「藤原季節」タグアーカイブ

鉄砲玉?なにそれ、ウケるね『純平、考え直せ』出演者情報一挙解禁!


映画情報どっとこむ ralph 9月22日(土)より全国公開される主演・野村周平、ヒロイン・柳ゆり菜映画『純平、考え直せ』の出演者情報が解禁となり場面写真6点を新たに解禁に。


主人公・坂本純平と師弟関係になる兄貴分には、毎熊克哉。
加奈の職場の上司には、岡山天音。

歌舞伎町のコインランドリーで知り合うゲイに、佐野岳。
純平と同じ組の仲間には、戸塚純貴。
更に、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人、森田涼花、木下愛華といった個性溢れる俳優陣が脇を固め、下條アトム、二階堂智、片岡礼子といったベテラン俳優陣が物語への重厚感を押し出すように華を添えている。

そして、お笑い芸人のやしろ優が、本作でスクリーンデビューを果たしました。
金髪で華やかな衣装で登場するやしろ優の役どころは?! 
映画情報どっとこむ ralph 古めかしい任侠の世界と、現代の闇を映し出すSNS、そしていつの時代も変わらない若者たちの葛藤が、ひとつの作品としてまとめ上げられ、本作に映像ならではの化学反応を引き起こしている本作。現代を生きる若者たちを激しくも瑞々しく描き、限られた3日間を刹那に疾走する2人の青春物語に是非ともご注目ください。

物語・・・

「鉄砲玉?なにそれ、ウケるね」
ふたりの青春、あと3日!?-未来なんて、クソくらえ!

新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか?一人前の男?
になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい?鉄砲玉?になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。
「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した! 加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

***********************************

出演:野村周平、柳ゆり菜/毎熊克哉、岡山天音、佐野 岳/戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人/森田涼花、木下愛華、やしろ優/下條アトム、二階堂智、片岡礼子

原作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)
監督:森岡利行
脚本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美 
プロデューサー:梅川治男
製作:キングレコード アークエンタテインメント
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給 アークエンタテインメント
(c)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ


若松プロダクション製作再始動 門脇麦主演 白石和彌監督『止められるか、俺たちを』特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年秋より映画『止められるか、俺たちを』がテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年、若松プロダクションの映画製作再始動の第一弾として製作されました。

1969年、“若松プロダクション”の門を叩いた少女の目を通して、若松孝二と共に映画、政治、青春が駆け抜けていった一瞬の時を描きます。

若松プロダクション出身で、いまや日本映画界を代表する白石和彌監督がメガホンを取り、主演の門脇麦が、若松プロダクション助監督・吉積めぐみ役を熱演。

そして若松孝二役は若松組常連・井浦新。

特報は、海辺でスタートの掛け声をかける若松孝二(井浦新)の横で、まっすぐな目でカメラの先を見つめる助監督めぐみ(門脇麦)を捉えた撮影風景から始まる。

「俺はブチ壊したい、クソみたいな映画界も全部」。

映画作りに魅了されためぐみ、足立正生(山本浩司)、沖島勲(岡部尚)、秋山道男(タモト清嵐)、小水一男(毎熊克哉)ら若松プロのメンバーたちが映し出されていく。



クランクアップの時、カメラのシャッター音と共に、浮かび上がったのは若かりし日の若松孝二と若松プロのメンバーたちの写真。こんなにも楽しそうに、命懸けで映画を作っていたのかと感じさせる、疾走感溢れる瞬間が切り取られている!

【左写真】左から磯貝一(柴田鷹雄)、吉積めぐみ(門脇麦)、若松孝二(井浦新)、沖島勲(岡部尚)、秋山道男(タモト清嵐)、伊東英男(西本竜樹)、足立正生(山本浩司)、小水一男(毎熊克哉) ※役名(俳優名)

【右写真】左から吉積めぐみ、若松孝二、赤川修也、伊東英男、秋山道男、小水一男 1969年撮影

映画情報どっとこむ ralph
白石和彌監督コメント

あの時代に強い衝動で社会と観客に刃を突きつけていた若松監督の映画作りは、映画を作っている僕たちだけでなく、現在の社会が失ってしまったモノが何かを知るヒントになると思いました。

若松プロの面々は超個性派が集まりました。

山本浩司さんはずっと仕事をしたい俳優の一人でした。『断食芸人』に主演した経験を存分に生かして足立正生を演じてくれました。若松作品を支えた大西信満さん、岡部尚さん、タモト清嵐さんに若松プロの中核メンバーを演じて貰えたのも嬉しかったです。レンセキに出て若松孝二を知る俳優たちがしっかりと若松プロの雰囲気と70年代の空気を作ってくれました。これは若松監督の遺産です。

若松プロ新メンバーとして、毎熊克哉、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作が参加して、物語に新しい波を起こしています。彼らの存在が群像劇として、青春映画として、この映画を一際際立ててくれました。

映画情報どっとこむ ralph 足立正生役・山本浩司さんコメント
まさか足立正生役を演る日が来るとは!私は足立監督の作品に主演していたこともあり、気合いが入る撮影でした。ご本人が撮影現場に現れた時は、キモを冷やしましたが!

沖島勲役・岡部尚さんコメント
また若松プロの映画に出れるのが嬉しくて嬉しくて。新さんや大西さんと共演出来て、麦さん主演、しかも白石監督で、あの沖島勲さん役をやれるなんて!もう気合い入ってしまい沖島さんハチマキ巻いてます。必見です!

大和屋竺役・大西信満コメント
途轍もない畏れと歓喜の狭間で見つけた、変わったものと変わらないもの。暗闇の中でエンドクレジットを眺めながら、そんな事を考えていた。

秋山道男役・タモト清嵐さんコメント
恐ろしいほど猛烈で、羨ましいほど狂熱な青春映画です。単に再現を目指すだけではなく僕なりの体感であの時代を生きました。鈍感な今の社会に、広くこの映画が届きますように。

小水一男役・毎熊克哉さんコメント
いただいた脚本の最初の1ページ目に製作意図が書いてありました。“若松は言っていた「映画を武器に世界と闘う」と。本作もまた、世界を撃つ映画になることを信じてやまない”僕はこの言葉を真っ直ぐ受け止めて挑みました。今を必死で生きている現代の若者にも届く作品になれば嬉しいです。

荒井晴彦役・藤原季節さんコメント
ロマンが尽きない、最低で最高だったあの時代に僕はどうしても憧れてしまう。その時代の真ん中を映画を武器に駆け抜けた若松プロ、そこに集まった新宿の若者達が2018年に映画になった。僕は憧れを越えてとことん最低で最高になってやろうと思った!

映画情報どっとこむ ralph 止められるか、俺たちを

公式サイト:
www.tomeore.com


物語・・・

映画が時代とともに全力で駆け抜けていた――。

1960年代末、原宿セントラルアパートの一角にあった“若松プロダクション”が、いま甦る!

当時、「何者かになること」を夢見て若松プロの扉を叩いた吉積めぐみの眼差しを通して、「ここではないどこか」を探し続けた映画人たちの怒涛の生き様を描く。これは、青春を映画に捧げた若者たちのむき出しの生のグラフィティである。

***********************************


門脇麦 井浦新
山本 浩司 岡部尚 大西信満 タモト清嵐 毎熊克哉
伊島空 外山将平 藤原季節 上川周作 ほか

監督:白石和彌 
脚本:井上淳一
製作:若松プロダクション スコーレ ハイクロスシネマトグラフィ
配給:若松プロダクション スコーレ 
宣伝:太秦
【2018/日本/DCP/シネスコ/119分】
©2018若松プロダクション


本気の恋は甘いだけじゃない『ママレード・ボーイ』本予告&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 甘くてクールなママレード男子はお好き!?

4月27日(金)全国ロードショーの桜井日奈子さんと吉沢亮さんのW主演『ママレード・ボーイ』。
甘いだけじゃない恋の予感に全世代がときめく本予告&ポスタービジュアル解禁です!

光希の唇に遊が指を当てた“ナイショの恋”を予感させるポスタービジュアル!
『本気の恋は甘いだけじゃない』という、トキメキの毎日からはじまった、とまらないナイショの恋を彷彿させるコピーにも注目!

映画情報どっとこむ ralph 全世代がときめく最高傑作ラブストーリー 本作の魅力が詰まった本予告映像!

この度、初解禁された本予告は「私たちシェアハウスを借りて一緒に住もうと思っているの」という、両親S(りょうしんズ)のまさかの宣言から始まります。中山美穂さん、檀 れいさん、谷原章介さん、筒井道隆さんという超豪華キャスト演じる“自由すぎる”両親Sのパートナーチェンジをきっかけに、一つ屋根の下で暮らすことになった同い年の光希(桜井日奈子)と遊(吉沢 亮)。

次第に惹かれあっていく二人の、誰にも言えないナイショの恋が始まるが…やがて遊が知ってしまった【ふたりのある秘密】が恋の波乱を予感させ…。

永遠に愛を紡いでいくことを願いながら懸命に「恋」をしている光希と遊の物語を、GReeeeNによる書き下ろし主題歌「恋」がドラマチックに演出します!この主題歌は4月11日にリリースされるニューアルバムに収録されます。



映画情報どっとこむ ralph さらに追加キャストに寺脇康文さん、藤原季節さん、遠藤新菜さん、竹財輝之助さんが発表に!

遊が抱えている秘密の鍵を握る遊の先輩・三輪悟史役に藤原季節さん。その父親の三輪由充役に寺脇康文さん。遊の元カノ・鈴木亜梨実役に遠藤新菜さん。光希達が通う高校の英語教師で光希の親友茗子と禁断の恋をする・名村慎一役に竹財輝之助さんという実力派キャストが集結。個性豊かな登場人物達が、恋を知ることで大人へと成長する二人の物語を盛り上げます!

映画情報どっとこむ ralph ママレード・ボーイ
4月27日(金)全国ロードショー

公式HPアドレス:
http://marmaladeboy.jp 

Twitter:
@marmalade_movie

ハッシュタグ:#ママレードボーイ

W主演で、光希と遊を演じるのは桜井日奈子と吉沢亮。
明るく真っすぐな光希を演じるのは“岡山の奇跡”として一躍注目を集め、現在はドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子。一方、頭脳明晰・スポーツ万能・王子様を絵に描いたような遊を演じるのは、映画『銀魂』を始め、2017年に6本もの映画へ出演し、今最も勢いのある吉沢亮。

中山美穂、檀 れい、谷原章介、筒井道隆という超豪華キャストが両親役を務め、ついに初共演を果たすことでも話題沸騰中の本作。6人家族が揃ったファミリーショットが公開されるとSNS上では関連ワードが軒並みトレンド入りするなど様々な世代から反響を集め「両親Sが豪華すぎてびっくり」「美男美女揃い!」「絶対に観たい」といった期待の声が上がっています!
さらに、光希を一途に想い続ける幼馴染・銀太に佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、光希の親友・茗子に優希美青というフレッシュなキャストの出演が決定し、2018年ゴールデンウィークの話題の恋愛映画です!

STORY
本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

***********************************

桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一  
脚本:浅野妙子 廣木隆一  
音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画 
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
    


えっ!大ヒット!?『全員死刑』 間宮祥太朗、毎熊克哉、藤原季節、小林勇貴監督舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph スマッシュヒットスタートとなった『全員死刑』の大ヒット舞台挨拶をテアトル新宿で行いました。舞台挨拶には主演・間宮祥太朗と急遽、共演の毎熊克哉、藤原季節、そして小林勇貴監督も駆けつけ、大ヒットに加え、台湾での上映が決定したことも発表されました!

日程:11月30日(木)
場所:テアトル新宿
登壇:間宮祥太朗、毎熊克哉、藤原季節、小林勇貴監督

映画情報どっとこむ ralph 間宮さん:こんな遅い時間にもかかわらず今日は観に来て頂いてありがとうございます。今日は本作で初めて藤原季節も一緒に舞台挨拶が出来て嬉しいです。
Q;このメンバーでの舞台挨拶は初めてですが、いかがでしょうか?

間宮さん:今までは季節のエピソードが沢山あるのにいないところで話しづらくて、寂しくて一緒に喋りたいと思っていたので、今日は本当に嬉しいです。

Q:藤原さんは本作で印象に残っているシーンはありますか

藤原さん:祥ちゃん(間宮)が僕をぶっ殺(さら)うところですね。殺されることより祥ちゃんが鬼の様な顔をしててそれが怖かったですね。それであの顔をしていました。

間宮さん:季節(藤原)はすごく集中力が高いので、その分視野が狭くなっちゃって、トランクから飛び出すシーンで、スタッフから散々頭をぶつけないように注意してくださいね、って言われたのにリハで勢いよく出てくるから案の定頭ぶつけてスタッフさんから怒られてましたね(笑)
 
藤原さん:あれから狭くて暗いところがトラウマなんですよね(笑)撮影の時にトランクに入り、僕が開けて!って言ったら開けてくださいねって言ってたのに誰も気付いてくれなくて…。祥太朗だけが気付いて開けてくれて。撮影終わりに「ゆっくり休めよ」って優しく声かけてくれて。その時にやっぱちょっと好きになりましたね(笑)
毎熊さん:確か、その時にチョコレートを持ってきてくれたんだよね?

藤原さん:そう、祥ちゃんがお茶を持ってきてくれたり、チョコをくれたり。僕はそのチョコを絶対無くさないように持っていようと思ったんだけど、でも2日くらいで無くしました(笑)

間宮さん:なんの話だよ(笑)(藤原を殺す役なので)優しくしてチャラにしようと思ったのかもしれないですね。

映画情報どっとこむ ralph Q:藤原さんの痙攣のシーンが印象的でしたが、、

藤原さん:あれは、小林監督が見せてくれたのが本当にすごくて未だに真似できないです。

小林監督:藤原さん痙攣の感じを教える為にYoutubeで“痙攣”と片っ端から調べて動画を沢山観てました(笑)

藤原さん:それ、今見れないですか!?

間宮さん:フリースタイル痙攣対決ですか!
藤原さんと小林監督の痙攣演技を披露。
藤原さん:監督、腕落ちましたね、もっと上手かったのに!(勝ち誇った表情)

小林監督:僕が藤原さんで印象的なのは、撮影にバナナを一房持って来てて、突然『バナナ食べてもいいですか!?(藤原さんがYouTuberの役で)YouTuberと言ったらこれだと思うんです!』とちんぷん(かんぷん)なことを言ってたんですけど勢いに負けて、いいですよって言っちゃいました。そうするとリハでもバナナ食べちゃうんですよね、今みたいに!(藤原が舞台挨拶中にポケットから出したバナナを食べ始める)段取りの時も食べるから一房しか持ってきてないのにどんどん食べちゃうから、それは怒りましたね(笑)

間宮さん:バナナが本番に一本しか残ってないから、何回か撮る予定だったのに心なしか一発勝負だと思って気合い入れましたね。


映画情報どっとこむ ralph 観客とのティーチイン

Q:合宿所の様子、撮影以外の様子を教えて下さい。

間宮さん・毎熊さん:この前、季節がブログ更新してて、それを見たら撮影以外の事も細かく覚えすぎてて怖かったですね、俺たちは合宿みたいで楽しかったなぁくらいでしか思ってなかったのに(笑)

間宮さん:監督とも一緒に飲みたいなと思っていたのですが、撮影で集中されていたのでなかなか飲めなくて、撮影が佳境に入ったタイミングで一回だけ一緒に飲める機会があって、合宿所で飲んだのですが建物が古いから壁が薄くて、盛り上がりすぎてスタッフに怒られてしまいましたね(笑) 映画が好きすぎて、映画の話で盛り上がり、好きなシーンとかが一緒だったりして大盛り上がりしちゃいました。
 

Q:SNSで全員死刑のことを呟くと必ず、すぐ監督から“いいね!”やリツイートがされるのですが、小林監督はいつ寝てたんですか?

小林監督:リツイートがなくなると寝てると思ってください(笑)スペース開けたり、マーク付けたり分かりにくく暗号みたいにしても絶対見つけられます! 

間宮さん:監督のすごいところは『全員死刑』に関するつぶやきを見つけて、さらにその人の過去のコメントにも飛んで探し続けるところなんですが(笑)でも思いやりのある方なのでツイートを遡り、リツイートされると嫌な思いをする人だなと思う方には“いいね!”だけにするとか配慮しているみたいです(笑)


Q:もう鑑賞7回目なのですが、まだ気付いていないような作品の見どころがあれば教えて下さい。

間宮さん:気付いていない人もいるかと思うので、本作で出演していた大石くんも舞台袖に来ています。(スタッフとして参加していた大石淳也を紹介し、会場から歓声が上がる) 

藤原さん:撮影期間は緊張してる期間が多かったから、雰囲気が異常で祥太朗は休憩時間は一言も喋らず寝るんですよね。本番って言われるとバッと起きてカットがかかるとすぐまたすぐ寝るんですよね。集中力がすごいです!

毎熊さん:撮影中はこんなにさわやかじゃないですからね(笑)

小林監督:「間宮くん休憩中は燃え尽きているからね、撮影は瞳孔が常に開いているんですよね 

映画情報どっとこむ ralph Q:最後に観客へ一言

藤原さん:まだまだ祭りは終わらないぜ!!!!

毎熊さん:ツイッターとかで映画の反応を見てる時、あの作品ダメだなという感想書いている人が好きで、そういう人ってちゃんと映画を観て言ってくれているなと思うことが多くて。なのでこの映画がどうだったかというのを、悪くてもいいので、周りと一緒に酒でも飲みながら、夢の中でもいいですし振り返ってもらえたら嬉しいです。

間宮さん:公開して日にちは少し経ちますけど、こうして満席のお客様が観に来てくださって、僕も毎日ツイッターとかで感想を観ていて、熱を帯びた感じで嬉しいなって思うんです。かっちゃん(毎熊)と季節が出てて僕も好きな『ケンとカズ』みたいに、上映回数が増えたり、長くやっていけたりすればいいなって思うんです。愛される映画というか、映画を観る人が求めてくれる映画というか。それをみんなで作れた自信がありますので、これからも長く愛されてほしいです。皆さんこれからもご協力よろしくお願いいたします!
 
小林監督:パンフレットに寄稿してくださっている作家の平山夢明さんが『恐ろしいものでも、食えば死ぬ毒でも、観れば力になる。栄養になる。それで生きていくことができる』とおっしゃっていて。平山さんはそういう映画のことを“心の飯”と言っているのですが『全員死刑』という映画を何回も食いに来てくれたら本当に嬉しいです!感想をSNSなどに呟いて頂けたら絶対に見つけ出します(笑)本当に悪い感想であっても観に来て頂けたことが嬉しいんです!今日は本当にありがとうございました!
『凶悪』製作陣 × 映画初主演:間宮祥太朗 × 超強烈新人監督:小林勇貴

全員死刑

公開中

***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 
原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳
音楽:中川孝
エンディングテーマ:HER NAME IN BLOOD「Answer」(WARNER MUSIC JAPAN)
配給:日活/東京テアトル


けしからん!『全員死刑』 本ポスター、本予告、前売り特典が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界を狂わす今もっとも注目すべき危険な狂悪エンターテイメントが誕生!
強い家族の絆、熱い親子愛が、監禁、暴行、絞殺、毒殺、銃殺と連続殺人にエスカレート!

この度、本作『全員死刑』 本ポスター、本予告、前売り特典が解禁となりました。

本ポスターは、これまで『冷たい熱帯魚』をはじめ数々の“けしからん”ビジュアルを手掛けてきた高橋ヨシキ氏のデザイン。
鬼の形相で人を殺める間宮の表情は、一目見ただけでは間宮かどうかの判別が付かないほど衝撃的なもの。イケメン若手俳優という枠を超え、役者としての新たな一歩を踏み出した間宮の本気度が伺え知れる。そんな間宮からこの映画に対する“本気コメント”が到着!

映画情報どっとこむ ralph さらに、本作の予告が解禁!

予告には間宮をはじめ、昨年『ケンとカズ』で毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞など、数々の映画賞を受賞した若手No.1注目株、毎熊克哉や、劇団☆新感線「髑髏城の七人Season鳥」で主要キャストを演じる若手実力派女優の清水葉月、そして脇を固めるベテラン俳優、六平直政、入絵加奈子が登場。小林勇貴監督の才能に惚れ込み結集した実力派俳優達が、揃いに揃って狂い咲いていくスピード感満載の予告となっております。また、エンディングテーマは映画音楽が初となるメタルコアバンドHER NAME IN BLOODの「Answer」。

予告に流れる激しいサウンドが観る者を狂気の渦へ突き落としていきます!

映画情報どっとこむ ralph そして、前売券が8月26日(土)より発売開始!気になる前売特典は、先日の情報解禁で話題となった胸割りタトゥー姿の間宮と、間宮&毎熊の凶悪コンビが死体を前に不敵な笑みを浮かべる撮り下ろしショットがセットになった“けしからん”特製ポストカード2枚組(数量限定)となります!
また明日8月26日(土)から1週間、ポレポレ東中野では『全員死刑』の公開を記念して、小林勇貴の過去作が一挙上映されます。劇場では出来たてホヤホヤの予告やビジュアルがお披露目され、前売券も販売される予定。登壇する小林勇貴からどんなコメントが飛び出すのか、こちらも併せてご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph 間宮祥太朗さんからのコメント
映画はひとつの娯楽ではありますが、自分にとっては想像力を培う肥料であり、様々な教訓を与えてくれるものでもありました。他人の生きる様を浮き彫りにして、 それを観ることに没頭する時間。終わった後は自分の人生や今の世の中の何かに置き換えたり、時によっては変化のきっかけになったりします。僕は自分の仕事柄以 前に映画が有意義な娯楽として必要なものであって欲しいです。多様な価値観が散乱して、多様な映画があって欲しい。僕にとって初めての主演映画がこの『全員死 刑』です。基になっているのが実在の事件ということもあって、お話を頂いた時は自分の中でしっかりと納得出来なければ断ろうとも考えましたが、監督と会って話 をさせて頂く内、強い信頼と覚悟を持ってこの作品に参加する意志が固まりました。小林監督は映画の力に心酔し、それを使って真っ向勝負している方です。初商業 映画の監督と映画初主演の俳優で戦いました。映画『全員死刑』宜しくお願い致します。この作品で主演させて頂いたことをとても誇らしく思っています。


全員死刑

物語・・・
家族想いの主人公タカノリ(間宮祥太朗)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、愛する彼女・カオリ(清水葉月)を守る為、姑息な兄サトシ(毎熊克哉)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。
しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の資産家一家狩りがはじまった。

***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 

原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳
音楽:中
配給:日活/東京テアトル
©2017「全員死刑」製作委員会