「西島秀俊」タグアーカイブ

岡田准一『散り椿』に北大路欣也、仲代達也、岩下志麻、小栗旬ら著名人コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 木村大作監督が、三度目の監督作として挑んだ初の時代劇に臨んだ『散り椿』。

主演には幅広い世代から絶大な支持を受ける国民的俳優・岡田准一。

本作では、かつてはとある因縁から藩を離れるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛(うりゅう しんべえ)を儚くも強く演じました。

また、道場の四天王の一人という役柄から、撮影前から殺陣の稽古に励み、激しく鋭い剣豪アクションに臨みました。また、共演には『MOZU』『クリーピー 偽りの隣人』『CRISIS公安機動捜査隊特捜班』など、TVドラマや映画の話題作に立て続けに出演する演技派俳優・西島秀俊。岡田准一演じる新兵衛と共に道場の四天王の一人で、持ち前の頭脳明晰さで藩主の側用人として頭角を現す榊原采女(さかきばら うねめ)を演じました。また、新兵衛の妻・篠(しの)を麻生久美子、篠の妹・坂下里美(さかした さとみ)を黒木華、篠の弟・坂下藤吾(さかした とうご)を池松壮亮が演じ、本作に花を添えました。かつての親友であり、一人の同じ女性を想いあう恋敵でもある役柄をそれぞれ演じる岡田准一と西島秀俊の、静かに熱く対峙する姿は話題となること必至。

先日開催された第42回モントリオール世界映画祭では、準グランプリとなる審査員特別賞を受賞し、“美しい時代劇”が海を越え世界で先んじて高い評価を得ました。

映画情報どっとこむ ralph そして、日本国内でも一足先に試写にて『散り椿』をご覧になった著名人より絶賛コメントが届いていますので、ご紹介!

著名人コメント

北大路欣也(俳優)
輝く、美しい大自然に育まれ
懸命に生き、生かされている人間の生き様
苦しくも、悲しくも、切なくもある。
それを乗り越え、力強く突き進む主人公の息遣いを感じながら、有るがままを受け入れ、人を思いやるその心の深さ、優しさに感動。
ロマン溢れる時代劇の醍醐味を満喫させてくれる素晴らしい作品だ!

仲代達矢(俳優)
新兵衛と篠と采女の間に通い合う感情は、武士の家を描きながら決して狭い「お家」に留まらない、人間の普遍的な愛のひとつの形を提示した作品だったかと思います。
スクリーンにあふれる静と動のリズム、四季折々の自然の息づかい、そして、その中にある人の心の奥深い佇まいなどが、絶妙なカメラワークで捉えられていました。良い仕事をしましたね。

岩下志麻(女優)
木村大作さんの映像がとても素晴らしかったです。
武士の矜持、そして人の気持ちの動きが繊細に描かれていて、男と女、男と男の心に秘めた深い愛に感動しました。

小栗旬(俳優)
本当に、素晴らしい映画でした。
日本の古き良きサムライムービーで、
そして岡田准一さんの本当に達人にしか見えない圧倒的な存在感。
木村大作監督が言われていたように、昔、自分が見て憧れた先輩俳優たちに勝るとも劣らない姿が美しい映像の中に溢れており、最後の戦いでの岡田准一さんの顔・姿・形には、まさにその時代を本当に生きたのではないかという深さを感じました。
僕らのこの時代に木村大作監督と岡田准一さんという俳優が出会うのは必然であったと思うし、二人がこの時代で出会えたことが奇跡的なことだなと思う映画でした

葉室るみ子(故・葉室麟 夫人)
耐える新兵衛の背に、男の真情が見えました。
ひとのやさしさと美しさを描きたい。
夫のその想いを大切に結んだ映画の情景が哀しく胸に迫り、心を奪われました。
天にも届く感動をありがとうございます。
大切に思う映画に出会えた。それだけで仕合わせです。

岡田裕介(東映株式会社 代表取締役 グループ会長)
東宝のまさに、伝統本流の時代劇でした。
木村監督ならではの、絵画のような美しい画の数々もすばらしく、スケールよりその丹念さを感じました。
岡田准一さんも、殺陣の稽古だけでも大変そう…。
目に見えぬ努力を感じました。
そう…この映画には目立たない、丁寧さを深く感じました。御苦労様…。ありがとうございました。

角川歴彦(株式会社KADOKAWA 取締役会長)
木村監督は心が美しいからこういう“美しい作品”が撮れるんですね。
潔さ、儚さを奥深く描いた故・葉室先生の感動作が
新たな息吹を得て映画となり万感の思いで拝見しました。

映画情報どっとこむ ralph 『散り椿』

9月28日(金)全国東宝系にてロードショー!

公式HP:
http://chiritsubaki.jp/

公式ツイッター
https://twitter.com/chiritsubaki928


物語・・・
享保15年。
かつて藩の不正を訴え出たが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛(岡田准一)は、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れた折、彼女から最期の願いを託される。
「采女様を助けていただきたいのです……」と。

采女(西島秀俊)とは、平山道場・四天王の一人で新兵衛にとって良き友であったが、二人には新兵衛の離郷に関わる大きな因縁があったのだ。篠の願いと藩の不正事件の真相を突き止めようと、故郷・扇野藩に戻った新兵衛。篠の妹・坂下里美(黒木華)と弟・藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛の真意に戸惑いながらも、凛とした彼の生き様にいつしか惹かれていくのだった。
散り椿が咲き誇る春――
ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙することになる。そこで過去の不正事件の真相と、切なくも愛に溢れた妻の本当の想いを知ることになるのだった……。
しかし、その裏では大きな力が新兵衛に迫っていた――。

***********************************

原作:葉室麟「散り椿」(角川文庫) 
監督・撮影:木村大作 
出演:岡田准一 西島秀俊 黒木華 池松壮亮 麻生久美子 ほか
(C)2018「散り椿」製作委員会


映画『人魚の眠る家』絢香の書き下ろし主題歌入り最新予告映像&ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 11月16日(金)に公開となる映画『人魚の眠る家』。
稀代のベストセラー作家・東野圭吾先生の作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の同名小説を堤幸彦監督が実写映画化。篠原涼さん子と西島秀俊さんが映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーです。

この度、最新予告映像と本ビジュアルが解禁!
また、本作の主題歌が、絢香さん書き下ろしの新曲「あいことば」に決定しました!

最新予告映像内で、音源の一部が解禁となります!!

すでに公開となっている特報映像では篠原涼子のかつて見せたことのない狂気の表情と、衝撃のキャッチコピーが話題となっていますが、今回の最新予告映像では、薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)の夫婦が、意識のない娘・瑞穂がいつか目覚める日を信じ下した決断、その禁断の技術の内容が垣間見えるなど、さらに一歩踏み込んだ内容になっています。

母親、父親、祖父、祖母、研究者とその恋人…それぞれが、眠り続ける瑞穂の回復を願う中、娘に向かって包丁を振り上げる薫子の姿が。
そんな衝撃的な映像に、今回解禁となる絢香の新曲「あいことば」が流れ、全てを優しく包み込む―。先の読めない展開、想像を絶するクライマックスを経て明かされる真実・・・この愛の結末に、涙が止まらない!!


プロデューサーの新垣弘隆は、主題歌に絢香を起用した理由として「大切なわが子を守り抜こうとする母の愛を描いた本作の世界観を、絢香さんなら最も美しく表現できるという確信がありました。そして母親でもある絢香さんに今、どうしても歌って欲しいと思いました」と語ります。今回解禁となる主題歌「あいことば」は、原作、台本を読み感銘を受けた絢香が書き下ろした楽曲。

「本当に素晴らしい作品の一部となれたこと、この楽曲を生み出すキッカケをくださったことに感謝しています」と本作に込めた思いを語ります。


合わせて、篠原涼子自身が「こんな自分もいたのかと驚きを感じた」というクライマックスシーンの意を決した薫子の強い視線、西島秀俊演じる和昌の溢れ出る想いを抑えきれない、未だみたことのない表情。両者の<涙>が印象的な本ビジュアルも解禁!

人魚の眠る家

11月16日(金)全国公開
娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の元に、ある日突然、悲報が届く。 「娘がプールで溺れた―」。
愛するわが子は意識不明のまま、回復の見込みはないという。
深く眠り続ける娘を前に、奇跡を信じる夫婦はある決断を下すのだが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく。


***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子  

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


Dream Ami作詞の主題歌に乗せ『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 波瑠さんと西島秀俊さん初共演の遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」(波多野貴文監督)が、10月26日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー致します。

熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影された、ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた本作。

この度、Dream Amiさんが本作のために作詞を手がけ描き下ろした主題歌「Wonderland」に乗せた、主題歌特別映像が解禁となりました。
映像は、波瑠が演じる波平久瑠美が、“魔法使い”と呼ばれる上司・小塚慶彦とのキュンとする出会いシーンからはじまる。
真っ青な空から降ってくる色とりどりの風船と、Amiさんの明るくキュートな声が重なり、日々奮闘し成長していく久瑠美が、歌詞とリンクしシーンを盛り上げていきます。



プロデューザーは、主題歌について「元々この映画を、女性たちの応援映画というか、働く女性に捧げるエナジー・チャージのような映画を目指していたので、Amiさんに“女性が元気になれる曲を書いてください”とお願いしました。歌詞も含め、時間をかけてとても丁寧に作って下さって、感謝しています」とコメントしている。

また白石めぐみが手掛けた本作の劇中音楽が、オリジナル・サウンドトラックとして10月24日(水)にリリースが決定。主題歌「Wonderland」と合わせて、本作の世界観がオリジナル・サウンドトラックでもよみがえる仕上がりになっている。

映画情報どっとこむ ralph
映画「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」オリジナル・サウンドトラック
音楽:白石めぐみ
発売日:2018年10月24日(水)
定価:¥2,500+税
品番:VPCD-86218

<収録曲:全17曲>
1.笑顔の魔法おしえます。
2.ようこそ、グリーンランドへ
3.世界一の遊園地?!
4.ナミヘイ
5.カリスマ上司
6.キュンとすんだろ!
7.ド田舎遊園地
8.園内トラブル
9.目指せMVP社員
10.魔法使い
11.大騒動
12.働くこと
13.きっと誰かの笑顔に
14.個性的すぎる従業員
15.なにもかも、うまくいかない
16.フライングモンチー
17.希望のメリーゴーランド

発売元:バップ

映画情報どっとこむ ralph 『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』

10月26日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
ozland.jp
twitter:
https://twitter.com/ozland_movie


不満だらけの毎日を変えたのは“魔法使い”のような上司との出会い-

夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった…!
ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦と個性的すぎる従業員たちに囲まれる日々を過ごすうち、少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気づいていく。
小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう…
働く人なら誰でも共感する悩みを抱えながら、やがて仕事の極意を掴みとる久瑠美の姿に思わず拍手喝采!!
知っているようで知らない“遊園地の舞台裏”を舞台にした、最高にハッピーな “お仕事エンターテインメント”が誕生!

***********************************

出演:波瑠 西島秀俊
岡山天音 深水元基 戸田昌宏 朝倉えりか 久保酎吉 コング桑田
中村倫也 濱田マリ/橋本愛/柄本明

監督:波多野貴文
脚本:吉田恵里香
原作:小森陽一『オズの世界』(集英社文庫刊)
主題歌:「Wonderland」Dream Ami(rhythm zone)
挿入歌:「ストレイシープ」「匿名」神様、僕は気づいてしまった(ワーナーミュージック・ジャパン)
幹事・企画・制作プロダクション:ROBOT
製作:映画「オズランド」製作委員会 
配給:HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム
(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会


西島秀俊がくまモンに見せるキュートな笑顔に萌え!『オズランド』くまモンからコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 波瑠さんと西島秀俊さん初共演の遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」(波多野貴文監督)が、10月26日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた本作。

今回、熊本県に実在する遊園地グリーンランドリゾート全面協力のもと撮影されたこともあり、熊本県PRキャラクターである『くまモン』も特別出演。

原作者の小森陽一は九州・佐賀県出身で、現在も九州・福岡に在住。そして監督の波多野貴文は、ズバリ、熊本県出身。さらに「小さな頃からよく来ていた」と現場を大いに楽しんだ橋本愛も、熊本県出身者。エキストラに多数参加した熊本県民の温かさ、グリーンランドの万全のロケ地協力体制など、熊本の優しさとエネルギーを随所で体感できる愛情溢れた作品となっている。

そして!!!この度、西島秀俊さんがくまモンに見せるキュートな笑顔の場面写真が解禁となりました。

また、くまモンからコメントも到着!

くまモン:実はボクも出演してるモン!この映画をみると、みんなまほうにかかって幸せになるかモン?」(くまモン)


映画情報どっとこむ ralph オズランド 笑顔の魔法おしえます。
10月26日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
ozland.jp 

twitter:
@ozland_movie


物語・・・
不満だらけの毎日を変えたのは“魔法使い”のような上司との出会い-

夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった…!
ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦と個性的すぎる従業員たちに囲まれる日々を過ごすうち、少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気づいていく。
小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう…
働く人なら誰でも共感する悩みを抱えながら、やがて仕事の極意を掴みとる久瑠美の姿に思わず拍手喝采!!
知っているようで知らない“遊園地の舞台裏”を舞台にした、最高にハッピーな “お仕事エンターテインメント”が誕生!


***********************************

出演:波瑠 西島秀俊
岡山天音 深水元基 戸田昌宏 朝倉えりか 久保酎吉 コング桑田
中村倫也 濱田マリ/橋本愛/柄本明

監督:波多野貴文 
脚本:吉田恵里香 
原作:小森陽一『オズの世界』(集英社文庫刊)
主題歌:「Wonderland」Dream Ami(rhythm zone)
挿入歌:「ストレイシープ」「匿名」神様、僕は気づいてしまった(ワーナーミュージック・ジャパン)

幹事・企画・制作プロダクション:ROBOT
製作:映画「オズランド」製作委員会 
配給:HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会


映画『人魚の眠る家』第31回東京国際映画祭【新設】GALAスクリーニング上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 11月16日(金)に公開となる映画『人魚の眠る家』。

篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーです。


そして、10月25日(木)~11月3日(土・祝)に開催される第31回東京国際映画祭にてオープニング・クロージング作品に並ぶ、新設部門「GALAスクリーニング」作品に選出されました!

「人魚の眠る家」を観た久松猛朗フェスティバル・ディレクターが、「観客、世界に注目してほしい」作品として東京国際映画祭でぜひとも上映したい、との熱烈オファーにより実現。この「GALAスクリーニング」は、映画祭期間中のハイライトとして、オープニングの『アリー/ スター誕生』、クロージングの『GODZILLA 星を喰う者』と並び、映画祭を華やかに彩る、新たな顔となる部門です。

※部門名のGALA(ガーラ)には「祝祭」、「特別な催し」という意味があります。

映画情報どっとこむ ralph 久松猛朗さん 東京国際映画祭フェスティバル・ディレクターからのコメント

GALAスクリーニングは10日間に亘る東京国際映画祭の中盤のハイライトとして、観客および世界に注目して欲しい作品をセレクトして上映することを目的として新設したものです。その第1作目を「人魚の眠る家」で飾れることを大変喜ばしく思います。

この作品は「人間の生と死」という深いテーマを扱いながらも、堤幸彦監督渾身の演出と、主演の篠原涼子さんの鬼気迫る圧倒的な演技で、ぐいぐいと物語に引き込み、最後にはその問いかけに心を突き動かされながらも、これまで経験したことのない不思議な感動が残ります。
正に堤監督の最高傑作と言っても過言ではなく、GALAスクリーニングに相応しい作品だと思います。

映画情報どっとこむ ralph
人魚の眠る家

が11月16日(金)全国公開です。


愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦―それは愛か、欲望か?​

究極の愛の形に日本中が涙する――​

衝撃と感涙の東野圭吾ミステリー、誕生!!​


【STORY】
二人の子を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和​

昌(かずまさ:西島秀俊)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。やがて娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。​
映画情報どっとこむ ralph 【第31回東京国際映画祭開催概要】​

イベントタイトル:第31回東京国際映画祭​
開催期間:2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)​
会場:六本木ヒルズ、EXシアター(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)他​

公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会