「菅田将暉」タグアーカイブ

趣里 x 菅田将暉 熱演!映画『生きてるだけで、愛。』関根光才監督、新人監督の登竜門「新藤兼人賞」銀賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 『異類婚姻譚』で第 154 回芥川賞を受賞、小説家・劇作家・演出家としてマルチに活躍する本谷有希子氏の、芥川賞・三島賞候補作となった傑作小説
『生きてるだけで、愛。』が待望の映画化、現在大ヒット上映中です。

キャストには、主演の趣里をはじめ、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗ら実力派俳優が集結し話題に。すでに映画を観た観客からは、「趣里の壮絶な演技に心揺さぶられた」「間違いなく日本映画の新たなる傑作」など、SNSを中心に絶賛の声が続出しています。

この度、本作でメガホンをとった関根光才監督が、優れた新人監督に贈られる「新藤兼人賞」にて銀賞を受賞しました!

『新藤兼人賞』金賞・銀賞は、「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」というプロデューサーの観点で選考を行う“日本で唯一の個性を持つ新人監督賞”です。

「今後の日本映画界を背負う人材を育てたい」という映画製作者達の思いから1996年に創設され、日本のインディペンデント映画の先駆者である故・新藤兼人監督を呼称にいただいた本賞は、今年で23回目を迎えます。

授賞式は12月7日(金)正午より開催いたします。

映画情報どっとこむ ralph 生きてるだけで、愛。
大ヒット上映中!

公式サイト:http://ikiai.jp



今を懸命に生きる、不器用な男女の真っ直ぐでエモーショナルなラブストーリー。

生きてるだけで、ほんと疲れる。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木。そこへ津奈木の元カノが現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、二人の関係にも変化が訪れるが……。

***********************************


出演:趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲 里依紗

原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
監督・脚本:関根光才
製作幹事:ハピネット、スタイルジャム
企画・制作プロダクション:スタイルジャム
配給:クロックワークス
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会


趣里・菅田将暉ら「だけで愛なものは?」『生きてるだけで、愛。』公開記念舞台挨拶 


映画情報どっとこむ ralph 本谷有希子先生の傑作小説を、映像作家・関根光才監督が映画化した『生きてるだけで、愛。』が、11月9日(金)より全国公開となりました!

そして、その公開を記念して、趣里さん、菅田将暉さん、仲里依紗さん、西田尚美さん、そして関根光才監督が登壇して舞台挨拶が行われました。


『生きてるだけで、愛。』公開記念 舞台挨拶 
日付:11月10日(土) 
場所:新宿ピカデリー
登壇:趣里、菅田将暉、仲 里依紗、西田尚美、関根光才監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられて、登壇したキャストと監督。

関根監督:今日は、映画館に足をお運びいただきこんな思い映画を選んでいただきありがとうございます。もちろん皆さん晴れやかな顔をされているので、すごくうれしいです。何か届くものがあったのかなと思っています。感無量です。

趣里さん:今日はお忙しい中ありがとうございます。昨日初日を無事迎えられてよかったなと思っています。一人一人に見た感想聞きたいところです。無理かぁ~。

菅田さん:今日はありがとうございます。短い時間ですがよろしくお願いいたします。

仲さん:今日はお天気が良くてうれしいです!

西田さん:今日はよろしくお願いします!

と、それぞれご挨拶。

趣里さんと菅田さんの演じた役について

趣里さん:一見表現の仕方が激しいですが。人間何かしら持っているのではないかと私は共感できた役でした。受けともてもらっていたような気がします。
菅田さん:そうだね。お互いね。知らず知らずのうちに受け止めあってて、知らず知らずのうちに拒否しあってる。そんな感じだよね。
と、いう二人の言葉に、多くのお客さんがうなずいていました。


趣里さんの演技を見て

菅田さん:楽しかったですよ。走ってる姿とか・・綺麗だなと。

趣里さん:走ってました!アドレナリン出て。菅田さんはこのままで。ですので、私もこのままで演じさせていただけました。


仲さんの役ははユニークで面倒みの良い役。

仲さん:最初本を読んで大変だなと思いました。結構不思議なマインドを持ってるので、つかみずらかったですが楽しかったです。なんだろ・・あまり考えないで演じました(笑)役作りはって聞かれますが・・
現場でシャー!ってやるタイプなんです。家帰ったら子育てあるし!

と、語ります。

菅田さん:仲さんとはほとんどシーンなかったんです。
仲さん:そう、真夜中に、おはようございます!ってあってすぐ、お疲れ様みたいなね。

と、軽い感じで話すお二人ですが、このシーンが肝でもある。

趣里さん:リアルな反応が画面に出ていると思います。圧倒されたんです。

菅田さん:気まずかったよね。寒いし・・・。

と、屋上のシーンを語ります。

趣里さん、仲さんが行くカフェで優しく受け止める西田さんに対し

菅田さん:あんな優しいカフェあるんですね。行きたかった!

西田さん:菅田さん一度も来てくれなかったんです!主人も優しい(笑)癒しのカフェ。
と、ちょっと残念そうな西田さん。続けて

西田さん:自由奔放な二人がうらやましかったですね。自分を出せるのはいいなと。趣里さんの演技凄い。こんなことでね。勢いあって怖かったです。途中のシーンは別撮りなんで。

と、裏エピソードも明かしてくれました!

映画情報どっとこむ ralph ここで、映画タイトルに合わせて

これだけで愛!なものを発表!
関根監督:【ひととちがうだけで、愛。】
まさにこの作品のテーマとも言える回答で会場からも拍手喝采。劇中に登場する登場人物もみんな変わっているとして、あらためて映画への思いを滲ませた。

西田尚美【すするだけで、愛。】
大の面類好きとしても知られる彼女は

西田さん:麺をすするだけでなんて幸せな時間なんだろうと思えるし、すすることが大好きなんです!

と振リップを持って熱弁。

菅田さん:本当に幸せそうにすするよね!

と言うほどの麺類愛を明かしてくれました。

仲 里依紗【健康だけで、愛。】
仲さん:健康ってお金で買えないし、日頃の行いだから。健康で、無駄な時間を過ごさないことが愛だなと思って。

と笑顔でコメント。

菅田将暉【焼売には辛子だけで、愛。】

登壇者たちの回答を見ながら「間違えたな…」と照れ臭そうにしていた菅田さん。いざ自分の番になると、最近スタッフたちの間で話題になったという「焼売には何をかけるか」論争について、

菅田さん:俺は辛子だけなんで!

と宣言。これに対し、趣里さんと西田さんは「辛子酢醤油」、仲さんは「酢醤油と柚子胡椒」と答え、最終的に

菅田さん:焼売は人それぞれなんですよ。

とまとめると、会場からも笑いと拍手が溢れ意外な盛り上がりを見せていた。

趣里【おひとり様だけで、愛。】
趣里さんは、食事や旅行など、ひとりで行動することが好きだそうで興味津々の菅田さん。

趣里さん:それがあればいろんなことが考えられるし、今隣にいない人のことも考えていられるし、そういう時間が好きです!

と、“おひとり様”行動の大切さをコメント。客席にもひとりで参加した観客が何人もいることがわかると、「ありがとうございます!」と思わず笑顔をのぞかせた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・

関根監督:沢山の方に見てもらえてうれしいです。昨日から公開、皆さんに見ていただけたことが何よりの喜びです。
趣里さん:今日はありがとうございます。人生は、楽しいことばかりだけじゃなくて、変えたくても変えられない、辛いこと苦しいこと。人には言えないこともあると思います。誰かとつながってる一瞬があるということで明日に向かっていけるのかなと思いました。今日はありがとうございました。


『生きているだけで、愛。』

は公開中!

公式サイト:
http://ikiai.jp

***********************************

出演:趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲 里依紗
監督・脚本:関根光才 原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
製作幹事 :ハピネット、スタイルジャム  
企画・制作プロダクション:スタイルジャム
配給:クロックワークス
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会 


菅田将暉 ・ 土屋太鳳 『となりの怪物くん』月川翔監督の解説入り特典映像「ドキュメンタリーofとな怪」一部公開


映画情報どっとこむ ralph 菅田将暉×土屋太鳳の W 主演で実写化、まっすぐだけどどこか不器用な登場人物たちが“怪物”と恐れられる春との出会いによって成長する姿を描いた青春恋愛映画『となりの怪物くん』のBlu-ray&DVD が 11 月 3 日(土)に発売となる。
菅田将暉と土屋太鳳が W 主演をつとめ、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、 浜辺美波、佐野岳ら人気実力派若手俳優が集結。

まっすぐだけどどこか不器用なキャラクターが織りなす繊細なヒューマンドラマを紡ぎ出した。
青春真っただ中の若者にも、かつて青春を経験した大人にも――すべての人に贈りたい青春恋愛映画の決定版が誕生!

Blu-ray・DVD 豪華版の特典ディスクには、未公開のメイキング映像とキャストが撮影を振り返るインタビュー映像で撮影舞台裏を映し 出す「ドキュメンタリーof とな怪」が収録される。通常のメイキング映像とは異なり、月川翔監督と、映画本編でもラジオ DJ 役として声の出演をしている秀島史香によるラジオ番組風の解説が付くことが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph この度、発売に先駆けて、Blu-ray・DVD 豪華版に収録される 「ドキュメンタリーof とな怪」の映像を一部特別公開します!

■Blu-ray・DVD 豪華版に収録されるメイキング映像を一部公開



DJの秀島史香がパーソナリティを務め、月川監督が解説するラジオ番組風のメイキング映像「ドキュメンタリーofとな怪」は、主演の菅田 将暉と土屋太鳳をはじめ、各メインキャストにフィーチャーしながら撮影時の裏話や、監督から見た役者の素顔などが展開されていく。 今回公開された映像では、菅田演じる春と土屋演じる雫のキスシーンや胸きゅんシーンのメイキングを公開。感情表現が大きい春と、冷 血な雫の対照的なキャラクターを繊細に描いた、と W 主演の二人の演出について監督は話した。
続いて、ササヤンこと佐々原宗平を演じた佐野岳と菅田が撮影で使う花火をセッティングしているシーンでは、夏目あさ子役の池田エライ ザも参加してわきあいあいとしたオフショットに。監督も「遊びながら作っていっているような」という光景は撮影現場の和やかな雰囲気が伝わ ってくる。実際に撮影したシーンで、花火が倒れてグルグルと飛び散ってしまったのは実は奇跡的なハプニングだったと、驚きの裏話も明かさ れた。 雫が春に抱きつくシーンでは、ワイヤーを使って撮影する様子が収められている。本編で はスローモーションになっていて胸きゅんなシーンだが、実際はかなりスピーディーな動きに。 飛び込んでいくのはわずか数秒の撮影だったが、完成しスローモーションになった映像をみて 「聖母だな」と菅田も評するほど愛情溢れるシーンになったと、監督もお気に入りのシーンと なっている。 「ドキュメンタリーof とな怪」では主演の 2 人に加え、古川、山田、池田、浜辺、佐野、速 水のメインキャストそれぞれにフィーチャーし、撮影秘話が明かされており、これを観れば“と な怪”を何倍も楽しめる特典映像となっている。この続きは豪華版に収録の特典映像にて 是非チェックしてほしい。

映画情報どっとこむ ralph このほか、公開初日舞台挨拶や、キャスト陣がサプライズで映画館の劇場スタッフになってお客様をお迎えした「劇場スタッフ体験」の映像 など、ここでしか見ることができない貴重な映像が収録されている。

『となりの怪物くん』Blu-ray&DVD 豪華版は 11 月 3 日(土)発売&通常版も同時発売!

<豪華版 Blu-ray&DVD 共通特典>
<特典 DISC> ドキュメンタリーof とな怪 未公開メイキング映像とキャストインタビューで迫る“とな怪”制作の舞台裏! ナビゲーター:秀島史香&ゲスト:月川翔監督による音声解説付! イベント映像集 完成披露試写会「とな怪コレクション」 公開初日舞台挨拶&劇場スタッフ体験 公開記念特番 菅田将暉と土屋太鳳の素顔に迫る 春の怪物くん大集合SP

<本編 DISC> 本編/予告編集
<封入特典> メモリアルフォトブックレット

©2018 映画「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社
発売元:講談社/博報堂 DY ミュージック&ピクチャーズ
売元:東宝
***********************************



鶴瓶 菅田将暉と共演!マンガから出てきたみたい山崎貴監督が太鼓判!『アルキメデスの大戦』


映画情報どっとこむ ralph 描写した山崎監督が、今作では「戦艦大和」をスクリーンに甦らせます! 原作は「ドラゴン桜」で一世を風靡したみた三田のりふさ紀房による同名漫画(既刊11巻、講談社ヤングマガジン連載中)。物語の舞台は、1930年代。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍を舞台に繰り広げられる、「戦艦大和建造」を巡る知略・謀略、そして“数学”を駆使した頭脳戦! かつてない斬新な切り口で描く歴史エンタテイメント、それが『アルキメデスの大戦』です。

主演は菅田将暉。日本の命運を握る天才数学者・櫂 直を演じます。
さらに、日本で最も有名な軍人・山本五十六役を舘ひろしが演じる他、浜辺美波、柄本佑、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯といった超豪華俳優陣が集結。まさに日本映画界を支える名優たちによる、エンターテインメント超大作は大きな話題となっております!


そしてこの度、最後の大物キャストの出演情報を遂に解禁!

なんと、笑福亭鶴瓶が山崎貴監督作品に初出演します!

今作では「戦艦大和」建造計画を阻止する“鍵”を握る人物、造船会社「大里造船」の社長・大里清役を演じます。

右の画像をご覧ください。なんと! 鶴瓶に瓜二つのキャラクターが漫画に登場!?
実は原作者の三田紀房は鶴瓶をモデルにしたキャラクターを登場させていました。実写化するにあたり、製作陣は“いの一番”で鶴瓶にオファー。本人も快く快諾し、

鶴瓶さん:原作者の先生も僕に内緒で描きはったみたいですけど(笑)、出演を聞いて喜んでいたようで、僕も凄く嬉しかったです。

とコメント。これに対し原作の三田紀房も「もとから鶴瓶師匠の大ファンでした!勝手に描いて申し訳ありません。それもノーギャラで(笑) 漫画でも実写でもキャラクターとして神です!今回望みが叶ってとても嬉しいです。」と喜びのコメント。

鶴瓶をモデルにした原作キャラクターを、鶴瓶本人で実写化…! 鶴瓶がモデルのキャラを漫画に、そのキャラを鶴瓶で実写に…! これ以上ない、究極の実写化出演が実現しました!!

そんな笑福亭鶴瓶は本作で、戦艦にまつわる難解な専門用語も交えた長ゼリフにも挑戦!
35℃を超える猛暑の中での撮影となり、熱気と戦いながらの、まさに“熱演”となりました。見事OKが出た時には「オッケーや!」とガッツポーズ! 山崎監督と喜びの握手を交わしました。山崎監督も現場での鶴瓶の様子を見て「マンガから出てきたみたい」と嬉しそうに話していました。製作スタッフも、鶴瓶自身も認める“再現度100%”のキャスティングは必見です!


笑福亭鶴瓶
【おおさと大里きよし清役】
大阪の小さな造船会社「大里造船」の社長。無用な軍需産業に異を唱える。主人公・櫂の考えに賛同し、「戦艦大和」建造計画を止めるべく協力する。

鶴瓶さんがらのコメント
漫画で出てくるそっくりのキャラクターを演じると聞いて何のこっちゃと思って読んでみたら、「そのまんまやんけ!」と驚きました! 原作だと会社も「鶴辺造船」でしたし。(笑) 漫画通りやるなら、それはもう僕が一番だと思います!原作者の三田先生は僕に内緒で漫画を描きはったみたいですけど、出演を聞いて凄く喜んでいたようで、僕も嬉しかったです。
山崎監督とは是非ご一緒したかったので、出演できて本当に良かったです。撮影現場の雰囲気が非常に良かったのが印象的でした。スタッフもキャストもみんなでわきあいあいとして、もっと長い間撮影していたかったです。
主演の菅田将暉くんとは番組で何度も一緒にやらせてもらいましたが、俳優として人気も実力も凄い勢いで伸びていっている人と、こうやって一緒に映画を作れるのは面白い経験でしたね。湿度と気温が半端ない現場でしたが、楽しかったです!


原作者・三田紀房からのコメント
もとから鶴瓶師匠の大ファンで、番組はほとんど見ています。漫画では、主人公の櫂直をサポートする重要な役なので、ここは存在感抜群の師匠に御登場願おうと。
勝手に描いて申し訳ありません。それもノーギャラで(笑) 作画中は師匠から自然に台詞がどんどん出てきて、物語作りがすごく進みました。
漫画でも実写でもキャラクターとして神です!映画になると聞いた時、真っ先に「鶴瓶師匠は出て頂けるの?」と聞いてしまいました。今回望みが叶ってとても嬉しいです。完成を心待ちにしています。

映画情報どっとこむ ralph アルキメデスの大戦

2019年夏 全国東宝系にて公開!  

日本と欧米の対立が激化の一途を辿っていた第二次世界大戦前の昭和8年…。日本帝国海軍の上層部は超巨大戦艦“大和”の建造計画に大きな期待を寄せていた。そこに待ったをかけたのは、海軍少将・山本五十六(舘ひろし)だった。山本はこれからの戦いに対応するための代替案を提案するが、世界に誇れる壮大さこそ必要だと考える上層部は、「戦艦大和」の建造を支持。
危機を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れる。櫂の数学的能力で、「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、その裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩そうと考えたのだ。「軍艦の増強に際限なく金が注がれ、やがて欧米との全面戦争へと発展してしまう。そんなことはあってはならない!」と、櫂は日本の未来を守るため、海軍入隊を決意。持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていく。だがそこに、帝国海軍内の大きな壁が立ちはだかっていく・・・。

***********************************

原作:三田紀房『アルキメデスの大戦』(講談社ヤングマガジン連載中)
監督・脚本・VFX:山崎貴
キャスト : 菅田将暉 浜辺美波 柄本佑
笑福亭鶴瓶/小林克也 小日向文世/國村準・橋爪功
田中泯 舘ひろし
撮影時期:2018年7月中旬~9月中旬
配給:東宝
©2019「アルキメデスの大戦」製作委員会
©三田紀房/講談社
    


シリアスなシーンが多い現場は仲良くなる!趣里・菅田将暉ら7名登壇!『生きてるだけで、愛。』完成披露上映会で


映画情報どっとこむ ralph 今を懸命に生きる、不器用な男女の真っ直ぐでエモーショナルなラブストーリー。

趣里・菅田将暉『生きてるだけで、愛。』が、来る11月9日に全国公開となります。

その完成披露上映会が20日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、主演の趣里、共演の菅田将暉、仲 里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督が参加した。


『生きてるだけで、愛。』完成披露舞台挨拶
日時:10月20日(土)
会場:丸の内ピカデリー
登壇:趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督

映画情報どっとこむ ralph 理不尽な感情にさいなまれる引きこもりのヒロイン・寧子役の趣里さんは
趣里さん:脚本を読んだときに物凄いエネルギーを感じて、それを初期衝動として大切に演じました。外から見たら難のあるキャラクターだけれど、生きていたら楽しいことだけではなくて、辛いことや悲しいこともある。だから共感できる部分は沢山ありました。

と熱演を報告。寧子と同棲するゴシップ雑誌記者・津奈木役の菅田との初共演には

趣里さん:とても自然体な方ですよね。現場でも本当にそのままで。寧子のエキセントリックな部分を受け止めてもらいました。
と感謝していた。

菅田さん:シリアスなシーンが多い映画の現場の方が仲良くなる。現場をどうやって楽しむかと考えることが多いので、実際に現場では楽しくやっていました。趣里さんからはストレッチとかを習っていましたね。僕は体が硬いから。

と和気あいあいな現場の風景を振り返り、

趣里さん:菅田さんからはボクシングを教えてもらいました。
とすると

菅田さん:趣里さんはボクシング経験がないのに、3分くらいミット打ちができていたくらい体力が凄い…なんかラジオの収録みたいな舞台挨拶だね。

と笑顔を見せていました。

映画情報どっとこむ ralph 津奈木の元カノ・安堂役の仲さんは

仲さん:とりあえずセリフが長くて辛かった。自分ではよくわからないようなことをセリフで言っているので…。
とぶっちゃけつつも、

仲さん:久々の映画の撮影だったので、いい経験ができました。16ミリフィルムで撮影する映画も久々だったので、身が引き締まって。でもフィルムの値段が高い分、NGが出せないというプレッシャーと長いセリフで“どうしよう!”とパニックになっていました。

となれない状況での緊張を明かした。

寧子が働くことになるカフェバーのマスターの妻・真紀役の
西田さん:普通さが寧子に刺さればいいと思って、普通の塩梅を意識しました。いいカフェでした。

と報告。カフェバーの従業員・莉奈役の織田さんは
織田さん:緊張感がなく自由な感じの現場なのかなと思ったけれど、フィルムでの撮影が緊張しました。

とフィルム撮影を意識したことを告白。

関根監督はフィルム撮影の狙いについて、
関根監督:原作を読んだときに、真っ先にフィルムで撮りたいと思った。フィルムは人の心の動きが映ると僕が信じているからです。
とその理由を説明した。津奈木の同僚・美里役の石橋さんは

石橋さん:映像も美しく、途中から他人事に思えなくなるほどそれぞれのキャラが愛おしくなりました。
と完成作品の印象を語った。

映画情報どっとこむ ralph また映画にちなんで“分かり合えたと思えた瞬間”を聞かれ

趣里さん:舞台をやると、お客様と通じ合えているような瞬間を感じることがある。同じ時間に生きて、存在しているんだというのが空気でわかる。そんな幸せを感じる時にお芝居をやっていて良かったと思う。

としみじみ。一方、
菅田さん:ささいなことですが、コンビニに入ったら、自分の曲が流れていて、店員さんと目があった。この人が僕の曲をかけたのか?と。気まずくてレジに行きにくくなりましたけれど…。そんなシンクロがありました。

と偶然の一致を紹介。

俳優の中尾明慶を夫に持つ仲さんは、

仲さん:旦那さんのお仕事が終わるころかなと思って『終わった?』と連絡をしたのと同時に、連絡が同時にあるということが結構ある。そんなときに分かり合えているなと思う。
と以心伝心報告で、さらに

仲さん:何を食べたい?と聞いても返事がなかったのに、ハヤシライスを作っておいたら、帰ってきた時に『ハヤシライスが食べたいと言おうと思っていた』と言われたこともある。
と仲睦まじい熱々の夫婦シンクロを紹介し、場を盛り上げた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

主演の趣里は、キャストを代表して
趣里さん:撮影ではスタッフさん一人一人の熱い思いを感じ、映画の力を感じていました。『生きてるだけで、愛。』というタイトルがすべてですが、葛藤や愛おしさが詰まっている作品です。

とアピールした。


生きてるだけで、愛。

11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:
http://ikiai.jp

物語・・・
生きてるだけで、ほんと疲れる。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木。そこへ津奈木の元カノが現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、二人の関係にも変化が訪れるが……。



***********************************


出演:趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲 里依紗

原作 :本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)

監督・脚本:関根光才
製作幹事 :ハピネット、スタイルジャム
企画・制作プロダクション:スタイルジャム
配給:クロックワークス
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会