「菅田将暉」タグアーカイブ

映画『火花』菅田将暉と桐谷健太が歌う「浅草キッド」MV 独占GYAO!無料初配信開始!


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を、お笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路の手によって映画化された映画『火花』。
主題歌は菅田将暉と桐谷健太が歌う、ビートたけしの名曲「浅草キッド」。

15日より楽曲の配信が各社音楽配信サービスにおいて開始され、そして本日、GYAO!にて期間限定の独占無料配信で二人が歌う「浅草キッド」のミュージックビデオの映像が解禁となりました!映画の公開に先駆け、本編の未公開映像や、二人のレコーディング風景なども盛り込まれた貴重な内容のミュージックビデオに仕上がってます!

そして!

映像配信サービス「GYAO!」さんから、MVフルバージョンを共同製作し、本日より独占無料初配信することが決定しました。

「浅草キッド」ミュージックビデオ(4分12秒)

視聴URL

映画情報どっとこむ ralph いよいよ公開間近となった映画『火花』。菅田将暉と桐谷健太が力強く歌い上げる「浅草キッド」のミュージックビデオを見てから映画を観るとより楽しめること間違いなし!

映画『火花』

11月23日(木・祝) 全国東宝系にてロードショー!
hibana-movie.com

漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年【徳永】を『帝一の國』や『銀魂』の大ヒットも記憶に新しい若手No.1俳優・菅田将暉が演じ、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人【神谷】をテレビ・ドラマで大活躍の演技派俳優・桐谷健太が演じることでも話題沸騰の本作!

ヒロイン【真樹】には話題作への出演が続く女優・木村文乃、さらに【徳永】と漫才コンビ「スパークス」を組む【山下】役には川谷修士(2丁拳銃)、【神谷】と漫才コンビ「あほんだら」を組む【大林】役には三浦誠己といった二人がキャスティングされ、本格的な漫才シーンにも大注目です!

***********************************

出演:菅田将暉 桐谷健太

木村文乃
川谷修士 三浦誠己 加藤諒 高橋努 日野陽仁 山崎樹範

監督:板尾創路
脚本:板尾創路 豊田利晃

原作:又吉直樹「火花」(文春文庫刊)

主題歌:「浅草キッド」作詞・作曲:ビートたけし
歌:菅田将暉×桐谷健太
Ⓒ2017「火花」製作委員会


菅田将暉 x 土屋太鳳『となりの怪物くん』新キャスト発表&コメント!特報も!


映画情報どっとこむ ralph 初めての友達、恋、キス、ケンカ、三角関係…。何もかもが「初めて」同士の二人を中心とした、まっすぐだけど不器用な登場人物たちの心を繊細に描いた作品で、単なる高校生同士の恋愛という枠を超えたヒューマンドラマが、女子高生だけではなく、多くの女性から支持を集めています。そんな物語のW主演には・・・

主演の一人で行動予測不能な“怪物”で問題児・吉田春役に菅田将暉さん。

勉強第一で「冷血女子」のヒロイン・水谷雫役に土屋太鳳さん。

いま最も勢いのある若手トップ俳優と女優が映画初共演を果たします。監督を務めるのは映画『君の膵臓をたべたい』などの大ヒットメーカー月川翔です。

さらに今回、物語を彩る新キャストが発表となりました!
吉田春の兄・吉田優山役に、日韓合作主演映画『風の色』や『曇天に笑う』の公開が控える古川雄輝さん。

春の幼馴染で、後に春のライバルになる・山口賢二(通称:ヤマケン)役に『亜人』や『HiGH&LOW』シリーズなど話題作への出演が絶えない山田裕貴さん。

超絶美少女だが訳あって男子が大嫌い・夏目あさ子役にモデル・女優と幅広く活躍し、初主演映画『一礼して、キス』も公開したばかりの池田エライザさん。

雫への思いを知りながらも次第に春に惹かれていく・大島千づる役に大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』では主演を務め、「ららぽーと」のCMも話題の若手実力派女優・浜辺美波さん。

春と雫のクラスメイトで野球部員・佐々原宗平(通称:ササヤン)役に『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズや、公開を控える映画『honey』、放送中のドラマ「陸王」でも話題沸騰中の佐野岳。みんなを見守る春の従兄・三沢満善(通称:みっちゃん)役に、「MOCO’S キッチン」での華麗な料理姿がお馴染みの速水もこみちさん。

映画情報どっとこむ ralph そして公開日も2018年4月27日(金)に決定いたしました!

今回解禁された特報映像では、今まで見たことのない“初めての菅田将暉さん”と“初めての土屋太鳳さん”の姿を垣間見ることができ、今後二人を中心として様々な登場人物がどのように繋がり、物語が展開していくのか…期待が高まる映像となっています。


映画情報どっとこむ ralph またキャスト陣計8名の劇中カットとコメントが到着しました。

キャスト コメント!

菅田将暉さん/吉田春
イケメンで、天才だが、予測不能な行動で周囲から怖がられる“怪物”。友達0人。高校では入学早々上級生に暴力をふるい、不登校に。父と兄にも見捨てられ、学校では誰も近寄ってこない。しかし、雫と出会ったことがきっかけで、他人の温もりを知っていく。

【菅田将暉さんからのコメント】
ピュアすぎる春と雫だからこそ、社会から浮いて見えてしまうという物語の構図がとても今らしい漫画だと思いました。春は、すごく素直で、人との関わり方の中で大事な何かが欠けているキャラクターですが、一方で何かを埋めるためにふるまう笑顔が印象的です。それは、もしかしたら本来必要ないものかもしれない。そこに春の可愛さと哀しさを感じながら演じました。そして土屋さん演じる雫を、春というキャラクターがどれだけ笑顔にできるか、笑わせられるかを意識しました。土屋さんはまっすぐで素敵な方で、素直な部分がすごく雫と合っていました。一瞬の美が詰まっていて、まさに「青春」な作品になっていると思います。


土屋太鳳さん/水谷雫
高校1年生。勉強第一の冷静かつ淡白な“氷の女”。友達0人。不登校だった吉田春にプリントを届けたことで懐かれ孤立していた学校生活が騒がしくなっていく。始めは春の予測不能な行動に戸惑っていたが、次第に異性として心惹かれていく。

【土屋太鳳さんからのコメント】
「自分は、社会の中でどう生きていけばよいのだろう」「大切な人に、どうすれば本当の自分を伝えることが出来るのだろう」…原作が描く様々なテーマは私自身が抱える疑問でもあって、読めば読むほど言葉が心に刺さります。この深く繊細な世界を果たして表現出来るのか、その挑戦はやはり難しく、撮影は永遠に続く迷路のようでもあり、また一瞬の出来事のようでもありましたが、何よりも印象的だったのは、菅田さんの春が、あまりにも春だったこと。その野性溢れる優しい背中を追いながら、雫として生きた日々でした。力不足ではありますが、この作品を扉として何を伝えるべきかを意識して挑みました。受け取っていただけたらと願っております。


古川雄輝さん/吉田優山
春の兄で、大学生。過去の出来事をきっかけに春からは嫌われている。スイーツが大好き。

【古川雄輝さんからのコメント】
原作を読んだときに感じた、優山特有の雰囲気を出せればと思って役作りをして撮影に挑みました。撮影現場も温かい雰囲気で、楽しく撮影させていただきました。春と雫の恋愛模様はもちろんのこと、彼らを取り囲むユニークなキャラクターを原作と同様、みんなで生き生きと演じたのでそこも楽しみに観ていただきたいです!


山田裕貴さん/山口賢二
通称:ヤマケン。お坊ちゃん学校、海明学院に通う。春とは元同級生で、春を変えた雫に興味を持ち、次第に惹かれはじめるが…。

【山田裕貴さんからのコメント】
原作でも本当に魅力的なキャラクターであるヤマケンを演じるプレッシャーは、それは凄かったんですが、映画のヤマケンもいいぞと言ってもらえるように演じたつもりです。現場も和気あいあいと楽しく過ごすことができました。様々な恋愛と青春の形が原作にも出ているし、それがちゃんと映画にも出ていると思います。登場キャラクターの誰に感情移入できるか是非、楽しんでください!


池田エライザさん/夏目あさ子
超絶美少女ゆえ、男子に惚れられては女子の友達を失い、今では男子嫌いに。ネットの世界がすべてだったが、春と雫と友達になる。

【池田エライザさんからのコメント】
夏目の可愛いらしいところと、意地を張っている部分は、私の中にもある部分だったので、夏目を通じて私自身のことを考えるきっかけにもなりました。同世代が多かったこともあって、現場の空気感が本当に良くて、楽しい撮影の毎日でした。
キャラクターの一人ひとりが生き生きとしていて、悩んでいて、その部分を月川監督には丁寧に切り取っていただいたので、映画を観た方に対して、何かの答えになっている作品になったと思います。


浜辺美波さん/大島千づる
春と雫の隣のクラスの学級委員長。春の雫への一途な思いを知りながらも、春に惹かれて…。

【浜辺美波さんからのコメント】
以前から原作を読んでいたので、現場でその世界観や実際に動いているキャラクターたちにいつもワクワクしていました。私の演じた大島は、素直で必死な子。演じていてより大好きになったキャラクターです。人を想いながら学生生活を過ごしていくなかでの人間関係や、掛け合いがとても面白い作品になっていると思います。


佐野岳さん/佐々原宗平
通称:ササヤン。春と雫のクラスメイトで野球部員。誰とでも仲良くなる、明るくさわやかな性格。過去のある出来事で春に借りがあって…。

【佐野岳さんからのコメント】
原作を読んで、ササヤンは縁の下の力持ちキャラだと思っていたので、その感じが出せればと思って演じました。同世代の方が多く、現場もすごく楽しく過ごすことができました。僕自身、少女漫画原作の作品はあまり経験がないのですが、ほかの作品とは少しテイストの違う、恋愛要素だけではない、人と人とのつながりを大事にした作品になっていると思います。どうぞご期待ください!


速水もこみちさん/三沢満善
春と優山の従兄で、春の実質の保護者。みんなのたまり場、ミサワバッティングセンターの店長。

【速水もこみちさんからのコメント】
若手の俳優陣を見守る役どころは、今まで演じたことがなかったのですが、新鮮でしたし、楽しめました。周りのキャラクターたちの成長を見守ることができ、撮影もとても楽しかったです。セットも大がかりでありながら細部にまでこだわったセットになっていて、その中で心置きなく演技に集中できました。観ていただく方は、それぞれのキャラクターに共感できる部分が多いと思いますし、それだけ見どころの多い作品になっていると思います。

映画情報どっとこむ ralph となりの怪物くん

2018年4月27日(金)

映画公式サイト:
http://tona-kai.jp

物語・・・
行動予測不能な超問題児の春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。
二人は高校1年生の4月、
雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。
それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白!
はじめは無関心だった雫も、やがて春の本当の人柄に触れて、次第に心魅かれていく。
そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。
初めての友情、初めての恋愛。
そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も勃発!?
果たして、春と雫の恋の行方は?
一方、春と兄の優山(古川雄輝)、いとこ従兄のみっちゃん(速水もこみち)との間に隠された過去の秘密とは…?

***********************************

菅田将暉 土屋太鳳
古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳
佐野史郎 / 速水もこみち

撮影期間:2017年5月下旬~7月上旬
企画・製作:東宝
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝

となりの怪物くん
原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「デザート」刊)
監督:月川 翔
脚本:金子ありさ
音楽:林ゆうき

©2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社


菅田将暉x桐谷健太 映画『火花』×551蓬莱 コラボ


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品「火花」。
その「火花」を原作者・又吉の先輩でもある板尾創路がメガホンをとり、主演・菅田将暉、桐谷健太で映画化することが決定しました。


そんな映画「火花」と大阪名物として知らない人はいない「551蓬莱」との奇跡のコラボが実現しました!

本作はお笑いの世界を全力で生きる二人の姿を描いた作品。その生き生きとした姿が映画ポスターの二人の笑顔に表されています。この二人の笑顔、どこかで見たことがある・・・ そう「ある時~!!」のCMでお馴染みの吉本興業所属芸人のなるみさんと株式会社蓬莱 常務取締役・田中一昭さんの笑顔にそっくりではないでしょうか!
映画情報どっとこむ ralph なんと今回、主演二人の出身地が大阪ということもあり、地元大阪を代表する企業である「551蓬莱」がコラボのオファーを快諾。お笑いといえば大阪ということもあり、大阪を代表する企業とのまさにピッタリのコラボが実現しました。完成したポスタービジュアルを見て、監督の板尾創路さんは「又吉に頼んで、小説『豚饅』を書いてもろたらええやん!」とコメント。お笑いのご当地・大阪での大ヒットを予感させるコラボポスターは11月12日(日)より「551蓬莱」42店舗にて掲出が開始されます。

また、当コラボにともない、「551蓬莱」では11月12日(日)から12月10日(日)、同42店舗にて映画公開記念プレゼントキャンペーンを実施します。

【プレゼントキャンペーン内容】 
上記の期間中、プレゼントキャンペーン実施店舗にて1,000円以上お買い上げの方に応募用紙を配布。必要事項を記入し応募して頂いた方の中から抽選で映画「火花」プレスシートもしくは映画「火花」特製すべらないメモ帳をプレゼント。
(各10枚ずつのご用意)
※各店舗、応募用紙が無くなり次第終了とさせて頂きます。

映画HP:
551蓬莱HP:

映画情報どっとこむ ralph 映画「火花」

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を作って欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。
その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。
しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

2017年11月23日(木・祝)全国東宝系にてロードショー

***********************************

原作:又吉直樹「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)
出演:菅田将暉、桐谷健太、木村文乃、川谷修士、三浦誠己ほか
配給:東宝
Ⓒ2017『火花』製作委員会


映画『火花』山形国際ムービーフェスティバルに 板尾創路監督が登場!


映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんの初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を自身もお笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路さんの手によって映画化された、映画『火花』が11月23日(木・祝)より公開となります。

そして先日完成披露試写会が行われ感動の声が続々と寄せられ始めている中、11月10日(金)から開幕した第13回山形国際ムービーフェスティバルに『火花』が招待作品として参加しました!

第13回山形国際ムービーフェスティバル招待作品『火花』
11月10日オープニングセレモニー
11月11日上映舞台挨拶
登壇:板尾創路監督

映画情報どっとこむ ralph 前回の映画祭でもNetflix版の「火花」全10話を3日間に亘り上映するなど『火花』の応援体制が整っていることから今回の映画祭への参加が決定。

今回、スタッフ・キャストを代表して10日に実施されたオープニングセレモニーと本日の舞台挨拶に板尾創路監督が登場。

監督が特別上映に駆け付けたファンと一緒に映画を鑑賞したいとのことで急遽、客席で映画を鑑賞することに。

MCの呼び込みで客席から舞台上に登壇すると大きな歓声が上がり・・・

板尾監督:今回は客席でお客さんと一緒に観たので、それぞれのリアクションに注目して観ていました。隣に座っていたおばさんが笑ってくれていて嬉しかったです。山形にはドラマの撮影や、若いころの舞台公演でも何度か来たことがあります。昔、ドラマで山形のさくらんぼ農家の役をやったのですが山形の方言があまりにも難しくて…。でも、すごく親しみやすい、かわいらしい方言だなというイメージがあります。昨日も山形の名産である玉こんにゃくを食べて、本当においしかったです。映画祭の実行委員のかたも本当に日本映画を盛り上げようとしてくれている素晴らしい人たちばかりで、来年になったらすぐにでも山形を訪れたいです。

『火花は』自分でも観るたびに感動するタイミングが変わる映画だと思っています。今日はエンドロールで映画に出演してくれた、たくさんの芸人たちの名前が出てくるのを観て泣きそうになりました。なので1回といわず、2回、3回と楽しんでいただければ光栄です。

映画情報どっとこむ ralph 映画を観た山形のファンからも板尾監督に大きな賞賛の拍手が送られ、映画『火花』の感動の波が今、日本中に広がります!

映画『火花』

11月23日(木・祝)全国東宝系ロードショー


物語・・・

若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に
「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。

その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。
しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。

***********************************

出演:菅田将暉、桐谷健太 木村文乃 川谷修士、三浦誠己、加藤 諒、高橋 努、日野陽仁、山崎樹範

原作:又吉直樹著「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)


『火花』ロケ地吉祥寺駅前広場のイルミネーション点灯式に板尾創路監督登場!


映画情報どっとこむ ralph ピースの又吉直樹の初純文学作品にして、<第153回芥川賞>受賞作「火花」を自身もお笑い芸人であり、映画監督でもある板尾創路の手によって映画化された、映画『火花』が11月23日(木・祝)より公開となります。

そしてに『火花』で徳永と神谷がともに才能を磨き合った街、吉祥寺にて駅前広場のイルミネーション点灯式が開催されました!
今回、吉祥寺が映画『火花』のロケ地であったことから武蔵野市とのコラボが実現!駅前広場のイルミネーション点灯式にスタッフ・キャストを代表して板尾創路監督が登場しました!

吉祥寺駅前広場のイルミネーション点灯式
日付:11月3日(金・祝)
ゲスト:板尾創路監督

映画情報どっとこむ ralph 会場に集まった200人の観客と一緒にカウントダウンを行い、高さ13mの巨大ツリーをはじめ、吉祥寺の駅前のイルミネーションがきらびやかに輝くと大きな歓声が上がりました。

今日11月3日は武蔵野市制70周年の記念すべき日で、吉祥寺駅前広場のイルミネーションは昭和62年(1987年)の吉祥寺駅前広場の完成を機にスタートし今年で31年目を迎えます。徳永と神谷のように夢を追いかける若者たちの街・吉祥寺の夜を、今年は“火花”のような温かみのあるイルミネーションが照らします!

板尾創路監督コメント
「こうしたイルミネーションの点灯式に参加するのは初めてだったのですが、無事に点灯して本当に良かったです。映画『火花』は原作の舞台が吉祥寺ということで撮影でも何度か足を運ばせてもらいました。吉祥寺は若い人が多くて元気で楽しそうな原作のイメージ通りの街だと感じています。駅前の交番で徳永(菅田将暉)と神谷(桐谷健太)が待ち合わせをするシーンを撮影したのですが、やはり人気者の二人ということでギャラリーが増えてしまったのを見て、警察の方が撮影の合間に二人を交番の奥にかくまってくれました。吉祥寺は本当にいい人が多い街だなぁと思いました。勇気がもらえる、心が温かくなる本当にいい作品が撮れたと思っております。特に漫才シーンで感動できると思うので、吉祥寺オデヲンでも公開されますので是非、ご覧になっていただければと思います。」

映画情報どっとこむ ralph 11月23日(木・祝)全国東宝系ロードショー

物語・・・
若手コンビ「スパークス」としてデビューするも、まったく芽が出ないお笑い芸人の徳永(菅田将暉)は、営業先の熱海の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。神谷は、「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露。それに魅了され、徳永は神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、「俺の伝記を書いて欲しい」と頼む。その日から徳永は神谷との日々をノートに書き綴ることに。

その後徳永は、拠点を大阪から東京に移した神谷と再会。毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも仲良くなり、仕事はほぼないが才能を磨き合う充実した日々を送るように。

しかし、いつしか2人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める―。


漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年【徳永】を若手No.1俳優・菅田将暉が演じ、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人【神谷】を演技派俳優・桐谷健太が演じることでも話題沸騰の本作!ヒロイン【真樹】には話題作への出演が続く女優・木村文乃、さらに「漫才コンビのツッコミ役は、ボケ役よりも高度なお笑いの技術が要求されるため、経験者を入れたい」という板尾監督のこだわりにより、【徳永】と漫才コンビ「スパークス」を組む【山下】役には川谷修士(2丁拳銃)、【神谷】と漫才コンビ「あほんだら」を組む【大林】役には三浦誠己といった二人がキャスティングされ、本格的な漫才シーンにも注目が集まっています。

***********************************

原作:又吉直樹著「火花」(文春文庫 刊)
監督:板尾創路(『板尾創路の脱獄王』、『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃(『青い春』、『クローズEXPLODE』)
出演:菅田将暉、桐谷健太
木村文乃
川谷修士、三浦誠己、加藤 諒、高橋 努、日野陽仁、山崎樹範