「西島秀俊」タグアーカイブ

『空母いぶき』第二弾追加キャスト藤竜也、玉木宏、戸次重幸ら 解禁


映画情報どっとこむ ralph 西島秀俊(秋津竜太役)と佐々木蔵之介(新波歳也役)の共演で映画化する『空母いぶき』。

この度発表される『空母いぶき』第二弾キャストは、この国の平和を維持するために、己の持てる能力を全て注ぎ込んで危機的状況に立ち向かう男たち。自衛隊、首相官邸、外務省の登場人物を演じるのは、日本映画界の第一線に立ち、様々なシーンで活躍する超豪華俳優陣。かつてないスケールの物語が進行する中、各々の立場で、それぞれの決断がこの国の未来を作って行く。その勇姿にご期待下さい。

【発表済みキャスト】
西島秀俊(空母「航空機搭載型護衛艦」艦長:秋津竜太)
佐々木蔵之介(空母「航空機搭載型護衛艦」副長:新波歳也)


【第二弾発表キャスト】

航空機搭載型護衛艦「いぶき」 
藤竜也(第五護衛隊群群司令:涌井継治)
村上淳(船務長:中根和久)
石田法嗣(砲雷長:葛城政直)
戸次重幸(第92飛行群群司令:淵上晋)
市原隼人(アルバトロス隊隊長:迫水洋平)
平埜生成(アルバトロス隊パイロット:柿沼正人)
金井勇太(海幕広報室員:井上明信)

護衛艦「あしたか」 工藤俊作(艦長:浦田鉄人)/千葉哲也(砲雷長:山本修造)
護衛艦「いそかぜ」 山内圭哉(艦長:浮船武彦)/和田正人(砲雷長:岡部隼也)
護衛艦「はつゆき」 玉木宏(艦長:瀬戸斉明)
護衛艦「しらゆき」 横田栄司(艦長:清家博史)
潜水艦「はやしお」 髙嶋政宏(艦長:滝隆信)/堂珍嘉邦(船務長:有澤満彦)
RF4EJ偵察機 袴田吉彦(ナビゲーター:大村正則)/渡辺邦斗(パイロット:備前島健)
首相官邸 佐藤浩市(内閣総理大臣:垂水慶一郎)/益岡徹(内閣官房長官:石渡俊通)
中村育二(副総理兼外務大臣:城山宗介)
外務省アジア大洋州局 吉田栄作(局長:沢崎勇作)/三浦誠己(局員:赤司徹)

映画情報どっとこむ ralph 髙嶋政宏(潜水艦「はやしお」艦長:滝隆信役)
かねてより、かわぐち先生の描く空母いぶきの世界には漫画であって単なる漫画ではない現実感を抱いていましたが、自分がその中へ入り、役とは言え体験した今、例えようのない危機感、恐怖感に冷たい汗が滴りました。もう、そこまで迫っている。決してフィクションではないのかも、しれないこの映画を通じて多くの方々が今、まさに世界で起きている事を認識して頂けたら幸いです。

玉木宏(護衛艦「はつゆき」艦長:瀬戸斉明役)
この作品のオファーをいただく前から、かわぐちかいじ先生の「空母いぶき」を、愛読していたので、映画化されると聞いた時は、まさかこの作品を、、、と、びっくりしたのを覚えています。近い将来に、日本が抱えるかもしれない社会問題を提起した、現実味のあるストーリーに魅力を感じています。信頼が置ける若松節朗監督をはじめ、素晴らしいスタッフ、キャストによって作られる映画「空母いぶき」に参加出来たことを、光栄に思います。心を揺さぶられ、思考回路を刺激するような社会派エンターテイメント作品になると思います。 どうぞご期待下さい。

市原隼人(アルバトロス隊隊長:迫水洋平役)
日本人であり日本で活動する俳優としてこの作品に出逢えた事を、心より誇りに思います。守るべきものの為に命をかける清らかさを学びました。それを美しいと受けるか、酷な事と受け取るか、今でも分かりません。只、改めて自分の中の大和魂、愛国心が掻き立てられました。

戸次重幸(第92飛行群群司令:淵上晋役)
まずは『空母いぶき』という傑作のなかで、豪華な出演陣に混ざり自分も役を演じられたことに至上の喜びを感じております。遠くない未来の話ではありますが、この作品で描かれている「現実感」は作品の枠を超え、私たちに「平和とは何か?」という議題を考えさせるきっかけにもなるかと思います。そして、日本のためにその一瞬一瞬を必死に生き抜く自衛隊員たちの姿は、きっと皆さまに感動を与えられると信じております。映画『空母いぶき』ご期待ください。

山内圭哉(護衛艦「いそかぜ」艦長:浮船武彦役)
最初に脚本を読ませていただいた時から、「平和とは何か?」を改めて考えています。
撮影が終わっても、ずっと考えています。この映画に参加させていただいたおかげで、「平和」というものを考える角度が増えました。
早くこの映画を見終わった方々と「平和」について話したいです。

和田正人(護衛艦「いそかぜ」砲雷長:岡部隼也役)
私が演じたのは、目の前に現れた領土を脅かす“敵”に対して、ミサイルを発射する砲雷長という役柄。「これは訓練ではない」という異様な緊張感の中で、戦争とは無縁であった我々に、いつ迫るかわからない国の防衛というリアリティを、強く想像させられた作品です。様々な想いを込めて、何度も発した「撃てーッ!!」という台詞が、人を想い、国を想うという願いと共に、皆さまの心にズドーン!!と届けば幸いです。

平埜生成(アルバトロス隊パイロット:柿沼正人役)
「空母いぶき」は、未来から響いてくる呻きに耳を澄ませ、“大切な時”を教えてくれるような作品だと思いました。大先輩の方々が名を連ねる中、僕もこの作品の一部になれたことを心より光栄に思います。
柿沼という人生を借りて、過去、現在、そして未来の“命”へ想いを馳せ、臨ませて頂きました。1秒でも長く、現場にいたかったです!物凄い熱が詰まった作品です!監督に言って頂いた言葉は宝物です!!!
沢山の方に見て頂きたいです!!!宜しくお願い致します!!!

吉田栄作(外務省アジア大洋州局 局長:沢崎勇作役)
とても重要な役をいただきました。正直、大変な重圧を感じています。 しかし台本を読み、この作品が持つメッセージに「今この国になくてはならないもの」を、一人の日本人として感じました。このプレッシャーを向上心に変え、映画の中で、外務省アジア大洋州局長という角度からこの国の平和を守ろうとする「沢崎勇作」をしっかり演じたいと思っています。

益岡徹(内閣官房長官:石渡俊通役)
戦争をしない、起こさない為の努力を、これからも積み重ねていくべきとの強いメッセージを、この映画から発信できることを、出演者の一人として、大変心強く思います。多くの方にご覧いただき、改めて太平洋戦争のあと、平和が73年続いてきた事実を考える機会になればと、願っています。

藤竜也(空母「いぶき」群司令:涌井継治役)
艦隊の司令官を演じさせていただいて、国家の主権を守らなければいけないという職務と親御さんたちからお預かりした尊い命を散らせてはならないという強い想いのはざまで、決定を下す苦しみをうかがい知ることが出来ました。

映画情報どっとこむ ralph 国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本。国民の命と平和が脅かされたとき、国の舵取りを託された者、過酷な戦闘下で防衛の任に当たる者、彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。手にした力はどのように使うべきなのか。
日本映画界に風穴を開ける破格のエンタテインメント『空母いぶき』は、現在ポストプロダクション中。2019年に全国超拡大公開となる。

HP:kuboibuki.jp

物語・・・
世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事
勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が
走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。
空がうっすらと白み始めた午前6時23分。
この後日本は、かつて経験したことのない一日を迎えることになる―。


***********************************

キャスト:
西島秀俊
佐々木蔵之介

藤竜也 村上淳  石田法嗣 戸次重幸 市原隼人 平埜生成 金井勇太  工藤俊作 千葉哲也  山内圭哉 和田正人  玉木宏  横田栄司 髙嶋政宏 堂珍嘉邦 袴田吉彦 渡辺邦斗  佐藤浩市 益岡徹 中村育二  吉田栄作 三浦誠己

原作・監修:かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
企画:福井晴敏 【脚本】伊藤和典、長谷川康夫 【音楽】岩代太郎 【監督】若松節朗
製作:】『空母いぶき』フィルムパートナーズ 【配給】キノフィルムズ

監督:長谷川康夫
脚本:飯田健三郎 / 谷間月栞 
原作:九把刀「那些年、我們一起追的女孩」
製作:『あの頃、君を追 いかけた』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ 


「人魚の眠る家」篠原涼子・西島秀俊・稲垣来泉感動!『MIDTOWN CHRISTMAS 2018』イルミ点灯式


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾「人魚の眠る家」を映画化。篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーが11月16日(金)に公開となります。

この度、東京ミッドタウンのクリスマスイベント『MIDTOWN CHRISTMAS 2018』のイルミネーション点灯式に主演の篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、子役の稲垣来泉さんが登壇して行われました。

東京ミッドタウン「MIDTOWN CHRISTMAS 2018」クリスマスイルミネーション点灯式
日付:11月13 日(火)
場所:東京ミッドタウン 芝生広場
登壇:篠原涼子、西島秀俊、稲垣来泉

映画情報どっとこむ ralph クリスマスらしい真っ白な衣装に身を包んだ篠原さんと来泉ちゃん。
そして黒のスーツを着こなした西島さんが盛大な拍手で迎え入れられました!

ミッドタウンのお気に入りスポットについての話題になると、

篠原さんは、都会の中で緑がある場所として、この会場の芝生広場に天気のいい日は遊びに来るそう。

西島さんは、和食や他の国の料理が充実しているので友人と何を食べるか決めずにふらっと訪れと話します。

来泉ちゃん:おいしいお店屋さんがあって、その中でも出汁茶漬けのお店が好きです。

という渋い好みを発表し会場を沸かせました。


今年で12回目となる東京ミッドタウンのイルミネーションだが、

篠原さん:イルミネーションといえば、必ずここに来るので今日も楽しみに来ました。

とこれから点灯するイルミネーションに期待を寄せている様子。

西島さん:ここのイルミネーションは圧倒される美しさで、今回点灯式に呼んでいただけて光栄です。

とコメントするが、隣でくすくす笑っていた来泉ちゃんが気になったのか

来泉ちゃん:何が面白いの?お父さん変だったかな?

とまるで、父親のように優しく来泉ちゃんに語りかける場面も。


今年のクリスマスの予定を聞かれると、

篠原さん:友達と家族を集めてパーティーをする計画を立てている。

来泉ちゃん:姉とクリスマスケーキを作る予定です!

と楽しげな予定を発表した。一方で

西島さん:先ほどマネージャーに確認したところ、仕事だということなので仕事をしますが、帰りにここに寄って少しでもクリスマス気分を味わおうと思います。

と笑いを誘いました!

映画情報どっとこむ ralph 夕日もすっかり沈み、辺りが暗くなってきたところでいよいよイルミネーションの点灯に。

MCの点灯のコールで3人が点灯ボタンを押すと、クリスマスソングのBGMと共に一面に広がる青いイルミネーションが点灯し、クリスマスシーズンの到来を告げた。特等席でイルミネーションの点灯を見届け

篠原さん:こんな近くで見られて嬉しいです。遠くから見ることが多かったので、贅沢な気分だなと思います。あとシャボン玉が出る演出がメルヘンチックで素敵でした!

と、点灯式で初披露された『シャボン玉イルミネーション』に感動する様子を見せていた。


そして『人魚の眠る家』の撮影時の話題へ。

篠原さんは、愛する娘に生きていてほしいと強く願う母親を熱演したが、その中で自分の家族に対する気持ちに変化があったかと聞かれると、

篠原さん:本当に普段の当たり前の生活がものすごく大切なことなんだなと改めて認識できました。

と回答し、篠原さんとは3回目共演。映画では初共演となる西島さんは本作での篠原さんとの共演について聞かれると

西島さん:篠原さん自身がご結婚されて、お子さんが生まれて、実人生の中で経験されたことを丸ごと全シーンでぶつけていて、圧倒されました。きっと観客のみなさんは、篠原さんの演技に引き込まれて、最後はとても感動すること間違いなしだと思います。

と篠原さんの演技を絶賛し、

篠原さん:撮影中も現場はすごい熱量で、これはいいシーンになると確信して撮影していました。

と本作への自信をのぞかせました。



本作の『人魚の眠る家』のタイトルとも関わる、眠り続ける役を演じた稲垣瑞穂。ぴくりとも動かない演技には多くの賞賛の声があがっているが、撮影中は大変ではなかったかと聞かれると

来泉ちゃん:目を瞑ると瑞穂ちゃんになれた気がして、お母さんやお父さんの声も聞こえて安心できたので大変ではなかったです。

と答え、

西島さん:来泉は天才肌!

と感嘆!

シリアスなテーマを扱う映画なだけに現場も緊張した雰囲気があったのかと思いきや、撮影の合間は出演者が和気あいあいとしていたという本作の撮影現場。どんな様子だったのかと聞かれ、

篠原さん:瑞穂や弟役の生人(斎藤汰鷹)と踊ったり…

西間さん:俺は踊ってないからね!

とすかさず笑いを誘い、改めて

篠原さん:笑顔が絶えない楽しい現場でした。いい意味の緊張感がありましたが、アットホームな雰囲気で楽しかったよね。

来泉ちゃん:篠原さんは最初はクールなイメージだったけど遊んでみたら面白くて優しくて、西島さんは優しくてすごく面白いことを言ってくれたり、楽しかったです。

と雰囲気の良さが垣間見えるトークとなった。


最後に・・・

来泉ちゃん:本当に宇宙みたいなイルミネーションでした。わたしももっとイルミネーションを見に来たいので、みなさんも何度も見にきてください!

とコメントすると自然と拍手が起こり、

西島さん:この完璧なコメントのあとに…?(苦笑い)シャボン玉の演出がすごく綺麗で、びっくりする美しさなのでぜひ何度でも来てほしいと思います!

と期間限定の『シャボン玉イルミネーション』の幻想的な美しさをアピール。

篠原さん:こんなに素敵な場所にお招きいただきありがとうございます。こんなに綺麗なイルミネーションなかなかないと思うので、みなさんにぜひ見ていただきたいです。

と締めくくり、イルミネーション点灯式は幕を閉じた。


映画情報どっとこむ ralph 今回の点灯式で披露されたクリスマスイルミネーション「スターライトガーデン 2018」の期間限定演出『しゃぼん玉イルミネーション』は11月13日~12月16日まで、東京ミッドタウンの芝生広場にて開催予定。

「人魚の眠る家」

は、11月16日(金)全国公開です。

公式サイト: ningyo-movie.jp

愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦―それは愛か、欲望か?この愛の結末に涙が止まらない―
衝撃と感涙の東野圭吾ミステリー誕生!!


物語・・・
二人の子を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(かずまさ:西島秀俊)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた。

***********************************

原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
監督:堤幸彦
脚本:篠﨑絵里子
音楽:アレクシス・フレンチ  
主題歌:絢香「あいことば」(A stAtion)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹 ©2018「人魚の眠る家」 製作委員会 


西島秀俊・佐々木蔵之介『空母いぶき』特報&第一弾ポスター到着!


映画情報どっとこむ ralph 「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ氏による累計350万部突破のベストセラーコミックを、日本映画界を牽引する西島秀俊(秋津竜太役)と佐々木蔵之介(新波歳也役)の共演で映画化する『空母いぶき』。その映像初公開となる「特報」と「第一弾ポスター」をこの度、解禁します。

国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本。国民の命と平和が脅かされたとき、国の舵取りを託された者、過酷な戦闘下で防衛の任に当たる者、彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。手にした力はどのように使うべきなのか。各々の立場でのそれぞれの決断がこの国の未来を作る。


今回公開された特報では、「空母いぶき」を舞台に、航空自衛隊エースパイロットの実績から艦長に抜擢された秋津竜太(西島秀俊)と、海上自衛隊生え抜きながら副長に甘んじる新波歳也(佐々木蔵之介)の、極限の選択を迫られた中での苦悩と対立が浮かび上がる。


平和のためにこそ武力の行使も辞さないという覚悟を貫く秋津と、あくまでも防衛に徹し、自らの攻撃は封印することを信念とする新波。秋津の「ここはすでに戦場だ」という言葉にはどのような意味が隠されているのか。同期にしてライバル。最前線で未曾有の局面に立ち向かう両自衛官の行く末は如何に・・・。ラストカットの激しく炎上する護衛艦が事態の過酷さを物語る!

映画情報どっとこむ ralph 第一弾ポスターでは、秋津役の西島秀俊と新波役の佐々木蔵之介ふたりの緊迫感溢れる表情の上に、戦後最大の危機に陥った日本のみが赤く染まる世界地図が大胆に重なる。


彼らの視線の先にある未来は、希望か、絶望か。日本映画界に風穴を開ける破格のエンタテインメント『空母いぶき』は現在ポストプロダクション中。

2019年に全国超拡大公開となります。

HP:kuboibuki.jp
<ストーリー>
世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事
勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が
走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。
空がうっすらと白み始めた午前6時23分。
この後日本は、かつて経験したことのない一日を迎えることになる―。


***********************************

出演:西島秀俊、佐々木蔵之介
原作・監修:かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
企画:福井晴敏
脚本:伊藤和典、長谷川康夫
音楽:岩代太郎
監督:若松節朗
製作:『空母いぶき』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ 



篠原涼子:最後まで、思いっきり泣いて!「人魚の眠る家」第31回東京国際映画祭 完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれ、発行部数100万部突破のベストセラー「人魚の眠る家」を映画化。

篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーが11月16日(金)に公開となります。


この度、10月29日(月)に東京国際映画祭にてワールドプレミア・レッドカーペット&スクリーニング舞台挨拶イベントが行われ、主演の篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、田中泯さん(完成披露舞台挨拶のみ)、堤幸彦監督が登壇されました。

大熱狂のレッドカーペットイベントの後、舞台をTOHOシネマズ六本木ヒルズに移し完成披露舞台挨拶を行いました!


日付:10月29 日(月)
【レッドカーペットセレモニー】
17:10〜 18:15@六本木ヒルズアリーナ
登壇:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、堤幸彦監督
【GALAスクリーニング】
18:45~19:30 @TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中泯、堤幸彦監督

映画情報どっとこむ ralph 今回の東京国際映画祭からオープニング作品、クロージング作品と並ぶ新設部門「GALAスクリーニング作品」として上映される『人魚の眠る家』だが、その上映に先立ち、完成披露舞台挨拶がTOHOシネマズ六本木にて行われました。

レッドカーペットを歩き終えた篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、山口紗弥加さん、堤幸彦監督に加え、ここからは西島秀俊さん演じる和昌の父親・田津朗を演じた田中泯さんも登壇。

MCに役名と共に紹介されると、

田中さん:紹介されて、いま映画の中の私の名前をやっと思い出しました!
とコメントし、会場を笑わせました。

そのうえで本作について

田中さん:この映画で描かれる、本質的にもっている人間の喜怒哀楽の渦というんでしょうか、その影響を受けて、役名を忘れてもわたし個人の中で答えのない質問が頭の中ぐるぐるかけめぐっています。みんなが考えて、なにか答えをみつけなくてはならないんだなということをこの映画は提案してくれているのではないでしょうか

と本作のテーマでもある答えのない問いにどのように向き合うのかについてコメントした。

共演は3度目、映画では初共演となる篠原さんと西島さんだが、本作では離婚寸前のすれ違う夫婦を演じていることについて聞かれると、作品を通して2人の共演する作品は必ず「篠原さんが西島さんを振り回す」という共通点があることが発覚!しかし、本作ではお互いが実際に家族を持ってから、初めての夫婦役ということで

篠原さん:すごくお互いいろんな話をしたし、考えさせられることがありましたよね。
と感慨深げに語り、西島さんは実際に母になった篠原さんの母親の演技について

西島さん:実人生で積み重ねて来た演技の重みというか、深さを感じられました。
と絶賛した。

篠原さんを筆頭に、出演者が全員圧倒的な迫力の演技を披露している本作だが、演出についてどう言った点に苦労したか聞かれた堤監督は
堤監督:作品のストーリーにおける出演者の感情を順番に形作ることが大切だと思ったので、今回はほぼ順撮りといって物語の始まりから順番に撮っていく方法をとりました。だからこそ丁寧に感情を表現することができたと思います。

と本作への自信をのぞかせた。

映画情報どっとこむ ralph シビアなシーンがあるものの、和気藹々とした雰囲気で進んだという本作の撮影現場。
各登壇者、楽しかった思い出を聞かれると、

山口さん:回想のシーンでこどもたちと一緒に庭で鬼ごっこをしたんですが、服がびちょびちょになるくらい汗をかいて遊びました。
と子役とたくさん遊んだ思い出を、川栄さんは坂口さんとのデートシーンでもんじゃを食べていたシーンを挙げ、

川栄さん:坂口さんはカットがかかってもずっともんじゃ焼きを食べてました!
というエピソードを披露し、会場も和やかな空気となった。


最後に・・・

堤監督:たくさん作品を撮って来ましたが、自信もってみなさんにお届けできる作品となっています。ただ、この作品の答えはひとつではありません。ご覧になった方によって作品の印象が変わってくるかと思いますが、ぜひそれぞれの立場でみていただきたいと思います。
と挨拶をすると、

篠原さん:本当に最後まで、思いっきり泣いていただきたいと思います!!!

と力強く締めくくり、舞台挨拶は幕を閉じた。


レッドカーペットイベントの模様はこちら


映画情報どっとこむ ralph 愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦―それは愛か、欲望か?この愛の結末に涙が止まらない―
衝撃と感涙の東野圭吾ミステリー誕生!!

「人魚の眠る家」
公式サイト:
ningyo-movie.jp

【STORY】
二人の子を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(かずまさ:西島秀俊)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

映画情報どっとこむ ralph
第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
監督:堤幸彦
脚本:篠﨑絵里子 音楽:アレクシス・フレンチ  
主題歌:絢香「あいことば」(A stAtion)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会
©TIFF


篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎らに大熱狂「人魚の眠る家」東京国際映画祭でレッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれ、発行部数100万部突破のベストセラー「人魚の眠る家」を映画化。

篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーが11月16日(金)に公開となります。

この度、第31回東京国際映画祭にてワールドプレミア・レッドカーペットイベントが10月29日(月)に行われ、主演の篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、堤幸彦監督が登場&ファンサービス!!黄色い歓声が飛び交う大熱狂イベントとなりました。


日 程:10月29 日(月)

【レッドカーペットセレモニー】
17:10〜 18:15@六本木ヒルズアリーナ
登壇者:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、堤幸彦監督

【GALAスクリーニング】
18:45~19:30 @TOHOシネマズ六本木ヒルズ
篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中泯、堤幸彦監督

映画情報どっとこむ ralph 主演に篠原涼子を迎えた映画『人魚の眠る家』が11月16日に公開する。
それに伴い、10月29日に現在開催中の東京国際映画祭にてワールドプレミア・レッドカーペットイベントを六本木ヒルズアリーナで開催し、主演の篠原涼子さん、共演の西島秀俊さん、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、山口紗弥加さん、そして堤幸彦監督が登壇した。

本作の予告編が流れた巨大LEDパネルが左右に開き、キャストと監督が登場すると、会場は悲鳴にも似た大きな歓声に包まれた。

篠原さん:とても切ないテーマではありますが、東野圭吾先生の原作なので、クライマックスまでどうなるかわからない、ハラハラする見応えのある作品になっています。
という挨拶から始まると、篠原さん演じる薫子の夫として共演した

西島さん:とても深い深い、狂気すら帯びる母の愛がテーマの素晴らしい感動作で、遂にワールドプレミアでみなさんにみてもらえることに非常に興奮しています。
とワールドプレミアを無事に迎えられた喜びを語った。

続いて播磨夫妻の娘・瑞穂の延命治療に協力する技術者・星野を演じた坂口健太郎さんが紹介されると、観客の女性陣からはこの日一番の黄色い声援が!

坂口さん:作品を初めて見たときにいろんな感情が自分の中に残ったので、観客のみなさまにもいろんな感情で見てもらえたら嬉しいです。
とコメント。

星野の恋人・真緒を演じた川栄さんは

川栄さん:私自身この映画を観て本当号泣してしまって、こんな素晴らしい作品に出演してお芝居をできたことが光栄です。
と感涙必至の作品であることをアピールした。

映画情報どっとこむ ralph 出演のオファーをもらった当初は実は出演をためらっていたという篠原さんは、なぜ本作への出演を決めたのかと聞かれると、

篠原さん:いろんな思いがあったけれど主人がこんな素晴らしい作品をやらないのは損だよ、と背中を押してくれて、それでもう一度ちゃんと読んでみようと思いました。

と俳優であり夫の市村正親さんに背中を押されたことがきっかけとなり、改めて原作を読み直した結果、本作に出演したいという気持ちが固まったという秘話を明かした。

そして話題は、母親である薫子が我が子を守りたいという強い気持ちゆえに常軌を逸した行動をとる衝撃のラストシーンについての話題へ。鬼気迫る演技をしていた篠原さんを、

西島さん:段取りの段階で号泣していて、撮影も2日くらいこのシーンの撮影をしていたので大丈夫かなと心配だったんですが、篠原さんをはじめ、現場のみんながすさまじい集中力で、子役の子もカットがかかっても泣きやまないくらいのめりこんでいて…みんなで抱き合いながら、お互い慰めながら撮影していました。

と撮影当時の様子を振り返ると、薫子の妹・美晴役として現場にいた

山口さん:薫子の感情の爆発を目の当たりにしていたら途中息ができず、めまいを起こしてしまうくらい大変でした。でもとにかく素晴らしくて、今思い出しても目頭が熱くなります。
と撮影後は自身もぐったりしてしまうほど壮絶な撮影だった様子を明かした。

堤監督:クライマックスシーンが素晴らしく、客観的に冷静にみないといけない立場だが、今回はそうできなかったほど、キャストの演技が素晴らしかった。生きること死ぬことにまつわるテーマ、メッセージが伝わる作品になっています。
と締めくくり、篠原さん&西島さん、川栄さん&坂口さん、山口さん&堤監督のペアで男性陣が女性陣をエスコートする形でレッドカーペットへ!
そして大歓声の中、サインや握手を求めるファンとの交流を楽しみながらレッドカーペットを歩きました。


完成披露舞台挨拶へ続く


映画情報どっとこむ ralph 「人魚の眠る家」

公式サイト: ningyo-movie.jp


【STORY】
二人の子を持つ播磨薫子(はりま・かおるこ:篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(かずまさ:西島秀俊)。娘の小学校受験が終わったら、離婚すると約束した夫婦のもとに、突然の悲報が届く。娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか。究極の選択を迫られた夫婦は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始する。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていく。それは果たして愛なのか、それともただの欲望なのか。過酷な運命を背負うことになった彼らの先には、衝撃の結末が待ち受けていた――。

映画情報どっとこむ ralph
第31回東京国際映画祭 TIFF
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
監督:堤幸彦
脚本:篠﨑絵里子 音楽:アレクシス・フレンチ  
主題歌:絢香「あいことば」(A stAtion)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会
©TIFF