「藤井道人」タグアーカイブ

映画『LAPSE』の主題歌をラッパーのSALUが担当決定!


映画情報どっとこむ ralph クリエイティブチームBABEL LABEL(バベルレーベル)の藤井道人・山田久人プロデュースによる、3篇の未来を描いた映画『LAPSE』(ラプス)が、2019年2月16日(土)よりアップリンク渋谷にて公開となります。
BABEL LABEL(バベル レーベル)は、映画『青の帰り道』、『デイアンドナイト』(山田孝之プロデュース)、ドラマ「100万円の女たち」や「会社は学校じゃねぇんだよ」など、映画・ドラマ・広告・ミュージックビデオなど、ジャンルの壁を越えて新しい映像表現に挑戦しているクリエイティブチームです。

この度、映画『LAPSE』(ラプス)の主題歌を、ラッパーのSALUが担当することが決定し、情報が解禁。
楽曲名は「LIGHTS」(作詞:SALU、作曲:JIGG)です。

■SALU コメント
私も生きていて、繰り返してしまっていると感じることが多々あります。これは幼い頃の私が目にした光景だ、毛嫌いしていた大人に私はなってしまった、と。これは何もひとひとりの人生における話にはとどまらないことで、人類の歴史も同じことだと思います。だけれどそこに、人類は自分自身の意志で未来を切り開くことが出来るという一欠片の希望が必ず潜んでいるはずで、劇中でもがく彼らの姿を観ていてまさにこれが一欠片だと思い詩にしました。



映画情報どっとこむ ralph 映画『LAPSE』

2019年2月16日(土)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開

公式HP:
http://babel-film.com/

公式twitter:
https://twitter.com/lapse_movie


『SIN』(監督:志真 健太郎)
CAST:
栁 俊太郎、内田 慈 、比嘉梨乃、平岡亮、林田麻里、手塚とおる 他

STORY:
政府による教育管理が進んだ2062年。5歳のアマは政府公認の教育機関エルサに呼び出される。「20年後…アマ君はお母さんを殺す。その確率が高いんだ」エルサによって見せられたシミュレーションには、犯罪に手を染め、大切な人たちを傷つけてしまう、自分の暗い未来が映っていた。アマは告知された自分の未来に抗いながら、必死に生きていく。友人や親、好きな女性とともに運命は少しずつ変化し、“母親を殺す”25歳の誕生日を迎える。


『失敗人間ヒトシジュニア』(監督:アベラヒデノブ)
CAST:
アベラヒデノブ、中村ゆりか、清水くるみ、ねお、信江勇、根岸拓哉、深水元基 他

STORY:
クローンと人間が共生する2050年。20歳になった大学生のヒトシジュニアは突然、自分がクローン人間の失敗作なのだと聞かされ、彼女にも振られ、絶望の淵に立たされる。隣に現れたのは美女・初美(ハッピー)。初美も同じく親に捨てられたクローンの失敗作だった。20歳を迎えたクローンは、クローン元の人間に捨てられると国に回収され、破棄されるという。ヒトシジュニアは生きるため、育ての親を殺し戸籍を奪う決断を迫られる。


『リンデン・バウム・ダンス』(監督:HAVIT ART STUDIO/ハビット アート スタジオ)
CAST:
SUMIRE、小川あん 他

STORY:
人間が人工知能に医療を委ねている2038年。大学生のヨウは夢を見ていた。人工知能Satiによる延命治療を受ける10年間寝たきりの祖母の若い頃を想像し、一緒に深夜のダンスホールで踊っている夢。そこは彩り豊かな、音楽世界だった。ヨウは何でも分かっているように振舞うSati、それを頼りきっている家族に苛立ちを募らせていた。人工知能の法律改正によって祖母の延命中止が決まると、ヨウは大きな行動に出る。

***********************************


プロデューサー:山田久人/藤井道人
撮影:石塚将巳/佐藤匡/大橋尚広 照明:水瀬貴寛 美術:遠藤信弥 録音:吉方淳二/西垣太郎 音楽:岩本裕司/河合里美 助監督:滑川将人/大堀峻 編集:磯部今日平 VFX:関愼太朗/TweliG 装飾:澤田望 美術助手:湯本愉美 衣装:安本侑史 ヘアメイク:白銀一太/細野裕之/中島彩花 撮影助手:高橋潔/後藤あゆみ/赤松亨/鶴原優子/秋戸香澄/雨宮秀宜/田島学 照明助手:福地賢治/横山淳/小田部将弥 ヘアメイク応援:岡本紀子/鍵山あきこ/河本花葉 制作:玉木南美/歌谷康祐/舞木ひと美/江毓軒/フミヤアリミツ/小座間陸 デザイン:梶生彩奈 スチール:市川唯/坂功樹/柳瀬渉 宣伝:矢部紗耶香/平井万里子 アシスタントプロデューサー:大橋和実
製作:BABEL LABEL 配給:アークエンタテインメント


真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星ら登壇!『青の帰り道』完成披露


映画情報どっとこむ ralph この度12月7日(金)より全国公開される映画『青の帰り道』の完成披露上映会舞台挨拶が行われ、主演の真野恵里菜さんをはじめ、清水くるみさん、横浜流星さん、秋月三佳さん、冨田佳輔さんといった豪華キャストと藤井道人監督が舞台挨拶に登壇しました。


東京完成披露上映会 舞台挨拶オフィシャル
日程:11月13日(火)
場所:新宿バルト9
登壇:真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、秋月三佳、冨田佳輔、藤井道人監督
【ビデオレターにて】森永悠希、戸塚純貴

映画情報どっとこむ ralph 青春群像映画『青の帰り道』(12月7日公開)の完成披露試写会が13日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の真野恵里菜、共演の清水くるみ、横浜流星、秋月三佳、冨田佳輔、藤井道人監督が登壇した。

主演の真野さんは念願の映画完成に

真野さん:公開初日はまだですが、これからいち早く観ていただけるということで、大切に、大切に今日まで大事にしてきた作品です。ホッとしている部分もあるけれど、色々な感情が渦巻いています。

と思いを吐露。

藤井監督:この映画は紆余曲折あって2016年8月14日から撮り始めて2017年8月13日に撮り終わりました。長い長い旅を、真野さん含めたくさんのスタッフ・キャスト欠けることなく駆け抜けた1年でした。そこからもう1年編集に時間をかけて、こうやって皆さんに観ていただけるのは感無量。

と完成までを振り返ると、

真野さん:公開初日を迎えていないので、まだ油断はできないけれど…なんですかね」と言葉にならずに思わず涙。それに横浜は「みなさんの前に立つと色々な感情が出て来るよね。

と真野さんの気持ちに寄りそい、

清水さん:監督が私たちの思いを話してくれた。

とシミジミ完成を喜んでいた。

映画情報どっとこむ ralph 改めて

真野さん:映画を通して、過去に戻れないということを痛感しました。映画は笑って感動してほしいけれど、この作品は何の変哲もない7人が大人になって挫折したりする。でもそれは私たちもそういう人生を歩んでいると思う。考えさせる映画になっています。

と語った。

清水さん:役柄と同じように私も両親とぶつかった経験がある。でも映画を通してあのときの両親の言葉が今の自分に役立っていると痛感しました。

と役柄に共感し、

秋月さん:どん底になったときにそばに誰がいてくれるのかが色濃く描かれている作品。映画を観終わった時に味方がいて良かった、生きていて良かったと思えるはず。

と実感を込めた。



横浜さんは演じたリョウと自分を重ねて

自分も今の仕事をやって行く中で、周りを見て自分が空っぽだと思う時がある。演じたリョウのようにその時の焦り、弱さを周りには見せたくないと思うことも。そんな部分に演じながら共感していました。

とシミジミ。

冨田さん:思い描いた将来とちょっと違ったときの葛藤に直面したら人はどうするか…。ユウキは一番共感しやすい役だと思う。

と紹介した。

また映画のタイトルにちなんで「自分が自分でいられる場所」を聞かれ

真野さん:久々に実家に帰ったときに今まで感じなかった地元の匂いを感じて、帰ってきたと思った。有名なものも目立ったものもない普通の田舎だけれど、空気感が東京と違ってホッとする。良くも悪くも変わらないな、地元!って思いました。

と故郷を自分でいられる場所と紹介。

横浜さん:自分の部屋。誰にも気を遣わず自分の好きなことを好きな時間にできるから。自分は人に相談しないタイプだからこそ、自分の部屋にいるときの自分を見つめ直す時間、向き合う時間を大切にしている。だから家にいる時間も多くなる。友達がいないわけじゃないですよ。

と笑わせた。

清水さん:中学時代に通っていた塾とお好み焼き屋さん。

秋月さん:好きな映画のポスターなどが貼ってある自分の部屋。

富田さん:友達と一緒にいる時間。

とそれぞれ答えた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

真野さん:ここから映画が大きくなるのには皆さんの力が必要です。この映画を観てどう思ったのか、皆さんの素直な感想を言ってもらいたいです。私たちがどんなに頑張りましたと言うよりも、実施に観て下さった皆さんの感想の方が説得力も増します。SNSでの感想を楽しみにしています。

とリアクションを期待。

藤井監督:映画公開に向けて、一層の努力をしていきたい。沢山の人にこの映画が届きますように。

と公開に向けて願いを込めていた。

映画『青の帰り道』

公式サイト:
aono-kaerimichi.com

***********************************

出演:真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、戸塚純貴、秋月三佳、冨田佳輔、工藤夕貴、平田満  
監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人/アベラヒデノブ
制作プロダクション:and pictures
制作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©映画「青の帰り道」製作委員会 


もしも僕が天才だったら。真野恵里菜 主演「青の帰り道」場面写真が一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph この度12月7日(金)に劇場公開される「青の帰り道」より待望の場面写真が一挙解禁となりました!!!

本作は、7人の若者達が群馬県前橋市と東京を舞台に繰り広げる苦悩と成長を描いた青春物語です。

それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら新しい未来へ向かって進んでいく様を瑞々しく映し出します。歌手を夢見て東京で暮らす主人公カナ(真野恵里菜)。

カナの親友キリ(清水くるみ)。

硬派でやんちゃなリョウ(横浜流星)。

カナとともに音楽を愛する青年、タツオ(森永悠希)。

地元に残り結婚するコウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳)。


現役で大学進学を果たし都会に出ていくユウキ(冨田佳輔)。

楽しそうな表情や、どこか寂し気な表情など、彼らの様々な状況が映し出された場面写真から見えてくるものとは?!


誰もが通過する青春時代の一幕と、大人への道程。すべての年代の人たちの心に残る青春映画。

青の帰り道

公式サイト:aono-kaerimichi.com

12月7日(金)新宿バルト9ほか全国順次公開です。

物語・・・
2008年、東京近郊の町でまもなく高校卒業を迎える7人の若者たち。歌手を夢見て地元を離れ、上京するカナ(真野恵里菜)。家族と上手くいかず実家を出て東京で暮らすことを決めたキリ(清水くるみ)。漠然とデカイことをやると粋がるリョウ(横浜流星)。カナとの音楽活動を夢見ながらも受験に失敗し地元で浪人暮らしのタツオ(森永悠希)。できちゃった婚で結婚を決めたコウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳)。現役で大学に進学し、意気揚々と上京するユウキ(冨田佳輔)。7人がそれぞれに大人への階段を上り始めて3年後、夢に挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者――7人7様の人生模様が繰り広げられる。そして、再び“あの場所”に戻った者たちの胸に宿る思いとは――。

***********************************

出演:真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、戸塚純貴、秋月三佳、冨田佳輔、工藤夕貴、平田満
監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人/アベラヒデノブ
制作プロダクション:and pictures
制作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©映画「青の帰り道」製作委員会 


真野恵里菜 主演映画「青の帰り道」初日決定!主題歌決定!日本版ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph
この度ドイツのヘッセン州フランクフルトで開催された世界最大の世界最大の日本映画祭 第18回「ニッポン・コネクション」に出展され、スタンディングオーベーションを巻き起こした「青の帰り道」が12月7日(金)に劇場公開されることが決定しました。

更に初日解禁に伴い、日本版ポスタービジュアルが解禁。
既に解禁されている海外版ポスターのビジュアルをそのまま生かし、

キャッチコピーには「もしも僕が天才だったら。」

というフレーズが起用されました。

このフレーズは、本作で主題歌となった「たられば」の歌詞から引用されたものです。楽曲を担当したのは、青森県在住の秋田ひろむを中心とするバンドamazarashi。「たられば」は、「生きていたら誰もが心の中で思う数々の“たられば”」を、秋田ひろむが独自の歌詞で表現した楽曲です。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、7人の若者達が、群馬県前橋市と東京を舞台に、それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら新しい未来へ向かって進んでいく様を瑞々しく描いた青春群像劇です。

歌手を夢見る主人公カナを演じたのはハロー!プロジェクトで歌手活動を行っていた頃から演技力が注目され、現在は女優として活躍する真野恵里菜。

カナの親友キリ役には、映画「桐島、部活やめるってよ」で注目を集めた清水くるみ。

唯一硬派でやんちゃなキャラクターリョウを演じたのは、「虹色デイズ」「愛唄」など話題の主演作が続き、その演技力に注目が集まる横浜流星。

カナとともに音楽を愛する青年、タツオを演じたのは、「ちはやふる」シリーズ(16・18)で知られる森永悠希。

地元に残り結婚したコウタとマリコには、戸塚純貴と秋月三佳。

現役で大学進学を果たし希望に満ちて都会に出ていくユウキには、冨田佳輔と、正に今最も旬な若手キャストが集結。

更に、キリの母には、工藤夕貴、タツオの父には平田満といった、ベテラン俳優が脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph そして伊坂幸太郎原作の映画「オー!ファーザー」で長編デビューを果たし、2019年には山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」の公開が控える藤井道人監督がメガホンをとっています。

【主題歌情報】

・amazaraashi「地方都市のメメント・モリ」(アルバム)内収録※ 2017.12.13 Release.

・曲名:たられば

・販売価格:
[CD+DVD+365日詩集ダイアリー]※特殊仕様スペシャルパッケージ¥4,500(tax out)
初回生産限定盤B[2CD+DVD]¥3,900(tax out)

通常盤[CD]¥3,000(tax out)



***********************************


出演:
真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、戸塚純貴、秋月三佳、冨田佳輔、工藤夕貴、平田満

監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人/アベラヒデノブ

制作プロダクション:and pictures
制作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone 配給協力:ティ・ジョイ
(c)映画「青の帰り道」製作委員会


真野恵里菜 主演映画「青の帰り道」ドイツ:第18回「ニッポン・コネクション」出品へ!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年5月29日から6月3日までドイツのヘッセン州フランクフルトで開催される世界最大の日本映画祭 第18回「ニッポン・コネクション」に、真野恵里菜主演映画「青の帰り道」(洋題:We are)が出展することが決定しました。


ニッポン・コネクションでは、藤井道人監督と出演者を代表して横浜流星がワールドプレミアで舞台挨拶をおこないます。

「ニッポン・コネクション」は世界最大の日本映画専門の映画祭で、18回目の開催を迎える今年は「ニッポン・シネマ」、「ニッポン・ヴィジョンズ」、「ニッポン・アニメーション」、「ニッポン・レトロ」、「ニッポン・キッズ」、「ニッポン・カルチャー」の6部門、合わせて100本以上の長編短編映画が上映される予定。同映画祭は上記の映画部門の他にも、日本文化を紹介するワークショップ、コンサート、パフォーマンスやアート展示など多彩な文化プログラムが展開されることから、ヘッセン州の最も大規模で重要な文化イベントの1つと言われています。

映画情報どっとこむ ralph 映画「青の帰り道」(洋題:We are)は、群馬県前橋市と東京を舞台にした7人の若者達の青春ドラマで、それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいくストーリーです。

主人公のカナを演じるのは、映画「坂道のアポロン」「不能犯」「君と100回目の恋」への出演の他にドラマ、CMなどマルチな活躍が著しい真野恵里菜さん。

舞台「新世界ロマンスオーケストラ」や劇団新感線「修羅天魔~髑髏城の七人season極」など大型舞台へも出演し多方面にて活躍中の清水くるみさん、映画「兄友」「虹色デイズ」「愛唄」と主演作が控えている横浜流星さんなど、脇を固める若手俳優陣の演技も注目の作品です。

映画情報どっとこむ ralph この度の「ニッポン・コネクション」への出展に伴い、本作でメガホンをとった藤井道人監督はじめ、主要キャスト7名のコメントも到着しました。


藤井道人監督コメント
この映画を完成させるための、想いや、苦労、喜び、その全てを吸い込んで「青の帰り道」は完成しました。時代が変わっても、変わらないでほしいことがある人たちの話を描きました。それはタラレバでしかないかもしれないけれど、そう強く願う気持ちを純粋に描くことでしか信じられない世界があると僕は思います。この作品が完成するまでの長い道のりを応援してくださったすべての方々に感謝しております。

真野恵里菜さんからのコメント
作品の完成がとても嬉しく、皆さんに観ていただけることが何よりも幸せに感じられる作品になりました。この作品に携わってくださった全ての方にとても感謝しています。
学生時代一緒にいた7人には、それぞれの道・幸せ・困難があるのですが、その中で夢を追うこと、仕事をすること、家族を想う気持ち、仲間の存在、懸命に生きようとする姿に「何か」を感じていただきたいです。

清水くるみさんからコメント
今まで色々な作品に出会ってきましたが、年月が経てば忘れ去られてしまう作品もあります。この「青の帰り道」は、1人でも多くの人の心の中に残ってほしいと思う作品です。ストーリーにも演じた役にも自分と重なる部分がたくさんあり運命を感じた作品でした。
映画祭も決まり、これから色々な方のもとにこの作品が届くのかなと思うと非常に楽しみです!

横浜流星さんからコメント
監督、キャスト、スタッフ一丸となって創った、自分にとって忘れられない大切な作品です。今回「ニッポン・コネクション」への出展が決まり、とても嬉しいです。お邪魔させて頂くことになったので、1人でも多くの方にこの作品が届く様、携わって下さった方々の思いを胸に責任を持って届けたいと思います。

森永悠希さんからコメント
本当に沢山の方の助力や、並々ならぬ熱意、愛情で出来上がったこの作品を、日本だけでなく、日本以外の方々に見て頂けることが、嬉しいです。国を越えてこの作品を見た方々がどう思い、どう感じとってくれるのか…今からとても楽しみです。

戸塚純貴さんからコメント
「青の帰り道」がこういった形で日本のみならず世界の方々に届くこと、大変光栄に思います!この作品がドイツでの上映で観て下さる方々がどういった反応するのかとても興味深いです。これからも沢山の輪が広がることを心から願っています。

秋月三佳さんからコメント
今年、ドイツのニッポン・コネクションで『青の帰り道』が上映されるという、この幸せな、少し衝撃的な機会に感謝しています。ドイツの人がどう思うのかすごく興味があります。この映画は、私が今置かれている”現実”とは何なのかを見つけている時に、答えを教えてくれました。今を生きる人、未来を生きていく人の心に、深く残る作品だと思います。‬

冨田佳輔さんからコメント
今回ニッポン・コネクションに出品される事を聞き、こんなにも早く皆さんに観て頂けるのか。と思うと同時に、やっと観て頂けるのかと思ってしまうほどこの映画の上映を心待ちにしていました。それもドイツで日本の方のみならず海外の方々にも観て頂けることがとても嬉しいです。
あの夏の僕らの想いを少しでも、心で感じてもらえる事を楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph 真野恵里菜 主演映画『青の帰り道

公式サイト:
aono-kaerimichi.com

***********************************


出演:真野恵里菜
清水くるみ/横浜流星/森永悠希/戸塚純貴/秋月三佳/冨田佳輔
工藤夕貴/平田満

監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人
アベラヒデノブ
製作プロダクション:and pictures
製作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©映画「青の帰り道」制作委員会
© 2018 Nippon Connection