「英勉監督」タグアーカイブ

乃木坂46 松村沙友理「賭ケグルイ season2」生徒会役員ユメミ役に!


映画情報どっとこむ ralph 河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画「賭ケグルイ」。2018年1月に実写ドラマ化され、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となった本作が、「賭ケグルイ season2」としてMBS/TBS ドラマイズム枠にて2019年春より放送されます。

先日、実写ドラマ「賭ケグルイ season2」&「映画 賭ケグルイ」の制作決定、

さらに、浜辺美波や高杉真宙、森川葵はじめとするドラマseason1のキャスト続投を発表(発表の模様はこちら)したばかりの本作ですが・・・

この度、私立百花王学園の生徒会役員にして、カリスマ的人気を誇るアイドル・夢見弖(ゆめみて)ユメミを国民的アイドルグループ・乃木坂46の松村沙友理(まつむら・さゆり)が演じることが決定しました!
映画情報どっとこむ ralph 本作の舞台は、政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王学園。ここで生徒たちの階級を決定するものは、ギャンブルの強さ。

勝ったものは支配する側に立ち、敗れたものは家畜となる。ある日、この学園に転校してきた謎多き少女、蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)。一見すると清楚な美少女だが、彼女は、リスクを負うことに快感を覚える「賭ケグルイ」だった。

学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。

映画情報どっとこむ ralph ドラマseason2で、夢子が勝負に挑むのは、絶対的権力で百花王学園を牛耳る生徒会の広報としてアイドル活動を行うユメミ。

愛らしいルックスと歌唱力の高さに加え、“神対応”と言われる丁寧なファンサービスで、メジャーデビュー前にして全国ツアーを行うほどの人気アイドルだが、裏ではファンに対しての暴言を吐き散らし、“アカデミー賞を獲る”という自身の夢のためには手段を選ばない一面も。

そんな二面性をもつ個性的キャラクターに、乃木坂46としてアイドル活動を行う松村が挑みます。

監督を務めるのは、ドラマseason1に続き、英勉(はなぶさ・つとむ)。松村さんと英監督は『あさひなぐ』に次ぐ再タッグになります。俳優の振り切った演技を演出することに定評のある英監督によって引き出される、松村沙友理さんが見せる新たな一面に、どうぞご期待ください!


■松村沙友理(夢見弖ユメミ役)さんからのコメント
もともと好きだった作品でしたの、出演できてとても嬉しいです!ユメミちゃんは、完璧なアイドルだと思いますので、皆さんにユメミちゃんの魅力が伝わるように、私も一生懸命演じたいと思います。皆さんに、元気とパワーを与えられるように頑張ります☆

■英勉監督コメント
『あさひなぐ』の頃からなかなかの逸材だぞと目を付けていましたが、キャスティングを考えながら原作を読んで改めて、夢見弖ユメミという学園のアイドルを実写化するならこの子しかいない!絶対松村さんにオファーしようと思ってました。約1年越しの念願が叶いました。本人には毒はないですけど、今回は(役柄で)存分に毒を吐いてもらおうと思っています(笑)。

映画情報どっとこむ ralph 実写ドラマ「賭ケグルイ season2」 2019年春 MBS/TBS ドラマイズム枠にてOA

映画 賭ケグルイ」 2019年春 全国ロードショー

物語・・・
創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが、幕を開ける―!

***********************************

出演:浜辺美波『センセイ君主』 高杉真宙『虹色デイズ』 森川葵『OVER DRIVE』

監督:英勉『ヒロイン失格』『あさひなぐ』

原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
©Homura Kawamoto・Toru Naomura/SQUARE ENIX

【原作情報】
「賭ケグルイ」 原作:河本ほむら 作画:尚村透
コミックス 最新⑩巻 8月22日(水)発売
コミックス①~⑨巻絶賛発売中
掲載:月刊「ガンガンJOKER」(毎月22日発売)
公式ファンブック「賭ケグルイ愛(ラブ)」も絶賛発売中!
スピンオフコミックス
「賭ケグルイ双」「賭ケグルイ妄」「賭ケグルイ(仮)」も絶賛連載中!


浜辺美波 重大発表!賭ケグルイ season2と映画化発表!


映画情報どっとこむ ralph ドラマ『賭ケグルイ』はシリーズ累計400万部を突破する大ヒットコミックを実写化したテレビドラマです。

この度、本ドラマのBlu-ray&DVD発売を祝し、神楽座で発売記念イベントが行われました。

イベントには、主人公、蛇喰夢子を演じた浜辺美波さん、鈴井涼太役の高杉真宙さん、早乙女芽亜里役の森川葵さん、そして本作のオープニングテーマ曲を担当したアーティストRe:versed(巴山萌菜)、監督の英勉の総勢5名が「賭ケグルイ」ファンの前に登壇!

作中でも人気を誇るゲーム“ダブル神経衰弱”を会場の中から選ばれたファンたちとキャストが直接対決!

さらに、Re:versed(巴山萌菜)は本作の代名詞とも言えるオープニング曲「一か八か」を会場で生歌披露!!

イベントの最後には賭ケグルイファンへ向け衝撃のサプライズ発表が!!


Blu-ray&DVD発売記念イベント
日程:8月9日(木) 
場所:神楽座
登壇:浜辺美波、高杉真宙、森川葵、 Re:versed(巴山萌菜)、英勉監督

映画情報どっとこむ ralph 百花王学園の赤いブレザーの制服姿で登場した浜辺美波さん、高杉真宙さん、森川葵さん。

浜辺さん:恥ずかしい中で、新鮮な気持ちでやってます。スカートが短すぎてお辞儀に戸惑います(笑)
はにかみ姿がキュートすぎ。

森川さん:久々に着たんですけど、恥ずかしい(笑)。23歳にもなってツインテールで大丈夫かな…? と思ったんですけど!
と、劇中そのままな姿にファンのボルテージはあがり・・・大拍手。

高杉さん:この衣装で皆さんに久々に会ったので、緊張しています。
と、話・・・さらに・・・恥ずかしがりながらも英監督までもが制服姿。

英監督:豆生田楓役の中川大志です!
との挨拶に会場大笑い!「イヤイヤイヤ!」とキャスト全否定!

英監督:楽屋で着せられ始めて、最後はスタイリストさんの帽子まで被せられて…。ひどい放置プレイですが、温かい目で見てください。

との挨拶からイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph この日は、各キャストが“滾った”ドラマのシーンをチョイス。

浜辺さんは、6,7話で、矢本悠馬演じる木渡潤を夢子(浜辺)&芽亜里(森川)コンビが見事にハメるシーンを選択。
浜辺さん:すごく印象に残ってます。早乙女さんとはずっと敵対してて、協力するのが初めてだったので、やってて楽しかったです。チームワークで『どうやる?』と話しながら撮影するのが楽しかったです。

と振り返り、別の場所でゲームを見守りつつ、リアクションする高杉さんは、ドラマを通じて別でリアクションを撮影

高杉さん:基本、ひとりでグチグチ言ってました(笑)。グリーンバックで(夢子たちの様子が)こんな感じかな?と想像しながら…。みんなはワチャワチャと楽しそうで…

と寂しそうにすると。

浜辺さん:高杉さんDAY(※高杉さんのみの撮影日)は、(他キャストは)お休みになるからありがたかったです!

と本音が漏れてしまう浜辺さん。


その高杉さんは、鈴井もゲームに参加する9、10話での生志摩妄(柳美稀)との戦いをピックアップ。
高杉さん:それまで、解説するばかりで、初めてゲームに参加したので。

と選んだ理由を明かし、毎ゲームごとに求められる、リアクション

高杉さん:監督から毎回、『まだ(リアクションが)あるでしょ?』と言われるんですよ(苦笑)。考えるのに必死でした。

と振り返り、これには引き出しの多さに英監督も関心していました。


そして、森川さんは、“家畜(ミケ)”に身を落とした夢子が「ニャーン、ニャーン、ギャンブル中毒の負け猫だニャーン」とリアクションする姿に「滾った」と告白。
スクリーンにこのシーンが映し出される浜辺さんを見て

森川さん:カワイイ!猫耳が私には見えます! ホント、胸がキューってなりました。夢子好き! 美波たん大好き!!
と告白!照れる浜辺さん。

映画情報どっとこむ ralph ここで、ゲストとしてオープニングテーマ曲を歌う巴山さんが登場。巴山さんが歌う「一か八か」に合わせて、各キャストが登場するオープニングシーンは、キャスト全員共通の「滾る」シーンだったそう。

そして、「一か八か」を生で熱唱!

映画情報どっとこむ ralph そして、本日のメインイベント!
客席とじゃんけん大会からの・・・・
勝者3名のお客さんが参加して、キャスト陣とのダブル神経衰弱を実施!
ここでは劇中の鈴井とは異なり、高杉さんが勝負強さを発揮し
高杉さん:鈴井じゃなく、高杉だとこうなんです!

とノリノリ。浜辺さんもドラマさながらの無双ぶりを発揮しかけるなど、会場は大いに盛り上がりました!

映画情報どっとこむ ralph さらに、「重大発表」として実写ドラマ「賭ケグルイ season2」(2019年 春 MBS/TBS ドラマイズム枠にてOA)&「映画 賭ケグルイ」(2019年春全国ロードショー)の制作決定という情報が発表に!
浜辺さん、高杉さん、森川さんはもちろん、矢本悠馬(木渡潤)、松田るか(皇伊月)、岡本夏美(西洞院百合子)、柳美稀(生志摩妄)、中村ゆりか(五十嵐清華)、三戸なつめ(黄泉月ルナ)、中川大志(豆生田楓)の続投も明らかになった。

ドラマseason2の物語は原作のストーリーに沿い、season1の続きとして展開。
映画版に関しては「後日、発表」とのことで、ドラマと映画版が並行して撮影される予定。

英監督は「まもなく撮影です!」と気合十分!

浜辺さんは、実は情報発表前のトーク中に「次は…」とフライングで言いかけてしまった瞬間があり

浜辺さん:言いたくて我慢できなかったです(笑)。嬉しいです。撮影がいまから楽しみですし、こうしてみなさんにお会いして、もっと楽しみになりました。まだ私たちも詳しい台本は見れてないのですが楽しみです!

高杉さん:同じ役を時間を置いてやることはなかなかないし、こうしてみなさんの前で発表できるのも嬉しいです。応援してくださるみなさんのおかげです!

森川さん:さっき、新しく決まったキャストのことを聞いたんですが…ホントに豪華なので、楽しみにしていただけたら!

とファンの期待を煽り、フォトセッションでは、皆で猫ニャンポーズでキメ!
監督が一番ノリノリだニャン!
イベントは終了しました!

映画情報どっとこむ ralph 『賭ケグルイ』

ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める、政財界の子女が通う私立百花王学園を舞台に、この学園に転校してきた謎多きギャンブル狂の美少女、蛇喰夢子と、彼女に翻弄されながらも、ともに成長していく男子生徒、鈴井涼太、そして夢子のライバルであり、ギャンブルで敗れるも後に共闘していくJKギャンブラー、早乙女芽亜里らを中心に、毎回、極限の心理バトルが繰り広げられる物語です。

放映時は驚異のキャラクター再現度とキャスト陣の渾身の顔芸をもって原作ファンも唸る大好評を博し話題を呼びました。

[ドラマ「賭ケグルイ」ストーリー]
創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが、幕を開ける―!

[Blu-ray&DVD発売情報]
・Blu-ray BOX(5枚組)
価格:¥13,800(税抜) 好評発売中
・DVD BOX(5枚組)
価格:¥11,800 (税抜) 好評発売中



***********************************

出演:浜辺美波『センセイ君主』高杉真宙『虹色デイズ』森川葵『OVER DRIVE』  
監督:英勉『ヒロイン失格』『あさひなぐ』
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
©河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS
   


中条あやみ、佐野勇斗、英勉監督が登壇!『3D彼女 リアルガール』第21回上海国際映画祭でワールドプレミア上映


映画情報どっとこむ ralph 『3D彼女 リアルガール』が中条あやみx佐野勇斗で、ついに実写映画化!

メガホンをとるのは映画『ヒロイン失格』『未成年だけどコドモじゃない』などで若者の心を掴んで離さない、英勉。映画『ヒロイン失格』のスタッフが再集結し、パワーアップしたラブコメがスクリーンに帰ってきます!

6月16日より開催されている第21回上海国際映画祭。
国内外約500にも及ぶ作品の上映が行われるアジア圏最大規模の映画祭であり、中国で唯一の国際映画製作者連盟公認映画祭である上海国際映画祭の、日本の最新作&話題作の上映が行われる「上海・日本映画週間」のクロージング作品に招待され、本作は6月25日にワールドプレミア上映を実施!

世界初上映ということで、中条あやみ、佐野勇斗、英勉監督が上海へ渡航!舞台挨拶を行いました。

第21回上海国際映画祭ワールドプレミア上映
日付:6月25日
登壇:中条あやみ、佐野勇斗、英勉監督


映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶前

中条さん:しっかり『3D彼女』の魅力を上海のみなさんに届けたいなって思います!

と笑顔を見せ

佐野さん:ちょっと緊張しています。やっぱり日本語が通じないのが怖いな・・・。

としながらも

佐野さん:大暴れしたいと思います(笑)みなさんに楽しんでもらえるように、まじめに、楽しく頑張りたいと思います!

と目を輝かせ、いざ出陣!上映前に中条さん・佐野さん・英さんが姿を現すと大歓声が沸き起こり、温かく大きな拍手で迎えられた3人はそれぞれ、中国語で挨拶。
3人も観客たちと共に、出来上がったばかりの映画を鑑賞することに。

映画情報どっとこむ ralph
上映後、会場は「美女とオタク」の大純愛ラブコメディを存分に堪能し、“笑って”“泣いて”と観客たちの大感動で満ち溢れ、再びステージに3人が登壇すると上映前の盛り上がりを超える大歓声が! “中国のお客さんと一緒に本作をご覧になった感想を教えてください”との質問に、

中条さん:初めてご覧頂いたお客さんなので、どういう反応をして頂けるかと不安だったんですけれど、所々笑って頂いたり、鼻をすすっている音が聞こえたり、最後には拍手も頂いて。すごく嬉しかったです。まずはホッとしました。

佐野さん:こうやってお客さんと一緒に映画を観させてもらうのは初めてだったのですが、僕のふざけているシーンでみなさんが大声で笑ってくださっていて本当に安心しました。自画自賛になってしまいますが、自分で観ていてもめっちゃ面白かったです。今日観て頂いた方には色んな人にこの映画を勧めて頂きたいと思います!

と上映を振り返るとともに、喜びを露わに。


英監督:今日ここで観て頂いたことをすごく嬉しく思っています。愛してます!この後みんなで飲みに行こう!(笑)

とコメント。観客たちの盛り上がりように3人共、安堵した様子で、場内の熱気に感動し喜びを噛みしめた。改めて中条と佐野のキャスティングについて尋ねられると、

英監督:でも、(この二人以外に)他に誰が居ますか?

とコメント。すると場内からも共感の声が。オタクと交際する美少女の色葉を演じた中条さんは

中条さん:この映画は漫画原作なのですが、漫画で描かれている色葉はスタイルも完璧で、表情ひとつひとつが本当にかわいくて。私も、漫画を読みながら色葉に恋しちゃいそうになるぐらい。普段はあまり考えたことがなかったのですが、台詞言いながら可愛く映れているかなとか、どう映っているのかなということをこの作品では特に気にしていました。

と役作りを振り返る。

佐野さん:コミカルなシーンに関しては、監督が撮影している時に(面白いと)笑って下さるので、とにかく監督を笑わせようと(笑)監督とのネタ合戦のようになっていました。中条さんとすごく現場で仲良くさせて頂いていたので、後半のシリアスなシーンは、本当にただ悲しかったです。姉弟みたいに仲良くさせて頂いていたので、役作りをしたというよりは素直に気持ちが入りました。

と撮影時の心境を明かす。佐野の前半のコミカルさ溢れるシーンと後半のシリアスな場面で魅せたふり幅のある名演には注目したい。

映画情報どっとこむ ralph 撮影中、とにかく仲が良かったキャストたち。

中条さん:みんなでキャンプに行って、バーベキューをしたりする場面があるのですが、ミツヤくん(清水尋也)とありさちゃん(恒松祐里)がバギーに乗るシーンがあって。そのバギーにみんな乗りたくて、交代に乗って遊んでいたら、遊びすぎて大人の方々に本当に怒られてしまいました(笑)。

と撮影現場の仲の良さが伝わるエピソードをが披露。

佐野さん:僕が好きなのは、仲間外れにされてしまったミツヤを筒井が呼ぶシーンです。ミツヤが凄く面白くて。学校の中でやんちゃな彼が、野菜を優しく扱うこのシーンは、実は清水くんのアドリブです。本当に楽しかったです。

と明かす。撮影時の思い出を振り返り、笑顔溢れる2人の姿を見て

英監督:とりあえず、仲が良かったよね。私はちょっと人見知りなのですが、初めて中条さんと会った時に、早く仲良くなりたくて。全員で仲良くしようというテーマでやっていたら、度が過ぎちゃいました(笑)

と加えました。

最後は・・・

上海の映画ファンからそれぞれパンダのぬいぐるみを受け取り、

中条さん:上海でも上映がされたら、何度でも観て頂きたいです!

佐野さん:僕が演じた筒井は、アニメ・2次元に目を向けて生きていて、はじめは何も出来ない男の子だったのですが、色葉たちから魔法をかけられて(影響を受けて)、素敵な男性になれました。この作品は勇気がない時に観たら、一歩歩みだせるような元気が出る作品になっています。中国中に『3D彼女』のマジックがかかればいいなと思っています!

との言葉を感謝と共にイベントは幕を下ろしました。


映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶は映画の世界観さながら、本作ならではの笑いと涙からもたらされた、爽やかさと優しさに満ちた穏やかな雰囲気の中行われ、短き時間に惜しむ声も飛び交う中、国境を超えて感動!

映画『3D彼女 リアルガール

は、9月14日(金)より全国ロードショーとなる。

公式HP:
3dkanojomovie.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/3Dkanojomovie

***********************************

中条あやみ 佐野勇斗
清水尋也 恒松祐里 上白石萌歌 ゆうたろう
三浦貴大 / 神田沙也加(声の出演)
濱田マリ 竹内 力

原作:那波マオ 『3D彼女 リアルガール』(講談社「KCデザート」刊)
監督:英 勉  脚本:高野水登 英 勉  音楽:横山 克  配給:ワーナー・ブラザース映画
主題歌:西野カナ「Bedtime Story」(SMEレコーズ)

ⓒ2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ⓒ那波マオ/講談社


西野七瀬、白石麻衣ら涙!『あさひなぐ』初日舞台挨拶サプライズに


映画情報どっとこむ ralph 人気コミック「あさひなぐ」が乃木坂46の西野七瀬主演で、ついに映画化され、9月22日(金)より全国公開となりました。

そしてこの度、9月22日(金)に公開を記念しての初日舞台挨拶が行われ、主演の西野七瀬さんをはじめ、桜井玲香さん、松村沙友理さん、白石麻衣さん、伊藤万理華さん、富田望生さん、生田絵梨花さんと英勉監督も登壇しました。

キャストの皆さんは映画の“勝負衣装”である道着に防具姿で登場!監督は何故かジャージ。

そして約3ヶ月のなぎなたの演技に挑んできたキャスト一同に、なぎなた指導の先生からサプライズで手紙と花束を贈呈!
流石にたまらず涙を。

映画『あさひなぐ』初日舞台挨拶

日時:9月22日(金)
会場:TOHOシネマズ 新宿
登壇:西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花、英勉監督
スペシャルゲスト:吉井和代先生(全日本なぎなた連盟)・連盟所属の大学生

映画情報どっとこむ ralph TOHOシネマズ 新宿の大きなスクリーンは超満員。マスコミも前2列に入りきれないほど。
大歓声の中、キャスト陣がなぎなた道着に防具姿で登場!
凛とした姿は乃木坂さん達にぴったりな印象。

西野さんは久しぶりに旭の丸メガネを掛けてくれてます!

西野さん:今日は楽しみで・・・久しぶりにこの防具を付けて、撮影を思い出しながら着つけました!

桜井さん:今日は無事に初日を迎えられてうれしいです。この大きなスクリーンにいっぱいに入っていただいて、こんな作品い出させていただいたのだと。ヒシヒシと感じています。

松村さん:・・・撮影の時からずっと楽しくて。心の底から好きな作品が出来上がりました。かわいい子が沢山出てますが。サクラちゃん(自分)を注目してください!

白石さん:無事に公開初日。嬉しく思ってます。何十回も何百回も観ていただけたら嬉しいです。
おそらく会場の中には見ようと思った人もいるはず。

伊藤さん:撮影期間から和気藹々でしたが、長いPR期間でより仲良くなれて、今日でPR終わるのが寂しいです。是非何十回でも何百回でも観て下さい!

富田さん:面白かったですか?(大拍手)こうして乃木坂46の皆さんと舞台挨拶に立てて光栄です!

生田さん:なぎなた稽古、撮影。そしてPR。そして公開初日を迎えて感慨深いです。

英監督:補欠だからジャージ?よろしくお願いいたします。

映画情報どっとこむ ralph 人気コミックの映画化のオファーが来てどう思ったのか?

英監督:原作も面白かったし、こうしたキラキラした人たちと、いつかできるだろう、いつかできるんだったら今日できる!みたいな。やるしかないと決めました。

西野さん:わたし、薙刀と言うもの自体を知らなかったんで、想像もつかなくて。フワッとしてました。原作は試合の場面は自分たちはやらないんだろうなと読んでました。でも、練習しているうちに、本番も自分でやりたくなって監督に直談判しに行きました!

桜井さんもオファーが来てから原作を読んで

桜井さん:ファンが沢山いる作品だったので、光栄でした。薙刀も最初は初めてで、出来なさ過ぎて、映画撮れるのかな?と不安になりましたが、支えながらクリアして良い作品になりました。

松村さんは、江口のりこさん演じる寿慶さんにしごかれていますが。

松村さん:寿慶さんの気迫が凄いんです!カメラさんとか照明さんのお力で凄いんじゃなくて、実際に怖かったんです!声の音圧が凄くて。でも、楽屋では面白くって、ギャップ萌えしました~。

白石さんは英組ならではのアドリブ口撃に笑わないように頑張ったそうで

白石さん:中村倫也演じる小林先生は基本アドリブなんです。私は頑張ってますが、松村笑っちゃってるんですよ!(←本編に残ってます)
松村さん:監督~

監督:あれ笑ったままでもキャラ的にOKなのに、取り繕うから・・・。

西野さん:別の場面で私も、ほぼアドリブのままで進んでいくので、ほんまにこんな自由でいいんやって思いました。白石さんのことをミヤジマハールって言ってるのもアドリブです。

白石さん:中村さんに呼ばれるときはミヤジマハールでした。

映画情報どっとこむ ralph 伊藤さん:撮影時に2年生の立場からすると、3年生の引退試合の時にはけていったときに、本当に泣けて。感情移入しちゃいました。でも映ってないんです。
MC:映ってない?監督?

監督:だってフレームアウトしてんだもん。映せない。せっかく涙でたんで戻る?

伊藤さんは、メイキングでと監督に直談判していましたが。。如何に。

一方、オフショットを史乃カメラで追っていた富田さん

富田さん:公式ツイッターでマンデー文乃カメラをやってますので是非チェックして下さい。休憩中は、お話したりお昼寝したり。丁度、インフルエンサーの発売日でインフルエンサーの振り教えてもらったんです!教えるのが上手なんです!見たいかい?(ウォーと茶色い野太い歓声)

ここで生アカペラインフルエンサー!

生田さん:違う学校なので、楽屋でも別で・・・撮影中は文乃ちゃんが乃木坂なんじゃないかと。ブンブンしてるのを横目で見てました。なぎなたもみんなと一緒にお稽古できなくて。撮影中に別の体育館で練習してました。なぎなたは美しさが大事なので頑張りました。

と、苦労を語りました。
フォトセッション後に、MCがサプライズで薙刀指導の吉井和代先生からのお手紙を代読。するとすでに涙目のキャスト。
更にサプライズで吉井和代先生と大学生の皆さんが花束をもって登場!涙涙に。

映画情報どっとこむ ralph 本作の主人公・東島旭(とうじま・あさひ)役には、映画初出演にして初主演となる西野七瀬。

旭が憧れる先輩・宮路真春(みやじ・まはる)役に白石麻衣。二人の最強のライバル・一堂寧々(いちどう・ねね)役には生田絵梨花を迎え、桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華ら乃木坂46メンバーが“美の武道”なぎなたに初挑戦!

さらに、『チアダン』の富田望生をはじめ、中村倫也、森永悠希、角替和枝、江口のりこら実力派俳優陣が個性的キャラクターを演じ、監督は『ヒロイン失格』など数々の大ヒット作を手掛けてきた英勉が務め、“なぎなた”に全てをかける女子高生の青春をみずみずしく描いた感動作が完成いたしました!

映画『あさひなぐ』

物語・・・
春、元美術部で運動音痴の主人公・東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。旭は1つ先輩の宮路真春と出会い、その強さに憧れ”なぎなた部”入部を決意! 同級生の八十村将子、紺野さくら、2年生の野上えり、大倉文乃と共に部活動をスタートしたが、”練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”―そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの! やがて3年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経て一回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。

再びツ坂の前に宿敵國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事が―。真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。そのとき、旭は・・・・・・。物語はクライマックスへ向けて大きく動き出す―。

9月22日(金) 全国ロードショー

公式HP:
asahinagu-proj.com

***********************************

西野七瀬 桜井玲香 松村沙友理 白石麻衣 伊藤万理華 富田望生 生田絵梨花
中村倫也 森永悠希  角替和枝 江口のりこ
原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中) 

脚本・監督:英勉 
配給:東宝映像事業部
©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 
©2011 こざき亜衣/小学館 


西野七瀬自ら吹き替えなしを監督に直訴!『あさひなぐ』完成!主要キャスト登壇&乾杯!


映画情報どっとこむ ralph 映画『あさひなぐ』9月22日全国公開が遂に完成!!
TOHOシネマズ 六本木にて、キャスト&監督による完成披露上映会が行われました!

映画版メンバーTOHOシネマズ 六本木に、主演の西野七瀬さんほか、桜井玲香さん、松村沙友理さん、白石麻衣さん、伊藤万理華さん、富田望生さん、生田絵梨花さんが薙刀の道着姿ではなく、ドレッシーな姿で登場!
ヒットを祈願に鏡開き!&スポーツドリンクで乾杯!

『あさひなぐ』完成披露上映会概要
日時:8月28日(月)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:西野七瀬・桜井玲香・松村沙友理・白石麻衣・伊藤万理華・富田望生・生田絵梨花・英勉監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中、登場するキャストと監督!

西野さん:初めて見る一般のお客さんですよね。観終わったときにどんな思いになるのか・・・楽しみな気持でいっぱいです。みんな薙刀を頑張ったので、カッコいいなと思ってもらえると思います。

と完成披露への想いを述べた後、薙刀に関して、

西野さん:年明けぐらいから薙刀の練習が始まって、重いし長いし扱うの大変やったし、足裏の皮めくれそうやったり筋肉痛やったり。薙刀を知ることが出来ていい経験になりました。

英監督:折角、綺麗な人たちなのに、面をかぶる。根源的なんで?なんです。面越しに観る美しさを楽しんでください。練習は、みんなうっすら泣いてる感じでした。


乃木坂46のキャプテン桜井さんは、今回イメージと違うチョット不良な感じの役。
桜井さん:キャラと違う!と、言われましたが、初めて金髪にしましたし、形から入って役を作りやすかったですね。。ただ剣道をやっていた設定なので入れたら苦戦しました。それから、舌打ちって意外と難しいんだな。

と、いうと、MCがやって的な無茶振りにチッ!と答える桜井さん。

桜井さん:監督が試合中に暴言を吐いてくれと、もっと罵ってくれって!

と、監督のMっ気を暴露?桜井さんの罵りを浴びたい方は映画館に!

一方、松村さんは

松村さん:この撮影の時は一から薙刀を始めたのでスタッフさん監督さんも練習に来てくれはったし、みんなで創ってる!って青春でした。
途中心が折れたんですよね?と問いかけると

松村さん:ウエ~イ!1か月も練習した試合シーンを、監督さんが前日に全部変えたんです!心折れて、涙が・・・。それを監督さん笑ってはったんです。


映画情報どっとこむ ralph 白石さんは凄く薙刀が強い役!
白石さん:何しろ薙刀が強くなくてはという役だったので・・・初日の薙刀の指導の先生があなただけ特別に厳しくいくからって!心が折れそうになったんですけど・・・やってみると楽しくて。苦ではなかったですね。ただ試合数が多いので覚えることが多かったのですが、楽しかったです!

と、ちょっと男前!な白石さん。
一方、部長役の伊藤さんは乃木坂では引っ張っていくのを避けていたのでリーダーの振る舞いがわからず、
伊藤さん:前半は物語の進行役で台詞は多いし、そういうキャラではないので、一番気持ちがわかるキャプテン桜井に相談しました。

桜井さん:本当に感情移入しちゃいますね。気持ちがわかりすぎて・・・。散歩しながら話しました。
女性グループのまとめ役は大変そうなエピソードを語りました。


富田さんは、一人乃木坂外からきた女優さん
富田さん:でっかい人物が必要な時に、富田に任せよう!って思えるように役者として思っていたので嬉しかったです。とはいえ、不安でしたが、ものすごく優しいんです!x2 おいでって感じで。そして、薙刀を通して距離が近くなりました。

西野さん:和むんですよ。しんどい時にも。

と、チームになくてはならない存在になったそう。

映画情報どっとこむ ralph ライバル校の薙刀のうまい役の生田さん
生田さん:彼女の背景が映画では細かく描けないので、もったいないよね。と監督さんに言われて、子供らしい素直さからの不ふてくされ感や、可愛らしさも出すように演じました。薙刀の手数が多くて、まず頭で暗記して、体に覚えさす。ずっと勉強してる感じでした!

薙刀のシーンは吹き替えも用意したそうですが、実際はほとんど彼女たちが演じているそうで

英監督:練習していくうちに、キャラにあった薙刀を習得していて、吹き替えでマネが出来なくなって。顔見えても見えなくても、やってもらおうと。

その考えを聞いていなかった西野さんは、自分でやりたくて
西野さん:練習してるうちに自分でやりたいと思って、監督に意を決して言いに行ったんです!って言ったら「そのつもりです!」って・・・監督さんも同じ考えで嬉しかったです。

彼女たちの頑張りの成果を是非劇中で。

西野さんが好きなシーンは

西野さん:憧れの先輩の真春(白石)を呼び出して、食って掛かるシーンがお気に入りです。旭の決意の表情を観て下さい!

白石さん:監督とモニターで見ていて、かっこよかったです!観て欲しいです。

映画情報どっとこむ ralph ここで、鏡割り!大ヒット祈願へ!

西野さん:せ~の!(ヨイショ!)
中はスポコン?ものなので、スポーツドリンク。で、乾杯!

白石さん:映画『あさひなぐ』大ヒットを祈願しまして!乾杯!(乾杯!)

映画情報どっとこむ ralph 映画『あさひなぐ』

物語・・・
NEW春、元美術部で運動音痴の主人公・東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。旭は1つ先輩の宮路真春と出会い、その強さに憧れ”なぎなた部”入部を決意! 同級生の八十村将子、紺野さくら、2年生の野上えり、大倉史乃と共に部活動をスタートしたが、”練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”―そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの! やがて3年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経て一回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。

再びツ坂の前に宿敵國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事が―。真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。そのとき、旭は・・・・・・。物語はクライマックスへ向けて大きく動き出す―。

9月22日(金) 全国ロードショー

公式HP:
asahinagu-proj.com

***********************************

西野七瀬 桜井玲香 松村沙友理 白石麻衣 伊藤万理華 富田望生 生田絵梨花
中村倫也 森永悠希  角替和枝 江口のりこ
原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中) 

脚本・監督:英勉 
配給:東宝映像事業部
©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 
©2011 こざき亜衣/小学館