「華氏119」タグアーカイブ

マイケル・ムーア監督 Twitterで「勝利だ!!」と歓喜!『華氏119』出演候補も続々勝利!


映画情報どっとこむ ralph マイケル・ムーアの最新作『華氏119』が11月2日 よりTOHOシネマズ シャンテ他にて大ヒット公開中です。

ムーアが挑む今度の相手はなんと、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプ。タイトルの “119“とは、トランプの大統領当選が確定し勝利宣言をした[2016年11月9日]を意味し、過去作『華氏911』に呼応したタイトル。


この度監督を務めたマイケル・ムーア監督がトランプ政権への反撃の一つとして捉えておりましたアメリカ中間選挙(11月6日(アメリカ現地時間)実施)において、民主党が下院にて勝利を収めました!!

ムーア監督も自身のTwitterで

「勝利だ!!(下院選にて)全国で最も多い投票数を勝ち取ったんだ!!アメリカ国民の大多数がトランプを拒否したんだ!!」

と興奮気味で今回の勝利を喜んでいます。

米国史上最も注目されるだろうと言われ、日本でも連日ニュース番組で伝えられるなどした今回の中間選挙。

マイケル・ムーア監督は映画の中でも投票に行くことを強く訴えていて、アメリカでの映画公開後も精力的に選挙への参加を促す運動に参加してまいりました。

その甲斐あってか!今回の選挙では過去50年間最高の投票率となるのでないかと言われております。

マイケル・ムーア監督が応援し、『華氏119』にも出演しているニューヨーク州28歳元ウェイターのアレクサンドリア・オカシオ=コルテスは史上最年少で下院にて当選、

そしてミシガン州のラシダ・タリーブはムスリム女性として初の下院当選となりました。今までいなかったことにもビックリ!

この2人が立候補することになった経緯や2人の選挙活動の模様は本作にも描かれており、ムーア監督は2人をはじめとする新勢力を米国の“希望”としています。この結果を受け、Twitter上ではすでに観た人から「『華氏119』に出ていた人が当選!」という声が、この中間選挙をきっかけとして「『華氏119』見なきゃ!」という声も上がっております。まさに“タイムリー”な映画である『華氏119』。この中間選挙での結果を受け、今後日本でもさらに広がりを見せることになりそうです。

映画情報どっとこむ ralph 2016年7月、大統領選のさなか「大統領選にトランプが勝利する5つの理由」というエッセイを書き、その予測を見事に的中させたムーア。本作ではトランプ大統領糾弾に留まらず、政治経験のないリーダーが生み出していく悲劇、前大統領のオバマの真実や対立候補者であったヒラリーの失敗、更に本当は少数派であるはずのトランプ支持者がアメリカの意思となっていく<カラクリ>を鋭く暴き出していきます。<なぜ、こうなった?>を誰よりも理解しているムーア。命がけで世界を変えようと本作を世に放ち、執念で導いた今回の勝利の【ワケ】をぜひ劇場で確かめて下さい。


『華氏119』

大ヒット作『華氏911』から14年 ― 今度はあの第45代アメリカ大統領トランプとの対決が始まる!2016年7月にはマイケル・ムーアはエッセイの中で、この暗黒時代を既に予測。当選後もトランプ大統領による炎上ツイッター、虚言暴言やスキャンダルで政権はカオス状態に。それにも関わらず、米国だけでなく世界に影響を及ぼし続けている。更に取材を進めるうちに終身大統領になるという背筋も凍る妄想を天才的な狡猾さで実現しようとする真実などが暴かれていく!政治家も、メディアも、そしてあなたも、みんなトランプの術中にはまっている!?ムーア節炸裂!まさかのチェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント上陸!



***********************************
監督:マイケル・ムーア 『華氏911』
出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ
配給:ギャガ
原題:Fahrenheit11/9/2018/アメリカ/カラー/5.1chデジタル
©2018 Midwestern Films LLC 2018
   


大阪・梅田『華氏119』大型広告登場!映画鑑賞券が当たる応募QRあり!


映画情報どっとこむ ralph ブッシュ政権を猛烈に批判し、全世界2億ドル、日本でも興行収入17億円の問題作にして大ヒット作『華氏911』をはじめ、これまでも巨大な権力に対抗し、アポなし突撃取材を敢行し病んだアメリカ社会に一石を投じ、議論と波紋を呼び続ける世界で最も有名なドキュメンタリー作家マイケル・ムーアの最新作『華氏119』が11月2日(金) TOHOシネマズ シャンテ他にて全国緊急公開となります。


このたび、大阪・梅田に“消える!?”大型広告が登場します!

<期間>
10/29(月)~11/4(日)
<場所>
阪急梅田駅1階 JR高架下D通路

通常の広告は、メインビジュアルを見せて訴求しますが、本広告は、メインビジュアル部分が“トランプ”型になっていて、どんどんと剥がすことができ、次第にメインビジュアルが消えて行ってしまいます。消えた後に現れるワードとは!?

剥がしたトランプの裏面には、映画の鑑賞券が当たる応募QRが付いているので、無くなる前に急いで剥がしに行こう!

また携帯カメラのフラッシュ光で反応する特殊印刷も実施。

フラッシュの光で何が浮かび上がるのか、実際に撮って確かめてみて!

映画情報どっとこむ ralph 華氏119
原題:Fahrenheit11/9

11月2日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー

2016年11月9日、トランプは米国大統領選の勝利を宣言-その日、米国ひいては世界の終りは始まった?!なぜこうなった?どうしたら止められる?ムーア節炸裂!宿命の戦いに手に汗にぎるリアル・エンターテイメント!

***********************************

監督:マイケル・ムーア『華氏911』
出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ

配給:ギャガ
2018/アメリカ/カラー/5.1chデジタル
©2018 Midwestern Films LLC 2018
   


湯山玲子 x 中林美恵子教授 『華氏119』トークショー 中間選挙はトランプ大統領の中間テスト!


映画情報どっとこむ ralph ドキュメンタリー作家マイケル・ムーアの最新作『華氏119』が11月2日 TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開となります。

この度、公開に先駆けて、著述家、プロデューサーでもあり各メディアで大活躍する湯山玲子と、早稲田大学教授であり、アメリカで10年間予算委員会補佐官(共和党)の職員としてアメリカの国家予算編成を担当していた中林美恵子教授のトークショーを行いました。
日付:10月28日(日) 
会場:EXシアター六本木
登壇:湯山玲子、中林美恵子

映画情報どっとこむ ralph 満員の会場に湯山玲子さんと中林教授が登場。
映画を見終わった観客に

湯山さん:映画見たのがつい一昨日なんですね。今、日本で初めて政治の季節がきているような気がいたします。今までは日米協定が飲み屋の話題になることはなかったんですが、やっと”政治”が近くになってきたという感じがいたします。この映画がその重大なテキストとしてあるなと思いました。

と、

中林教授:私がここにきて本当にいいのかな、と思いました(笑)私はアメリカの議会上院で、共和党側で仕事をしておりました。マイケル・ムーア監督も大嫌いだとのろしをあげたメインストリームの中にどっぷりいたので(笑)ムーア監督のことはまるで天敵のように見ておりました。今まで監督の映画は見ないようにしようと思っていたんですが、今回は本当に面白かった。アメリカをエッセーのような形で伝えているのですが、一番面白かったのは、オバマ大統領のことも批判しているんですよね。鉛の問題で口だけ良いことを言って、これはある意味アメリカで右側のムーブメントと左側のムーブメントで同じことが起こっていると思いました。今後のアメリカ政治を占う中でとても大事な作品だと思いました。

と話した。そしてここから湯山さんと中林教授のトークセッションがスタートした。

映画情報どっとこむ ralph ① アメリカと日本の政治風土の違い

湯山さん:「アメリカの人たちは政治に対して意識が高いですよね。いつでも政治について話せるような感じがします。日本との違いはどうなんでしょうか?」

中林教授:「日本の政治の中には国民参加の土壌が少ないですよね。議会の仕事が一般の人に見えにくいですよね。でもアメリカは逆で、どの人がどの政策に投票したかが分かります。通信簿がついているようなものですね。日本は大統領を直接選べませんよね。そこで参加意識が異なっているように思えます。」

湯山さん:「行動する個人が自分が動けば政治も動かせるということですが、アメリカ内でも温度が違いますか?」
中林教授:「アメリカの中にも忖度も存在します。若い人たちの中にもおとなしい人たちもいます。でも日本と比べて、自分たちが何かしないと動かないという気持ちが強いですね。日本だったら協調しなければならない、というメンタリティーが強い。それが政治文化として反映されているんですよね。」

湯山さん:「英語では”I”が必ずつきますが、主語が日本語には出てこないですよね。そこも文化として現れているかもしれません。」


② 近年で最も大事な今回の中間選挙はトランプ大統領の中間テスト

湯山さん:「中林教授の著書「トランプとはどんな人」にも出てきた”中間選挙とは大統領への中間テスト”という言葉もありましたが、今回の中間選挙は歴代の中間選挙と比べると大事なものになるのでしょうか?」

中林教授:「おそらく、近年最も注目される中間選挙になりますね。アメリカ自体が分断された時期を迎えていると思います。ユダヤ教の礼拝所が銃撃されてしまったり、民主党の支持者に爆発物が送られたり、暴力的な行動までもが起こっていますね。これらも中間選挙に影響を与えると思われます。アメリカではオクトーバーサプライズというのがあるんですね。これらも選挙に影響を与えると思われます。」

湯山さん:「そんな中、民主党の状況はどうですか?」

中林教授:「アメリカで今一番注目されている選挙を予想するサイトがあって、下院は民主党、上院は共和党と予想しているんですね。どちらが勝つとは言いにくい状況です。どちらかでも民主党が勝つとトランプ大統領はやりにくい状況になりますね。」

湯山さん:「共和党の中でも反発が出てきていて、そこも見ものですよね?」

中林教授:「大事な要素ですね。実はトランプの側近であったバノンさんも映画を作っています。共和党応援のメインストリームは信用できない、と言った映画を作っているんですよね。ムーア監督とは同じことを共和党側からしている、というところです。ここがアメリカの未来を占う部分だと思います。ワシントンはこの動きに脅威を感じています。」


③ アメリカの未来を担うミレニアル世代

湯山さん:「最後に、映画でも希望として描かれているアメリカのミレニアル世代についてどう思いますか?」

中林教授:「私の著書でも彼らに関してはページを多く割いて書いております。アメリカの将来にとって重要な世代だからです。ヒラリーが負けてしまったのはその世代に背を向けられたのが大きいと思います。問題は彼らがあんまり投票所に行かないんですよね。「絶対選挙に行きますか?」という質問をした時に、65歳以上の人の82パーセントが「行く」と言っている中、若い人たちは26パーセントくらいしか「行く」と言っていないんですよね。いくら意見を持っていても、選挙に行かないと選挙結果にはインパクトを与えられません。テイラー・スウィフトさんが選挙に行きましょうって言いましたよね。彼女もそこを危惧していたんだと思います。」

映画情報どっとこむ ralph 『華氏119』
原題:Fahrenheit11/9

大ヒット作『華氏911』から14年 ― 今度はあの第45代アメリカ大統領トランプとの対決が始まる!2016年7月にはマイケル・ムーアはエッセイの中で、この暗黒時代を既に予測。当選後もトランプ大統領による炎上ツイッター、虚言暴言やスキャンダルで政権はカオス状態に。それにも関わらず、米国だけでなく世界に影響を及ぼし続けている。更に取材を進めるうちに終身大統領になるという背筋も凍る妄想を天才的な狡猾さで実現しようとする真実などが暴かれていく!政治家も、メディアも、そしてあなたも、みんなトランプの術中にはまっている!?ムーア節炸裂!まさかのチェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント上陸!

***********************************

監督:マイケル・ムーア 『華氏911』

出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ
配給:ギャガ  
2018/アメリカ/カラー/5.1chデジタル
©2018 Midwestern Films LLC 2018


池上彰が井上咲楽を「華氏119」宣伝隊長に任命!アメリカの中間選挙直前公開!


映画情報どっとこむ ralph マイケル・ムーア砲、トランプ直撃。突撃アポなし取材を敢行し続けた世界で最も有名なドキュメンタリー作家マイケル・ムーアの最新作『華氏119』が11月2日TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開となります。

トランプの当選の予測を的中させこの暗黒時代を抜け出す光を本作では導き出している。「この映画が公開されれば、トランプ王国は必ず崩壊する!」と豪語するムーア監督、果たして映画の力で11月6日アメリカの中間選挙に一石を投じる事はできるのか?
タイトルの “119“とは、トランプの大統領当選が確定し勝利宣言をした[2016年11月9日]を意味し、過去作『華氏911』に呼応したタイトル

この度、公開に先駆けて、ジャーナリストであり本作の字幕監修も携わる池上彰と、自民党の若手国会議員の有志で結成された「若者の政治参加検討チーム」の会合に参加するなど、政治への関心が高く若干19歳にして歯に衣着せぬ物言いでワイドショーでも話題の、井上咲楽の対談イベントを本作でキーワード的に登場するミレニアル世代(2000年以降に成人した世代)を限定にした試写会場で行いました。

日付:10月23日(火)
会場:月島ブロードメディアスタジオ試写室
登壇:池上彰、井上咲楽

映画情報どっとこむ ralph ミレニアル世代の前に登場した池上彰さんと井上咲楽さん。

池上さん:このところ映画の仕事が急激に増えてきました。(笑)字幕監修をさせていただきました池上彰です。

井上さん:井上咲楽です。よろしくお願いします。今までは日本の国内政治に興味があって、アメリカの政治にはあまり興味がなかったんですけど、今回の映画を観て、中間選挙が楽しみになりました!

とそれぞれご挨拶。

まず、本作の感想を尋ねられると、

池上さん:中間選挙までちょうどあと2週間に迫った中で、アメリカで何が起きているのか、これからどうなるんだろう、どういう動きをしていくのか、特に若い人たちがどのような行動をしようとしているのか、をマイケル・ムーア監督が活き活きとあくまでも一断面ですが描いているな、と思います。日本でも多くの方に見ていただきたいです。

井上さん:ムーア監督がフリントの水を知事の屋敷に放水したのはぶっ吹っ飛んでいるな、と思いました。あとはアメリカの選挙制度にびっくりしました。アメリカの選挙制度のおかげでトランプ大統領が誕生したんじゃないかなと思います。純粋な多数決ではないので、民意を反映しているのではないんじゃないかなと思いました。

と述べます。

映画情報どっとこむ ralph 次に本作の字幕監修を担当した池上さんに字幕監修の話をすると、

池上さん:過去にもやったことあるんですけど、字幕を作るプロの方がいらっしゃるので、どうしても私が説明しようとなると、「長くて入りません」、と言われるんですね。今回監修した一例としては、FOXニュースの映像の部分で”News Alert”と出て、普通は”ニュース警報”と訳すんですが、どんどんニュースが出てくるので、”ニュース速報”、としました。実は相当時間をかけていて一つ一つ詰めて行きました。そもそも字幕を作ってくださる方がしっかりしているので、大丈夫なのですが、それをあまり政治が分からない人のために味をつけた、調味料をつけた、という感じですね。

と監修時を振り返った。

また、19歳という年齢ながら、報道系や情報番組など政治や社会問題の知識も豊富で国会議員にもインタビュー経験があるという井上さんに、どうして“政治ガール”になったのか尋ねると、

井上さん:今年に入って、”額賀(ぬかが)派の分裂”というニュースが飛び込んできて、響が面白い言葉だなと思って、調べていくと、どうやら人の名前らしいということが分かって、「政治家の名前かあ」と思ったんですが、そこから調べてくと、どんどん政治のパワーゲームの面白さに気づいて、どんどんハマって行って、総裁選もがっつり取材しました。

池上さん:すごいですね!額賀派の分裂なんて渋いですね〜。額賀と読めただけすごい!

と感心の様子の池上さんに会場も驚きの声が上がった。

映画情報どっとこむ ralph そしてここからはそんな井上さんから本作を観て疑問に思ったことを池上さんにぶつけるコーナーへ。

①意外にも!?トランプ大統領は高い支持率!?

井上さん:トランプ大統領が勝利したのはアメリカが分断してきたことの象徴なのかな、と思ったんですけど、トランプ大統領は支持されているんですか?

池上さん:すごいですね。ここのところ支持率を伸ばしてきて、急激に45パーセントくらいになってきていますね。ただ、不支持率の方がまだ高いですが。これまで共和党を支持している人たちがトランプ大統領を支持していたんだけど、中間選挙にはあまり興味がなかったんですね。ところが最高裁判所の判事を認めるかどうかというところで、昔のセクハラの話が出てきたでしょ?学生時代にセクハラをしたんじゃないかっていう話になって。上院議員が最高裁判所の判事になっていいかどうかを決めるんですね。ここで51人の賛成があれば最高裁判所の判事になれるのね。ここで民主党が激しく追求しているんだけど、そうすると、共和党の支持者の保守的な人たちはそんな昔の話を今更しているのか、って思ったり、最高裁判所に保守的な判事が入ると、同性婚を認めていることをやめろって言ってくれるんじゃないか、とかLGBTの権利を認めない、とかいう風にしてくれるんじゃないかという期待が共和党の支持者から出てきて、その人たちが中間選挙でも共和党を支持しようかなって急激に思ったり、トランプ大統領よくやっているんじゃないか、って思ってきたりしたんですね。日本だとそんな感じはあまりしないんですけど、アメリカ国内だとよくやっているじゃないか、って思われているんですね。一番わかりやすいのが、トランプ大統領が「俺のおかげで北朝鮮はミサイル打たなくなっただろ?核実験やらなくなっただろ?」ってよく言っているんですが、それを言うとトランプ大統領の支持者は「お〜そうだそうだ!」と思うわけですね。

②裏切られた若者。ヒラリーには絶対投票しない!

井上さん:バーニー・サンダースが枝野さんみたいだな、って思ったんですよね。民主党が分裂と言う騒動の時に枝野さんの演説を聞きに行ったんですが、その時の演説の光景となにか似ているなって思って。そんなことないですかね?

池上さん:そんな比較は初めて聞きましたね。バーニー・サンダースの選挙運動、私も2016年に取材に会場に入ったんですよ。もうね、いたたまれなかった。周りあなたの年齢ばかり。ハタチ前後の学生たちが「バーニー!バーニー!バーニー!」ってぴょんぴょん跳ね続けているんだよね。ロックコンサートみたいだった。とても着いて行けなかったよ。熱烈な支持なんだなって思った。」とここで自らの取材の体験を披露。「ではあの民主党大会でクリントンさんに譲りますって言った時の落ち込みようもすごかったんですか?」と興味津々の井上さんに、池上さんは続けて「実はあの民主党の会場にもいたんだよね。民主党が分裂するのをなんとか阻止しようとしてバーニーはそんな宣言をしたんだよね。その時に涙を流していたバーニー・サンダースの支持者の人たちいたでしょ?あのあと彼らは怒って会場から出て行くんだよね。出て行って、「こんなの認めない!」って言ってデモ行進をするんだよね。その時ちょうど真横で見ていました。選挙なんか行かないぞ、ヒラリーなんか支持できない、ってね。それがあって、あの時にトランプも嫌だけど、ヒラリーに投票したくないよねっていう人たちが大勢いて、結果的にトランプさんが大統領になったというところなんだよね。

③一年前はウェイトレス!28歳女性議員が起こした奇跡

井上さん:映画の中でも出てきた民主党の新しい若い立候補の人たちは受からなくても何か影響与えられるんですかね?

池上さん:コルテスさんというウェイトレスしてきた政治に全く関心がなかったのに、バーニー・サンダースの影響もあって、トランプ大統領を見て、じっとはできていないと思って、立候補したんだよね。そこでコルテスさんがなぜ注目されているかというと、日本だと現職議員が優先だよね?アメリカはその度ごとに予備選挙をするんだ。民主党の大ベテラン候補を倒して、あの選挙区の候補者になったんだ。民主党が下院議員の選挙で勝ったら、下院の議長になるんではないかな?とまでも言われているんだよね。

④社会人1年目で2000万円の借金!?過酷すぎるアメリカの大学生

井上さん:若者の51%が資本主義を支持していないって本当なんですか?

池上さん:アメリカって格差が広がってきて、資本主義によって格差が広がってきているんじゃないか、と言って今の仕組みに懐疑的な若者が多いのは事実だよね。日本では民主社会主義ってよくあるんだけど、”社会”って入っているだけで、アメリカにはまだ拒否反応があるんだよね。バーニーの政策で若い人が熱狂したのが、公立大学の学費無料というのなんだよね。私立の大学って400万円〜500万円かかるんだけど、アメリカの大学生って自立しているから、親に大学の学費を出してもらおうと思わないんだよね。だから大学出た段階で2000万円の借金を背負って社会人になるんだよね。そんな時にバーニーがせめて公立大学の学費を無料にしようって言ったんだよね。アメリカは大学に行きたいっていう人が行くんだよね、日本では親が頼むから大学にいってくれってなるよね。だから日本だと授業サボったり、居眠りしたりするんだよね。

⑤スキンヘッドのヒロイン銃撃事件生き残りの高校生エマ・ゴンザレス

井上さん:パークランドでエマ・ゴンザレスさんが演説していたじゃないですか?自分で訴えかけなければならない状況に追い込まれているっていう状況に心が痛みました。

池上さん:彼らの訴えはこの世界から銃を無くそうっていう話じゃないんですね。彼らは銃をやめましょうではなくて、なんでも気軽に手に入るようにしないで、全米レベルで気軽に買えないようにしてください、という訴えなんだよね。日本では銃をなくせっていう運動をしていると勘違いされているのが多いですよね。それでも全米ライフル協会から献金をもらう政治家がたたないですよね。ライフル協会の人たちがそれぞれの地区の候補者に「銃を規制しなければならないと思いますか?」というアンケートをとるんですね。そのアンケートを元に銃規制に賛成ではない候補の悪口をCMでかけたりするんだよね。それを見てしまうと、候補者は銃を規制すべきだって言えないんだよね。たまにいるんだけど、それは次の選挙にもうでない人が言っていたりするんだよね。劇中でもライフル協会から献金をもらうのやめてくださいと追求された若い新進気鋭っぽい候補者が困った顔していたよね。

と池上さんが投げかけると、

井上さん:ほんと!新次郎さんみたいな人が困っていた!

と興奮気味で答えていた。

映画情報どっとこむ ralph 司会者:2020年にトランプの再選はありえますかね?

井上さん:私はこの選挙制度が変わらない限り、同じことが繰り返されるのではないかと思います。

と、すると

池上さん:今選挙するとトランプさんが圧勝しますね。2020年までに民主党から素晴らしい対立候補が出てきたらいいですけど、そうでもなければトランプ大統領再選の可能性がありますよね。

と話した。ポンポンと質問を投げかける井上さんに、

池上さん:すごいですね〜。将来有望ですね。びっくりしました。ここまでちゃんとお話されるとは。”額賀派の分裂”という言葉が出てきた段階でしびれましたね。まあちょっと渋いけど。(笑)日本のことよく知っているわけだから、アメリカのことにも興味持つんだよね。

との発言が。そこで、井上さんをミレニアル世代代表として『華氏119』の宣伝隊長に任命することに!”「華氏119」宣伝隊長”と書かれたタスキが池上さんから井上さんに渡された。タスキを渡されて
井上さん:頑張りますー!

は、力強く意気込んだ。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

井上さん:私たちの世代でもトランプさんはぶっ飛んでいるという印象はあると思うんですけど、一体何をしているんだと分かると、外国のニュースが面白くなるんじゃないかなと思うので、観て欲しいです。

井上さん:今回の映画ではトランプがなぜ当選したのか、実はそこには民主党がだらしがないから、民主党が支持を失っているから、そしてそこにはオバマ大統領の責任もあると描いているところが非常に衝撃的ですよね。だからこそ次の中間選挙で何が起きるのか見る必要があるのではないかと思います。大統領選挙が期末テストだとすると、中間選挙は学校の中間テストのようなもの。これまでの2年間の仕事ぶりに関して評価されるのが中間選挙です。

と池上さんがここでも”分かりやすく”解説し、イベントは幕を閉じた。


華氏119
原題:Fahrenheit11/9

大ヒット作『華氏911』から14年 ― 今度はあの第45代アメリカ大統領トランプとの対決が始まる!2016年7月にはマイケル・ムーアはエッセイの中で、この暗黒時代を既に予測。当選後もトランプ大統領による炎上ツイッター、虚言暴言やスキャンダルで政権はカオス状態に。それにも関わらず、米国だけでなく世界に影響を及ぼし続けている。更に取材を進めるうちに終身大統領になるという背筋も凍る妄想を天才的な狡猾さで実現しようとする真実などが暴かれていく!政治家も、メディアも、そしてあなたも、みんなトランプの術中にはまっている!?ムーア節炸裂!まさかのチェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント上陸!

***********************************

監督:マイケル・ムーア 『華氏911』

出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ
配給:ギャガ  
2018/アメリカ/カラー/5.1chデジタル
©2018 Midwestern Films LLC 2018


池上彰が字幕監修 マイケル・ムーア監督『華氏119』本ポスター&ショート予告編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph マイケル・ムーアの最新作 『Fahrenheit 11/9(原題)』が邦題 『華氏119』として11月2日 TOHOシネマズ シャンテ他にて全国緊急公開が決定致しました。 ムーアが挑む今度の相手はなんと、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプ。タイトルの “119“とは、トランプの大統領当選が確定し勝利宣言をした[2016年11月9日]を意味し、過去作『華氏911』に呼応したタイトルとなっている。


そして、今回は!
本ポスターとショート予告映像が解禁されました!

マイケル・ムーア監督とトランプ大統領のイラストが印象的なこのポスター。ヘッド・コピーには「この映画が公開されればトランプ王国は必ず崩壊する」というムーアの意気込み、そして主演:ドナルド・トランプの標記とボディー・コピー「トランプのからくりすべて見せます」からは、米政府の‘トランプ’劇場の裏側を暴こうとするムーアのジャーナリスト気質を伺わせるメッセージが伝わってきます。

ショート予告映像は前回解禁された予告映像よりさらに過激さが増し、冒頭は「マイケル・ムーア砲、トランプ直撃。」というテロップが流れ、どこかが爆撃される映像からスタートします。「世界はトランプの思い通りに進んでいる?」「政治家もメディアもそしてあなたも彼に操られている!!」と、“まさかトランプを笑っていた自分が操られている?”と見ている人をドキッとさせる文句が続きます。そこで「彼を止められるのはもはやムーアだけ」という言葉とともに、昨年ワシントンで行われたウィメンズ・マーチでトランプ大統領が取り上げられた新聞をビリビリに破くマイケル・ムーア監督が満を持して登場。

「この映画が公開されれば、トランプ王国は必ず崩壊する」、とムーア監督の自身たっぷりの言葉で予告映像は終わります。
また、ジャーナリストの池上彰さんに本作の字幕監修を担当していただくことが決定いたしました!選挙特番などで誰よりも分かりやすく視聴者に国内外の政治を解説してきた池上彰さん。作品の背景、前提となっているアメリカの政治情勢や時事ネタをより正しく伝えるため、その分野に精通している池上さんに監修していただくこととなりました。池上さんが、ムーア監督が描く“アメリカ”をどんな言葉で日本の人々に伝えるか乞うご期待ください!


映画情報どっとこむ ralph 華氏119
原題:Fahrenheit11/9
11月2日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー


2016年7月、大統領選のさなか「大統領選にトランプが勝利する5つの理由」というエッセイを書き、その予測を見事に的中させたムーア。

本作ではトランプ大統領糾弾に留まらず、政治経験のないリーダーが生み出していく悲劇、前大統領のオバマの真実や対立候補者であったヒラリーの失敗、更に本当は少数派であるはずのトランプ支持者がアメリカの意思となっていく<カラクリ>を鋭く暴き出していきます。<なぜ、こうなった?>を誰よりも理解しているムーアが描くこの暗黒時代の光とそのメッセージとは?果たして11月の中間選挙に一撃を与える事はできるのか?命がけチェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント、いよいよ日本上陸です!

<STORY>
2016年11月9日、トランプは米国大統領選の勝利を宣言-その日、米国ひいては世界の終りは始まった?!
なぜこうなった?どうしたら止められる?ムーア節炸裂!まさかのチェンジ
***********************************

監督:マイケル・ムーア 『華氏911』
出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ
配給:ギャガ
2018/アメリカ/カラー/5.1chデジタル
©2018 Midwestern Films LLC 2018