「薬丸裕英」タグアーカイブ

子供に見せたい!木下優樹菜 劇場版『若おかみは小学生!』CMオピニオンに就任!


映画情報どっとこむ ralph 「講談社青い鳥文庫」で累計発行部数300万部を誇る人気シリーズ「若おかみは小学生!」(原作:令丈ヒロ子・絵:亜沙美)。毎週日曜朝7時14分より、テレビ東京6局ネットにて、本シリーズのTVアニメが絶賛放送中!さらに、「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」等、数多くのスタジオジブリ映画の作画監督でも知られる高坂希太郎が『茄子 アンダルシアの夏』(03)以来15年ぶりとなる劇場公開作の監督を務めた劇場版『若おかみは小学生!』が9月21日(金)より全国公開となります。

そのCMオピニオンに、モデル・タレントの木下優樹菜さんが決定しました!
交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこ(関織子)が、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすため、若おかみとして毎日奮闘する様子を描いた本作。

二児の母親として、同世代のママ達から圧倒的な人気を誇る木下優樹菜さん。そんな木下さんへの今回のキャスティングについて、配給会社は「親子で観て欲しいという思いから、その率直な物言いとさばさばとした性格でママタレントとしても一人の女性としても支持されている木下優樹菜さんにお願いしました」とコメント。併せて公開となったCMでは、まさに “母親目線”で率直に映画の魅力を語る木下さんの姿が映し出される。

普段アニメを見ないという木下さんはオファーを受けた際に作品に対する不安があったそうですが、実際は「家族の絆だったり、一人の小さな女の子が成長していく姿を見せてもらえた」と、原作ではあまり描かれることのなかった“おっこと亡くなった両親のエピソード”に魅了されたと語る。特に、両親の死を受け止め、いつも周囲の為に明るく前向きに振る舞うおっこの強さには強く感動したとのことで、「私だったら多分、僻んだり…という気持ちが出てくるのかな。おっこみたいにはなれないなと思いました」と笑いつつ、「(おっこのような)強い女の子になりたいなって思ってみてくれたらいいなと思います。親目線でも子供目線でも楽しんで見れる映画だと思うので、私も子どもと一緒に観たいし、子供に観せたいです!」と力強く語ってくれました。

木下優樹菜さんも絶賛!おっこの成長が笑顔と涙を誘う、今秋一番の感動ストーリー、劇場版『若おかみは小学生!』は、9月21日(金)より全国ロードショー。なお、TVCMは明日15日(土)より放送されます。



映画情報どっとこむ ralph 花の湯温泉のお湯は、誰も拒まない、すべてを受け入れて、癒してくれる。

若おかみは小学生!

アニメ公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/movie/
アニメ公式Twitter:
@anime_wakaokami 

物語・・・
小学6年生のおっこ(関織子)は交通事故で両親を亡くし、おばあちゃんが経営する花の湯温泉の旅館<春の屋>で若おかみ修業をしています。どじでおっちょこちょいのおっこは、ライバル旅館の跡取りで同級生の“ピンふり”こと真月から「あなた若おかみじゃなくて、バカおかみなの!?」とからかわれながらも、旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼たちに励まされながら、持ち前の明るさと頑張りで、お客様をもてなしていくのでした。いろんなお客様と出会い、触れあっていくにつれ、旅館の仕事の素晴らしさに気づき少しずつ自信をつけていくおっこ。やがて心も元気になっていきましたが、突然の別れの時がおとずれて―。


***********************************


原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎、脚本:吉田玲子、音楽:鈴木慶一 他
キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一 他
主題歌:藤原さくら「また明日」(SPEEDSTAR RECORDS)
製作:若おかみは小学生!製作委員会 アニメーション制作:DLE、マッドハウス 配給:ギャガ

©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会


薬丸裕英、鈴木杏樹 登壇!劇場版『若おかみは小学生!』完成記念ファミリー試写会


映画情報どっとこむ ralph 「講談社青い鳥文庫」で累計発行部数300万部を誇る人気シリーズ「若おかみは小学生!」。

その劇場版『若おかみは小学生!』が9月21日(金)より全国公開となります。

その公開を楽しみにしている親子の皆さんにお集まりいただき完成記念ファミリー試写会イベントを実施しました。

今年6月にフランスにて開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭にも出品され、文部科学省推奨作品にも見事選出された話題の新作とともに高坂希太郎監督が登壇されたほか、本作では原作で描かれていない主人公おっこと亡くなった両親とのエピソードが描いているということで、両親役の声を務めた薬丸裕英さん、鈴木杏樹さんも登壇しました。
劇場版『若おかみは小学生!』ファミリー試写会
日時:8月12日(日)
場所:スペースFS汐留
登壇者:薬丸裕英、鈴木杏樹、高坂希太郎監督

映画情報どっとこむ ralph 薬丸さんと鈴木さんは、季節にぴったりな浴衣姿でステージに登場した。

薬丸さんの声優業は、『劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王』(2000)以来18年ぶり。
薬丸さん:亡くなった両親が現実へ自然に導入出来るよう目指しました。

と語りました。そして、おっこ役の小林星蘭を褒め、自身のアフレコはとても楽だったそう。

薬丸さん:自分の声を低く、怖いという印象を与えがちですが、監督のアドバイスで改善されました。

と語りました。


一方の鈴木さんは長編アニメーションの声優は初挑戦。
鈴木さん:難しかったですね。完成した絵があったりなかったりと、表情が分かるものもあれば、テルテル坊主みたいな白いものだけが動いていることもあって、声優の方は普段こういう風に仕事されているんだと勉強になりました!

とアフレコの苦労を振り返った。

高坂監督も二人の声優について

高坂監督:おっこがきちんと育ったという担保になるような両親像を演じていただきました。「おっこの両親が、おばあちゃんが営む旅館に対して想いを持っていないのではないか」という鈴木さんからの指摘を受けて、薬丸さんのセリフを変えました。

というエピソードも明かされた。

映画情報どっとこむ ralph トークは小学6年生のおっこちゃんにちなみ、それぞれの“小学6年生”について伺うと

薬丸さん:おっこほどスーパー小学生ではないが、そこそこ良い小学生でした。

その頃の新聞配達をしていた頃のエピソードを明らかにし、会場は驚きに包まれた。

薬丸さん:近所の団地に新聞配りをしていて、暑い日も寒い日も毎朝4時半に起きていた。今の夏休みの時期だったら、その後ラジオ体操にも行っていた。何か達成しようと目標を持って行動することが大切だと思う。

と、自ら“自画自賛ですけど”と謙遜しながら話した。

一方の鈴木さんはやんちゃな男女7人グループでよく一緒にいたエピソードを披露。

鈴木さん:先生の言うことを聞かずに廊下を走ったり、学校にお菓子を持ってきたりと、有名な7人だった。よく遊んでいたから6年生は思い出深いし、一番充実していた。

と語りました。
高坂監督:勉強しないで絵ばっか描いていました。緑の多い横浜に住んでいて、よく外でも遊んでいたし、とにかく授業なんかそっちのけでした。

と話しました。


会場には夏休み中の子供たちも多く、

薬丸さん:客観的にみてもおっこちゃんが素晴らしい女の子と思えた。辛いこともあるけど、人のためにどれだけ一生懸命に生きていくか、こうすればおっこみたいに笑顔になれるんだ、というところを学校でも広めてほしいですね。

と熱いメッセージを送くり

鈴木さん:テストの点数が良くなかったり、友達と喧嘩してしまったりして私は孤独で人生のどん底と思うようなこともあったんですが、この映画を見てると、決して一人じゃない、家族みんなが見守ってくれているということを教えてくれるので、おっこちゃんみたいに前向きに頑張って毎日を生きてくれたら良いなと思います。

とこれからを生きる子供たちへ願いを込めて語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

体調不良で参加出来なかったおっこ役の小林星蘭さんから、来場した観客に向けたメッセージが読み上げられ、
こんにちは!おっこ役の小林星蘭(こばやし・せいらん)です。
今回、体調を崩してしまいこの試写会に参加出来なくなってしまいました。私もこの日を前から楽しみにしていたのですがみなさんに会うことが出来なくてとても残念です…。ごめんなさい!!
今日の試写会に来て下さったみなさん、本当にありがとうございます。
「若おかみは小学生!」は私が小学生の時に読んでいて、すごーく大好きな作品だったのでおっこ役をやらせてもらえてとても嬉しいです。
この劇場版では、おっこの若おかみとしての想いと自分自身への想い、幽霊たちのおっこへの気持ちがたくさん詰まっていると思います。
おっこ達から溢れてくる想いに共感したり、感動したり、つい笑っちゃったり。最初から最後までたっぷり楽しめる作品です!お料理の絵なども細かくてとても綺麗なのでそこもチェックしてみて下さいね~!
見終わったらぜひ家族みんなで「ここが面白かった!」とか「ここの場面がお気に入り!」とかお話してくれると嬉しいです。
そして、9月になったら映画館でも公開されるので、次はたくさんのお友達や家族と一緒に見ていただけたらありがたいです!
私も早く元気になってみんなと同じように映画館に見に行きたいなと思ってます!!
おっこの気持ちに負けないくらい全力で頑張らせて頂いたので、全力で楽しんで下さい!!(笑)

以上、小林星蘭でした。

と舞台挨拶を締めました。

劇場版『若おかみは小学生!

劇場版公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/movie/

***********************************


原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎
脚本:吉田玲子
音楽:鈴木慶一 他

キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一 他

主題歌:藤原さくら「また明日」(SPEEDSTAR RECORDS)
製作:若おかみは小学生!製作委員会 
アニメーション制作:DLE、マッドハウス 
配給:ギャガ

©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会


劇場版『若おかみは小学生!』予告編映像とポスタービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 劇場版『若おかみは小学生!』が9月21日(金)より全国公開します。
その予告編映像とポスタービジュアルが解禁となりました!

本作は、交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこ(関織子)が、ユーレイのウリ坊(立売誠)やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすために、若おかみとして毎日奮闘する様子が描かれる、笑いあり涙ありの物語。

公開となった本ポスターは、緑豊かな「春の屋」の前で庭掃きする着物姿のおっこと、彼女を取り囲む個性豊かな仲間たちが愛らしいタッチで描かれ、これから「春の屋」で巻き起こるたくさんの出会いに、胸が膨らむビジュアルに仕上がっています。
映画情報どっとこむ ralph また、予告編では、そんな様々な出会いを通じて辛いことも苦しいことも全て受け入れ、明るい笑顔とまっすぐな瞳で自分の足で成長していくおっこの前向きな姿が映し出されています。慣れない仕事に失敗を重ねながらも、訪れた人の心を満たす旅館の仕事に次第に魅せられていくおっこ。今は亡き両親やまわりの支えを力に変え日々頑張るおっこでしたが、やがてそれぞれの別れの時が近づき…。「私はここの、『春の屋』の若おかみです!」映像のラストで涙を浮かべて微笑むおっこの姿は、観る者にも温かな涙を誘います。

「おっこちゃんがいろんな人に出会って、そこから成長して、明日も頑張っていけるような歌詞を、おっこちゃんになったつもりで書かせてもらいました。」予告編では、シンガーソングライターの藤原さくらが本作の為に想いを込め書き下ろした主題歌「また明日」も初公開!澄んだ伸びのある歌声と穏やかな曲調が、物語を優しく包み込みます。

映画情報どっとこむ ralph さらに、本作の前売り券が7月20日(金)より発売されることが決定!特典には、おっこが母親を亡くした少年を元気付けるために考案する、黒豆を練り込んだプリンにクリームをかけ、栗の甘露煮を岩に見立て露天風呂を表現した、春の屋特製「露天風呂プリン」を模ったスクイーズが全国計2万個限定で用意され、前売り券1枚購入につき、1個プレゼントされます。思わず食べたくなってしまうほど可愛く作られた「露天風呂プリン」風スクイーズをいち早くゲットして、むにゅ~っと気持ちいい触り心地で癒されながら、映画の世界感をぜひご堪能ください♪

劇場版『若おかみは小学生!』
ムビチケカード7月20日(金)発売開始!
<2万個限定!>プニプニ 「露天風呂プリン」スクイーズ付

前売券料金(税込)
一般1,400円 小人900円 親子ペア2,200円

※劇場窓口にてお買い求めの方に先着でプレゼントいたします。
※特典はムビチケカード1枚の購入につき1個となります。
※特典はなくなり次第終了とさせていただきます。
※小人券の対象年齢は劇場により異なります。
前売券ご購入の前に、ご希望の劇場までお問い合わせください。
※デザインは実物と異なる場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版『若おかみは小学生!』

9月21日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか全国ロードショー

アニメ公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/movie/
アニメ公式Twitter:
@anime_wakaokami

【STORY】
小学6年生のおっこ(関織子)は交通事故で両親を亡くし、おばあちゃんが経営する花の湯温泉の旅館<春の屋>で若おかみ修業をしています。どじでおっちょこちょいのおっこは、ライバル旅館の跡取りで同級生の“ピンふり”こと真月から「あなた若おかみじゃなくて、バカおかみなの!?」とからかわれながらも、旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼たちに励まされながら、持ち前の明るさと頑張りで、お客様をもてなしていくのでした。
いろんなお客様と出会い、触れあっていくにつれ、旅館の仕事の素晴らしさに気づき少しずつ自信をつけていくおっこ。やがて心も元気になっていきましたが、突然の別れの時がおとずれて―。

***********************************

原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎、脚本:吉田玲子、音楽:鈴木慶一 他
キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一 他
主題歌:藤原さくら「また明日」(SPEEDSTAR RECORDS)
製作:若おかみは小学生!製作委員会 
アニメーション制作:DLE、マッドハウス 配給:ギャガ
©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会


『若おかみは小学生!』ゲスト声優解禁!&相関図到着!


映画情報どっとこむ ralph 数多くのスタジオジブリ映画の作画監督でも知られる高坂希太郎が『茄子 アンダルシアの夏』(03)以来15年ぶりとなる劇場公開作の監督を務めた、劇場版『若おかみは小学生!』は9月21日(金)より全国公開となります。

この度、テレビアニメ版に引き続き声優を務める、小林星蘭(主人公・おっこ役)、水樹奈々(秋野真月役)、松田颯水(ユーレイのウリ坊役)に加え、新たに劇場版の声優キャストを一挙発表となりました!

映画情報どっとこむ ralph おっこ(関織子)の父・関正次役には、歌手・タレント・司会・俳優と各界でマルチな才能を発揮する、3男2女を育てる子沢山パパとしても知られる薬丸裕英。一方、おっこの母・関咲子役には、同じく女優でありながら司会としても活躍、その自然体な笑顔と優しい声で多くの人を魅了する声優初挑戦の鈴木杏樹。

また、ある出来事からスランプに陥った占い師の客、グローリー・水領役には女優、タレント、現在はキャスターとしてもマルチに活躍する声優初挑戦のホラン千秋が、さらに、おっこが若おかみ修業する、花の湯温泉の旅館「春の屋」を訪れる客人のひとり、作家の神田幸水役には、『ミニオンズ』(15)『ペット』(16)など、今や声優としても高い評価を受けるバナナマンの設楽統がそれぞれ熱演。

その他、後に物語のカギを握る客人・木瀬文太役に山寺宏一、「春の屋」の女将であり、おっこの祖母・関峰子の少女時代を花澤香菜、そして、TV版から引き続き、神田幸水の息子・神田あかね役に小松未可子が演じるなど、人気実力派声優陣も集結。さらに、ウリ坊と同じくおっこの前に現れるユーレイの秋野美陽役には、TV版とは異なり、より子供らしさを表現したかった高坂監督の意図のもと、小林星蘭と共に子役・声優として活躍目覚ましい遠藤璃菜が担当。劇場版ならではの豪華顔ぶれが、物語の世界感に広がりと深みを与えます。

本作は、交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこが、ユーレイのウリ坊やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすために、若おかみとして毎日奮闘する様子が描かれる、笑いあり涙ありの物語。

「今回、理想通りにバラエティーに富んだ声優陣が揃い、それぞれ印象に残るキャラクターを作り上げていただきました。」と、高坂希太郎監督が満を持して紡ぐ、切なくもあたたかい世界に息吹を注いだキャスト陣の夢の共演に、ご期待ください。


映画情報どっとこむ ralph 以下に、アフレコを終えたキャスト、並びに高坂監督からのコメントが到着です。

薬丸裕英/関正次(おっこの父)役
主人公 小学6年生 おっこ の父親役の声を担当させていただきました。18年ぶりの映画声優のお仕事で少々、緊張しました(笑)同じ年頃の娘を持つ父親として「おっこ」の頑張る姿に心打たれます。是非、ご家族で映画館にお越しください。

鈴木杏樹/関咲子(おっこの母)役
長編アニメーション作品のアフレコは、今回が初めてでした!声だけで表現するお芝居の世界は、想像以上に奥深くてとても緊張しましたが、以前から声優のお仕事に憧れていて、挑戦してみたかったので、今回、参加させていただけて、とても嬉しく、感謝しております。おっこちゃんの、健気で前向きな明るさに、元気をもらい心打たれました。皆様にもこの作品を楽しんでいただけますように。。
 
ホラン千秋/宿泊客・グローリー・水領役
オトナの雰囲気漂うグローリーは、私が現実世界ではなりたくてもなれないキャラクターなので、疑似体験できて光栄でした。(笑)おっこちゃんの頑張りに胸が熱くなること必至です!

設楽統(バナナマン)/宿泊客・神田幸水役
幸水はおっこが接客する初めてのお客さんという役どころで、おっこが若おかみとして成長して行くキッカケともなるシーンだと思うので、そこに注目して頂きたいです。

高坂希太郎監督 コメント
春の屋に宿泊する個性豊かな客人たちとのエピソードは、ひとつひとつおっこが成長して行くとても重要な役割を担っています。今回、理想通りにバラエティーに富んだ声優陣が揃い、それぞれ印象に残るキャラクターを作り上げていただきました。また、この映画で重要な役どころのおっこの亡くなった両親を演じて頂いた薬丸さん鈴木さんの存在感が、おっこの伸び伸びと前向きでがんばり屋さんな性格を育んだ担保となり、温かい回想シーンへと上手く繋がったのではないかと思います。

映画情報どっとこむ ralph 若おかみは小学生!

アニメ公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/movie/
アニメ公式Twitter:
@anime_wakaokami

小学6年生のおっこは交通事故で両親を亡くし、おばあちゃんが経営する旅館<春の屋>に引き取られることに。旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼(すずき)、ライバル旅館の跡取り・真月(まつき)らと知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の若おかみ修業を始めることに!慣れない修業に、毎日失敗の連続。落ち込むおっこだったけど、不思議な仲間に助けられ、いろんなお客様と触れ合い、もてなしながら、少しずつ成長していく。

***********************************

原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎
脚本:吉田玲子
音楽:鈴木慶一 他
キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一、遠藤璃菜、小桜エツコ、一龍斎春水 、一龍斎貞友、てらそままさき、小松未可子、花澤香菜、田中誠人 他
製作:若おかみは小学生!製作委員会 
アニメーション制作:DLE、マッドハウス 
配給:ギャガ
©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会