「藤原啓治」タグアーカイブ

映画『ネクスト ロボ』劇団ひとり、超毒舌犬の声優に挑戦!日本語版予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 孤独な少女メイと勇敢でピュアなロボット7723の絆と冒険を描いた、Netflixが贈る最新アニメーション映画『ネクスト ロボ』。

人間とロボットの垣根を超えた友情、家族や友人とのかけがえのない「思い出」の大切さに気づかせてくれる、親子で一緒に楽しめるハートフルアニメーションです。

Netflixオリジナル映画『ネクスト ロボ』は、9月7日(金)よりNetflixにて世界190ヵ国で独占配信。


この度、劇団ひとりが超毒舌犬の声優に挑戦することが発表となり、併せて豪華声優陣も集結した日本語版予告も解禁となりました。


お笑いタレントとしてだけではなく、俳優、コメンテーター、作家など多才な活躍を見せる【劇団ひとり】が挑戦したのは、愛らしい見た目に反して超毒舌な主人公メイの愛犬モモ役。

今回犬役のオファーを受けたことについて

劇団ひとり:鳴き声もやるのは戸惑いましたね。何回かマネージャーに確認して、鳴き声はどうにかならないかって話はしたんですけど(笑)。 過去に声優として猫もペンギンも経験はしていたのですが、その時は鳴き声まではやっていなくて、犬の鳴き声までやるというのは、今回が初めてでした。

と初挑戦となった犬役への苦労を明かしています。

また、Netflixで世界デビューすることについては「いやあ嬉しいですよね、地球の裏側にいる方も僕の声を聴く人いるのかな?(笑)
個人的には、各国のモモ役がどんなモモを演じているのか聴き比べできるのが楽しみですね」と様々な言語で吹き替えられるモモに期待感を寄せました。

今回は劇団ひとりのほか、主人公メイ役に【山根舞】、メイと心を通わせる優しい戦闘ロボット7723役に【鈴木達央】、世界をロボットの力で支配しようと企むピン役には、【藤原啓治】、7723を開発したライス博士役に【森久保祥太郎】と、実力派の豪華人気声優陣が集結!
解禁となる日本語版予告にはメイと7723の絆、そしてスリリングなアクションシーン、 声優陣が命を吹き込んだ個性豊かなキャラクターの姿が収められ、Netflixが贈るこの秋、親子で楽しめる珠玉のアニメーション映画『ネクスト ロボ』へ更なる注目が集まること間違いなしです!



映画情報どっとこむ ralph Netflixオリジナル
映画『ネクスト ロボ


コンテンツページ:https://www.netflix.com/ネクストロボ

物語・・・
ロボットだらけの未来。生活のすべてをロボットに任せきりの母や友達とうまくいかずひとりぼっちのメイは、ロボット7723と出会い、
次第に友情のような絆が芽生えていく。メイと過ごすうちに彼女が大好きになった7723。
しかし記憶容量の限られていた7723は、メイとの“思い出”を残すため大きな決断をする…。やがて、7723を開発したロボット会社が
人類滅亡を企んでいることを知ったメイたちは、街のみんなを守るため立ち上がる!
***********************************

2018年9月7日(金)より、Netflixにて世界190ヵ国で独占配信
共同監督:ケヴィン・アダムス (『ヘラクレス』『 ファンタジア2000 』)、ジョー・ケイサンダー(『ナイト ミュージアム」『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』ビジュアルエフェクト担当)
プロデューサー:パッティ・ヒックス (『ライオン・キング』『美女と野獣』)、チャーレーン・ケリー(『アナスタシア』『プリンス・オブ・エジプト』)キャスト:シャーリン・イー(メイ)、ジョン・クラシンスキー(7723)、ジェイソン・サダイキス(ピン)、デヴィッド・クロス(ライス博士)、コンスタンス・ウー(モリー)、マイケル・ペーニャ(モモ)  


「グレートマジンガー」参戦決定!マジンガールズに田所あずさ、伊藤美来 


映画情報どっとこむ ralph 「マジンガーZ」が映画で超復活します!

今年画業50周年を迎える永井豪『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開いたします。

このたび、かつて「マジンガーZ」と共に人類を救ったもう一つの魔神「グレートマジンガー」の参戦決定

ファン待望の「グレートマジンガー」堂々参戦決定!!


本作への登場があるのか、その行方が熱狂的ファンの間で大きな話題を呼んでいた「グレートマジンガー」の参戦が決定!「グレートマジンガー」は、「マジンガーZ」TVシリーズ最終回で初登場後、続く「マジンガー」シリーズ続編「グレートマジンガー」の主人公として活躍した、「マジンガーZ」と共に人類を救ったもう一つの魔神。


初登場の「マジンガーZ」最終回では、敵の機械獣に苦戦する「マジンガーZ」の元に突如現れ共闘して機械獣を一掃し、衝撃的なヒーローの交代劇を見せつけた。世界消滅の危機に、今再び「マジンガーZ」と共闘を果たします!

映画情報どっとこむ ralph レジェンドが参戦!新旧豪華キャストが勢揃い!

「グレートマジンガー」を操り、かつて兜甲児と共に人類を救ったもう一人の英雄・剣鉄也役に関俊彦。
鉄也と共に数々の戦果を収めた元軍人であり、現在は鉄也と結ばれ、彼の子を宿して平和な暮らしを送る炎ジュン役に小清水亜美。
そして、世界征服を目論むDr.ヘルの忠実なる部下・ブロッケン伯爵役に、藤原啓治。
「クレヨンしんちゃん」の野原ひろし役、映画『アイアンマン』などのトニー・スターク役といった数々の代表作をもつ藤原は、2016年8月〜の療養期を経て、本作がアニメーション映画の復帰作となる。
そして悪と戦う統合軍の戦うアイドルグループ、マジンガールズに田所あずさ、伊藤美来。さらに、言わずと知れた初代「マジンガーZ」の兜甲児役を務めた石丸博也、TVシリーズで弓さやか役を務めた松島みのりのダブルレジェンドの参戦も決定!TVシリーズ放映当時のファンも大興奮間違い無しのキャストが揃い踏み。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれる。
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

公式HP:
mazinger-z.jp

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 
   森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治

原作:永井豪 
監督:志水淳児 
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之 
キャラクターデザイン:飯島弘也 
美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 川崎弘二
音楽:渡辺俊幸 
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎 
制作:東映アニメーション 
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
       


榎木淳弥&藤原啓治『スパイダーマン:ホームカミング』日本語吹替版予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 全世界待望のスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』が2017年 8月11日(金・祝)に公開いたします。

このたび、超豪華な日本語吹替版声優と日本語吹替版予告映像が解禁となりました!



さらに、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に続き、主人公ピーター・パーカー/スパイダーマンを演じるトム・ホランドの日本語吹替版声優の榎木淳弥さん、さらには、映画としての声優復帰第1作目でロバート・ダウニーJr.が演じるトニー・スターク=アイアンマンを演じる藤原啓治さんよりコメントも到着!

映画情報どっとこむ ralph
◆榎木淳弥コメント(ピーター・パーカー/スパイダーマン役)
初めてピーター・パーカーを演じさせて頂いた前作から、こうして引き続き吹替えを担当させていただけるというのは本当に嬉しいですし、とてもありがたいことだなと思いました。トム・ホランドさんの表現はとてもストレートでありながらも、動きや喋りが本当に多彩で、見ている人を飽きさせない素晴らしい俳優さんだと感じたので、ピーターを演じる際に瑞々しさを表現出来るように意識しました。前作の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』と違い、主役ということは作品のクオリティにも大きく関わってくるので、プレッシャーは大きかったのですが、精一杯頑張りました!ですので、本作ではピーターがスパイダーマンに、そして本当のヒーローへと成長していく姿を楽しんで頂けたら嬉しいです。是非お楽しみに!

◆藤原啓治コメント(トニー・スターク/アイアンマン役)
彼(トニー・スターク/アイアンマン)の魅力は多面性ですね。シーンによって多彩な表情を見せてくれるところが。ですので、再び、演じられて嬉しいに決まってるよー!ウソじゃないよー!今回は師匠としての部分もですけど、父親的な役回りもあると思います。これまでのトニーには皆無な部分ですから、そこは楽しんで演じました。(日本語版吹替版を楽しみにしているファンには)楽しみにし続ける事を強く望むものである。

映画情報どっとこむ ralph スパイダーマン:ホームカミング

2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー。
2017年7月7日全米公開。


***********************************

監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)

トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、
ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)
マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、
マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)
ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、
ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.


梶裕貴が演じる『GAMBA ガンバと仲間たち』予告篇解禁


この度、10月10日(土)に公開します3DCGアニメーション映画

GAMBA ガンバと仲間たち

梶裕貴が演じるガンバと神田沙也加演じるヒロイン・潮路と壮大な冒険を繰り広げる本作!
ガンバx潮路
その予告篇と本ポスターのビジュアルが解禁!



また、それにともない、仲間たちに、超豪華声優陣の出演が決定です。
キャラ&声優
まず、ガンバの相棒・マンプクに、高木渉、船乗りネズミのリーダー・ヨイショに、大塚明夫。

大塚明夫は、『ガンバとカワウソの冒険』(ブラック役)で出演歴があり、父の大塚周夫も「ガンバの冒険」でノロイ役を演じたことがあり、「GAMBA」に馴染みのある実力派声優がキャスティングされています。

頭が切れる参謀役のガクシャに池田秀一、のんびり屋のボーボ役に高戸靖広、アウトローなイカサマ役に藤原啓治、ヒロイン潮路の弟・忠太には、矢島晶子が抜擢され、責任感と熱い心を人一倍持った忠太を優しい声で演じています。

さらに、1975年4月から放送されたTVアニメ「ガンバの冒険」、後の劇場版アニメ『冒険者たち ガンバと7 匹のなかま』(1984)、『ガンバとカワウソの冒険』(1991)でガンバ役を務めた野沢雅子が、本作では、夢見が島でガンバたちと出会うオオミズナギドリのツブリ役で出演!かつて主役を務めた野沢雅子に対する敬意の意を込めて出演をオファーし、物語のキーパーソンであるツブリ役で復活する運びとなりました!
ツブリ&野沢雅子
前売り特典なお、7月18日(土)より劇場前売券が全国の劇場で発売開始となります。「集めてつなぐ。仲間ストラップ」2種(ガンバ&潮路ver・イカサマ&マンプクver)が特典として付きます。


物語・・・
都会の片隅で、街ネズミのガンバとマンプクは楽しく暮らしていた。
ある日ガンバは、「海は世界で一番広くて大きい」と聞き、観たことのない海を目指す旅に出る。

二匹は港で船乗りネズミの宴に参加するが、そこへ弱りきった島ネズミの忠太が助けを求めやってきた。しかし船乗りネズミたちは、敵が白イタチの「ノロイ」だと聞いたとたん、勝ち目がないと逃げ出してしまう。
絶望する忠太を見たガンバは、自分だけでも島ネズミを助けようと決心する。

GAMBAポスター夜が明け、出航のとき。なんとボーボ、ヨイショ、ガクシャ、イカサマ、そしてマンプクもガンバの心意気にひかれ、船に乗り込んでいた。いよいよ冒険のはじまり。

ガンバと仲間たちはどうやってノロイに立ち向かうのか!?

そして彼らの運命は……!?

GAMBA ガンバと仲間たち

10月10日(土) 2D/3D ロードショー!

公式サイト:gamba-movie.com

********************************************************************

声の出演:梶 裕貴、神田 沙也加 ほか
原作:「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」斎藤 惇夫・薮内 正幸(岩波書店刊)
製作総指揮:島村 達雄 企画・総監督:小川 洋一
監督:河村 友宏 小森 啓裕 脚本:古沢 良太 音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ
CGテクニカル・スーパーバイザー:初鹿雄太 
CGキャラクター・スーパーバイザー:大橋真矢
エグゼクティブ・プロデューサー:アヴィ・アラッド 
プロデューサー:紀伊 宗之 藤村 哲也 早船 健一郎
コミュニケーション・ディレクター:goen゜ 森本 千絵
製作・アニメーション制作:白組
配給:東映
©SHIROGUMI INC., GAMBA


杏がアフレコ!『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』予告編解禁!


江戸の喜怒哀楽<爽快>浮世エンターテインメント!

『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』

5月9日(土)より江戸の世界がロックで動き出す!
女優、杏が着物姿で主人公・お栄を熱演!

その予告編が完成しました!



冒頭、百日紅の花を縁側で眺めているお栄が「長い祭りが始まったね」とつぶやくと、威勢の良いギターが鳴り響き、美しくも妖しい江戸の世界が動き出す! 妖怪や鬼など杉浦日向子作品のモチーフが次々と映し出され、主人公・お栄そして父・葛飾北斎や仲間たちの、にぎやかな日々が映し出されていきます。

原 恵一監督が本作の映像化にあたり、「アニメーションならではの強みで、あらゆる角度から江戸を映し出したい」という想いが、まさに炸裂する映像であふれています。

百日紅_杏
アフレコを終えた杏さんは、演じたお栄の魅力を

杏さん:独り立ちをする女性が少ない中で、絵を描く女性として、自分の意志でものを作り出していく姿がすごく素敵だなと思いました。アニメーションの声優というのが今まで経験のないことだったのでアプローチ方法も手探りでした。普段お芝居をしていても、衣装に身を包むことによって声のテンションや気持ちが変わってくるのを感じているので、声のお仕事でもお栄と同じ着物に身を包んで演じた方がもしかしたらいいのかなという想いでアフレコには着物でのぞみました。

と役づくりについて答えました。

また好きなシーンはの質問に

杏さん:明け方の朝焼けのシーンが好きです。青と白と朱色の空のグラデーションが、まさに浮世絵の背景に描かれている色だなと思いました。アニメーションの中にどんどん浮世絵の色や絵が入ってきているところが好きです。そして、私もこれから作品が完成していくのを待っている一番のファンでもあります。


物語・・・

百日紅(さるすべり)の花が咲く―
お栄と北斎、仲間達のにぎやかな日々がはじまる

浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らしている。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、犬と寝転んだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら絵師としての人生を謳歌している。今日も江戸では、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎ、など喜怒哀楽に満ちあふれている。恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。そして、百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。

百日紅
江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、浮世エンターテインメント! 時を超えて現代へ紡がれる人生讃歌

『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』5月9日(土)全国ロードショー

公式HP: sarusuberi-movie.com


********************************************************************

監督:原 恵一(『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』、『河童のクゥと夏休み』、『カラフル』)
原作:杉浦日向子「百日紅」
出演:
杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、美保純、清水詩音、麻生久美子、筒井道隆、立川談春

入野自由、矢島晶子、藤原啓治

制作:Production I.G
配給:東京テアトル
(c)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会