「藤原季節」タグアーカイブ

宮沢氷魚 一人でも多くの方が何かを感じて正直になってくれたら・・・『his』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 今泉力哉監督最新作『his』が1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開中です。

恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が、宮沢氷魚さん、藤原季節さんという二人の青年で紡ぐ恋愛を描く。
「好きだけではどうしようもない」、恋愛の‟その先”の物語に挑んだ意欲作です。

この度、主演の宮沢氷魚さんをはじめ、藤原季節さん、松本若菜さん、外村紗玖良さん、そして今泉力哉監督が登壇し、公開記念舞台挨拶イベントをTOHOシネマズ 日本橋にて行なわれました。

映画『his』0125公開記念舞台挨拶

日時:1月25日(土)
会場:TOHOシネマズ 日本橋
登壇:宮沢氷魚、藤原季節、松本若菜、外村紗玖良、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 400席越えという広い客席と大きいスクリーンを前に。

宮沢さん:大きいですね!みなさんの顔を観れて嬉しいです。
宮沢氷魚 映画『his』0125公開記念舞台挨拶
と感動した様子で笑顔で話し、

藤原さん:上映後ということで、観てくださった皆さんの空気をいっぱい感じたいです。
藤原季節『his』0125公開記念舞台挨拶
とそれぞれご挨拶。藤原さんの娘役の外村さんは

外村さん:大勢の皆さんの前で緊張していますが、とても嬉しいです。

と一生懸命挨拶すると、

藤原さん:一番しっかりしてますね。パパとしては120点です!

と嬉しそうに“父親”としての一面を覗かせた。

同性愛者であることを隠し人目を避けて暮らす寡黙な役柄ということ、さらに映画初主演ということでプレッシャーはなかったかという質問に

宮沢さん:LGBTQを題材としたセンシティブな内容・テーマでもありますしプレッシャーもありましたが、そういった作品に以前から出てみたかったのでお話をいただいて嬉しかったです。

と話し、

宮沢さん:幼稚園から高校まで男子校で、まわりにも同性愛者の友達がいたので、少しでも(その人たちが)住みやすい、生きやすい世界を作りたいと思っていたので、このタイミングでお話をいただいて喜びが多かったです。

と明かした。

映画情報どっとこむ ralph 空役の外村さんとの撮影時のエピソードを聞かれると、

藤原さん:キーホルダーを作ってくれてありがとね。ご飯食べたあとに一緒にこたつで寝たよね。
宮沢氷魚,藤原季節『his』0125公開記念舞台挨拶
と明かし、

外村さん:外がすっごく寒かったから、こたつの中は幸せでした。

と振り返った。

それを受けて、母親役を演じた松本さんは

松本さん:2人(藤原と外村)がまるで兄妹みたいだった。本気で喧嘩したりして(笑)・・・。

と撮影時の様子を話すと、

藤原さん:泣いているところもいっぱい写真撮っちゃった!!

と明かした。それには

外村さん:そうでしたっけ~?(藤原さんが)いつも優しく接してくれるから楽しい思い出しかありません!
外村紗玖良『his』0125公開記念舞台挨拶
と笑っておどけてみせ、それには思わず

藤原さん:いい子~!!

と微笑みます。

母親役を演じて

松本さん:紗玖良ちゃんとは、今回厳しい母として接するシーンが多くて、もどかしかったです。(紗玖良ちゃんは)空という役どころを自分の中に落とし込んで演じていて、なんてこの子は天才なんだ!と思いました。女優魂を感じて、私も引っ張ってもらいました。大きな存在です。

と外村さんのことを大絶賛。

監督:子役と一緒に仕事することはそう多くはないですが、大人と同じ演出をしてもその通りにしてくれた。偶発的に起こるハプニングにも、お芝居を止めずにそのまま自然に続けることが出来ていましたね。

と褒めたたえた。

映画情報どっとこむ ralph 松本さんが演じた玲奈は一見悪役のようにも見えてしまう難しい役どころで、演じる上で意識したことを聞かれると、
松本若菜『his』0125公開記念舞台挨拶
松本さん:事前に決めたことはなかったのですが、3人の空気感からもらったものをそのまま出したら監督からOKをもらえたという感じですね。仕上がった作品を観て思い出したことがあって、玲奈が渚のもとから空を連れ戻すシーンで、玲奈が初めて迅と対面するんですが、その時に宮沢さんの透き通るような透明な肌や、真っ赤な手が女性から見てもすごく魅力的で、嫉妬しました。

と明かしました。それには

監督:2人がキスするシーンで、宮沢さんの耳が真っ赤になっていて、そういうのってお芝居で出来るものじゃない!

と振り返った。

本作がLGBTQを題材にしているということで、撮影に入る前に勉強したことについて聞かれると、

宮沢さん:まわりの同性愛の友達とご飯などを食べに行って、普通に話をしているトーンとか空気感というものを自分のものに出来たらなと思っていました。そういうのは映画とか本では得られないものだと思うので。そこで得た経験は大事にしました。

と話した。一方で

藤原さん:どんなに準備しても、自分が渚になっている気がしなくて。わからないまま撮影に入って、わからないまま最後まで突き進んだ感じです。

と明かすと、

監督:終わった瞬間の、2人の解放された感がすごくて、よっぽど苦しかったんだったんだろうなと思いました。

と笑って振り返り、

藤原さん:人生で初めてというくらい、終わった後清々しかったです。

と撮影時を懐かしんだ。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、
今泉力哉監督『his』0125公開記念舞台挨拶
監督:たくさん映画が公開されている中、この映画を選んでいただいてありがとうございます。題材的には同性愛を扱った作品ではありますが、特別視することなく一つの作品として作りましたので、色々な人に届いてくれたら嬉しいです。

と話し、

宮沢さん:僕たちは大量の愛を持ってこの作品に挑みました。昨日から公開され、ようやく皆さんのところに届いて行っているわけですが、一人でも多くの方に届いて、一人でも多くの方が何かを感じて正直になってくれたらいいなと思います。

と笑顔で挨拶し、イベントを締めくくった。

『his』

公式サイト:
https://www.phantom-film.com/his-movie/

今泉力哉『his』宮沢氷魚x藤原季節

ストーリー
井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

***********************************

宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊 崇
製作プロダクション:ダブ
企画製作:メ~テレ
製作:映画「his」製作委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©2020映画「his」製作委員会 (日本/5.1ch/カラー/127分)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

雁須磨子も「いとしい映画」と絶賛!映画『his』その他著名人から絶賛コメント&応援イラスト到着


映画情報どっとこむ ralph 『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督最新作『his』が1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開いたします。本作で映画初主演を務めるのは、ドラマ「偽装不倫」(NTV)で多くの視聴者の心を掴み、”塩顔イケメン令和代表”等と話題沸騰中の宮沢氷魚。本作では周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅(いがわ しゅん)を演じます。
『his』 宮沢氷魚
そして、迅の忘れられない恋人・日比野渚(ひびの なぎさ)には、現在、U-NEXTにて配信中のオリジナル配信ドラマ「すじぼり」で連続ドラマ初主演を務めるなど話題作への出演が絶えない若手演技派俳優・藤原季節。
『his』藤原季節

監督を務めるのは、恋愛映画の旗手・今泉力哉。今泉監督が二人の青年の恋愛を題材に、「好きだけではどうしようもない」、恋愛の‟その先”の物語に挑んだ意欲作です。

映画情報どっとこむ ralph そんな本作に各界著名人より絶賛コメントと応援イラストが続々到着!

雁須磨子さんからのコメント
凍っていた時間が流れだす為に振り降ろされる斧や撃ち放たれる弾丸。その中でおそるおそる伸ばされる指がいとしい映画でした。「・・・ ソース?」て言ってる空ちゃん めちゃめちゃかわいい いとしい。

山崎ナオコーラ(作家)さんからのコメント
「L G B T Qを描く物語」といった安易なところに落とし込まず、ひたすら登場人物ひとりひとりの
心のひだを描き切っている快作。子どものことをみんなが考えていて、切ないけれど、未来が見える。

はるな愛(タレント)さんからのコメント
ただただどこにでもある日常。その地域の毎日の姿の中に人間と人間が愛しあう姿、それを歪だという考えをもてるでしょうか?人間が人間を好きになるシンプルな無駄が一切ない物語。
主人公が言った「ただなんとなく会いたかった」この言葉から始めてもいいんじゃないでしょうか?

堀尾正明(フリーキャスター)さんからのコメント
LGBTQは現在頭では理解されてきている。しかし、いざ自分の息子や娘の相手や友人がそうだとしたら果たして納得できるだろうか。人間愛の理想と裁判シーンのギャップが、見事に演出されている。
私の中のずるさや偏見を見せつけられた作品。

溝口彰子(『BL進化論』シリーズ著者 もとレズビアン・アクティヴィスト)さんからのコメント
『ムーンライト』、『ある少年の告白』など、現実のホモフォビアを認識した上で、それを乗り越えるヒントを具体的に示す映画を異性愛者のクリエーターが作る。そんな時代が日本映画にも到来したことを告げる作品。

七崎良輔(合同会社Juerias LGBT Wedding共同代表、LGBTコミュニティ江戸川代表)さんからのコメント
日本に暮らす僕たちは今、考えなくてはならない時期にきている。常識とはなにか。幸せとはなにか。この作品の良さはそういった社会的なテーマだけではなく、全てのシーンの美しさだ。背景も、セリフの一つ一つも、懐かしくて温かい。優しさに思わず涙が出た。ありがとう、そらちゃん。

はるな檸檬さんからのイラスト

小池田マヤさんからの「his」-応援イラスト 

映画情報どっとこむ ralph 『his』

公式サイト:
https://www.phantom-film.com/his-movie/

今泉力哉『his』
【ストーリー】
 井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

***********************************

宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊 崇
主題歌:Sano ibuki「マリアロード」(EMI Records/ UNIVERSAL MUSIC)
製作プロダクション:ダブ  
企画製作:メ~テレ  
製作:映画「his」製作委員会  配給・宣伝:ファントム・フィルム
(日本/5.1ch/カラー/127分)
©2020映画「his」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宮沢氷魚 × 藤原季節 男性同士の恋愛の“その先”『his』試写会イベントin大阪


映画情報どっとこむ ralph 今泉力哉監督が描く、男性同士の恋愛の“その先”の物語

『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督最新作『his』が1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開いたします。本作で映画初主演を務めるのは、ドラマ「偽装不倫」(NTV)で多くの視聴者の心を掴んだ”塩顔イケメン令和代表”等と話題沸騰中の宮沢氷魚。

本作では周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅(いがわ しゅん)を演じます。そして、迅の忘れられない恋人・日比野渚(ひびの なぎさ)には、現在、U-NEXTにて配信中のオリジナル配信ドラマ「すじぼり」で連続ドラマ初主演を務めるなど話題作への出演が絶えない藤原季節。

恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が、二人の青年の恋愛を題材に、「好きだけではどうしようもない」、恋愛の‟その先”の物語に挑んだ意欲作です。
この度、宮沢氷魚さん、藤原季節さんの舞台挨拶付き試写会イベントを大阪にて実施しました。

『his』試写会
日時:1月17日(金)
会場:なんばパークスシネマ
登壇:宮沢氷魚、藤原季節

映画情報どっとこむ ralph 満席の客席に笑顔を見せながら登壇した宮沢氷魚さんと、「まいどー!」と元気よく登壇した藤原季節さん。

大阪の印象を聞かれると、二人は「名古屋から移動してきてからずっと取材を受けていたので、全然大阪に来ている実感がないんですよ。」と寂しそうな表情を見せたが、

藤原さん:先ほどたこ焼きの差し入れをいただいて、ようやく大阪を感じました!

と答えると、

宮沢さん:とても美味しかったよね。

と宮沢も笑顔を覗かせた。

映画情報どっとこむ ralph 自身と、それぞれの役柄との共通点について質問が及ぶと、

宮沢さん:自分の悩み事や本心を他人にはあまり言わずに自分一人で解決しようとする部分です。僕自身が幼少期に感じていた、自分の居場所がどこにあるのか分からなくて悩んでいた想いと迅が抱えている生きづらさには共通するものがあると思いながら演じていましたね。

と振り返った。

藤原さん:物事をこねくり回して考えるところが似ているかな。 渚は一見するとめちゃくちゃな行動をするんですが、その裏側で臆病な自分を隠しているんだと思うんですよね。

と語った。

お互いの魅力を聞かれると、

宮沢さん:季節くんはとにかく熱い男です。物事に真剣に向き合い取り組む人だなと思いました。『his』の台本にものすごく書き込みとかをしていて、ボロボロになっていたんですよ。

と語ると、

藤原さん:メモ魔なんですよ。渚はこういう詩が好きなんじゃないかなと思って、アンチュール・ランボーの詩とかを書きこんでいたと思います。

と明かした。一方、

藤原さん:一言では難しいな…。

と悩みながら

藤原さん:氷魚くんは内側から発光している!!

と言い放ち、爆笑させた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

これから本編を見る観客に向けて

藤原さん:自分に正直になれるように変わることが出来た作品です。是非多くの方に愛してもらいたいです。

と語りかけ、

宮沢さん:答えがない作品かもしれませんが、いろいろな意見があっていいと思っています。皆さんの周りの多くの方に薦めたり、発信していってもらいたいです。

とアピールし、イベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph his

1月24日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式サイト:
https://www.phantom-film.com/his-movie/

今泉力哉『his』

ストーリー
井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

***********************************

宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊 崇
製作プロダクション:ダブ
企画製作:メ~テレ
製作:映画「his」製作委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(日本/5.1ch/カラー/127分)
©2020映画「his」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宮沢氷魚、藤原季節 名古屋に降臨!映画『his』舞台挨拶付き試写会イベント


映画情報どっとこむ ralph 『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督最新作『his』が1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開となります。

本作で映画初主演を務めるのは、ドラマ「偽装不倫」(NTV)で多くの視聴者の心を掴んだ”塩顔イケメン令和代表”等と話題沸騰中の宮沢氷魚。本作では周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅(いがわ しゅん)を演じます。そして、迅の忘れられない恋人・日比野渚(ひびの なぎさ)には、現在、U-NEXTにて配信中のオリジナル配信ドラマ「すじぼり」で連続ドラマ初主演を務めるなど話題作への出演が絶えない藤原季節。

恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が、二人の青年の恋愛を題材に、「好きだけではどうしようもない」、恋愛の‟その先”の物語に挑んだ意欲作です。

この度、宮沢氷魚さん、藤原季節さんの舞台挨拶付き試写会イベントを名古屋にて実施しました。

日時:1月16日(木) 
会場:センチュリーシネマ
登壇:宮沢氷魚、藤原季節

映画情報どっとこむ ralph 上映後に行う映画館での舞台挨拶は初めてということで、やや緊張した面持ちで登場したふたり。

観終わったばかりの観客に向けて、

宮沢さん:自分たちが一生懸命取り組んで、自信を持って作った作品がどういう風に受け入れられ、感じてもらえるのかと不安があったのですが、(皆さんのお顔を見て)ようやく映画『his』が届いたのかなと思うと嬉しいです。

と笑顔を見せた。

劇中で印象的なシーンを聞かれ、

宮沢さん:鈴木慶一さん演じる緒方さんとのシーンが特に好きです。迅はいろいろなことを背負いながら生きている役柄なのですが、緒方さんと居る時だけは自分に素直になれている気がすると思います。特に、渚と渚の娘の空ちゃんと一緒に、緒方さんの家でイノシシ鍋を食べているシーンはとても幸せな瞬間でした。

と語ると、

藤原さん:あのシーンの時、空役の(外村)紗玖良ちゃんがお鍋を食べ過ぎてしまって、本番でお腹いっぱい!て言っちゃったよね。

と可愛らしい裏話を披露。また、

藤原さん:紗玖良ちゃんに歩み寄るのではなく、対等な関係で接しました。彼女にはお芝居でとても引っ張ってもらいましたね。

と自身初の父親役を振り返った。

本作の撮影を通して学んだことや成長したと思うことを聞かれると、

宮沢さん:人間は一人では生きていけないと、改めて思わされました。周りの多くの人々の力で支えられていて、そうやって人生は進んでいくのだなと。

と語り、

藤原さん:世間の言葉に敏感になったし、いかに自分の価値観が一方通行だったかを実感させられました。この映画の撮影を経たことで、自分が100%理解できないことに対して、無理やり価値観を変えるのではなく受け入れることが出来るようになったと思います。

と語り、本作の影響について明かした。

撮影にあたり宮沢さんと藤原さんは10日間の共同生活を送ったことに話題が及ぶと、

藤原さん:今日初めて知ったのですが、僕がこっそり氷魚くんの歯磨き粉を使っていたことを氷魚くんは気付いていたんですよ!

と茶目っ気たっぷりに明かすと、

宮沢さん:そりゃ気付くよ!10日間分だなというサイズの歯磨き粉を持ってきていたのに、思いっきり減ってたんですよ!

と笑顔で返し、ふたりの仲の良さを伺わせた。

さらに、お互いについては

宮沢さん:僕らは性格も趣味も何もかも違うのですが、『his』で共演できたからこそ、ここまで仲良くなれたと思います。一緒に乗り越えたという意識がとても強いです。

と熱く語ると、藤原さんも大きく頷き、

「迅役が宮沢氷魚でなかったら、僕は渚を演じ切ることが出来なかったと思います。岐阜での共同生活があったからこそ、迅と居る時とは全く雰囲気の違う東京パートの渚の雰囲気が出せたと思います。

と、有意義な時間を過ごせたことを懐かしんだ。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

宮沢さん:今日はご覧いただき、ありがとうございました。是非、皆さんには口コミをお願いしたいです!

と挨拶し、

藤原さん:映画『his』を、たくさんの方に愛してもらいたいです。

と期待を込め、笑顔でイベントを締めくくった。

『his』

1月24日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式サイト:
https://www.phantom-film.com/his-movie/

ストーリー
井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

***********************************

宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ 
音楽:渡邊 崇
製作プロダクション:ダブ  
企画製作:メ~テレ  
製作:映画「his」製作委員会  
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©2020映画「his」製作委員会 
(日本/5.1ch/カラー/127分)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宮沢氷魚、藤原季節、外村紗玖良、今泉力哉 監督 登壇『his』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督最新作『his』が2020年1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開します。

本作で映画初主演を務めるのは、ドラマ「偽装不倫」(NTV)で多くの視聴者の心を掴んだ”塩顔イケメン令和代表”等と話題沸騰中の宮沢氷さん魚。本作では周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅(いがわ しゅん)を演じます。そして、迅の忘れられない恋人・日比野渚(ひびの なぎさ)には、現在、U-NEXTにて配信中のオリジナル配信ドラマ「すじぼり」で連続ドラマ初主演を務めるなど話題作への出演が絶えない藤原季節さん。

恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が、二人の青年の恋愛を題材に、「好きだけではどうしようもない」、恋愛の‟その先”の物語に挑んだ意欲作です。 この度、本作の完成披露試写会イベントが行なわれ、主演の宮沢氷魚さん、共演の藤原季節さん、外村紗玖良さん、そして今泉力哉監督が参加しました。

日時:1月8日(水)
会場:スペースFS汐留
登壇:宮沢氷魚、藤原季節、外村紗玖良、今泉力哉監督

映画情報どっとこむ ralph 新春らしく袴姿で登場した宮沢さんと藤原さん、外山さんは艶やかな着物姿での登場となった。
2020年の抱負を聞かれ

宮沢さん:オリンピック競技を生で見てみたい。マラソンとか…あ!マラソンは北海道だ!東京じゃなかった!なら違う競技で…。

と照れ笑い。

藤原さん:新年の抱負は我慢!今まであまり我慢したことがなくて、今年は我慢を覚えたい。ちょっと我慢しなくていいですか!?
明日は紗玖良ちゃんの誕生日なので、みんなで祝福しましょう!

とサプライズ祝福を敢行。
会場全体がバースデーソングの大合唱となり、

外山さん:3学期のテストで100点をとる!

とニコニコで抱負を述べていた。

映画情報どっとこむ ralph 周囲にゲイだと知られることを恐れ、田舎にやってきた主人公・井川迅役の宮沢さんは

宮沢さん:僕は幼稚園から高校まで男子校で、周りにも同性愛の人がいました。だから僕らからしたら当たり前のこと。でもいざ社会に出てみると、差別や偏見にさらされていることを知りました。

と悲しい現実を明かし

宮沢さん:この作品に出演できることを光栄に思ったし、僕だからこそできることがあると思いました。

と使命感を口にした。

迅の忘れられない恋人・日比野渚役の藤原さんは、6歳になる渚の娘・空役の外村さんとは本当の親子のようで

藤原さん:沢山遊んだし、(宮沢含めて)3人で炬燵に丸まって寝たり、幸せでした」と目じりを下げると、外山も「休憩中にお膝の上に乗せてもらって、飛行機になってもらったり、車になってもらったり、楽しかった!

と満面の笑みだった。

同性愛を主題にした本作ついて

今泉監督:同性愛だけではなくて、人と人との恋愛もの。さらに家族の物語としても描けると持ったので引き受けました。誰も悪い人がいなくて、それぞれ弱さを持った人たちの物語。自分のやる意味があると感じました。

と恋愛映画の名手として知られる自身が手掛ける意義を明かした。

撮影にあたり宮沢と藤原は10日間の共同生活を行ったそうで、

藤原さん:超濃密な10日間。

というと、

宮沢さん:そういうと誤解を招くからさ…。

と照れつつ

宮沢さん:撮影期間中の唯一の息抜き。オアシスのような場所でした。ただ最初はイヤでした。撮影で朝から晩までみんなといて、寝るときくらいは自分の時間が欲しいと。でも一人になると不安になるくらい撮影も大変で…ありがとね。

といきなり藤原さんに感謝。

藤原さん:唐突!二人で真面目な話も沢山したし、テレビを見たり、楽しい日々でした。

と懐かしんでいた。

映画情報どっとこむ ralph 映画初主演の宮沢さんにはさらなる初があるそうで、それは

宮沢さん:役者としての初キスシーン。ファーストキスが藤原季節でした。放送的には連続ドラマ『偽装不倫』で杏さんとのキスシーンもあったけれど、撮影はこっちが先。

と告白。初キスだったことに

藤原さん:僕はまったく知らなかった!

と驚くと、

宮沢さん:…ちなみに何人目?

と質問。それに

藤原さん:結構…。申し訳ない

と謝罪すると、宮沢さんはジェラシーを感じたたのか

宮沢さん:結構?…あ~、ショック!

と凹んで笑いを取っていた。

映画情報どっとこむ ralph イベントでは大ヒットを祈願して、宮沢さんと藤原さんの二人が餅つきに挑戦。
お互いに杵を構えて威勢のいい掛け声とともに協力し合いながら餅をついて、4人で仲良く実食。

外山さん;パパ!頑張って!

とのエールを受けながら餅をついた

藤原さん:楽しかった!

と充実した表情で、

宮沢さん:楽しかったです!杵って意外と重い。

と縁起のいい貴重な体験に笑み。

最後に・・・

宮沢さん:沢山考えさせられる作品になっています。一つの答えがある作品ではなくて、観てくれた皆さんがそれぞれ考えて、それが一つ一つの答えになる。楽しんで観てください。

と期待を込めていた。

映画情報どっとこむ ralph 最新作『his

1月24日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式サイト:
https://www.phantom-film.com/his-movie/

今泉力哉『his』

【ストーリー】
井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

***********************************

宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ 音楽:渡邊 崇
製作プロダクション:ダブ  企画製作:メ~テレ  製作:映画「his」製作委員会  配給・宣伝:ファントム・フィルム
©2020映画「his」製作委員会 (日本/5.1ch/カラー/127分)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

今泉力哉監督が撮ったBL『his』試写&トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督最新作『his』が2020年1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開いたします。本作で映画初主演を務めるのは、ドラマ「偽装不倫」(NTV)で多くの視聴者の心を掴んだ”塩顔イケメン令和代表”等と話題沸騰中の宮沢氷魚。本作では周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅(いがわ しゅん)を演じます。そして、迅の忘れられない恋人・日比野渚(ひびの なぎさ)には、現在、U-NEXTにて配信中のオリジナル配信ドラマ「すじぼり」で連続ドラマ初主演を務めるなど話題作への出演が絶えない藤原季節。
今泉力哉『his』
恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が、二人の青年の恋愛を題材に、「好きだけではどうしようもない」、恋愛の‟その先”の物語に挑んだ意欲作です。

日時:12月11日(水)
会場:神楽座
登壇:今泉力哉監督、森直人(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph

上映終了後、熱い拍手が沸き起こるなか、舞台上に登壇した今泉力哉監督。

まずこの作品の成立の経緯として、今夏放送された前日譚のドラマと映画とあわせてのオファーを受け、脚本を手掛けたアサダさんとTwitter上での交流を経て、企画が実現に向けて動き出しました。その後「おっさんずラブ」が空前の大ブームとなり、まるで後ノリになってしまったと苦笑まじりに語ります。恋愛映画の旗手と呼ばれ、ままならない恋愛を描き続けてきた監督が、初めての題材として選んだ男性同士の恋愛について「今まで、あえて扱うのを避けていた」と語ります。その理由として、「主題として扱わなくても、群像劇の登場人物の中に当たり前に登場させた方が、差別的にはならないのでは?という考えがあった」と明かしました。
また、「分かりやすくドラマチックにつくれるものは、あえて自分が撮らなくてもいいかなと思っていた」と胸中を語り、男性同士、裁判、親権を争うという類似点から『チョコレートドーナツ』と重ねて語られること、連想されることを避けたいと意識をしていたことを打ち明け主人公が生きる時代も、母親が主要な役どころとして登場する点など設定も変わるため、ちゃんと差別ができたのではないかと自信をのぞかせました。

話は恋人同士を演じた二人のキャスティングの話題にうつり、初めて仕事をした宮沢氷魚さんに関して監督は、「実年齢が若いので、ちゃんと迅に見えるのかなという不安が実はあった」と話します。しかし、宮沢さん自身がまじめに作品に取り組む姿を見て、安心したといいます。逆に藤原季節さんとは 『アイネクライネナハトムジーク』でも一緒に作品をつくりあげており、「氷魚と季節、この組み合わせでないと、成立しなかったなと思っています」と、二人の相性の良さに全幅の信頼を寄せる場面も。
今回は、監督に専念し、脚本家を別にたてるスタイルを採用したためオリジナル脚本の時と比べて、撮影現場で驚くことが多かったと語る監督。「こんなに登場人物の感情の揺れ幅を大きくしない」と語る通り、本作のクライマックスには藤原さん演じる渚が感情を高ぶらせ、抑えきれない気持ちを表現するシーンが登場します。そのシーンの撮影中、監督が予期せぬ演技を藤原さんが披露し、それを目の当たりにした監督は驚愕したそう。「もう少し低い温度や異なるバリエーションも撮影したのですが、結果的に採用したのは、季節が最初に演じた温度の高い芝居でした」。他にも、再会のうれしさから思わず抱きしめてしまう といった何気ないシーンも、監督としては「こんなに簡単に人に触れてもいいのだろうか?」と驚き連続だったようで、今までの今泉作品の中では珍しく高いテンションで、感情の高ぶりが表現されているシーンが数多く見られるのが本作の見どころのひとつ。「二人だけの空間で、ふらっとキスをする」といったシーンは、自分ではまず書かないがこの映画の温度の高さゆえに生まれたと熱っぽく語ります。

また、自身の部屋や近所の公園など身近な場所、狭い空間で映画を撮り続けてきた今泉監督が、近作『アイネ~』では仙台ロケ、本作では岐阜県白川町とついに東京を脱出し、地理的にも心理的にも広がりが出てきたと司会から指摘されると、「分からないことを理解しようと思う気持ちは常にある。リアルな生活の中で、主人公が成長してハッピーエンドというばかりではないから広がっていっても、個人を深堀りするというスタンスは変わらない」と自身の演出の本質を語りました。
最後に「映画の脚本を書き、撮影現場に赴き、その後編集作業という“苦痛”に近い膨大な時間を経て、お客さんに届いて、反応が返ってきた時にようやく映画が完成する」と語る監督は、「時間をかけて生み出した1本だからこそ、SNSだけではなくて、リアルに顔を突き合わせて感想を言うなどの口コミが本当に強いので、SNSとリアルと両方で応援してくれたらうれしい」と締めくくり場内をあとにしました。

映画情報どっとこむ ralph 『his』

2020年1月24日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

公式サイト:
https://www.phantom-film.com/his-movie/

【ストーリー】
 井川迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れて、元恋人の日比野渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に生きていたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――。

***********************************

宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ 音楽:渡邊 崇
製作プロダクション:ダブ  企画製作:メ~テレ  製作:映画「his」製作委員会  配給・宣伝:ファントム・フィルム
©2020映画「his」製作委員会 (日本/5.1ch/カラー/127分)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

モトーラ世理奈『 猫、かえる』 & 藤原季節『鼓動』池袋シネマ・ロサにて2週限定上映へ!


映画情報どっとこむ ralph 1月24日から公開の映画『風の電話』(諏訪敦彦監督)に主演、佐藤勝利主演の映画『ブラック校則』ではヒロ゗ンを演じ、最も勢いに乗る女優・モトーラ世理奈。そして同じく1月24日から劇場公開される今泉力哉監督(『愛がなんだ』)の最新作『his』でメ゗ンキャストを務めるなど、いま注目を集める俳優・藤原季節。

2020年、最も旬な俳優2人が主演した短編映画『猫、かえる Cat’s Home』(今尾偲監督)と『鼓動』(品田誠監督)が2本立てで公開されることが決定した。

若い世代から年配の映画フゔンまで、幅広い年代に2人の短編作品をスクリーンで観てほしいとの願いから、鑑賞料金は一般1,300円、学生1,000円に設定された。

東京の池袋シネマ・ロサで1月18日(土)から2週間限定で上映される。
『鼓動』『猫、かえる』

映画情報どっとこむ ralph 『猫、かえる Cat's Home』(今尾偲監督)

■『猫、かえる Cat’s Home』

 主演は21歳の新進女優、モトーラ世理奈。ファッション誌『装苑』の専属モデルとして活躍し、女優業を開始した後も『少女邂逅』『おいしい家族』『風の電話』(諏訪敦彦監督、2020年1月24日公開)と話題作の公開が続き、多くのクリエーターから注目を集めている。監督はテレビ番組、CMなどの映像演出を手がけてきた今尾偲。クールな印象の強い彼女を一人の女として描き、新しい一面を引き出した。

 共演は、併映作品の『鼓動』でメガホンを取る品田誠。監督しての才能も開花させつつ、本業の俳優としても『リスタート』(品川ヒロシ監督)などの公開を控えている。そして、倉本聰脚本のドラマ「やすらぎの刻~道」に出演する木下愛華が脇を固めている。

【『猫、かえる』主演 モトーラ世理奈】
猫と一緒に日向ぼっこしたくなる映画です。
猫ってなんであんなに人を引きつけるんだろう。時々そっぽを向かれても時々こっちを向いてくれたら、それでいいんです。

【『猫、かえる』監督 今尾偲】コメント
人は出会いと別れを経験して成長していきます。そうした若い時の「別れ」は一生の財産となったりもします。痛みと郷愁、甘酸っぱさと苦さ…そうした『想い』が『思い出』となってゆく一日を、モトーラ世理奈という稀有な表情の女優で表現してみたかったのです。

【出演】
モトーラ世理奈 / 品田誠 / 木下愛華

監督/脚本/製作:今尾偲/撮影:古屋幸一/照明:酒井隆英/録音:岩間翼/編集:柏木節郎/音楽:蓑田峻平/整音:蛯原浩彦/プロデューサー:清藤誠

【あらすじ】
リナ(モトーラ世理奈)は、かつての恋人・浩(品田誠)の部屋へと向かっていた。二人で飼っていた愛猫・イブを引き取りに行くためだ。別れる時にイブは浩が引き取ったのだが、彼は突然ネコアレルギーになってしまったのだという。そのため、リナがイブを引き取ることになったのだ。しかし、ちょっとした合間に、イブはベランダから逃げ出してしまうが…。少女から大人へと変わってゆく主人公の、ある一日の物語。

映画情報どっとこむ ralph

■『鼓動』
 主演は、公開初日に27歳の誕生日を迎える藤原季節。『ケンとカズ』(小路紘史監督)『止められるか、俺たちを』(白石和彌監督)など数々の話題作に出演し、U-NEXT配信ドラマ『すじぼり』では連続ドラマ初主演を務めた。本作公開の直後の20年1月24日からは『愛がなんだ』今泉力哉監督の最新作『his』の公開が控えている。

 監督は藤原季節と同じ北海道出身の品田誠。今秋の第15回山形国際ムービーフェスティバルで最優秀俳優賞の「船越英一郎賞」を受賞し、公開待機作の『リスタート』(品川ヒロシ監督)など、俳優として活動する一方、監督としても作品を撮り続け、前作『不感症になっていくこれからの僕らについて』は第12回田辺・弁慶映画祭で「映画.com賞」を受賞し、若手俳優の特集上映「the face」シリーズの第一弾にも選ばれ、俳優・監督の両面で注目されている。

 共演は『風に濡れた女』『ビジランテ』の桝田幸希、『チア男子!』『ギャングース』の菅原健、そして、声優としても活躍するベテランの入江崇史がもう1人の主演として藤原と対峙している。

【『鼓動』主演 藤原季節(ミツル役)】コメント
1月18日、僕の誕生日から池袋シネマ・ロサで『鼓動』が上映されることが決定しました。これまでの全ては2020年のために積み重ねて来ました。僕にとって激動の一年になることを確信しています。その始まりとして『鼓動』はベリーベリーベストな作品です。俳優を始めた時に出会った品田誠と、6年をかけて始まりの映画を作ることが出来たことを心から感謝します。

【『鼓動』監督 品田誠】コメント
『鼓動』は人生の誇りの一つです。平成から令和へと時代が移行する最中に撮影し、いくつかの奇跡に支えられて完成しました。これは未来への始まりだと、今も背中を押されています。誰かの思いがまた次の思いを生むようにと祈りを込めて。見にきてください。

【出演】
藤原季節/入江崇史/桝田幸希/菅原健 ほか

監督/脚本/編集:品田誠/撮影:古屋幸一/ヘアメイク:進士あゆみ/録音:岩間翼/衣装:沼澤菜美/共同プロデューサー:渋谷寿、大高健志/プロデューサー:和田隆

【あらすじ】
ある日、ミツル(藤原季節)は駅の近くで電話を手に地面に突っ伏して泣き叫ぶ高橋(入江崇史)を目撃する。周囲は迷惑そうに関わりを避け、何事もなかったように足早に通り過ぎていく。ミツルも同じように一瞥し帰路につこうとしたが、その時、あの日の記憶がよみがえった…。

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宮沢氷魚x藤原季節で今泉力哉監督が同性恋愛を描く『his』


映画情報どっとこむ ralph この度、‟塩顔イケメン令和代表“等と話題沸騰中の若手俳優・宮沢氷魚さんが映画初主演を飾る『his』が2020年1月24日(金)に公開されることが決定しました。

本作で、宮沢さんが演じるのは、周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅(いがわしゅん)。
『his』 宮沢氷魚

宮沢さん:まず、初主演映画を今泉力哉監督はじめ、素晴らしいキャスト、スタッフのみなさんと作れたことをとても嬉しく思っています。
僕は光栄なことに、小さい頃から多国籍、多文化な環境で育ちました。同級生にはゲイ、バイセクシュアルの人もいて、LGBTQへの認識や理解は常識だと勝手に思っていましたが、日本ではまだまだそんなことはなく、何もできない自分にむずむずしていました。
今回このお話が来て、素直に嬉しく、絶対に引き受けたいと思いました。僕が演じる井川迅はゲイであることを隠してひっそりと田舎で生きている青年です。本作は同性愛を綺麗に描写したものではなく、美しさ、醜さ、愚かさ、純情さ、など人間の生き様そのもの描いています。性別を超え、人を愛し、人に愛されるということはどういうことなのか。「his」にはその全てが詰まっています。
この作品が一人でも多くの人に届き、迅という役を通して想いが伝わることをこころより願っています。

と本作に込めた思いを語っています。

映画情報どっとこむ ralph そして、迅が恋焦がれる日比野渚(ひびのなぎさ)役には、藤原季節さん。

ゲイであることを隠しながら、女性と結婚し、家事に子育てにと励むイクメンを演じます。
『his』藤原季節

藤原さん:宮沢氷魚くんが演じた迅はダイヤモンドのような人です。迅が持っている傷だらけの魂が、映画の中で洗練されてまるでダイヤモンドみたいに輝いていくのです。一方、僕が演じる渚は泥で塗り固められた魂を持っています。でも泥を落とせば傷のないピュアな魂があるとは思います。撮影中は氷魚くんとほぼ24時間一緒に暮らしながら過ごしましたが、次第に二人とも役と心がシンクロしてしまい苦しみました。迅役が宮沢氷魚でなければあの苦しい撮影を乗り越えることは出来ませんでした。僕の娘を演じた外村紗玖良ちゃんは太陽のような女の子です。でも曇った心もちゃんと持っているので、つまり空です。そういえば娘の名前も空(そら)でした。宝石と空と今泉組に囲まれた幸せな日々。映画の一秒一秒が本当に僕の宝物です。この宝物を苦しみながら生み出しプレゼントしてくれた、今泉力哉監督をはじめとした『his』チームの皆に心から感謝します。早くこの宝物を日本中に届けたいです。

と撮影を振り返り、宮沢さん、監督へ感謝の気持ちを伝えています。

映画情報どっとこむ ralph メガホンを取るのは、角田光代の傑作恋愛小説を映画化した『愛がなんだ』(19)のヒットが記憶に新しい、恋愛映画の旗手・今泉力哉監督。

本作を制作するにあたり、

今泉監督:私はLGBTQやまたそこからも漏れてしまうような人々の葛藤についてを主題にした映画をつくることは意識的に避けてきました。その方が逆に差別的ではないかと考えていたからです。だから、そういう人が群像の中に当たり前に存在している映画をつくってきました。でもこのお話を脚本のアサダさんからいただいて、自分にしかつくれないものもあるのかなと思い、引き受けました。ドラマ「his」では<自分が同性を好きかもしれない>と気づくまでを描き、そしてこの映画「his」では好きだけではどうしようもない正解のない感情について描きました。そこには男女の差なんてないのだなと、つくる過程で学んだこともたくさんありました。宮沢氷魚と藤原季節という、芝居の技術やうまさの前に、人として誠実で魅力的なふたりとこの作品をつくれたことを嬉しく思います。この映画が多くの人の心を少しでも軽くできますように。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph ナチュラルで繊細な心理描写で様々な恋愛のかたちを切り取ってきた今泉監督が、初めて男性同士の恋愛を題材に、迅と渚の同性カップルが親権獲得や周りの人々への理解を求めて奮闘する姿を描きます。今、同じような立場の人々が直面する社会問題や法的問題などに切り込み、新境地に挑んでいます。

そのほかの共演者には、渚の妻・玲奈に松本若菜さん、迅に恋する美里を松本穂香さん、迅と渚を優しく見守る近所の人々を鈴木慶一さん、根岸季衣さん、親権を争う裁判を担当する弁護士役に堀部圭亮さん、戸田恵子さんら実力派の俳優陣が名を連ねています。

尚、今春、メ~テレ(名古屋テレビ放送)他にて放送された「his~恋するつもりなんてなかった~」では、主人公二人の出会いが描かれています。
今泉力哉『his』

『his』

公式サイト:
https://www.phantom-film.com/his-movie/

ストーリー
春休みに江の島を訪れた男子高校生・井川迅と、湘南で高校に通う日比野渚。二人の間に芽生えた友情は、やがて愛へと発展し、お互いの気持ちを確かめ合っていく。しかし、迅の大学卒業を控えた頃、渚は「一緒にいても将来が見えない」と突如別れを告げる。
出会いから13年後、迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。ある日、6歳の娘・空(そら)を連れた渚が迅の前に現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻と娘の親権を争っていることを伝え、「結婚して、子供も生まれて、この生活を大事にしていこうって誓ったんだ。でも、無理だった。俺、迅がいないと生きていけない。」と抑えきれない想いを迅に打ち明け・・・。
『his』 宮沢氷魚

***********************************

宮沢氷魚 / 藤原季節
松本若菜  松本穂香 / 外村紗玖良  中村久美
鈴木慶一  根岸季衣  堀部圭亮  戸田恵子
監督:今泉力哉
企画・脚本:アサダアツシ
音楽:渡邊 崇
製作プロダクション:ダブ
企画製作:メ~テレ
製作:映画「his」製作委員会
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(日本/5.1ch/カラー/127分)
©2020映画「his」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

藤原季節『鼓動』ワールドプレミア@田辺・弁慶映画祭セレクション2019 品田誠監督特集DAYで


映画情報どっとこむ ralph 新進俳優であり監督でもある品田誠(『飢えたライオン』『恋愛依存症の女』)が、同郷の北海道出身の藤原季節を主演に迎え、自身5作目の監督作を製作。7月5日(金)にテアトル新宿でワールドプレミア上映されることになりました。

本上映は、6月28日(金)からテアトル新宿で開催されます「田辺・弁慶映画祭セレクション2019」内における「品田誠監督特集DAY」(7月5日(金)~8日(月)の4日間)での上映となります。

6/28(金)開幕!!「田辺・弁慶映画祭セレクション」内で品田誠監督特集
(上映スケジュール)
7/5(金)21:00-
『不感症になっていくこれからの僕らについて』『Dear』『鼓動』
7/6(土)21:00-
『不感症になっていくこれからの僕らについて』『Dear』『鼓動』
7/7(日)21:00-
『不感症になっていくこれからの僕らについて』『マヨネーズラブ』 『ノンフ
ィクション』
7/8(月)21:00-
『不感症になっていくこれからの僕らについて』『Dear』『鼓動』

映画情報どっとこむ ralph 藤原季節主演『鼓動』ワールドプレミア上映
田辺・弁慶映画祭での「映画.com賞」受賞を記念し、エイガ・ドット・コムの和田隆氏をプロデューサーに迎えて、新作短編『鼓動』を製作。この新作『鼓動』が7月5日(金)の“品田誠監督特集”で、ワールドプレミア上映されることが決定した。主演は、品田監督と同郷の新進俳優・藤原季節。『ケンとカズ』『美しい星』『止められるか、俺たちを』など数々の話題作に出演してきた藤原が、品田監督のメガホンに応え、クライマックスでは、これまでの姿とはひと味違う、息をのむ静かな熱演で魅せている。共演は『風に濡れた女』『ビジランテ』の桝田幸希、『暗殺教室』『ギャングース』の菅原健、そして、声優としても活躍するベテランの入江崇史が主人公の父親を好演した。

【品田誠監督コメント】
今日この日まで、たまたま生きてこられました。明日はそうはならないかもしれません。きらびやかな東京の街も、人間がいなくなれば、何の意味を持つでしょう。最小単位の個人に向けて。耳をすませてこれなかった悔恨に向けて。ずっと一緒に映画をやりたかった藤原季節という男を真ん中に、今の僕たちの鼓動を鳴らしました。静かで確かな叫びを、ぜひ、劇場でご覧ください!

【あらすじ】
ある日、ミツル(藤原季節)は駅の近くで電話を手に地面に突っ伏して泣き叫ぶ高橋(入江崇史)を目撃する。周囲の人々は迷惑そうに関わりを避け、何事もなかったように足早に通り過ぎていく。ミツルも同じように一瞥し帰路につこうとしたが、その時、あの日の記憶がよみがえった。1年前に父から電話が来ていたことに気付きながら電話に出なかった「あの日」のことを…。

映画情報どっとこむ ralph ★新作『鼓動』に寄せてコメント

■主演:藤原季節(ミツル役)コメント
品田誠に初めて会ったのは僕が20歳の時でした。あれからたったの6年、たったの6年が恐ろしいほど長く、そしてあっという間でした。僕らはギリギリの握力で映画にしがみついて、未だ夢を見ながらお互いの道を歩いてきました。その道が交わって品田誠と映画を作った時、もっと大きな夢を見ました。まだまだ映画にしがみついてやると決心しました。これは僕らの始まりです。『鼓動』をよろしくお願いします。

■桝田幸希(紗織役)コメント
紗織という役は、友人として酒を飲み交わしたいと思うような魅力的な女性です。紗織だけじゃなく全てのキャラクターに共感できる所があると思います。同世代の方々と一緒に作品が作れたことはとても嬉しく、楽しく、沢山の刺激を頂きました。女性の肌のような繊細で美しい品田ワールドを皆様にも味わって頂きたいです。

■入江崇史(高橋役)コメント
限られた、とても濃密な時間の中で1人の人間の人生を体現するのはとてもダイナミックな経験でした。才能と熱量を持った素晴らしいスタッフとキャストが集結して、どんな作品が出来上がるのか、とても楽しみで仕方ありません。

■菅原健(大輔役)コメント
大輔という役は品田監督の本当に実在する友人を基に出来上がった人物で、今回の作品の中でもかなり思い入れのある役柄とお聞きしました。クランクイン前には病気についても調べて、演じるプレッシャーや少ないシーンでどれだけのメッセージを込める事が出来るかの挑戦でした。この機会を与えてくれた品田監督、病気について監修・指導してくださった皆さんと、映画が完成したことに心から
感謝します。

映画情報どっとこむ ralph イベント内容 イベント名「田辺・弁慶映画祭セレクション 2019」期間:6/28(金)~7/18(木)

「品田誠監督DAY」7月5日(金)~8日(月)

***********************************

『鼓動』
出演:藤原季節 入江崇史 桝田幸希 菅原健 芦原健介 三枝翠 長谷川千紗
 小野孝弘
監督・脚本・編集:品田誠 撮影監督:古屋幸一 助監督:國谷陽介 ヘアメイ
ク:進士あゆみ 録音:岩間翼 衣装:沼澤菜美 音楽:Iman プロデューサー
:和田隆 共同プロデューサー:渋谷寿、大高健志 (C)『鼓動』製作パート
ナーズ カラー シネマスコープ STEREO 28分 日本

『不感症になっていくこれからの僕らについて』
出演:池田大 紗都希 福永マリカ 細川岳 監督・脚本・編集:品田誠 撮影監督:岩倉具輝  助監督:葉名恒星 録音:齋藤翔太郎 作曲:池田 大 ヘアメイク:藤原玲子 整音・音響効果:蛯原 浩彦 スチール:渡邉翼 カラー スタンダード  STEREO 30分 日本

『Dear』
出演:秋乃ゆに Makoto 監督・脚本・編集:品田誠 2017年 カラー STEREO 10分 日本

『ノンフィクション』
出演:品田誠 市場紗蓮 芦原健介 田中一平 監督・脚本・編集:品田誠 2015年 カラー STEREO 20分 日本

『マヨネーズラブ』
出演:品田誠 鈴木聖奈 ちさと 湯舟すぴか 監督・脚本・編集:品田誠 2016年 カラー STEREO 27分 日本




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

野村周平、柳ゆり菜ら11名登壇!『純平、考え直せ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、9月22日(土)に映画『純平、考え直せ』の初日舞台挨拶がシネ・リーブル池袋にて行われ、“男”純平を演じた主演・野村周平さん、ヒロイン・柳ゆり菜さんをはじめ、毎熊克哉さん、岡山天音さん、佐野岳さん、佐藤祐基さん、藤原季節さん、森田涼花さん、木下愛華さん、片岡礼子さん、森岡利行監督 総勢11名登壇!

映画『純平、考え直せ』初日舞台挨拶
日程:9月22日(土)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:野村周平、柳ゆり菜、
毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、佐藤祐基、藤原季節、森田涼花、木下愛華、片岡礼子、森岡利行監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられ総勢11名が登壇!

人数が多いので、本当に一言!な超速挨拶でイベントはスタート。

監督:今日はよろしくお願いします!

監督も一言のみのレアなものに。11名での登壇で

野村さん:いつもの4-5人の挨拶の時より早く挨拶が終わっちゃった!共に戦ったみんなが集まれたのは嬉しいです!

アニキ役のかっこよい系の強面、毎熊さんが横にいる舞台挨拶に

野村さん:アニキ!って感じですよね。映画同様にアニキ何です。包容力のある先輩です!

と、人たらしで有名な野村さん。

毎熊さん:実際2-3日の撮影だったんですけどね。長台詞ひやひやしながら演じた記憶があります。野村周平6-7歳下なんですけど。カッコいいなと。今ドキではなくて、一昔前の男なんですよ。純平のような感じですね。

野村さん:生まれてくる時代間違えてる!ってよく言われます!

と、昭和チックな男である様です。

映画情報どっとこむ ralph 柳さん、岡山さんは並んで登壇ですが、劇中では柳さんの髪をバッサリ行く岡山さん。

実は本当に切ったそうで・・・

野村さん:酷いよね!お客さんみんなお前のこと嫌いだから!

岡山さん:本当にすみませんでした!緊張しました!プロデューサーさんから手加減するのを映したくないと言われ、メイクさんからはあんまりやらないでと!プレッシャーの中で。

柳さん:謝らないでください!監督カットかけないからドンドンね。お互いひりひりしながらの撮影でした!流石の天音さんで。嫌なやつを本当に見事に演じていて。入ってきた瞬間に怖かったです!本人は優しい方なんですよ。


と、観終えたばかりの観客にフォローの柳さん。実はこのシーンに野村さんは柳さんが心配で、ちょこちょこ撮影観に来ていたと監督が証言!

コインランドリーから出なかったと語る佐野さんは

佐野さん:監督と打ち合わせして、コインランドリーから出ない様に演出を変えてもらいました。

と、役作りの裏設定をしたそう。さらに・・・・話が長い佐野さんに野村さんが一括する場面も!

一方で佐藤さんは、めちゃ簡潔に!

佐藤さん:如何に昔悪かったんだろうな!と先輩ぽいなと言う風に演じました!因みにあのマスクは当日家からしてってます!

と役作りを語りました。

余りシーンは多くなかった森田さんですが

森田さん:クラブのシーンでは、純平と加奈のシーンがお勧めです!

と、話すと

監督:あの役は森田さん当て書きだから。
と言われ、ちょっと納得がいってないご様子。

片岡さん:二人が尋ねてくるシーンは、息子が彼女連れて尋ねてくる。試写観たら凄いことになってて。お母さんとしてはね。

野村さん:凄いかっこよいお母さんでした!

監督:実は鬼火の時に片岡さんがスカジャンを着ていて、そして本作では息子が着ている。僕の中では一つドラマになってます!

と明かしてくれました。

本作では、肝になるSNS上の住人役の木下さんと藤原さんは

木下さん:私は加奈ちゃんに血の通ってないセリフを書くんですけど。部屋に言いいる私は血が通ってるんだよ。と言う風に見えるように演じました。

とし、


藤原さん:台本もらった時は、同世代の俳優と一緒で楽しそうだなと思っていましたが、撮影時は実際誰ともお会いしてないんです。監督が自由にやってと言われて自由にやらせていただきました!

そして、藤原さんは役づくりでホストクラブで働いたそう。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

監督:ゆり菜は根性を見せてくれたし、周平は映画を通してイメージが変わった。やはり生身の人間と会ってみないと人となりはわからない。彼は礼儀正しく、魂を込めて演じてくれました。まさに純平!

と2人の熱演に感激。

柳さん:ハードで大変な撮影もあったけれど、この作品に惚れました。そして今の私のすべてを捧げるくらい、作品を愛しました

と思いを込め、

野村さん:SNSでこの映画を広めてほしい。そうすれば『カメラを止めるな!』のようになるはず。僕もカメラを止めたくない!

と最後も観客を野村節で笑わせ、

野村さん:俺のことを嫌いになっても、純平のことは嫌いにならないでください!

とAKB48・前田敦子の名言に絡めて主演作をアピールしてイベントを終えました!

『純平、考え直せ』

公式サイト:
junpei-movie.com

物語・・・

「鉄砲玉?なにそれ、ウケるね」
ふたりの青春、あと3日!?-未来なんて、クソくらえ!

新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか”一人前の男”
になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい”鉄砲玉”になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。

新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。

「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。

すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した! 

加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

***********************************

出演:野村周平、柳ゆり菜/毎熊克哉、岡山天音、佐野 岳/
戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人/森田涼花、木下愛華、やしろ優/下條アトム、二階堂智、片岡礼子
原 作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)/ 主題歌:the pillows「眩しい闇のメロディー」(DELICIOUS LABEL)
監 督:森岡利行 / 脚 本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美 
プロデューサー:梅川治男 / 製作 キングレコード アークエンタテインメント
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給 アークエンタテインメント
上映時間:95分
Ⓒ2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ