「花澤香菜」タグアーカイブ

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』花澤香菜がテル役に決定!!切なく愛らしいテルの本編映像も解禁!


映画情報どっとこむ ralph 第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向き、日々の暮らしを紡いでいく女性・すずの深い感情を、新たなエピソードを盛り込むことで描き出す新作劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が12月20日(金)より公開となります。

2016年11月12日に公開され、深い感動の輪を拡げていき、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で70以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼び、多くのファンと上映劇場の熱意に支えられ、公開から1日も途絶えることなく1000日以上も日本全国どこかの劇場で上映が続けられている『この世界の片隅に』。

すず、リン、周作…。

それぞれの内に秘められたこぼれ落ちるほどの“想い”を、片渕須直監督はどのように映像化するのでしょうか。新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、『この世界の片隅に』を原型とした新たな物語です。

この度、すずが遊郭で出会うもう一人の女性、九州出身の?テル“役に、『言の葉の庭』や『はたらく細胞』などの話題作に出演し、数々のTVアニメ・劇場アニメに出演している人気声優・花澤香菜の出演が決定しました。
花澤香菜&テル『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 本作からの参加について、花澤は「ずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした」と喜びのコメントを寄せています。
さらに、本情報の解禁に合わせてテルの本編シーンの映像も解禁。手に息を吹きかけて寒さをこらえながら南の島の絵を描いてあげるすずに、「そげん南の島がよか。よかねぇ…。」と九州の方言で嬉しそうに話しかけるテルの切なくも愛らしい声。いったいこの言葉の奥にはどんな想いが込められているのでしょうか。

続報にも期待が湧くワンシーンが解禁となりました。



映画情報どっとこむ ralph 国内外で高い評価を受け、2016年の公開から1日も途切れることなく900日以上にわたり上映が続けられている映画『この世界の片隅に』。本作はそんな『この世界の片隅に』に、原作の魅力的なエピソードの数々を散りばめた新作です。すずを取り巻く人々の「さらにいくつもの人生」がより深く描かれることによって、私たちは知ることになります。すずの中にあったほんとうの感情を。そして誰もが誰かを想い、哀しくも優しい秘密を抱えていたことに。たおやかな温もりに満ちた新たな物語が、この冬、深く沁みわたります―

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

2019年12月20日(金)テアトル新宿・ユーロスペース他全国公開
ikutsumono-katasumini.jp 

【Story】
広島県・呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるものの呉ではじめて出会った同世代の女性に心を通わせていくすず。しかし、ふとしたことをきっかけに、すずは周作とリンの過去に触れてしまう。
すず、リン、そして周作。それぞれが内に秘めた想いを抱えながら、日々を懸命に生きていた。
そして昭和20年の夏がやってくるーー。

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/花澤香菜/ 澁谷天外(特別出演)

原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) 
企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典

美術監督:林孝輔 音楽:コトリンゴ プロデューサー:真木太郎 
監督・脚本:片渕須直 

製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル 
製作:2019「この世界の片隅に」製作委員会  
(C)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「HUMAN LOST 人間失格」日本での公開に先駆けて北米での公開日が決定!疾走感溢れる最新PVも解禁!


映画情報どっとこむ ralph 日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」――破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、劇場アニメ「HUMAN LOST 人間失格」として世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によってダイナミックに再構築され、太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となります。

この度、日本での公開に先駆けて、北米での劇場公開日が決定しました。
字幕版が10月22日から、吹替版が10月23日から公開となります。

あわせて、コンセプトアーティスト富安健一郎による海外版ビジュアルも解禁。
映画『HUMAN LOST 人間失格』poster
更に、 “ロスト体”と思われる異形体の姿や、暴走集団が霊柩車らしき車両と爆走する疾走感溢れる最新PVも解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 日本での公開日は近日発表予定となります。

『HUMAN LOST 人間失格』
2019年秋 全世界公開

<WEB>
Official Site:
human-lost.jp

Official Twitter:
@HUMANLOST_PR

HUMAN LOST 人間失格
STORY
「恥の多い生涯を送って来ました。」
医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。
しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。
日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。
HUMAN LOST 人間失格
映画『HUMAN LOST 人間失格』
大気汚染の広がる――イチロク。
薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる“大庭葉藏”は、ある日、暴走集団とともに行動する謎の男“堀木正雄”とともに特権階級の住まうへの突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれる。
そこでヒューマン・ロストした異形体――“ロスト体”に遭遇した葉藏は、対ロスト体機関“ヒラメ”に属する不思議な力をもった少女“柊美子”に命を救われ、自分もまた人とは違う力を持つことを知る――
 
堕落と死。生と希望。男は運命に翻弄され、胸を引き裂き、叫ぶ。
怒り。悲しみ。憐れみ――絶望に呑みこまれ、血の涙とともに大庭葉藏は“鬼”と化す。

貴方は、人間合格か、人間失格か――
映画『HUMAN LOST 人間失格』 映画『HUMAN LOST 人間失格』 映画『HUMAN LOST 人間失格』
***********************************


<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
監督:木﨑文智
スーパーバイザー:本広克行
ストーリー原案・脚本:冲方 丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
グラフィックデザイン:桑原竜也
CGスーパーバイザー:石橋拓馬
アニメーションディレクター:大竹広志
美術監督:池田繁美 / 丸山由紀子
色彩設計:野地弘納
撮影監督:平林 章
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
主題歌:m-flo「HUMAN LOST feat. J. Balvin」(rhythm zone/LDH MUSIC)

<CAST>
大庭葉藏:宮野真守  ※大庭葉藏のぞうは旧字体が正式表記
柊美子:花澤香菜
堀木正雄:櫻井孝宏
竹一:福山 潤 
澁田:松田健一郎
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子 :千菅春香




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

下野紘、花澤香菜、木村良平登壇!『センコロール コネクト』初日公開舞台挨拶&サプライズ発表!


映画情報どっとこむ ralph 6月29日(土)、新宿・バルト9で行われた初日公開舞台挨拶には、宇木敦哉監督、テツ役の下野紘、ユキ役の花澤香菜、シュウ役の木村良平が登壇。満員の観客を前に、10年ぶりに公開となる続編の完成をともに祝い、サプライズ発表がされました。


初日舞台挨拶・オフィシャルレポート
日付:6月29日(土)
場所:新宿・バルト9
登壇:宇木敦哉監督、下野紘、花澤香菜、木村良平

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の冒頭では、まず主題歌「#Love」および劇中歌「Nanairo night」を第1作に引き続き、supercellが提供していることが明らかに。曲の完成が、公開の1週間前だったこともあり、キャスト陣が曲を聴いたのは、この舞台挨拶が初めて。supercellらしいヴィヴィッドなサウンドに、監督・キャスト陣ともに十分満足している様子だった。
またこの舞台挨拶では、宇木監督自身の口から「3」の制作決定が発表された。
第2作の完成までに10年近くかかったこともあり、「いつ頃、観られるんでしょうか(笑)」と心配するキャスト陣に対し、宇木監督は「なるべく早くお披露目できれば」。まだ構想段階だとしながらも、 「大枠としては、ユキとテツ、そしてふたりを繋ぐセンコ。彼らの物語の完結編にしたい」と話した。


■舞台挨拶に登壇したメインキャストからのコメント

下野紘​「キャスト陣も『センコロール コネクト』の公開を、今か今かと楽しみに待っていました。これだけ多くの方が、同じように楽しみに待ってくれていたと思うと、本当に嬉しいです」

花澤香菜​「『センコロール コネクト』は、ゆるっとした独特の空気感が魅力的な作品です。いろんな方にその魅力を知っていただければと思います」

木村良平​「『センコロール』は何年経っても色褪せない、価値が薄れない作品。この作品でしか見ることができないものがあるので、ぜひ劇場まで足を運んでください」

映画情報どっとこむ ralph 発表となったのは!!!

まず1つめは​【主題歌・劇中歌をsupercellが新曲を提供】​!
2つめに、​ 「センコロール3の制 作が決定」​ !その他にも、​北海道での追加舞台挨拶​が決定など、続々と新情報が発表。 その先も気になる「センコロール コネクト」は全国6館にて、絶賛劇場公開!


■「センコロール コネクト」主題歌・劇中歌をsupercellが提供

今作の主題歌と劇中歌の2曲を、supercellが提供することが、公開初日にサプライズ発表! 主題歌「​ #Love​」、挿入歌「​ Nanairo night​」は、supercellの新曲となります。「#Love」のキービ ジュアルも公開されており、イラストは三輪士郎氏が描きおろし。コンポーザーのryo (supercell)からのコメントも公開。なお「#Love」のミュージックビデオは夏頃公開予定となっ ており、CDのリリースも予定されています。主題歌「#Love」が聴ける「劇場公開中CM(15 秒)」もWEB公開中。



▽主題歌 :「#Love」(はっしゅたぐらぶ) ▽劇中歌 :「Nanairo Night」(なないろないと) ▽アーティスト :supercell ▽公式HP :​https://www.supercell.jp/

ryo (supercell)コメント
こんにちは、supercellです。 ものすごく久しぶりな稼働なので、10年前に戻ったような気 持ちです。 ちょうどその頃宇木さんと出会ってセンコロール1のBGMと主 題歌を担当させてもらったご縁で、今回もまた音楽の方を担当 させて頂きました。 センコロール2、もう完成しないんじゃないかと思ってました が、ついに完成との事で、宇木さんおめでとうございます! ぜひ劇場に足を運んでご覧いただければと思います。



■「センコロール 3」制作決定!
「センコロール コネクト」の続編となる、「センコロール 3」の制作も決定!舞台挨拶にて宇 木敦哉監督本人から発表がなされた。 ライフワークとなる作品として、宇木監督は「登場人物であるテツとユキの物語を完結する」と コメント。公開時期は未定。

■北海道・札幌にて舞台挨拶が決定!

「センコロール コネクト」の宇木監督の故郷である北海道にて、舞台挨拶が決定いたしま した。宇木監督に加え、テツ役の下野紘さんも登壇して、トークを行います。 是非チェックしてください。

■概要 ▽開催日時 :7月13日(土) ①15:45の回 上映後 ②18:10の回 上映前 ▽登壇者 :下野紘、宇木敦哉監督 ▽場所 :札幌シネマフロンティア【Pコード:550-136】 ▽チケット料金 :全席指定2,100円 ▽チケットの販売方法など詳しくはこちら:​ https://www.cencoroll.com/news/

映画情報どっとこむ ralph 「センコロール コネクト」

公式サイト:
https://www.cencoroll.com/ 
公式Twitter:@cencoroll_pjt

『センコロール-コネクト』 【INTRODUCTION】
突如、街に現れた白い巨大生物とそれを操る少年達、そして好奇心旺 盛なショートカットの少女。スクリーンからほとばしる、奔放なイマジネーションに圧倒さ れる、短編アニメーション『センコロール』。マンガ家・イラストレーターとして活躍し、 近年では『デジモンアドベンチャー tri.』のキャラクターデザインでも知られるクリエイ ター、宇木敦哉がほぼ1人で作り上げた本作は、2009年の公開当時、ファンの熱狂的な支 持を得た。……それから約10年という長い沈黙を破って、プロジェクトが再始動。伝説と なった第1作と、その直接の続編となる第2作を合わせた『センコロール コネクト』とし て、私たちの前に姿を現す。緻密に組み上げられたビジュアルセンス、繊細さと凶暴さを併 せ持った縦横無尽なアニメーション、そしてさらにスケールアップし、謎が謎を呼ぶ魅惑的 な世界観。いまだフレッシュな衝撃を失わない『センコロール コネクト』とともに、私た ちは「宇木敦哉」という才能を、再び発見するだろう。

***********************************


【STAFF】
監督・脚本・作画 :宇木敦哉
音楽 :ryo (supercell) 主題歌 :supercell「#Love」
劇中歌 :supercell「Nanairo night」 配給  :アニプレックス

【CAST】 ユキ:花澤香菜/テツ:下野紘/シュウ:木村良平 ケイ:森谷里美/カナメ:高森奈津美/ゴトウダ:赤羽根健治
​ (c)宇木敦哉/アニプレックス (c)2019 宇木敦哉




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『HUMAN LOST 人間失格』追加キャストに松田健一郎・小山力也 キャラ映像&コメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」をダイナミックにリメイクした『HUMAN LOST 人間失格』。破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によって再構築される『HUMAN LOST 人間失格』として太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となります。


この度、ヒューマン・ロストに対抗する隠れた国家機関“ヒラメ”の所長・澁田、“ヒラメ”の実行部隊長で美子の面倒を見ている厚木のキャラクター映像が解禁となりました。澁田を演じるのは「攻殻機動隊 新劇場版」のバトー役や「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」のハルク役、「ワイルド・スピードシリーズ」の洋画吹き替えなど幅広いキャラクターを演じる松田健一郎に決定! 厚木を演じるのは、「名探偵コナン」の毛利小五郎役(2代目)や、洋画でジョージ・クルーニーの吹き替えも多く担当し、舞台俳優としても活躍する小山力也に決定! コメントも到着いたしました。

澁田・厚木 キャラクター映像


さらに、『HUMAN LOST 人間失格』 Twitter公式アカウントをフォロー&該当ツイートをRTで、澁田と厚木のセリフ入りサイン色紙セットを抽選で一名様にプレゼントするキャンペーンを実施中!


映画情報どっとこむ ralph ■澁田(CV. 松田健一郎)
「文明の再生と崩壊以外に、何があるというのだ」
ヒューマン・ロストに対抗する隠れた国家機関“ヒラメ”の所長。“S.H.E.L.L.(シェル)”の信奉者で、現体制の維持継続を最優先に命令を下す。医療革命がもたらしたアンチエイジングによって見た目こそ中年だが、実際は厚木よりも年長者。
■澁田役・松田健一郎 コメント

Q. 澁田というキャラクターについての印象をお聞かせください
澁田はS.H.E.L.L.体制を守る機関の責任者として忠実に職務をこなしています。しかし体制に対し拭いきれない矛盾も感じているように思います。管理されることによって変わってしまった「生」と「死」の価値観は彼にとって簡単には受け入れられるものではないのかもしれません。それ故に常に心に強い葛藤を抱いている人物だと自分は感じました。

Q. 本作を楽しみにしてくださっているファンの皆様に一言お願い致します
映像による文学であり哲学とも言える作品です。「生」と「死」の在り方に強く問いかけてくる作品だと思います。是非ひとりでも多くの方にこの作品に触れていただきたいと思っております。

映画情報どっとこむ ralph ■厚木(CV. 小山力也)
「俺が差し違えてでも仕留める」
ヒューマン・ロストに対抗する隠れた国家機関“ヒラメ”の実行部隊長。実直さと信念がある屈強な老兵。美子の親代わりで、彼女が“ヒラメ”に保護されてからずっと面倒をみている。

■厚木役・小山力也 コメント

Q. 厚木というキャラクターについての印象をお聞かせください
どう生きるか。何を信じ、何を守り、何に抗い、何を犠牲にし、何を武器にして、どう闘い、どう生きるか。理不尽、不正、プレッシャー、脅威、そして暴力。どう防ぎ、どう受け止め、どう打ち返すか、どう押し返すか、どう倒し、どう勝利するか。過酷の中に安らぎを。衝撃の中に希望を。そして出来得るなら、全速の中にゆとりを。心のゆとりを。走り続ける厚木に、心震えました。

Q. 本作を楽しみにしてくださっているファンの皆様に一言お願い致します
フィクションだからこそ、追及出来るリアル。架空の中の現実、空想の中の真実、そして、あり得ない事が起こり得る戦慄。「若さ」は、ときに、「あり得ない!」を連発します。しかし、あり得ない事は、有るのです。怪物は、いるのです。フィクションでエンターテイメントを満喫してください。そして、貴方に立ちはだかる怪物と闘ってください。それを必ずや、打ち倒してください。勿論、正々堂々と。先ずは、僕達を、目に焼き付けてください!!

映画情報どっとこむ ralph ■公式Twitterにてキャンペーン実施中!

『HUMAN LOST 人間失格』 Twitter公式アカウントをフォロー&該当ツイートをRTで、松田健一郎と小山力也直筆・キャラクターのセリフ入りサイン色紙セットを抽選で一名様にプレゼントするキャンペーンを実施中!

応募締め切り期間:2019年6月6日(木)23:59迄

Twitter公式アカウントはこちら:
@HUMANLOST_PR

映画情報どっとこむ ralph 太宰治生誕110周年を迎える2019年、最新・先鋭のクリエイティブによる、誰も観たことのない「人間失格」が世界を驚愕させる。

『HUMAN LOST 人間失格』 
2019年 全世界公開

<WEB>
Official Site:
human-lost.jp

Official Twitter:
@HUMANLOST_PR

HUMAN LOST 人間失格
■STORY
「恥の多い生涯を送って来ました。」

医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。
しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。
日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。

大気汚染の広がる環状16号線外(アウトサイド)――イチロク。
薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる“大庭葉藏”は、ある日、暴走集団とともに行動する謎の男“堀木正雄”とともに特権階級の住まう環状7号線内(インサイド)への突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれる。
そこでヒューマン・ロストした異形体――“ロスト体”に遭遇した葉藏は、対ロスト体機関“ヒラメ”に属する不思議な力をもった少女“柊美子”に命を救われ、自分もまた人とは違う力を持つことを知る――

堕落と死。生と希望。男は運命に翻弄され、胸を引き裂き、叫ぶ。
怒り。悲しみ。憐れみ――絶望に呑みこまれ、血の涙とともに大庭葉藏は“鬼”と化す。

貴方は、人間合格か、人間失格か――



***********************************

<CAST>
大庭葉藏:宮野真守  ※大庭葉藏のぞうは旧字体が正式表記
柊美子:花澤香菜
竹一:福山潤
澁田:松田健一郎
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子:千菅春香


<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部

COPYLIGHT全世界共通:©2019 HUMAN LOST Project
配給:東宝映像事業部




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

花澤香菜参戦!コメント&キャラクター映像解禁『HUMAN LOST 人間失格』


映画情報どっとこむ ralph 日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」をダイナミックにリメイクした『HUMAN LOST 人間失格』。破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によって再構築される『HUMAN LOST 人間失格』として太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となります。

この度、ヒューマン・ロストに対抗する隠れた国家機関“ヒラメ”の女隊員でヒューマン・ロスト現象を感知し、抑え込む不思議な力をもつ のキャラクター映像が解禁。

柊 美子(CV.花澤香菜)キャラクター映像


映画情報どっとこむ ralph 演じるのは、「物語シリーズ」の千石撫子役をはじめ、「PSYCHO-PASS サイコパス」の常守朱役など人気キャラクターを多く演じ、今年4月には歌手として自身初となる海外公演を成功させた花澤香菜に決定!コメントも到着いたしました。
人間失格_柊美子_花澤香菜
■柊 美子役・花澤香菜よりコメント到着!

Q. 柊美子というキャラクターについての印象をお聞かせください

アイドルのような可愛らしいルックスと、思いやりのある優しい性格の持ち主です。そして自分がどう生きていきたいか、人のために何ができるのかをしっかり考えている、意志の強い女の子だと思いました。

Q 本作を楽しみにしてくださっているファンの皆様に一言お願い致します

あの「人間失格」を再構築するために集結した、お名前を見ただけで興奮してしまうようなスタッフの皆様と一緒に、この作品に関われることがとても嬉しいです。繊細に練り込まれた重厚な世界に浸りながら、葉藏や美子をはじめ、それぞれの必死の生き様をお見逃しなく!!!

映画情報どっとこむ ralph さらに、『HUMAN LOST 人間失格』 Twitter公式アカウントをフォロー&該当ツイートをRTで、 花澤香菜直筆・柊 美子のセリフ入りサイン色紙を抽選で一名様にプレゼントするキャンペーンを実施中!

■公式Twitterにてキャンペーン実施中!
『HUMAN LOST 人間失格』 Twitter公式アカウントをフォロー&該当ツイートをRTで、
花澤香菜直筆・柊 美子のセリフ入りサイン色紙を抽選で一名様にプレゼントするキャンペーンを実施中!

応募締め切り期間:2019年5月16日(木)23:59迄

Twitter公式アカウントはこちら:
@HUMANLOST_PR

映画情報どっとこむ ralph 『HUMAN LOST 人間失格』

HUMAN LOST 人間失格 ■STORY
「恥の多い生涯を送って来ました。」
医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。
しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。
日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。

大気汚染の広がる――イチロク。
薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる“大庭葉藏”は、ある日、暴走集団とともに行動する謎の男“堀木正雄”とともに特権階級の住まうへの突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれる。
そこでヒューマン・ロストした異形体――“ロスト体”に遭遇した葉藏は、対ロスト体機関“ヒラメ”に属する不思議な力をもった少女“柊美子”に命を救われ、自分もまた人とは違う力を持つことを知る――
 
堕落と死。生と希望。男は運命に翻弄され、胸を引き裂き、叫ぶ。
怒り。悲しみ。憐れみ――絶望に呑みこまれ、血の涙とともに大庭葉藏は“鬼”と化す。

貴方は、人間合格か、人間失格か――



***********************************

<CAST>
大庭葉藏:宮野真守
柊美子:花澤香菜

<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
©2019 HUMAN LOST Project




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『薄暮』桜田ひより出演の主題歌 AZUMA HITOMI「とおく」MVが完成


映画情報どっとこむ ralph 山本寛監督が贈る、東日本大震災・復興プロジェクト「東北三部作」最終章である『薄暮』は、5月24日(金)より福島県先行、全国順次公開が決定しています。


人気若手実力派俳優の桜田ひより。本作にて、声優初挑戦いたします。

佐智が恋心を抱く雉子波祐介(きじなみ・ゆうすけ)には、加藤清史郎。

佐智や祐介を取り巻く高校の同級生に、佐倉綾音や雨宮天、また下野紘や島本須美など声優界のレジェンドが脇を固めます。
主題歌は、ソングライターでありサウンドクリエーターのAZUMA HITOMIの「とおく」。

監督は、宮城県仙台を舞台にした『Wake Up, Girls!』を手がけた山本寛。

本作では原作・脚本・音響監督も務め、『blossom』『Wake Up, Girls!』に続く東日本大震災の復興プロジェクトの一環「東北三部作」の最終章となっております。

映画情報どっとこむ ralph この度・・・


本作ヒロイン小山の声優を担当した桜田ひよりが出演している主題歌「とおく」のMusic Videoが、完成いたしました!

福島県いわき市で撮影されたMVは、AZUMAの澄んだ歌声がこだまする中、いわき七浜の海岸を見つめている桜田の姿から映し出され、田園風景の中でのバイオリン演奏も披露され、映画のワンシーンを想起させるような印象的な映像となっております。
AZUMAは、山本監督が手がけた初のオリジナルアニメーション「フラクタル」のオープニング曲に「ハリネズミ」を提供しており、今作にて再タッグを組んでおります。


■主題歌情報■
「とおく」
歌:AZUMA HITOMI
作詞:辛矢凡 作・編曲:AZUMA HITOMI
■桜田ひより プロフィール
2002年12月19日生まれ。千葉県出身。
2014年にドラマ「明日、ママがいない」に出演。児童養護施設に暮らす子どもたちの一人を演じ、
この作品が出世作となる。2018年、テレビドラマ「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」で初主演をつとめ、映画版でも主演をつとめる。2019年も『東京喰種トーキョーグール2(仮)』『男はつらいよ おかえり 寅さん』など話題作への出演も控えている
また、2018年、ティーン向け雑誌「Seventeen」(集英社)の専属モデルオーディションで応募総数3437人の中から6人に選ばれ、「ミスセブンティーン 2018」に選出される。
本作で初の声優の挑戦となる。

映画情報どっとこむ ralph 初夏、心に宿るマジックアワーをお届けいたします。

映画『薄暮』

2019年5月24日(金)より福島県先行 全国順次公開

公式HP:
http://www.hakubo-movie.jp/


***********************************

桜田ひより
加藤清史郎

下野紘 島本須美 福原香織 雨宮天 佐倉綾音 花澤香菜

原作・脚本・監督・音響監督 山本寛

キャラクターデザイン・総作画監督 近岡直
美術監督 Merrill Macnaut
色彩設計 村口冬仁
音響演出 山田陽
音楽 鹿野草平
アニメーション制作 Twilight Studio
2019年/日本語/カラー/
配給|プレシディオ
©Yutaka Yamamoto/Project Twilight




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アニメ『薄暮』ポスタービジュアル完成 。ヒロイン桜田ひよりが主題歌「とおく」MVに出演決定


映画情報どっとこむ ralph 山本寛監督が贈る、東日本大震災・復興プロジェクト「東北三部作」最終章である『薄暮』は、5月24日(金)より福島県先行、全国順次公開となります。

ヒロイン小山佐智(こやま・さち)の声優には、映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』で初主演を飾り、『東京喰種トーキョーグール2(仮)』』『男はつらいよ おかえり 寅さん』など話題作の出演が控えている人気若手実力派俳優の桜田ひよりさん。本作にて、声優初挑戦です。

佐智が恋心を抱く雉子波祐介(きじなみ・ゆうすけ)には、子役時代には「こども店長」としてお茶の間のスターとなり、数多くの映画・舞台・CMで活躍する加藤清史郎さんを迎えました。

佐智や祐介を取り巻く高校の同級生に、佐倉綾音さんや雨宮天さん、また下野紘さんや島本須美さんなど声優界のレジェンドが脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌は、ソングライターでありサウンドクリエーターのAZUMA HITOMIさんの「とおく」。

監督は、宮城県仙台を舞台にした『Wake Up, Girls!』を手がけた山本寛監督。

本作では原作・脚本・音響監督も務め、『blossom』『Wake Up, Girls!』に続く東日本大震災の復興プロジェクトの一環「東北三部作」の最終章となっております。

映画情報どっとこむ ralph 本日、映画のポスタービジュアルが解禁されました!

『薄暮』の世界観が出ており、美しい“いわき”の風景を感じられるビジュアルとなっております。

そして、AZUMA HITOMIが唄う主題歌「とおく」のMusic Videoに、本作ヒロイン小山の声優を担当した桜田ひよりが出演することが発表となりました。福島県で撮影したMVの先行カットも特別公開です。

映画情報どっとこむ ralph 初夏、心に宿るマジックアワーをお届けいたします。

映画『薄暮』


物語・・・

福島県いわき市の女子高校生・佐智(桜田ひより)は、2011年3月11日に起きた東日本大震災で心に傷を持ち、それ以来、友達や家族とどこか距離をおきながら、人にも恋にも無関心に生きていた。

幼い頃からヴァイオリンを続け、高校で音楽部に所属しながら文化祭で四重奏を披露するため、日々練習に追われている。

同じ頃、震災で実家が帰宅困難地域となりいわきに避難してきた男子高校生・祐介(加藤清史郎)は、当たり前の景色が失われてしまう現実を目の当たりにし、“美しい今”を絵画として残すため描きはじめる。

展覧会に出品する夕景画を描くため田園風景を訪れた祐介は、夕映えの中、佐智と出会い心の交流を続けていく。やがて、二人の淡い想いは「恋」へと発展し・・・。

***********************************


桜田ひより
加藤清史郎

下野紘 島本須美 福原香織 雨宮天 佐倉綾音 花澤香菜

原作・脚本・監督・音響監督 山本寛

キャラクターデザイン・総作画監督 近岡直
美術監督 Merrill Macnaut
色彩設計 村口冬仁
音響演出 山田陽
音楽 鹿野草平
アニメーション制作 Twilight Studio
配給:プレシディオ
2019年/日本語/カラー
©Yutaka Yamamoto/Project Twilight




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

宮野真守・櫻井孝宏 壇上で祈る!!『GODZILLA 星を喰う者』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の最終章、『GODZILLA 星を喰う者』は11月9日(金)に 全国公開を迎えました。
そして、その公開を記念し、11月10日(土)『GODZILLA 星を喰う者』の公開記念舞台挨拶が行われました!

舞台挨拶にはハルオ役の宮野真守さん、メトフィエス役の櫻井孝宏さん、ユウコ役の花澤香菜さん、マイナ役の上田麗奈さん、ミアナ役の小澤亜李さん、そして静野孔文監督、瀬下寛之監督 とオールキャストが登壇!

熱く!オモシロ!なトークが繰り広げられました!


『GODZILLA 星を喰う者』 公開記念舞台挨拶
日程:11/10 (土)
場所:TOHO シネマズ新宿
登壇:宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、 静野孔文監督、瀬下寛之監督

映画情報どっとこむ ralph 豪華キャストが呼び込まれると、割れんばかりの歓声と拍手。

先ずはご挨拶。
宮野真守さん
櫻井孝宏さん
花澤香菜さん
上田麗奈さん
小澤亜李さん
静野孔文監督
瀬下寛之監督
4年かけた3部作の最終章に対する其々の熱い挨拶から舞台挨拶はスタート

映画情報どっとこむ ralph 宮野さんはプレスコから2年キャストや監督スタッフと話を続けていたので、ずっとハルオの気持ちを持続出来ていたとし、種族の違いからくる価値観の違いなど沢山考えさせられるなかでハルオの生きざまを観て欲しい等と語ります。
スクリーンから愛が爆発漏れ出ていると称した櫻井さんは脚本家の哲学的な作家性を感じるとすると、静野監督、瀬下監督共にその部分を大切に作り上げ、ギドラとゴジラも注目だが、人間と人間のかかわりあい。「縁」を感じて群像劇を鑑賞して欲しいと見方をレクチャー。

映画情報どっとこむ ralph そして、監督の想いの流れからハルオを中心として注目&気になるシーンについて、登壇者たちがコメントするコーナーに!
とは言え鑑賞前のお客様なので、ネタバレを避けるためアニゴジ 予告編から紐解き!

一つ目はハルオとユウコのカット。
2章からの続き。キーワードになってるそうで、ユウコこうなってますなシーン。女の子の寝顔をこんなに近くで見るのはいけないこととの意見も。

二つ目は、ハルオ とミアナ?マイナ?な抱きしめカット。
どっち?あれっユウコじゃないの?

三つ目はメトフィエスのたくらみなカット。
金色ぴかーんが怪しいのですが櫻井さんは怪しくないと主張。

ナムーなのか?ギドラ―なのか?全然違うのか?(笑)
で、祈りの実演も。

宮野さんが、櫻井さんの音色・ゆるぎない声を大絶賛する場面も。(櫻井さん御希望で太文字にしました)

それに対して、櫻井さんは愛が漏れているからと返しながら、現場の雰囲気はすべて宮野さんが作り上げていたと絶賛返しをしていました。


GODZILLA 星を喰う者

2018 年 11 月 9 日(金)全国公開

【映画公式サイト】
godzilla-anime.com

【映画公式 twitter】
@GODZILLA_ANIME


***********************************

【スタッフ】
監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス) キャラクターデザイン原案/コザキユースケ 音楽/服部隆之 副監督/吉平”Tady”直弘・安藤裕章 プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli CG キャラクターデザイン/森山佑樹 造形監督/片塰満則 美術監督/渋谷幸弘 色彩設計/野地弘納 音響監督/本山 哲

【キャスト】宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶 裕貴 小野大輔 堀内賢雄 中井和哉 山路和弘 上田麗奈 小澤亜李 早見沙織 鈴村健一 【主題歌】XAI「live and die」 (TOHO animation RECORDS)

【主題歌アーティスト XAI 公式サイト】http://x-a-i.com
【主題歌アーティスト XAI 公式 twitter】@XAI_desu
【製作】東宝 【アニメーション制作】ポリゴン・ピクチュアズ
【配給】東宝映像事業部
©2018 TOHO CO., LTD.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ