「菊地健雄」タグアーカイブ

山本剛史、染谷将太監督登壇!「監督 染谷将太」特集上映トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 一昨日 16 日(土)より渋谷ユーロスペースにて「監督 染谷将太」特集上映が一週間限定でスタートしました。本特集上映は、俳優として幾多の話題作に出演する染谷将太が、監督として制作された短編をまとめて上映するものです。とある一組の男女のすれ違う一日を描いた『シミラー バット ディファレント』(2013)。実在するかも分からない川瀬陽太演じる中年の男と、染谷将太が演じる若者が隅田川付近を漂流する『清澄』(2015)。

そして、今回が初上映となる、ある施設の警備員の不可思議な一日をめぐる、虚構と現実が交差する『ブランク』(2017)。
昨日 17 日(日)は上映後に『ブランク』主演の山本剛史、そして染谷将太監督よるトークショーが開催されました。

「監督 染谷将太」特集上映トークイベント
日時:1 月 17 日(日)
場所:渋谷ユーロスペース
登壇:山本剛史、染谷将太監督
MC:菊地健雄

映画情報どっとこむ ralph 俳優・染谷将太の短編作品群をまとめて上映する「監督 染谷将太」特集上映が渋谷ユーロスペースにて現在開催中だ。
本日は、今回初上映となる『ブランク』の主演、山本剛史と染谷将太監督が上映後に登壇した。

まず制作の経緯を問われ
染谷監督:過去に制作した『シミラー バットディフェレント』、『清澄』は特に誰から頼まれたわけでもなく、親しい友人たちと作った作品だったのですが、今回は山口情報芸術センター[YCAM]からの依頼で制作された作品です。条件として、山口県で撮影するシーンを最低1シーン以上入れること、あとは自由と言われて引き受けました。

と語った。継いで

染谷監督:ロケハンに行ったら、その山口情報芸術センター[YCAM]がとても面白い場所だったので、ここを撮影場所にしようと。そうすると、施設内を巡回している警備員がいて、その後ろに白タイツの男がつきまとっているという漠然なアイデアがうまれました。

と語った。シナリオはそのアイデアを基にして、染谷の妻である女優の菊地凛子が脚本にまとめたものだと言う。

司会から染谷に、山本剛史を主演に据えた理由を問われると、

染谷監督:この謎の役を演じられるのは、山本さんしかいないとはじめから思っていました。

と顔をほころばせて回答した。対する山本さんはオファーを受けて、

山本さん:何かの間違いじゃないかと思うくらいびっくりしたし、普通の映画のオファーより緊張しました。

とその時の感想を述べた。また、

山本さん:染谷くんに殴られるシーンがあるんだけど、ふりができないから、本当に殴ってくれと言ったら、本番でこつん、と優しくやってくれて、優しいなと。
と、染谷監督の人柄が垣間見えるエピソードも印象的だった。

映画情報どっとこむ ralph 司会の菊地健雄は、今回の3作品すべてに監督補として参加し、自身も『ディアーディアー』や『体操しようよ』などの監督作品もあるが、

MC菊地:僕らは物語に縛られがちで、とにかくドラマを撮ろうとしてしまうけれど、染谷監督の場合は、場所と人物から自由に発想していく感じ。結果どうなろうと恐れていない大胆さがある。

と染谷作品の特徴を語った。それを受けて

染谷監督:今回に関しては、人物の起承転結は考えていたけれど、完成したものがどうなるかは、あえて考えず作っていました」と通常の映画とは異なる自由な発想で制作したことを明かした。

最後に・・・

染谷監督:俳優をやりながらも、こうやってなんだかんだ作品を撮り続けていくことができて、それを支えてくれる周りのスタッフ、そして観てくれる方がいて、本日は感無量です。

と喜びをにじませながらにこやかに語りトークショーは終了した。


「監督 染谷将太」特集上映はユーロスペースにて連日 19 時より 22 日(金)まで開催中。

なお、最終日の 22 日(金)は、3作品で音楽を担当した渡邊琢磨と染谷将太監督のトークが予定されている。

『ブランク』
染谷将太監督作『シミラー バット ディフェレント』『清澄』を併映

『シミラー バット ディフェレント』

『清澄』
2月16日 ( 土 )〜22(金)渋谷ユーロスペースにて1週間限定上映中!


***********************************


『ブランク』
監督:染谷将太
脚本:菊地凛子
出演:山本剛史、染谷将太
2017 年/26 分/カラー
配給:ミックスヴォイス


草刈正雄 定年お父さん大奮闘!ジャージ&牛の着ぐるみまで“モ~”大変!『体操しようよ』


映画情報どっとこむ ralph 『復活の日』、『汚れた英雄』,『湾岸道路』の激カッコいい!から30数年。

NHK大河ドラマ「真田丸」での“男前だけど・・・・。

お茶目”キャラで人気急上昇の草刈正雄が7年ぶりの映画主演でも話題の「体操しようよ」。

定年退職後、ラジオ体操を通じての仲間作りに果敢(?)に挑むシングルファーザー佐野道太郎(60歳 通称ミッチー)。

妻に先立たれ18年、娘と二人三脚で円満な家庭を営んできたつもりが、娘から「佐野家の新しい主夫は、お父さんです!」とエプロンを手渡され家事デビュー。

さらに娘には結婚を考えている恋人がいたことも知り、ショックを受ける。

定年後の“自由”に戸惑いつつ、ひょんなことから地元でラジオ体操デビュー。個性豊かな体操会会長、子供やご近所さん、そしてみんなに愛される体操会のマドンナ、様々な世代の人々と関わり、新たな世界を知り変わっていく…。

そんな大奮闘の草刈さんをとらえた場面写が到着!

①一緒にラジオ体操に向かう父娘(草刈正雄、木村文乃)
②定年退職の送別会で酔っ払ってしまい、公園でうっかり眠ってしまった道太郎(草刈正雄)が、翌朝、ラジオ体操会ののぞみ(和久井映見)と出会うシーン。はじめて、地元のラジオ体操会を知るシーンでもある。
③“便利屋”の仕事を得て、約30歳年下の同僚 馬場薫(渡辺大知)と牛の着ぐるみを着て、肉屋の店頭販促をする道太郎(草刈正雄)。体操会会長で便利屋の社長でもある神田(きたろう)はボーイスカウト姿で、ふたりに牛の鳴き声を伝授。

映画情報どっとこむ ralph 思わず応援したくなってしまう天真爛漫なスター・草刈正雄の魅力を引き出したのは注目の新鋭・菊地健雄監督(『ハローグッバイ』『望郷』)。

体操しようよ

公式サイト:taiso-movie.com


物語・・・
38年間無遅刻無欠勤、真面目だけが取り柄の会社員・佐野道太郎(草刈正雄)。18年前に妻を亡くし、しっかり者の娘・弓子(木村文乃)と2人暮らし。定年退職後「これからは自由に生きるぞ!」と意気込むものの、実際には何をしていいのか途方にくれ、しかも一人娘の弓子から「佐野家の新しい主夫は、お父さんです!」と宣言され家事担当に。ある日地元のラジオ体操会に参加したことで人生の風向きがかわっていく。体操会のマドンナのぞみ(和久井映見)に胸ときめかせ、彼女からの紹介でラジオ体操会会長の神田(きたろう)が営む便利屋の仕事を得て、年下の同僚で天文マニアの馬場薫(渡辺大知)と、地域の人々の様々な依頼を不器用ながらも取り組むことに。
何事にも一生懸命だけど不器用な道太郎が、周囲から叱咤激励されながら人生を謳歌していく。
***********************************

監督:菊地健雄
脚本:和田清人、春藤忠温
出演:草刈正雄 木村文乃 きたろう 渡辺大知/和久井映見
製作 :『体操しようよ』製作委員会(ポリゴンマジック パレード 東急レクリエーション 朝日新聞社 ハピネット 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ ADKイオンエンターテイメント)

企画:パレード
製作プロダクション:ポリゴンマジック
配給:東急レクリエーション
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
撮影支援:千葉県
(c)2018「体操しようよ」製作委員会
     


草刈正雄主演「体操しようよ」木村文乃らメインキャスト発表


映画情報どっとこむ ralph 草刈正雄が7年ぶりの映画主演。定年退職後、ひょんなことからラジオ体操を通じての仲間作りに果敢(?)に挑むシングルファーザー佐野道太郎(60歳 通称ミッチー)を取り巻く新キャストが発表となりました。
道太郎の娘・弓子役には『羊の木』『伊藤くんAtoE』などの映画から数多くのCM出演など大活躍の木村文乃さん。真面目だけが取り柄で38年間無遅刻無欠勤だった堅物な父を、母が亡くなってから、健気に支えてきたしっかり者だが、そろそろ結婚の兆しが。一人残される父の今後を思い、「お父さんが今日から佐野家の主夫です!」と若干スパルタ気味に家事を覚えさせます。草刈さんとは初共演ながら、時に衝突し、時に互いを気遣う父と娘を演じています。

木村さんコメント:(父)道太郎さんと(娘の)弓子さんのやりとりのような、不器用でも、知らんぷりしながらでも、愛おしいと感じて動いたり相手に伝えたりすることがとても好きです。この映画は、特に大人になった親子にご覧いただきたいです。大人になった子供は自分の親に、「人生を楽しんで生きてくれたらいい」ことをなにより望んでいるんだ、と届いたらいいなと思います。

映画情報どっとこむ ralph 毎日をなんとなく過ごしていた道太郎がひょんなことから参加する体操会のマドンナ・のぞみ役にはNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の名演が記憶に新しい実力派女優 和久井映見さん。老若男女問わず体操会の人気者だが、ときおり寂しげな表情をみせるのぞみに道太郎は次第に恋心を抱くように。草刈さんとはドラマ「動物のお医者さん」(テレビ朝日)以来15年ぶり2度目の共演。

和久井さんコメント:脚本の父と娘の話、そしてまわりの人達との様々な出来事がそれぞれに影響し合いながら進んでいくかんじが好きでした。現場では、監督、スタッフの皆さんの、仕事に向かわれる中で生まれてくる空気に、何度も背中を押していただいたり、引っ張り上げていただくような感覚がありました。皆さんとの笑いながらの撮影の日々、とっても楽しかったです。この作品の中にある、たくさんの喜怒哀楽、思いやり、人とのつながり、ぜひ多くの方にご覧いただきたいです。


また、のぞみの人生の転機を作り、明るく、ゆるく、体操会をひっぱる会長役には名バイプレーヤーきたろうさんが扮している。

きたろうさんコメント:脚本を読んで、「ラジオ体操」という地味なテーマが、素直に人の心を打つ、さりげない感じが素敵だなと思いましたが、撮影中も、小さな役の人も、大きな役の人も、みんなでいい作品にしよう!というチームワークが素晴らしかった。人と人が、実際に会ったり、喋ったりすることが、どんなに素晴らしいか。そしてそれが人生なんだと感じてくれたら、うれしいです。


道太郎がバイトする便利屋の同僚・薫役には、バンド「黒猫チェルシー」のボーカルでありながら『勝手にふるえてろ』など近年俳優としても活躍の場を広げる渡辺大知さん。便利屋でバイトしている、ふらふらした若者かと思いきや、杓子定規な見方をする道太郎に一言物申す骨のある青年を好演しています。

渡辺さんコメント:脚本は、親子の絆であったり、人と人との関わり方を、楽しくも切実に描かれていて、とても好感を持ちました。ぼくは主演の草刈正雄さんとのシーンが多かったのですが、草刈さんの立ち姿、特に物語るような背中がカッコよくて見惚れてしまいました。人間が持っている色んな煌めきに出会える映画になっていると信じております。

映画情報どっとこむ ralph 会社と家しか知らなかった道太郎に新しい世界の扉を開けさせる個性豊かな面々を、人気、実力ともトップクラスの俳優陣による豪華競演が実現した。

定年退職後、生きがいを見つけられずにいた道太郎が、公園のラジオ体操会に参加する様々な人々と出会い、新たな世界を知り、また人生を謳歌していく姿を時に笑わせ、時に涙とともに描いたのは、『ディアーディアー』『ハローグッバイ』で熱狂的なファンを増やしつつある菊地健雄監督。

菊地健雄監督のコメント:人生100年時代の今、60歳はまだ若いほうになりますが、定年、こどもの結婚など変化も多くなります。道太郎は新しい世界に飛び込み、周囲の人に励まされ、時に叱られ、知らず知らず変わっていき、魅力を増していきます。父の第一歩を促す娘の弓子を演じた木村さんとは助監督時代にご一緒していて、芯の強い部分がこの役にとても合っていると思い今回出演をお願いしました。和久井さんは年齢を重ねても透明感を失なわないところが体操会のマドンナにぴったりでした。道太郎のメンターともなる体操会会長のきたろうさんは、撮影現場でもムードメーカーとなってくださりとても助けられました。また道太郎の30歳年下の同僚を演じた渡辺さんはミュージシャンであり、監督経験もお持ちなので、独特のお芝居をみせてくれました。第二の人生に差し掛かるリアル世代のご夫婦はもちろんのこと、その世代のご両親をお持ちの若者世代にも楽しんでもらえたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph 草刈正雄さんからのコメント:

この年になって、道太郎のような新しいタイプの役柄に出会えて嬉しかったです。撮影現場も明るく穏やかで心地よく、共演者の方々と一緒に楽しく力まず自然に演技ができて、この映画にとてもあっている気がしました。人生何かを始めるのに遅すぎることはない、人はいつからでも変われると、この映画を通して感じました。

一人一人に対して

木村さん:意思の疎通がとってもよく取れて、無理なく芝居に取り組めました。心は本当の親娘でした!

きたろうさん:この作品にすごくノッてくれていてアドリブも入れてくるのですが、僕の演じた道太郎は真面目なので、真面目に返すことしかできませんでした(笑)

渡辺さん:音楽をやっている方はお芝居の勘がやっぱりいいですね。とてもナチュラルで感心します。

和久井さん:好きな女優さんで、また共演したいと思っていたので、非常に嬉しかったです!

と、コメントされています。
体操しようよ

映画の完成は8月。

公開は11月9日(金)全国ロードショー。

公式サイト:
taiso-movie.com



***********************************

ラジオ体操制定90周年
監督:菊地健雄/脚本:和田清人、春藤忠温
出演:草刈正雄 木村文乃 きたろう 渡辺大知/和久井映見
製作 :「体操しようよ」製作委員会(ポリゴンマジック パレード 東急レクリエーション 朝日新聞社 ハピネット 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ イオンエンターテイメント)/
企画:パレード/製作プロダクション:ポリゴンマジック/配給:東急レクリエーション
助成:文化庁文化芸術振興費補助金  撮影支援:千葉県
©2018「体操しようよ」製作委員会


草刈正雄 主演「体操しようよ」 ティザービジュアル完成 定年退職後のNEW人生は!


映画情報どっとこむ ralph 南極ロケに挑んだ超大作『復活の日』、ゴージャスなレーサーを演じた『汚れた英雄』から30数年。

NHK大河ドラマ「真田丸」での“男前だけどお茶目”キャラの国民的スター草刈正雄が本格的映画主演を果たすことに!

それが映画『体操しようよ』。

役柄は意外にも、定年退職し「はじめての家事」「地域デビュー」に果敢(?)に挑むシングルファーザー・佐野道太郎(60歳 通称:ミッチー)。

妻に先立たれ18年、娘と二人三脚で円満な家庭を営んできたつもりが、娘から「佐野家の新しい主夫は、お父さんです!」とエプロンを手渡され家事デビュー。さらに娘には結婚を考えている恋人がいたことも知り、ショックを受ける。定年後の“自由”に戸惑いつつ、ひょんなことから地元でラジオ体操デビュー。個性豊かな体操会会長、子供やご近所さん、そしてみんなに愛される体操会のマドンナ、様々な世代の人々と関わり、新たな世界を知り変わっていく…。


思わず応援したくなってしまう天真爛漫なスター・草刈正雄の魅力を引き出したのは注目の新鋭・菊地健雄監督(『ハローグッバイ』『望郷』)。

公開されたビジュアルは、ジャージ姿の草刈が戸惑いながらもラジオ体操をする姿。第二の人生を右往左往と模索するお父さんの、笑いと涙ありの爽快ムービー。いくつになっても、肩書がなくなっても、心の扉を開けて人は幸せになれる―!日本人なら誰しもが子供の頃に経験したことのあるラジオ体操を通じて、家族と自分の人生を見つめなおす主人公の姿には、勇気と元気がもらえます。


ラジオ体操制定90周年

体操しようよ

公式サイト:taiso-movie.com

***********************************

監督:菊地健雄/脚本:和田清人、春藤忠温
製作 :『体操しようよ』製作委員会
企画:パレード
製作プロダクション:ポリゴンマジック
配給:東急レクリエーション
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
©2018『体操しようよ』製作委員会

 


『望郷』貫地谷しほり・大東駿介登場 冒頭シーンをたっぷり5分間初公開


映画情報どっとこむ ralph 湊かなえ先生の累計・50万部突破のベストセラー小説「望郷」が、主演に貫地谷しほりと大東駿介を迎え、完全映画化が新宿武蔵野館にて公開中。

菊地健雄が監督を務め、出演陣には貫地谷しほりさん、大東駿介さん、木村多江さん、緒形直人さんら、実力派俳優が名を連ね、親子の感動ミステリーが誕生しました。

この度、本編より、幼馴染である夢都子と航が故郷の島で再会を果たす冒頭シーンが解禁。

生まれ育った故郷に縛られる夢都子(貫地谷しほり)と、亡き父に確執を抱えたまま成長し、地元の島に戻ってきた航。二人はこの島で育ったかつての同級生だった。夢都子は家庭を持つ母になり、航は中学校の教師として地元の中学校に勤務。久しぶりに再会を果たした二人は、子供の頃の思い出を語り合ううちに、それぞれが抱えている自身の家族との関係性を見つめ直すところから物語が始まる。

映画情報どっとこむ ralph
湊かなえ「望郷」は原作者の湊かなえ先生が、自身の地元である因島を舞台に書いた小説。

撮影は、実際に因島を含む瀬戸内海地方の島で行われた。

菊地健雄監督の演出のもと、菊地監督とのタッグは3回目になるカメラマンの佐々木靖之さん(『ディストラクション・ベイビーズ』、『PARKS パークス』)が切り取る、都会にはない、時間がゆっくりと過ぎているような感覚を覚える映像美と閉塞感。

そんな島の景色と雰囲気も見どころです。

望郷初日舞台挨拶過去記事:

貫地谷しほり 大東駿介 木村多江 緒形直人 登壇!「望郷」初日舞台挨拶の模様はこちらで確認

映画情報どっとこむ ralph 望郷

全国拡大上映中!

公式サイト:
bokyo.jp
公式Facebook:
@bokyomovie/
公式Twitter:
@bokyo_movie

物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
主題歌:moumoon「光の影」(avex trax)
制作・配給:エイベックス・デジタル
2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch
©2017 avex digital Inc.