「藤原竜也」タグアーカイブ

藤原竜也×蜷川実花 最高にイカれた極彩美サスペンス映画『Diner ダイナー』ポスター到着!


映画情報どっとこむ ralph 藤原竜也×蜷川実花の初タッグで映画化!
最高にイカれた極彩美サスペンス映画『Diner ダイナー』が、7月5日(金)に公開となります。

窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。

そして今回解禁となった場面写真では、立ちすくむ少女の首に、鋭い眼光で包丁を突き立てているボンベロの姿が。
ダイナーの“王”にふさわしいカリスマ性に包まれており、“食うか、消されるか”のダイナーの”極限まで張りつめた空気まで伝わってくるようだ。

また本作の料理シーンとして初解禁となる写真では、巨大な肉の塊を切り落とすボンベロの姿が。天才シェフの片鱗を見せるが、一体“何の生肉”を切っているのか…?一体どんな料理を作るのか、不気味さを感じさせる一枚となっています。

映画情報どっとこむ ralph また同時に解禁となったティザーポスターでは、赤やピンクの鮮やかな色の花で彩られたダイナーで、血みどろのボンべロが1人佇んでいます。蜷川ワールド全開のゴージャスな空間と、手に包丁を携え返り血で染まる切り裂けたシェフ姿、この一枚だけで異様なオーラを放しており、藤原のこれまでの出演作のどれよりも強烈さのあるビジュアルとなっています。
映画情報どっとこむ ralph 蜷川実花が創り上げる異様な世界観の本作には、ダイナーを訪れる殺し屋たちとして豪華キャストの出演が解禁されているが、そのビジュアルや詳細は明らかになっておらず、期待が高まります。その殺し屋たちにボンベロはどんな料理をふるまうのか?そしていまだ隠されているオオバカナコは誰が演じるのか。

映画『Diner ダイナー』

7月5日(金) 食うか、消されるか。

公式サイト:
diner-movie.jp

公式Twitter:
@DinerMovie

#ダイナー

<ストーリー>

ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ

そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂ダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。
「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

***********************************

藤原竜也
窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ
小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二
原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)、監督:蜷川実花
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花  音楽:大沢伸一
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会


俺は、ここの“王”だ!藤原竜也×蜷川実花監督『Diner ダイナー』特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 主演:藤原竜也、監督:蜷川実花が初タッグを組んだ未体験サスペンス、映画『Diner ダイナー』。
原作は、映像化不可能と言われた平山夢明著『ダイナー』で、小説からコミック化もされているもの。満を持しての映画化です。


そして!

この度、公開日が7月5日(金)に決定し、併せて初の本編映像解禁になる特報映像が完成しました。

また、主演の藤原竜也に続き、主役級の超豪華キャストの出演も一挙解禁!

主演は、幾多の超個性的なキャラクターを怪演し、その圧倒的な演技力と存在感で『デスノート』『カイジ』『僕だけがいない街』『22年目の告白-私が殺人犯です-』をはじめとする主演作を大ヒットに導いてきた、日本を代表する唯一無二の俳優:藤原竜也(ふじわらたつや)。

一癖も二癖もある刺激的なキャラクターを演じ、観るものを魅了する藤原が今回挑んだのは、天才シェフであり、元殺し屋のボンベロ。数々のクズ役を演じてきた彼が、元殺し屋かつ天才シェフという異色の経歴の役を演じ、新たな代表作になること間違いなしだ。今回解禁となった血まみれのビジュアルからもわかるとおり、これまでにない強烈なキャラクター。蜷川実花の作り上げる極彩色の世界の中にたたずむボンべロは、そこはかとない不敵なオーラを放っており、『バトル・ロワイアル』シリーズや『るろうに剣心』シリーズでも特異な殺人鬼を演じている藤原ですら、ボンベロを演じるには最初は戸惑いもあったという。しかし、クランクアップの際には「何でもありなキャラクター。僕としてはすごく気持ちのいいキャラクターに仕上がった」と、難役を演じています。

映画情報どっとこむ ralph この度、解禁となった特報映像は、藤原演じるボンベロの「俺は、ここの“王”だ!」という衝撃的なセリフから幕が開き、監督:蜷川による色彩美溢れるダイナー(食堂)の一部が遂に明らかに――!ナイフを手に不気味で圧倒的な存在感を放つボンベロと、今はまだ全貌が見えないキャラクターたち。そんなダイナーに集う強烈な“殺し屋”を演じるのは窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、さらに、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら日本映画界を代表する本格派の豪華俳優たち。まさかキャストティングで、まさかの全員“殺し屋”!!衝撃的な設定だが、どのような役柄で出演し、どのようなビジュアルになるか、今後の情報に期待が高まる!


映画情報どっとこむ ralph なお・・・
ヒロインともいえる役柄の“オオバカナコ”に関しても、謎に包まれたままとなっており、男性主人公作品の中で、蜷川がどのようなミューズを誕生させるのか、こちらも今後の展開から目が離せない‼

『Diner ダイナー』

7月5日(金) 食うか、消されるか。

公式サイト:
diner-movie.jp  

公式Twitter:
@DinerMovie  
#ダイナー

ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある

一人ぼっちで人生どん底…ほんの出来心で怪しいサイトのバイトに手を出したばかりに、一瞬で普通の生活から転落したオオバカナコは、とあるダイナーにウェイトレスとして売られてしまう。そこは、要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がる、カラフルで強烈な色彩美を放つ<ダイナー(食堂)>。店主と名乗る男は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。
「ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある」
次々と現れる一筋縄ではいかない凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の最高にブッとんでいる世界に放り込まれたカナコ。ボンベロとは何者なのか?物語は、一瞬たりとも目が離せない展開へと加速していく…

***********************************

藤原竜也
窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ
小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二

監督:蜷川実花、原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花  音楽:大沢伸一

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会
   


藤原竜也×吉田修一×羽住英一郎『太陽は動かない』映画&連続ドラマ化決定!


映画情報どっとこむ ralph スパイアクションエンターテイメント小説「太陽は動かない」の映画&連続ドラマ化が決定!


吉田修一先生原作スパイアクションエンターテイメント小説、通称“鷹野一彦”シリーズ三部作の「太陽は動かない」「森は知っている」「ウォーターゲーム」。

今回映画で描かれるのは「太陽は動かない」「森は知っている」の2編、そして連続ドラマは原作者監修のもと構築するオリジナルストーリー。

この映像化不可能と言われたスパイ巨編に挑むのが、日本でアクションの第一人者:羽住英一郎監督。

そして主演には、昨年の「22年目の告白」をはじめ出演作を次々と大ヒットに導き、名実共に日本を代表する千両役者となった藤原竜也が決定した!羽住監督とは初タッグとなり、その化学反応も楽しみなポイント。

今回は羽住監督&藤原主演により映画と連続ドラマを同時製作!
桁違いのスケール感で単なるメディア連動企画とは一線を画す、『MOZU』以来の激アツ作品になること請け合い!

日本映画界の総力を結集し、圧倒的スケールでの海外ロケも実施する予定!満を持して挑むグローバルプロジェクト!映画&連続ドラマの連動で、その完全映像化に挑む!2020年、オリンピックイヤー最大の話題作に注目!

映画情報どっとこむ ralph
【藤原竜也さんコメント】

◆映画化が決まった心境
過去に類を見ない巨大なスケールのエンターテイメント作品になると思いますので、今から身の引き締まる思いです。 あの壮大な世界観をしっかりと再現出来るように、スタッフ・キャスト力を合わせて、懸命に取り組みたいと思います。

◆『パレード』(‘09)以来となる吉田修一氏の作品
前回出演させていただいた「パレード」は、比較的ゆっくりと静かに物語が進行していく作品でしたが、今作は正反対。 終始ハードなテイストですし、物語の舞台は海外にまで広がっていくので…また新たな吉田ワールドを体感できること が、今から非常に楽しみです。

◆初タッグとなる羽住監督の印象と、今作での期待するポイント
伊藤(英明)君の「海猿」は、自分にとっても衝撃的な作品でした。「MOZU」もそうでしたが、スケールの大きなアクション 作品を、繊細にカッコ良く撮られる監督という印象があります。今作では自分が出る側として、もちろんプレッシャーもあ りますが、監督の思い描く【鷹野】を、しっかり表現できるように努めたいと思います。

◆初となる“スパイ”役に向けての意気込み
激しいアクションシーンを要する“スパイ”の役どころになりますので、来年の撮影に向け体の状態を万全に整えて、心 して臨みたいと思います。映画・ドラマ共に、皆様の心を揺さぶる作品になるように、頑張ります!


【羽住英一郎監督コメント】
◆映画化が決まった心境
骨太でスケールの大きい産業スパイアクション小説の映画化に挑むにあたり、準備期間の今から刺激的な毎日が始ま っています。劇場に来た観客達の度肝を抜く映画を目指して、羽住組のスタッフ一同全力でチャレンジして行きたいと 思います!

◆原作を読んで
頁を捲る手を休ませないノンストップアクションエンターテイメントにただただ圧倒され、鷹野一彦という男の過去を知れば知るほど、その姿をスクリーンで観てみたい衝動を抑えきれなくなっていく自分がそこにいました。

◆初タッグとなる主演・藤原竜也さんの印象と、今作での期待するポイント
大胆さと繊細さを兼ね備え、男から見ても色気を感じる藤原竜也さんが創り出す鷹野一彦という男に会うのが今から楽 しみで、その表情、肉体、迸る汗までも逃す事なくスクリーンに焼き付けたいと思っています!


【吉田修一先生コメント】
◆映画化が決まった心境
世界観、ヒューマニティ、ストーリー、そのどれをとっても、これまでの自著にはないスケールの大きな小説になりました 。この超絶スパイエンターテイメント作品が、羽住英一郎監督、藤原竜也さん主演で映像化されると聞き、原作者として 身震いするほど期待しておりますし、一映画ファンとしても、超一流スタッフによるジャパニーズ・スパイ・アクション映画 の誕生が今から楽しみでなりません。

映画情報どっとこむ ralph 「太陽は動かない」

2020年、公開決定! & WOWOWにて放送決定!

<ストーリー>
世界を股にかけながら国政や企業の裏で暗躍し、そこで得た重要機密事項や情報から対価を得ることを生業としている産業スパイ組 織:AN 通信。諜報員・鷹野一彦(藤原竜也)と相棒の田岡亮一は、世界各国が奪い合う革新的な太陽光エネルギー開発技術に関する 情報争奪戦の中にいた。そこには日本政財界を揺るがす巨大な陰謀が隠されており、鷹野らは商売敵の韓国人スパイ・デビッドキム や謎の女・AYAKO、そして各国の権力者らと対峙していく。一方で垣間見える鷹野らの壮絶な過去。そして、彼らの胸に埋め込まれて いるチップの謎とは・・・。

***********************************

原作:吉田修一 「太陽は動かない」「森は知っている」(幻冬舎文庫刊)
監督:羽住英一郎 (『海猿』シリーズ、『MOZU』シリーズ、『暗殺教室』シリーズ)
脚本:林民夫 (『ゴールデンスランバー』、『永遠の0』、『予告犯』) 出演:藤原竜也 ほか
制作プロダクション:ROBOT
製作幹事:WOWOW・ホリプロ 2020


『泣き虫しょったんの奇跡』上白石萌音、石橋静河、藤原竜也ほか第三弾キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。

松田龍平が『青い春』以来16年ぶりに豊田作品で単独主演を務めるほか、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子、國村隼といった<主役級>の豪華キャストが集結した本作の公開日が、9月7日(金)に決定しました。

この度、主人公“しょったん”を取り巻く、上白石萌音、藤原竜也ほか実力派キャスト13名を新たに発表!

将棋一筋で生きてきた“しょったん”が、淡い恋心を抱く喫茶店の店員・真理子役には、『舞妓はレディ』(14)で映画初主演ながら、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、その後も『ちはやふる』シリーズ(16、18)や、ヒロインの声を演じた『君の名は。』(16)、さらに現在公開中の『羊と鋼の森』への出演と、目覚ましい活躍を続ける注目の若手女優・上白石萌音。

奨励会を退会し会社員となった“しょったん”の同僚・南咲子役に、『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の主演に抜擢され、多数の映画賞を受賞し、『きみの鳥はうたえる』(9月1日公開)、『生きてるだけで、愛。』(今秋公開)など、話題作の公開が控える石橋静河。

上司・山口役には、バラエティ・ドラマ・映画への出演を始め、『火花』(17)では監督も務めるなど、マルチに活動を見せるお笑い芸人・板尾創路。

さらに、かつて主演映画『I’M FLASH!』(12)で松田龍平と共演を果たした藤原竜也の出演も明らかに!会社員として働く傍ら、再び将棋のプロを目指す“しょったん”のファンの一人として登場する。果たしてどのようなシーンで登場するのか…?松田と藤原の共演シーンにも、ぜひ注目して欲しい。

その他、大西信満、奥野瑛太、遠藤雄弥、山本亨、桂三度、三浦誠己、渡辺哲など、実力派キャスト陣が集結!それぞれ独特な存在感を放ち、作品にさらなる厚みをもたらしている。また、中学時代の晶司役には注目の若手俳優・窪塚愛流、親友・悠野(野田洋次郎)の中学時代には、後藤奏祐人が扮し、将棋に打ち込むひたむきな姿をフレッシュに演じている。

映画情報どっとこむ ralph さらに本ポスタービジュアルが公開となりました!


公開されたポスタービジュアルでは、「負けっぱなしじゃ、終われない。」という“しょったん”の想いを込めた言葉と共に、将棋盤の前で覚悟を決めたかのような表情を見せる“しょったん”の姿が。奨励会員の仲間たちや、幼い頃から自身の夢を応援してくれた父、さらに内気だった“しょったん”の背中を押してくれた恩師、そして最大のライバルであり親友…。「満26歳までに四段へ昇段しなければプロ棋士になれない」という、プロ棋士の養成機関・奨励会(新進棋士奨励会)に潜む“鉄の掟”のもと、年齢制限を迎え一度は将棋から離れてしまうが、再び夢を追うことを決意した“しょったん”を力強く支え、応援する人々の姿が映し出されている。「ひとりの夢が、みんなの夢になった―」。そう記された言葉の通り、“しょったん”の将棋への情熱が次第に周囲の人々の心を動かし、やがてみんなにとっての“夢”や“希望”となっていく。豪華キャストら共演によって描かれる、その濃厚な人間ドラマには、ますます期待が膨らむばかり。

自身も9歳から17歳まで奨励会に在籍していた過去を持つ豊田監督が、「将棋を描くなら、『人生の縮図=将棋そのもの』な世界にたどり着きたい」という想いを込めメガホンを取った本作。様々な人々との出会い、挫折・葛藤、そして、いつまでも変わらない将棋への想い―。そのすべてが重なり合い、35歳のサラリーマンが将棋界の歴史を変える“奇跡”を巻き起こた、感涙必至の実話を描いた

泣き虫しょったんの奇跡』は、9月7日(金)より全国ロードショー!

また、本作は8月24日(金)より開催の第42回モントリオール国際映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品されることが決定いたしました!

史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

***********************************

監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
脚本:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸

出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼

製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社


佐藤健×高橋一生が初共演 大友啓史監督 映画『億男』公開日が決定!!


映画情報どっとこむ ralph 大友啓史監督が最新作に選んだ題材は、なんと“お金”!

原作は、2015年に「本屋大賞」にノミネートされ、日本のみならず、中国、韓国、台湾ほかで出版され、累計発行部数56万部を突破している話題作「億男」(川村元気著)。

お金を巡って、幸せのあり方、家族のあり方、友情のあり方などを問われる、さながら“地獄めぐり”のように億万長者たちと主人公が向き合いながら、その答えを探しだす姿を描く新感覚マネーエンターテイメント作品になります。

映画情報どっとこむ ralph 借金を抱え、家族もバラバラだったが、起死回生とばかりに3億円の宝くじが当選!人生をやり直そう・・・とする矢先に、そのお金を億万長者であったはずの親友に持ち逃げされる―― そんな不運な男、主人公「一男」役を託されたのは、映大友監督と3作に渡って強力なタッグを組んでいる佐藤健。

一男(かずお)/佐藤健さんからのコメント
主人公の一男は、どん底の借金生活から一転、宝くじで3億円が当たったことをきっかけに、様々な“お金のスペシャリストたち”と出会い、話を聞き、葛藤しながら、正しいお金の使い方を模索していきます。お金に関しての目から鱗が落ちるような台詞の数々に、僕自身も一男と共に、お金というものに対して人生で初めてこんなにも考えを巡らせました。すでに年始にモロッコでのロケを終えまして、相変わらずの大友組のスケールの大きさと一生さんの芝居の巧妙さに震えおののいておりますが、なんとか食らいついていきたいと思います。曲者揃いの″お金のスペシャリストたち″のキャスティングにもご期待ください。


そして、「一男」の大学時代の親友であり、億万長者。しかしながら、一男の3億円とともに忽然と姿を消す謎多き男「九十九」を演じるのは、高橋一生。大友監督とのタッグは、『3月のライオン』以来となります。

九十九(つくも)/高橋一生さんからのコメント
お金があれば幸せなのか、お金がなくとも幸せなのか世界には多くの人がいて、人の数だけ正解があるように感じます。この度参加させていただきます『億男』の劇中にも、それぞれに答えを求める人間が出てきます。全てを手に入れられるのに全てを諦めているような導きの神のようで、迷える子羊のような九十九という魅力的な人間をこの大友組で作れること、幸せです。共演者の方々、携わるスタッフの方々と共に、お金と幸せを巡る旅を充実させたいと思います。


大友啓史監督からのコメント
『龍馬伝』から『るろうに剣心』三部作と、濃密な時間を一緒に走ってきた佐藤健君と四年ぶりの現場。しかも、初めての現代劇。既に終えたモロッコ撮影では、お金に振り回される等身大の青年・一男を、ニュートラルに魅力的に演じてくれています。『3月のライオン』に続いての高橋一生さん、今回の九十九役は、彼の豊潤な引出しの中から、贅沢に、そして多面的にその魅力を引っ張り出す絶好の役だと思います。お金をめぐる「地獄めぐり」のストーリーに相応しく、一筋縄ではいかない役者たちが揃いました。主人公一男の冒険、僕自身が誰よりも楽しみにしています。ご期待ください。

佐藤健と高橋一生は既に、今年年始にモロッコでのロケを完了。

映画情報どっとこむ ralph また、お金を巡る旅の、個性的な案内人たちを務める出演陣に、藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、池田エライザら実力・話題性に秀でた演技派豪華キャストが大集合。日本を代表する俳優・女優のこの上ないマリアージュに期待が膨らみます。この誰もが気になるキャスティングは、誰も観たことのない化学反応が起きる予感しかない!

脚本は、「ドラゴンクエスト」シリーズ開発などで知られる、渡部辰城。本作が初映画脚本ながら、お金と友情、家族に翻弄される登場人物たちを生き生きと描きます。

映画情報どっとこむ ralph お金と友情、家族の在り方を描いた新感覚マネーエンターテインメント。

佐藤健と高橋一生の初共演で贈る、

映画『億男』は2018年10月19日(金)公開。

公開 2018年10月19日(金)

公式サイト:
http://okuotoko-movie.jp

物語・・・

兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万佐子は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。

そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた――。

***********************************

原作:「億男」:川村元気 2015年「本屋大賞」ノミネート 累計56万部突破!

≪製作概要≫
作品タイトル 「億男」
監督 大友啓史
脚本 渡部辰城 大友啓史
出演 佐藤健 高橋一生
藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、池田エライザ ほか
撮影スケジュール 2018年3月中旬~5月中旬頃(2018年、年始にモロッコロケを実施済み)
製作プロダクション 東宝映画
配給 東宝

©映画「億男」製作委員会