「若旦那」タグアーカイブ

加藤雅也、中村ゆり、松本利夫ら登壇!『影に抱かれて眠れ』初日舞台挨拶 更に原作者・北方謙三も登場!


映画情報どっとこむ ralph この度、9月6日(金)に公開となりました映画『影に抱かれて眠れ』の初日舞台挨拶が、本日、9月7日(土)に丸の内TOEI2にて開催され、本作で主演を飾る加藤雅也さんはじめ、中村ゆりさん、松本利夫さん、カトウシンスケさん、若旦那さん、熊切あさ美さん、和泉聖治監督が登壇!更に、本作の原作「抱影」の著者の、北方謙三さんも登壇しました!
影に抱かれて眠れ
映画『影に抱かれて眠れ』初日舞台挨拶
日程:9月7日(土)
場所:丸の内TOEI2 
登壇:加藤雅也、中村ゆり、松本利夫、カトウシンスケ、若旦那、熊切あさ美、和泉聖治監督/北方謙三

映画情報どっとこむ ralph 作家・北方謙三氏による小説「抱影」を映画化した『影に抱かれて眠れ』が9月6日、ついに公開初日を迎え、翌7日には東京の丸の内TOEI2で公開記念舞台挨拶が行われました。

加藤さん:僕が若い頃は今回の映画のようなハードボイルド作品が製作されていましたが、今の日本においてはハードボイル作品の製作が難しい状況にあります。そんな中で生み出された作品。これが大ヒットしていい成績を収めれば、今後もハードボイルド作品が作り続けられるはずです。

と思いを込めた。

中村さん:今回の撮影を通して男の人はロマンチックだと感じました。現場でのみなさんの会話を聞いていると、小学生の男の子そのもので。それが凄く可愛い。男の人は少年の心を忘れていないんだなぁと思いました。

と舞台裏を紹介。また初プロデュースに挑戦した中野英雄さんは、中村さんが若手の頃にアルバイトしていたカフェの常連だったそうで

ナカムラさん:中野さんがプロデュースした映画に出演できるなんて、その頃から考えたら縁を感じます。

と明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 熊切さん:役を通して、本命の愛された女性にならなければなぁと思いました。

と実感を込めると、劇中の内容にちなんで

加藤さん:愛されていないわけじゃないよ!お店もあげたじゃない!

と笑わせた。映画初出演の若旦那さんは

若旦那さん:撮影もすごく楽しくて、もっと俳優をやってみたいと思いました。いつでも大河ドラマのオファーが来てもいいように、今では乗馬の練習もしています。

と会場を沸かせた。

松本さん:ハードボイルドの中に純愛物語も入っており、その中で雅也さんとシンスケさんの3人の絆と友情が見えればいいと思った。

と役作りのイメージを明かし

松本さん:雅也さんには勝手に、無口で白いガウンを着て、ワインを片手に葉巻を吸っているイメージを抱いていたけれど、実際は凄くフランクな方でした。不安は一瞬にして拭われました。

と加藤さんの人柄に感銘を受けていた。カトウシンスケも

カトウさん:雅也さんが率先して現場の空気を作ってくれて、弟分としてはその大きな背中を追いかけ、受け止められたり、跳ね返されたりした。頼りになる兄貴でした」と共演を喜んだ。

劇中にはそんなカトウシンスケさんの頬を、松本さんがいきなり平手打ちするシーンがあり

加藤さん:あれは松君のアドリブです。和やかな雰囲気だったのに、目の前で急に松君がパーンッ!とやった。僕は『え…?』と驚いた。びっくりですよ!

と打ち明けると、

松本さん:いい角度で入りましたね!

とニヤリとしていた。

映画情報どっとこむ ralph 原作者の北方先生は

北方先生:どんな映像を見せてくれるのかと楽しみでしたが、完成したものを見たら驚きました。これまでに映像化されたものにはなかった心のざわめきを感じました。“映画”を見たな、という気分です。

と太鼓判を押してくれた。自身もカメオ出演しているが

北方先生:そのままでいいと言われたのでそのままやったら、完全なエロジジイになっていました。

と会場を笑わせた。

北方先生とは16年来の親交があるという加藤さんは

加藤さん:色々な物事について深く知っており、話が尽きない方です。北方先生の原作作品に出演するのは2度目ですが、喜ばしいことである一方、複雑なキャラクターが多いので難しさも感じます。でも今回は『諦念を心に置いてほしい』とのアドバイスを頂くことができ、それを意識しながら演じることができました。

と手応えを明かした。

最後に・・・

和泉監督:北方先生に会うのは毎回緊張する。自分自身にとっても『影に抱かれて眠れ』は好きな映画になりました。大ヒットに向けて応援してもらえたら嬉しいです。

と観客に呼びかけた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『影に抱かれて眠れ

9月6日(金)丸の内TOEI2・横浜ブルク13他、全国順次公開中

公式サイト:kagedaka.jp

映画「影に抱かれて眠れ」ポスター
物語・・・
硲(はざま)冬樹(加藤雅也)は、横浜でいくつかの酒場を経営する画家。
毎晩のように自転車で店を巡回し、したたかに飲む。一方、画家としての才能は内外に名を知られる存在でもあった。そんな冬樹の平凡な日常が狂い始める。ある日、冬樹を兄貴と慕う岩井信治(カトウシンスケ)が傷を負って冬樹のもとに転がり込んできた。信治は、冬樹の店を辞めた後NPOの慈善団体、“碧(みどり)の会”の一員となって、横浜の街の闇に飲み込まれた女の子たちを救い出す活動をしていた。一人の未成年の女子を救うために窮地に追い込まれていた信治に冬樹は手を貸してしまう。そんな冬樹を守ろうとする店のバーテンダー辻村(松本利夫)。男たちの抗争に巻き込まれようとする中、冬樹は純愛を貫く人妻・永井響子(中村ゆり)の余命を知らされ、響子への愛を絵に描き写したいという思いが込み上げる。
仲間を守るため、愛を貫くため、冬樹が下した決断とは。
冬樹の周辺の人間模様が複雑に交差するなか、果たして冬樹の人生はどんな終着点を迎えるのか・・・。

***********************************

出演:加藤雅也
中村ゆり、松本利夫、カトウシンスケ、熊切あさ美、若旦那
余貴美子、火野正平/AK-69
原作:北方謙三『抱影』(講談社文庫刊)
主題歌:クレイジーケンバンド「場末の天使」
(ダブルジョイ インターナショナル / ユニバーサル シグマ)
監督:和泉聖治
脚本:小澤和義  
プロデューサー:中野英雄  
製作 BUGSY、ドリームエンタテインメント  
配給 BS-TBS
配給協力:トリプルアップ
(c)BUGSY
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

加藤雅也ら男軍団+中村ゆり 登壇『影に抱かれて眠れ』完成披露上映会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、9月6日(金)に公開される映画『影に抱かれて眠れ』の完成披露上映会が、8月6日(火)に丸の内TOEI2にて開催され、本作で主演を飾る加藤雅也はじめ、松本利夫、カトウシンスケ、若旦那といった豪華男性キャストが集結!

和泉聖治監督が華を添えました。更に紅一点で中村ゆりが登壇。

登壇できなかったAK-69や火野正平も、コメント映像で参加いたしました。更に、サプライズゲストとして、本作で初プロデュースを果たした俳優・中野英雄、脚本の小澤和義も参加!豪華な「男祭り」舞台挨拶となりました。
映画『影に抱かれて眠れ』完成披露上映会
映画『影に抱かれて眠れ』完成披露上映会
日程:8月6日(火)
場所:丸の内TOEI2
登壇:加藤雅也、中村ゆり、松本利夫(EXILE)、カトウシンスケ、若旦那、和泉聖治監督
コメント映像上映:火野正平、AK-69
サプライズゲスト:中野英雄、小澤和義

映画情報どっとこむ ralph 完成披露試写会が8月5日、東京の丸の内TOEI2で行われ、主演の加藤雅也、共演の中村ゆり、松本利夫(EXILE)、カトウシンスケ、若旦那、和泉聖治監督が出席した。

主演の加藤は「今から1年ほど前の猛暑の中で撮影した映画で、このようにお披露目できる日が来たことを光栄に思います」と嬉しそう。紅一点の中村は「見た目はちょっといかつくて怖いお兄さんに囲まれながらの撮影になりましたが、皆さんが少年のように映画を作っている姿を見て、この映画同様にロマンを持って生きるって素敵だなと感じました」とユーモア交じりに報告した。

そんな中村を加藤は「監督が『ヒロインは中村さんしかいない』と言っていたけれど、初めて中村さんとお会いした時に本当に透明な方で…。監督の言っている意味がわかりました」と絶賛。それに中村は「ありがとうございます」と照れつつ「加藤雅也さんはダビデ像みたいに美しくて、クールな方なのかと思ったけれど、近所のお兄さんみたいに気さくな方でした」とイメージとは裏腹の加藤の人柄に感謝していた。

松本は「実は最初と最後のシーンが僕なんです。いいポジションをいただきました。その辺も観てください」とニヤリ。若旦那は「役をもらった時にオーダーされたのは、食べ方を汚くするということ。でもその食べ方から僕の中で映画が始まった気がします。ただそれが豚足で…。手づかみで食べたので匂いが二週間くらいとれなくて困りました」と熱演報告。

一方、カトウは「真っ直ぐに兄貴を慕う役どころで、撮影中は慕える兄貴の背中があったのでやりやすかった。すべて兄貴にお任せする感じでした」と大先輩の胸を借りたよう。それに加藤が「上手いことを言うなぁ~」と感心すると、すかさず「嘘です!怖い先輩方ばかりで肩身の狭い現場でした!」とジョークで笑わせた。

和泉監督は「平成最後の夏、本当に暑い夏で僕らも熱かった。限りなくフィルムノワールに近いハードボイルド映画です。俳優さんたちの汗の量も凄いです。みんな汗だくでした」と漢たちの現場を回想。本作でプロデュース業に初挑戦した俳優・中野英雄と脚本担当の小澤和義も壇上にサプライズ登場。中野は「初めてのプロデュースで右も左もわからなかったけれど、今日という日を迎えることができて最高です」と満面の笑み。小澤は準備稿が17稿にも及んだことに触れつつ「中野英雄のプレッシャーと監督のプレッシャーが凄かった」と激闘を口にしていた。

最後に主演の加藤は「日本ではハードボイルドやフィルムノワールの映画を作るのが難しくなっている。その中で今回のような作品が完成したのは嬉しい。このような映画がもっと支持されて、もっと作っていきたいという思いがある。多くの人に観ていただき、宣伝していただきたい」と熱い想いを吐露していた。

映画情報どっとこむ ralph 影に抱かれて眠れ
映画『影に抱かれて眠れ』

9月6日(金)丸の内TOEI2・横浜ブルク13他、全国順次公開

公式サイト:
kagedaka.jp

映画「影に抱かれて眠れ」ポスター
***********************************


出演:加藤雅也/中村ゆり、松本利夫、カトウシンスケ、熊切あさ美、若旦那/余 貴美子、火野正平/AK-69

原作:北方謙三『抱影』(講談社文庫刊)
主題歌:クレイジーケンバンド「場末の天使」 (ダブルジョイ インターナショナル / ユニバーサル シグマ)
監督:和泉聖治
脚本:小澤和義
プロデューサー:中野英雄  
製作 BUGSY、ドリームエンタテインメント  
配給 BS-TBS 
配給協力:トリプルアップ
©BUGSY  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

北方謙三 原作・・加藤雅也・中村ゆり・松本利夫「影に抱かれて眠れ」場面写真


映画情報どっとこむ ralph この度、講談社創業100周年記念出版作品、巨匠・北方謙三原作の「抱影」(講談社文庫刊)の実写映画化となった「影に抱かれて眠れ」より、既に解禁されているメインビジュアルを含み場面写真が一挙解禁となりました。

色を落としたモノクロ写真を中心に、本編への期待感が高まるスタイリッシュな場面写真が出揃いました。
自らに降りかかる出来事を全て受け入れる主人公・冬樹だけでなく、登場人物たち全てに課せられる運命。平穏な日常が突如として崩れ始めたとき、それぞれが影を抱き、抗いながらも運命に渦に巻き込まれていくのです。
豪華キャストが織りなすハードボイルドの真髄とも言える本作から、厳選したシーンを切り取っての解禁となります。


「影に抱かれて眠れ」

物語・・・
硲(はざま)冬樹(加藤雅也)は、横浜でいくつかの酒場を経営する画家。
毎晩のように自転車で店を巡回し、したたかに飲む。

一方、画家としての才能は内外に名を知られる存在でもあった。そんな冬樹の平凡な日常が狂い始める。

ある日、冬樹を兄貴と慕う岩井信治(カトウシンスケ)が傷を負って冬樹のもとに転がり込んできた。
信治は、冬樹の店を辞めた後NPOの慈善団体、“碧(みどり)の会”の一員となって、横浜の街の闇に飲み込まれた女の子たちを救い出す活動をしていた。一人の未成年の女子を救うために窮地に追い込まれていた信治に冬樹は手を貸してしまう。そんな冬樹を守ろうとする店のバーテンダー辻村(松本利夫)。男たちの抗争に巻き込まれようとする中、冬樹は純愛を貫く人妻・永井響子(中村ゆり)の余命を知らされ、響子への愛を絵に描き写したいという思いが込み上げる。

仲間を守るため、愛を貫くため、冬樹が下した決断とは。

冬樹の周辺の人間模様が複雑に交差するなか、果たして冬樹の人生はどんな終着点を迎えるのか・・・。

***********************************

出演:加藤雅也
中村ゆり、松本利夫、カトウシンスケ、熊切あさ美、若旦那
余貴美子、火野正平/AK-69
原作:北方謙三『抱影』(講談社文庫刊)
主題歌:クレイジーケンバンド「場末の天使」
(ダブルジョイ インターナショナル / ユニバーサル シグマ)

監 督:和泉聖治
脚 本:小澤和義

プロデューサー:中野英雄  
製作 BUGSY、ドリームエンタテインメント  
配給 BS-TBS
配給協力:トリプルアップ
(c)BUGSY




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

西村まさ彦、若旦那 新宿に参上!『JK☆ROCK』公開直前イベント


映画情報どっとこむ ralph 青春音楽ムービー『JK☆ROCK』が4月6日(土)が全国公開となります。

本作は、2人の「JOE」を中心に絶大な人気を誇っていた、自身の所属するロックバンド「JoKers」の突然の解散をきっかけに、音楽を捨ててくすぶっている主人公・丈が、初心者女子高生バンドを指導することになり、彼女たちの真っ直ぐな姿を通して音楽への情熱を取り戻していく、音楽へのひたむきな想いを抱く若者たちの姿を爽やかに描き上げた物語。

この度、主人公・丈の音楽への情熱を再び取り戻させようとするロックカフェの店長・照雄を演じる西村まさ彦さんと照雄のヤンキーロック仲間で、照雄の思い付きで結成された初心者女子高生バンドDROP DOLLをみんなで応援している竜吉を演じる若旦那さんが登壇して公開直前トークイベントが行われました。

さらに、主題歌を務め、劇中でも同じバンド名で登場する現役女子高生バンドDROPDOLLが熱いライブパフォーマンスを披露しました。


映画『JK☆ROCK』公開直前 西村まさ彦、若旦那トークショーイベント
日時:4月3日(水)
場所:新宿PePe前広場
登壇:西村まさ彦、若旦那、DROP DOLL 

映画情報どっとこむ ralph 街頭ビジョンに西村さんが歌いDROP DOLLが踊るMVと本作の予告編が流れる終わると、


西村さんと若旦那が登場!
今日はロックな服装で!というドレスコードがあったそうで、若旦那さんは白い革ジャンに、インディアンネックレスでキメ、
普段はモノトーンが多いという西村さんは、ダーク目なジャケットにインナーがダークという服装。
お二人とも観衆の前でファッションを語るのが気恥ずかしそう。


街頭ビジョンで歌が披露されたばかりの西村さんは、これに触れられ、

西村さん:彼女たちの踊りによって、僕は助けられました!
と、述懐。一方、若旦那さんは、撮影時に西村さんと共演できたことに

若旦那さん:西村さんの近くで演技ができたことは収穫になりました。掛け合いが楽しかったですね。

と、手放しで喜んでいるご様子。

おじさんロックンローラーを演じて印象に残っているのは?

西村さん:ロックは体力がいる。疲れる。ロッカーは人と真剣に向き合うので、すべてに真剣勝負だから気が抜けないところですね。若者たちの純粋なまっすぐな目。熱い思いに影響された現場でした。(ロックとは?)自己肯定。魂の叫びだね。主張が込められてるので違うよね。あくまでも自分であるという感じ。

若旦那さん:西村さんの言う自己肯定。間違ってないとを音楽を通してだったらいえる。音楽の力を信じてます。
と呼応。

撮影時のことを聞かれ、

若旦那さん:撮影は順調でしたね。皆の息があってたんで、自分の映画見るの恥ずかしいですけど。いい映画になりましたね。

西村さん:若旦那さんとても良かったですよ。
と、ねぎらいました。

そして、撮影打ち上げ時に、主演の福山翔大さんが湘南乃風の睡蓮花が好きだということで
カラオケで歌ったそうで

若旦那さん:サービスで歌いましたね!誰かの思い出の曲になってるのは、不思議な感覚ですが嬉しいですね。でも今の状態も聞いて欲しいですね。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、
西村さん:夢を追いかける若者達の熱き想いを、皆様映画館で受け止めて下さい。

若旦那さん:DROP DOLL の演奏が思った以上に上手くて、楽屋でのトークも 面白かったので(笑)今後も活躍を楽しみにしております!

と語り、トークイベントは終了しました。

続いて登壇した DROP DOLL が本作の主題歌 「シークレットボイス」を含むミニライブ。
別記事でたっぷりご紹介!
http://eigajoho.com/147690


『JK☆ROCK』

4月6日(土) 新宿バルト9他 全国ロードショー

Jkrock-movie.jp
公式Twitter:
@jkrock_movie

◆STORY◆
まっすぐな音が、踏み出せない一歩をくれた
二人の「JOE」を中心に結成した大人気ロックバンド「JoKers」。人気絶頂の中での突然の解散から1年後、「JOE」(山本涼介)は米デビューを果たし、もう一人の「JOE」・海江田丈(福山翔大)は解散をきっかけに音楽をあきらめ、別の道を進もうと大学で退屈な日々を過ごしていた。丈ともう一度音楽をやりたいJoKersのメンバー・晴信、昴に相談されたロックカフェオーナー・照雄(西村まさ彦)は、思い付きで初心者女子高生バンド「DROP DOLL」を結成させ、丈に指導させることで音楽への情熱を取り戻させようとする。突然バンドを組むことになった桜、真緒、リナの3人は、丈の厳しい指導に反発しながらも音楽の楽しさに夢中になっていく。そんな真っ直ぐな彼女たちを見ているうちに、徐々に音楽への想いがよみがえる丈。しかし、彼女たちの初ステージが目前に迫った時、帰国した「JOE」が現れ、JoKers解散の本当の理由が明らかになる―。

***********************************

福山翔大 山本涼介 小林亮太 熊谷魁人
早間千尋(DROP DOLL . チヒロ) 結 那(DROP DOLL . ユイナ) 三宅ゆきの(DROP DOLL . ユキノ)
吉本実憂 金井勇太 橋本マナミ 若旦那 吹越 満
本田博太郎 / 高島礼子 / 西村まさ彦
監督:六車 俊治
脚本:谷本佳織
音楽:遠藤浩二 音楽指導:横川雄一
主題歌: 「シークレットボイス」(DROP DOLL)徳間ジャパンコミュニケーションズ

製作総指揮:影山龍司 プロデューサー:岩城レイ子 プロダクション統括:木次谷良助
制作協力:東映東京撮影所
配給・宣伝:ファントム・フィルム
宣伝協力:マンハッタンピープル
音楽協力:デビュン
製作:KAGEYAMAJUKU ENTERTAINMENT
©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

主演・加藤雅也 哀愁と優しさ・・・「男」の物語 北方謙三原作実写映画化 映画「影に抱かれて眠れ」


映画情報どっとこむ ralph 講談社創業100周年記念出版作品で、巨匠・北方謙三先生。原作の「抱影」(講談社文庫刊)が、遂に「影に抱かれて眠れ」として実写映画化。
哀愁漂う男たちの悲哀と優しさを書き上げた原作は、純文学を超える力強さでファンを魅了し北方謙三の真骨頂ともいえる名作です。

メガホンをとったのは、10年以上にわたり圧倒的人気を誇る国民的大ヒット作品「相棒」シリーズのメイン監督を務めた和泉聖治さん。

和泉聖治監督コメント:

2018年の真夏。
北方謙三原作「抱影」の撮影は始まりました。北方謙三さんは、ダンディーで私の尊敬する作家です。
プロデューサーの中野英雄氏と小澤和義氏とは撮影に入る前も、撮影に入ってからも毎日のように作品について熱く討論を重ねました。両氏は私の古くからの知人であり、映画仲間でもあります。
そんな “我らが仲間”たちと、うだるような連日の猛暑の中で撮り終えた暑い熱い映画『影に抱かれて眠れ』が完成しました。今はさまざまな想いが去来します。この作品に携わった多くの人たちに感謝します。
ありがとう・・・。

映画情報どっとこむ ralph 主人公・硲冬樹を演じるのは、大人の色香漂うベテラン、加藤雅也さん。
本作では、全てを受け入れていく「男」の哀愁と優しさを演じる。

加藤雅也さんコメント:
原作の“抱影”は,余計な説明のない漠然とした世界観が頭に入ってくる小説でした。
俳優としてセリフで演じるのではなく,作品の世界観を雰囲気で表現する演技とは?と考えを巡らせていた時だったので,是非挑戦したいと思った作品でした。北方さんからは“締念”と言う言葉を頂き、その言葉をもとに主人公(硲冬樹)を作っていきました。ハードボイルドというよりはノワールな作品。この作品の世界観と一人の男の生き様を楽しんで頂けたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph
冬樹が純愛を貫く女性・永井響子には中村ゆりさん。

冬樹を兄貴のように慕い冬樹が経営するクラブのバーテンダー辻村正人を演じるのは、EXILEの松本利夫さん。

冬樹を事件に巻き込む発端を作る岩井信治を演じるのは、カトウシンスケさん。

そして、男たちの抗争で横浜のヤクザを演じたのは、湘南乃風のメンバーでミュージシャンの若旦那さん。

同じく横浜のヤクザ役に、ヒップホップ界で熱烈なファン層を獲得しているアーティストのAK-69さん。本作が俳優としてのデビュー作となり、映画初出演。

そして、冬樹と関係を持つクラブのママに熊切あさ美さん、冬樹の才能にほれ込む画商に余貴美子さん、冬樹に刺青を教える彫師に火野正平さんと、豪華な俳優陣が集結した。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作をプロデュースしたのが劇男一世風靡を経て、個性派として活躍する俳優・中野英雄。本作が初プロデュース作品となる。

中野英雄プロデューサーコメント:
今回の映画は初プロデュース作品になります 北方謙三先生の作品を先生と同年代の和泉聖治監督に撮って頂きたく 交渉致しました。若い頃に観ていた和泉聖治監督の作品のテイストを盛り込んで頂き 懐かしくもあり、また新鮮な 映画になっていると思っております。


原作の北方謙三せんせいからもコメントが到着

原作は、映画の素材のひとつである。同時に、本質の部分で深く繋がり合ってもいる。和泉聖治監督が、そこをどう扱うのか、私は注視していた。映画人の創造力の中で、原作はまた、新しい命を持った。それは驚愕すべき出来事であり、映画の力と可能性を、私に改めて感じさせた。加藤雅也の、自然体とも呼ぶべきたたずまいは、演技の本質とはなにかを、私に考えさせた。てらいのない存在感が漂い出して、間違いなく新しい境地に立ったことを感じさせた。影に抱かれた男の、激しさと哀しみ。人はなぜ生きるのかという命題にさえ、ある答えを出したと思う。

映画情報どっとこむ ralph 「影に抱かれて眠れ」

2019年秋、全国公開

公式サイト:kagedaka.jp

物語・・・
硲(はざま)冬樹(加藤雅也)は、横浜でいくつかの酒場を経営する画家。毎晩のように自転車で店を巡回し、したたかに飲む。一方、画家としての才能は内外に名を知られる存在でもあった。そんな冬樹の平凡な日常が狂い始める。ある日、冬樹を兄貴と慕う岩井信治(カトウシンスケ)が傷を負って冬樹のもとに転がり込んできた。信治は、冬樹の店を辞めた後NPOの慈善団体、“碧(みどり)の会”の一員となって、横浜の街の闇に飲み込まれた女の子たちを救い出す活動をしていた。一人の未成年の女子を救うために窮地に追い込まれていた信治に冬樹は手を貸してしまう。そんな冬樹を守ろうとする店のバーテンダー辻村(松本利夫)。男たちの抗争に巻き込まれようとする中、冬樹は純愛を貫く人妻・永井響子(中村ゆり)の余命を知らされ、響子への愛を絵に描き写したいという思いが込み上げる。仲間を守るため、愛を貫くため、冬樹が下した決断とは――。冬樹の周辺の人間模様が複雑に交差するなか、果たして冬樹の人生はどんな終着点を迎えるのか・・・。

***********************************

出演:加藤雅也/中村ゆり、松本利夫、カトウシンスケ、熊切あさ美、若旦那/余貴美子、火野正平/AK-69
原 作:北方謙三『抱影』(講談社文庫刊)
監 督:和泉聖治  
脚 本:小澤和義
プロデューサー:中野英雄  
製作 BUGSY、ドリームエンタテインメント  
配給 BS-TBS 
配給協力:トリプルアップ
©BUGSY  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ