「若おかみは小学生!」タグアーカイブ

劇場版『若おかみは小学生!』第20回プチョン国際アニメーション映画祭 優秀賞と観客賞W受賞


映画情報どっとこむ ralph 「講談社青い鳥文庫」で累計発行部数300万部を誇る人気シリーズ「若おかみは小学生!」(原作:令丈ヒロ子・絵:亜沙美)。

4月よりテレビ東京6局ネットにてTVアニメも放送され大きな話題を呼び、さらに、「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」等、数多くのスタジオジブリ映画の作画監督でも知られる高坂希太郎が『茄子 アンダルシアの夏』(03)以来15年ぶりとなる劇場公開作の監督を務めた劇場版『若おかみは小学生!』が9月21日(金)より絶賛公開中!


この度、韓国で開催された第20回プチョン国際アニメーション映画祭(10/19-10/23)の長編部門において本作が優秀賞(Special Distinction Prize)と観客賞(Audiences Prize) をダブル受賞する運びとなりました。

ダブル受賞は2016年に受賞した『君の名は。』以来の快挙となります。

映画情報どっとこむ ralph 高坂希太郎監督コメント!

何て表現したらよいか・・・
3年間に及ぶ長い製作期間、こんな名誉を賜るとは想像すらしていませんでした。
この想定外の受賞に、関わってくれたスタッフ達みんなもきっと喜んでくれると思います。
それを想うとまた嬉しいです。
在り来たりですが、「嬉しい」と「驚き」と、そして「感謝」しか言葉にできません!
ありがとう!ほんとうにありがとうございました!!
スタッフと共に分かち、次回作の糧にしたいと思います。
どうもありがとうございます!


映画情報どっとこむ ralph 花の湯温泉のお湯は、誰も拒まない、すべてを受け入れて、癒してくれる。

若おかみは小学生!

アニメ公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/movie/

アニメ公式Twitter:@anime_wakaokami 

物語・・・
小学6年生のおっこ(関織子)は交通事故で両親を亡くし、おばあちゃんが経営する花の湯温泉の旅館<春の屋>で若おかみ修業をしています。どじでおっちょこちょいのおっこは、ライバル旅館の跡取りで同級生の“ピンふり”こと真月から「あなた若おかみじゃなくて、バカおかみなの!?」とからかわれながらも、旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼たちに励まされながら、持ち前の明るさと頑張りで、お客様をもてなしていくのでした。いろんなお客様と出会い、触れあっていくにつれ、旅館の仕事の素晴らしさに気づき少しずつ自信をつけていくおっこ。やがて心も元気になっていきましたが、突然の別れの時がおとずれて―。

***********************************

原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎
脚本:吉田玲子
音楽:鈴木慶一 他

キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一 他

主題歌:藤原さくら「また明日」(SPEEDSTAR RECORDS)
製作:若おかみは小学生!製作委員会 
アニメーション制作:DLE、マッドハウス 
配給:ギャガ

©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委


『若おかみは小学生!』“泣けるエンドロール”の高坂希太郎監督が制作過程で描いたイメージボードを解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「講談社青い鳥文庫」で累計発行部数300万部を誇る人気シリーズ「若おかみは小学生!」(原作:令丈ヒロ子・絵:亜沙美)。

4月よりテレビ東京6局ネットにてTVアニメも放送され大きな話題を呼び、さらに、「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」等、数多くのスタジオジブリ映画の作画監督でも知られる高坂希太郎が『茄子 アンダルシアの夏』(03)以来15年ぶりとなる劇場公開作の監督を務めた劇場版『若おかみは小学生!』が9月21日(金)より絶賛公開中!

本作は、交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこ(関織子)が、ユーレイのウリ坊(立売誠)やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすために、若おかみとして毎日奮闘する様子が描かれる、笑いあり涙ありの物語。

公開直後から、SNS上では「自然と涙が出てきた」「今年一番泣いた映画だった!」などと感動の口コミが溢れ、おっこをはじめとする劇中キャラクターのファンアートを描いてアップする人が続出!さらに、『君の名は。』の新海誠監督や『GANTZ』作者の奥浩哉氏、『モテキ』の久保ミツロウ、『ちはやふる』の末次由紀氏など、“若おかみ旋風”が巻き起こっている。こうした大きな反響を受け、4週目も前週比92%の高稼働動員。215劇場中95劇場で前週比100%越えを記録。さらには今週末10/19(金)からTOHOシネマズ日比谷、新宿、上野、秋田、仙台、宇都宮、ひたちなか、水戸内原、甲府、上田、ららぽーと磐田、10/20(土)からTOHOシネマズ与次郎での再上映、渋谷、日本橋での新規上映が新たに決定となった!

映画情報どっとこむ ralph そんな中、特に話題を集めているひとつに、高坂監督が制作過程で描いたイメージボードが映し出される、“泣けるエンドロール”。シンガーソングライターの藤原さくらによる書き下ろし主題歌「また明日」の穏やかな旋律にのせ、劇中の印象的なシーンや劇中では描かれていない物語の背景が描かれたイメージボードが流れるラストは、余韻とともにさらなる涙を誘うこと請け合いだ。

この度、そんな話題のエンドロールで流れる、高坂監督直筆イメージボードの一部をWEB上で初公開!

公開されたイメージボードは、おっことおっこの父(関正次)が仲睦まじく御神楽(※舞台となる「花の湯温泉」に古くから伝承されている行事)を眺めるシーンを始め、原作でも人気の高い秋野真月やグローリー・水領、ユーレイのウリ坊と美陽といった、おっこの心の支えとなるキャラクター達とのショットが収められた計4点。貴重な私服姿やジャージ姿、さらには明るく元気な性格で笑顔が印象的なおっこが見せる様々な表情が、高坂監督ならではの優しいタッチで描かれており、あたたかい感動に包まれる。
「特に刺激の強い表現や、妬みや嫉妬と言った人の負の部分は排し、今時は珍しいかもしれませんがストレートで真面目な表現に重きを置きました。」スタジオジブリの仕事を通じて確立されたと語る高坂監督が、一切の表現にも手を抜かず丁寧に仕上げたシーンの数々はどれも感動必至!「やはり丁寧にやっただけ、観客の方にも届くものが増えるんです。自分のできることはそれがすべて。色々な方のご意見やアドバイスをいただきながらつくった、奇跡のような作品だと思っています。」

監督・スタッフが一丸となって作り上げた珠玉の90分間。多くの口コミで語られる、「大人も泣ける傑作」の答えを、ぜひスクリーンで堪能してみてはいかがだろうか。

劇場版『若おかみは小学生!』は絶賛公開中!

花の湯温泉のお湯は、誰も拒まない、すべてを受け入れて、癒してくれる。

物語・・・
小学6年生のおっこ(関織子)は交通事故で両親を亡くし、おばあちゃんが経営する花の湯温泉の旅館<春の屋>で若おかみ修業をしています。どじでおっちょこちょいのおっこは、ライバル旅館の跡取りで同級生の“ピンふり”こと真月から「あなた若おかみじゃなくて、バカおかみなの!?」とからかわれながらも、旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼たちに励まされながら、持ち前の明るさと頑張りで、お客様をもてなしていくのでした。いろんなお客様と出会い、触れあっていくにつれ、旅館の仕事の素晴らしさに気づき少しずつ自信をつけていくおっこ。やがて心も元気になっていきましたが、突然の別れの時がおとずれて―。

***********************************

原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎
脚本:吉田玲子
音楽:鈴木慶一 他
キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一 他

主題歌:藤原さくら「また明日」(SPEEDSTAR RECORDS)


小林星蘭 べた褒めに照れる!!劇場版『若おかみは小学生!』舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 劇場版『若おかみは小学生!』がついに9月21日(金)より全国公開となりました!

この度、映画公開を記念した舞台挨拶がTOHOシネマズ新宿で行われ、主人公おっこ(関織子)役を務めた小林星蘭ちゃんほか、水樹奈々さん、松田颯水さん、鈴木杏樹さん、ホラン千秋さんといった豪華声優キャスト陣、さらに、主題歌「また明日」を手がけた藤原さくらさん、原作者の令丈ヒロ子先生、高坂希太郎監督らが登壇しました!


『若おかみは小学生!』公開記念舞台挨拶<概要>

日時:9月22日(土)11:25~11:55 (9:30の回の上映終了後)
場所:TOHOシネマズ 新宿
登壇:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、鈴木杏樹、ホラン千秋、藤原さくら(主題歌)、令丈ヒロ子(原作)、高坂希太郎監督

映画情報どっとこむ ralph 満席の場内に劇中のおっこさながらの着物衣装で登壇した星蘭ちゃんは、

星蘭ちゃん:みなさんこんにちは!劇場版「若おかみは小学生!」へようこそ!小林星蘭さんです、あっ、おっこです!(笑)

と笑顔で挨拶。元々原作の大ファンだったという星蘭ちゃんは、キャスティングが決まった当時の想いを

星蘭ちゃん:(原作は)学校の図書室で争奪戦になるくらいの人気で、私も大好きです。オーディションの結果をドキドキして待っていて、受かった時は本当に本当に嬉しくて、もう泣いてしまいました!

と振り返り、あらためて嬉しそう。


続いて、

水樹さん:あなた、若おかみじゃなくてバカおかみなの!?

と劇中のセリフで挨拶したのは、おっこのライバル旅館のあととり娘、真月役を務めた水樹奈々さん。衣装も真月に合わせた“ピンフリ”(=ピンクでふりふりな服装をいつも着ていることから真月が同級生の間で呼ばれているあだ名)のワンピースを身に纏う気合いの入れようだが、オーディションの時は不安を感じていたそうで、

水樹さん:正直最初は、「私が小学生役で、大丈夫なのか!?」って感じていました。しかも現場で星蘭ちゃんに会って、ますます「本当に私で大丈夫なのか?!星蘭ちゃんごめんなさい!」って思いました(笑)

と振り返るも

水樹さん:星蘭ちゃんはたくましくて、アニメ版から周りの皆をぐいぐい引っ張ってくれていて、安心感がありました。二人のシーンでは、ノリや感情のままにお互いが役に入っていたら、自然と出てきちゃった感じ、ほとんど打合せはしていなかったんです。でも、良い空気感で、一発OKがほとんどでした!

と星蘭ちゃんの魅力に太鼓判。さらに、テレビシリーズからおっこを支える旅館に住みつくユーレイ・ウリ坊役を務めた松田颯水さんも、

松田さん:収録時にウリ坊の声を聞いてたのは、多分星蘭さんだけなんです。他のキャストの方々は聞こえてなくて。なので、本当におっことウリ坊だけで会話している気分で楽しかったです。私と星蘭さんもほとんど出たとこ勝負でしたが(笑)、私たちも良い空気感が出せてたら嬉しいな。

と、小林との思い出を語った。

映画情報どっとこむ ralph 一方、劇場版のゲスト声優として参加したのは鈴木杏樹さんとホラン千秋さん。

今回、声優初挑戦となる2人だが、鈴木さんはおっこの母・関咲子役を、ホランさんは原作でも人気の高い占い師の客、グローリー・水領役を熱演。アフレコはそれぞれ1人で収録したとのことで、鈴木さんは今日初めて会った星蘭ちゃんに対し

鈴木さん:おっこちゃんそっくり!本当に可愛くて「おっこちゃんだ!」って思いました。収録の時は星蘭さんはじめ、水樹さんや松田さんの声がすでに入っていたので、すごく支えになりました。

とコメント。続いて

ホランさん:グローリーはおっこちゃんのお姉さん的な存在で、おっこちゃんから憧れてもらえる、スタイルも抜群の“イイ女”なんです。

と役柄について解説した上で、

ホランさん:普段テレビのバラエティなどでは、結婚できない不幸せキャラとして呼ばれることが多いので、つかの間のイイ女感を味わえました。何といっても星蘭ちゃんの声が素晴らしくて、星蘭ちゃんに引っ張ってもらいながらこんなにもイイ女を引き出してくれてありがとうございます!

と自虐をかませながら、笑顔で星蘭ちゃんを称賛。感想を求められ

星蘭ちゃん:みんなに沢山褒められてどうしたらいいんだろうって(笑)

と照れ笑いを浮かべました。

さらに、本作の劇場版の主題歌を書き下ろした藤原さくらさんは、

藤原さん:絵コンテの段階で見させていただいて、涙が出るくらい感動しました。監督ともお話しさせていただいて、“優しさの連鎖”という言葉を仰られて。すごく素敵な言葉だなと。辛い過去がありながらも前向きに頑張るおっこちゃんと皆を、少しでも支えられるような曲になったらいいなという思いで作りました。

と制作に込めた想いを明かした。


映画情報どっとこむ ralph キャスト・スタッフが一丸となり、約5年の歳月をかけてついに公開日を迎えた高坂監督は、喜びもひとしおのようで

高坂監督:長い闘いでした・・・・・。

原作者の令丈ヒロ子さんから

令丈さん:感動の嵐でした。最初にお話しいただけた時に、「本当に高坂監督に作っていただけるんですか?」って驚きました。吉田玲子さんの脚本も素晴らしくて。キャストの方々も素晴らしくて。元々自分が原作を書いたっていうのも忘れて、一人のお客さんとして観る度に泣けてしまうほどでした。監督、ありがとうございます!

と伝えられ、笑顔を浮かべながらも、

高坂監督:描いても描いても終わらないという…、最終的に描いた総数は5万4000枚に至りました。ただ、振り返ればもっとこうできたんじゃないか、という想いもちょっと残っています。

と複雑な心境も同時に吐露していた。

また、イベントの途中では、9月25日生まれの小林星蘭ちゃん、23日生まれの鈴木杏樹さん、28日生まれのホラン千秋さんの誕生日が近いことから、劇中でおっこが客人の為に考案する“露天風呂プリン”がバースデーケーキの代わりに登場!

巨大なプリンに場内からは拍手と驚きの声が漏れる中、星蘭ちゃんらは笑顔で試食。
さらに、高坂監督からサプライズで、徹夜で仕上げたという直筆の似顔絵がプレゼントされると、3人は大感激!
星蘭ちゃん:おっこちゃんみたいに描いていただいて、本当に嬉しいです!一生のお宝にします!

と目を輝かせました。

最後に・・・

星蘭ちゃん:最初は観たままを受け止めていただいて、ぜひもう1回、できればもう2回くらい観ていただけると嬉しいです!細かいところに新しく気付けたり、もっと楽しめると思いますので、ぜひお子さんやご家族と一緒に、皆さんで観てください!

と力強く作品をアピールした。

映画情報どっとこむ ralph 花の湯温泉のお湯は、誰も拒まない、すべてを受け入れて、癒してくれる。

劇場版『若おかみは小学生!

がついに9月21日(金)より全国公開です!


アニメ公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/movie/

アニメ公式Twitter:
https://twitter.com/anime_wakaokami

【STORY】
小学6年生のおっこ(関織子)は交通事故で両親を亡くし、おばあちゃんが経営する花の湯温泉の旅館<春の屋>で若おかみ修業をしています。どじでおっちょこちょいのおっこは、ライバル旅館の跡取りで同級生の“ピンふり”こと真月から「あなた若おかみじゃなくて、バカおかみなの!?」とからかわれながらも、旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼たちに励まされながら、持ち前の明るさと頑張りで、お客様をもてなしていくのでした。いろんなお客様と出会い、触れあっていくにつれ、旅館の仕事の素晴らしさに気づき少しずつ自信をつけていくおっこ。やがて心も元気になっていきましたが、突然の別れの時がおとずれて―。

***********************************

原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎、脚本:吉田玲子、音楽:鈴木慶一 他

キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一 他

主題歌:藤原さくら「また明日」(SPEEDSTAR RECORDS)
製作:若おかみは小学生!製作委員会
アニメーション制作:DLE、マッドハウス 
配給:ギャガ
 
©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会


薬丸裕英、鈴木杏樹 登壇!劇場版『若おかみは小学生!』完成記念ファミリー試写会


映画情報どっとこむ ralph 「講談社青い鳥文庫」で累計発行部数300万部を誇る人気シリーズ「若おかみは小学生!」。

その劇場版『若おかみは小学生!』が9月21日(金)より全国公開となります。

その公開を楽しみにしている親子の皆さんにお集まりいただき完成記念ファミリー試写会イベントを実施しました。

今年6月にフランスにて開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭にも出品され、文部科学省推奨作品にも見事選出された話題の新作とともに高坂希太郎監督が登壇されたほか、本作では原作で描かれていない主人公おっこと亡くなった両親とのエピソードが描いているということで、両親役の声を務めた薬丸裕英さん、鈴木杏樹さんも登壇しました。
劇場版『若おかみは小学生!』ファミリー試写会
日時:8月12日(日)
場所:スペースFS汐留
登壇者:薬丸裕英、鈴木杏樹、高坂希太郎監督

映画情報どっとこむ ralph 薬丸さんと鈴木さんは、季節にぴったりな浴衣姿でステージに登場した。

薬丸さんの声優業は、『劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王』(2000)以来18年ぶり。
薬丸さん:亡くなった両親が現実へ自然に導入出来るよう目指しました。

と語りました。そして、おっこ役の小林星蘭を褒め、自身のアフレコはとても楽だったそう。

薬丸さん:自分の声を低く、怖いという印象を与えがちですが、監督のアドバイスで改善されました。

と語りました。


一方の鈴木さんは長編アニメーションの声優は初挑戦。
鈴木さん:難しかったですね。完成した絵があったりなかったりと、表情が分かるものもあれば、テルテル坊主みたいな白いものだけが動いていることもあって、声優の方は普段こういう風に仕事されているんだと勉強になりました!

とアフレコの苦労を振り返った。

高坂監督も二人の声優について

高坂監督:おっこがきちんと育ったという担保になるような両親像を演じていただきました。「おっこの両親が、おばあちゃんが営む旅館に対して想いを持っていないのではないか」という鈴木さんからの指摘を受けて、薬丸さんのセリフを変えました。

というエピソードも明かされた。

映画情報どっとこむ ralph トークは小学6年生のおっこちゃんにちなみ、それぞれの“小学6年生”について伺うと

薬丸さん:おっこほどスーパー小学生ではないが、そこそこ良い小学生でした。

その頃の新聞配達をしていた頃のエピソードを明らかにし、会場は驚きに包まれた。

薬丸さん:近所の団地に新聞配りをしていて、暑い日も寒い日も毎朝4時半に起きていた。今の夏休みの時期だったら、その後ラジオ体操にも行っていた。何か達成しようと目標を持って行動することが大切だと思う。

と、自ら“自画自賛ですけど”と謙遜しながら話した。

一方の鈴木さんはやんちゃな男女7人グループでよく一緒にいたエピソードを披露。

鈴木さん:先生の言うことを聞かずに廊下を走ったり、学校にお菓子を持ってきたりと、有名な7人だった。よく遊んでいたから6年生は思い出深いし、一番充実していた。

と語りました。
高坂監督:勉強しないで絵ばっか描いていました。緑の多い横浜に住んでいて、よく外でも遊んでいたし、とにかく授業なんかそっちのけでした。

と話しました。


会場には夏休み中の子供たちも多く、

薬丸さん:客観的にみてもおっこちゃんが素晴らしい女の子と思えた。辛いこともあるけど、人のためにどれだけ一生懸命に生きていくか、こうすればおっこみたいに笑顔になれるんだ、というところを学校でも広めてほしいですね。

と熱いメッセージを送くり

鈴木さん:テストの点数が良くなかったり、友達と喧嘩してしまったりして私は孤独で人生のどん底と思うようなこともあったんですが、この映画を見てると、決して一人じゃない、家族みんなが見守ってくれているということを教えてくれるので、おっこちゃんみたいに前向きに頑張って毎日を生きてくれたら良いなと思います。

とこれからを生きる子供たちへ願いを込めて語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

体調不良で参加出来なかったおっこ役の小林星蘭さんから、来場した観客に向けたメッセージが読み上げられ、
こんにちは!おっこ役の小林星蘭(こばやし・せいらん)です。
今回、体調を崩してしまいこの試写会に参加出来なくなってしまいました。私もこの日を前から楽しみにしていたのですがみなさんに会うことが出来なくてとても残念です…。ごめんなさい!!
今日の試写会に来て下さったみなさん、本当にありがとうございます。
「若おかみは小学生!」は私が小学生の時に読んでいて、すごーく大好きな作品だったのでおっこ役をやらせてもらえてとても嬉しいです。
この劇場版では、おっこの若おかみとしての想いと自分自身への想い、幽霊たちのおっこへの気持ちがたくさん詰まっていると思います。
おっこ達から溢れてくる想いに共感したり、感動したり、つい笑っちゃったり。最初から最後までたっぷり楽しめる作品です!お料理の絵なども細かくてとても綺麗なのでそこもチェックしてみて下さいね~!
見終わったらぜひ家族みんなで「ここが面白かった!」とか「ここの場面がお気に入り!」とかお話してくれると嬉しいです。
そして、9月になったら映画館でも公開されるので、次はたくさんのお友達や家族と一緒に見ていただけたらありがたいです!
私も早く元気になってみんなと同じように映画館に見に行きたいなと思ってます!!
おっこの気持ちに負けないくらい全力で頑張らせて頂いたので、全力で楽しんで下さい!!(笑)

以上、小林星蘭でした。

と舞台挨拶を締めました。

劇場版『若おかみは小学生!

劇場版公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/movie/

***********************************


原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎
脚本:吉田玲子
音楽:鈴木慶一 他

キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一 他

主題歌:藤原さくら「また明日」(SPEEDSTAR RECORDS)
製作:若おかみは小学生!製作委員会 
アニメーション制作:DLE、マッドハウス 
配給:ギャガ

©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会


劇場版『若おかみは小学生!』予告編映像とポスタービジュアルが解禁


映画情報どっとこむ ralph 劇場版『若おかみは小学生!』が9月21日(金)より全国公開します。
その予告編映像とポスタービジュアルが解禁となりました!

本作は、交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこ(関織子)が、ユーレイのウリ坊(立売誠)やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客様をもてなすために、若おかみとして毎日奮闘する様子が描かれる、笑いあり涙ありの物語。

公開となった本ポスターは、緑豊かな「春の屋」の前で庭掃きする着物姿のおっこと、彼女を取り囲む個性豊かな仲間たちが愛らしいタッチで描かれ、これから「春の屋」で巻き起こるたくさんの出会いに、胸が膨らむビジュアルに仕上がっています。
映画情報どっとこむ ralph また、予告編では、そんな様々な出会いを通じて辛いことも苦しいことも全て受け入れ、明るい笑顔とまっすぐな瞳で自分の足で成長していくおっこの前向きな姿が映し出されています。慣れない仕事に失敗を重ねながらも、訪れた人の心を満たす旅館の仕事に次第に魅せられていくおっこ。今は亡き両親やまわりの支えを力に変え日々頑張るおっこでしたが、やがてそれぞれの別れの時が近づき…。「私はここの、『春の屋』の若おかみです!」映像のラストで涙を浮かべて微笑むおっこの姿は、観る者にも温かな涙を誘います。

「おっこちゃんがいろんな人に出会って、そこから成長して、明日も頑張っていけるような歌詞を、おっこちゃんになったつもりで書かせてもらいました。」予告編では、シンガーソングライターの藤原さくらが本作の為に想いを込め書き下ろした主題歌「また明日」も初公開!澄んだ伸びのある歌声と穏やかな曲調が、物語を優しく包み込みます。

映画情報どっとこむ ralph さらに、本作の前売り券が7月20日(金)より発売されることが決定!特典には、おっこが母親を亡くした少年を元気付けるために考案する、黒豆を練り込んだプリンにクリームをかけ、栗の甘露煮を岩に見立て露天風呂を表現した、春の屋特製「露天風呂プリン」を模ったスクイーズが全国計2万個限定で用意され、前売り券1枚購入につき、1個プレゼントされます。思わず食べたくなってしまうほど可愛く作られた「露天風呂プリン」風スクイーズをいち早くゲットして、むにゅ~っと気持ちいい触り心地で癒されながら、映画の世界感をぜひご堪能ください♪

劇場版『若おかみは小学生!』
ムビチケカード7月20日(金)発売開始!
<2万個限定!>プニプニ 「露天風呂プリン」スクイーズ付

前売券料金(税込)
一般1,400円 小人900円 親子ペア2,200円

※劇場窓口にてお買い求めの方に先着でプレゼントいたします。
※特典はムビチケカード1枚の購入につき1個となります。
※特典はなくなり次第終了とさせていただきます。
※小人券の対象年齢は劇場により異なります。
前売券ご購入の前に、ご希望の劇場までお問い合わせください。
※デザインは実物と異なる場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版『若おかみは小学生!』

9月21日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか全国ロードショー

アニメ公式サイト:
http://www.waka-okami.jp/movie/
アニメ公式Twitter:
@anime_wakaokami

【STORY】
小学6年生のおっこ(関織子)は交通事故で両親を亡くし、おばあちゃんが経営する花の湯温泉の旅館<春の屋>で若おかみ修業をしています。どじでおっちょこちょいのおっこは、ライバル旅館の跡取りで同級生の“ピンふり”こと真月から「あなた若おかみじゃなくて、バカおかみなの!?」とからかわれながらも、旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊や、美陽、子鬼の鈴鬼たちに励まされながら、持ち前の明るさと頑張りで、お客様をもてなしていくのでした。
いろんなお客様と出会い、触れあっていくにつれ、旅館の仕事の素晴らしさに気づき少しずつ自信をつけていくおっこ。やがて心も元気になっていきましたが、突然の別れの時がおとずれて―。

***********************************

原作:令丈ヒロ子・亜沙美(絵)(講談社青い鳥文庫『若おかみは小学生!』シリーズ)
監督:高坂希太郎、脚本:吉田玲子、音楽:鈴木慶一 他
キャスト:小林星蘭、水樹奈々、松田颯水、薬丸裕英、鈴木杏樹、ホラン千秋、設楽統(バナナマン)、山寺宏一 他
主題歌:藤原さくら「また明日」(SPEEDSTAR RECORDS)
製作:若おかみは小学生!製作委員会 
アニメーション制作:DLE、マッドハウス 配給:ギャガ
©令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会