「萩原利久」タグアーカイブ

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』文部科学省特別選定作品に決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『志乃ちゃんは自分の名前が 言えない』7/14より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

が公開を前に 文部科学省特別選定作品(青年・成人・家庭向き)、文部科学省選定 (少年向き)に決定しました!

不器用な二人の小さな一歩。 悩みもすべて抱きしめて世界はかすかに輝きだす。 高校1年生の志乃は、喋ろうとするたび言葉に詰まり、名前すら上手く言うことが出来ずに笑い者になってしまう。ひとり過ごすな か、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。ギターが生きがいなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪 われバンドに誘う。文化祭に向けて不器用なふたりの猛練習が始まった。コンプレックスから目を背けてきた志乃と加代。互いに 手を取り小さな一歩を踏み出すが。

原作は人気漫画家・押見修造の同名作。自身の体験をベースに描いた同作は、幅広い世代を感動の渦に包み大きな反響を 呼んだ。監督は本作で長編商業映画デビューを果たす気鋭・湯浅弘章。脚本を『百円の恋』の足立紳が手掛ける。

主演を務 めるのは共に 15 歳の実力派女優。志乃を演じるのは、現役モデルにして『幼な子われらに生まれ』に出演、女優としても注目を 集める新星、南沙良。加代役を『三度目の殺人』やドラマ「anone」などでの高い演技力が記憶に新しい、蒔田彩珠が熱演。

『あゝ、荒野』『帝一の國』の萩原利久が、志乃と加代の同級生・菊地を演じる。感動のラストに全世代が胸を打つ、傷だらけ でまぶしい青春映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は7月14日㈯より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

7月14日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。
高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなの に音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生 の男子・菊地が参加することになり… 。


***********************************

出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫
監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立紳
音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版
©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


押見修造先生 描き下ろし特典&特別画像公開!『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』


映画情報どっとこむ ralph 7月14日(土)より、新宿武蔵野館ほか 全国順次公開となる映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。

4月28日(土)から本作の前売り鑑賞券が発売開始する。特典は、ファン必見!原作者である人気漫画家の押見修造が描き下ろしたオリジナルポス トカード(限定数)。

そしてこの度、その描き下ろしイラストを映画キャストが 「完全再現」した、特別画像が公開されました!

原作&映画本編には存在しない、幻の感動カット!
「惡の華」「ぼくは麻理のなか」、そして連載中の「血の轍」「ハピネス」など思春期の少年少女をモチーフに、人間の内面に迫った奥行きのある作風で次々と人気作を生み出す漫画家・押見修造。

なかでも「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」は、自身の体験をベース に描かれており、原点的作品として高い人気を誇っている。

今回、前売り特典のポストカードに使用されたイラストは、特に思い入れの 深い作品が映画化されることを祝して、クランクイン前に押見氏により描き下ろされたオリジナル。
今回公開された、志乃(南沙良)、加代(蒔田彩珠)、菊地(萩原利久)メインキャスト3人によってイラストを「完全再現」した写真は、映画本編の中にも登場しない幻のカット。

映画情報どっとこむ ralph 高校1年生、言葉が上手く話せずひとり高校生活を送る志乃。コミュニケーショ ンが苦手な加代。空気が読めない菊地…葛藤を抱えた3人は一体どのように交差していくのか。

映画を観た後、卒業証書をもつ3人の姿に隠された意味に気づくときっと涙をこぼさずにはいられない!胸を熱くする1枚となった。

是非、この機会に前売り鑑賞券と共にオリジナルポストカードをゲットし、イラストに隠された感動の意味を劇場でチェックしてみては。

※前売り鑑賞券は、新宿武蔵野館では4月28日(土)から発売。他劇場は順次発売(一部劇場を除く)。特典は限定数。


志乃ちゃんは自分の名前が言えない

7月14日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。
高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。
音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。
そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり…

***********************************

出演:南 沙良 蒔田彩珠 /萩原利久 /小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲

山田キヌヲ 奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社
製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


南沙良x蒔田彩珠 映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、7月14日㈯より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』のビジュアルと予告編が完成しました。

原作は人気漫画家・押見修造の同名作。自身の体験をベースに描いた同作は、幅広い世代を感動の渦に包み大きな反響を呼ん だ。待望の映画化では気鋭監督・湯浅弘章がメガホンをとり、『百円の恋』の足立紳が脚本を手掛ける。

今回、公開に先立ち、厚生労働省より社会保障審議会児童福祉文化財に指定され、学生のみならず教育に関わる人に向けた優秀作品として推薦されました。

映画情報どっとこむ ralph 解禁されたビジュアルは、志乃と加代が前を向き、笑顔で自転車に乗る、夏の公開にぴったりな爽やかなものとなった。ギターケ ースを背負う志乃の姿からは音楽を通して友情を深めていく様子もうかがえます。

一転、志乃と加代に加え、物語を大きく展開させて いくクラスメイトの少年・菊地らの苦悩や葛藤が感じられるような表情、そして志乃に寄り添う担任や母親などの姿は一筋縄ではいか ない物語を予感させ「伝わらなくてもいい。伝えたいと思った」というコピーからは、不器用ゆえのもどかしさと、それでも自分の想いを 「伝えたい」という強い意志を感じさせるものに。

映画情報どっとこむ ralph 予告編では、次世代を担う15歳の実力派の2人が体当たりで挑んだ高い演技力の一端が垣間見え、言葉が上手く 話せない志乃を南沙良(『幼な子われらに生まれ』)が、音楽好きでコミュニケーションが苦手な加代を蒔田彩珠(『三度目の殺 人』)が熱演しています。加えて萩原利久(『あゝ、荒野』)演じる同級生の菊地の存在が、ふたりを揺さぶっていく様子も映し出されています。 また、南と蒔田が実際に猛練習して挑んだ歌とギター演奏「あの素晴しい愛をもう一度」など名曲も登場、ノスタルジックに物語を彩る。


物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った。
高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなの に音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生 の男子・菊地が参加することになり…

***********************************

出演:南 沙良 蒔田彩珠/萩原利久/小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲/山田キヌヲ 奥貫 薫

監督:湯浅弘章
原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)

脚本:足立 紳
音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社
製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版 ©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


佐藤玲、萩原利久、岡野真也ら『高崎グラフィティ。』クランクイン記者会見


映画情報どっとこむ ralph 12月3日より、高崎市内にて長編映画『高崎グラフィティ。』がクランクイン。

本作品は、堤幸彦監督や大根仁監督を擁し次々と話題作を産み出してきた映像制作会社オフィスクレッシェンドが実施した映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」にて、グランプリを獲った企画。次代を担うクリエイターの発掘・育成を目指した企画です。この12月、高崎の地を舞台に、フレッシュな役者、新進のクリエイターが結集し、映画撮影が始まります。

そして、そのクランクインイベントとして記者会見が高崎市役所で行われました。
期日 12月5日(火)
会場 高崎市役所:市民談話室
出席者 監督:川島直人
プロデューサー:神康幸 オフィスクレッシェンド
撮影:武井俊幸(高崎市出身)
メインキャスト:佐藤 玲、萩原利久、岡野真也、中島広稀(群馬県出身)三河悠冴

映画情報どっとこむ ralph
神康幸:オフィスクレッシェンドを設立して25年になります。何の後ろ盾もない出発でしたが、様々な方と良いめぐり逢いがあり、ここまで全力疾走してまいりました。僕たちもチャンスをいただいてきたように、今度は僕たちが次世代にチャンスの場を作るべきだと考え、未完成予告編大賞を立ち上げました。3分の予告編を制作いただいて審査するアワードです。日本では初めての試みだと思います。予想を超えて日本全国から258本の応募がありまして、その中で見事グランプリを獲得されたのが川島監督です。審査員は、堤幸彦監督、大根仁監督をはじめ外部の現役プロデューサーの方々にも参加いただきました。その中でこの「高崎グラフィティ。」は、完成形に対する期待度が一番高かったのです。物語の深さのようなものを見せていただきたいと思った次第です。

川島直人監督:主演の佐藤 玲さん、撮影の武井君は日芸(日本大学芸術学部)で一緒に学んだ仲間です。ある時、未完成予告編大賞のポスターを見て、3人で予告編を制作して応募することを決めました。私は埼玉出身で東京は近い存在でしたが、高校を卒業して遠くから上京する人たちは夢を持って東京へやってきます。人生の中でこの時期のこの世代のさまざまな“想い”を映画にしたいと考えていました。そんな時に武井君の案で彼の出身地である高崎を舞台に撮影することを提案され、この地にやってきました。そして高崎の空気を感じた時に、考えていた映画を撮ることができる、物語を創ることができるという気持ちになりました。その2週間後にはこの3人を中心に応募の為に予告編の撮影を開始していました。

武井俊幸(撮影):本来、撮影カメラマンが製作発表に列席するのは場違いなのですが、高崎出身ということで、参加させていただいています。いつかは自分の故郷を舞台に映画を撮影したいと考えていましたが、こんなに早くにチャンスをいただけるなんて思ってもみませんでした。
浮足立つことなく、しっかりと撮影に臨みます。

佐藤 玲:いままでお話があったように川島監督と武井君とは大学の同期だったのですが、一緒に出来る企画をずっと考えていました。そんな中、監督がこの未完成予告編大賞をみつけてきてくれたので、みんなで、どういう構成にしようかを考えたのがつい昨日のことのようです。私は東京の育ちなので高崎は電車の終点というイメージがあり、すこし遠い存在でした。実際に撮影で高崎にお邪魔してみて、みなさん暖かい人たちばかりで、やさしい場所だなと思いました。一緒に予告編を作った人たちすべてが、今回の映画に関わってはいないのですが、その方たちにも感謝しつつ、頑張りたいと思います。

萩原利久:僕はオーディションでこの役が決まりました。オーディションには川島監督、佐藤 玲さん、武井さんもいらっしゃっていて、この作品に対する強い熱量を感じました。その熱量を自分なりに増幅させていきたいと思います。この5人は同級生という設定なのですが、実年齢はみなさん年上で、僕だけが10代です。最初、うまくやっていけるかなとも思いましたが、高崎入りして全く心配ないことがわかりました。この5人でしか出せない何かを生み出していきたいと思います。

岡野真也:この役をいただいた時に、普通の10代を生きるってどういうことだろうと考えました。
学生のころから役者という仕事をしている私は、少し違った毎日を過ごしてきたこともあり、10代の学生は、どういう悩みを抱えているんだろうと考えて高崎入りしました。その答えを探しながら毎日、この地で10代の学生として生活し、“高崎グラフィティ”という青春をもう1ページ追加していきたいと思います。そして、次に高崎に来たときには、「ただいま!」って、言えるようにしたいです。

中島広稀:実際には23歳なので、リアルな10代とは、どこまでやればいいのだろう、台本を読んで、自分なりにどこまで読み取っていいのか考えています。僕の役は5人の中でもムードメーカーなのですが、10代の空気感をどう作っていくか、闘っているというのが今の気持ちです。撮影は、初日を終えたという段階ですが、みんな少し掴んで手ごたえを感じているところだと思います。撮影はこれからなので、是非、見てくださいと言える作品にしていきたいです。

三河悠冴:高崎はかつて、はじめての地方ロケで渋川へ来た時に、高崎へ寄らせていただきました。こうして、また高崎を訪れることができてとても感激しています。その時に、高崎の方にはとてもお世話になったこともあり、少しでも自分が成長できたことをお見せしたいと思います。一生懸命に取り組みます。よろしくお願いいたします。

映画情報どっとこむ ralph
記者からの質問に対して。

Q:脚本の小山さんも日大芸術学部とのことですが同級生ですか?

川島監督:小山さんは先輩です。大学へ、「モテキ」をヒットさせた大根仁監督が講演にいらっしゃったときに、一番前の席に座ったのですが、隣に座っていたのが小山さんでした。彼は講演が終わるなり、自分で書いた脚本をたくさん持って大根監督に直談判したのです。このエネルギーはスゴイなと思い、それ以降、仲良くさせていただいています。

Q:どんな映画にしたいのか?

川島監督:いままで生きてきた中で、自分なりの10代の感覚を取り入れたい。これでもう「10代の映画は撮らなくてもいい」と思える完成度の高い作品を目指します。キャスト5人が作る空気感を大切にして、誰が見ても、見た人たちのそれぞれの10代を思い出して、良い時代だったと思いだしてもらえるような映画にしたいです。

Q:ジャンルをひとことでいうと?

川島監督:青春群像劇として考えています。

Q:資料のストーリーに閉塞感という言葉がありますが?

川島監督:田舎にいると周囲の仲間と付き合いを続けていかなければならないという環境もある意味、閉塞感だとも言えます。東京に微妙に近いという距離感が、不安定な気持ちにさせることもあると思います。そして、10代の閉塞感とは、何をしたらいいのかわからない、気持ちは沈んでいるが、何に悩んでいるのかが判らない・・・・。そんなことが10代にはあると思います。それは、20歳を過ぎてしまった今では、なんであんなことに悩んでいたのだろうということばかりかもしれません。でも少なくとも、その時は必死に悩んでいたことは確かだったのです。この気持ちを、映像にしていきたいと思います。あの頃の“想い”を詰め込みたいと考えています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『高崎グラフィティ。

絶賛撮影中!

URL:takasaki-graffiti.com


高校の卒業式を迎えた、幼馴染の美紀・寛子・優斗・直樹・康太の5人。
それぞれが将来に不安を抱えていたまま、新生活を待っていた。
そんな中、美紀の父親が彼女の入学金をもったまま失踪する。美紀の父親を探す5人だが、同時に寛子は同棲を始める彼氏に浮気疑惑、優斗は先輩に保険金詐欺を強要される等、それぞれがトラブルに襲われ、皆地元の閉塞感が嫌になり始める。
道中の出会いや事件、そして父親の真意を前にして、5人は自分について初めて考える。
そうして、5人はそれぞれの道へ自ら歩き出す。

***********************************

佐藤 玲 萩原 利久 岡野 真也 中島 広稀 三河 悠冴
監督:川島 直人  脚本:小山 正太 音楽:長尾 洋輔
エグゼクティブプロデューサー:神 康幸 プロデューサー:利光 佐和子 松永 弘二 
撮影:武井 俊幸 
照明:山本 浩資 録音:柳田 耕佑 
助監督:東條 政利 
美術・装飾:平原 孝之 
衣裳:高橋 幸希 ヘアメイク:杉本 妙子
キャスティング:新江 佳子 制作担当:高橋 恒次
協力プロデューサー:井上 潔 木城 愼也
製作:オフィスクレッシェンド  
制作協力:ガンズロック  
配給:エレファントハウス
撮影協力:高崎フィルム・コミッション
Ⓒ2018 オフィスクレッシェンド
    


東京国際映画祭『写真甲子園 0.5秒の夏』上映記念大黒摩季ミニライブ決定!


映画情報どっとこむ ralph 全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」は、2018年に25周年を迎える事を記念して、映画化が実現いたしました。映画『写真甲子園 0.5秒の夏』は、11月11日(土)より北海道先行、11月18日(土)より全国順次公開いたします。
公開に先立ち、10月25日(水)から開催いたします「第30回東京国際映画祭」にて、「特別招待作品」として出品が決定しておりますが、翌10月26日(木)18:30より、主題歌「latitude ~明日が来るから~」を書き下ろし歌っている、北海道出身のアーティスト大黒摩季によるスペシャル・トーク&ミニライブを開催する運びとなりましたので、お知らせです。

イベントには、主演:甲斐翔真、笠 菜月、そして菅原浩志監督も会場の「六本木ヒルズアリーナ」に登壇予定。

また、トーク&ミニライブに続き、六本木ヒルズにて映画上映も!上映前には、甲斐翔真、笠 菜月、菅原監督、そして大黒摩季による舞台挨拶をおこないます。

映画情報どっとこむ ralph <大黒摩季スペシャル・トーク&ミニライブ>
日時:10月26日(木)18:30~19:00  
  *天候ほか諸事情により中止になる場合がございます。
会場:六本木ヒルズアリーナ
観覧方式:着席 定員250名
観覧方法:当日18:00から入場開始致します。定員250名になり次第締め切りとなります。

*1) 当日12:00(正午)より、六本木ヒルズアリーナ内にございます「アリーナテント内」にて、整理券を配布いたします。整理券はお一人さま1枚とさせて頂きます。
*2)整理券が無くなり次第、終了となりますのでご了承ください 
*3)12:00以前にお集まり頂きましても、待機する場所はございませんのでご了承願います。
当日は係員のご指示に従って頂きます様お願い申し上げます。
(このルールに従って頂けない場合は、ご入場をお断りする場合がございますのでご了承ください)
*4)雨天の場合、傘のご使用はできませんのでご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph <「写真甲子園 0.5秒の夏」東京国際映画祭上映スケジュール>
日時:10月26日(木)
開場:19:10  
開演:19:40(上映前 舞台挨拶あり)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7
東京国際映画祭公式サイトにて、観賞チケット好評発売中

主題歌「latitude ~明日が来るから~」・挿入歌「Zoom Up★」、
10月26日(木)、配信リリース!

映画情報どっとこむ ralph 今を切り撮れ、一撃必撮!

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、
そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。
一方、東京の進学校である桜ヶ丘学園3年生の椿山翔太(甲斐翔真)は、たったひとりの写真部員。大学進学に写真は役に立たないと他の部員は辞め、廊下の隅で活動している状態だった。受験勉強に専念するよう執拗に校長(緒形幹太)に反対されながらも、今年の夏が最後のチャンスとなる写真甲子園に、翔太はどうしても出場したいと思っていた。唯一の理解者は、写真部顧問、高島 晃(河相我聞)だけ。しかし、写真甲子園は3人がひとチーム。
翔太は、受験勉強に必死な幼なじみの中野大輝(萩原利久)と、ボランティア部に所属している後輩の霧島絢香(中川梨花)に頼み込み、なんとかチームを結成する。

「写真甲子園」
大会中、夢叶や翔太のチームを次々と襲うトラブル。
挫折や葛藤に心折れそうになったときに気づく仲間との絆。
青春のすべてを賭けて必死にシャッターを切る選手たちは、「挑戦した人だけが見える世界」を目にすることができるのか、そして高校写真部日本一の行方は・・・。

***********************************




笠 菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真 萩原利久 中川梨花
河相我聞 緒形幹太 平 祐奈
中西良太 金山一彦 小柳友貴美 宮崎秋人 北見敏之
立木義浩 竹田津実
千葉真一 秋野暢子
主題歌:大黒摩季「latitude ~明日が来るから~」(ビーイング)
挿入歌:大黒摩季 with Booooze「Zoom Up★」(ビーイング)

監督・脚本:菅原浩志
プロデューサー:作間清子/音楽:吉村龍太/撮影:上野彰吾/
照明:赤津淳一/美術:長 寿恵/録音:室薗 剛/編集:時任賢三/
助監督:桑原昌英/ヘアメイク:井川成子/ラインプロデューサー:原田文宏

製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町/
東川町写真甲子園実行委員会/東川町 写真甲子園映画化 支援協議会
配給:BS-TBS/宣伝:ニチホランド
【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP/117分】
(C)シネボイス