「菅田将暉」タグアーカイブ

TOSHI-LOW(BRAHMAN)生歌披露!そして菅田将暉の・・・『あゝ、荒野』後篇初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 寺山修司が、唯一遺した傑作小説を『二重生活』の岸善幸がメガホンをとり再構築し映画化。菅田将暉とヤン・イクチュンをW主演に迎えた『あゝ、荒野』は現在前篇が絶賛公開中、後篇が10月21日(土)に公開となりました。

期待が高まる後篇の公開初日、上映後の舞台挨拶に菅田将暉と岸善幸監督が登壇します。さらにかねてより寺山修司のファンであり、主題歌「今夜」を手がけたBRAHMANのボーカル・TOSHI-LOWも駆けつけ花束贈呈!なんとサプライズで弾き語りで今夜を熱唱!
監督と菅田さんのやり取りも抜群な、とても良い舞台挨拶となりました。
日時:10月21日(土)
会場:新宿ピカデリー
登壇:菅田将暉、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、岸善幸監督

映画情報どっとこむ ralph 菅田さん:朝早くからありがとうございます。個人的には、この雨と寒さはは荒野っぽいなと。

監督:1年前にヤンさんの誕生日をやってあれから1年。ようやく完結の後篇を観ていただける。嬉しいです。

釜山での好評を受けて

菅田さん:ヤンさんの力もすごくあります。海外の方は素直なので、良い悪い、僕のことを知らない人たちが観てくれるあの環境はいいなと思いました。新鮮!言語は違えど・・・伝わるものは伝わるなと感じました。
監督が感想をすぐ言わないのを観て

菅田さん:この方、監督ですからね。新宿のその辺から連れてきたおじさんじゃないんですよ!

監督:・・ヤンさんの母国でできたのはよかったですね。Q&Aは鋭くて これからの励みになります。

と、答えました。

映画情報どっとこむ ralph 1年前の撮影では

監督:歌舞伎町に5時に集まって、菅田君走ってね!何テイクもしました

菅田さん:歌舞伎町は人がいなくなるまで待たなきゃいけなくて、通り沿いに隠れて、新宿らしいお店の看板と寝てる人もいっぱいいたし。リアル新宿でした。西新宿のビル街は、見通しが良くて色々見えて、太陽を消すようなビルがあって。そこを走ってるのが・・・荒野だなと。
監督:カラスが出てきますが、背後からカラスがくるの。菅田将暉カラスまで呼ぶのか~と思いました。、

監督;新宿は猥雑で新旧があって。取り込もうと思いました。新宿の夜景とかビル群の撮影はこのビル。新宿ピカデリーの屋上で撮ったんです。聖地巡礼はできないですが・・・。

へーと見上げる菅田さん。


ボクシングシーンは5日間で撮り終えたそうで山田君との戦いは2日間、ヤンさん3日間続けて撮ったそうでなんと菅田さんは当然ながら5日間ぶっつづけ。

菅田さん:その状況を観て山田裕貴が「人を超えたね」って讃えてくれました。

プロより過酷だと言われてたそう。
菅田さん:試合前は炭水化物抜きでささみ食べてましたけど、試合始まってからはOKで、最終日朝方まで撮った日に『地味にスゴイ』も撮ってて、身体が発熱していて高熱になってました!ちょうど校閲ガールでなく高熱ボーイになってました。たまにがいいですね。ああいう撮影は。

と、笑いながら、大変だったエピソードを語りました。また、新宿のおじさんこと岸監督を
菅田さん:岸さんのかっこいい瞬間があって、ボクシング僕もやると・・・と言っていたのに、このおじさんやってないな。と思ってたんですけど。実はボクシングを始めて辛さを知ると、心配で早くカットをかけちゃうので、作品のためにはあえてわからないようにしてたと。トレーナーに聞いて、カッコいい監督だなと思いました。
拍手!

映画情報どっとこむ ralph ここで、主題歌「今夜」を手がけたBRAHMANのボーカル・TOSHI-LOWが花束をもって贈呈。

TOSHI-LOWさん:寺山修司原作を監督がとても丁寧に紐解いたなと。とても正解の一つだと。

菅田さん:映画は映像だけで終わるのでなく、最後まで、映画館にいて余韻を感じたい曲だなと思いました。
ラジオで流させていただいてるんですが、若い人たちもかっけーってなってたんで!

TOSHI-LOWさん:ホント!?俺んとこ届いてない!

ここで、「強引だな!嫌だな」と言いながらも生で「今夜」を披露!

菅田さん:ぼくはこのまま寝たいです。

TOSHI-LOWさん:出来たらこの歌ライブで歌って!
続けて、本作を観て

TOSHI-LOWさん音楽が一番カッコいい表現だと思ってきたのですが、映画観て・・自分でびっくりしたのは・・・木下あかりのおっぱいよりも、菅田将暉のお尻をずっと見てしまった。そして・・探してしまいました!(めっちゃ拍手)役者ってかっこよいんだなと。思いました。カッコいいです菅田将暉!
これには、観客の皆さんも共感していた様子でした!

映画情報どっとこむ ralph 「あゝ、荒野」公開中!!!!

かつて、母に捨てられた新次(菅田将暉)は兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなある日、彼らは仲間の裕二らにより襲撃されてしまう。そして2021年新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は劉輝を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。一方、同じ新宿で吃音(どもり)・赤面対人恐怖症に悩む”バリカン”こと建二(ヤン・イクチュン)はいつも通り床屋の ッシュ配りをしていると、ひょんなことから新次と共に″片目“こと堀口からボクシングジ へと誘われる。言われるがままボクシングジ を訪れた2人は、それぞれの想いを胸にト ー ングを始める。新次はボクシングで裕二への復讐を果たすため。バリカンは内気な自分を捨てるため。試合を重ね、徐々に名を挙げて行く新次に対し特別な感情を抱くようになっていく建二。そのさなか、新次は宿敵・裕二との戦いに挑む。一方、バリカンもまた大きな決断を下し、新次との関係が変わろうとしていた…。

***********************************

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア ほか

原作寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎 主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
制作・配給:スターサンズ
制作プロダクション:テレビマンユニオン
R15+
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ
    


菅田将暉&ヤン・イクチュン『あゝ、荒野』 釜山国際映画祭レポ!


映画情報どっとこむ ralph 10月7日より前篇が絶賛公開中の『あゝ、荒野』が昨日・10月14日(日)、韓国・釜山で開催 されている第22回釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門に正式出品し、W主演を務めた菅田将暉さん、ヤン・イクチュンさん、そして監督の岸善幸さんが、野外でのグリーティングイベント(Meet&Greet)、公式記者会見、上映後Q&Aに参加しました。

まるで歓迎されてい るかの様に現地は快晴。
現地時間夕刻、BIFF Village(ビフ ヴィレッジ)と呼ばれる海雲台(ヘウンデ)海水浴場の海岸をバックに設置された映画祭公式の特設ステージで行われた、野外でのグリーティングイベントは、約2,000人と多くの観客でたいへんな賑わいをみせ、ス テージへ向かう花道には多くの映画ファンが待ち構え、登壇する菅田ら3人に歓迎の声を かけた。ファンの歓声に応えるように手を振る3人の姿も見られた。

映画情報どっとこむ ralph 釜山国際映画祭が初めての国際映画祭への参加となる

岸監督:アニョハセヨ。韓国のヤン・イクチュンさんと、日本の菅田将 暉さんと、とても激しく面白い映画を撮りました。ぜひ楽しんでください。

と挨拶。続き
ヤン・イクチュンさん:こんなに大勢の観客の 方が集まっていただいてありがとうございます。韓国ではあまりない5時間の作品ですが、スクリーンでぜひごらんください。

と挨拶。

母国開催の映画祭に本作で参加できたことに感慨もひとしお。映画『ピンクとグレー』(15)以来2年ぶりに釜山入りした菅田さんからは

菅田さん:アニョハセヨ。以前この場所には奇抜な格好で来たので、今回は割と落ち着いて、ちゃんと大人になって帰ってきまし た。大人の映画です。楽しんでください。

と一言ずつ挨拶。

菅田さん、岸監督が韓国語で「こんにちは」と挨拶すると、現地の熱狂的なファンたちの黄色い歓声が上がる一面もみられた。 ヤンが自分の役どころについて

ヤンさん:私の本当の性格は臆病で繊細、ウサギのような性格なのでバリカンと似てますね

と述べると、

菅田さん:絶対ウサギではない。豚とかゴジラ!ヤンさんの演技はいつもこちらの想像を超えていて撮影現場に緊張感を与えていました。

と、一方でみんなを笑わせる現場のアイドルでもありました。

菅田さん:外国の 撮影現場でうまくやるには笑わせるしかなかったんです!」と言って観客の笑いを誘った。 その後、本作の見どころでもある”ボクシングシーン”そして”青春”に絡めトークを展開し、最後に岸監督は「二人が体を鍛えに 鍛えたのも見所ですが、もうひとつ。見事なラブストーリーとなっております。ぜひみなさん観てください。」 と話し、菅田は「ヤン さんに日本に来てもらってばかりだったので、僕らもこうやって韓国に来られてよかったです。また戻って来られるように頑張っ て面白い映画を作っていきます。『あゝ、荒野』ぜひ観てください。よろしくお願いします。」と締めの挨拶をして野外ステージイベ ントは終了。

映画情報どっとこむ ralph 続き、海外メディア参加の公式記者会見と取材をこなし、GCV Centum City内の劇場で観 客とのQ&Aに応じた。
上映後の会場ということで、約300人収容の劇場は異様な熱気に包まれ、3人の登場に喜びで涙を見せる観客も。いくつかの質問があり「映画の中に対照的 なものがたくさん登場するが監督はどの様に考えているか」について質問されると、

岸監督:ヤンさんが演じたバリカンは言葉がうまく出ず、新次は口より先に手が出てしまう。 実は二人とも人と繋がること、コミュニケーションを取るのが苦手なキャラクターで、対照 的に見えるかもしれませんが、実は根っこにあるものは同じ。そういったことを念頭に置き ながら演出しました。

と制作時の裏側を語った。


最後の挨拶で

菅田さん:韓国のお客さんは知的だなと思いました。文化も人も違うからこそ、純粋に映画と人との(良い)距離感 があって。またこうやって釜山の土地に戻って来たいなと思いました。

と海外映画祭ならではのコミュニケーションを楽しみ 会場を後にした。ちなみに、映画祭期間中のチケットは全てソールドアウト。

『あゝ、荒野』の世界デビュー戦は大成功を収めた。なお、本作は今年から新設された「キム・ジソク特別賞」にノミネートされており、受賞発表は現地時間10月21日(土)を予定しています。

前篇 絶賛公開中、10月21日(土)より後篇 新宿ピカデリーほか全国公開
HP: kouya-film.jp

***********************************

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア ほか

原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎 主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
制作・配給:スターサンズ
制作プロダクション:テレビマンユニオン
R15+
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ


小栗旬「菅田将暉のいつものオーラが全くない。」と絶賛。『銀魂』コメンタリー


映画情報どっとこむ ralph 2017年11月22日(水)に実写化した映画『銀魂』 のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始。
また、10月25日(水)よりデジタル先行配信開始となります。

プレミアム・エディションには、メイキング&インタビュー、イベント映像集、本編ではやむなくカットされたシーンやNGシーンの他、 豪華映像特典として、主演の小栗旬と福田雄一監督によるコメンタリー(※)が収録されます。 先日行われたコメンタリーの収録の模様をレポートが届きました。

※ブルーレイ プレミアム・エディションにはビジュアルコメンタリー、DVD プレミアム・エディションには音声のみのオーディオコメンタリーを収録
収録した日は小栗さんが主演、福田監督が演出を務めるミュージカルが公演中だったため、

小栗さん:今『銀魂』のコメントと言われても難しい (笑)

と不安を漏らしながらも息の合ったやり取りの収録に。

冒頭から、小栗さんがオープニングタイトルの「PASSION」という曲で歌声を披露したシーンで2人は大爆笑。

小栗さん主演のミュージカルを演出していた 福田監督は歌声について、

福田監督:この一ヶ月で成長したね。(この時は)声ブレブレだよね。

とコメント。

小栗さん:俺、『PASSION』今だったらもうちょい上手く歌えると思う。

とノリノリで返し、小栗の歌声の話題で盛り上がった。

映画情報どっとこむ ralph その後、本編が進むにつれて、所々2人が作品に観入って無言になってしまう場面も。今まではコメンタリーで延々と喋っていられたと いう福田監督も、

福田監督:面白いから普通に観たい(笑)

と思わず漏らし、監督自ら夢中になって鑑賞。


そんな中でも、福田監督と小栗さんの口からは様々な撮影の裏話が飛び出し、豪華キャスト陣については一人一人の話題に及んだ。志村 新八を演じた菅田将暉さんについては、

福田監督:菅田くんはほんとに上手くいってるなぁ。

小栗さん:菅田将暉のいつものオーラが全くない。

と絶賛。

沖田総悟を演じた吉沢亮さんが小栗さんと初絡みのシーンでガチガチに緊張し、カットがかかる度に福田監督の元に来てウロウロしていたという事や、岡田似蔵を演じた新井浩文さんが撮影時にポケモンGOに熱中し、待ち時間はポケモンを探しに行っていた事などを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph また、12 年ぶりの映画出演が話題となった堂本剛さんについて、小栗さんとの共演が17 年前のドラマ 「Summer Snow」で兄弟役を演じて以来だったため、(敵対する役での)久しぶりの共演は不思議な感覚だったという。

そんな 小栗さんと堂本さんが待ち時間に何を話すのか気になったという福田監督は、

福田監督:待ち時間もイヤホンをつけて会話を聞いていた。

と告白!!!

本編が終わりに差し掛かると、

福田監督:もう終わりかー。面白かった~

小栗さん:この(エンドロールで流れる本編の)ダイジェスト版 見ているだけで面白いもんなぁ…。

と監督・主演らしからぬコメントを口々に発し、最後までいち観客としても作品を満喫していた。 監督と主演も夢中になって楽しんでしまう映画『銀魂』は 11 月22 日(水)にブルーレイ&DVD リリース、10 月25 日(水)に デジタル配信開始です。

映画情報どっとこむ ralph
2017年 11月 22日(水)ブルーレイ&DVD リリース

【初回仕様】ブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組)※映像特典、商品仕様、ジャケット写真等は予告無く変更となる場合がございます。 品番:1000697622/価格:
¥7,990+税/本編:131 分/映像特典:約 260 分
【映像特典】 <本編ディスク>●ビジュアルコメンタリー ●予告編集 <特典ディスク>●メイキング・オブ 銀魂(メイキング&インタビュー):坂田銀時篇/志村新八篇/神楽篇/土方十四郎篇/岡田 似蔵篇/沖田総悟篇/村田鉄子篇/平賀源外篇/志村妙篇/桂小太郎篇/武市変平太篇/来島また子篇/村田鉄矢篇/近藤勲篇/ 高杉晋助篇/銀時 VS 高杉篇 ●イベント映像集:ジャパンプレミア舞台挨拶(福田監督・小栗旬・菅田将暉・橋本環奈ほか)/ 中高生限定試写会舞台挨拶(福田監督・小栗旬・ムロツヨシ)/初日舞台挨拶(福田監督・小栗旬・菅田将暉・橋本環奈ほか) /大ヒット御礼舞台挨拶(福田監督・菅田将暉・阪口大助 ☆「W新八」夢の競演!)●未公開映像&NGシーン集●予告編集 <初回仕様>★豪華ビジュアルブック(32P)★三方背スリーブケース(ホログラムシルバー仕様)★デジパック仕様 ★キャラクターカードセット 15 枚組(ムビチケサイズ)

【初回仕様】DVD プレミアム・エディション(2 枚組) 品番:1000698080/価格:¥6,990+税/本編:131 分/映像特典:約 140 分 <本編ディスク>【音声特典】●オーディオコメンタリー(音声のみ)【映像特典】 ●予告編集 <特典ディスク>※特典ディスクの収録内容と初回仕様はブルーレイ プレミアム・エディションと同様です。

【3000 セット限定生産】ブルーレイ スチールブック仕様 品番:1000698081/価格:¥6,490+税
<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2 枚組) 品番:1000697621/価格:¥5,990+税 ■ブルーレイ 品番:1000697624/価格:¥4,990+税
DVD 品番:1000697625/価格:¥3,990+税


2017年 10月 25日(水) デジタル先行配信開始
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会
***********************************



菅田将暉、ヤン・イクチュン ボクサースタイルで登壇に照れる!『あゝ、荒野』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 寺山修司先生が、唯一遺した小説を『二重生活』。
菅田将暉とヤン・イクチュンをW 主演で岸善幸監督がメガホンをとり再構築し映画化した『あゝ、荒野』が 10月7日(土)前篇、10月21日(土)後篇2部作連続公開となります。

公開初日である10月7日。上映前に、菅田将暉さん、ヤン・イクチュンさん、木下あかりさん、山田裕貴さん、木村多江さん、 ユースケ・サンタマリアさん、高橋和也さん、岸善幸監督が登壇して初日舞台挨拶を行いました!

『あゝ、荒野』初日舞台挨拶
日時:10 月 7 日(土)
会場:丸の内ピカデリー
登壇者:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、山田裕貴、木村多江、 ユースケ・サンタマリア、高橋和也、岸善幸監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中、木下あかりさん、山田裕貴さん、木村多江さん、 ユースケ・サンタマリアさん、高橋和也さん、岸善幸監督が登壇。

ゴングと共に映し出された短い映像で、隣に座っていた記者がすでに込み上げてくるのがあると・・・
それだけ、この映画観る者を熱くすること請け合いの作品。

W主演の菅田将暉さん、ヤン・イクチュンさんが居ません!すると客席後方から

青コーナー:バリカンケンジ!ヤン・イクチュンさんがボクシングのガウンをまとって登場!大歓声!!

続きまして、赤コーナー:新宿シンジ!菅田将暉さんが登場!さらなる大歓声!!!

ステージに上がると
菅田さん:恥ずかしいね。役者って駄目だね。
ヤンさん:もっとハジュカシイね。

菅田さん:今日はお越しいただきまして、ありがとうございます。本編では照れずにやってます!
ヤンさん:観ていただければ、エネルギーの渦に巻き込まれますよ!
と、主演のお二人の挨拶からイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph ユースケさん:二人のシャドーボクシングをみて。去年の夏。あの日々がよみがえって、泣くのを我慢するのに必死です。今日前編みると後編も観たくなります!そして、11月私が出ています「ジャスティスリーグ」宜しくお願いいたします!!!(笑)

と、会場を沸かせます。
木村さん:この映画本当に激しく、愛がぶつかり合う。観終わると放心状態になる映画です。楽しんでください。

木下さん:公開まで、まだまだ時間があるなと思っていたら、いつの間にか今日になってしまいました。ちょっと寂しいです。が、ただただうれしいです。

高橋さん:みんなで夢中になって作った映画です。最後までどこに連れていかれるかわからないような映画です!覚悟して観て下さい。

山田さん:参加していてても衝撃の作品。役を生きたなと思えるものとなりました。皆さんの心を揺さぶってノックアウト間違いなしだと思います。
菅田さん:今日(の衣装)ジェダイっぽくね?素手で戦う映画なのに!

岸監督:今日はお越しいただきありがとうございます。美しい肉体をさらけ出して、ボクシングシーンも激しく、濡れ場も激しい作品になっています。個人的には愛を感じてもらえればと思います。ラブストーリーです。

映画情報どっとこむ ralph ここで、YES、NOグローブが配られ質問コーナーに。。。しかし菅田さんすぐ壊してしまうハプニングが!

Q1.全編・後編で5時間の長尺になると思ってましたか?

半々!ヤンさんは長くなると思っていなかったそうで・・・

ヤンさん:1本の映画になると思っていて、撮影の途中で知りました!
菅田さん:3か月撮影してたんだからね。そもそもこれだいぶカットしてますからね。70時間以上撮ってます。

ユースケさん:65時間どこ行ったんだ?もったいないないなって、お話ですよ(笑)

木田さん:初めての作品がこれ、衝撃的です!


Q2・シンジとバリカンどっちがタイプ?恋愛的に。

これも半々の回答に。木村さんは決めかねてます!

木村さん:シンジは息子ですから愛してやまない。でもバリカンは助けてあげたくて。両方好き!

木下さん:役としても、木下あかりとしてもシンジです。引っ張って行かれるの方がいいです。
シャワーシーンが大好きなヤンさん。菅田さんを触りまくったそうで

ヤンさん:好きです。

と、公開告白!

菅田さん:そういえば、この映画ヒロインが二人なのかもしれません。芳子とバリカンと(笑)。

Q3.このメンバーで続編を創りたい?

ユースケさん以外はYES

ユースケさん:この続編は無粋です。このメンバーで仕事はしたいですが、『あゝ、荒野』はダメ。

岸監督:プロデューサーと相談します。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

ヤンさん:この映画を観たら心が一杯になると思ます。
菅田さん:この映画が完成して、スタッフさん・宣伝さん。かかわった多くの方の想いが熱い作品です。平成の時代でもそういう輪が出来る作品です。


『あゝ、荒野』

寺山修司先生の聖地、ネオンの”新宿”に交錯する運命と青春。
ボクシングを通して現代の孤独に挑む若者の魂の叫びが、闘うことでしかつながることのできない二人の絆が、青春映画の歴史を塗り替える!

10 月 7 日(土)前篇、10 月 21 日(土)後篇 新宿ピカデリー他2部作連続公開
HP: kouya-film.jp

***********************************

出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア ほか
原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎 主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
制作・配給:スターサンズ
制作プロダクション:テレビマンユニオン
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ
R15+
配給:スターサンス


菅田将暉 ファンはキュン死に注意!『あゝ、荒野』特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 寺山修司さんが、唯一遺した傑作小説を『二重生活』の岸善幸監督がメガホンをとり再構築し映画化。

ダブル主演に菅田将暉さんと名優ヤン・イクチュンさんで綴る『あゝ、荒野』が 10/7(土)前篇、 10/21(土)後篇二部作連続公開となります。

そして!!!!!

この度、後篇ポスター&<新次とバリカンの日常>特別映像が公開となりました!

後篇ポスターは、新次(菅田将暉)とバリカン(ヤ ン・イクチュン)が鍛え上げられた肉体で、互いだけを見つめ合いリング上で対峙。添えられた”振り向くな、後ろには夢がない。”という言葉の天才・寺山の一 節が、闘うことでしかつながることのできない二人の決闘、魂の叫びをより想起させるビジュアルとなっています!

映画情報どっとこむ ralph あわせて新次とバリカンの仲の良さが垣間見える特別映像が公開です。

撮影時には監督もカメラも現場に入らず、菅田さんとヤンさんの二人だけで撮影したものなので、かなり素っぽいです。

ジムのリングでスパーリングする様子やトレーニング中の食事風景。
バンテージを巻きながらふざける新次の姿、共に暮らす ユースケ・サンタマリア演じるトレーナー堀口の部屋に忍び込み女性からもらった花束で湧き立つ二人。

「兄貴!」と連呼する新次(菅田将暉)の顔にキュン死しそう!注意報発令です!


新宿の片隅で生きる主人公二人のアナザーストーリーをイメージさせる映像となってます!

映画情報どっとこむ ralph あゝ、荒野

は、10 月 7 日(土)前篇、10 月 21 日(土)後篇 新宿ピカデリー他2部作連続公開です。

HP: kouya-film.jp

物語・・・
かつて、母に捨てられた新次(菅田将暉)は兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなあ る日、彼らは仲間の裕二らにより襲撃されてしまう。そして 2021 年新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は劉輝 を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。

一方、同じ新宿で吃音(どもり)・赤面対人恐怖症に悩む”バリカン”こと 健二(ヤン・イクチュン)はいつも通り床屋のティッシュ配りをしていると、ひょんなことから新次と共に″片目“こと堀口から ボクシングジムへと誘われる。言われるがままボクシングジムを訪れた2人は、それぞれの想いを胸にトレー ングを始める。 新次はボクシングで裕二への復讐を果たすため。

バリカンは内気な自分を捨てるため。試合を重ね、徐々に名を挙げて 行く新次に対し特別な感情を抱くようになっていく建二。

そのさなか、新次は宿敵・裕二との戦いに挑む。一方、バリカン もまた大きな決断を下し、新次との関係が変わろうとしていた…。

***********************************


出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン 木下あかり モロ師岡 高橋和也 今野杏南 山田裕貴 河井青葉 前原 滉 萩原利久 小林且弥 川口 覚 山本浩司 鈴木卓爾 山中崇 でんでん 木村多江 ユースケ・サンタマリア
原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫)
監督:岸 善幸
撮影:夏海光造
脚本:港岳彦/岸善幸
音楽:岩代太郎
主題歌:BRAHMAN「今夜」(NOFRAMES recordings/TOY’S FACTORY/TACTICS RECORDS)
企画・製作:河村光庸
製作:瀬井哲也 四宮隆史 宮崎伸夫 宇野康秀 山本浩 植田実
エグゼクティブ・プロデューサー:石井紹良 堤天心
プロデューサー:杉田浩光 佐藤順子
共同プロデューサー:行実良 中村優子 飯田雅裕
制作・配給:スターサン
制作プロダク ン:テレビマンユニオン
©2017『あゝ、荒野』 フィルムパートナーズ