「花澤香菜」タグアーカイブ

『GODZILLA 怪獣惑星』瀬下寛之監督と花澤香菜トークイベント@ゴジラ・フェス2017で!


映画情報どっとこむ ralph ゴジラ史上初となるフェス<ゴジラ・フェス2017> ゴジラ生誕の日となる11月3日(祝・金)開催!
アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』より 瀬下寛之監督と花澤香菜が <ゴジラ・フェス2017>に参戦、ゴジラ像8体の前でトークイベント開催決定!!

映画情報どっとこむ ralph 第1作の「ゴジラ」(1954)が公開されてから63年。現在までに国内で計28作品が製作され、第29作目にあたる『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数は1億人を突破、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成しております。

また、本年11 月17日(金)には、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開も控え、ますます注目!!

ゴジラ生誕の日となる11月3日(祝・金)には、ゴジラ史上初となるフェス<ゴジラ・フェス2017>を開催。

【ゴジラ・フェス2017 概要】
正式名称:ゴジラ・フェス2017
開催日時:2017年11月3日(祝・金) 11:00~20:00
開催場所:歌舞伎町シネシティ広場 (新宿区歌舞伎町1丁目19番先)

参加方法:入場無料
※フェス内の飲食、グッズ販売、一部コーナーは有料です。
特設サイト:http://godzilla.store/gfes2017/
主催:ゴジラ・フェス2017実行委員会 共催:歌舞伎町タウン・マネージメント
協賛:株式会社丸井グループ ゴジラ・ストア 株式会社バンプレスト
後援:新宿区

映画情報どっとこむ ralph ゴジラ史上初となる、ゴジラ生誕を祝うイベント<ゴジラ・フェス2017>に 『GODZILLA 怪獣惑星』の瀬下寛之監督と、ヒロイン役の花澤香菜が参戦、 歴代8体のゴジラ像の前でトークイベントを開催します!

公開を目前に控えた二人が、作品について、そしてゴジラについての熱いト ーク、そしてゴジラ生誕を祝うセレモニーも!!

ゴジラファンやアニメ作品で初めて“ゴジラ”に出会うアニメファンにとっても見逃せ ないイベントとなります。

観覧は無料ですが、優先観覧エリアは事前応募が必要となります。応募は<ゴジラ・フェス2017>公式ホ ームページにて、10月16日(月)より開始予定です。

他にも<ゴジラ・フェス2017>では、『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督、尾上克郎特技監督の参加が発表された「イルミネーションゴジ ラ」点灯式や、その他にも様々なイベントを開催する予定です。

『GODZILLA 怪獣惑星』トークイベント
日時:2017年11月3日(祝・金) 13:30 START
場所:ゴジラ・フェス2017 会場内 イベントステージ
登壇:瀬下寛之監督、花澤香菜(ユウコ・タニ役)
★優先観覧エリア応募について 10月16日(月) より ゴジラ・フェス2017公式サイトにて応募
godzilla.store/gfes2017

映画情報どっとこむ ralph 2017年、『ゴジラ』は誰も予想しなかった新たな “進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA』である。 本作が描くのは、これまでのどんな『ゴジラ』とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に 君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。 監督には、劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を手掛け、シリーズ歴代最高の興行収入を 記録した静野孔文が参加。コンビを組むもう一人の監督が瀬下寛之。CG領域の第一線で培われたその手腕は 監督、総監督作である『シドニアの騎士 第九惑星戦役』、『BLAME!』で立証済みと言える。ストーリー原案・脚 本は『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られる虚淵玄(ニトロプラス)。突破 力抜群のアイデアと先を読ませない緻密な構成力は多くのファンの心を捉えている。そして制作は『シドニアの騎 士』を始め、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』等で米国テレビ業界のアカデミー賞として知られるエミー賞最優 秀賞(デイタイム・エミー賞 アニメーション番組特別部門最優秀賞)を通算5度受賞するなど数々の実績を持 つ国内最高峰の3DCGスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。 誰も見たことのない新しい“ゴジラ”の始まりを告げる咆哮が今、響き渡る――。

映画公式サイト:
godzilla-anime.com

映画公式twitter:
@GODZILLA_ANIME

物語・・・
二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。 巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を 計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座 タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼 べるものではなかった。 移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民 の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目 指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。 果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は。

***********************************

監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス) シリーズ構成/虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき キャラクターデザイン原案/コザキユースケ 副監督/森田宏幸 演出/吉平“Tady”直弘 プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli CGキャラクターデザイン/森山佑樹 造形監督/片塰満則 美術監督/渋谷幸弘 色彩設計/野地弘納 音響監督/本山 哲

宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜・杉田智和・梶裕貴・諏訪部順一・小野大輔・三宅健太・堀内賢雄・中井和哉・山路和弘

製作:東宝 制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:東宝映像事業部

©2017 TOHO CO., LTD.


高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、寺崎裕香、大塚明夫 舞台挨拶『僕のワンダフル・ライフ』!


映画情報どっとこむ ralph 優しい涙で溢れたい日にはこの映画おすすめ!

『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作&ドッグシリーズの集大成、けなげでかわいい犬を主人公に贈る、この秋一番の感動作『僕のワンダフル・ライフ』。

犬と人間の極上のラブストーリーが遂に、昨日9月29日(金)に公開を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて公開記念舞台挨拶が行われました!


『僕のワンダフル・ライフ』公開記念 舞台挨拶
日程:9月30日(土)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、寺崎裕香、大塚明夫
宣伝“ワン”バサダー:ゼウス(ゴールデン・レトリバー)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の舞台挨拶登場したのは本作の日本語吹替え版にて声優を務めた高木渉さん、梅原裕一郎さん、花澤香菜さん、寺崎裕香さん、大塚明夫さんら豪華声優5名。

本作の主人公で飼い主への一途な想いから生まれ変わりを果たし4つの犬生を生きた<ベイリー>の心の声を担当した高木さんは
高木さん:犬の吠える声というか、音が入っているので、なんとなく心の声といいながらも、それぞれの犬の声とマッチしているかな〜って自分なりには心配でしたね。一貫して魂の声みたいな感じでやれば、統一されていいかなって気持ちで演じました。

とアフレコ時を振り返り、

高木さん:やっぱりそれぞれの人間と犬の関係が出てくるんですけれど、犬との別れとか・・・本当に泣いちゃいますよね。

と溢れる想いを口に。

映画情報どっとこむ ralph 梅原さん、寺崎さん、大塚さんら3人が演じたのは“イーサン”。

寺崎さん:イーサンの3つの世代の中で<出会い><別れ><再会>(パートが)があるとしたら、私は出会いになるんです。純粋にまっすぐイーサンと遊ぶシーンが多かったなって思います。私自身、8歳の時に家でハスキー犬を飼っていたので、その時の暖かさだったり、上に乗られた時の重量感だったりを思い出しながら、思いっきりベイリーと遊ぶシーンを楽しみながら演じさせて頂きました。

と幼少期(8歳)を演じた寺崎さん。

寺崎さん:演じているうちに、今天国で元気かな?ってぶーちゃん(飼われていたハスキー犬/ブルー)を思い出しましたね。もしかしたら生まれ変わってるのかな?って希望を抱かせてくれました」

と続けてコメント。


青年期(10代)を演じた梅原さん

梅原さん:イーサンに限らず、10代って本当に一番人生が変わる時期だと思うんですけど、昔からそのまま持っていた明るい性格のイーサンと、とある事件があって殻に閉じこもってしまうイーサン。同じ年代ではあったんですけれど2種類のイーサンを演じさせて頂いたような感覚になるぐらい、最初と終わりでは全然違ったなっていう感覚がありましたね」。

話すと、その梅原さんの姿を見て

高木さん:・・・かっこいいね、あなたは。ずっと横顔を見ていたんですよ(笑)声も素敵・・・

と思わず。少し照れた表情を見せながら、進学の為にイーサンとベイリーが別れるシーン、そして、イーサンがベイリーの最後を看取るシーンについて、梅原さんと高木さんが熱く語り、

梅原さん:ベイリーがイーサンに向かう想いが本当に健気で。

と思いを巡らせます。

大塚さん:退化している感じを出すのが大変でした。青春期の心の傷によって、ちょっとふてくされている感じを、喋りだけで出せないかなって考えましたね。出せてるかは疑問ですけれど・・・。

と大人になったイーサンを担当した大塚さんが話すと、場内から大きな拍手で返事が。

映画情報どっとこむ ralph イーサンの初恋の相手・ハンナ(10代)の声を務めた花澤さん

花澤さん:彼女は天真爛漫で、笑顔がチャーミングで。将来のこととか自分なりに考えていて、イーサンとの関係もすごい先まで見ているんだなって分かって、結構しっかりしているんですよ。本当に素敵な女の子だなって思っていたんですけれど・・・(彼女を)フる人がね・・・あれをフルなんておかしな話ですよね?

と梅原さんに目線を向け笑いを誘う一幕も。すると・・・

梅原さん:あの時は、仕方ないと思ってください・・・

と梅原さんがイーサンの心情を代弁。

それぞれが、アフレコ時を振り返った後、宣伝スタッフたちが気になった各吹替えキャストのトピックスをご紹介。

寺崎さんはかつて一緒に時を過ごした愛犬・ブルーとの思い出を語り、この映画を観るまで完全に猫派だったと明かされた梅原さんは、

梅原さん:この作品に関わらせて頂いて、段々と犬ってこんなに可愛いいんだってことを知って。ワンちゃんと取材で一緒に撮影をしたりして、なんてかわいい生き物なんだと。猫に無いものを全て持っているなって感じたので、実は僕(犬派と猫派で)とても揺れているところなんですよ(笑)この映画を観たら、きっと犬派じゃない人もきっと犬が好きになるんじゃないかな思います。

と本作の宣伝ワンバサダー・ゼウスくんとの触れ合いや本作を通じて芽生えた犬への愛情、魅力語りました。本作のオファーを受けた際に“かわいい犬に癒されたい”とコメントしていた高木さんは

高木さん:犬を飼ったことがないんですけれど、犬が大好きなんです。この映画もそうですけれど、色々な動物が出てくるテレビとか映画を観ていて、犬っていいなって思っていて。犬が側にいるだけで、癒される。家に帰ってきて、犬が寄ってきて甘えらえれたりなんかしたら、癒されるんだろうなってそんな思いから(このコメント)を書いたんだと思います。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 実は動物アレルギーの花澤さん。

花澤さん:私が生まれた時に、父が母にプレゼントしたシーズーの女の子の犬がいたんですけれど、やがてくしゃみ・鼻水が止まらなくなってしまって・・・おじいちゃん・おばあちゃん家に預けていたんです。私が生まれた時から一緒にいたせいか、飼っているというよりも、私の“お姉ちゃん”みたいなそんな感覚で。私が怒られて泣いていたりすると、後ろからトテトテってやってきて、隣でじっとしている。すごく出来た子でした。

と思い出を披露し、動物が好きなのに声優という職業柄、共に生活できないもどかしさを明かしました。

本作を観た後、“全大塚明夫が泣いた”とTwitterに投稿し、話題を呼んだ大塚さんは

大塚さん:台本を頂いた時に裏表紙に印刷された(ポスタービジュアル)の写真を見ただけで泣いてしまいました(笑)案の定、リハーサルをしてボロ泣き、本番でも泣きました。そして、仕上がった映画を観て泣いて。“もういいです”ってぐらい泣きました。そのぐらい“泣いた”ということをどう表現しようかと思って、この言葉をつぶやきました。決して嫌な涙ではなくて。悲しい、悲しいじゃなくて・・・嬉し涙に近いものがあって。話しているだけで泣きそうなんです。そんな素敵な涙が流せる映画だなと思います。辛い悲しいじゃないから、安心して涙を流して欲しいです。心のデトックスになりますよ!

と熱く魅力を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後には、昨年Amazonプライムの心温まるCMで大人気者となったゴールデン・レトリバーで、本作の宣伝ワンバサダーとして活躍してきたゼウスくんが登場!「かわいい〜!」との会場から声が。
特製のくす玉が登場し、
登壇ゲスト&来場者たちの「頑張れ!」という暖かな声援の中、梅原さんが手にしたくす玉を、高木さんと一緒に見事に割りイベントは終了。

全ての人を笑顔に変える、犬と人間の極上のラブストーリー

僕のワンダフル・ライフ』は大ヒット公開中。

公式HP:
http://boku-wonderful.jp/


***********************************

監督:ラッセ・ハルストレム『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』
原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ジョシュ・ギャッド(声)、ブリット・ロバートソン、K・J・アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド
配給:東宝東和 
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC
       


『夜は短し歩けよ乙女』DVD&BD追加特典は星野源、花澤香菜が選んだあれ


映画情報どっとこむ ralph Blu-ray&DVDが10月18日(水)発売となりますアニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』の追加特典が決定しました。

メインキャラクターを演じた星野源さん、花澤香菜さん、神谷浩史さん、秋山竜次(ロバート)さんの4名が選んだ場面写ポストカード(4枚セット)が、特装版・通常版のどちらにも封入!

星野源さんが選んだポストカード
この構図がとても好きです。

花澤香菜さんが選んだポストカード
観ていて1番キュンとした乙女のシーンです!とっても可愛い!!!

神谷浩史さんが選んだポストカード
誰かに望まれて役割を演じるのが得意な彼らしいシーンだと思います。

秋山竜次(ロバート)さんが選んだポストカード
パンツ総番長の顔も面白いし、苦労したシーンです!

また特装版には、キャラクターデザインと総作画監督を担当した、伊東伸高による描き下ろし三方背ケースイラストを使用した大判ポストカードの封入も決定しました。
映画に登場した個性豊かなキャラクター達が勢ぞろいし、学園祭の様子を空から見ているような気分を味わえる、細部にもこだわった遊び心満載のイラストとなっております!

他にも特装版には、完成披露上映会ダイジェスト映像や公開記念舞台挨拶映像、オフィシャルインタビュー映像集【星野源/花澤香菜/神谷浩史/秋山竜次(ロバート)/湯浅政明監督/後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)】などを収録、95分を超える大ボリュームの映像特典となっております!

映画情報どっとこむ ralph <Blu-ray&DVD商品概要>

『夜は短し歩けよ乙女』 Blu-ray&DVD

発売日:2017年10月18日(水)
収録:本編約92分+映像特典約97分
価格:[Blu-ray特装版]¥8,800+税  [Blu-ray通常版]¥5,800+税  [DVD通常版]¥4,800+税
発売元:東宝/フジテレビ  販売元:東宝
Blu-ray 特装版(初回生産限定)
<初回生産限定特典>
★キャラクターデザイン・総作画監督:伊東伸高描き下ろし三方背ケース
★伊東伸高描き下ろし三方背ケースイラスト大判ポストカード
★劇場パンフレット縮刷版
★アフレコ複製台本縮刷版
★特典ディスク 
・完成披露上映会ダイジェスト映像
【登壇者:星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次(ロバート)、湯浅政明監督】
・公開記念舞台挨拶映像
【登壇者:星野源、花澤香菜、秋山竜次(ロバート)、湯浅政明監督、森見登美彦】
・オフィシャルインタビュー映像集
【星野源/花澤香菜/神谷浩史/秋山竜次(ロバート)/湯浅政明監督/後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)】

<初回・通常共通特典>
≪封入特典≫
★キャストが選んだ場面写ポストカード【星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次(ロバート)】
≪映像特典≫
★特報、予告
★CM集


Blu-ray/DVD 通常版
≪封入特典≫
★キャストが選んだ場面写ポストカード【星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次(ロバート)】
≪映像特典≫
★特報、予告
★CM集
※商品仕様・特典内容は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画『夜は短し歩けよ乙女

物語・・・
クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』ようナカメ作戦を実行する日々を送っていた。空回りし続ける“先輩”と天真爛漫に歩き続ける“乙女”。
京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、不思議な夜がどんどん更けてゆく。外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

公式HP:
kurokaminootome.com 

***********************************

星野 源  花澤香菜
神谷浩史 秋山竜次(ロバート) 中井和哉 甲斐田裕子 吉野裕行 新妻聖子
諏訪部順一 悠木 碧 檜山修之 山路和弘 麦人
原作:森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫刊)
監督:湯浅政明 
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画) キャラクター原案:中村佑介 
音楽:大島ミチル 
主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION
制作:サイエンス SARU 
製作:ナカメの会 
配給:東宝映像事業部
(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会


高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、大塚明夫 が吹替え『僕のワンダフル・ライフ』


映画情報どっとこむ ralph 『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』名匠ラッセ・ハルストレム監督最新作にして、ドッグシリーズの集大成ともいえる『僕のワンダフル・ライフ』が、9月29日(金)より日本公開いたします。

この度、本作の日本語吹替え版キャストに高木渉さん、梅原裕一郎さん、花澤香菜さん、大塚明夫さんら、超豪華人気声優の出演が決定しました!


コメントが到着していますので、ご紹介!

ベイリー役/高木渉
今や犬や猫はペットとは言えない『家族』ですからね。僕が犬の役を演ってどんなヒューマンドラマになるのかとても楽しみでした。
誰かと会話をするというのではなく心の声(本心)なので、気持ちをそのままストレートに乗せました。そこで人間の立場から思うことと犬の立場から思うことの『ズレ』が絶妙に相俟って面白くなれば良いなぁと。それと、自分の命を救ってくれたイーサンに対する一途な愛をもって演じました。
★おすすめポイント
やはり、ベイリーの健気でひたむきなところですね。寿命の長さが違うので僕は何度も生まれ変わります。別れは悲しいけれど、人間と犬がパートナーとなって今を生きている様を観ていると、やっぱり縁ってあるんだなぁ〜って思います。


10代のイーサン役/梅原裕一郎
主人公の青年時代を演じさせていただくことになり、大役を頂いたなと思いました。
また吹き替えの仕事はまだまだ経験が少なく、とても緊張しました。
両親、ベイリー、ハンナなど、いろいろな関係性の人物との会話があるので、その違いを出すのが難しかったです。
★おすすめポイント
犬が好きな方はもちろん、今まで犬に触れてこなかった方でも楽しめる作品になっています。本作を見れば、ペットたちが何を考えているのか、彼らの視点から見た人間世界が少し分かるかもしれません。また、犬だけでなく人間模様もリアルに描かれているので、どの登場人物にも感情移入しやすいと思います。


■10代のハンナ役/花澤香菜
ベイリーに話しかけるときの普段との声色の違いに気をつけました。
私自身、幼い頃から一緒に育ったシーズーの女の子がいたので、胸が
熱くなるシーンがたくさんありました。こんな素敵な作品に関わること
ができて光栄に思います。
★おすすめポイント
ベイリーの台詞です。お茶目で可愛らしくて、思わず笑ってしまいます!!


■大人のイーサン役/大塚明夫
(犬は)理屈をこねないじゃないですか。そこがやっぱりいいんですよね。(作品を観て)泣くもんかと思っていても泣いてしまいました。仕事なんだからと思っていても涙してしまいました。一番感動するタイミングに大人になったイーサンは登場して、ベイリーに負けじと涙を誘います。
★おすすめポイント
ポスターからして“泣けるな”と思ってしまいます。笑っているように見える奇跡の表情・瞬間が切り取られていて。

映画情報どっとこむ ralph 僕のワンダフル・ライフ

9月29日(金)TOHOシネマズ 日劇他、全国ロードショー

ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーの“最愛の人”は、自分の命を救ってくれた少年イーサン。それ以来、1匹と1人は固い絆で結ばれていく。しかし、犬の寿命は人間よりうんと短い。ついに、ベイリーが旅立つ日がきてしまう―はずが、彼の愛は不死身だった!ベイリーはイーサンに会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すが、そう簡単にはイーサンと遭遇できない。ようやく3度目で再会を果たしたベイリーは、自ら与えられた“重要な使命”に気付く。

原作は、W・ブルース・キャメロンが、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説で、愛犬と飼い主との不思議な縁に心揺さぶられた人たちから熱狂的な支持を集めています。

もしも、かつて愛した犬が、自分にもう一度会いたいからと、生まれ変わってきてくれたなら―飼い主にとって、それほど感激する話があるだろうか。すべての愛犬家の夢を形にした、“犬と人間の極上のラブストーリー”が誕生した!


公式HP:
boku-wonderful.jp/ 
公式ツイッター:
@bokuwonderful
公式facebook:
@bokuwonderful

***********************************

監督:ラッセ・ハルストレム『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』
原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ジョシュ・ギャッド(声)、デニス・クエイド、ペギー・リプトン、K.J.アパ、ブリット・ロバートソン、
配給:東宝東和 
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC 


ハイジ:花澤香菜 クララ:早見沙織で吹き替え!『ハイジ アルプスの物語』


映画情報どっとこむ ralph 1880年にスイスで誕⽣してから100年以上に渡って世界中で愛されている不朽の名作「アルプスの少⼥ハイジ」。

懐かしくも新しい21世紀版ハイジとして本国スイスが実写映画化したのが『ハイジ アルプスの物語』です。

この度、日本語吹き替え版のアフレコが終了、改めて⽇本語ボイスキャストと、アフレコを終えて届いたコメントをご紹介します!

アルプスの山に やってきた元気いっぱいの少女ハイジ役を『夜は短し歩けよ乙女』の花澤香菜さん
がんこだけど優しいアルムおんじ役を『名探偵コナン』の⽬暮警部でおなじみの茶風林さん
車いすの令嬢クララ役を『聲の形』の早見沙織さん
が声優を務めました。

それぞれがアニメ版でハイジの物語に親しんできたとのことで、役のオファーを受けた時は

花澤さん:まさか⾃分にハイジを演じる機会があるなんて思わなかったので、とても嬉しかったです。

茶風林さん:大好きな作品でしたので、喜びと共に、私に出来るのか?と緊張しました。

早見さん:お話を頂 いたときは、まさか、と驚くと同時に、とても嬉しかったです。アフレコの際はとても緊張しました が、ハイジ役の花澤さんをはじめ皆様と掛け合ううちに作品の世界に引き込まれました。

と喜びのコメント。

映画情報どっとこむ ralph またアフレコを終えて、

花澤さん:どんな場⾯でも純粋な⼼で喋ることに気をつけました。以前スイスに⾏ ったことがあり、そこで感じた空気や景⾊を思い出しながらアフレコしていました。

茶風林さん:世渡りが下⼿で、まっすぐな故に⼈間嫌いになってしまったおんじの厳しさ・恐さ、そしてハイジに出 会って氷解してゆく⼼の⾏⽅を表現出来ればと思いました。⼤変な役でしたがおんじ役を演じられた 事は⼤変幸せで、私の役者⼈⽣の宝物の⼀つになりました。

早見さん:ハイジと接するときはお姉 さんのように振る舞いつつ、それでもまだまだ⼦供らしさを感じられるような⼥の⼦になるよう意識 しました。クララは、穏やかでやさしくまっすぐな⼥の⼦なので、演じていてこちらもそんな気持ち を貰った気がします。

と、歴史あるキャラクターに新たに声を吹き込んだ感想を語った。

映画情報どっとこむ ralph ほか、厳格なクララの教育係ロッテンマイヤー役に本⽥貴⼦、ヤギ飼いのペーター役に笹島かほるなど個性ある実⼒派声優らが参 加。吹替え版の演出はベテラン声優でもある千葉繁が務め、アフレコは都内スタジオにて声優が⼀同に会して行われた。新しいと 同時に懐かしい、そんな『ハイジ アルプスの物語』は8⽉26⽇(⼟)より字幕版&吹替え版にて公開となります。



公式サイト:www. heidimovie.jp


物語・・・
少女の名はハイジ、アルプスから日本に〈本当の幸せ〉を届けにやってきた! アルプスの山の大自然に囲まれ、ガンコだけれど優しい祖父と楽しく暮らしていたハイジ。ところがある日、大富豪のお嬢様のクララの話し相手 として、フランクフルトの都会へ連れていかれることに。足が悪く車いす生活を送っていたクララは、明るく素直なハイジに励まされ元気を取り 戻していきます。ハイジとクララは固い友情で結ばれますが、ハイジは日に日におんじの待つアルプスの山が恋しくなってしかたないのでした。

***********************************

出演:アヌーク・シュテフェン、ブルーノ・ガンツ、イザベル・オットマン
監督:アラン・グスポーナー
原作:「アルプスの少女ハイジ」(講談社青い鳥文庫)
協力: スイス政府観光局
配給:キノフィルムズ
原題:HEIDI /2015 年/スイス・ドイツ/カラー/ヴィスタ/5.1ch/111 分
日本語字幕:吉川美奈子
レイティング:G 指定
©2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH