「西島秀俊」タグアーカイブ

篠原涼子が、かつて見せたことのない狂気の表情『人魚の眠る家』特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 稀代のベストセラー作家・東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の小説「人魚の眠る家」を映画化。 11月16日(金)全国公開 いたします。


事故に合い昏睡状態の娘を前に「この子は…生きています!」と懇願するように叫ぶ母・薫子(篠原涼子)。極限の状況下で医師からは、娘を生かすのか、死を受け入れるのか、夫婦は究極の選択を迫られる。夫・和昌(西島秀俊)は、
最先端技術を使った前例のない延命措置を提案。

奇跡を信じた夫婦の決断は、やがて家族(田中泯、松坂慶子)や技術研究者(坂口健太郎)とその恋人(川栄李奈)らを巻き込み、彼らの運命を狂わせていく。

原作者・東野圭吾先生が映画化に向けて

東野先生:どれほど不気味で悲しく、美しい映像になるのか、そしてどんな愛と狂気が見られるのか、今からとても楽しみです。


とコメントしている本作の特報映像が完成!

映画情報どっとこむ ralph 特報映像には、絶望から希望を見出す夫婦の姿、豪華キャスト陣の鬼気迫る演技が緊張感あふれる映像とともにおさめられているて・・・。

そして篠原涼子が、かつて見せたことのない狂気の表情で語る「答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか。」その衝撃的な問いかけは何を意味するのか。愛する人へ捧げたその無償の行為は、善か、悪か、愛か、欲望か?

今年度最大の衝撃と感涙のミステリーが、ついに幕を開ける。




人魚の眠る家

11月16日(金)全国公開


***********************************

監督:堤幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)
出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子  
配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


目指せ、世界一の遊園地!?波瑠x西島秀俊『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』ポスター解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 波瑠さんと西島秀俊さん初共演の遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」(波多野貴文監督)が10月26日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。


今回解禁されたポスタービジュアルは、彼氏と同じ会社に就職し順風満帆な人生を送れると夢見ていた矢先、ド田舎の遊園地に突然配属されて困惑顔の波瑠さん(主人公・波平久瑠美)と、映画の舞台であるグリーンランドを舞台に、赤、黄、青の制服を着た笑顔の西島秀俊さん(“魔法使い”と慕われる小塚)。

左右には同僚の岡本天音、橋本愛ら個性派キャストが脇を固め、くまモンと笑顔で迎えている。

“遊園地”を舞台に彼らが織り成す一生懸命な姿に、前向きでハッピーな気持ちになること間違いなし!
ワクワクする出来事を予感させる明るくポップなビジュアルに仕上がっている。

映画情報どっとこむ ralph イントロ
原作は多くの作品が映画・ドラマ化されている人気作家・小森陽一の『オズの世界』(集英社文庫刊)。
遊園地の知られざる裏側と不慣れな地で奮闘する新米社員をチャーミングに描き、「第20回 文化庁メディア芸術祭」マンガ部門の新人賞を受賞した気鋭の漫画家・畑優以氏によるコミカライズも週刊ヤングジャンプにて好評連載中。
不本意な配属先に不満だらけな新入社員波平久瑠美を演じるのは、波瑠さん。連続テレビ小説『あさが来た』で注目を集め、「未解決の女 警視庁文書捜査官」「サバイバル・ウェディング」と立て続けにドラマの主演をつとめる彼女が全国拡大公開映画としては初の主演を飾る。勝手に空回ってジタバタしていたところから、少しずつ表情も顔つき自体も変わっていく成長過程を、緻密な計算と柔らかな感性で見事に演じ切った。さらに、“魔法使い”と呼ばれるカリスマ上司小塚慶彦役に西島秀俊さん。シリアスでクールなイメージを覆す、少々天然?なキャラクターをユーモアと笑顔たっぷりに演じているのは必見!

さらに、岡山天音さん、橋本愛さん、中村倫也さん、濱田マリさん、柄本明さんと人気と実力を兼ね備えたキャストが勢揃い。

映画情報どっとこむ ralph
オズランド 笑顔の魔法おしえます。

10月26日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
ozland.jp 

twitter:
@ozland_movie

物語・・・
配属先はド田舎遊園地?!
夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった…!ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦と個性的すぎる従業員たちに囲まれ、様々な経験を重ね、少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気がついていく。小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう…。

働く人なら誰でも共感してしまう悩みを抱えながらも、自分が輝ける居場所を探し求める久瑠美にいつしか励まされ…やがて仕事の極意を掴みとる姿に、快哉せずにいられない。知っているようで知らなかった“遊園地の舞台裏”を舞台にした、最高にハッピーで共感必至の “お仕事エンターテインメント”が生まれました!

***********************************

出演:波瑠 西島秀俊
岡山天音 深水元基 戸田昌宏 朝倉えりか 久保酎吉 コング桑田
中村倫也 濱田マリ/橋本愛/柄本明

監督:波多野貴文
脚本:吉田恵里香
原作:小森陽一『オズの世界』(集英社文庫刊)
主題歌:「Wonderland」Dream Ami(rhythm zone)
挿入歌:「ストレイシープ」「匿名」神様、僕は気づいてしまった(ワーナーミュージック・ジャパン)

幹事・企画・制作プロダクション:ROBOT
製作:映画「オズランド」製作委員会 
配給:HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会


「キュンとすんだろ!」と言う西島秀俊にキュン『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』特報解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、波瑠さんと西島秀俊さん初共演の遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」の公開日が2018年10月26日(金)に決定し、特報映像が解禁となりました。

熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影された、ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた本作。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された特報では、映画の舞台であるグリーンランドの映像とともに、「遊園地の裏側で起こる大騒動」というテロップで幕を開ける。波瑠演じる主人公・波平久瑠美は、中村倫也演じる彼氏・小西俊郎と同じ会社に就職したが、なんと配属先はまさかの熊本県・グリーンランド。希望とは異なる配属先に意気消沈の久瑠美であったが、そこには、 “魔法使い”と呼ばれる人物がいた…。


本社のある東京にもその名を轟かせる“魔法使い”は、集客率を170%アップに導き、企画は全て実現させ、そして、ちょっと良い男!?その人物はいったい何者なのか?
彼の後ろ姿、そして笑顔の横顔がチラっと映し出される。

“魔法使い”と慕われる小塚を演じるのは西島秀俊。特報の最後には、突然の自宅訪問に戸惑った久瑠美が思わず発した「小塚!」に対し、「やめろよ呼び捨ては。キュンとすんだろ!」と、見ているこちらが胸キュンしてしまうこと間違いなしのシーンも。

人々に夢と希望を与える遊園地!…の裏側で、久瑠美と“魔法使い”小塚はどうなっていくのか?!

映画情報どっとこむ ralph オズランド 笑顔の魔法おしえます。

10月26日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
ozland.jp 

twitter:
@ozland_movie


物語・・・

配属先はド田舎遊園地?!
夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった…!ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦と個性的すぎる従業員たちに囲まれ、様々な経験を重ね、少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気がついていく。小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう…。

働く人なら誰でも共感してしまう悩みを抱えながらも、自分が輝ける居場所を探し求める久瑠美にいつしか励まされ…やがて仕事の極意を掴みとる姿に、快哉せずにいられない。知っているようで知らなかった“遊園地の舞台裏”を舞台にした、最高にハッピーで共感必至の “お仕事エンターテインメント”が生まれました!


***********************************

出演:波瑠 西島秀俊
岡山天音 深水元基 戸田昌宏 朝倉えりか 久保酎吉 コング桑田
中村倫也 濱田マリ/橋本愛/柄本明

監督:波多野貴文 
脚本:吉田恵里香 
原作:小森陽一『オズの世界』(集英社文庫刊)
主題歌:「Wonderland」Dream Ami(rhythm zone)
挿入歌:「ストレイシープ」「匿名」神様、僕は気づいてしまった(ワーナーミュージック・ジャパン)

幹事・企画・制作プロダクション:ROBOT 
製作:映画「オズランド」製作委員会 
配給:HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会


ペンギン登場に北香那、蒼井優、西島秀俊、竹中直人大喜び!!『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「夜は短し歩けよ乙女」、「有頂天家族」など、数々のベストセラー作品を持つ森見登美彦先生の「ペンギン・ハイウェイ」(角川文庫刊)がアニメーション映画化。

8月17日(金)より全国公開となる。そんな本作の完成を記念し、TOHOシネマズ 六本木にて完成披露舞台挨拶が行われ、声優初挑戦にして初主演を果たす北香那、3年振りに声優を務める蒼井優さん、西島秀俊さん、竹中直人さん、石田祐康監ら豪華声優キャスト・監督が登壇しました。

『ペンギン・ハイウェイ』完成披露舞台挨拶 
日時:7月3日(火)18:30 イベント開始
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 
登壇:北香那、蒼井優、西島秀俊、竹中直人、石田祐康監督

映画情報どっとこむ ralph 北さん:こうして皆様にお披露目できる日を楽しみにしていたのでとても嬉しいです!

と喜び溢れるコメント。

蒼井さん:今日の舞台挨拶は、とてもワクワクしています。『ペンギン・ハイウェイ』の船出を皆さんと一緒に楽しめたらと思います!

と笑顔で挨拶。続く

西島さん:原作と脚本を読んだ時点で、泣けて仕方がなかったです。懐かしさがあり、心が揺れる素晴らしい作品だと思うので、楽しんでください。

とコメントし、

竹中さん:最高の映画に呼んでいただいてありがとうございました!

と挨拶するとMCから、「今日は衣装がペンギンのようですね!」と振られ、

竹中さん:この日のために選んできたんだよ!

と満足げに語った。

石田監督:本当にこんな多くの方に見ていただけること。このキャストさんの素晴らしさ。身に余る思いで恐縮です。皆さんのおかげでここまで来られました。どうぞ楽しんでいってください!

と初となる長編作品への思いを語った。

映画情報どっとこむ ralph 観客へ初のお披露目となるこの日、
北さん:感動、冒険、憧れだったり、全てが詰まった作品です。皆さんもきっと暖かくなって帰っていただけるのではないかと思います。

とコメント。性別も年齢も違う主人公アオヤマ君役を演じたことについて、

北さん:10歳の男の子の声のトーンや仕草がわからなかったので、同年代の妹の授業参観に行って学び、アフレコに挑みました。

と役作りの裏側も披露した。


蒼井さん:見終わった後に、過去に置いてきたモノクロの時間に、色が戻った気持ちになる。そんな背中を押される作品です。皆さんにも本作を見て、そういう経験をしていただけますと、光栄です。

と語り、役柄についても

蒼井さん:今回、とても難しいなと感じていたのですが、しっかりした、自分を持っているお姉さんの役をいただくことが少ないと気づきました。私は誰かに寄生している役が多いので(笑)。

との暴露に会場から大きな笑いが起こりました。


そして、この日30歳の誕生日を迎える監督との仕事について、

西島さん:すごく才能があって、勢いがあって、ものづくりの喜びに溢れている方なので、アフレコも楽しかったです。

と語ると、すかさず

竹中さん:最高だったんです。この監督のキャラクター最高でしょ?ペンギンのような笑顔が素敵で。とても優しくて、それでいて大胆で、とても良い映画になっています。

と絶賛のコメント。監督は恐縮しながら、感謝と満面の笑顔で喜びを表現していました。


そして、本作の主人公・アオヤマ君は小学4年生の男の子ということから、どんな小学生だったか聞かれ

北さん:やんちゃでダメって言われることほど、やりたくなる小学生でした。夏休みの前日に鍵を空けておいて、休みの間に入ったり(笑)

とアオヤマ君のような冒険エピソードを披露。

蒼井さん:『魔女の宅急便』が好きだったんですけど、家に赤いカチューシャと黒いワンピースがあるのに気づいて、自分がキキかもしれないと信じ込んで、家に1人の時にベランダでデッキブラシにまたがって“……飛べ!”って(笑)。本気で信じていたんです。そんな子供らしい子供でした。

と可愛らしいエピソードを披露。

映画情報どっとこむ ralph 西島さん:僕は3月末生まれなので、小さくて色んなことができない子供でしたが、1度夜にこっそり家を抜け出して、走っりまわったりしました。

と話すと、

竹中さん:たいしたことないね!笑

とツッコミ。


竹中さんは、老人のモノマネで会場を沸かせつつ、
竹中さん:私は漫画家になりたいと思っていました。運動会とかでも走るのが速かったんですが、ただ1番になるのが恥ずかしくて逆走してしまうような屈折した子供でした(笑)。

とエピソードを語り、会場を笑わせた。

そして、MCから「“素敵なゲスト”が来ています!」との呼び込みで、ステージ上にペンギンのぬいぐるみとコーラ缶の入ったボックスが登場。会場からも「何?何?」とのどよめきが。キャストが一斉にボックスにCO2を吹きかけると、なんと本物のペンギンが3羽登場!

蒼井さん:腕組んでる、かわいー!

北さん:かわいい!かわいい!

とキャストたちも大喜びでペンギンに駆け寄った。“普通の住宅街に突如ペンギンが出現する”という劇中のふしぎな現象が、映画館にペンギンが出現するという形で再現されました。

さらに、主題歌を務める宇多田ヒカルからのコメントも発表。

「謎の魅力。大人のズルさ。そんなことを感じながら原作を読ませていただきました。映画の公開を楽しみにしています。

と本作へエールを贈った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

蒼井さん:この映画をご覧になって、皆さんの見ている風景のトーンが上がれば嬉しいなと思います。石田監督の長編デビュー作ですので、たくさんの愛と祝福が注がれるのを祈っています。

とコメント。

北さん:お子様には、ペンギンがひたすら可愛くてドキドキして楽しく見られるのと、大人の方には、あの日のことを思いだして、優しい気持ちになる映画なので、是非楽しんでください!

と締めました!


『ペンギン・ハイウェイ』



8月17(金)より、全国公開!!

公式サイト:
penguin-highway.com

小学四年生のアオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録する。毎日努力を怠らず勉強するので、「将来は偉い人間になるだろう」と思っている。そんなアオヤマ君にとって何より興味深いのは歯科医院の“お姉さん”。気さくで胸が大きくて、自由奔放でミステリアスなお姉さんをめぐる研究も、真面目に続けていた。 

ある日、アオヤマ君の住む郊外の街に突如ペンギンが現れ、そして消えた。さらにアオヤマ君は、お姉さんがふいに投げたコーラの缶がペンギンに変身するのを目撃する。「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」 一方、アオヤマ君は、クラスメイトのハマモトさんから森の奥にある草原に浮かんだ透明の大きな球体の存在を教えられる。

やがてアオヤマ君は、その謎の球体“海”とペンギン、そしてお姉さんには何かつながりがあるのではないかと考えはじめる。そんな折、お姉さんの体調に異変が起こり、同時に街は異常現象に見舞われる。果たして、お姉さんとペンギン、“海”の謎は解けるのか――!?

***********************************

出演:北 香那 蒼井 優  釘宮理恵 潘 めぐみ 福井美樹 能登麻美子 久野美咲  西島秀俊 竹中直人

原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎

脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会


神様、僕は気づいてしまった『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』挿入歌2曲提供!


映画情報どっとこむ ralph 2018年秋に全国公開となる、波瑠さんと西島秀俊さん初共演の遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」(波多野貴文監督)。
熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影された、ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた作品です。


そんな本作の挿入歌を「神様、僕は気づいてしまった」が担当することが決定!!
映画への楽曲提供は同バンド初となります。

今回、本作へ2曲(「ストレイシープ」「匿名」)が書き下ろされ、劇中の重要なシーンに登場しますする。

「ストレイシープ」はギターの東野へいとが、「匿名」はボーカル&ギターのどこのだれかが、映画を鑑賞しそれぞれ作詞・作曲を担当。
自分が望んでいなかった配属先であるド田舎の遊園地で、悩みや挫折に向き合いながら、自分が輝ける居場所を探し求める主人公・波平久瑠美の姿、作品のテーマを表現した楽曲に仕上がりました。


映画情報どっとこむ ralph 今回、作詞作曲を担当したメンバーからのコメントも届いています。

「ストレイシープ」作詞、作曲:東野へいと

事前に初稿状態の映像を見せていただいたりプロデューサーの方とお打ち合わせした上で、僕、東野へいとは、「ストレイシープ」という楽曲を書かせていただきました。劇中の「自身の居場所、ロールを見出す」という角度に僕等バンドとの共通項を感じ、この作品が問いかけているであろうテーマを僕等なりの音楽で表現した所存です。映画と楽曲の二面性によりそれぞれの物語が多角的に見え聞こえたらいいなといった想いを込めました。

「匿名」作詞、作曲:どこのだれか コメント

このような機会をいただき光栄に存じます。本作品を拝見させていただき、「何かを為せると信じていたのにある時を境に気づく自分の無力さ」や、「現状を変えたいがどうすることもできないもどかしさ」という点が、誰しもに通ずる苦悩ではないかと思い、曲を書かせていただきました。劇中の障害や挫折、またそれに向き合っていく様を、私達の音楽で表現できておりましたら幸いです。

映画情報どっとこむ ralph 『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』
2018年秋、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:ozland.jp 

twitter:@ozland_movie


配属先はド田舎遊園地?!
夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった・・・!ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦と個性的すぎる従業員たちに囲まれ、様々な経験を重ね、少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気がついていく。小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう・・・
働く人なら誰でも共感してしまう悩みを抱えながらも、自分が輝ける居場所を探し求める久瑠美にいつしか励まされ・・・やがて仕事の極意を掴みとる姿に、快哉せずにいられない。知っているようで知らなかった“遊園地の舞台裏”を舞台にした、最高にハッピーで共感必至の “お仕事エンターテインメント”が生まれました!

***********************************

出演:波瑠 西島秀俊
岡山天音 深水元基 戸田昌宏 朝倉えりか 久保酎吉 コング桑田
中村倫也 濱田マリ/橋本愛/柄本明
監督:波多野貴文
脚本:吉田恵里香
原作:小森陽一『オズの世界』(集英社文庫刊)
幹事・企画・制作プロダクション:ROBOT
製作:映画「オズランド」製作委員会 
配給:HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム
(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会