「菅原大吉」タグアーカイブ

『飢えたライオン』ロッテルダム国際映画祭正式招待決定 キャスト&監督からコメント


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『飢えたライオン』が、1月24日か らオランダで開催される第47回ロッテルダム国際映画祭 (VOICES部門)に正式招待されることが決定しました。
昨年10月に開催された第30回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門ではチケッ トが最速で即日完売し、海外映画祭からの上映オファーが殺到した注目作。

主人公・杉本瞳役に松林うらら。瞳の彼・藤川ヒロキ役を実写映画『鋼の錬金術師』で注目の水石亜飛夢、そして瞳の母・杉本裕子役を数々の女優賞を受賞した 実力派、筒井真理子が演じ、脇を固めています。 監督は、大阪2児放置死事件を基にした映画『子宮に沈める』の緒方貴臣。

映画情報どっとこむ ralph キャスト及び監督からコメントが届いています。

松林うららコメント
誰もがなりうるであろう主人公を自分だけでなく、 現代に生きる若者達を重ねて演じました。是非、ロ ッテルダム映画祭でたくさんの方に『飢えたライオ ン』を観ていただきたいです。

水石亜飛夢コメント
現代社会の闇がリアルに描かれています。観た方によって受け取り方も異なるのではないので しょうか。 映画祭でみなさんが何を持って帰ってくださる か、楽しみです。

筒井真理子コメント
ネット情報の不安定さが浮き彫りにされた作品 です。今後も様々な国や立場の人に広がってい く事を願います。 世界の人が緒方貴臣監督と言う才能に触れ、ど感じてくれるのか楽しみです。

緒方貴臣監督コメント
ここ数年の日本で起こった事件の被害者への世間の反応や報道のあり方に疑 問を持ったことがきっかけに、日本に向けて制作した作品ですが、東京国際 映画祭での上映以来、数々の海外映画祭から上映オファーがきており、作品 で扱ったことは日本に限った現象ではないと感じ始めています。この予想が 確信になるのかどうか、海外の方々の反応が今から楽しみです

映画情報どっとこむ ralph ある朝のHRで、瞳の担任が児童ポルノ禁止法違反の容疑で警察に連行された。
担任の性的動画が流出し、 その相手が瞳だというデマが流れる。誰も信じないだろうと軽く考えていた瞳だったが、デマは事実のように 広がっていき、瞳は追いつめられ自殺をする。
担任の逮捕と生徒の自殺は、マスコミの格好の餌食となり報道は加熱していく。そして社会によって瞳の「虚像」が作られていくのだった…。
本作は、映像や情報の持つ 「可虐性」を描くと同時に、それらを消費する私たちの中にある邪悪な“欲望”をあぶり出す。世界中に拡散する「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ突きつける78分。

●『飢えたライオン』ティザーサイト
http://hungrylion.paranoidkitchen.com/

日本での劇場公開は2018年内を予定

***********************************

出演:松林うらら、水石亜飛夢、筒井真理子 菅井知美、日高七海、加藤才紀子 上原実矩、菅原大吉、小木戸利光、遠藤祐美、品田誠 / 竹中直人、ほか

監督:緒方貴臣(『子宮に沈める』)
撮影:根岸憲一(『淵に立つ』) 2017年/日本映画/カラー/16:9 /ステレオ/78分

©2017TheHungryLion


冬ソナのユン・ソクホ監督 眞島秀和x真田麻垂美『心に吹く風』場面写到着


映画情報どっとこむ ralph 『冬のソナタ』のユン・ソクホ監督が描く大人の純愛ラブストーリー! 眞島秀和の貴重なピアノシーン含め場面写真一挙公開‼この度、映画『心に吹く風』が6月17日㈯より公開する運びとなりました。

本作は、“作家主義”ד俳優発掘”を掲げる松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト(『滝を見にいく』『恋人たち』『東京ウィンドオー ケストラ』)の第4弾となります。

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が、北海道の雄大な自然を背景に、初恋を忘れられない男女の愛の道行を 描いた大人の純愛ラブストーリーが誕生しました。

本作は、ユン・ソクホ監督の初の劇場映画であり、初の日本作品。

出演は、映画・テレビ・演劇で幅広く活躍する人気男優・眞島秀和さんと、この作品が16 年ぶりの映画復帰作となる伝説の女優・真田麻垂美さん(『眠る男』『月とキャベツ』)。

映画情報どっとこむ ralph この度は解禁された場面写真は6点。

一点目は眞島秀和演じるリョウスケが高校時代、春香のために作った歌を思い出しピアノで弾き、気づくと声を重ねて歌い出す二人の姿を収めていて、眞島秀和の貴重な演奏シーンに注目なんです。『冬のソナタ』でもユン監督とタッグを組んできた、イ・ジスが劇中歌を手掛けていることもあり、 音楽も物語に彩りを添えているそうです。

ニ点目は鈴木仁演じる高校時代のリョウスケが、蝶を追いかけている途中で駒井蓮演じる春香が痛めてしまった 足首を気にかけて触る姿を収めています。二人のピュアな可愛らしいやりとりがより伝わる一枚。

三点目は草原で春香を後ろから抱きしめるリョウスケ。
北海道での撮影を終えたリョウスケを空港に送る途中、高校時代に両想いにも関わらず離れ離れになり音信不通になっていたことを涙を浮かべ謝るリョウスケの告白に、既に家族をもつ春香はいたたまれない気持ちになり、車を停め降りてしまう。二人の間のどうしようもない現実への葛藤が伝わる一枚。

四点目は、真島秀和演じるビデオアーティストのリョウスケと、真田麻垂美演じる春香が寄り添い、風に揺れる木の葉を様子を収めるため、レンズをのぞき込む姿。今も趣味で絵本を描く春香が学生時代からアーティスティックさを忘れないリョウスケに改めて惹かれる表情を浮かべています。

五点目は、空港で不安げな表情でたたずむリョウスケの姿。空港へ着くと、ちょうど出張から帰ってきた春香の夫に遭遇してしまい、 二人は他人の振りをしてそのまま別れてしまう。

六点目は、森の中で風の音に共鳴し、たたずむ二人の姿を収めている。互いのこれまでの歩みを語 り合い、初恋を思い出した二人は誰にも邪魔できない世界に浸っている様子がうかがえる。 初恋を思い出したリョウスケと春香。果たして二人は結ばれるのか、もう会うことはないのか。

映画情報どっとこむ ralph その二人の純愛の行方は・・・・・。

映画『心に吹く風』

6月 17 日(土)新宿武蔵野館他全国順次ロードショー
6 月 10 日北海道先行公開

物語・・・
舞台は北海道。ビデオアーティストのリョウスケは、仕事で訪れた富良野で、高校時代の相手・春香に偶然出会う。20 年ぶりの再会、春香には 夫も娘もいたが、春香を思い続けていたリョウスケはビデオ撮影に春香を誘う。戸惑いつつも、リョウスケに同行する春香。お互いを思いながらも別々の人生を 歩まなければならなかった二人は、失った時間を取り戻すように心をかよわせていく。そして、2 日間の道行の末に。春香は越えてはいけない一線を越える決意をするのだが。

***********************************

監督・脚本 ユン・ソクホ
音楽:イ・ジス
出演:眞島秀和 真田麻垂美 長谷川朝晴 菅原大吉 駒井蓮 鈴木仁
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
宣伝:アティカス
製作:松竹ブロードキャスティング
配給:松竹ブロードキャスティング
アーク・フィルムズ (日本/2017/ビスタ/107分/5.1ch)
©松竹ブロードキャスティング


「冬のソナタ」の監督が富良野で描く純愛『心に吹く風』予告編


映画情報どっとこむ ralph 映画『心に吹く風』の日本公開が6月に決定いたしました!

あわせて本作のポスタービジュアル&予告編が解禁に。

本作は、“作家主義”ד俳優発掘”を掲げる松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト(『滝を見にいく』『恋人たち』『東京ウィンドオーケストラ』)の第4弾となります。
出演は、人気男優・眞島秀和と、この作品が16年ぶりの真田麻垂美。

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が、北海道の雄大で美しい自然を背景に、初恋を忘れられない男女の愛の道行を描いた大人の純愛ラブストーリーが誕生しました。

舞台は北海道。
ビデオアーティストのリョウスケは、仕事で訪れた富良野で、高校時代の相手・春香に偶然出会う。

20年ぶりの再会、春香には夫も娘もいたが、春香を思い続けていたリョウスケはビデオ撮影に春香を誘う。戸惑いつつも、リョウスケに同行する春香。
お互いを思いながらも別々の人生を歩まなければならなかった二人は、失った時間を取り戻すように心をかよわせていく。
そして、2日間の道行の末に、春香は越えてはいけない一線を越える決意をするのだが…。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作の予告編・・・

桜が満開の季節、リョウスケが自転車の後ろに春香を乗せながら走る、23年前の高校時代のシーンから始まる本映像。

富良野を舞台にリョウスケと春香の高校時代の鮮やかな忘れられない初恋がよみがえる。高校時代に、何も伝えられないまま離れ離れになった二人。
過ぎ去った、それぞれの時間を取り戻すように2日間を過ごす。閉じたはずの心に、再び、風が吹く。失った時間を、伝えられなかった想いを伝え、果たして…二人は心をかよわせることができるか?

みずみずしい映像とバッググラウンドに流れるイ・ジス(『オールド・ボーイ』)の曲がリンクし、北海道の雄大な自然を背景に、『心に吹く風』の世界観を作り上げています。
同じく解禁させていただくポスターは、“北海道・春 美瑛~富良野 たった2日間だけの、大人のファンタジー忘れられない初恋がよみがえる…“というメッセージのように、
しっとりとした大人の純愛ラブストーリーの雰囲気が感じられるビジュアルに仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph
リョウスケと春香の立ち姿が韓国ドラマ「冬のソナタ」のチュンサン(ペ・ヨンジュン)とユジン(チェ・ジウ)をどことなく彷彿させるのは、ユン・ソクホ監督の想いが反映されているから!?

その真相も気になる『心に吹く風

6月新宿武蔵野館他全国順次ロードショーです!

***********************************

監督・脚本 ユン・ソクホ
音楽:イ・ジス
出演:眞島秀和 真田麻垂美 長谷川朝晴 菅原大吉 駒井蓮 鈴木仁
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
宣伝:アティカス
日本/2017/ビスタ/107 分/5.1ch
©松竹ブロードキャスティング
      


青木玄徳 x 山田裕貴『闇金ドッグス5』初日舞台挨拶ヤバすぎ!で・・


映画情報どっとこむ ralph 金×暴力×欲望を鋭くえぐる、裏金融人気シリーズ最新作

闇金ドッグス5

が1月14日(土)よりシネマート新宿・心斎橋にて公開となり初日舞台挨拶に青木玄徳、山田裕貴、荒木宏文、菅原大吉、副島淳、元木隆史監督が登壇して行われました・・・が、あまりにヤバすぎ!!で前作に続き15禁となった本作を観たお客さんは静まり返って・・・・・。


「闇金ドッグス4」初日舞台挨拶
日時:12月10日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:青木玄徳、山田裕貴、荒木宏文、菅原大吉、副島淳、元木隆史監督

映画情報どっとこむ ralph 立ち見も沢山、満員超御礼!
見終えたばかりのお客さんの静けさはちょっと異様。今までコミカルだったシーリーズとは色が違った本作は、インパクトが強すぎたのか・・・大きな拍手はあるものの黄色い歓声が飛びません。

青木さん:この後、盛り上がっていきたいと思います。

山田さん:新年早々、胸に来る映画がお届けできてうれしいです。

新木さん:重い作品だったので、このアフタートークは、少し肩の力を抜いて楽しんでください。

と、お客さんをケアするようなスタートに。


菅原さん:観てどんな感想を持ったのか楽しみです。

副島さん:副島淳です(笑)なんで笑い!?本名です!大寒波の中ありがとうございます。

元木監督:日本語上手ですね。

副島さん:日本語しかしゃべれません!冒頭の英語は凄い練習しました!

と、見た目と真逆な真摯な日本語の副島さん。

元木監督:監督役の元木です!

と、お約束のコメントでスタート。

映画情報どっとこむ ralph MCがシリーズを観ていられる方と観客に聞くとほぼ全員の挙手に

全員:ありがとうございます。
青木さん:作品の内容いかがでした・・・・・・(静まる客席)この反応。こっちがぶち込んだのが効いてますね。なんか緊張しますね。そういう時には副島さんお慎重を聞くことにしてます。

副島さん:195センチ。自慢のアフロ入れたら2メートル10センチ。

山田さん:ダルビッシュよりでかい!

青木さん:遠近法でもデカい!


と、会場から、やっと笑い声も。

青木さん:今日この日がドキドキでしたね。感謝ですね。凄いキャストとスタッフと仕事が出来て感無量です。元木監督は接しやすいし、やり易かったですね。新しい闇金ドックスになったと思います。覚悟は必要でした。特に菅原さんとのシーン。

山田さん:あれはね・・・

菅原さん:この3人見ると怖いもんね。なんかされるんじゃないかと。


映画情報どっとこむ ralph 今回、山田さんは青木さんを後ろから見守る感じの役に関し・・・

山田さん:須藤がやっと闇金らしくなってきたなと、かなり厳しく教える。人生を見せようとしてきたのがみせられたのが、成長してきたなと。今回この作品のようなインパクトがあるものが「闇金ドックス」で、できたのが嬉しかったです。そして現実にあることも知っていただきたいし、社会派な作品にできました。

副島さん:素晴らしいコメントですね。


一方、かなり厳しい役。。の荒木さん。役作りの苦労を問われたのですが
荒木さん:台本読んでた時点で、悪いことしてる風に思えなくって。法律の知識のない人の手助けをする良い人。俺悪い人じゃないじゃんと悪びれずに役に入り込めました。出来上がってみて、この舞台に上がっての重い空気感に達成感を感じています!

菅原さん:はたから見たら悪魔ですからね!

荒木さん:ぼくは一番お悪い奴は役所の人だと思いますよ。

追いつめられる役の菅原さんに対して、

荒木さん:役作りが凄いんです!(半端ないと一同同意)


菅原さん:お金を持ってる方ではないので、入り込みやすかったですね。(笑)でも、こんな人たちと現場に居たら本当に怖いんです。世の中に大変な思いをしている方も多いのだなと。この作品に感謝しています。

と、菅原さんのあるシーンではスタッフも泣きながら撮影になってしまったそう。

映画情報どっとこむ ralph 実は・・・副島さんの台本には冒頭の英語の部分にカタカナがふってあったそう。

副島さん:アルファベット読めないからです。監督さんと脚本家さんの優しさです!初参加で、箸休め的な感じですね。ほっこりする感じですね。
山田さん:モッコリしてます!

青木さん:俺もそれ言いたかったなー!同じこと考えてたー!

山田さん:流石のバディー!

と、今までの感じがやっと出てきたところで、監督に撮影の話がふられると、
監督:撮影は必至だったので、芝居を撮る感じでした、菅原さんのところとか異様でした。

青木さん:カメラマンさんが酷いの撮れたよーって。いい意味で。

監督:編集しんどいなと思ったぐらいですから、舞台挨拶でシーンとしているのが、ちゃんと見ていただいたなと嬉しく思っています。

と、フォトセッションに!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
青木さん:今までのコミカルな感じが、今回の重いテーマに逆に生きたかなと思っています。現実をモチーフにした作品。現実の方がつらいのがあらためてわかりましたし、皆さんの反応がみられて役者冥利に尽きると思いました!



闇金ドッグス5

2017年1月14日(土)よりシネマート新宿ほか順次公開中です。

公式HP:
yamikin-dogs.com

Twitterハッシュタグ:
#闇金ドッグス本当にヤバい

***********************************

青木玄徳
菅原大吉 美谷和枝 牧野ステテコ 蒲生純一 副島淳 / 荒木宏文
山田裕貴

監督:元木隆史
脚本:池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント

製作:「闇金ドッグス4&5」製作委員会(AMGエンタテインメント/JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)

2016年/日本/80分/カラー/シネマスコープ
(C)2016「闇金ドッグス4&5」製作委員会


青木玄徳 x 山田裕貴『闇金ドッグス5』予告 #闇金ドッグス本当にヤバい


映画情報どっとこむ ralph 金×暴力×欲望を鋭くえぐる、裏金融人気シリーズ最新作

『闇金ドッグス5』

が2017年1月14日(土)よりシネマート新宿・心斎橋にて公開です。

あまりにヤバすぎ!!
で前作に続き15禁の本作の、予告編とポスタービジュアル&場面写真が解禁となりました。

主演はドラマ『仮面ライダー鎧武/ガイム』に戦極凌馬役でレギュラ-出演、舞台『瞑るおおかみ黒き鴨』(主演)、『パタリロ!』などで注目を浴び、映画『猫忍』(2017年5月20日公開)、『くわらんか!』『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る』(どちらも2017年全国公開予定)など多数出演が控える新星・青木玄徳さん。

共演は最新作『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(公開中)、『トモダチゲーム』『あゝ、荒野』『二度めの夏、二度と会えない君』(いずれも2017年全国公開予定)や、『HiGH&LOW THE MOVIE』『青空エール』『闇金ウシジマくんPart3』など話題作に立て続けに出演している山田裕貴さん。

その他、日本映画界に欠かせない名優の菅原大吉さん。
映画『20世紀少年-第2章最後の希望-』、ドラマ『闇金ウシジマくん』、ミュージカル『黒執事-地に燃えるリコリス-』などで人気の荒木宏文さんら実力派俳優が集結!!
映画情報どっとこむ ralph

女性債務者から、絶大の信頼を得ているラストファイナンスの須藤司(青木玄徳)は、かつて、街金から金を騙し取る為に、結婚離婚を繰り返し、戸籍上の名字を忘れてしまっている。そんなある日、銀行系のローン会社から、「あなたの奥様が借金をして、飛んだ。夫である貴方には支払いの義務がある」と電話が入る。困り果てている司だが、にべもなく、社長の安藤忠臣(山田裕貴)から、新規の客をあてがわれる。
その客は、大手電機メーカーの下請け会社でエアコンの設置業者の契約社員として働く、沼岸光夫(菅原大吉)。ブラック企業では人扱いをされず、冷遇のなか必死にしがみついている。それは、ひとえに認知症を患っている母の為。

だが、薄給で生活費もままならず、致し方なくラストファイナンスを利用している。沼岸の状況は悪くなるばかりで、理不尽な理由で急に解雇されてしまう。困った沼岸は、生活保護の申請をするも断られ、無職になったので、司から追加融資も受けられずにいた。そんな沼岸の前に、NPO法人で貧困ビジネスを営む五条礼(荒木宏文)が現れ、申請が通った生活保護費を不正に搾取されてしまう。母の病も進行が速くなり、生活は究極に困窮する。藁をもすがる思いで、沼岸はラストファイナンスを再び訪れた。 

闇金ドッグス5

2017年1月14日(土)よりシネマート新宿ほか順次公開

未来記事:『闇金ドッグス5』初日舞台挨拶の模様
eigajoho.com/?p=60771

公式HP:
yamikin-dogs.com

Twitterハッシュタグ:
#闇金ドッグス本当にヤバい

***********************************

青木玄徳
菅原大吉 美谷和枝 牧野ステテコ 蒲生純一 副島淳 / 荒木宏文
山田裕貴

監督:元木隆史 
脚本:池谷雅夫 
企画・配給:AMGエンタテインメント 

製作:「闇金ドッグス4&5」製作委員会(AMGエンタテインメント/JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)

2016年/日本/80分/カラー/シネマスコープ 
(C)2016「闇金ドッグス4&5」製作委員会