「西島秀俊」タグアーカイブ

モトーラ世理奈 x 西島秀俊 諏訪敦彦監督映画『風の電話』場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、2020年初春公開の映画『風の電話』の場面写真が解禁。

この映画は、岩手県大槌町にある天国につながるといわれる「風の電話」をモチーフにして制作されます。東日本大震災で家族を失った主人公のハル(モトーラ世理奈)が、故郷の岩手県大槌町に行くために広島から旅をする物語です。

今回公開された場面写真は・・・、

旅に出たハルが夜のホームで電車を待つカットと、
『風の電話』モトーラ世理奈 (c)2020映画「風の電話」製作委員会
旅の途中で出会い行動を共にする森尾(西島秀俊)と大槌町に着いて話をするカット
『風の電話』モトーラ世理奈 x 西島秀俊(c)2020映画「風の電話」製作委員会
の合計2点となっています。

映画情報どっとこむ ralph 「風の電話」は、2011年に岩手県大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格(いたる)さんが、死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから発案。自宅の庭に白い電話ボックスを設置し、ラインのつながっていない黒電話を置きました。このエピソードは反響を呼び、2016年にはNHKでドキュメンタリー「風の電話~残された人々の声~」が放送。翌2017年には佐々木さんが自らの活動をつづった著書「風の電話:大震災から6年、風の電話を通して見えること」が刊行。東日本大震災以降、3万人にものぼる人々が訪れている。

本作のメガホンを執るのは、『2/デュオ』(97)長編監督デビュー以来、『M/OTHER』(99)を始め、『ライオンは今夜死ぬ』(17)など日本だけでなく、フランスをはじめヨーロッパで圧倒的な評価を受けている諏訪敦彦監督。

そして、主人公のハル役に、2015年よりモデルとして活躍する他、『少女邂逅』(18)、『おいしい家族』(19)『ブラック校則』(19)などの出演で注目の女優、モトーラ世理奈。ハルと行動を共にする森尾役には西島秀俊、旅の途中でハルと出会い彼女に影響を与える重要な人物たちに、三浦友和、西田敏行らが脇を固めます。なお、西島秀俊は『2/デュオ』以来23年ぶり、三浦友和は『M/OTHER』(99)以来21年ぶりに、諏訪監督作品への参加となります。


『風の電話』
2020年 初春 全国ロードショー

公式HP:
http://kazenodenwa.com/

***********************************


監督:諏訪敦彦
出演:モトーラ世理奈 西島秀俊 西田敏行(特別出演) 三浦友和

配給:ブロードメディア・スタジオ
©2020映画「風の電話」製作委員会


斎藤工がウルトラマンに!庵野秀明x樋口真嗣 『シン・ウルトラマン』プロジェクト始動


映画情報どっとこむ ralph 昭和41年(1966)に世の子供たちを熱狂させた特撮テレビドラマで、今なお根強い人気を誇る  ヒーロー“ウルトラマン”をこの度、『シン・ウルトラマン』として映画化することが決定しました!

『ウルトラマン(1966年放送)』©円谷プロ 本作の企画・脚本をつとめるのは、自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野秀明。そして、監督をつとめるのは、「新世紀エヴァンゲリオン」をはじめ、数々の傑作を庵野氏と共に世に送り出してきた盟友樋口真嗣。記憶に新しい「シン・ゴジラ」で第40回日本アカデミー賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞など主要7部門で最優秀を受賞した最強コンビが、満を持してこの新たな空想特撮作品に臨みます!
映画『シン・ウルトラマン』庵野秀明x樋口真嗣 『シン・ゴジラ』が初代『ゴジラ(1954年)』の現代社会での再構築であったように、本作も当時初めてテレビで“ウルトラマン”を目撃した時と同様の衝撃をもたらすことを目指します。「ウルトラマン」の企画発想、原点に立ち還りながら、『シン・ゴジラ』がそうであったように、現代社会を舞台に“未だ誰も見たことのないウルトラマン”が存在する世界の体験を目指します。様々な言葉の意味を持ちうる「シン」の言葉を冠にした新たなプロジェクトの始動です。


さらに主要キャスト陣も決定!物語の詳細に触れる為、その役柄は伏せざるを得ませんが、主人公の”ウルトラマンになる男”には、『シン・ゴジラ』でも僅かな出演ながら強烈な存在感を残した斎藤工。『昼顔』『高台家の人々』等様々なジャンルの作品に出演を続け、正統派から怪役まで様々なキャラクターを演じ分ける斎藤工に白羽の矢が立ちました。そして主人公の相棒役に『マスカレード・ホテル』『キングダム』『コンフィデンスマンJP』と話題作、大ヒット作には欠かせない女優・長澤まさみ。また、『名探偵ピカチュウ』の声優や『散り椿』など幅広い役柄でその存在感を示す西島秀俊。豪華キャストが集結しました!!
映画『シン・ウルトラマン』斎藤工・長澤まさみ・西島秀俊
今、この時代にこれ以上考えられない布陣でのプロジェクト『シン・ウルトラマン』に、どうぞご期待ください!!

映画情報どっとこむ ralph ●斎藤工さんコメント
『「シン・ウルトラマン」に寄せて私に大役の白羽の矢が立った事以上に、この壮大なプロジェクト及び手にした脚本に至極興奮致しました。かつて、何者でも無かった私は一度だけ、生前の実相寺昭雄監督にお会いする機会があり、前のめりに当時の円谷プロや「ウルトラマン」の様々な話を伺えた事は、全て”ココ”に繋がっていたのではないかと今振り返ると思います。「ウルトラマン」への特別な想いを持たれていらっしゃる庵野さん、樋口監督と共に、若輩者ながら私の37年間を本作に注ぎたいと思います。「シン・ウルトラマン」が今の日本に、未来の日本に、必要な作品になるよう、頼もしきスタッフ、共演者の方々と高みを目指します。』


●長澤まさみさんコメント
『誰もが憧れる庵野さんの作品に出演出来る事をとても光栄に思います。「シン・ゴジラ」も劇場へ観に行ったのですが、お客さんの満足感や充実感をその場で強く感じました。今回の作品では思いがけない展開もありますが、今を生きぬく事はいつもどんな時も精一杯です。作品を通して少しでも多くの人の心に届くものになればいいなと思います』


●西島秀俊さんコメント
『世界的人気で誰もが知る「ウルトラマン」を、あの『シン・ゴジラ』チームが再集結して映画化するとお話を伺った時の驚きと興奮がいまだに冷めません。そして、そのチームに参加できることを非常に光栄に感じています。脚本を読ませていただきましたが、ファンの方もそうでない方もきっと楽しめる一級のエンターテイメント作品になると確信しています。初めてご一緒する樋口監督のもと、“誰も見たことのないウルトラマン”の世界に命を吹き込む一員として、精一杯演じさせていただきます』

映画情報どっとこむ ralph 企画・脚本:庵野秀明 監督:樋口真嗣

『シン・ウルトラマン』

〈2021年〉全国東宝系にて公開予定

***********************************

製作:㈱円谷プロダクション、東宝㈱、㈱カラー 
配給:東宝(株)
制作プロダクション:(株)東宝映画、シネバザール
2021年予定
Ⓒ2021「シン・ウルトラマン」製作委員会


西島秀俊×西田敏行W主演映画『任侠学園』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院や映画館など、困ってる人たちをボランティア精神で助ける今野敏による人気小説「任俠」シリーズ(中公文庫)が、西島秀俊と西田敏行のW主演で、遂に映画化!第一弾はシリーズの中でも、特に根強く愛され続ける『任俠学園』!

西島秀俊 西田敏行『任侠学園』 このたび、真面目過ぎるが故、空回りしながらも世のため、人のために走り回る不器用で愛くるしい阿岐本組メンバーが、イマドキ高校生に振り回されながらも大奮闘する、爆笑シーン満載の<予告編>がついに解禁!

映像は、開口一番「本日よりこの学校の理事になりました」と礼儀正しい挨拶をする西島扮する社会奉仕が大好きな弱小ヤクザ“阿岐本組”のナンバー2の日村(西島秀俊)の姿からはじまる。頼られたら断れない阿岐本組長(西田敏行)に、日村の舎弟・稔(伊藤敦史)ら組員は日々振り回されっぱなし!そんな彼らが今回引き受けたのは倒産寸前の私立高校の再建だったが、待ち受けていたのは問題児たちとそんな生徒に無関心な先生たちばかりの問題ありまくりの学園。「最低限の仕事はしています!」と、事なかれ主義の綾小路校長(生瀬勝久)に対し、「最低限!?最高の仕事をして下さい」と熱い喝を入れる日村のシーンも。生徒に真っ直ぐに向き合い学校再建に取り組む日村だが、何者かに校舎の窓ガラスを割られ、学校一の問題児・ちひろ(葵わかな)からは強烈なパンチを食らい、生徒会所属のワケアリ風な生徒・美咲(桜井日奈子)には「落とし前、しっかりつけて貰うから・・」とすごまれるなど、生徒たちに手を焼く。

また、西島のイマドキ男子高校生にお口あんぐりな様子や、見事なまでのパンチパーマ姿など思わず笑いをこらえられなくなる爆笑シーンも満載!そして極めつけには「違法もヤッホーもねぇんだよ。バカヤロー!」と叫ぶ西田の必殺アドリブシーンも炸裂!

映画情報どっとこむ ralph 世間のルールは絶対守る!”全員善人”!20代の若手実力派から80代の超ベテラン俳優まで、日本を代表する役者が大集結!世のため、人のために走り回る!まさに“令和”の「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」シリーズとも言える傑作”世直し”人情コメディがここに誕生しました!

西島秀俊×西田敏行W主演映画『任侠学園』

公式HP:
www.ninkyo-gakuen.jp

Twitter:
@ninkyogakuen

困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。


***********************************

出演: 西島秀俊 西田敏行
伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋
佐野和真 前田航基 ・ 戸田昌宏 猪野学 加治将樹 川島潤哉 福山翔大 ・ 高木ブー 佐藤蛾次郎 ・桜井日奈子 白竜 光石研 中尾彬(特別出演) 生瀬勝久
監督:木村ひさし
脚本:酒井雅秋
音楽:末廣健一郎
主題歌:「ツギハギカラフル」 東京スカパラダイスオーケストラ  
原作:今野 敏『任俠学園』(中公文庫) 
幹事・配給:エイベックス・ピクチャーズ
企画・制作プロダクション:ROBOT 
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会


”全員善人”『任侠学園』西島秀俊×西田敏行 ら人情系場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院や映画館など、困ってる人たちをボランティア精神で助ける今野敏による人気小説「任俠」シリーズ(中公文庫)が、西島秀俊と西田敏行のW主演で、遂に映画化!第一弾はシリーズの中でも、特に根強く愛され続ける『任俠学園』!真面目過ぎるが故、空回りしながらも世の為、人の為に走り回る不器用な彼らが、日本列島を笑顔で満ち溢れさせる!まさに“令和”の「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」シリーズとも言える人情コメディ。
このたび、西島秀俊&西田敏行の”西西コンビ”が率いる阿岐本組のお人好し感満載の姿や、真面目過ぎるが故に不器用な彼らの表情に思わず笑みが溢れる場面が一挙に解禁!

倒産寸前の私立高校再建を任された阿岐本組。
組のナンバー2・日村(西島秀俊)が、学園一の問題児・ちひろ(葵わかな)に真っ直ぐ向き合う様子。
地元商店街の人々に愛され、笑顔で街のパトロールをする面々。
綾小路校長(生瀬勝久)に何故か甘え顔を見せている阿岐本組長(西田敏行)。
さらには、ちひろの大ファンのカメラ小僧・祐樹(葉山奨之)、
ワケありの優等生・美咲(桜井日奈子)など、
生徒たちも<義理>と<人情>にアツい阿岐本組を頼りにしている姿が見て取れる。
映画情報どっとこむ ralph 世間のルールは絶対守る!
”全員善人”!20代の若手実力派から80代の超ベテラン俳優まで、日本を代表する役者が大集結!
世のため、人のために走り回る!傑作”世直し”人情コメディがここに誕生しました!

『任侠学園』

公式HP:
www.ninkyo-gakuen.jp

Twitter&Facebook:
https://twitter.com/ninkyogakuen


<ストーリー> 
困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。

***********************************

出演: 西島秀俊 西田敏行
伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋
佐野和真 前田航基 ・ 戸田昌宏 猪野学 加治将樹 川島潤哉 福山翔大 ・ 高木ブー 佐藤蛾次郎 ・
桜井日奈子 白竜 光石研 中尾彬(特別出演) 生瀬勝久
監督:木村ひさし /脚本:酒井雅秋 / 音楽:末廣健一郎
主題歌:「ツギハギカラフル」 東京スカパラダイスオーケストラ  
原作:今野 敏『任俠学園』(中公文庫) 
幹事・配給:エイベックス・ピクチャーズ
企画・制作プロダクション:ROBOT 
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
   




西島秀俊は嫉妬!?いてまえー!てー!の山内圭哉、和田正人コンビ登場!『空母いぶき』大ヒット記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『空母いぶき』は5/24(金)〜6/7(金)で累計観客動員約70万人、興行収入10億円目前の大ヒットを記録。

この大ヒットを記念して、主演の西島秀俊さんに加えて、“いてまえー”の台詞がクセになると話題の山内圭哉さんとその部下役の和田正人さんが舞台挨拶に登壇しました。


映画『空母いぶき』大ヒット記念舞台挨拶
日時: 6月7日(金)
会場: TOHOシネマズ 日比谷
登壇:西島秀俊、山内圭哉、和田正人

映画情報どっとこむ ralph 大ヒットを受けて今の心境

西島さん:皆さんに観て頂いて完成する作品だと思っていたので、たくさんの方々に観ていただけて感無量です。本当にありがとうございます。

と18回目の舞台挨拶に立ち、感慨深そうに語った。

山内さん:本当にたくさんの方々に観て頂いているんだなと今日実感しました。周りからの反響も多くあり、親族から『いてまえー!』とラインがきます。

と会場からは大きな笑いが。

和田さん:周りでもたくさんの方に観て頂いて大ヒットしているとは聞いていたのですが、そこまで実感はないです。撮影が一日で終わったので。正直あやかっていいのかという申し訳ない気持ちもあります!

と冗談交じりに語った。

上映会では《いそかぜ》の人気が高かったという話を受けて、全国の舞台挨拶を回って

西島さん:いそかぜ人気はすごかったですね。大阪はもちろんですけど、全国どこいっても『いてまえー』っていうとウケてましたね。本田翼さんと深川麻衣さんに、秋津と新波どっちが好きかを聞いたら“いそかぜ(浮船艦長)が好きです”と戻ってきたんです。

と語る。それを聞いた《いそかぜ》艦長・浮船を演じた山内さんは

山内さん:初めて台本を読んだ時は、この緊迫した状況で“いてまえー”って言うてええのかなと思ったけど、原作もそうなんですよね。

と驚いたことを振り返った。同じく《いそかぜ》の乗組員を演じた和田さんは

和田さん:《いそかぜ》が人気って言いますけど、浮船艦長が人気なだけで、そこにも若干便乗させてもらってますね。

とかぶせて会場の笑いを誘った。続けて

山内さん:和田君も関西出身なんで、僕の関西弁につられないようにかなり努力されていたと思います。

と意外な撮影の苦労を語った。浮船艦長の「バックや、バックー」と指示するセリフがツボだと語る和田さんは

和田さん:甲子園球場にいる阪神ファンのおっちゃんみたい。

と例え、さらに会場からは大きな笑いが巻き起こった。撮影では山内さん、和田さんとは一緒にならなかった西島さんは

西島さん:《いそかぜ》こんなことになっているんだ。と完成した映画を見て驚きました。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

西島さん:照準よし!

山内さん:いてまえー!

和田さん:てー!(射て)

と映画さながらのセリフで締めくくり、舞台挨拶は幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『空母いぶき』

全国公開中!

kuboibuki.jp

『空母いぶき』本ポスター・ビジュアル
***********************************

出演:
西島秀俊 佐々木蔵之介
本田翼 小倉久寛 髙嶋政宏 玉木宏 戸次重幸 市原隼人 堂珍嘉邦 片桐仁 和田正人 石田法嗣 平埜生成 土村芳 深川麻衣 山内圭哉
中井貴一 村上淳 吉田栄作 佐々木勝彦 中村育二 益岡徹 斉藤由貴 藤竜也 佐藤浩市
【原作】かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
【企画】福井晴敏
【脚本】伊藤和典 長谷川康夫
【音楽】岩代太郎
【監督】若松節朗
【製作】『空母いぶき』フィルムパートナーズ
【配給】キノフィルムズ 
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ