「藤井武美」タグアーカイブ

古川雄輝、藤井武美、Mr.マリック 登壇!『風の色』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画 『風の色』が公開初日を迎え、主演の古川雄輝、ヒロインの 藤井武美、マジック監修を務めた Mr.マリックが駆けつけての初日舞台挨拶が行われました。

マジシャン役を演じた古川雄輝さんと藤井武美さんと Mr.マリックさんが力を合わせ劇中さながらのマジックを生披露しました。

日程:1月26日(金)
場所:TOHOシネマズ 日本橋
登壇:古川雄輝、藤井武美、Mr.マリック

映画情報どっとこむ ralph 古川さん、藤井さん、Mr.マリックさんが登壇すると、大きな拍手と歓声が、

古川さん:本日は映画『風の色』初日舞台挨拶に来て下さって有難うございま す。本当にこんなに沢山の方々に来て頂きちょっと今びっくりしています。
と満員の場内を見渡し古川さんの挨拶からの挨拶からスタート。

古川さん:この映画を撮影したのがもう3年前になりますので、やっと皆さんに見て頂けるという事で本当に嬉しく思います本日は短い間ですがよろしくお願いします。

と続けた。

藤井さん:やっとこの日が来たなと皆さんに見て頂けるという事で嬉しくもドキドキしています。
とフレッシュな藤井さんが続き、

マリックさん:映画というものはとても影響力があるものですから、格好良い古川さんのような人がマジシャンを演じる と、きっと次世代の若いマジシャンが沢山現れるのでは?という期待も込めて一生懸命監修をしました。
と本作のマジック監修をしたMr. マリックが挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 古川さん:先程も話しましたが撮影から3年も経っているので、僕も30 歳になりましたし、今まで撮影した中で断トツで過酷で大変な現場でした。本物の氷水に入ったり、脱出マジックで水の中へ入ったり、主演でやらさせて頂いたという事もあり、今でも撮影 の時の事を思い出したりする事があるので、とても思い入れのある作品ですね。

と撮影時の様子感慨深く振り返った。

そして約1万人の中からヒロインの座を射止めた藤井さんは

藤井さん:監督の作品は前々から拝見させて頂いていて大好きだったので、絶対に勝ち 取るしかない。という気持ちで無我夢中でオーディションに挑みました。

と堂々と語った。本日会場へ来る事が叶わなかったクァク監督について2人は

藤井さん:監督から今朝、今日も頑張ってね!と連絡を頂いて監督の分も今日は 皆さんに本作の素晴らしさを伝えたくて此処に来ました。

と藤井さんが話すと

藤井さん:非常に愛情がある監督でこうやって撮影が終わっても連絡をく れて、撮影中も撮影時の写真を送ってくれたり、毎日一緒にご飯を食べたりしたので本当に演者に対して愛情のある監督だと思います。

と、暖かい現場だったことを想像させた。本作の見所について

マリックさん:脚本を最初に見せて頂いた時に、古川君がスターのマジシャンと して成長していく過程が本当にリアルに描かれています。その中でも僕が得に力を入れた所はマジックコンテンストで優勝するシーンがあるんですが、ここは本当に優勝するレベルのマジックをやって貰わないと全てのリアリティが無くなってしまう。なので一番クオリティの高いマジック を本当に熱心に練習してくれて・・このままコンテストで本当に優勝出来るな。と思ったくらい凄い特訓をしてくれました。映画の中では少し ずつ古川さんのマジックが上手になっていく所も見て頂きたいです

と、大きな拍手が沸き起こりました。

映画情報どっとこむ ralph そして、大ヒットを祈念し、三人で力を合わせて“「風の色」オリジナルマジック”を披露する事に・・本作はラブストーリー映画、それに因みマ リックと藤井さんが赤い糸に見立てた 1本の赤いロープ持つ」、ロープの真ん中に古川がハサミを入れ真っ二つに・・離れ離れになってしまった 男女を連想させた。

マリックさん:半分になったロープがまた繋がれば・・『風の色』は素晴らしいラブストーリーという事の証明ですからね。

と場内を沸かせ、2 本のロープの切れた端と端を固く結び透明のコップの中へ・・「では二人で愛のパワーを注いで下さい」と古川さんと藤井さんはマリ ックお馴染みのハンドパワーをコップの中へ注入・・

マリックさん:来てますか?

とこれまたお馴染みのセリフを。それに呼応するように二人は 「来てますね!!」と返答。

古川さんと観客の「3・2・1!」というカウントと共に古川さんはコップの中のロープを空中に投げ上げると!

真二つだったロープは宙に舞い1本に!

これには観客も古川さんも藤井さんもびっくりした様子。

見事愛の力で、時空を超えたラブストーリーさながら、赤い糸が1本になり、観客からは割れんばかりの大きな拍手が沸き起こりました。


最後に・・・

マリックさん:なんといっても最後のクライマックスの水中脱出マジックは圧巻です!ロケの時に現場のセットやシーンを 見て今までマジック界でもここまでスケールの大きなマジックはやってませんから、それをこの大スクリーンで見て頂くのは本当に素晴らしいと 思います。楽しんでいって下さい。

藤井さん:ここに今立っているだけで胸がいっぱいです。素晴らしい北海道の地で撮影した所なども見て頂きたい、クァク・ジェヨン監督ワールドを楽しんで下さい。

と胸一杯の様子で藤井さん

古川さん:今日もマジックを少し披露させて頂き ましたけども、映画内でもマリックさんに教えて頂いたマジックの素敵なシーンが沢山ありますのでそちらを楽しんで頂きたいのと、日韓合作という事で海外映画を見ている感覚になると思います。この季節にぴったりの SFラブストーリーを楽しんでいって下さい。本日は本当にありがとうございました。

と舞台挨拶を締めました。

映画情報どっとこむ ralph 映画 『風の色』
URL:http://kaze-iro.jp

物語・・・

「もし、別の次元にこの世界とまったく同じ世界が存在し、そこに自分とまったく同じ人間が生きているとしたら。 そして、その二つがある瞬間に、つながってしまったら……」。

人はなぜ生き、そして愛するのか。流氷の北海道・知床と東京。

そこで生きる二組の男女。

二つの世界が交錯し、 結ばれる愛の先には……。 人間の存在の本質を、ミステリータッチで紡ぎながら贈るラブストーリー。

***********************************

監督・脚本:クァク・ジェヨン
出演:古川雄輝、藤井武美、石井智也、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子、竹中直人
英題「Colors ob Wind」 2017 年/日韓合作/119 分
製作:「風の色」製作委員会
配給:エレファントハウス/アジアピクチャーズエンタテインメント/カルチャヴィル

原作小説:「風の色」(講談社文庫刊)(著:鬼塚忠/原案:クァク・ジェヨン)
主題歌:華原朋美「風の色」(UNIVERSAL J)
挿入歌:Professor Green /Read All About It (Feat Emeli Sande) (USM JAPAN)
ⓒ 「風の色」製作委員会


映画界もAIでプロモーション!LINE@ 映画『風の色』


映画情報どっとこむ ralph 映画界は色々なプロモーションを仕掛けます!
そして、今回は・・・@LINE  AIでチャット!です!ハイテクです!

映画『風の色』製作委員会は2018年1月26日(金)より、TOHOシネマズ日本橋他、全国ロードショー公開。

プロモーションの一環として、劇中の主役である“涼”のキャラクターを模したAI(人工知能)がチャットの相手を務めるサービス「Ryo’s Magic Wind(リョウズマジックウィンド)」を開始します。開発を担ったのは東京大学大学院発ベンチャーとして話題の株式会社コンシェルジュ(本社:東京都中央区、代表取締役:太田匠吾)。

同社が持つ自然言語処理エンジンをベースにオリジナルシナリオを施したこのサービスはLINE株式会社が運営するLINE@(ラインアット)上にて運営されるもので12月24日(日)のクリスマスイブにリリースします。
「Ryo’s Magic Wind(リョウズマジックウィンド)」は劇中で、マジシャンを志す青年・涼(リョウ)に、架空のファンクラブを想定したものでスマートフォン上でユーザーはインタラクティブにAIキャラクター“涼”とのやり取りを楽しむことができます。サービスメニューは、【café風dini(フーディーニ)】、【涼を探せ!】、【涼の部屋】などがあり、楽しいAIキャラクターとの会話や、ゲーム感覚のインタラクティブなやりとり、そしてスペシャル画像や動画などのギフトが贈られるなど盛りだくさんの内容です。

映画情報どっとこむ ralph LINEを利用しているユーザーは誰でも無料で楽しむことができます。

「当該サービスのエンドユーザーの利用の仕方」の説明方法は以下2種類です。

①LINE@アカウントを取得したら、以下のQRコードにアクセス
LINE ID:@gbr8589k
*検索では引っかかりません


②映画の公式HP(他公式SNS)からのリンク

AIチャットボットチャットボットとは、「チャット」と「ボット」をかけわせた言葉です(英語では「chatbot」や「chatterbot」)。ボットとは「ロボット」の略称であり、人がコンピューターを用いていた作業を自動的に実行するプログラムのことです。チャットボットはテキストや音声を通じて、会話を自動的に行うプログラムです。。

映画情報どっとこむ ralph 映画『風の色

大ヒット映画『猟奇的な彼女」、『僕の彼女はサイボーグ』、『ラブストーリー』のクァク・ジェヨン監督の最新作で、流氷の北海道・知床と桜舞い散る東京を舞台に、究極の愛の姿を描いたラブストーリー。主演を務めるのは、中国版ツイッター「Weibo」において158万人を超えるフォロワー数を誇り、Netflixドラマ「僕だけがいない街」や映画『曇天に笑う』(2018年3/21公開)で話題の古川雄輝。ヒロインには公募オーディションで約1万人の中から選ばれた藤井武美。そして、竹中直人、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子といった実力派・ベテラン俳優が脇を固めている。

公式HP:
http://kaze-iro.jp/

***********************************

映画『風の色」
監督:クァク・ジェヨン
出演:古川雄輝、藤井武美、竹中直人ほか。
公開:2018年1月26日(金)より、TOHOシネマズ日本橋ほか、全国ロードショー!
映画『風の色』製作委員会


古川雄輝x藤井武美『風の色』初日決定


映画情報どっとこむ ralph もし、別次元にこの世界とまったく同じ世界が存在し、そこに自分とまったく同じ人間が生きていたら?

流氷の北海道・知床と桜舞い散る東京を舞台に、古川雄輝とクァク・ジェヨン監督(『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』)の下、 日韓スタッフが総力を結集した”究極の愛の物語”が完成。

時空を超えた2組の男女が繰り広げる、幻想的かつミステリアスで壮大な ドラマ『風の色』が 2018 年 1 月 26 日(金) TOHO シネマズ 日本橋他にて全国ロードショーが決定しました。日本版ポスターは、遠くを見つめるような主演・古川雄輝とヒロイン・藤井武美の2人の顔のアップ。左下には、雪原の上を歩 いてどこかに向かうかのような美しい風景。
映画情報どっとこむ ralph 主演は古川雄輝と、公募オーディションで約1万人の中から選ばれた藤井武美。

ブレイク必至なフレッシュな二人 に加え、竹中直人、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子といった実力派・ベテラン俳優が脇を固めています。


解禁となった最新予告では、東京で暮らす涼(古川雄輝)が、突然消えた彼女ゆり(藤井武美)を探しに北海道へ向かった ところ、自分とそっくりのマジシャン隆(古川雄輝・2 役)を見て、不思議な出来事に巻き込まれていくという、ファンタジックでミス テリアスなシーンが散りばめられている。後半の映像では、北海道・知床での大掛りな脱出マジックのシーンや語り尽くせない 2 人 の本当の愛の姿が。

挿入歌 Professor Green の「/Read All About It (Feat Emeli Sande)」に乗せて描かれていく。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
突然目の前から消えた恋人・ゆり(藤井武美)の死から 100 日、彼女との想い出の品々を胸に、失意のどん底からマジシャンになることを決意した青 年・涼(古川雄輝)。その後、“自分と生き写しの人間”の存在に気付き始めた彼は、生前「私たちはまた会える」、「流氷が見たい」と言っていた彼女 の言葉に導かれるように、北海道へと向かう。そして、旅の途中で偶然出会った、亜矢と名乗る、ゆりと瓜二つの女性(藤井/二役)。彼女もまた、2 年前の事故により行方不明になっていた、涼と瓜二つの天才マジシャン・隆(古川/二役)との再会を待ち望んでいた——。

風の色

英題:COLORS OF WIND

URL:http://kaze-iro.jp

***********************************

監督・脚本:クァク・ジェヨン
出演:古川雄輝、藤井武美、石井智也、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子、竹中直人
主題歌:華原朋美「風の色」(UNIVERSAL J)
挿入歌:Professor Green /Read All About It (Feat Emeli Sande) (USM JAPAN) 原作小説:「風の色」著:鬼塚忠、原案:クァク・ジェヨン(講談社文庫刊) 2017/日韓合作/日本語/カラー/5.1ch/シネスコ/約 119 分 配給:エレファントハウス/アジアピクチャーズエンタテインメント/カルチャヴィル

ⓒ 「風の色」製作委員会


「月と雷」初音映莉子、高良健吾の大人の色香漂うラブシーン映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・角田光代の同名小説の安藤尋監督作が実写映画化した『月と雷』が、いよいよ10月7日よりテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

一か所に定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語。「親と子」、「家族」、「生活」の意味を根源から問いかける角田光代の真骨頂ともいえる作品です。
“家族愛”を知らない主人公・泰子役に数々の映画、舞台で活躍する実力派女優・初音映莉子、人懐っこくてなんだか憎めない青年・智を高良健吾が演じています。また、不思議な魅力で男たちから絶えず愛情を注がれるも、継続的で深い関係を築けない智の母・直子を草刈民代が演じました。

そして!

この度解禁となったラブシーン映像には、20年ぶりに再会した泰子と智の一夜の様子が収められています。

幼い頃、半年にも満たない期間だがともに暮らした2人。大人になったある日、突然目の前に現れ、あいかわらず人懐っこい笑顔を浮かべる智を泰子は困惑しつつ受け入れる。​

眠りについていた智に「あれ、したいな。子供んときしてくれたやつ」と、背中をくっつけて寝そべるようねだる。そして離れていた時間を埋めるかのように2人は距離を縮めていく。​

映画情報どっとこむ ralph 本作には数度ラブシーンが登場するが、このシーンについて

安藤監督:女性主導のラブシーンにしたかった。

と語っている。『海を感じる時』『花芯』など、数々の作品で美しいラブシーンを描いてきた監督。


安藤監督:女性が主役の、意思を持った上でのシーンにしたかったんです。個人個人の魂のまじわりというか、感情の交換が現れるシーンなので、男性主体で始まるものではない。家族とは全然違う赤の他人だけれども双子、というようなふたりにしかわからない関係性を意識しながら撮影しました。​

と、本作でのこだわりについてもコメントしています。
『月と雷』

公式サイト:
http://tsukitokaminari.com/
公式Twitter:
@tsukitokaminari
公式Facebook:
@tsukitokaminari/

映画情報どっとこむ ralph あてもないけど、生きていく…。 ​
 “普通”の人間関係を築けない大人たちがその意味を探し続ける切なく孤独な旅-。​

「あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を 重ねていく―。」​
結婚を控え、そう考えていた泰子の前に ​
現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人 の息子、智。​
20年前、愛人・直子と智が転がり込んでき たことで、泰子の家族は壊れたはずだった。​
根無し草 のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪 気にかき回し始める。​
「邪魔しないであたしの人生」、 そう普通の幸せを願っているはずなのに……。 ​
泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・ 直子を訪ねて行くことで、​
“普通の幸せ”を求めていたはずの自分の人生が、少しずつ変わっていくのに気づき始める。​

これは、一つどころに定住しない根無し草のような女・直子とその息子の智(サトル)、 ​
そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(ヤスコ)の物語である。​

***********************************

初音映莉子 高良健吾
藤井武美 黒田大輔 市川由衣 / 村上 淳 木場勝己
草刈民代

原作 角田光代(中公文庫) 監督 安藤 尋

脚本 本調有香 音楽 大友良英 製作 東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ

制作プロダクション アグン・インク
配給 スールキートス
(C)2012角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会


初音映莉子、高良健吾、草刈民代ら登壇『月と雷』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・角田光代の『月と雷』小説を安藤尋監督の手により実写映画化。
10月7日よりテアトル新宿ほか全国順次公開となります。

そして、完成披露試写会が行われ、主要キャストの初音映莉子さん、高良健吾さん、草刈民代さん、藤井武美さん、木場勝己さん、安藤尋監督が登壇して舞台挨拶が行われました。

一か所に定住しない根無し草のような女・直子(草刈民代)とその息子の智(高良健吾)、そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(初音映莉子)の物語。「親と子」、「家族」、「生活」の意味を根源から問いかける角田光代の真骨頂ともいえる作品。

『月と雷』完成披露試写会
日時:9月13日(水)
会場:スペースFS 汐留
登壇:初音映莉子、高良健吾、草刈民代、藤井武美、木場勝己、安藤尋監督

映画情報どっとこむ ralph 20年ぶりに泰子と智が再会するシーンが印象的だったと話す初音さん。
初音さん:再開のシーンは、(台本を読んで)想像していた智が現れて感動。そして迫ってくる恐怖感と、興奮でワーってなってガーって逃げました(笑)。『泰子ちゃーん』という声が、撮影を重ねるにつれて、心地よいものに変わっていきました。

と、語ると、
高良さん:僕もガーッと追いかけてブアーって追いかけました!(笑)。幼少期に一緒にいた時間は長くないけど、気にして会いたかった時間が長い気持ちをつくったので、あまり疑問に思わず、現場に立てたと思っています。

映画情報どっとこむ ralph 智の母親で、男の間を渡り歩く直子を演じた草刈さんは、
草刈さん:夫の周防正行監督の作品以外の映画出演はこれが初めて。安藤監督が声をかけて下さって。いくつかの取材で『汚れ役に躊躇は?』と聞かれたんですが、私自身は汚れ役と思って受けていなくて…。メイクも“汚しメイク”と言われるけど、何もしてないんです(苦笑)。そんなに酷く見えたのかな?とちょっと傷つきました…

と、目の前にいるマスコミにチクリと笑顔。続けて

草刈さん:素の自分が見えたら失敗なので、いままでの役とかけ離れて見えるのなら、よかったです。スナックでの歌も、飲むと、楽しくなる人のイメージで、木場さんが喜んでくれますし・・・。

と、言われた木場さんは
木場さん:もうじき70歳ですが、こんな役をいただけて…。だって、ちょっとの間ですが草刈さんと暮らすんですよ! 光栄でした

と照れながら満面の笑みを浮かべていました。


安藤監督は直子役への草刈さんの起用について
安藤監督:美しい方で、チャーミングですし。原作では汚いババアなんですけど(笑)、映画でそのままやるのはいくら何でもですよね。脚本を進める中で魅力的にしていき、映画には映画の中のリアリティがあるので、草刈さんにオファーありかなと。恐る恐るオファーしたら、割と笑顔で接していただいて・・・映画の風景を背負って、そこにいるのが重要で、どこか憎めない――そんな直子を100%やっていただけました。

と絶賛の監督。


泰子の異父妹で、少しずつ泰子や直子、智らと関係を深めていく亜里砂を演じた藤井さんは
藤井さん:この役を演じるにあたって、最初に監督からニコニコして『思うままにやってください』と言われて、怖い部分もありました(笑)監督のOKを信じるしかなく、現場の雰囲気の中で作っていった感じです。初音さんに追いかけられて、 ガーって逃げました!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
初音さん:この映画を観て、如何に人生が短いかを感じました。生命と過去とか未来を抱きしめてくれるような作品になっていると思います。

高良さん:普通とは何ですかとインタビューされることが多いのですが、智も康子もちゃんと自分たちの普通を認められるようになったのかなと。この映画を観て大切だなと思いました。

安藤監督:生きるとは大変だよなと。でも何とか生きていけるんだよと考えていただけたら嬉しいです。

月と雷

公式サイト:
http://tsukitokaminari.com/
公式Twitter:
@tsukitokaminari
公式Facebook:
@tsukitokaminari/

***********************************


初音映莉子 高良健吾
藤井武美 黒田大輔 市川由衣 / 村上 淳 木場勝己
草刈民代

原作 角田光代(中公文庫) 監督 安藤 尋

脚本 本調有香 音楽 大友良英 製作 東映ビデオ 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ エー・チーム 日本出版販売 パラダイス・カフェ

制作プロダクション アグン・インク
配給 スールキートス
(C)2012角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会