「藤本哉汰」タグアーカイブ

日向寺太郎監督 × 湯浅誠 「こどもしょくどう」トークイベント映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 豊かに見える今の日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いた映画『こどもしょくどう』。

岩波ホールの上映を成功で終え、現在、ヒューマントラストシネマ有楽町、テアトル梅田ほかで好評上映中です。

4月4日に岩波シネサロンで開催された、全国のこども食堂を支援する団体・むすびえの理事長もつとめる社会活動家の湯浅誠さんと、「こどもしょくどう」日向寺監督とトークイベントの映像が解禁になりました。

2016年頃から子ども食堂に深く関わり始めた湯浅氏に、子ども食堂との関わりのきっかけ、子ども食堂の役割の多様化や全国の広がりについてお話しを聞きました。

中でも驚いたのが、「2016年当時、新聞社調べで全国の子ども食堂は319カ所だったが、子ども食堂の最新の数をむすびえを中心に集計中で、今年は3,000~3,500カ所まで増えているだろう」と、3年間で10倍近くにまで急増したことです。

これまで湯浅氏が長い間、貧困問題、学習支援について関わった中で、“貧困問題”というと、「そんな人いるのか?」「自分にはできることはないのでは?」とイメージする人が多かったが、子ども食堂に関わる人に話しを聞くと、ニュースを見て「これなら私にもできると思い始めました」という声が多く聞かれ、これまでとは違ったすそ野の広がり方から、子ども食堂の可能性を感じたと言います。

これほど多く子ども食堂が広がっていますが、湯浅氏の目標は、「全国の21,337カ所ある小学校区の中に1カ所子ども食堂・子どもの居場所ができることで、子ども食堂があることが当たり前になり、誰も驚かなくなることが理想」だとお話しされました。

日向寺監督は2015年に映画の企画がスタート時に大田区の子ども食堂を訪ね、「ニュースなどで見た印象は、食事に困っている子が来ていると思っていたが、大人も子どももいて、緩やかで自由な新しい場ができたと感じた。」と当時の印象を語りました。

先日、仙台市の子ども食堂を訪ねた時は、食事を作っているボランティアの人たちもすごく楽しそうだったのが印象的だった言う日向寺監督話しに、湯浅氏も兵庫県で91歳の女性が「私の生きがいなの」とお手伝いをされているエピソードを話し、会場を驚かせました。



映画情報どっとこむ ralph また本作品は岩波ホールでの好調な興行を受け、全国の上映館も続々と増えています。


東京はヒューマントラストシネマ有楽町(上映中)、アップリンク吉祥寺(4月19日~)、船堀シネパル(5月17日~)、

神奈川はあつぎのえいがかんkiki(5月11日~)、シネマジャック&ベティ(6月15日~)、

関西はテアトル梅田(上映中)、神戸国際松竹(上映中)、京都シネマ(4月20日~)ほか

全国上映になります。

映画公式ホームページ
https://kodomoshokudo.pal-ep.com

映画情報どっとこむ ralph 映画「こどもしょくどう」

ヒューマントラストシネマ有楽町、テアトル梅田ほか全国順次公開中。

ストーリー
小学5年生のユウトは、食堂を営む両親と妹と穏やかな日々を送っていた。ある日、父親と車中生活をしている姉妹と出会ったユウトは、両親に、二人にもごはんを作ってあげてと頼んだ。数日後、姉妹の父親が失踪してしまう。ユウトは幼馴染のタカシと共に、姉妹と意外な行動に出始める・・・。

オフィシャルサイト:
https://kodomoshokudo.pal-ep.com

***********************************

出演:藤本哉汰、鈴木梨央、浅川蓮、古川凛、田中千空/降谷建志、石田ひかり/常盤貴子、吉岡秀隆

監督:日向寺太郎
脚本:足立紳、山口智之
撮影:鈴木達夫 照明:三上日出志
美術:丸山裕司 録音:橋本泰夫
編集:川島章正 音楽:Castle in the Air(谷川公子+渡辺香津美)

主題歌:「こどもしょくどう」作詞/俵万智 作曲/谷川公子
編曲・演奏/Castle in the Air 唄/古川凛、田中千空

製作:パル企画/コピーライツファクトリー/バップ
配給:パル企画
(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会


藤本哉汰、鈴木梨央、吉岡秀隆と常盤貴子ら登壇『こどもしょくどう』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 先進国では最低ランク「子どもの貧困率は7人に一人」である隠れた貧困大国・日本。

そんな現状のなか、家もなく満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いた映画『こどもしょくどう』。

『火垂るの墓』の日向寺太郎監督と『百円の恋』の足立紳の脚本で、社会は子どもの純粋な想いから変わるかもしれないという希望を描いた、子ども食堂が誕生するまでの物語。

ダブル主演の藤本哉汰、鈴木梨央らの瑞々しい姿、定食屋を営むユウトの両親を演じる吉岡秀隆と常盤貴子の温かい眼差しが胸を打つ―。 3月23日(土)岩波ホールにて初日舞台挨拶が行われました。


「こどもしょくどう」初日舞台挨拶
日時:3月23日(土)
場所:岩波ホール
登壇:藤本哉汰、鈴木梨央、常盤貴子、吉岡秀隆、浅川蓮、古川凛、田中千空、日向寺太郎監督

映画情報どっとこむ ralph 満員の客席に上映後の感動の涙が溢れる中、舞台挨拶は、

日向寺監督:映画館で育った人間なので映画館に来てくれて嬉しいです。

と、観客への感謝の言葉から始まった。W主演のユウト役を演じた藤本哉汰さんは初めての主演を振り返り

藤本さん:色んなことを学ばさせていただきました。

同じくW主演で初の主役である・ミチルを演じた

鈴木梨央さんは満席の観客席を見渡して

鈴木さん:多くの方にこの映画を見て頂けてうれしいです。

と挨拶。

大山タカシ役・浅川蓮さん、木下ヒカル役・古川凛さん、高野ミサ役・田中千空さんと挨拶が続き、ユウトの母親役を務めた常盤貴子さんは、衣装の靴を忘れてしまったことを明かし場内を沸かせる。

常盤さん:この映画にこんなにたくさんの人たちが来てくれるなんて。

と喜んだ。ユウトの父親役を演じた吉岡秀隆さんが

吉岡さん:今日は寒いけど、この会場はとってもあたたかい。心温まる何かを感じ取ってもらえたんだろうな。

と語った。感想として観客から割れんばかりの拍手を頂き、シンプルに『うれしいです』と、日向寺監督。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、企画意図について

日向寺監督:子ども食堂が最初からあるものではなく、できるまでの物語にしようと思った。企画がスタートしたのは2015年で、子ども食堂は今ほど知られていなかった。

と語る。監督の演出について

藤本さん:テストがなくすぐ本番という感じが多く、自然な感じで演じることができました。

鈴木さん:自
分が思うままに、自然と自分が出た感情で演じてほしいというアドバイスを頂きました。

と語った。成長期真っ最中である浅川さんの急に伸びた身長や、俵万智さんが歌詞を担当した主題歌を歌う古川さんと田中さんの自由でカワイイふるまいに自然と笑顔になる登壇者たちと観客たち。

幼い頃からキャリアをスタートさせてきた藤本さん・鈴木さんだが、初めての主演には緊張もあったようで、

鈴木さん:最初、クランクインしたときは、少しだけピリピリしたかな。

藤本さん:ベテランさんに引っ張ってもらえました。はっきりと優しく教えてくれました。

と、一生懸命だった撮影を思い出し合った。

映画情報どっとこむ ralph 吉岡さんは二人と同じく子役から活動した自身を振り返りながら、藤本さんと鈴木さんを素晴らしいと絶賛。

吉岡さん:彼らの見つめる目線の先に、大人たちが作ったこういう時代があるとしたならば、子供は親だけが育てるものではなくて、大人全員で育てないといけない。

と投げかけた。常盤さんは、日向寺監督作『爆心・長崎の空』を見るために京都まで行ったという監督との最初の出会いに触れながら、出演の決め手を

常盤さん:現代社会が抱えている大きな問題を捉えていて、意義のある映画だと思う。

と語り、自身が少女時代を過ごした関西で感じた、踏み込む精神の大切さ、

常盤さん:静観しているよりはまずは入っていってみるのもいいんじゃないかな。おせっかい心が、日本をより明るくするんじゃないかな。

と問いかけた。


吉岡さん:次の世代、子どもたちの笑顔が今よりも溢れる時代になれば、大人たちの心の余裕が生まれ、弱者と言われている存在にも目を向けられるのではないか、この映画と同じように次にくる時代は少しでもいい時代になればいいなと祈るような気持ちでいます。

と訴えた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

藤本さん:この映画はとても考えさせられる映画です。見て見ぬふりをせず、勇気を持って関わってほしいと思います。いろいろな人に広めてほしいなと思います。

鈴木さん:みなさんがこの映画を見た後、みんなで話したり、考えたり、行動にうつしてほしいなと思います。子ども食堂で検索すると、子ども食堂ネットワークというサイトがあって、そこでどこの食堂で何が必要なのかと分かるので、みなさんが子供たちのために何か力になって頂けたら嬉しいです。

と真っ直ぐな瞳で語りかけ、

日向寺監督:子ども食堂という新しくゆるやかな共同体ができたことがとても素晴らしいこと。映画を見て下さった皆さんともこの気持ちを共有できてうれしいです!

と締めくくった。

『こどもしょくどう』

3/23(土)~岩波ホール2週間先行上映 全国順次ロードショー

オフィシャルサイト:
https://kodomoshokudo.pal-ep.com

小学5年生のユウトは、食堂を営む両親と妹と穏やかな日々を送っていた。ある日、父親と車中生活をしている姉妹と出会ったユウトは、両親に、二人にもごはんを作ってあげてと頼んだ。数日後、姉妹の父親が失踪してしまう。ユウトは幼馴染のタカシとともに、姉妹と意外な行動に出始める……。

***********************************

出演:藤本哉汰、鈴木梨央、浅川蓮、古川凛、田中千空/降谷建志、石田ひかり/常盤貴子、吉岡秀隆

監督:日向寺太郎 脚本:足立紳、山口智之 撮影:鈴木達夫 照明:三上日出志 美術:丸山裕司 録音:橋本泰夫 編集:川島章正

音楽:Castle in the Air(谷川公子+渡辺香津美)

主題歌:「こどもしょくどう」作詞/俵万智 作曲/谷川公子 編曲・演奏/Castle in the Air 唄/古川凛、田中千空

製作:パル企画/コピーライツファクトリー/バップ
配給:パル企画
(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会


藤本哉汰、鈴木梨央、日向寺太郎監督登壇!こども食堂サミット2019『こどもしょくどう』特別試写会映画


映画情報どっとこむ ralph 豊かに見える今。
日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いた映画『こどもしょくどう』が3/23から岩波ホールで公開となります。

そして、この度、全国のこども食堂の運営者、スタッフ・ボランティア、支援者、行政関係者などが一堂に会する年に1度のイベント「こども食堂サミット」にて特別試写会、舞台挨拶が行われました。

こども食堂サミット2019特別試写会
日時:2月10日(日)
場所:としまセンタースクエア
登壇者:藤本哉汰、鈴木梨央、日向寺太郎監督

映画情報どっとこむ ralph 上映中、場内からすすり泣く声も聞こえ、全国から集まった200人を超えるこども食堂関係者の中、日向寺太郎監督と、W主演の藤本哉汰、鈴木梨央が上映後の舞台挨拶に登壇。

日向寺監督はこども食堂関係者の試写会ということで
日向寺監督:とても緊張しています。こども食堂の運営はとても自由で緩やかな形態なので、こども食堂をモチーフに映画を作るとすれば、無限の物語があると思いました。そういう中でこのテーマの映画を自分が撮るとなったとき、こども食堂を作ろうとした人たちはどんな思いだったんだろうか、今の社会はこども達から見てどう見えているのだろうか、そしてその根本を見つめなければいけないなとの思いから、こども食堂ができるまでの物語にしようということで企画がはじまりました。

と来場者に企画の成り立ちを説明した。

企画段階で、日向寺監督と脚本家の足立紳が訪ねた気まぐれ八百屋だんだん こども食堂の近藤博子さんも今回の試写会に参加されていて、映画の感想について聞かれ

近藤さん:こどもの問題ですが、大人の社会の問題だなと感じました。

と感想を述べ、

日向寺監督:こどもの問題は大人の問題で、互いは常に背中あわせです。ですが今の社会を作ったのは大人の責任なので、こども達には責任はないと思っています。

と世の中への思いを語った。

撮影前にこども食堂を知っていたか?と聞かれた


藤本さん:ニュースでは知っていたけど、この映画の撮影とともに学んできました。

鈴木さん:ニュースを見たことがあるくらいで多くの知識はなかったのですが、この作品をきっかけにこども食堂について色々調べていきました。

と2人ともこの映画をきっかけにこども食堂について関心を持ち学んだいう。

主演2人の演技について監督に聞いたところ、
日向寺監督:とても自然な演技で2人とも役者が演じているというよりも、それぞれユウトや、ミチルとして見えることが素晴らしいのではないかと思います。

と大絶賛を送った。

映画情報どっとこむ ralph 藤本さんは一人で行動するしっかりしたユウトを見習い、

藤本さん:撮影中に自分でできることは自分でやるように意識をしました。

と、映画の中の役柄同様、撮影を通して成長できたと言う。鈴木さんはセリフの少ない役のため、台本に書かれていない気持ちの表現について
鈴木さん:台本を読んだとき、すごく難しい役どころだなと思いました。役作りに関しては、古川凛ちゃんとは撮影前にお話しする機会を設けてもらい、クランクインのときにはヒカルの姉として撮影に挑むことができました。

今回、日向寺監督は特別な演技指導はしてないということで、藤本さんも鈴木さんも撮影はほとんどテストをせずに本番で自然に演技をすることができたと語っていました。

岐阜県からイベントに参加したこども食堂運営者の女性は、「こども食堂を始めてまだ半年です。映画を見て、自分の周りに映画に出てきたこども達のような厳しい環境に暮らす子もいる事をわたし自身、想像できていなかったことに気づきました。役者さんたちの演技、(映画の主題歌にある)「食は命、そしてつながり」というメッセージが心に沁みました。」という感想を監督と主演2人に送りました。

最後に・・・

この映画をどんな人に見てもらいたいかと聞かれ

藤本さん:こども食堂をまだ知らない人に見てもらい、どういう場所か知ってもらい、貧困問題などについても考えてもらえたらいいなと思います。

と答え、

鈴木さん:この映画は見たあとに考え方が変わり、考えさせられる映画だと思います。家族の人と話し合ったりして、少しでも自分が何か関われることがあるならば、できる範囲でその子たちの助けになってくれたらなと思います。

と社会の変化に期待を寄せ、

鈴木さん:そのためにもひとりでも多くの人にこの映画を広めてもらえると嬉しいです。

とこども食堂の関係者の皆さんにアピールして舞台挨拶を締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph
こどもしょくどう

オフィシャルサイト:
https://kodomoshokudo.pal-ep.com

ストーリー
小学5年生のユウトは、食堂を営む両親と妹と穏やかな日々を送っていた。ある日、父親と車中生活をしている姉妹と出会ったユウトは、両親に、二人にもごはんを作ってあげてと頼んだ。数日後、姉妹の父親が失踪してしまう。ユウトは幼馴染のタカシと共に、姉妹と意外な行動に出始める・・・。日本各地で広がりつつある子ども食堂。その背景にある社会状況を、子どもたちの視点で描く。

***********************************

出演:藤本哉汰、鈴木梨央、浅川蓮、古川凛、田中千空/降谷建志、石田ひかり/常盤貴子、吉岡秀隆

監督:日向寺太郎
脚本:足立紳、山口智之
音楽:Castle in the Air(谷川公子+渡辺香津美)

主題歌:「こどもしょくどう」作詞/俵万智 作曲/谷川公子
編曲・演奏/Castle in the Air 唄/古川凛、田中千空

製作:パル企画/コピーライツファクトリー/バップ
配給:パル企画
(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会
  


映画「こどもしょくどう」 俵万智作詞の主題歌とともに予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 豊かに見える今の日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いた映画『こどもしょくどう』。

今や全国3,000か所以上まで広がったと言われる子ども食堂をテーマに、『火垂るの墓』の日向寺太郎監督と、『百円の恋』の足立紳の脚本で、社会は子どもの純粋な想いから変わるかもしれないという希望を描いた、子ども食堂が誕生するまでの物語。

ダブル主演の藤本哉汰、鈴木梨央らの瑞々しい姿、定食屋を営むユウトの両親を演じる吉岡秀隆と常盤貴子の温かい眼差しが心を打ちます。


このたび解禁される予告編は、藤本哉汰演じるユウトが、鈴木梨央演じる車中生活を送るミチルと出会い、傍観者に過ぎなかった自分の中に芽生えた葛藤や、親たちの戸惑いが描かれ、大人に一石を投じるべく、子どもたちが自ら行動を起こす健気な姿が描かれています。



そして、予告編に流れる主題歌「こどもしょくどう」は、俵万智が作詞した印象的な“食べることは、命”というフレーズが、主題歌を歌う古川凛と田中千空の元気いっぱいの歌声とともに、まっすぐ観客の心に届く仕上がりとなっています。俵さんは、「作詞にあたっては、私自身は作詞のプロではありませんので、率直にこの映画から受けた感情を大事にしたいなと思いました。食べるという命に直結する行為で、大人から子供、社会が繋がっていく姿が素晴らしいと感じました。なのでそこに焦点を絞りつつ、自分自身の感想・感動、この映画からもらったものを自分なりに言葉でお返しする、そんな気持ちで歌詞を書きました。(俵万智さん談)」と作詞について語っています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『こどもしょくどう』

3/23(土)~岩波ホール2週間先行上映 ほか全国順次ロードショー


ストーリー
小学5年生のユウトは、食堂を営む両親と妹と穏やかな日々を送っていた。ある日、父親と車中生活をしている姉妹と出会ったユウトは、両親に、二人にもごはんを作ってあげてと頼んだ。数日後、姉妹の父親が失踪してしまう。ユウトは幼馴染のタカシと共に、姉妹と意外な行動に出始める・・・。

***********************************

出演:藤本哉汰、鈴木梨央、浅川蓮、古川凛、田中千空/降谷建志、石田ひかり/常盤貴子、吉岡秀隆

監督:日向寺太郎
脚本:足立紳、山口智之
撮影:鈴木達夫 照明:三上日出志
美術:丸山裕司 録音:橋本泰夫
編集:川島章正
音楽:Castle in the Air(谷川公子+渡辺香津美)

主題歌:「こどもしょくどう」作詞/俵万智 作曲/谷川公子 
編曲・演奏/Castle in the Air

製作:パル企画/コピーライツファクトリー/バップ
配給:パル企画
(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会




現代社会を子どもの視点から描いた物語。映画『こどもしょくどう』劇場公開決定


映画情報どっとこむ ralph 豊かに見える今の日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いた映画『こどもしょくどう』の劇場公開が決定しました。


『火垂るの墓』で戦禍の中精一杯生きる兄妹と向き合った日向寺太郎監督と、2014年『百円の恋』(武正晴監督)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞した足立紳の脚本で、弱者に不寛容な現代社会であっても、子どもの純粋な気持ちは、社会を変えていくことができるかもしれないという希望が見える作品になりました。

また、ダブル主演の藤本哉汰、鈴木梨央らの瑞々しい姿、食堂を営むユウトの両親を演じる吉岡秀隆と常盤貴子の温かい眼差しが心を打ちます。


劇場公開決定にあわせてティーザービジュアルも解禁となります。

さらに、「こどもしょくどう」の主題歌に歌人・俵万智が作詞で参加することが決定。作曲はCastle in the Airの谷川公子が劇伴とともに担当します。

映画情報どっとこむ ralph 映画『こどもしょくどう

3月23日(土)~岩波ホールほか全国順次ロードショー決定

オフィシャルサイト:
https://kodomoshokudo.pal-ep.com

ストーリー
小学5年生の高野ユウト(藤本哉汰)は、食堂を営む両親と妹と健やかな日々を過ごしていた。一方、ユウトの幼馴染のタカシの家は、育児放棄の母子家庭で、ユウトの両親はそんなタカシを心配し頻繁に夕食を振舞っていた。ある日、ユウトとタカシは河原で父親と車上生活をしている姉妹に出会った。ユウトは彼女たちに哀れみの気持ちを抱き、タカシは仲間意識と少しの優越感を抱いた。あまりに“かわいそう”な姉妹の姿を見かねたユウトは、怪訝な顔をする両親に2人にも食事を出してほしいとお願いをする。久しぶりの温かいご飯に妹のヒカルは素直に喜ぶが、姉のミチル(鈴木梨央)はどことなく他人を拒絶しているように見えた。 数日後、姉妹の父親が2人を置いて失踪し、ミチルたちは行き場をなくしてしまう。これまで面倒なことを避けて事なかれ主義だったユウトは、姉妹たちと意外な行動に出始める。

***********************************


出演:藤本哉汰、鈴木梨央、浅川蓮、古川凛、田中千空/降谷建志、石田ひかり/常盤貴子、吉岡秀隆

監督:日向寺太郎
脚本:足立紳、山口智之
撮影:鈴木達夫
照明:三上日出志
美術:丸山裕司 録音:橋本泰夫

編集:川島章正 音楽:Castle in the Air(谷川公子+渡辺香津美)

主題歌:「こどもしょくどう」作詞/俵万智 作曲/谷川公子 編曲・演奏/Castle in the Air

製作:パル企画/コピーライツファクトリー/バップ
配給:パル企画
(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会