「萩原聖人」タグアーカイブ

吉村界人主演『ハッピーアイランド』全国公開へ!予告編​解禁 コメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 東日本大震災からまもなく8年、第1回四万十映画祭“長編部門:最優秀賞”や、福岡インディペンデント映画祭2018 “100分ムービー部門最優秀作品”に輝くなど、国内外の映画祭にて高い評価を受け、完成から2年半の時を経て、映画『ハッピーアイランド』がユーロスペース(渋谷)をメイン館として3月2日(土)に劇場公開することが決定しました。
また、ロケ地となった福島でも3月8日(金)、県内4劇場での公開が決定!
本作は、福島県須賀川市出身の渡邉裕也(わたなべゆうや)監督が、3.11の原発事故によって風評被害を受けるも、農業を営み続けた自身の祖父の姿を見て映像化を決めた作品。間もなく公開を迎える本作の、予告編(60秒Ver,)が初解禁!東京から福島の農家にやってきた23歳の青年が、3.11の風評被害で行き場を失った野菜たちや、そこで生きる人々の姿を目の当たりにし、自ら成長していく物語が描かれています。主演の吉村界人に加え、共演の萩原聖人や大後寿々花が2015年の年末、極寒の福島でロケを行った本作。監督の出身地・須賀川市の市民も多く本作にエキストラとして出演し、当時の福島の生々しい実情を語っています。



映画情報どっとこむ ralph また、主演・吉村界人の本作公開に向けたコメントが到着しました。

☆吉村界人(よしむらかいと)/真也役 コメント

公開させて頂けること、すごく嬉しい限りです。この映画は過去の天災へのお涙頂戴ではなく、未来があるから信念を曲げない大人たちの話です。泣いてばかりの東京人が成長できました。

映画情報どっとこむ ralph 『ハッピーアイランド』

―劇場公開情報―
■3月2日(土)~ 東京
ユーロスペース / ユーロライブ
■3月8日(金)~ 福島
フォーラム福島、イオンシネマ福島、ポレポレシネマズいわき小名浜、まちポレいわき
■3月16日(土)~ 大阪
シアターセブン
■公開日調整中 名古屋
シネマスコーレ


【STORY】
2015年、東京に住む23歳の真也(吉村界人)は仕事も転々とし、中途半端な生活を過ごしていた。ある日、知人の紹介で福島の農家の元で、農作業を手伝いながら暮らす事に。しかし、真也に待っていた現実は「寒い」「朝が早い」「つらい」。そんな言葉が漏れる日々。逃げ出そうと思っていた頃、農業で地元の人々に尽くす正雄(萩原聖人)の姿を見た。彼は震災で妻を失っていた。地元で保育士をする同じ年頃の里沙(大後寿々花)への恋心もうっすら芽生え、段々とやりがいを見つけていく。次第に、この人たちの為になろうとするが、県外で出会った福島県産の野菜を毛嫌いする人々へ思わず手を挙げてしまった真也。そんな中、3.11の風評被害の中で野菜を作る人々に違和感も感じてきてしまう。そして悪い噂が流れてしまった真也を恐れる地元の人々との心の溝を埋められずに悩んでいく。真也は耐えられず東京へ帰ろうとするが…

***********************************

出演:吉村界人 大後寿々花  三輪江一 岡村多加江 中村尚輝  / 萩原聖人
監督/脚本:渡邉裕也
音楽/主題歌:古舘佑太郎「ハッピーアイランディア」
制作:ExPerson、
配給協力:SDP
©ExPerson2019


大泉洋 演じる鹿野に振り回される!​追加キャスト発表​『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』


映画情報どっとこむ ralph 今冬、全国公開となります大泉洋 主演映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は、車いすの人生を、愛のままにワガママに生きた男の<笑いと涙の感動実話>。​

難病である筋ジストロフィーを患って体が不自由にも関わらず、病院を飛び出し、自分で大勢のボランティアを集め、風変わりな自立生活を始めた鹿野靖明(大泉洋)。
わがままで、おしゃべりで、ずうずうしくて、ほれっぽくて…!自由すぎる性格に振り回されながらも、そのまっすぐな生き方で皆に愛された鹿野さんと、彼に出会って変わっていく人々の人生を、笑いあり涙ありで描く最高の感動作です。​

そして本日8/7「バナナの日」に合わせて、本作に出演しているキャストが新たに解禁となりました!​

映画情報どっとこむ ralph
<体が不自由な鹿野を支える、ボランティアたち>​

鹿野と同じ歳で付き合いが長く、彼を支え続ける頼れる兄貴的存在の【高村大助】役に、深みのある演技で魅せる俳優・萩原聖人さん。​

萩原さん:前田監督とは久しぶりの再会でした。​我々ボラチームは映画におけるスタッフのような感覚で参加しました。監督、鹿野さんをしっかりサポートできたらと思います。​


気さくな性格で、鹿野からも若いボランティアたちからもお母さんのように慕われる【前木貴子】役に、​ ドラマ・映画・舞台と幅広く活躍している女優・渡辺真起子さん。​

渡辺さん:物語を通して、「生き方」に改めて向き合うことになりました。​はじめてご一緒させて頂く皆様と、力を合わせる事ができたと感じる瞬間が、​みてくださる方に伝わりますように願っています。​


抜けた性格で鹿野に注意される事も多いが、後輩ボランティアたちの指導は細かい【塚田心平】役に、​ 映画を中心に幅広い様々な役を演じ分ける俳優・宇野祥平さん。​

宇野さん:前田組で鹿野さんの人生に触れ、迷惑をかけてはダメ、我儘もダメなど、​なんとなくある道徳を気にしてしまう自分には新しい教科書をもらったような​清々しい気持ちになる作品でした。​



<自立生活を送る鹿野を見守る、両親>​

へそ曲がりだが懸命に生きる息子を、厳しくも優しく支える父親【鹿野清】役に、​ 日本映画界には欠かすことのできない俳優・竜 雷太さん。​

竜さん:私の周りでは信じられない様な人と人との繋がり。​こんなテーマを持った作品に対して、私は何をすればいいのでしょうか。​そうだ、要は自分が自信を持って自分自身でいる事が、大事だと云う事かもしれない。​それしか出来ない。そう思って仕事場に出向きました。​


息子から嫌われていると思っているが、愛情を絶やさず笑顔で接する母親【鹿野光枝】役には、​ 感情豊かな演技で映画を盛り上げる、ジャズシンガーの綾戸智恵さん。​

綾戸さん:5年早くても。5年遅くても。いや、自分でもびっくり。今、どっぴんしゃの、このタイミングにこの役!​本物の光枝さんにお会いした時、何故監督が私を選んでくれたのかわかったように思えた。​それにしても撮影を終えた今、テレビで大泉さんを観ると大スターなのに“あのバカ息子”と心配になる私。​追伸:クランクアップの日、夜中寝ている私の実息の手を握ってしもた。ヤバっ、また涙出てとまらへん。​



<鹿野の病状を看続ける、医師・看護師たち>​

自由な鹿野に厳しく接しつつも、本気で彼の体を心配している主治医【野原博子】役に、​ 日本アカデミー賞をはじめとする数々の賞を受賞してきた女優・原田美枝子さん。​


野原と共に、自立生活を望む鹿野とボランティアたちに協力する看護師・【泉芳恵】役に、​ 独特の空気感で観る人を魅了する女優・韓英恵さん。​

韓さん:鹿野さんと鹿野さんを支えるボランティアのみなさんと北海道ですごく温かくて優しい時間を過ごしました。​初めての看護師役で戸惑うこともあり「こんな夜更けに痰吸引かよ」な日々が、​今ではもうすでに懐かしく愛しき思い出です。​


と、本格派・実力派・個性派と様々な俳優たちが揃い、豪華キャストが集結となりました。​

映画情報どっとこむ ralph 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

公式サイト:
bananakayo.jp​

公式Twitter:
https://twitter.com/bananakayomovie


物語・・・
北海道の医学生・田中(三浦春馬)はボランティアとして、体が不自由な鹿野(大泉 洋)と知り合う。病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボランティア(萩原聖人・渡辺真起子・宇野祥平)や、両親(竜 雷太・綾戸智恵)に支えられて風変わりな自立生活を送る鹿野。夜中に突然「バナナが食べたい!」と言い出すなど、いつも王様のような超ワガママぶりだが、自分自身に素直に生きる鹿野は、どこか憎めない愛される存在だった。​

ある日、鹿野は新人ボランティアの美咲(高畑充希)に惚れ、彼女へのラブレターの代筆を田中に依頼するが、実は美咲は田中と付き合っていて…。奇妙な三角関係は、鹿野の主治医(原田美枝子)や看護師(韓英恵)、ベテランボランティアたちを巻き込んで大変な騒動に!しかし鹿野の病状は徐々に悪化、体はますます自由が利かなくなっていく。そんな鹿野には、生きているうちにどうしても叶えたい夢があった―

***********************************

監督:前田哲​

脚本:橋本裕志​

原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)​

出演:大泉 洋​
高畑充希 三浦春馬​
萩原聖人 渡辺真起子 宇野祥平 韓英恵・竜 雷太 綾戸智恵/原田美枝子​
配給:松竹​
撮影:2018年6月~7月2日/オール北海道ロケ(札幌・美瑛・旭川)​

(C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会