのは主人公波平久瑠美のクールな彼氏に中村倫也さん。カメレオン俳優の名をほしいままにしている注目の俳優が、東京と熊本との間で遠距離恋愛を育みます。

また、慣れない土地で主人公と切磋琢磨する同期の新入社員吉村役に岡山天音さん。東大出身にも関わらず、学歴をひけらかさず黙々と仕事をする一風変わったキャラクターです。

さらに遊園地の広報課長、上園に深水元基さん。

おせっかい好きな販売スタッフのカツヨに濱田マリさん。主人公が徐々に心を開いて、共に働く頼もし仲間を演じています。

先輩社員として、戸田昌宏さん、朝倉えりかさん、久保酎吉さん、コング桑田さんが扮し映画を盛り上げます。

そして、園長として全員から慕われる宮川を柄本明さんが演じ、脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph キャストコメントとあわせて、ぜひご掲載のご検討のほどお願いします。

<岡山天音さんコメント>
初めて台本を読んだ時、人間の美しさにピントを合わせた世界観がとても新鮮でした。素敵なチームのみんなと撮影する中、吉村をどう演じ生きるか、難しくも楽しい試行錯誤の毎日でした。真夏の遊園地で過ごした日々はキラキラした思い出です。大切な誰かと観て、大切な思い出にして欲しいです。

<中村倫也さんコメント>
〝働く〟ということは。
空回りだったり徒労に終わったり、ふいに自分の毎日が虚しく思えてしまうこと、誰しもが経験あると思います。
しかしそんな日々も、顔を上げて見回せば、絶えず足を動かしていれば、きっと誰かの笑顔に繋がっていくはず。
見失いがちなモノを思い出させてくれる。そんな〝魔法〟を持った、映画です。これから社会人になる若者たちにも、是非観てもらいたい作品です。

<濱田マリさんコメント>
真面目で可愛くてプライドの高いナミヘイちゃんが、小塚さんの魔法でどんどん変わっていくのがとっても素敵だなぁと思いました。そして個性豊かなグリーンランドのスタッフの、仕事に対する熱量や
楽しみ方が素晴らしいと思いました。
撮影中は、地元のエキストラの皆さんが、毎日のようにグリーンランドに来てくださいました。
暑い中、参加してくださった大勢のエキストラさんに心から感謝です!

<深水元基さんコメント>
お客様を笑顔にする魔法をかける、こんなやりがいがあって楽しい仕事、素敵だな〜。
グリーンランドのスタッフの皆様はいつも暖かく笑顔をくれました。
僕の役は「オズの魔法使い」のカカシをイメージし、ヘラヘラ陽気に演じました。
映画を観終わったら、きっとグリーンランドへ行きたくなりますよ。
そして、自分の仕事や人間関係の向き合い方も変わるかも。

映画情報どっとこむ ralph
がんばるアナタにポジティブな魔法をかける お仕事エンターテインメントが誕生!

オズランド 笑顔の魔法おしえます。

公式サイト:
ozland.jp 

twitter:
https://twitter.com/ozland_movie


配属先はド田舎遊園地?!

夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美(波瑠)に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった・・!
彼女の前には、広大な田園風景とそこに突如現れる遊園地。そして数々の企画を成功させ“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦(西島秀俊)と一癖も二癖もある従業員たち。

都会と田舎、理想と現実のギャップに不満を抱える彼女を支えるのはサクッと仕事で成果を出して、好きな部署に異動できる「MVP社員」になるという目標!
ところが、やることなすこと失敗だらけで、自分の未熟さを痛感する久瑠美。
それでも小塚や仲間たちと一緒に、遊園地で巻き起こるトラブルを乗り越えていく中で少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気がついていく。
小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう・・・

***********************************

出演:波瑠 西島秀俊
岡山天音 深水元基 戸田昌宏 朝倉えりか 久保酎吉 コング桑田
中村倫也 濱田マリ/橋本愛/柄本明
監督:波多野貴文 
脚本:吉田恵里香 
原作:小森陽一『オズの世界』(集英社文庫刊)
幹事・企画・制作プロダクション:ROBOT 
製作:映画「オズランド」製作委員会
配給:HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム
(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会


岡田准一主演 x 木村大作監督 美しい時代劇『散り椿』特報映像・ポスタービジュアル初解禁


映画情報どっとこむ ralph 木村大作さんが、三度目の監督作として挑んだ本作『散り椿』。

黒澤明監督作品『隠し砦の三悪人』の撮影助手からキャメラマンのキャリアをスタートさせ、『悪い奴ほどよく眠る』『用心棒』『椿三十郎』『どですかでん』と黒澤明監督に従事してきた 木村大作さんが映画人生60周年を迎える作品として、盟友の小泉堯史さん脚本で初タッグ。

木村大作さんと言えば、過去日本アカデミー賞最優秀撮影賞を5回受賞、キャメラマンとしてだけでなく映画監督としても『劔岳点の記』(2009)で第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞している日本映画界の巨匠。監督として初の時代劇に臨みました。

そして、この度本編映像とポスタービジュアルが初解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph そんな彼が本作に選んだ主演は幅広い世代から絶大な支持を受ける国民的俳優・岡田准一さん。

本作では、かつては藩を追放されるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛を儚くも強く演じます。また、道場の四天王の一人という役柄から約3ヶ月に亘る殺陣の稽古に励み、激しく鋭い剣豪アクションに臨みます。


また、共演には『MOZU』『クリーピー 偽りの隣人』『CRICIS公安機動捜査隊特捜班』などTVドラマに映画にと話題作に立て続けに出演する演技派俳優・西島秀俊さん。

岡田准一さん演じる新兵衛と共に道場の四天王の 一人で、持ち前の頭脳明晰さで藩主の側用人として頭角を現す榊原采女を演じます。かつての親友であり、一人の同じ女性を想いあう恋敵でもあり、藩を追われた新兵衛とは対照的な藩で頭角を現すというキャラクターを初共演となる岡田准一と静かに熱く対峙するのも話題となること必至です。


撮影は、富山、彦根、長野にて時代劇としては前代未聞の全編オールロケを敢行し、“美しい自然”と木村キャメラマンによる“美しい画”、木村監督の演出と岡田准一さん、 西島秀俊さんら豪華俳優陣による“美しい佇まいと生き様”が全編通して描かれた様を切り取ったポスタービジュアルが完成しました。


更に、黒木華さん、池松壮亮さん、 緒形直人さん、新井浩文さん、柳楽優弥さん、 麻生久美子さん、石橋蓮司さん、富司純子さん、奥田瑛二さん ら錚々たる日本を代表 する豪華俳優陣が集結しました!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界に新たな歴史を刻む“美しい時代劇”

『散り椿』

は 9月28日(金)全国東宝系にて公開となります。

ものがたり・・・

最愛の妻と交わした最期の約束を叶えるため、
一人、故郷に戻った男が哀しき剣を振る――――

享保15年――藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を離れた男、瓜生新兵衛(岡田准一)。
追放後、連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。『藩に戻りて、榊原采女様(西島秀俊)を助けてほしい』と。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良き   ライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。そして新兵衛の藩追放に関わる、大きな因縁を持つ二人であった。

妻の最期の願いを叶えるため、新兵衛は過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された妻・篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する。

篠の妹、坂下里美(黒木華)とその弟・坂下藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛に戸惑いながらも、亡くなった篠を一筋に想いやる姿や、侍としての不正を正そうとする凛とした生き方にいつしか惹かれていく。

そして、ある確証を得た新兵衛は、かつての親友の采女と対峙する。そこで過去の事件の真相や妻が遺した願いの苦しく切なくも愛に溢れた本当の想いを知ることになっていく・・・。

しかし、その裏では大きな力を持ったものが新兵衛を襲おうとしていた・・・。

***********************************

原作:葉室麟(「散り椿」角川文庫刊)
監督・撮影:木村大作「劒岳 点の記」「春を背負って」に続く三作目の監督作品
脚本:小泉堯史 木村大作
出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、緒方直人、新井浩文、柳楽優弥、 芳根京子、駿河太郎、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ほか
撮影スケジュール:2017年5月15日(月)~7月5日(水) 
撮影場所:富山、長野、滋賀 ※全編オールロケ


『オズランド』波瑠、西島秀俊の同僚役に地元:橋本愛の出演発表!


映画情報どっとこむ ralph この度、波瑠さんと西島秀俊さん初共演の遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント「オズランド」(波多野貴文監督)に、同じ遊園地で働く仲間として橋本愛さんが出演していることが解禁となりました。

熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影された、ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた本作。
橋本さんは主人公 波平久瑠美が配属される遊園地の先輩社員という役どころ。
熊本県出身の橋本愛さんが馴染みのある地元遊園地に女優として凱旋出演いたします!

映画情報どっとこむ ralph 橋本愛さんからのコメントが届いています!

<はじめて台本を読んだ感想>
物語の中に起承転結が5個くらいあり、
バタバタと音が聞こえるような盛り沢山ぶりで、
これはわちゃわちゃ騒がしい映画にしたいなと思いました。

<撮影現場での思い出>
役者の皆さんが、役や映画を豊かに膨らまそうと色んな発想を提示されるのを見て、自分もそれに負けないようにと絞り出してた記憶があります。あとは弥生ちゃんの明るさを手放さないように
とにかく楽しく笑ってました。

<玉地弥生という役について>
原作では達観したような雰囲気を持つ経験豊富な女性でしたが、映画ではぐぐっと若々しく、ぐぐっと弾けた明るさを持った女の子でした。なので小説からは遊園地のスタッフがどんなポリシーや習慣の中で働いているのかということだけを学び、あとは彼女の持つピュアな明るさでグリーンランドという場所そのものを表せたらいいなと思いました。

<グリーンランドの思い出>
幼い頃から来てたので記憶もたくさん残っていて、それをなぞるように歩き回ったり。時間があるときにひたすら遊ばせていただき、遊園地ラブな気持ちを満タンにして現場に戻ることができたので有難かったです。

映画情報どっとこむ ralph 長谷川プロデューサーは起用の理由に関して「橋本さんの出演作を数々拝見しており、幅広い演技力、そして笑顔が魅力的というのが第一の理由です。そして、熊本県のご出身ということもあり地元だから出せる表現があるのではと、ご縁を感じたのが第二の理由です。完成した映画を観ていただければわかりますが地元が舞台ということで、いい意味でリラックスして、のびのびと演技をされていた印象です。それが演じた玉地弥生というキャラクターの個性につながったと思います」と語り「橋本さんは、空き時間に遊園地をふらりと歩いていたり、花火が打ち上がるシーンではお客さんに紛れてご覧になっていたようです。撮影の合間で地元愛を充電できたことで肩の力が抜けて、今回の演技につながったのではないかと思っております」と撮影裏話を語っております。


オズランド

2018年秋、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
ozland.jp

公式twitter:
@ozland_movie

物語・・・
配属先はド田舎遊園地?!
夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美(波瑠)に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった・・!
彼女の前には、広大な田園風景とそこに突如現れる遊園地。そして数々の企画を成功させ“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦(西島秀俊)と一癖も二癖もある従業員たち。
都会と田舎、理想と現実のギャップに不満を抱える彼女を支えるのはサクッと仕事で成果を出して、好きな部署に異動できる「MVP社員」になるという目標!
ところが、やることなすこと失敗だらけで、自分の未熟さを痛感する久瑠美。
それでも小塚や仲間たちと一緒に、遊園地で巻き起こるトラブルを乗り越えていく中で少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気がついていく。
小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう・・・

***********************************


出演:波瑠 西島秀俊 橋本愛

監督:波多野貴文
脚本:吉田恵里香
原作:小森陽一『オズの世界』(集英社文庫刊)
幹事・企画・制作プロダクション:ROBOT
製作:映画「オズランド」製作委員会
配給:HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム
(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会


東野圭吾原作 篠原涼子主演『人魚の眠る家』《超特報》映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾作家デビュー30周年記念小説「人魚の眠る家」が映画化、11月に全国公開となります。

この度、本篇初公開となる超特報映像が解禁。​


初公開となる本篇映像は3カット。物語の舞台となる“家”の俯瞰、庭先で眠る少女の姿、そして「答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか?」という衝撃的な問いかけとともに、最後は願いとも、迷いともとれる複雑な表情でカメラを見つめる母親・薫子(篠原涼子)の姿がおさめられています。

原作者である東野圭吾が、「こんな小説を自分が書いていいのか?今も悩み続けています。」と語る本作。

そして、本作「人魚の眠る家」原作の《文庫本》が5月末に幻冬舎文庫より発売となります。​

映画情報どっとこむ ralph 愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦―それは愛か、欲望か?​

衝撃と感涙の東野ミステリー誕生!!​
娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の元に、ある日突然、悲報が届く。 「娘がプールで溺れた―」。愛するわが子は意識不明のまま、医師から回復の見込みはないといわれる。深く眠り続ける娘を前に、究極の選択を迫られた夫婦が下した決断、そのことが過酷な運命の歯車を動かしていく―。東野圭吾の作家デビュー30周年記念ベストセラー小説を、『明日の記憶』 『TRICK』『天空の蜂』の堤幸彦監督が実写映画化。篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーが誕生します。​
***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎刊)​

出演:篠原涼子、西島秀俊
配給:松竹​


監督:滝田洋二郎×主演:二宮和也『ラストレシピ』BD&DVD発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 監督:滝田洋二郎×主演:二宮和也

歴史の闇に消えた幻のフルコース“大日本帝国食菜全席”を巡る壮大な感動作『ラストレシピ』のBlu-ray&DVDを5月30日(水)に発売することが決定しました。

映像特典は豪華キャスト・監督によるビジュアルコメンタリーをはじめ、 彩り豊かなメニューを収録!! 豪華版の映像特典には、二宮和也、西島秀俊、そして滝田洋二郎監督によるビジュアルコメンタリーを収録! 映画本編では、二宮が 2002 年パートの 2 つの時代を行き来しながら描く本編で、二宮が 2002 年パートの主人公を、1930 年代パートの主人公を西島が演じている ため、出演パートが異なる二人の想いが交差する、見どころ満載の内容に! そのほかにも、メイキング映像や、TOHOシネマズ上野の開業と公開初日を祝い、豪華キャスト と監督によるテープカットセレモニーの模様をはじめ劇場公開時に行われたイベント映像集が収録されています!

映画情報どっとこむ ralph ■歴史の闇に消えた幻のフルコース“大日本帝国食菜全席”を巡る感動ミステリー!!

1930 年代の満州で天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)が考案した究極のレシピ集 “大日本帝国食菜全席”。
太平洋戦争開戦によって消息を絶った山形とともに、レシピも散逸 されてしまっていた。歴史に消えたレシピの謎を追うのは、どんな味でも再現できる、絶対味覚 =“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮和也)。山形の過去を辿っていくうちに、 そのレシピが歴史をも揺るがす大きな陰謀を孕んでいたこと、そして最後の一皿“ラストレシピ”に 隠されていた壮大な愛のメッセージに気づく。“大日本帝国食菜全席”が消えた謎を追うミステ リー仕立てのストーリーを軸に、満州の歴史、家族の絆、親子の絆、そして友情・同志との絆な ど壮大な愛の物語を描く感動作!作品満足度は 97.9%(東宝・初日アンケート)と非常に高く、 ぴあ映画初日満足度ランキング(2017/11/3-4、ぴあ調べ)では堂々の 1 位を獲得!

■滝田洋二郎監督×主演・二宮和也の強力タッグのもと、西島秀俊、綾野剛、宮﨑あおい、竹野内豊ら豪華俳優陣が共演!
『母と暮せば』(’15)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した二宮和也。その最新主演映画で初タッグを組むのは、『おくりびと』 (’08)でアメリカのアカデミー賞外国語映画賞受賞という日本映画史上初の快挙を成し遂げた名匠・滝田洋二郎監督。そんな日米アカデ ミー賞コンビの強力タッグのもとへ、西島秀俊、綾野剛、宮﨑あおい、西畑大吾(関西ジャニーズ Jr.)、竹野内豊、笈田ヨシら超豪華俳優陣 が集結し感動作を彩る!

■日本最高の製作陣が集結!!

本作の企画を担当する秋元康をはじめ、製作陣も日本最高のチームが集結! 原作は、伝説の TV 番組「料理の鉄人」や「クイズ$ミリオネ ア」など数々の人気番組を手がけ、多くの受賞歴を持つ作家・田中経一。脚本は『永遠の0』(’13)で第 38 回日本アカデミー賞優秀脚本 賞を受賞したほか、数々の話題作の脚本を手掛ける林民夫。音楽は、ジャンルを超えて幅広く活動する若き名手・菅野祐悟。さらに絢爛豪 華なメニューの映像化には料理界の重鎮・服部幸應が全面協力!!

物語・・・
本作では 2000 年代初頭と1930 年代、二つの時代が平行して語られる。現代パートは、絶対味覚=”麒麟の舌”を持ちながらも 料理への情熱を失ってしまった主人公・佐々木充(二宮和也)が、関係者たちの証言を集めながら「消えたレシピ」の解明に挑むミステ リアスな展開。そして過去パートは、太平洋戦争直前の 1930 年代を舞台に、レシピ作成に人生を捧げた、もう一人の麒麟の舌を 持つ料理人・山形直太朗(西島秀俊)と、彼の信念を支え続けた人々の運命を描きだす。

映画情報どっとこむ ralph ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~
Blu-ray 豪華版 TBR28179D ¥7,500+税

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~
DVD 豪華版 TDV28180D ¥6,500+税

<Blu-ray&DVD 豪華版 共通特典> ※三方背ケース+デジパック仕様
【本編 DISC】 ■特報・予告・TV スポット集
【特典 DISC1】 ■イベント映像集 完成披露報告会見/完成披露試写会上映後舞台挨拶 幻のレシピ再現披露会/プレミアム晩餐会 初日舞台挨拶 公開記念トークショー ■メイキング映像
【特典 DISC2】 ■本編ビジュアルコメンタリー 二宮和也、西島秀俊、滝田洋二郎監督

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~
DVD 通常版 TDV28181D ¥3,800 +税
※DVD 豪華版の本編ディスクと同内容

発売元:テレビ朝日 販売元:東宝
(C)2017映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会 (C)2014 田中経一/幻冬舎    

***********************************