「芳根京子」タグアーカイブ

シングルマザー 篠原涼子 × 反抗期娘 芳根京子『今日も嫌がらせ弁当』特報映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、『今日も嫌がらせ弁当』が2019年6月より全国公開となります。

本作は、2015年にAmebaブログ[デイリー総合ランキング]1位を獲得し、エッセイ異例の累計発行部数20万部を記録した同名原作を実写映画化。お弁当に込められる、母からの愛情あふれるメッセージに誰もが心打たれる感動作。

八丈島に暮らす主人公のシングルマザー・持丸かおりを篠原涼子が演じ、反抗期の娘・双葉を芳根京子が演じています。

そしてこの度、本作初の映像が到着!

この度解禁となった特報映像では、「あなたがそういう、嫌な態度をとるなら、私もあなたが嫌がることをします」と宣言する母・かおりの堂々たる姿と眉間に皺を寄せ、母に冷たい視線を送る反抗期真っ盛りの娘・双葉の関係性がコミカルな音楽と共に描きだします。生意気な態度で何を聞いても返事すらしない娘に対してとった母の行動は“嫌がらせ弁当”!?「木工用ボンド」や「貞子」、そして時には「お説教のメッセージ」が施され、校内ではクールで知られる双葉にはかなり恥ずかしい“嫌がらせ弁当”に「うざ、うざうざうざ・・・」と苛立ちを。八丈島の雄大な自然の中、笑いと涙の母娘バトルが繰り広げられます!

部屋に引きこもられても、暴言を吐きかけられても、娘と向い合い、3年間毎日作り続けたお弁当は、やがて会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていく。雨の中倒れるかおり、号泣する双葉、二人に一体に何が起こるのか?

そして「愛してるよーーー!!!」と娘への愛情が爆発するかおりの姿に感動の母娘物語を予感させる映像です。



映画情報どっとこむ ralph 『今日も嫌がらせ弁当』

2019年6月全国公開です。
公式HP:iyaben-movie.com

≪STORY≫
舞台は東京都の島、八丈島。自然と人情が豊かなこの島で、シングルマザーの持丸かおりは、次女の双葉と暮らしている。「大人になったらお母さんと一緒にレストランをやる」と言っていた可愛い娘はどこへ行ったのか、今では反抗期に突入し、生意気な態度で何を聞いても返事すらしない。かおりは娘の嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲するのだが、やがてそのお弁当は、会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていく。果たして、かおりが想いのすべてをこめた、娘の高校生活3年間のフィナーレを飾る〈卒業弁当〉とは──?

***********************************

出演:篠原涼子 芳根京子
松井玲奈 佐藤寛太/佐藤隆太 
原作:「今日も嫌がらせ弁当」(三才ブックス刊) 
監督・脚本:塚本連平 
主題歌:フレンズ「楽しもう」(Pimalayas.Records) 
製作:2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会 
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム 
配給:ショウゲート 
Ⓒ2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会 


松坂桃李の「侍」場面写真到着! 本木克英監督 映画『居眠り磐音』


映画情報どっとこむ ralph 全著作の累計発行部数が6500万部を超える佐伯泰英の、最高傑作にして初の映画化作品で、”時代劇初主演”の松坂桃 李、数々の大ヒット作品を生みだしてきた本木克英監督で贈る映画「居眠り磐音」 が5月17日(金)より全国ロードショー。

この度、松坂桃李が演じる主人公・坂崎磐音の<優しく穏やかな眼差し>と、<悪に対峙する鋭い眼差し>が収められた 場面写真2点が初解禁となります!平成が終わり新元号となる今年、「磐音」という優しく強い新時代のニューヒーローが誕生です!!

本作は <平成で最も売れている時代小説>シリーズとして多くの時代小説ファンの心を掴み、シリーズ累計発行部数2000万部を突破した佐伯泰英の名作「居眠り磐音」を原作とする本格時代劇エンターテインメント。

主人公・坂崎磐音役には松坂桃李を迎え、木村文乃・芳根京子・柄本佑・杉野遥亮・佐々木蔵之介・ピエール瀧・陣内孝則・谷原章介・中村梅雀・柄本明 など、日本を代表する豪華俳優陣が大集結!

「優しく穏やかな眼差し」の磐音&「悪に対峙する鋭い眼差し」の磐音 優しさの中に強さを兼ね備えている<時代劇史上最も優しく強い主人公>磐音の場面写真2点が初解禁!

本作で松坂が演じるのは、 江戸で浪人暮らしをしながら、昼間はうなぎ屋で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う、 <時代劇史上最も優しい主人公>坂崎磐音。普段は人情に厚く穏やかな人柄だが、大切な人を守る為には颯爽と悪を斬る 役どころとなっています。

この度解禁された場面写真は、<物腰柔らかく、優しく穏やかに微笑む>普段の磐音の姿と、<鋭い目つきで悪に対峙する>用心棒としての磐音の姿が収められた場面写真2枚で、優しさの中に強さを持った磐音の人柄が感じら れる場面写真になっています。

江戸・深川で浪人暮らしとなった磐音が長屋で佇む場面写真では、物腰柔らかく、人を包み込むような表情を見せている。それ とは対照的に、用心棒として悪に対峙する場面写真では、普段の温厚な磐音とは別人のような鬼気迫った表情を見せています。 鋭い目つきで相手に剣を構える姿は緊迫感が漂っており、本作での見どころともなる“本格的な剣殺陣の迫力シーン”を期待さ せるビジュアルとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 『居眠り磐音』

撮影:
2018年3月~4月 大分県杵築市、京都近郊にて撮影
現在ポストプロダクション中

5月17日(金)全国公開です。

公式サイト:
iwane-movie.jp

公式Twitter:
@iwane_movie


<STORY>
主人公・坂崎磐音(松坂桃李)は人情に厚く、礼節を重んじる好青年で、春風のように穏やか。剣の達人では あるが、その剣術は日向ぼっこで居眠りする老猫のようで、眠っているのか起きているのかわからないことから 「居眠り剣法」と呼ばれていた。 江戸勤番を終え九州・豊後関前藩に三年ぶりに戻った磐音と幼馴染の小林琴平(柄本佑)、河井慎之輔(杉野遥 亮)。琴平の妹・舞は慎之輔に嫁ぎ、また磐音も、琴平と舞の妹・奈緒(芳根京子)と祝言を控えており、三人 は幼馴染以上の深い絆で結ばれていた。 ところが、磐音と奈緒の祝言の運びになった時、慎之輔が「妻・舞が不貞を犯した」という噂を聞き、舞を 斬ってしまう。それに激高した琴平は慎之輔に噂を吹き込んだ人物、さらには慎之助をも斬るという凄惨な展開 に。琴平は罰せられることとなり、磐音が琴平を討ち取るよう命じられてしまった。 決死の闘いで琴平を討ち取った磐音は実の兄を殺した以上、奈緒と一緒にはなれないと、奈緒を残し脱藩する ことを決意。すべてを失い、江戸へ向かった――。 江戸で浪人として長屋暮らしを始めた磐音は、収入源がなく家賃の支払いも滞るように。見かねた大家の金兵 衛(中村梅雀)に鰻割きの仕事や、両替商・今津屋の用心棒の仕事を紹介してもらい、なんとか生活の工面をし ていた。穏やかで優しいが、剣も立つ磐音は次第に周囲から頼られる存在になっていき、今津屋の女中で金兵衛 の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるなど江戸での暮らしも慣れ始めてきた。 そんな折、今津屋が南鐐二朱銀をめぐる騒動に巻き込まれ、磐音は用心棒として今津屋を守るために立ち向かう・・・。

***********************************


原作:佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)

出演:松坂桃李 木村文乃 芳根京子 柄本佑 杉野遥亮 佐々木蔵之介 ピエール瀧 陣内孝則 谷原章介 中村梅雀 柄本明ほか

監督:本木克英
脚本:藤本有紀
音楽:髙見優
製作:「居眠り磐音」製作委員会
配給:松竹
©2019映画「居眠り磐音」製作委員会


篠原涼子 x 芳根京子 映画『今日も嫌がらせ弁当』主題歌にバンド・フレンズが担当決定!


映画情報どっとこむ ralph 初夏公開の篠原涼子主演映画『今日も嫌がらせ弁当』の主題歌を、今様々な業界 から熱視線の男女混合5人組バンド・フレンズが担当することが決定しました。

本作は、八丈島に住むシングルマザーが、高校生の反抗期娘に3年間キャラ弁 を作り続け、その様子をブログに投稿し人気を集めた「今日も嫌がらせ弁当」 のエッセイの映画化。

エッセイを基に映画オリジナルの物語で構成したストーリーとなり、ラストに訪れる反抗期娘から母へのメッセージには誰もが共感する、感動作。

主演の篠原涼子が母親役を演じ、反抗期の高校生役を芳根京子が演じるほか、佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太らが出演。監督・脚本は、『僕たちと駐在さんの700日戦争』『レオン』などを手掛けた塚本連平が務め、八丈島の雄大な自然の中で暮らす登場人物をユーモラスに生き生きと描く。


映画情報どっとこむ ralph この度、本作の主題歌をフレンズが担当することが決定。

映画主題歌に初挑戦することになったバンド・フレンズは、おかもとえみ、ひろせひろせの男女ツインボーカルからなる2015年に結成された5人組「自称神泉系バンド」。聴きやすさの中に技巧的なアクセントが散りばめられた都会的なポップサウンドであり、数々のイベントやフェスなどで音楽ファンや業界関係者に強い印象を与え続けてきた。代表曲のひとつ「夜にダンス」MVのYOUTUBE再生回数も500万再生を越すなど、世界観、音楽性、テクニック、多彩なサウンドで音楽業界を席巻し、フレンズ好きを公言する芸能人も少なくない。1月31日にはNHKホールでのワンマンライブも控え、今最も注目されているバンド・フレンズが手がけた本作の主題歌「楽しもう」は、母娘のお弁当をめぐる感動の物語に明るく爽やかな余韻を与える楽曲となっています。


フレンズメンバーコメント

おかもとえみ
最高に楽しみながら、記憶を思い出しながら、ぽろぽろと泣きながら自分の歌を聴く初めての経験になりました。フレンズを選んでいただきありがとうございました。

ひろせひろせ
フレンズにとって初の映画主題歌ということでワクワクが止まらないです。そして一足先に映画を観させて頂いたのですが「楽しもう」が流れたその時に「あ、この曲が書けてよかったな」と心の底から思いました!この素敵な映画に参加させていただき光栄です!本当にありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph 篠原涼子 x 芳根京子
映画『今日も嫌がらせ弁当

公式サイト:
www.iyaben-movie.com

初夏全国公開
***********************************

出演 :篠原涼子 芳根京子  松井玲奈 佐藤寛太 /佐藤隆太
原作:『今日も嫌がらせ弁当』(三才ブックス刊)
監督 ・脚本:塚本連平
主題歌:フレンズ「楽しもう」
©2019映画「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
配給:ショウゲート


松坂桃李 主演時代劇映画『居眠り磐音』Wヒロインに木村文乃×芳根京子!


映画情報どっとこむ ralph 全著作の累計発行部数が6300万部を超える、佐伯泰英先生の最高傑作にして初の映画化作品、2019年5月17日(金)公開・松坂桃李主演の映画「居眠り磐音」。

この度、Wヒロインとなる木村文乃、芳根京子をはじめ、柄本佑、杉野遥亮、佐々木蔵之介、ピエール瀧、陣内孝則、谷原章介、中村梅雀、柄本明ら日本を代表する豪華俳優陣の出演情報が解禁となりました!

浪人暮らしとなった磐音が江戸で身を寄せる金兵衛長屋の娘で、美人で気風のいいおこん役を務めるのは、ドラマや映画など多方面で活躍し、映画『追憶』、『火花』など数々の話題作に次々に出演する実力派女優・木村文乃!本作で本格時代劇初出演となる彼女が、世話好きなちゃきちゃきの深川娘を爽やかに演じます。

木村文乃(おこん役)さんコメント
本格的な時代劇には初挑戦で、京都の撮影所も初めてで不安も多かったのですが、改めて京都という町とスタッフの皆さんが好きになった撮影でした。おこんは太陽の似合う人情に厚い、江戸の女です。そして、町娘なので時代劇とは言え作法に縛られ過ぎず、自由に動いて生き生きできることが楽しかったです。磐音さんへと奈緒さんへと、あっちにこっちに気持ちを真っ直ぐ向けるおこんを楽しんでいただけたら幸いです。


また、磐音の許婚として祝言を間近に控えながら、悲しい運命に翻弄されてしまう小林奈緒役には、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインに抜擢され、映画『累ーかさねー』でも主演を務めるなど今最も旬な若手女優・芳根京子!磐音のことを一途に想い続けながら苦界に身を落とす難しい役どころを演じています。

芳根京子(小林奈緒役)さんコメント
松坂さん演じる磐音様を、ひたむきに愛し、強く想い続ける奈緒を演じられたこと、
一人の女性として誇りに思います。私も早く大きなスクリーンで、磐音様に会いたいです。

映画情報どっとこむ ralph さらに、奈緒の兄で磐音の幼馴染/小林琴平役に柄本佑、磐音の幼馴染で琴平の妹・舞の夫/河出慎之輔役に杉野遥亮、に、加え、磐音の剣の師匠/佐々木玲圓役に佐々木蔵之介、関前藩国家老/宍戸文六役にピエール瀧、遊郭「三浦屋」主人/庄右衛門役に陣内孝則、両替商・今津屋の主人/吉右衛門役に谷原章介、磐音が住む長屋の大家/金兵衛役に中村梅雀、両替商・阿波屋の主人/有楽斎役に柄本明が出演!

さらに、石丸謙二郎、財前直見、西村まさ彦、橋本じゅん、早乙女太一、中村ゆり、波岡一喜らが名を連ね、日本を代表する豪華俳優陣が大集結しています!

映画情報どっとこむ ralph さらにキャスト解禁と併せて、待望の特報映像も公開!



今回解禁となった特報では、冒頭から重厚感ある映像に豪華キャスト陣の姿が次々と映し出され、本格時代劇エンターテインメントである原作の世界観を再現しながらも、映画ならではのスケールの大きさと迫力が伝わるものとなっています。また、映像の最後には松坂桃李演じる主人公・磐音が「それがしが相手をいたそう」と
おもむろに剣を構える様子が収められ、今後の展開にも期待が高まります。

居眠り磐音

2019年 5月17日(金)全国公開

公式サイト:
iwane-movie.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/iwane_movie


物語・・・
江戸勤番を終え九州・豊後関前藩に三年ぶりに戻った坂崎磐音(松坂桃李)と幼馴染の小林琴平(柄本佑)、 河井慎之輔(杉野遥亮)。三人は同じ道場に通う修行仲間であり、琴平の妹・舞は慎之輔に嫁いでいたため二人 は兄弟でもあった。また磐音も、琴平と舞の妹・奈緒(芳根京子)と祝言を控えており、三人はただの幼馴染以 上の深い絆で結ばれた関係であった。 ところが、これから磐音と奈緒との祝言という運びになったとき、大変なことが起こる。なんと慎之輔が 「妻・舞が不貞を犯した」という噂を聞き、舞を斬ってしまったのだ。それに激高した琴平は慎之輔に噂を吹き 込んだ人物、さらには慎之輔本人を斬るという凄惨な展開に。琴平は罰せられることとなり、なんと磐音が琴平 を討ち取るよう命じられてしまった。 決死の闘いで琴平を討ち取った磐音は、実の兄を殺した以上奈緒と一緒にはなれないと、奈緒を残し脱藩する ことを決意。すべてを失い、江戸へ向かった――。

豊後関前藩を後にして江戸で浪人として長屋暮らしを始めた磐音は、収入源がなく家賃の支払いも滞るように なるが、見かねた大家の金兵衛(中村梅雀)に鰻割きの仕事や、両替商・今津屋の用心棒の仕事を紹介してもら いなんとか事なきを得る。穏やかで優しいのにいざという時には剣が立つ磐音は次第に周囲から頼られる存在に なっていき、今津屋の女中で金兵衛の娘・おこん(木村文乃)にも好意を持たれるなど江戸暮らしも様になって 来た。 そんな折、今津屋が南鐐二朱銀をめぐる騒動に巻き込まれる事件が起き、磐音は用心棒として今津屋を守るために立ち向かうー。

***********************************

原作:佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)
出演:松坂桃李 木村文乃 芳根京子 柄本佑 杉野遥亮 佐々木蔵之介 ピエール瀧 陣内孝則 谷原章介 中村梅雀 柄本明ほか
監督:本木克英
脚本:藤本有紀
音楽:髙見優 製作:「居眠り磐音」製作委員会
配給:松竹
©2019映画「居眠り磐音」製作委員会


映画『累 -かさね-』衝撃の原作、遂に最終回!土屋太鳳、芳根京子から熱いメッセージ!


映画情報どっとこむ ralph 現在、13巻まで発売され累計発行部数230万部突破、イブニング新人賞出身の新しき才能・松浦だるまが放つ『美醜』をテーマにした人気コミック「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)が、『ストロベリーナイト』や『キサラギ』を手掛けた佐藤祐市監督により実写映画化。

キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公、“醜い”累(かさね)と“美しき”ニナを、土屋太鳳さんと芳根京子さんの二人が鬼気迫る演技で、それぞれ、1人2役=2人1役を演じます。
日本に先んじて、スイスで行われた第18回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭に出品され、目の肥えた海外の観客からの大絶賛を受け、「観客賞」を受賞! その他、続々と海外映画祭から呼ばれており、早くも海外から注目されております。


そんな映画の原作漫画が、漫画誌「イブニング」で堂々のフィナーレを迎えます!

本日発売の漫画誌「イブニング」(17号)にて、漫画「累」の最終回である第125話が掲載され、2013年から5年間続いた連載が遂に終了します。その表紙を実写映画の主演である土屋太鳳さん、芳根京子さんの2人が、映画のビジュアルで表紙を飾ります!

映画情報どっとこむ ralph そんな二人から、原作終了前日である今日、同タイミングでブログにコメントと2ショット写真をサプライズでアップ!

土屋太鳳 さん(淵 累/丹沢ニナ 役):
漫画「累」がいよいよ、明日発売する「イブニング」にてフィナーレを迎えるとのこと。
本当におめでとうございます…! 私が昨年夏に体験した累たちの世界は、なぜか「永遠」の感覚に近くて、その世界が節目を迎えることは想像が出来ないのですが、5年の月日を走り続けてきた累たちは消えるのではなく、これから更に読む人々のもとに、美しくせつなく舞い降り続けるのだと思います。「累」の世界に出会うことが出来て、本当に本当に本当によかった…!私は本当に…累たちに、どんなに救われたことでしょう。
これから末永く、そしてゆっくりと、感謝をお伝えしていけたら嬉しいです。
スクリーンの累とニナと共に、心からの愛を込めて。

芳根京子さん (淵 累/丹沢ニナ 役):
松浦だるま先生、本当に、本当にお疲れ様でした!
試写の時、だるま先生の後ろの席で鑑賞していたのですが、映画が終わった時、だるま先生が振り向いて「累になってくれてありがとう」と手を握ってくださいました。
それが、嬉しくて、ホッとして、温かくて、あぁ、累と一緒に戦ってよかった、とたくさんの感情の涙が止まらなくなり、佐藤監督がそんな私も見て「人が声を出して泣きわめく姿久しぶりに見た」と爆笑しておりました。笑
去年の夏、映画「累-かさね-」の世界を駆け抜けた時間は、この先も忘れたくない、忘れない、私の大切な大切な宝物です。最高の夏でした。
だるま先生、ニナ、累、本当にありがとうございました!!

映画情報どっとこむ ralph それに応える形で、松浦だるま先生もコメントと描き下ろしで特別イラストをアップ!

松浦だるま先生(原作者):
漫画「累-かさね-」が最終回を迎える事について、映画版主演の土屋さんと芳根さんがそれぞれInstagramとブログでふれてくださり、めちゃくちゃに嬉しいお言葉に感激しております…!映画版に触発されて完走できたと言える部分もあり、描きながらお二人の累/ニナが脳裏によぎる瞬間が何度もありました。
映画「累」の撮影現場ではさながら奇跡を見るようでした。もちろんその演技力はお二人が懸命に培ってきた経験や知識の積み重ねによって表されるのだと思いますが、それだけではなく、土屋さん芳根さんの感性の見せてくれるものが、私には素晴らしい表現として景色としてスクリーンに映って見えました。
 本物の女優であるお二人の力の見せる鮮烈な姿が、原作に与えた衝撃と影響はひとことではあらわせません。原作はイブニング本誌では明日8月10日、単行本では9月7日に最終回を迎え、同時に映画公開と、なんか生まれ変わって羽ばたいていくようです。こんな幸せな作品があるだろうか。
 ちょっとうれしすぎて長々と書きすぎなんですが、土屋太鳳さんも芳根京子さんも本当にありがとうございます。お忙しい中とは思いますが、どうかご自分の身体を大事にがんばってください!映画「累」はもちろん、その先のご出演作品もファンとして追い続けることになりそうです。

映画情報どっとこむ ralph いよいよ本日終了する大ヒットコミック「累-かさね-」!
実写映画も公開までいよいよ1か月を切りました!

原作同様に、衝撃の展開の連続! 予測不能の劣等感ドロドロバトルが、9月7日(金)、開幕します…!

累 -かさね-

公式サイト:http://kasane-movie.jp/




土屋太鳳オフィシャルブログ:
https://ameblo.jp/tao-tsuchiya/
芳根京子オフィシャルブログ:
https://ameblo.jp/yoshinekyoko/
松浦だるまTwitter:
https://twitter.com/darumaym?lang=ja
***********************************

原作  : 「累 -かさね-」(講談社「イブニング」連載中)   
脚本   : 黒岩勉
監督  : 佐藤祐市
出演 : 土屋太鳳 芳根京子
横山 裕 / 筒井真理子 生田智子 村井國夫 檀 れい 
浅野忠信
主題歌  : Aimer「Black Bird」(SME Records)
製作   : フジテレビジョン
配給   : 東宝

Ⓒ2018映画「累」製作委員会 Ⓒ松浦だるま/講談社