「行定勲」タグアーカイブ

映画『リバーズ・エッジ』ベルリン国際映画祭・国際映画批評家賞受賞


映画情報どっとこむ ralph 岡崎京子原作の伝説のコミックを原作に、行定勲監督が手掛け欲望と焦燥の中で生きる若者たちの姿を鮮烈に描いた『リバーズ・エッジ』。

本年度のベルリン国際映画祭でのパノラマ部門のオープニング作品として出品されていたが、この度、国際批評家連盟賞を受賞することが決定し、現地時間23日18時より授賞式が行われました。

レッドカーペット時の写真


映画情報どっとこむ ralph 由緒ある賞の二度目の受賞という快挙に、

行定監督:まさかの受賞を心から嬉しく思います。私にとっては冒険ともいえる試みを評価してくれたベルリンにまた、背中を押された気持ちです。そして、岡崎京子さんの描いた世界とその凄さが世界に認められたことを誇りに思います。

と喜びのコメン。また、映画祭オープニングのレッドカーペットを飾ったメインキャストの2人からも感激のコメントが届いている。


映画情報どっとこむ ralph 二階堂ふみさんからのコメント
二階堂さん:夢のようです!行定監督、スタッフの方々、そして岡崎先生、小沢健二さま。本当に本当にダンケシェンです!
初日舞台挨拶時の画像


吉沢亮さんからのコメント
吉沢さん:とても光栄です。僕にとって山田という役はとても挑戦的で、この作品で学べたことはこれからの役者人生において、とても大きな力になる気がしています。リバーズ・エッジがこんなに素敵な賞を頂けたこと、リバーズ・エッジに出会えたことを誇りに思います。みんな見てね!
初日舞台挨拶時の画像


映画情報どっとこむ ralph 国際批評家連盟賞は、コンペ、パノラマ、フォーラムの各部門から、それぞれ優れた1作品に贈られる賞で、本作はパノラマ部門48作品の中から選出された。

邦画がパノラマ部門で同賞を受賞するのは、実は2010年の行定勲監督の『パレード』以来。ベルリンでの上映後、観客からは「役者の感情表現が信じられないぐらい奥深かった」(男性)、「登場人物たちは少年少女でありながら、とても大人びていることに衝撃を覚えた」(女性)などの感想が上がっていた。

過去のベルリン国際映画祭での国際批評家連盟賞は、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』をはじめ、市川準監督、大林宣彦監督、相米慎二監督、SABU監督、園子温監督ら日本を代表する監督たちが受賞してきた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『リバーズ・エッジ

は、現在全国絶賛公開中です!
movie-riversedge.jp

⾃由に⽣きようとする女子高生・ハルナを演じるのは、圧倒的な存在感と演技⼒で、20 代の⼥優の中で唯⼀無⼆の光を放つ⼆階堂ふみ。執拗なイジメを受けるゲイの山田には、主演待機作が⽬⽩押しの⼈気俳優、吉沢亮。そして、摂⾷障害を起こしているモデルのこずえにSUMIRE、暴⼒の衝動を抑えきれないハルナの恋⼈・観⾳崎に上杉柊平。さらに山田への異常な愛を加速させるカンナに森川葵と、これからの⽇本映画の新時代を担っていく華やかな若⼿俳優たちが集結し、その実⼒をいかんなく発揮!衝撃的な岡崎ワールドに体当たりで⾶び込み、リアルで鮮烈な「⽣」の姿をスクリーンに叩きつけた。そして主題歌は、かねてより岡崎京⼦と親交があり、その固い絆で知られる⼩沢健⼆が書き下ろし、ひとつの⻘春の終わりを暖かな希望の光で包み込んでいる。
***********************************


出演:二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』 小沢健二(ユニバーサル ミュージック)
作詞・作曲:小沢健二
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社


二階堂ふみ x 吉沢亮 欲望と孤独・・焦燥感 行定勲が描く『リバーズ・エッジ』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph どうしようもない欲望と孤独を持て余し、生きることにもがく若者たちの姿を鮮烈に描く岡崎京子の代表作「リバーズ・エッジ」が映画化!

『リバーズ・エッジ』は2018年2月16日(金)より全国ロードショーとなります。

このたび、本予告映像が完成。

二階堂ふみ演じるハルナと吉沢亮演じる山田が、河原で偶然みつけた死体を共通の秘密としていびつな友情を結んでいく様子が描かれています。2人を取り巻くクラスメートたちも登場し、山田がハルナの恋人・観音崎から激しく殴られるシーンや、大量に食べては吐く摂食障害を持つモデルのこずえが、ハルナにキスをするシーン、ハルナの親友のルミが密かにハルナの恋人と関係を持っている様子など、衝撃的な場面が疾走感あふれる音楽にのって畳み掛けられ、青春に別れを告げ大人になろうともがく若者たちの姿が刻まれた予告編となっています。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・

「若草さん、今晩ヒマ? 僕の秘密の宝物、教えてあげる」。

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)がいじめる山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は友情とは違う歪んだ絆で結ばれていく。

ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎と体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居志央梨)。閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたと報せを山田から受ける・・・。

監督を務めるのは行定勲監督。出演は二階堂ふみ、吉沢亮のほか、森川葵、上杉柊平、SUMIREら、日本映画の新時代を担っていく華やかな若手俳優たち。衝撃的な岡崎ワールドに体当たりで飛び込み、リアルで衝撃的な「生」の姿をスクリーンに叩きつけた。そして主題歌は、かねてより岡崎京子と親交があり、その固い絆で知られる小沢健二が書き下ろしている。
リバーズ・エッジ

2018年2月16日(金)よりTOHOシネマズ新宿他全国ロードショー

movie-riversedge.jp

***********************************

出演:二階堂ふみ 吉沢亮  上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨  森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』 小沢健二(ユニバーサル ミュージック)/作詞・作曲:小沢健二
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
  


小沢健二が主題歌書き下ろし 行定勲監督『リバーズ・エッジ』


映画情報どっとこむ ralph 『へルタースケルター』など岡崎京子先生の作品群の中でも、とりわけ最高傑作との呼び声が高く、熱狂的な支持を集め続ける『リバーズ・エッジ』が行定勲監督により二階堂ふみさん、吉沢亮さんをついに映画化、2月公開となります。

そして、小沢健二さんが、『リバーズ・エッジ』に自身初となる映画主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を書き下ろしたことが発表されました。

映画化されるにあたり、かねてより岡崎京子先生と親交があり、その固い絆で知られる小沢健二さんへ、映画製作サイドから主題歌提供を依頼したところ、快諾。この夢のタッグが実現した。小沢健二さんにとっては本作が初の映画主題歌となる。さらに今回の楽曲には、メインキャストである二階堂ふみさんと吉沢亮さんが参加していることも併せて発表されました。

二階堂ふみ
まるで、問いかけるように、思い出を語らうように、寄り添うように、明日に向かう曲を聴きました。『リバーズ・エッジ』へと導く小沢さんの唄は、懐かしい新しい、現在進行形の作品だと思います。

吉沢亮
映画のラストでこの曲が流れて来た時、大切な何かが過ぎ去っていくのをただじっと見守っているような、切なさと温かさが入り混じった感覚に自然と涙が流れました。初めてデモを聴いた時から今日まで、毎日気が付くと頭の中で流れています。

行定勲監督
映画の終わり方として、何かひとつの時代性の総括がほしいと思っていました。「あの時代はなんだったのか」ということを語るのに、岡崎京子を一番理解している人間はメロウじゃなくて感傷的じゃなくて、ものすごく爽やかなんだと。だからこんなにも力強いんだって。僕たちの予想を軽々と裏切ってくる楽曲をとてもすばらしく思いました。

映画情報どっとこむ ralph なお、歌詞全文が同時に小沢健二のオフィシャルサイト「ひふみよ」にアップされています。音源の解禁・発売に関しては未発表のため、まずは歌詞を。

映画『リバーズ・エッジ

は、2018年2月TOHOシネマズ 新宿他 全国ロードショー。

公式:
movie-riversedge.jp

物語・・・
「若草さん、今晩ヒマ?僕の秘密の宝物、教えてあげる」。
ハルナ(二階堂ふみ)は、カレシの観音崎(上杉柊平)がイジメる山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、腐りかけた死体を目にする。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという摂食障害のモデル・こずえ(SUMIRE)が現れ、3人は友情とは違う歪んだ絆で親しくなっていく。その一方で、父親のわからない子どもを妊娠するハルナの友人・ルミ(土居志央梨)と、山田に好意を寄せるクラスメイト・カンナ(森川葵)は過激な愛情を膨らませていく。そしてある日、また新たな死体が生まれてしまう。

***********************************


出演:二階堂ふみ 吉沢亮  上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨  森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社  


有村架純、釜山国際映画祭で「Asia Star Award」を受賞!


映画情報どっとこむ ralph 2006年版「この恋愛小説がすごい!」1位に輝いた、島本理生による禁断の純愛物語を、嵐の松本潤主演、ヒロインに有村架純、恋愛映画の名手・行定勲監督がメガホンを取り映画化した『ナラタージュ』が大ヒット公開中です。
韓国・釜山にて10月21日まで開催中の第22回釜山国際映画祭にて、アジアで活躍するスターを表彰する「Marie Claire Asia Star Awards」で有村架純に「Asia Star Award」が贈られました。

「Asia Star Award」は、過去に渡辺謙、イ・ビョンホンが受賞しています。

有村さん:私らしく作品を愛し、役を愛し、これからも頑張っていきたいと思います。本日はありがとうございました。

と、国際映画祭初参加となる釜山の地での受賞への喜びを言葉にしました。

本作は、第22回釜山国際映画祭で「Gala Presentation(ガラ プレゼンテーション)部門」に正式招待され有村架純と行定勲監督が参加中です。

昨日のレッドカーペットの模様はこちら



物語・・・
壊れるくらい、あなたが好きでした。
大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる――。

***********************************

出演:
松本 潤 有村架純
坂口健太郎
大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地/市川実日子 瀬戸康史

監督:行定勲

原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊)
脚本:堀泉杏
音楽:めいなCo.

主題歌:「ナラタージュ」adieu(ソニー・ミュージックレコーズ)
/ 作詞・作曲:野田洋次郎

配給:東宝=アスミック・エース
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会


坂口健太郎、京都弁を披露の劇中映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 10月7日全国公開『ナラタージュ』。

本作に出演する、坂口健太郎が京都弁を話す劇中映像が解禁となりました!

本作は、高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる大人のための恋愛映画。

許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山役を演じるのは、松本潤さん。葉山を全身全霊で愛する工藤泉役を、有村架純さんが扮し熱演しています。

そして、泉に想いを寄せ、一度は恋人になるも、葉山を忘れられない泉への恋心と嫉妬に揺れる大学生・小野怜二役を演じたのが、坂口健太郎さん。『君と100回目の恋』ではギターと歌を、先日最終回を迎えたTBS系日曜劇場「ごめん、愛してる」ではピアノを披露し、多彩な才能を発揮している坂口が、本作では京都弁に挑戦しています。
ナラタージュ坂口健太郎
映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となる映像は、小野の実家でのシーン。
京都にある実家に泉を連れて帰省すると、家族・親戚に温かく迎えられ、小野も京都弁がポロリ。関西特有の怒涛の歓迎ムードに押され気味の泉も、思わず笑みがこぼれます。


有村さんは、坂口さんとの共演はフジテレビ系月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」以来。

そのドラマの共演シーンは1シーンのみだったそうで、

有村さん:しっかりお芝居をするのは初めてでした。ちゃんと気持ちで返してくださる人ですし、彼が持っている柔らかさが小野くんにも反映されていた気がします。泉が小野くんの存在に助けられていたと同じように、私も坂口くんに助けられたこともありました。

と撮影を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph ナラタージュ
10月7日(土) 全国ロードショー

物語・・・

壊れるくらい、あなたが好きでした。

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる――。

***********************************

松本 潤 有村架純
坂口健太郎 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地/市川実日子 瀬戸康史

監督:行定勲
原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊)
脚本:堀泉杏 音楽:めいなCo.

主題歌:「ナラタージュ」 adieu(ソニー・ミュージックレコーズ) / 作詞・作曲:野田洋次郎

配給:東宝=アスミック・エース (C)2017「ナラタージュ」製作委員会